団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

ド゙ウワップ(doo-wop)スタイルで

2018-06-30 | 音楽

友人からyoutubeにアップしたからとメールが届いたので紹介します。

且つての同じ会社の仲間でつくられたアカペラグループ「The Twilight」がドウワップスタイルで歌っています。

このメンバーの他、H君T君の2人が急逝してしまっている。

いずれもよく知られている曲だがアカペラで歌いこなすのは難しい。

特に最後のso much in loveという曲が個人的にも好きな曲、オリジナルはタイムスという黒人R&Bグループが歌い全米NO.1ヒット。その後もいろんな人たちがカバーし

ている

ドウワップファンの山下達郎も「On the street coner2」で取り上げている。

収録曲 “Blue Velvet” “Winter Wonderland” “Auld Lang Sygne” “So Much in Love”

 

コメント

梅雨明け間近?。

2018-06-29 | 野菜(果采類)

昨日は蒸し暑く寝苦しい夜だった。それほどサッカーファンというわけではなかったが孫がJリーグ傘下のU10チームで頑張っているので最近は試合を見るようになっ

ている。昨日のポーランド戦の後半、負けていたんだから最後まで諦めずに攻めていって欲しかったなあ。後味の悪い試合になってしまったのが残念だった。

政治や経済が大きな国だけでなく南米やアフリカ諸国等、ワールドカップはオリンピックのように大国どうしのメダル争いにならないのが良い。

モクモクともう夏の空。関東地方は早くも梅雨明け?この地方もいつもの年より早いかもしれない。

春夏野菜の収穫もソラマメ、枝豆、ラッキョウ、レタスなどが終了。これからきゅうり、ピーマン、甘長、万願寺、更に一番力を入れているトマトの収穫が始まるけれ

どトマトがやはり芳しくない。普通なら5,6段目まで収穫する為1段目は3個ぐらいに摘果するけれど今年はとても5段目までは無理なので摘果も見送り。

今朝の収穫の一部

 

 

コメント

次の日にもう届いたAZ-GTi経緯台

2018-06-27 | 天体写真

Wi-Fi接続ができないとスコーピオのK店長に電話した翌日、早くも代替え品がサイトロンジャパンから届きました。

早速電源につないで接続が可能かチェック。アプリSynscanから接続ボタンを押すと動き始めました。やっぱり初期不良だったのかと一旦接続を切って電源off

しばらくしてスイッチを入れ接続すると・・・接続できませんというメッセージ。以後何度繰り返しても同じこと。ネットワークで認識はするけど接続できない。う~ん?

ひょっと本体の不具合じゃなくてスマフォ側かも。ということで前に使っていたスマフォを充電しアプリをインストール。

で接続すると・・・動いた。  AZ-GTiの故障ではなかった。申し訳けないことをしてしまった。夜は曇りでアライメントができなく導入、追尾制度はテストできなか

ったがアプリでアライメント可能な星の一覧がでてこの中からアライメントの星を決めることができ星の方位や高度も表記されるので分かりやすい。使い勝手はハンド

コントローラーより良さそうだ。

小型90mmのマクストフカセグレンどうなんだろう。やはり口径127mmのものにしておくべきだったか。

天体機材はこれに限らず取説も無いか、あっても簡単なものしかついていないことが殆ど。スイッチを入れればすぐ使える電気製品とは異なるのでやはり色々相談でき

るリアル店舗で買うべきですね。

 

コメント

skywatcherの新しい経緯台を買ってみた

2018-06-26 | 天体写真

今まで庭で月や恒星を見たり、写真を撮る時赤道儀を持ち出していたけれど観望用にもっと手軽にできるよう経緯台を買おうかなと思っていました。

夏休みに埼玉の浦和に住む長男の孫達もくるので木星・土星・火星を望遠鏡で見せてあげようという計画もあるのです。

頭に浮かんだのはポルタⅡかなあと思っていた所、skywacherから6/22に自動導入付きの経緯台が発売されることを知り、色々迷ったのですが9cmのマクストフカセグ

レンとセットになったものをスコーピーオさんに注文しておいたのですが連絡があったので取りに行ってきました。12cmとのセットもあったのですが多少安かったので

これでいいかと。

まだ発売されて間がないのでユーザーレビューはみることができませんでした。

AZ-GTi本体だけだと3万強。3万で自動導入っておもちゃかもと不安もあったのですが・・・

外国では去年発売されているようでyoutubeでいくつかの動画がありました。

家に帰って開梱。本体、三脚、延長筒と90mmの鏡筒とドットファインダーがセットになっています。

組み立ててみるとなかなかスマートな姿。

取説を見ながらセッティングしていくとまず最初に気が付いたこと。本体上に水準器がついている筈が付け忘れ?のようです。

穴はあるのですが水準器がありません。三脚上部にも水準器はついているので大丈夫ではあるけれど・・・〇〇クオリティ。

三脚のアクセサリートレイはプラスティック。

 

本体にはSynscanハンドコントローラーを取り付けることのできる端子(RJ-12/6ピン)、電源端子(電池8本若しくは12Vモバイルバッテリー)、

SNAPポート(CANON用のカメラコントロールケーブルもついています)

主な仕様 電源 DC7.5~14V 0.75A

     駆動 DCサーボモーター 恒星時~1,000倍速

     追尾モード 恒星時、月追尾、太陽追尾

     最大搭載可能質量  約5kg 

     本体重量 約1.3kg 三脚重量(延長筒込み)2.6kg

MAK90の仕様

     口径        90mm

     焦点距離 1250mm

              口径比 1:13.9

     天頂ミラーと10mm、24mmのアイピースが付属

早速鏡筒を載せて前後のバランスを取ろうとしますが動きが渋くクラッチホイールを緩めてもよくわかりません。

 

駆動はスマフォのアプリで行うのでsynscanをダウンロード。早速モバイルバッテリーをつないでスイッチON。

Wi-Fiネットワークからsynscanを選ぶと認識でき、経緯台モードと赤道儀モードがでたので経緯台モードで接続すると・・・何度やっても接続できませんという

メッセージが出てしまう。

スコーピオのK店長に電話すると直ぐ交換品を送ってくれるとのこと。

という訳でファーストライトは先送りになりました。

 

 

コメント (9)

キララの森で苔探し3

2018-06-24 | 野草の花など

この森で見つけた苔の種類は13,4ほどだだったけれどもっと目を凝らして探せばまだ沢山見つかったのかもしれない。

また機会を見つけて行くことにしよう。

 

 

 

 

 

コメント

キララの森 段戸裏谷散策~苔を探して 2

2018-06-23 | 野草の花など

バードウオッチングやハイキングをしている人から見ると、道の脇でしゃがみこんで写真を撮っている人間を見れば変な人間と思われても仕方ない。

段戸湖沿いの散策路から少し入り込んだ東海自然歩道の湿地に架けられている木道。湿地だけあって苔の絨毯が広がっている。

ここまで来る人はこの日見かけることはなかったが、ここも小鳥の声が半端ない。好きなオオルリの声に交じってアカショウビンらしき特徴ある鳴き声も聞こえてき

た。

 

 

梅雨の季節で湿気も多いので苔が鮮やかな緑色しており持っていった水をいれたスプレイボトルは使わず仕舞い。

苔が緑色しているのはせいぜい3年ぐらいらしくそれがどんどん新しくなり5cmくらいまで成長するのに3年ほどかかるらしい。 

ナミガタタチゴケ。

 これはフデゴケかな?

 

コメント

キララの森 段戸裏谷散策~苔を探して

2018-06-21 | 野草の花など

野良仕事に追われていたが先日ジャガイモをすべてほりあげ一段落したので久し振りにキララの森原生林へ行ってきました。

今回の目的は小鳥の声をBGMに苔探しです。「レッドデータブックあいち」によると茶臼山や段戸山周辺の奥三河地方は冷涼多湿な気象で北方系蘚苔類の宝庫とありま

す。ほかに愛知県では豊川上流の鳳来寺山周辺が南方系蘚苔類の宝庫らしい。

 

標高900mm、ルアーやフライフィッシングの有料釣り場の段戸湖駐車場に車を止めて、一部が東海自然歩道になっている散策路を歩いていくと倒木などもあり色んな苔

を見ることができます。

バードウオッチャーも多く、バズーカを抱えた人も何人も。

ブナの巨木もある原生林で小鳥の囀りが心地よいが高い木の上の方にいるので葉っぱに隠れて姿は見えません。

歩きながら苔を見つけてシャッターを押すけれど鬱蒼とした森の中はシャッタースピードが上がらず一脚や三脚を使ってもブレ写真の連発です。

前に中華の安物スピードライトを2台買ってあるのでこれを持っていけば良かったか。

 

しかし苔というのは図鑑を見ても苔の名前はよく分からない。

解説本によるとサイズが小さく、種ごとの違いがとても微細なため、正しい名前を導くには顕微鏡を使って細胞の形なども確認しなくてはならない。これが苔の世界の

常識と書かれていた。

迷いやすい近縁種との違いまでみるならそうゆうことなんだろうが、こちら見て美しければ良しだ。

 

クサゴケ?

シノブゴケ?

 

コメント

はくちょう座サドルの周辺

2018-06-18 | 天体写真

ic1318、はくちょう座のγ星「サドル」付近、散光星雲が取り囲みきれい。

 

トラブルで2時間のロスで撮影開始が23時過ぎ、NGC7000の後IC1398を撮っている頃から雲に覆われてしまい中断。

再開できたのが26時過ぎ、もう薄明まで時間も無いので撮れるだけ撮ろうと鏡筒をIC1318に向けISO1600の5分露光で撮影開始。

結局8枚撮ったところで東の空が白みはじめてきました。

標高600mの低山でも帰る時の気温は12度、寒かった。一応フリースは着ていたけれど昼間30℃を超える暑さだったので油断しました。

気を付けなければ。

コメント

NGC7000-北アメリカ星雲

2018-06-16 | 天体写真

USBコードの不具合(多分)でカメラとの接続ができずカメラを交換して撮影を始めたのが23時過ぎから。

その時間になるともうデネブは北極星と同じ高さまで昇ってきていたのでアライメントを済ませ、白鳥座のNGC7000北アメリカ星雲に鏡筒を向けて撮影開始。

2200光年の距離という散光星雲で輝度もあるのか元気村でも改造カメラなら簡単に写すことができます。

赤一辺倒だけではなく青っぽい波長あるようです。

右側にあるペリカン星雲IC5070はAPSCセンサーカメラで画角が1.5倍となり入りませんでした。

iso1600、300秒×10枚 SI8→Photoshop ccで画像処理。

コメント (1)

夏の大三角

2018-06-15 | 天体写真

 

ポ赤を使わず三脚にカメラを乗せて超高感度短時間露出による撮影はどんどん場所を移動できるのがメリットとな

るがさすがにD810Aでもiso12800ともなるとノイズが増える。しかしブログサイズくらいならそれほど目立たな

いのでこれも有りでしょう。

それでも元気村程の明るい空であればやはりポタ赤で1~2分露光するものにはどうやっても及ばない。

昨日のエントリーと同じく8秒露出で、一応ミラーアップしてシャッターを押したけれど等倍でみると少しブ

レがでてしまっている。レリーズで撮るべきだった。

後は夏の大三角もよくわからない。ソフトフィルターが必要ですが出目金レンズでは裏側に切ってつけるしかなく

以前samyang14mmのときはleeのNO2をそうして使っていました。

ソフトフィルターで撮ったものとフィルター無しのものを加算平均で処理する方法があるようなので角型フィルターが欲しいが結構なお値段ですね。

クリアラッカー+プラ板で自作してみるかな。

コメント (3)

夏の天の川

2018-06-14 | 天体写真

 

梅雨に入ったばかりだけど中休み状態か。

予報は芳しくなかったが元気村付近は日が変わるくらいまでなら星空が期待できそう。ダメ元でもということで出かけてきました。

久しぶりに旭高原元気村。やはり空は明るく長焦点撮影には厳しいロケーション。

薄明終わりが21時前。明るいうちに到着し店を広げ公害カットフィルターもつけてアライメントやキャリブレーション、ピント合わせなど行って撮影開始。

と、最初の内ライブビューもできたりしピント合わせも済んでいざ撮影という段になってステラショットがカメラを認識しません。あ、前回もこんなことあったなあ。

それから延々2時間ほど再起動したりしてみてもどうしてもダメです。そのうちライブビューもできなくなり全く接続不能となりました。

ソフトがvalue out of bounds capture terminalとかなんとかメッセージも出てきたり。なんで英語?日本のソフトなんだから日本語でお願いしたいですけど。

こりゃUSB3.0MICRO-Bコードがいかれてしまったのかな。付属のコードが50cmしかなくアマゾンでメーカー不詳で2mの長さを買ったのだがこれがダメだったようです。

仕方なくカメラをNIKONからキャノンに変えてようやくスタートしたのが23時。NGC7000から開始しました。

でNIKONを三脚に乗せて固定撮影です。この日元気村では天の川もまあまあ確認できました。

15mm-30mmレンズをつけてf2.8→f4にして高感度短時間露光で撮ってみました。

iso12800で8秒露光を6枚コンポジット。

火星がどんどん近づいてきてオレンジ色に輝いてきています。

 

コメント (2)

2週間ぶりの畑

2018-06-12 | 野菜(果采類)

2週間ぶりに畑にいって野菜の成長具合をチェック。トマトの脇芽かきをしていなかったので脇芽が物凄い勢いで伸びてしまっていた。すべてかき取ったのだがどうも今

年のトマトの成長具合がおかしい。ずーっと固定種の種を買って育てているのだが育苗が悪かったのか?理由は不明だが実の形も悪く何より木の成長具合がおかしい。

春先に寒かったり暖かかったり不順だったような気がする。昨日蜂蜜を買いに養蜂家に行ったのだが蜂蜜も今年は不順で花が早く終わってしまい蜂蜜も良くなかったと

のこと。

トマトことしはダメかもしれない。

一応4段目まで花は咲いているが・・・。

2週間前はSサイズだったサニーレタスはLLサイズになっていた。

 スイカの一番なりもソフトボール大からサッカーボール大まで成長。

野菜もそうだが畦の間の雑草も一気に大きくなってしまって大変な状態。

コメント

カカアコのウオールアート

2018-06-10 | 街歩き

昨日の続き ココアコ地区のウオールアート。

見応えのある壁絵ばかりです。

 

 

 

この後、歩いてホールフーズで夜の食材などを仕込み。アラモアナSCに寄っていくという娘と妻と別れホテルへ帰還。

心地よい貿易風に吹かれてラナイでまたビール ^^;。

翌日は海岸に行って孫たちの遊びを一生懸命録画。6泊8日の旅行はあっという間に終わり。

 

今回乗った機種は往復共にANAの初ボーイング787ドリームライナー。

行きはずーっと大揺れ。だから飛行機は嫌い。気持ち悪くなって食事も喉を通らなかったが4歳の孫たちは全然平気。

空に浮いているものはいつか落ちるのではという意識があるから怖いし、余計揺れに敏感なのだろうと思うのだがそれにしても怖かった。ビジネスの席なら前のほうな

のでいくらかましなのだろうが高杉。プレミアムエコノミーも満席では仕方ない。

この飛行機、新しいだけあって機内乾燥しないしウオッシュレットが付いていたり照明もLED。で、驚いたのが窓。機内で寝るためにいままでなら室内灯が暗くなり自

分で窓のブラインドを降ろし遮光するのだがこいつはボタンを押すと少し間を置いて窓がブルー色に薄くなったり濃くなったりして不思議。調べてみたら電子シャッタ

ーだった。

行きの揺れを除いてはエコノミーでも疲れが少なく感じた新鋭機でした。

 

コメント

カカアコ

2018-06-09 | 街歩き

カカアコ地区というのはもともと倉庫が多かったりして夜の治安は良くないらしい。昼間は歩いていても危ない感じはしなかったが。

孫のTシャツを買ったりした後、散策しているとあちらこちらにウオールアートを見つけシャッターを押してきました。

 

 

 

コメント

ワイキキ

2018-06-08 | 街歩き

ハワイ島からオアフに戻り、ビーチウオークにあるホテルへ、ここで3泊します。トランプホテルの150㎡あるという2ベッドルームの豪華な部屋でした。10人なので2部

屋。夫婦だけなら絶対泊まることのない高級ホテル。今回は主に娘夫婦が計画し、誘われて付録としてついていく形だったので仕方ありません。

ホテルは日本人スタッフもいて日本語でOKなのは有難い。

ハワイ島もそうだったが部屋のテレビはLG製ばかり。高級ホテルばかりかレストランでもみなそう。もう何年にもなる、

今更だけど日本の家電産業の崩壊を目の当たりにすることになった。

 

ピンボケのサンセット

25階の高層階なので眺め良し。昼間はラナイに出て海をボーっと眺めてビールを飲み、夜は山側の夜景を見ながらやっぱりビールと飲んでばかり。もう買い物には

興味もないのでそれで良し。

2日目はレンタカーを借りてノースショア方面へ行こうということになったのですが1台では乗れないので、行ったことのない人達に任せ自分らは居残りすることにしま

した。娘がカカオカに行きたいということだったので3人トローリーに乗って行って来ました。話題の街らしく新しいセレクトショップが沢山あります。パンフレット

で見つけたビール工房の店に入って3人でローカルビールの飲み比べ。何れも上面発酵のエールビール。それぞれ気に入ったものを頼んで乾杯。うまい。

 店を出た後娘の買い物につきあって街を歩くと、ウールアートがあちらこちらにあるフォトジェニックな街です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント