団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

契約完了

2012-03-31 | 終の住まい作り

1年前から進めてきた古い家の建て換えの為の建築請負契約が完了。

最初はリフォームで?と思っていたけれど調べていくうちに、水廻りをリフォームすると数百万はあっという間に飛んで行ってしまうことが判り、あのBefore-After」 のような大幅な改造となるともう新築と変わらなくなってしまうらしいということでそれならいっそ新築か。という流れ。

この間ハウスメーカー巡りの傍ら図書館で家造りの本を色々見たり、ネットで検索したり情報集めをしてきました。

あるハウスメーカとは契約寸前までいったのだけれど、偶然ある人のブログで知った地元の工務店の施工例を見て一目で気に入り何度かの打ち合わせを経て昨日が契約日。

5月初めの解体から地鎮祭、そして上棟式から12月中頃の引き渡しまでハウスメーカーと違って出来上がるまでがちょっと長丁場になる家作りがスタート。28坪で平屋のコンパクトな家。

お願いしたのは豊田市にある有吉住宅小さな小さな工務店だけれど、無垢の愛知県材と自然材だけを使うというこだわりの家作りとする地域に密着した工務店です。

 

コメント

そら豆

2012-03-30 | 野菜(果采類)

去年秋に畑の片隅に種を植えておいた「そら豆」、10数個の内無事育っていたのは6株だけであとは消えてなくなってしまった。放置プレイだったので仕方ないか。

沢山の花を咲かせています。口に入るまで無事育つかな?

前に作った時はアブラムシにやられて全滅してしまったことを思い出す。

 

コメント

畑の準備をしなければ

2012-03-29 | 

寒くなったり暖かくなったり、友人が言うには日本はもうこれからだんだん四季が無くなっていき「冬と夏」だけの「二季」になるのだとか・・・・あながち冗談ばかりとは言えないようなこの所の気候。昨日の寒さとうって変わって今日の当地は18℃と汗ばむくらいの陽気。

そろそろ畑の準備をしようと久し振りに畑にいってみたら白菜が黄色い花を咲かせミツバチが廻りを飛んでいた。申し訳ないけれど春夏野菜の準備があるので全部抜いてしまった。

白菜も大根なんかもアブラナ科なので菜の花を咲かせるけれど花の違いは判らない。

 

 

 

 

 

コメント

金星・月・木星の天体ショー

2012-03-27 | 夜景

今月の11日は金星と木星が見掛け上、至近距離に近づいて見えたけれど、昨日26日の夜は金星と木星の間に月が等間隔で並ぶということで痛い足を引きずりながらカメラと三脚をもって前回と同じ場所へ行ってきました。

月が満月のように写ってしまっているのは・・・ピントは合わせたけれど露出が合っていない所為かな?

Shot on PENTAX K-r with 14mm F2.8

コメント (1)

私は泣いています

2012-03-25 | 野菜(果采類)

2週間前にようやく治ってもう暫くは大丈夫だろうと思っていたら何と又発作がでてしまった。

整形外科でレントゲンを撮って診てもらったら「痛風でしょう。長年放っておくとこうゆうことはありますよ。」と一声

この前よりは少し痛みは少ないものの痛~い。(泣)


こんな曲を想い出してしまった。 当時ミリオンセラーとなった大ヒット曲。ほんとうにいい曲です。

 

 

 

コメント

カタクリ

2012-03-23 | 野草の花など

shot on NIKON D300s with 90mmF2.8

福寿草を見に行った帰りは足助を経由してきたので飯盛山のカタクリの開花状況はどうだろうかと思い立ち寄ってきました。

今年の寒さの所為で遅れ気味だろうと思っていましたがやはり開花は2分咲きといったところでもう一週間ほどしないと咲き揃わないようです。

満開になれば北側斜面全体に咲くカタクリは見事な眺めで多くの人で一杯になる筈ですが着いたのが夕方近くだったこともあったのか誰もおらずゆっくりと見ることができました。

この場所は満開になると高価なカメラ機材を持ったリタイア組で溢れ、中には狭い通路を我が物顔に三脚を拡げて迷惑千万のおっさんがいるけれど今日はそんな人もおらず静かに歩くことが出来たのが幸い。(あっ自分もおっさんだった!!)

 

コメント   トラックバック (1)

福寿草の群落で

2012-03-22 | 野草の花など

朝起きて新聞を見ると岐阜県恵那市の上矢作地区で福寿草が咲き始めたという記事を見つけ暖かい陽気にも誘われ出かけてきました。矢作川(ヤハギガワ)沿いの道をどんどん上流に向かっていくと次第に山深くなり、川の水の色も透明度を増し上矢作地区までいくと川底まで透き通った綺麗な水。こんな美しい水をみるのは久し振り。

車一台がようやく通れる細い道をさらに支流沿ってに昇っていくと小さな棚田がありそこで行き止り。ここは達原大平地区の集落(といっても戸数は3戸のみ)です。地元のおばちゃんに協力金を支払って車を停め、歩いて行くと田んぼの畦のあちらこちらに黄色い花が点在。およそ40ヘクタールの広さの棚田の畦に10万本が自生しているとのこと。

天気も良かったのでレモンイエローの花が空に向かって花びらを開いています。明日からは雨なので花は閉じてしまうでしょう。

福寿草の近くには「ふきのとう」もあります。実は福寿草は毒性も強いようでふきのとうと間違えて中毒の例もあるとのこと。こうして花を比べればその違いは明らかなのだけれど・・・・。

上はふきのとう かな

 

コメント

トマトの種まき等々

2012-03-21 | 野菜(果采類)

遅れていたトマトの種まき。去年より丁度2週間遅れでの種まき。

ホーム桃太郎35粒

サターン10粒

麗夏 25粒

ピコ30粒

イエローピコ25粒 トマトはすべて温床マットの上で25℃以上に設定し発芽を待ちます。

 去年は連絡障害なのか全く失敗してしまったので耕作地を変えて栽培予定。

今種まきをするとGW過ぎには定植できるかも。

 

併せてルッコラ、春撒き大根、バジル、パクシー、じゃがいも(メークイン、男爵)の種まきと久し振りに忙しい一日。

 

 



コメント

ネコヤナギに群がるミツバチ

2012-03-17 | マクロ

昨日の午後家の前の畑で耕運機を持ち出しじゃがいも用の畑を起こしていたら満開になったネコヤナギの木の方からブンーブーンという羽音、近づいてみたらミツバチの大群が飛びまわっていたのでカメラを持ち出し撮ってみたけれど兎に角忙しく廻りを飛び回りじっとしていないので難しい。高速シャッターで100枚近くも撮ってなんとか写っていたのは3,4枚だけ。こんなことができるのはフィルム代の心配のないデジカメだからこそ

で、このミツバチですがニホンミツバチではないだろうか?まあよく判っていないけれど・・・

そういえば2,3年前セイヨウミツバチが激減しているということが話題になったことがあるけれどその後どうなったのだろう?

おもいっきり近づいてみた。 細かい粉のようなものは花粉だろうか

 

 

コメント (1)

育苗

2012-03-16 | 野菜(果采類)

2月初めに種まきしたピーマンやナスなどが育ってきました。しかし例年より具合が良くない。

朝起きて温度計を見ると30℃以上になってしまっている。温度調節用のセンサーが故障しているのかもしれない。そのせいか芽が出ても枯れてしまっているポッドもある始末。

そろそろトマトやスイカの種まき、じゃがいもの植え付け、更に畑の準備等があり忙しくなるけれど、まだ寒さがぶり返したり雨も多いのでなかなか進まない。

コメント

ランデヴー

2012-03-15 | 夜景

3月に入ってから南西方向の宵空を眺めると明るい星が2ツ目立っています。右側の明るい方が金星(マイナス4等級)でもう一方は木星(マイナス2等級)です。

一番近づいたのが14日。手を顔の前にかざすと人差し指が丁度間に入った。近いと言っても見掛け上だけで実は地球からの距離は金星が1億km、木星が8.6億kmと途方もない距離がある。

次回金星と木星が宵空で並ぶのは2015年7月です。

又、今月26日には金星と木星の間に月が位置し、縦に並んだ構図となります。

右上の方にはプレアデス(昴)の星団があるけれど名古屋市内の光がすさまじくこの時間では全く確認できない。

 

 

コメント

ホトケノザ

2012-03-14 | 野草の花など

オオイヌノフグリと並んで春一番早く咲くのがホトケノザ(仏の座)。こうしてマクロレンズで撮ってみるとなかなかユニークな姿をしています。良く似た花にヒメオドリコソウがありますがこちらはまだ見かけることは少ない。もう少し後に咲き始めるのだろうか。

コメント

お笑い系か?

2012-03-09 | 雑記

先週土曜日に友人とナゴヤドームでオープン戦観戦。終わってから近くのラーメン屋さんに入ってビールと餃子で祝勝会。この時はまさか月曜日から泣く思いをするとは思いもしなかった。・・・・・後で思えばこれが引き金になってしまったようだ?

実は前の日の朝から左足の甲の辺りが痛くなってはいたけれどそんなに強い痛みでは無かったので少しビッコをひきながらドームに向かったのだけれども・・・

日曜日から痛みが増してきて夜ベッドにもぐりこんだ時は「ああヤバい」と嫌な気持ちになってきたもののそのまま寝たのだけれど翌朝起きたときには甲全体が更に強い痛みに変わってきてここで初めて「えっ?痛風か!?」。

だとするとこの痛みはもっと酷くなるのが判っていたので痛み止めの座薬を処方してもらうため近所の内科医まで軽トラで駆けつけました。痛いのは左足だったのとオートマなので運転ができたのが不幸中の幸いといったところ。

痛風発作の70%は足の親指の付け根ということらしいが、当方の発作は過去左手首が2回で今回始めて足に来たので少し人並みに近づいてきたようだ。 しかしこの痛さといったら(泣) 痛みの代表は結石と痛風らしいがとにかくじっとしていても我慢ならない痛みに顔をしかめているだけ、おっ家内は「ほんと男の人は痛みに弱いから」の鬼の一言だけ。家に帰ってから即座薬を入れてみたけれど多少痛みが和らぐ程度でうーんうーんと唸ってばかり。

長い夜を唸りながらなんとか過ごした次の日の朝、友人達からお茶のお誘いがあったのだけれどとてもじゃないが行ける訳もない、家に来てくれた友人たちは「呑みすぎ!不摂生」「贅沢病か」と笑っているばかり。これが結石なんかなら少しは心配をしてくれるとおもうのだけれど・・・痛風だと「笑いながら心配してくれるだけ」いったいこの違いはなんだ。同じ痛い病気なのに。この頃にはもう左足は完全に地面に着けなくなってしまっていた。着こうものなら針を何本も重ねて思いっきり刺される痛さ(泣・泣・泣・・・)

こんな経過を辿って今日は6日目。ようやく左足に力をかけなければなんとか歩けるようになってきたけれど完全復活にはもう暫く時間がかかりそう。

しかし今回の発作。去年の12月に左手首が発作を起こしてからまだ3ケ月しか経っていない。その前は確か6,7年前だから発作の間隔が短か過ぎる。しかも発作から痛風薬の「ザイロリック」はちゃんと飲んでいるのに発作してしまったのが不思議といえば不思議、或いは別の要因があるかも知れないと不安を隠しきれない今日この頃。

 それにしても残念なのは12月といい今回といい名古屋地区OB吞み会に参加できなかったこと。

今頃、田原市では菜の花が数百万本満開の筈だけれど行けないので黄色の花のストック写真をあげてみた。

きんちゃく草    Nikon D90+TAMRON90mm 1:1MACRO F2.8

 

 

  

 

 

コメント

オオイヌノフグリ

2012-03-03 | マクロ

めっきり春めいた川沿いの散歩をするとあちらこちらにオオイヌノフグリの鮮やかな青い花が目立つ。名前とは似つかわしくない小さな春の色彩。ヨーロッパ原産の帰化植物。近縁種にタチイヌノフグリもあるけれどこちらは花が小さいのとこの辺りにはあまり生えていないので探すがちょっと難しい。

 

コメント

AURORA TIME LAPSE 動画(youtubeより)

2012-03-01 | 動画

天文雑誌の「星ナビ」のページをめくっていたらカナダ北部で撮影されたオーロラのTimeLapse(デジタル1眼による微速度撮影)動画がyoutubeにアップされていることを知り見てみました。こんな動画を一度は撮ってみたいものです。

コメント