団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

今年は本当に1年が早かった。

2014-12-31 | 雑記

年をとると一年が早くなるというけれど本当に時が過ぎるのが早くなっている。 

今年撮った写真で一年を振り返ってみた。こうしてみると足の痛みでほとんど山登りが出来ず悔いの残る年だった。

 来年はどうなるだろうか?明るく希望の持てる年にしたいけれど・・・。

 

コメント

アルコールばかり

2014-12-30 | 雑記

日本酒を買いに岐阜県の多治見市まででかけてきました。岐阜県と言っても県境なので瀬戸市を抜ければ醸造元の直売店まで車で30分ほどで行けます。

買ったのは「純米大吟 しぼりたて」と「超辛口純米吟醸生酒」いずれも精白歩合45%で美味しい日本酒です。ちょう辛口~の方はにごり酒でまだ発酵が瓶の中で進んでいます。なので蓋の開け方に注意が必要です。

 

こちらは娘が時々送ってくれる「王禄」島根の酒です。この酒もとても美味しい酒で大ファンです。

 

今、日本酒は海外でもファンが増えているとのこと。当然だと思います。1.8L3000円前後で美味しい酒が買えるのにたいしてワインは720mlで数千円から数万円、果てはロマネコン

のように100万以上するのもあるわけですから比較すると日本酒はとてもリーズナブル。

こちらは友人の息子さんがやっているオーガニックワイン専門店から買ったもの(両方とも値段は3千円以下です)

赤のフランスワインはマルセル・マショー作

白ワインはイタリア産の微発泡ソーヴイニオン・フリッザンテ

 

焼酎ですが芋焼酎「甕雫」 一時プレミアがついて1万円位していたけれど最近はどうなんだろう。芋だけど全くイモ臭さはなく爽やかな香り

 

頂き物の焼酎はイモ焼酎らしい香りがするもの

そんなに酒ばかり買ってどうするんだと言われそう。今年は二人だけの静かな正月になってしまったのに。

そんな折も折り、3日前から右手首に痛風の発作、薬は飲んでいるので我慢できない痛さではないけれどねん挫したようなじくじくとした痛みが続いています。

発作中はアルコール厳禁なので年が明ける前に治るか微妙。

 

 

 

 

コメント (3)

元気村でのファーストライト(M42)

2014-12-27 | 天体写真

昨日は久し振りにGPV予報が朝まで真っ黒。という訳で寒気が入り込みきっと山の上は零下だろうと思いましたがめげずに元気村へ出かけてきました。明るいうちに到着しセッティング

するため家を3時半に出て5時前到着。小さな車は機材で一杯です。

今年最後の撮影に師匠のNさんも会社が終わってから来るということなので直焦点撮影の手順の確認やらその他諸々教えて貰うことも予定していました。先日のテスト会で一応手順は

教えて貰ったのですがちょっと一回では無理、自分でも苦労しながら覚えていくしかないでしょう。

機材を出してセットし極軸望遠鏡を覗いて極軸合わせ。平地と違って星の数も多く、目では北極星だと簡単に分かるのですが小さな望遠鏡からのぞくと目に見えない星も見えたりして北

極星の導入にも手こずってまいます。それでもなんとか導入出来た後はガイド鏡や鏡筒、カメラをセットしアライメントという作業に入りますが要領はわかっているけれどスムースには

いきません。あんまり星の名前とその位置が理解できていないからこうゆうことになってしまいます。終わる頃にはすっかり辺りは真っ暗で買ってきたお握りを食べる暇もありません。

暗い中で色々なコードをつないだり無理な体勢でガイド鏡を覗いたりで時間はあっという間に過ぎていき寒さなど感じている閑もない。

21時過ぎにNさん登場。ポーラーアライメントのやり方を教えて貰い撮影開始。

ここはやはりM42だろうという訳でコントローラーで向きを変えていくと一発で目標を捉えてくれます。自動導入はこれが便利なんですね、安直ですが星図を見ながら導入するのは初心

者にとっては本当に大変ですから大助かりです。

撮影後ライヴビューを見たらおおっ!迫力の画像が撮れたと大満足。カメラレンズの300mmとは違う、買った光害カットフィルターの効果もあるのかな。

中心付近のバルジは白飛びしてしまっているが仕方ない。

 

笠井CAPRI-80ED 560mm、sky-watcherEQ5、ASI120MM、200mmf4ガイドスコープ、PHDガイディングでオートガイド

Nikond5000(改)、LPR-Nフィルター 露出300秒×2、撮ったうち流れなかった写真は2枚しかなかったのでこれをコンポジット

ステライメージ、Photoshop ccでトーンカーブ、コントラスト調整。ダーク、フラット処理なし


しかしこの後位置を変えて撮影していくとPHDガイディングのtoolで追尾状況がグラフで確認できるのですが赤経方面の具合が悪くオートガイドができません。Nさん色々PC画面で設

定を変えていたけれどその内「これ不良品だ」と一言・・・がーん。

どうする。

 

 

コメント

光害カットフィルターを買ってみた

2014-12-25 | 雑記

この所毎日のように宅急便が届き「オッ家内」から嫌味を言われてしまっている。

昨日はこいつが届きました。

フィルターですが「光害カットフィルター」っていうやつ。光害の基となる水銀灯やナトリウム灯の輝線をカットし、その他天体からの光は極力透過するという天体撮影用のフィルターです。

スペクトル輝線ではHα線と呼ばれる赤い光を通してくれます。何層ものコーティングがされているので普通のカメラフィルターと違って高価。改造カメラとこのフィルターでもっと赤い星雲

を浮かび上がせようという訳です。

買ったのはサイトロンジャパンのLPR-Nの48mmサイズで10kそこそこ。それでも他のものと比べればかなり廉価。WEBで透過特性のグラフを見た限りそんなに違いは無いだろうと

いう訳で安い方を買ってみました。効果はどんなもんだろう。楽しみです。使い方は望遠鏡のスリーブの中に差し込んで使いますが使うと露出倍数が変わるのでピント合わせをするとき

にカメラのライブヴューで星が見えるか心配です。庭でテストしてみようと思います。

コメント

しばらくぶりの山歩き

2014-12-23 | 山歩き

少し前、義弟からアウトドアシューズを貰っていたので使ってみようと海上の森にいってきました。

貰った靴は重さも軽くソールもビブラムではないので登山には厳しいけれど、近所の里山歩きにはgood!履き心地もよろしい。

海上に行くのはいつ以来だろうか?冬鳥も撮れないかとカメラと双眼鏡のフルセットを準備し海上の森センターに車を停めて歩いていきます。直ぐメジロの「チッチッチッ」という声が聞こ

えてきて幸先よし、ということで山に入っていきましたが登りに入ると右ひざから痛みが走ります。困ったなあと思いながらもそのまま歩いていくと痛みはそれ以上強くなる様子もないの

で歩き慣れた明るい尾根道を歩いて三角点へ向かいました。しかし鳥の姿は見えません。遠くは名古屋市や足下の瀬戸市街地が見える図根三角点に到着。

ちょうど愛環鉄道の列車が走ってきたので300mmで撮ッたらこんな感じ。およそ1km位でしょうか。

同じ方面をフォーサーズサイズの20mmで撮るとこれだけ画角の違いがあります。

いつもならここから四ツ沢方面に向かうのですが膝の具合も心配なので一旦引き返すことにして同じ道を戻って駐車場へ。車の中でお握りを食べてから少し離れた海上の里方面に通じ

る駐車場に移動です。ここから海上の里まで往復しました。

今日撮れた鳥たち。

 

他にメジロ、カケスをみました。木を叩くドラミングが聞こえてきましたが正体は判らず。コゲラかな?

イカルはいるかと探したのですがお目当てのイカルの群れは残念ながら見ることができませんでした。あの鳴き声がとても好きです。

今日持って行った道具です。去年買ったzen-rayの7×36ダハ型の双眼鏡はとても良く見え活躍してくれました。

 

 

 

 

コメント

『わが母の記」を観た

2014-12-21 | 

今年の12月は本当に雨が多い。これでは来週予定していた玉ねぎ苗の定植が出来そうにない。年明けの1月20日過ぎになりそう。

そんなことで昨日は何もすることがなくダラダラと過ごしていたので昼からは録画しておいた映画を観ようを思い「グッドウイルハンティング」と「わが母の記」のBlu-rayディスクを引っ張り出してきました。2本立です。

今、日本の男優の中では役所広司、佐藤浩市、中井貴一がお気に入り。ということで彼らが出演している映画は見ようとしていますが役所広司主演の「わが母の記」は見逃していたのです。 

原作も読んではいませんが作家・井上靖の同名小説を原作に役所広司・樹木希林・宮崎あおいが主演を演じる古き良き昭和の時代を舞台に認知症と家族愛をテーマにした人間ドラマです。

なんといっても出演俳優が豪華だしそれぞれの俳優の演技力も見事でした。映画に出てくる60年代のボンネットバスや車にも懐かしさを覚え、あれだけの台数を揃えたことにも感心。

進んでいく認知症の症状とそれを取り巻く家族の物語は、自分の母親が認知症がどんどん進行していき去年の夏亡くなった自分の母親の事も思いだされ涙が止まらなかったです。

現実は映画より最と凄惨で悲しく辛らかったですけど。・・・

 

『わが母の記』予告編

 

樹木希林の神がかり的演技にも驚いたけれど、バッハの旋律を背景にして日本の美しい風景が素晴らしい色合いで表現されている映画でした。

コメント

巨大な大根

2014-12-20 | 野菜(果采類)

重さ3.9kg、胴回り42cmの大根です。流し台になんとか収まりました。品種名は忘れましたが大きく重い大根に育ちました。水分が多く瑞々しさが際立っています。

肥料は発酵鶏糞と自分で作っておいたボカシ肥を追い肥であげましたがよく効いたのでしょう。

形がちょっと・・・という感じですね。成長途中に石が邪魔をしていびつになってしまった

 

コメント

大雪の中で

2014-12-18 | 雑記

名古屋市内で20cmの積雪といっていたがここは郊外なので更に深い雪。12月にこんなに降るとは。今年の冬はエルニーニョで暖冬だった筈だけれど。

庭のジューンベリーの木を支えている竹にモズが止まっていたのでカメラを取り出し家の中から撮って見た。

この後直ぐ何かを咥えて飛んでいきました。カエルを捕まえたらしい。雪の中でも凛とした姿です。

 

コメント

オートガイドのテスト

2014-12-14 | 天体写真

先日購入した赤道儀と鏡筒等一揃いを車に積んで夕方K市まで移動。約40分で指定された公園の駐車場に到着。機材を降ろして準備していると程なくNさんが登場。

この方に色々教わりながらオートガイドによる自動導入で直焦点撮影をする予定です。

赤道儀(skywacherEQ5)に鏡筒(CAPRI-80ED)を乗せガイド鏡とアストロカメラ(ASI120MM)をセット、XPの古いノートパソコン、赤道儀用外部電源(セレストロンの

powerTANK7)、PC用のモバイルバッテリー等にそれぞれ付属のコードを繋ぐと辺りはコードだらけ。暗い中の作業ではコードを引っ掛ける心配もあります。

カメラ(NikonD5000-改造カメラ)も鏡筒にセット。しかしこれで直ぐ撮影が出来る訳ではなく撮影に入る前に極軸合わせやガイド鏡との光軸合わせの作業が必要です。流石ベテランの

Nさんは手際良いので指示を仰ぎながらセッティングを行っていきます。順番をメモしておけばよかったと後で後悔しました。

自動導入の「自動」という名前で間違えてしまうのですが撮影の前のセッティングはとても難しいのです。そもそも「自動導入式」というのは天体の導入が自動ということであって、セッ

ティングが自動という意味ではないのですね。

鏡筒を載せて赤道儀とのバランス調整、極軸望遠鏡を使った極軸合わせ(基本中の基本)、ハンドコントローラを使ってのバックラッシュ補正、スターアライメント、自動導入後の位置補

正(PAE)、PC画面からのPHDガイディングの調整方法等々・・・、すべて経験とスキルが生きる作業。はっきり言ってとても難しいと感じました。きっと天体撮影をしてみようと思い機材を

購入したものの結局倉庫にオクラ入りになってしまっている人も多いだろうと想像。

これで本格的なガイド撮影に足を踏み入れてしまいました。この先どうなっていくだろうか?

テスト中に撮ったM45(昴)。街明かりも多いし露出時間も1分程度なのでこんな写真しか撮れなかった。


しかし・・・まだまだ色々機材を揃えなければならない。ファインダースコープ、アリミソレール、ソフトのステラナビゲータとこれがインストールできるPC。

 

今日は選挙だ。メディアでは自民大勝といわれているが。たとえ1票でもNOという自分の意思を表せねば。

 

 

コメント (1)

ブルーベリーの紅葉

2014-12-13 | 果樹

ブルーベリーの葉が赤く染まっていた。

やり残した畑仕事が残っているけれどこれだけ寒いとついおっくうになってしまっている。といっても21日頃に予定している玉ねぎの定植の準備だけは行っていかなければならない。

コメント

ファーストライト

2014-12-12 | 天体写真

初めて買った天体望遠鏡のセッティング練習。

CAPRI-80EDアポクロマートのレンズを使った8cmF7焦点距離560mmの屈折天体望遠鏡で撮った月。

タイマーリモコンが具合が悪くシャッターを手で押したのでぶれてしまった。

同じくらいの値段のカメラレンズと比べるとやはり写りはシャープだ。



コメント

ホトケノザをマクロで

2014-12-08 | 野草の花など

春の花だけれど場所によっては一年中花を咲かせるホトケノザ。大根を採りに行ったら一面に咲いていました。陽当たりがよく風もさえぎられているので咲いたようです。

農作業をする身にとっては厄介な雑草ですが、花は綺麗なので時々こうして写真を撮っています。

 

 

コメント

直焦点撮影用機材のセットアップ

2014-12-07 | 天体写真

注文しておいた天体撮影用の機材が色々到着してきたので組立の最中。

買った機材は自動導入赤道儀、ガイドスコープ、CCDアストロカメラ、単焦点屈折望遠鏡、赤道儀用外部電源、ノートPC用大容量モバイル電源、カメラ用リモコン、取り付け用レール、ネジ色々、等です。これでカメラを使って撮影が出来ることになります。

高級な機材は買えないので(買っても使いこなせるかどうか自信もないし)多分ビギナー用と思われる機材を購入しています。それでも結構かかってしまいました。

揃えた限り何としてでも使いこなせばなりません。今までも結構散財する割には貧乏性で、安かろう悪かろうというものを掴んでしまうことが多かったけれど今回は知り合ったベテランの方の指導の紹介機材なので大丈夫。といっても鏡筒本体は値段と性能をみながら自分で決めた物です。

組み立ててみました↓

で、これで簡単にオートガイドで簡単に撮影できるかと問われればNO。まだまだ色々セッティングなどがあります。まあとにかく説明書が色々不親切。スイッチを入れれば使える電気製品とは言いませんがある程度の知識がないと取説を読んでも理解できないことがあります。まずこの最初のハードルを越えなければ・・・。

最初のセッティングはオートガイド用ソフトのインストールでしたがここで最初のつまずき。ノートPCを使うのですがガイド鏡は認識するのですが望遠鏡をどうしても認識しません。

ドライバーソフトを削除そして再びインストールしたりしますがダメ、PCをXPからwindows7のOSの入っているPCに変えてみたり一日中やってもダメ。放り投げたくなってきました。

こりゃあ困ったなあと思いながらもひょっとしてと思って同梱されていたCD-ROMを読み込んで入っていた古いヴァージョンのドライバーをインストールしてみたらようやくガイドスコープと望遠鏡を認識してくれました。ここまででほぼ一日です長かった!。一歩前進。


コメント

もうすぐブロッコリーの収穫です

2014-12-05 | 野菜(果采類)

茎ブロッコリーを9月の終わりに種まきしましたがようやく中心にブロッコリーができてきました。8月に種まきする必要があるのですが遅れてしまい今頃ようやく育ってきたものです。

この種類は小さいブロッコリーが次々と収穫できる茎ブロッコリーですが最初に真ん中にできたものを早めに収穫する必要があります。

厳寒の今朝でしたがまだ霜は降りておらず雫がきらきらとガラス玉のように光っていました

 

コメント

はやくも師走

2014-12-01 | 夜景

もう12月、どんどん月日のスピードが加速している。思えば子供の頃は1年は長なったよう気がするけれど・・・。

そう感じるのは年を経ると新しいと感じることが少なくなって刺激がなくなるので短く感じると何かで読んだ記憶があるけれど本当にそうだろうか?

街中はすでに年末モードに突入。

イルミネーションの季節です。

名古屋市内の久屋公園ではアカリナイトというイルミネーションイベントが行なわれていました。

 

 

コメント