団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

刃物祭りに行くこと

2018-10-07 | 街歩き

年に1度10月に岐阜県関市で刃物祭りがあります。我が家の使っている包丁は関市の刃物会館で買った包丁。刃物祭りにはいったことはなかったけれど今年初めて行

くことができました。

市内に入ると渋滞もあり駐車場が心配でしたが何とか止めることができました。車を止めたアピセ関ではアウトドアナイフショーが開かれていたので中に入って聞くと

色んなアウトドアナイフがカスタムナイフの逸品も含め所狭しと並んでいます。山登りをしている時一時ナイフに凝った時があって今も2,3本持ってはいます。が、

カスタムナイフはうっとりするほどの美しさ(目の飛び出るお値段だけど)。沼に近ずかないよう遠くから眺めているだけにしておきます。

そこから歩いて10分ほど本町通りに沢山の店がでていました。人もいっぱいでゆっくり品物を見ることができない。

とある店でダマスカス模様の入った包丁が50%off。思わず買おうと自分は料理もしないが、お「家内」をそそのかし購入。

他に栗の渋皮取りやおろし金など小物を買っていました。

自分用には別の店で剪定鋏を1丁。さらに別の店で鋸を見つけました。普段はホームセンターで買った安物を使っていますが直ぐ切れなくなってしまうので良いものが

あればいつか買おうと思っていました。5千円以上のノコの切れ味は別格だということを聞いています。

定価8千円のものが6千円になって更に廃版商品ということで3千円です。これは飛びつくしかありません。

 

外国の方も多く一人で包丁を5本6本と買っていた人も・・・。

買った包丁。このダマスカス模様が良い。

署名入りの特殊鋼を使ったノコギリ。目立てができるかどうか?

コメント (2)

四間道歩き 2

2018-09-11 | 街歩き

四間道を堀川運河沿いに少し歩いたところに円頓寺商店街があります。数年前行った時にはすっかり寂れ果ててシャッター通りとなっていました。名古屋市内の商店街

は大須を除けば何処も閑古鳥で賑わっていたころの面影はありません。大都市の割に活気のある商店街は大須を除いて無いのは不思議と言えば不思議です。栄地区や名

古屋駅周辺はブランドショップもあり多くの人でいっぱいですが地域に密着した商店街がないのは街の魅力に欠けますね。

そんな円頓寺も古い建屋がなくなり駐車場に代わっている所もありますが久しぶりに行ってみると若者向きの飲み屋さんなど新しい店もできつつあるようです。

前回に続いて古い町並み写真。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

四間道歩き1

2018-09-10 | 街歩き

名古屋の天文ショップ「スコーピオ」に注文しておいたBORGのリングなどが届いてたので取りに行ってきました。M57→M36.5アダプターと接眼ヘリコロイドです。

これをBORG71FLに付けてZWOカメラが接続できるようになります。にゃあさんが36EDとQHY5III178C、AZ-GTiの組み合わせできれいなM57を撮られていたので真

似しようという訳です。そのためにアリババでセールにつられてカメラも注文→果たしてちゃんと届くのか?不安ですが。。。。(閑話休題)

その帰り四家道の街歩きをしてきました。

*四間道 慶長15年(1610年)に名古屋城築城とともに始まった清須越しにともなって商人たちがこの地に住み着いて作られた商人の城下町として始まり、最初の「名古屋の街の誕生となった。元禄13年(1700年)の大火で1600軒余りが焼失し、その後尾張藩4代藩主徳川吉道は、堀川沿いにある商家の消失を避けるために、中橋から五条橋までの道幅を4間(約7メートル)に拡張したのが始まりである。このことから四家道を呼ばれるようになったという(wikipedia)
 
昔の面影を残す古い倉庫が残されています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

コメント (2)

カカアコのウオールアート

2018-06-10 | 街歩き

昨日の続き ココアコ地区のウオールアート。

見応えのある壁絵ばかりです。

 

 

 

この後、歩いてホールフーズで夜の食材などを仕込み。アラモアナSCに寄っていくという娘と妻と別れホテルへ帰還。

心地よい貿易風に吹かれてラナイでまたビール ^^;。

翌日は海岸に行って孫たちの遊びを一生懸命録画。6泊8日の旅行はあっという間に終わり。

 

今回乗った機種は往復共にANAの初ボーイング787ドリームライナー。

行きはずーっと大揺れ。だから飛行機は嫌い。気持ち悪くなって食事も喉を通らなかったが4歳の孫たちは全然平気。

空に浮いているものはいつか落ちるのではという意識があるから怖いし、余計揺れに敏感なのだろうと思うのだがそれにしても怖かった。ビジネスの席なら前のほうな

のでいくらかましなのだろうが高杉。プレミアムエコノミーも満席では仕方ない。

この飛行機、新しいだけあって機内乾燥しないしウオッシュレットが付いていたり照明もLED。で、驚いたのが窓。機内で寝るためにいままでなら室内灯が暗くなり自

分で窓のブラインドを降ろし遮光するのだがこいつはボタンを押すと少し間を置いて窓がブルー色に薄くなったり濃くなったりして不思議。調べてみたら電子シャッタ

ーだった。

行きの揺れを除いてはエコノミーでも疲れが少なく感じた新鋭機でした。

 

コメント

カカアコ

2018-06-09 | 街歩き

カカアコ地区というのはもともと倉庫が多かったりして夜の治安は良くないらしい。昼間は歩いていても危ない感じはしなかったが。

孫のTシャツを買ったりした後、散策しているとあちらこちらにウオールアートを見つけシャッターを押してきました。

 

 

 

コメント

ワイキキ

2018-06-08 | 街歩き

ハワイ島からオアフに戻り、ビーチウオークにあるホテルへ、ここで3泊します。トランプホテルの150㎡あるという2ベッドルームの豪華な部屋でした。10人なので2部

屋。夫婦だけなら絶対泊まることのない高級ホテル。今回は主に娘夫婦が計画し、誘われて付録としてついていく形だったので仕方ありません。

ホテルは日本人スタッフもいて日本語でOKなのは有難い。

ハワイ島もそうだったが部屋のテレビはLG製ばかり。高級ホテルばかりかレストランでもみなそう。もう何年にもなる、

今更だけど日本の家電産業の崩壊を目の当たりにすることになった。

 

ピンボケのサンセット

25階の高層階なので眺め良し。昼間はラナイに出て海をボーっと眺めてビールを飲み、夜は山側の夜景を見ながらやっぱりビールと飲んでばかり。もう買い物には

興味もないのでそれで良し。

2日目はレンタカーを借りてノースショア方面へ行こうということになったのですが1台では乗れないので、行ったことのない人達に任せ自分らは居残りすることにしま

した。娘がカカオカに行きたいということだったので3人トローリーに乗って行って来ました。話題の街らしく新しいセレクトショップが沢山あります。パンフレット

で見つけたビール工房の店に入って3人でローカルビールの飲み比べ。何れも上面発酵のエールビール。それぞれ気に入ったものを頼んで乾杯。うまい。

 店を出た後娘の買い物につきあって街を歩くと、ウールアートがあちらこちらにあるフォトジェニックな街です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

岩村の町歩き

2018-02-18 | 街歩き

注文しておいた味噌作り用の麹を岐阜県恵那市まで取りに行った帰り、岩村へ寄って行くことにしました。

日本三大山城の岩村城のある所ですが、観光客も少なく時が止まったような静かな町並が残っています。

この町のはずれの方に爺ちゃん婆ちゃんがやっている山栗の焼き栗を売っている小さな店があり、寄り道はこの焼き栗を買うのが目的です。

 

 雪がちらちら舞う古い通りには誰も歩いていません。底冷えする寒さでした。寒暖差の大きなこの地域、隣りの山岡町は寒天造りで有名です。

ついでに「女城主」の岩村酒造で吟醸酒粕を買っておきました。今年の新酒を試飲したいところですが我慢。毎年2月の日曜日には蔵開きがあり、この日の明知鉄道は

満員となり、通りも多くの人で賑わうと焼き栗屋のおばあちゃんが言っていました。

恵那で買った五平餅を車の中で食べて来たけれど小腹も空いたのでなにか食べようとしましたが有名な観光地でもないので飲食店も殆どありません。

ようやく見つけたお好み屋さんに入って焼きそばで腹を満たし帰路に。

コメント

久し振りの東京で

2017-11-15 | 街歩き
田舎に帰る前の日、友人達に会う為にさいたま市南区の娘の家から都内へ、
勤務先のあった溜池に向かいました。地下鉄溜池山王を出ると懐かしい街並みが目に入って来ました。


辺りを歩くと新しい高層ビルがあるものの、街並は変わっていないようにみえましたが昼御飯を食べたりよく行った呑み屋は殆どなくなっていました。又建築中のビルが沢山あるなど月日の流れを想います。

約束の時間も迫ってきたので麻布十番まで地下鉄で行きそこから10分ほどの約束の店に。
住宅街にボツンとある店です。

ここの刺身など魚料理が絶品


友人達と久し振りに歓談。そこから更にべつの店に…
何とも言えない愉しい時間でした。
コメント

岩村町歩き

2017-11-06 | 街歩き

日本3大山城の一つ、岐阜県の岩村城の城下町へ行って来ました。

古い町並を歩くのが好みで年に1度位は行っています。去年の秋に行った時、たまたま寄った店で買った焼き山焼栗がとんでもなくおいしかったのでこれを買うのが主目的。

高速は使わず信号もない山間いの道を気持ちよくドライブ。2時間近く走れば目的地(恵那市岩村町)に到着。公共駐車場がどこも満員でいつもと様子が違います。

祭りが開かれていました。臨時駐車場になっていた小学校の校庭に車を停めて古い町並に行ってみると・・・。大勢の人で町が賑わっていました。

正面の山の上(標高717m)に城址があり他では見られない4段組の石垣が見られます。大袈裟ですが日本のマチュピチュという表現もされている程。

何処だったかなあと捜しながら歩いて目的の店を発見。知る人ぞ知るということで店の前は数人の人達が買うのを待っています。爺ちゃん婆ちゃんが元気にお客さんを

さばいていました。

紙袋に入れた3袋で1080円。山栗なので小さいけれど甘みは強く、冷蔵庫で冷やすと更に甘みが増す。間違いなく普通の大きな栗より美味い。

ちなみに観光客がたかっていたのは古くからの有名なカステラ屋さんだけど我が家はパス。

 

コスプレも

いつ頃の看板だろうか?

今回は人が多くゆっくりと町歩きが出来なかったが、又焼き山栗を買いに行こう。

 HDR風処理で

 

コメント

警固祭り終了

2017-10-10 | 街歩き

尾張、三河地方の一部に伝承されている警固祭りが今年は、当地区で行われました。

馬の背に御幣や表具(ダシ)を乗せ、その後から100名ほどの火縄銃を持った人々と棒隊が続き、町内を練り歩きながら所々で発砲するという勇壮な祭りです。

当市内では地区ごとに3年毎に行われ今年は当地区で行われたものです。

昨年、他地区で大きな事故があり今年は保存会の人々は準備に大変だったことと思います。

氏子総代としても神社内の清掃や本殿、神楽殿なのど準備などで前日から抜かりがないよう進めてきましたが、当日は朝から好天に恵まれ祭り日和。

早朝から各地で火縄銃の発砲の音が聞こえます。キナコ(我が家のミニチュアダックス)は大きな音が聞こえるたびに部屋の中を怯えてウロウロしていたそうな。

隊列の発砲のタイミングで妻がコンデジで撮ってくれましたが、20mmでは遠すぎました。

神社への入場ですが、これまでに地区内の2つの神社を廻り、火縄銃を担いで凡そ15km以上歩いてきたのでさすがに足取り重し。

境内では棒の手や巫女さんの奉納が終れば祭りもお終い。

長い一日でしたが何事もなく終えることができ、本当に良かったです。

 

 

コメント

期待したが・・・

2017-08-18 | 街歩き

7月生まれの”お「家内」” 誕生日祝いをしていなかったので、名古屋東新町に美味しい寿司屋があるということを聞き付け、うだる暑さの中出掛けてきました。

このお寿司屋さん立喰only、しかもカウンターは僅か6~7人のキャパということなので30分前に着こうと地下鉄の駅から数分、ビルの1階の小さな入口に着くと

「本日は入荷がなく夜の営業はお休みします」と無情の告知が。

期待が大きかっただけに残念。このお店の赤酢を使った江戸前握りは相当なものらしい。

残念だが次の機会に訪れることとして、じゃあどうする?ときくと大甚に行きたいという。ええっ!居酒屋と思ったが嫌いじゃないので地下鉄で伏見まで行き地下

鉄出口前の本店に入ってみると5時ジャスト。この店は4時開店ですがオヤジ+若干のご婦人方でもう満員でした。

適当につまみを自分でケースの中から取ってきて生ビールで乾杯。残っていた最後の名古屋コーチンの胸肉の刺身と同じくコーチンの皮とハツの焼き鳥を注文。

ビールを飲んだ後は常温の賀茂鶴の樽酒にしたのだがいつもながらここで吞む樽酒は美味しい。

 

nexus5x

 名古屋市内にはチェーン居酒屋や和食ダイニングといった若者向けの安さを売りにした居酒屋はゴマンとあるが、こうゆう歴史のある味わい深い居酒屋が少なく

(知らないだけかも?)、まして昼から営業している店は大須に1軒(それも土日だけ)あるだけで昼呑みができないんだよなあ。

気のおけない友人たちと馬鹿ッ話をしながら酒が飲めるって最高だと思うのだが・・・。

いやあこんな呑気なことを書くと最近の緊迫した国際情勢を何と心得るかと怒られてしまいそうだ。

 

 

 

 

 

コメント

花火大会

2017-08-14 | 街歩き

友人に誘われて花火大会。

国宝犬山城をバックに木曽川河畔で行われる花火大会。

打ち上げ数は3千発と少ないがロケーションが良いので20万人以上が集まるらしい。

4時に駅前に集合して5人で駅前の居酒屋で呑んだ後、電車で1区間先の駅に行ったのだが駅前から人々の波。

押されるまま河川敷まで行ったのだが座って見る場所もない。本当はライトアップされている犬山城をバックに花火の写真を撮りたくて三脚も担いでいったのだが

とても出せる状況ではないし狙った場所にも行けそうもなかった。それでも運よく見つけたスペースに三脚も広げることができたのだが有料席の境界に目隠しシー

トが張ってあり思うような構図が取れなかったのが残念。

画面に木の枝とシートが入ってしまったのでフォトショップでこの部分を消してみた。

 ↓スマフォで撮ってみたけれどそこそこ写るんですね。

最近はどこの花火大会も有料席を設けるところが多くなっているのが残念。

 

コメント

ヌートリア

2017-04-02 | 街歩き

河川工事をしていたので暫く顔を見せなかったヌートリアだけどしたたかにしたたかに生き抜いている。

近くで見るとカピバラのような可愛い顔をしている。手持ちでブレブレ。

農作物に被害を及ぼす害獣だが余り被害に遭ったという声を聞かない。サルやシカの被害が多いだろうがこの辺りにはいない、イノシシは里山の方に

出没するが野菜被害はやっぱりハクビシンの被害が多く、3年前は収穫間近のトマトをやられた。

 

3月のウオーキングの累計距離は98km、1月からの累計では284kmで愛知県豊橋市の二川宿まで歩いたことになる。

コメント

トリトリ

2017-03-29 | 街歩き

先日、図書館に行く為、川沿いの散策路を歩いているとカワセミを4羽見たので、写してやろうと意気込んでカメラを持って行ってみた。

Tさんの話ではカワセミの写真撮りは難しく、連射で撮っても数百枚の中で使えるのは1枚位と言っていたので難易度は相当高いようだが・・・

途中、児童園の庭に植えてある2本の桜が満開。ピンクの色味が強い桜。河津桜かなあ。

カワセミはなかなか見つからないが、ジョウビタキはこの前と同じ場所にいてくれた。

このバンは半年ほど前からここに居ついて動かない。それもずーっと1羽だけで寂しそう。

直ぐ近くにカルガモが沢山遊んでいるけれどお互い全く無視している。

アオサギやシラサギも多い

結局カメラを持って行くと飛んでいるカワセミを見かけただけで写すことはできなかった。が、まあそんなものだろう。

コメント

春の陽気に誘われ

2017-03-06 | 街歩き

朝晩はまだ暖房が欠かせないが日中は春本番の暖かさ。少し遠出をしてみるかとスマフォのアプリをセット、そしてネットラジオで海外のジャズ番組を

聴きながら家を出るのがいつものスタイル。番組のメニューではいつもBig band Jazzばかりを聞いているが何故か自分の歩きには合っている。

今日はこの前買った中華激安レンズがお供。135mmf2.8というスペックの中望遠レンズ。星撮り用に買ったのだが出番が少ないのでどんな具合だろう

とD810Aにつけてみた。近所の氏神様入口で一枚撮ってみる。やっぱりAFに慣れているとマニュアルでピントを合わせるのが大変。f4に絞って露

出優先でシャッターを押す。現像はNX-Dのニュートラルで

現像を風景にするとメリハリがついた

東部丘陵線(リニモ)がちょうど横を通過。

そのままグリーンロードの歩道を歩いて隣市にある陶磁美術館の中に入っていくが、陶磁器にはあまり興味も湧かないのでスルー。

庭に8世紀から12世紀ごろの朝鮮王朝時代の陵墓を守るために作られた石人像があるのを知っていたのでその前に行ってみた。

風もなく暖かな昼下がり、若いお母さんと子供たちが遊んでいたのでカメラを向けてみる。ボケてしまったが。こうゆう動きのある被写体はAFを使わないとピントを合わせるのはととても無理。

 道端に咲いていた咲き始めの花。2.8というf値なので柔らかなボケ具合も良い。拾い物だったかこのレンズ。

歩いた距離は9.3kmだった。

コメント