団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

御嶽山

2010-07-30 | 山歩き
毎年,梅雨が明けた今頃の時期、木曾の御嶽(3,067m)に登ることにしています。

この山には9つのコースがあり、去年に続いてポピュラーな王滝口から登ることにして早朝家をでて現地着が7時半。
このコースは標高2、180mの田の原まで車で一気に昇ることができるので膝に傷を抱えている身には便利なコースです。最も他のコースもロープウエイを使えば同じ位まで楽に登れるので日帰り登山も楽勝ですが当方は星と夕日、日の出の写真を撮ることが目的なので何時も小屋泊まりです。

天気予報を見ると余り芳しくない予報がでていたのですが、ままよとばかり行ったのです。結果これが後に泣きを見るはめになりました。

田の原に着いた時は頂上まで見通しがききいい感じ。
登り始めるとなまった体に直ぐ汗が吹き出しびっしょりになって喘ぎながら高度を稼いでいきます。

駐車場に車を置きこの鳥居をくぐって山に入っていきます

多分7合目あたりでしょうか。今年は残雪が沢山残っていました。見上げると遠くに頂上小屋が見えます。
このコースはずっと見晴らしがきいているので好きなコースです。


王滝頂上に登るまでは立山、白山、富士山と共に信仰登山のメッカだけあって沢山の人が登っています。

今日泊まる五の池小屋は飛騨頂上にあり王滝頂上まで登った後、更に4km程北に行った所に位置しています。 王滝頂上で剣が峰(3,067m)へのコースと分岐し山を巻きながら途中2,900mという日本最高所にある二の池の横を通って賽の河原、摩利支天乗越経由で小屋に向かいます。小屋までの道は時おり登山者に行き合うだけで静かな山歩きです。コースは大きなアップダウンもそんなに無く、途中昼ご飯を食べたりゆっくり高山植物などを見ながら歩いていくことができます。

二の池  
                                 

更に飛騨側にある三の池。下に見ながら斜めに下り登り返した所が小屋のある飛騨頂上。


途中には信仰の山らしく色んなモニュメントがあちらこちらにあります


賽の河原で  ちょっと不気味




ゆっくり歩いても2時前には小屋に着いてしまったので荷物を置いて継子岳までピストン。
この縦走路は晴れていれば本当に雲上の楽園、片道30分程でいくことが出来ます。生憎今日は雲で乗鞍越しに槍・穂高連峰を見ることはできませんでしたが天気が良ければ最高の眺めです。途中至るところにコマクサの群生が見られます。


コマクサ

小屋に戻る頃になって一面ガスに覆われホワイトアウト状態、時折雨粒も落ちてきて不安な気持ちになりながらも帰って一休み。
何と小屋にベルギービールなんかが置いてあるではありませんか。トラピストビールのシメイホワイトは品切れだったのでオーストリアビールの「エーデルワイス」を注文。あっという間に呑んでしまいました。お値段も山の上という事でそれなりなので1本だけで我慢、後は持参の角瓶をチビチビしながらゴロン。

夕飯のご飯の声で目を覚まし用意された鍋をいただきます。今日の宿泊は一人だけなので寂しく飲んでいたのですがスタッフの方の特別な計らいで砂肝焼きが出てくるわ、おまけにデザートも大サービス。一人で泊まるのも悪くはないなあとにんまり。五の池小屋のチャーミングな女の子ありがとう。



しばらくすると雨音が激しくなりなり、こりゃ星の写真は無理かと思って布団に入りこんでいる雨の音に混じって時折ゴオゴオという強い風の音が聞こえます。 一晩中音は止まず何度か目を覚まし、うとうとしながら朝を迎えたのですが台風のような状態でこれは写真どころの騒ぎではなく、天気予報ももっと悪くなるということで早々にカッパを着込んで小屋を出発。停滞も考えたのですが30日の午後一に用事があり止むをえず出発。

<恐怖の帰り道のこと>
ガスで見通しの効かない登山道を下山に向って歩きはじめたのですが、途中の風の強いことといったら・・・立って歩けないほどの風にあおられながら、まるで台風の真っただ中にいる感じです。山でこんな強い雨と風に合ったのははじめての経験です。途中一人の登山者に出会い「剣が峰のところは飛ばされそうになるので充分気をつけて下さい」と言われ、その道を避けるとなると昨日行くときに利用した巻き道を通るしかありません。この道は天気が良ければ注意して歩いていけば大丈夫なのですがこんな荒天ではどうだろうか。
不安に駆られながらも向かったのですが・・・

実はこの道、今年は途中に雪渓のトラバースがありここは本当に怖かった。滑って落ちれば雪の上、数百メートルの谷底まで一直線。この風の中アイゼンもなしにトラバースすることははっきりいって無謀としかいいようがありません。
一瞬引き返すことも考えたけれど王滝頂上まではもう後少しなので決心し一歩ずつ、本当に一歩ずつストックを雪に差し込んで踏みしめながら何とか50m程の距離を横切ったのです。この時ばかりは神頼み!突風が吹かないことを念じながら進んだのですが幸いなことに突風は吹かず何とか通過することができました。
あの時風にあおられて滑落死したら間違いなく非難されていたことでしょう。ホントヤバかった。
来年からは必ず軽アイゼンを持っていくことにしよう。

そんな訳でえらい目に遭ってしまい3千メーター級の山の恐ろしさを体験した帰路でした。

写真が撮れずがっかりなのでこの夏もう一度行きたいなあ。
コメント

ケムトレイル?

2010-07-27 | 雑記
この所、毎日のように朝起きて空を見上げるようになっている。梅雨があけてからもう2週間全く雨が降らず野菜もバテ気味。昨日の朝は畑に水を運びピーマン等に水遣り作業。どの野菜も元気がないけれどパクチーは枯れてしまった。

また今日もうんざりする程の暑い一日が始まるけれど空を見上げると飛行機雲がいつまでも残っている
この飛行機雲を「ケムトレイル」と呼ぶ人たちがいるということを最近知りました。


ケム・トレイル(chem trail)は、航空機が化学物質などを空中噴霧することによって生じるとされる飛行機雲のような航跡。「ケミカル・トレイル(chemical trail)」の略であり、「コン・トレイル(con trail:航跡=飛行機雲)」より派生した語。 

 軍や政府による気象操作や細菌兵器に対するワクチン散布などの説が流布している。世界各国で目撃例が報告されている。

現在、アメリカ国内の小学校の教科書では「気象を調整するために軍が使用する場合がある」と説明しておりアメリカ議会では(Experimental Weather Modification Bill(気候操作実験法案))が出された。また、ヨーロッパでも大手新聞が報道するようになってきており、使用目的の真偽はともかく存在自体は公に認知されつつある。(wikipedia)



いわゆる都市伝説の類でしょうか? 
まあ陰謀説はともかく普通の飛行機雲とどう違うのか判らないですが、今朝の雲は何故かいつまでも残っていたのが気になります。


コメント (2)

棚田百選 四谷千枚田

2010-07-23 | 動画

満足できる鮎釣りを早めに切り上げ、もう一つの目的であった千枚田を見に行ってきました。釣り場からは車で15分程度の近さにある新城市四谷地区の棚田です。

標高880mの鞍掛山の麓に広がる千枚田は棚田百選にも選定されている有名な所で山に向かって石垣を積んだ小さな田んぼが連なっています。
多少の休耕田も見受けられますが現在は850を超える田んぼが耕作されているようです。生産性・効率を考えたら機械力に一切頼ることのできない田んぼでしかも過疎と高齢化の進むこの地域でよくもこのような立派な水稲栽培がつづけられているものだと感心します。ここは明治の頃、土石流が発生し11名の死者がでたけれど僅か5年程で復旧されたと案内板に記されていました。そのような先人の人々の苦労が脈々と今に伝えられ活きているのだと思います。














デジタルカメラで撮った動画をショートムービーにしてみました


コメント

猛暑にたまらず避難すること

2010-07-22 | 魚釣り
連日36℃を超える猛暑で農作業は中止。まだじゃがいもが畑に少し残っており掘らなければいけないけれど、とてもできる状態じゃあない。しばらくは無理だな~。

で今年初めての鮎釣りに行ってきました。行き先は寒狭川。先週の大雨の為まだ状態は余り良くないのですが冷たい川に浸かっていれば涼しいので釣れなくてもいいわということで朝早く出発し2時間余りで現地着。
いつもホームグランドにしている川よりは山奥にありその分透き通った青い水がこんこんと流れています。

鮎釣りは今年初めてでしかも2年振りとあって釣果は期待できないけれど川に立ちこんでいるだけで涼しさ満点。



岩の中に囮鮎が絡まって道糸が3回も切れたりトラブルは結構多かったのですが、それでも10数匹釣ることができたので充分満足できる結果でした。鮎釣りあと今年、何回いけるかな?

今日はもう一か所行きたい所があったので15時過ぎには早上がり。
コメント

オクラ

2010-07-18 | 野菜(果采類)

野菜の花の中でもオクラの花は一番綺麗な花ではないだろうか。

今年は普通のオクラと島オクラ(丸オクラ)の2種類を作っています。オクラは収穫が始まると毎日採らなければならないのでちょっと大変。といっても1本の木から採れるのはほぼ1個なので、今は3~50個位の収穫です。

島オクラの方は少し成長が遅く2,3日に一度でもOK、その代わり取り忘れて大きくなっていても比較的やわらかいので販売可能です。本当は島オクラをもっと沢山作りたかったのですが定植したときに結構枯れてしまっています。普通オクラは直播で栽培する人が多いのですが早く作って早く持っていこうと欲を出したのがあだになったようです。




花を食べることのできるオクラもあります。



こちらは島オクラ

コメント

蓮 その2

2010-07-17 | 

近所の休耕田に「大賀ハス」があり丁度見頃となっていたので見てきました。

大賀ハスオオガハス、おおがはす)は、1951年昭和26年)、千葉県千葉市検見川(現・千葉市花見川区朝日ケ丘町)にある東京大学検見川厚生農場(現・東京大学検見川総合運動場)の落合遺跡で発掘された、今から2000年以上前の古代のハスの実から発芽・開花したハス(古代ハス)のこと(Wikipediaより)


コメント

2010-07-16 | 
蓮の花が見頃です。

豊田市隋應院の蓮。凡そ400鉢 300種があるということですがもう少し早く行くと良かった。

入口の山門から奥にずらりと並んだ大鉢に植えられている見事な蓮の数々













    






コメント

どしゃ降りの雨の中

2010-07-14 | 野菜(果采類)

6月後半から稲の中干し作業(田んぼの水を切ることにより生育を抑え、茎数過多を防ぐ又、光が株内によく入るようにするための目的と根に酸素を吸収させ活性化させ、食味向上、収量増加を目指す為に行う)をしているのですがこれだけ大量の雨が降っては田んぼから水が切れず意味をなさない。

その上、この雨であぜ道の雑草の伸び具合がすごいことになってしまっており、草刈もしなければいけない。
だけどこの降り方では外に出るのも億劫になります。来週辺り梅雨明けしそうということで、そうなると暑い中草刈りが待ってます。

ちょいっと小降りになった昨日昼前、ユキヤナギの枝にアゲハ蝶が止まっていたので撮ってみました。
♂♀の区別も判らないけれどじっとして羽をゆっくり広げたり閉じたりしていた。
近くまで寄っても逃げなかったので蝶も雨の中は苦手のようです。

(NIKON D300s AF-S NIKKOR 70-300mm F5.6 SS 1/180 WB 曇り)


コメント

恐怖のアニサキス

2010-07-13 | 雑記
話は一昨日の夕方に遡るのですが、近所の人が釣ってきたという新鮮なサバ2匹とカツオ1匹をいただいたことが悲劇の始まりでした。

刺身の中で一番好きなものは何かと聞かれれば躊躇なく「サバの刺身」というぐらいサバの刺身がすきな自分ですから早速く3枚におろし。塩を振って30分、そして塩を洗い流したあと酢に15分漬けこんで酢サバ作りをしたわけです。一般市販の酢サバはとにかく酢に漬けこむ時間が長いものだから酸っぱくてとても美味い物とは思えないものが殆ど。その点刺身用の新鮮な身でつくるまだ中心部の肉が赤い酢サバの旨さったらこれはもう本当に堪らない。

 そして冷蔵庫で暫く寝かせた後は「やっぱりサバは美味にゃあ!」などと独り言を言いながらビールととっておきの焼酎を呑んでいい気持になってベッドに横になって暫くうとうとした頃、突然口の中に生唾が溢れうっ!と思いながらとてもトイレまでいっている暇はなく硝子戸をあけて外に顔を出したとたん口の中が嘔吐物で溢れそのまま涙を流しながら胃の内容物を全部吐き出してしまったわけです。

「瞬間しまった!これはサバにあたった」
と思い漢方薬の百草丸を20粒呑んでベッドに横になったのですが暫くすると1分置きに胃が絞られるような形容しがたい重く強い痛み。食あたりにしては下痢もないしなんでだろう?うんうん唸りながらも考えていたわけです。まあ尋常な痛みではなかったので救急車が一瞬頭をよぎりましたがなんとか朝まで頑張ろうと決めて長い夜を過ごしたのですが、こんな時の1時間って長いこと長いこと。ようやく暗黒の夜が終わって朝になると幾分痛みも治まってきたので我慢していたのですが夕方ちかくになり又あの強い痛みが・・・慌てて近所の内科にいくと食べた物を聞かれ「サバを食べました」といった所、先生が胃カメラの機械のディスプレイを触って、午前中胃の痛い人からアニサキスが見つかってとったといって気持ちの悪いカラーの画像を見せてくれました。そこには細長い回虫を小さくした虫が胃の壁に頭を突っ込んでいるではないですか。

「こうゆうことも考えられるけれどまあ様子を見ましょう」と言われ点滴と痛み止めの薬を処方してもらい家に帰ってきたのですが夕御飯を食べた後、だんだん昨夜のように胃のあたりが重いー感じで時々射しこむような痛みが走ります。な訳で結局一睡もできず今朝一番で医者に走って行き、胃カメラで見てもらったところやっぱり3cmほどのアニサキスが胃の壁に頭を突っ込んでいることが判り、とってもらいようやくすっきり。

 先生は二日連続でアニサキスをとるなんで医者の人生の中で初めてだしこれからもないだろうと笑っておられました。ようやく今になって痛みがなくなってきたのですが あの痛みを考えると当分は刺身は食べられないな・・・・。

 (Wikipediaより)アニサキスは、線形動物門 双線綱 桿線虫亜綱 カイチュウ(回虫)目 アニサキス科 アニサキス属に属する動物の総称で、海産動物に寄生する寄生虫である。 ヒトにアニサキス症を発症させる原因寄生虫だが、ヒトへ感染するときには主にサケ、サバ、アジ、イカ、タラなどの魚介類から感染する。

症状
寄生部位(穿孔部位)により、胃アニサキス症、腸アニサキス症、腸管外アニサキス症に分けられる。多くは消化管壁を貫通出来ないが、貫通した場合は穿孔性腹膜炎や寄生虫性肉芽腫を発症することもある。 胃アニサキス症の症状は、食後数時間のうちに始まる激しい腹痛と嘔吐である。嘔吐に際しての吐瀉物は胃液のみで、下痢も一切認められないことが一般的な食中毒と異なる特徴でもある。これはアニサキスの虫体が寄生のために胃壁や腸壁を食い破ろうとするために生ずる症状である。激痛のため診断の確定を待たず緊急開腹せざるを得ないこともある。

 
今日とってもらった虫は元気に動いていましたが人間の体の中ではそんなに長いことは生きられないのでこの痛みを4,5日我慢できればいいという情報もネットでみたけれどあの痛みを我慢するのは大の男でも無理でしょう。
コメント (2)

とうもろこし収穫

2010-07-11 | 野菜(果采類)
とうもろこしの収穫をしてみました。実はとうもろこしの収穫最適時期は僅か3日といわれます。が、その時期というのがなかなか分かりにくい。自分はひげが茶色になって数日、莢を手にとって十分な膨らみを感じる時と思っています。そろそろかなと思って今朝20本ほど採ってみました。うち4本に「アワノメイガ」の虫食い被害がありましたが他は大丈夫。薬がうまく効いてくれたようです。一昨年は殆ど全滅状態でしたから上出来といったところ。実もしっかりとついていたので直売所に出荷。とうもろこしはまだ他に出荷されていないので多分全部売れるとおもうけれど? 1本110円で。



この品種は「サカタのタネ」のバニラッシュという品種で新種です。見た目も綺麗だし皮をむいて生で食べてみると皮も柔らかくとても甘ーいとうもろこしです。これはいいや。来年も作ろうと決めました。



コメント (1)

モントブレチア水玉模様

2010-07-10 | マクロ
モントブレチア(姫檜扇水仙)。丁度今頃の季節になると花壇で咲いているのを見かけます。
トウモロコシの横でいっぱい咲き始めました。アヤメとか菖蒲の仲間です。丈夫なのか抜いても抜いても増えてきます。



昨夜の雨で水滴が残っていたのでマクロレンズで撮ってみました。



絞りをかなり絞ってみたらきれいに光彩or光条がでてくれました
Lumix GF1に宮本製作所のマウントアダプターをつけてTAMRON f2.8 90mm MACROレンズを使用したのですが
マニュアルでしか撮れないのでf値は不明です。


水滴はレンズ状なので周りの景色を写してくれますがピントを合わせるのが至難の業。


コメント

四角豆の定植と枝豆の種まき

2010-07-09 | 野菜(果采類)
種まきが遅れ畑への定植がなかなかできなかった四角豆の定植を完了しました。去年は7月4日時点で既に30cm位まで大きくなっていたので今年の収穫時期は2週間くらい遅れそう。
去年は8月20日ごろから収穫が始まったので、この調子では今年は9月になってからの収穫になるでしょう。

今までは直売所でも余り四角豆を出荷する人は少なかったけれど競争相手が増えて今年は少し増そうな予感がします。どうなるか気になる所・

四角豆は害虫の被害には合わないし放任栽培でも沢山身をつけてくれるので種を自家採取し毎年作っています。



それから枝豆の晩生型の追加種まきを行いました。暫く前畑に直接まいた分は半分以下しか芽が出てこず
鳥の餌になってしまったので改めて追加の種まきをポッドに行いました。9月後半から10月にかけて収穫予定。
コメント

乳頭温泉黒湯に泊まること

2010-07-07 | 温泉
極めて寡作で知られる漫画家「つげ義春」が秋田県の乳頭温泉郷の黒湯に行ったのは69年と76年の2回のようです。特に鄙びた湯治場が御好みのようで主に東北、時には九州まで足を伸ばして秘湯巡りの旅をしていたようです。自分もそんな湯治場のような温泉がお気に入りです。

もう10年近く前の夏、知り合いに案内され八幡平周辺の渓流での岩魚釣りや米代川のアユ釣り等、キャンプしながら岩手・秋田方面を彷徨っていた事があり、その時に黒湯に立ち寄り入浴したことがありました、その鄙びた雰囲気をとても気に入って、又いつか行きたいものだと思っていたのですが、ようやくその思いが今回実現しました。

田沢湖駅から田沢湖畔経由のバスで50分ほど乗ると終点に着き、其処から更にじゃり道を歩いて20分ほど歩くと孫六温泉があり建物の横を通り過ぎ渓流の橋を渡ると黒湯の建物が見えてきます

乳頭温泉は黒湯の他にも超有名な「鶴の湯」や「蟹場温泉」「大釜温泉」「妙乃湯」などがありいずれも秘湯ムードあふれる湯治場です。それでもつげが訪れた時代と比べれば秘湯ブームや中高年の登山ブームなどで今は沢山の観光客が訪れる温泉場となっており、その昔、農閑期に湯治客で賑わった時とはかなり趣が異なっているでしょう。

以前は乳頭温泉の中でもこの黒湯が一番人気があったようですが今は「鶴の湯」が最も人気があるようです。
秘湯を扱ったムック本には必ず鶴の湯の露天の写真が掲載されていますからね。
黒湯も「つげ」が行った時と比べると変わってきていると思いますが依然まだ当時の面影を色濃く留めていると思います。


つげ義春の「黒湯」ペン画より

茅葺の屋根は半分なくなって改装されていましたが受付付近です


温泉は混浴の露天と打たせ湯のほか内湯、男女別の露天、打たせ湯などがあります。
あちらこちらから湯けむりが噴き出ており湧出する温泉の上に建物を建てたというのが黒湯です。
泉質は硫化水素泉で乳白色のコロイド状の湯の花が沢山ある温泉です。他にも単純泉(乳白色)の表示がある
所もあります。
流石に今は裸で外を歩く人は見当たりません、ここは打たせ湯

同じ角度で



地ビール(発売元は劇団わらび座でした。多角経営していることを初めて知りました)


ビールや地酒をしこたま呑んだ後ゆっくりと温泉に浸かり意識朦朧となって布団にもぐりこんだのでした
次の日は勿論、二日酔~い。いくつになっても懲りないGです

黒湯の夜景


コメント

ぶらり途中下車の旅「都営荒川線」

2010-07-05 | 動画
TV番組よろしく久し振りに都電の荒川線に乗り沿線をぶらり散歩してきました。
「おやおや~」で御馴染の滝口順平さんの語り口が好きなんですが生憎東海地方ではOAされていないのではなかろうか。放映してくれないかなあ中京テレビさん。番組では勿論きちんとロケハンなどもして取材しているわけですが当方は行き当たりばったりなので効率が悪く半日では行動範囲が限られました。

荒川線は荒川区三ノ輪から新宿区早稲田までの区間ですが王子から早稲田の間は今回が初めての乗車です。
一日券を400円で買えば途中何度でも乗り降りできるので便利です。地方に住んでいると都内の公共交通機関の安さを痛感します。

「都営荒川線」
営業距離12.2km、駅数30 乗車時間1時間弱です。大都市にあった路面電車は高度成長時代の幕開けと共に次々と廃止されていきましたが、この荒川線は車との併用距離が1.6kmと少なかったことが残った大きな理由でしょう。

散歩する時などに持っていくには最適なデジ一眼のLUMIX GF1で撮ったものを編集してyoutubeにアップしました。↓







コメント

島ラッキョウとエシャレットの掘り出し作業

2010-07-04 | 野菜(根采類))
雨が多いので畑の雑草がすごい勢いではびこっています。残っていた来年の種用のらっきょうとエシャレット
を掘り出す作業をしたあと雑草刈り。

刈った後を耕運機で起こし少しでも雑草を枯らす作業をしました。

これだけの作業で一日がかり。まだ体が暑さに慣れていないこともあるのか終わるとぐったり。もう何もする気力も残っていません。
コメント