団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

農作業。

2018-02-28 | 野菜(果采類)

それまで一桁の気温が続いていましたが20日過ぎから急に暖かくなってきたので畑の耕起作業開始。大型のディーゼル耕運機を使いましたが外に置きっぱなしなのでオ

イルが硬くてそのままだと始動困難。何か良い方法はと友人に聞くと、水冷水を出して代わりに熱湯を入れてやればと聞いたので水冷水の排出レバーをひねり半分程度

出して代わりに熱湯を入れ、暫くしてからデコンプレバーを引きながらクランクを力強くまわすと一発で掛かりました。効果絶大だ。固くなっている地面を起すにはや

はり力のあるディーゼルエンジンが一番。

来月半ばくらいにもう一度肥料など入れて耕起作業を行います。

11月に種まきし12月半ばにはまだ芽をだしていなかったそら豆ですが不織布を取ってみると100個蒔いたうち芽がでていたのは1/3だけ。こんなことは初めてです。種

を蒔いてから急に寒くなったのが原因でしよう。

同時に蒔いたスナップも殆ど芽が出ませんでした。

残っていたそら豆を35個、スナップは40株分種まきし温床マットの上で発芽させますがこの時期でも大丈夫かどうか。謎です。

 

コメント

画像処理練習 カラフルタウンの再処理でお茶を濁す

2018-02-27 | 天体写真

とうとう今月の新月期は天体写真を撮ることができなかった。23日の夜は朝まで雲も出ない予報だったが月が沈むのが25時近く。行こうかどうしようか迷ったけれど夕

方、西の空を見ると雲が湧いていたのでこれ幸いとばかり止めてしまったヘタレです。根性が無くなってきました。

もう夜明け近くには夏の天の川が昇ってきています。

去年の4月3日、南伊勢で撮ったアンタレス付近の再処理をやり直してみました。この日は目的地を間違えてしまい行くことが出来ず、ウロウロして仕方なく道路脇で

2:30頃から4:30頃まで撮った22枚、110分を再処理したものです。

この時はiso1600で300秒でしたがこの場所ならもっと露出を延ばせそうです。

いつもの遠征場所は南方面が明るく、どうやろうが自分の腕ではここまでの色合いが出せませんが、この場所は熊野灘に面しているので南方面の光害がなく暗黒帯もよ

く出てきました。何といっても空の暗さが一番だということが理解できます。

カラフルタウンと呼ばれているアンタレス付近の美しい領域、今年も再挑戦したいです。

 

 

コメント (2)

セツブンソウと福寿草

2018-02-26 | 野草の花など

セリバオーレンを撮った後、寺の正面に廻ると枯葉の中に鮮やかな色を見つけた。

福寿草。

更にその近くに小さな花を見つけた。

セツブンソウです。花を見るのは初めて、ひっそりと数輪の花と蕾がありました。

 

 

コメント

セリバオーレン

2018-02-25 | 野草の花など

ブロ友さんのエントリーでセリバオーレンが満開になっていることを知ったので瀬戸市にあるお寺さんの裏山の自生地に行って来ました。

今年は寒さが厳しかったので少し遅れたかもしれませんが満開でした。

あちらこちらに一杯の株があり気を付けていないと踏んでしまいそう。

マクロを取り出し撮影開始。しかし小さな花なのでスタンスにとても苦労する。

一脚に寄りかかりカメラを固定してみたら良い具合。

SSを上げるためISOを800にしたので画像が荒れています

 

 

 

 

ここにはバイカオーレンもある筈ですがいくら探しても見つかりませんでした。

 

コメント (2)

映画「人生フルーツ」

2018-02-23 | 雑記

「風が吹けば葉が落ちる,葉が落ちれば畑が肥える,畑が肥えれば果実が実る」というナレーション(樹木希林)で始まる映画「人生フルーツ」を見てきました。

去年だったか名古屋市内の単館上映館でやっているのを見逃してしまい残念な思いをしていましたが、先日たまたま近所のイオンモール内の映画館の横を通った時に

上映していることを知って行ってきたものです。

愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの設計に携わった方が近くの一軒家で野菜や果実を育てながら静かな生活を営んでいる姿を撮ったドキュメンタリー

映画です。元々は地元のTV局製作で放映もあったようです。

 

 

それにしてもまさかこの映画をシネコンのイオンで上映しているとは驚きました。

入るときに丁度別のスクリーンが終り、沢山の人が出て来たのに比べると我々の見た回は5人の観客でした。

娯楽映画も大事ですが、この映画のように見終わった後、心が豊かになる映画も良いものです。

 

寒い日が続いていましたがそろそろ夏野菜の種まきをしなければ。

 

コメント (2)

苔の名前は難しい

2018-02-22 | 野草の花など

スマフォのなんちゃってマクロではなく、デジ一眼とマクロレンズで苔を撮ったらそうなるだろうかと庭に出て苔を狙ってみた。

Nikon D300sにタムキュー+ケンコーのテレプラス1.5で撮ってみた。さすがになんちゃってマクロとは違う写真が撮れるが面倒だね。

この前図鑑も買ってみたけれど名前を調べるのはとても難しい。

正しい名前を決めるのは種ごとの違いが微細なため顕微鏡が必要らしい。これが苔の世界の常識とか。

10倍ぐらいのルーペがあれば少しは判るようになるかも知れない。

霧を吹きかけてやると1秒で葉が開いてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半分くらいは名前の目星がついているのだが間違っているかもしれないので記入するのは止めておこう。

コメント

味噌つくり

2018-02-19 | 雑記

去年の夏種まきし秋に収穫していた大豆を使っての味噌作り。

1日目

3.5kgの大豆を良く洗って大樽の中に入れ、多めの水を入れておきます、そうすると水を吸って一日で3倍位の大きさになります。

同時に恵那に行って買ってきた米麹、と麦麹4kgを1.6kgの塩(やや少なめ)と混ぜ込んでおきます。合わせ味噌なので2種類の麹を使います。

2日目

朝火を起こし、鍋に大豆と水をいれて吹きこぼれないよう見張りながら3時間ほど煮れば指で潰せるくらいになります。

そこで仕込みをスタート。

大豆を細かく潰す必要がありますが以前は小型のチッパーを使って潰していましたが時間が掛かり効率悪い。でこれを使えばと聞いて去年から使い始めた

ものが餅つき機の羽を味噌用の羽に交換し、これでつぶすと具合が良いです。

潰した大豆を麹と混ぜて両手で握って空気を抜いて味噌玉を作り順次、漬物用のプラ樽に入れていきます。

入れ終わったら最後に酒粕で丁寧に覆い、空気に触れないようにして最後はラップをして新聞紙を巻き、上から重しをすれば仕込み完了。

前は塩を厚めに置いてその上からラップしていましたが、TVでベニシアさんが酒粕を使っているのを妻が見てそれからは酒粕を使っています。

この後は食品庫において熟成を待ちます。今年の秋口には食べられるようなると良いのですが・・・。

 

 

コメント

岩村の町歩き

2018-02-18 | 街歩き

注文しておいた味噌作り用の麹を岐阜県恵那市まで取りに行った帰り、岩村へ寄って行くことにしました。

日本三大山城の岩村城のある所ですが、観光客も少なく時が止まったような静かな町並が残っています。

この町のはずれの方に爺ちゃん婆ちゃんがやっている山栗の焼き栗を売っている小さな店があり、寄り道はこの焼き栗を買うのが目的です。

 

 雪がちらちら舞う古い通りには誰も歩いていません。底冷えする寒さでした。寒暖差の大きなこの地域、隣りの山岡町は寒天造りで有名です。

ついでに「女城主」の岩村酒造で吟醸酒粕を買っておきました。今年の新酒を試飲したいところですが我慢。毎年2月の日曜日には蔵開きがあり、この日の明知鉄道は

満員となり、通りも多くの人で賑わうと焼き栗屋のおばあちゃんが言っていました。

恵那で買った五平餅を車の中で食べて来たけれど小腹も空いたのでなにか食べようとしましたが有名な観光地でもないので飲食店も殆どありません。

ようやく見つけたお好み屋さんに入って焼きそばで腹を満たし帰路に。

コメント

追肥

2018-02-16 | 野菜(根采類))

玉ねぎの2回目の追肥はマルチの上に高度化成をパラパラとバラまいてお終い。こうしておけば雨が降れば根元に入っていくでしょう。

所が今年は異常な寒さでホームセンターで買った苗は殆ど消えてしまっています。もともと余り良い苗ではなかったのですが特価につられて400本買ってみたので

すが・・・。

 

 

こちらは12月に覚王山日泰寺の縁日で生産者から買った苗ですがちゃんとしています。まもなく暖かくなってくれば一気に成長を始めるでしょう。

品種は晩生の「モミジ」なので収穫は6月頃となります。この品種は収穫してから涼しい処につるして置けば12月まで持ちますが、去年収穫したものがまだ大丈夫です。

隣に植えてあるニンニクも順調です。

コメント

モリコロパークでウオーキング 苔探し

2018-02-13 | マクロ

友人がハーフマラソンを走っている間、こちらは散歩しながらコケ探し。

色々な苔があるけれど名前の固定は図鑑がないと無理。ネットで探しても良く分からない。

コナアカミゴケ。イオウゴケに似ているけれどこの場所には生えない筈なのでコナアカミゴケと判る

スギゴケ?の間から何やら花のようなものが生えていた。胞子だろうか。

 前夜からの雨で残っていた滴を狙ってみる

勿論、三脚とカメラを持って行けばもっとはっきりした写真が撮れるのだが、手軽にスマフォで撮るのもこれはこれで有りか

歩行距離11.9km

 

コメント

メーテレリビングマラソン

2018-02-12 | 雑記

今年で7回目のモリコロパークでのマラソン大会。

毎年友人がさいたま市から参加しているので我が家に宿泊してもらい応援に行って来ました。

友人はハーフの部に参加です。他にフルや6時間耐久マラソン等がありますが公園内のコースは結構アップダウンがあるので選手は大変。

それでもトップ選手は1時間ちょっとで走ってしまうけれど普通の市民ランナーなら1キロ6分ペースで走り2時間前後かかるので自分は応援がてらウオーキング。

膝を痛める前はキロ5分でハーフを走ったものだが、今はもう叶わぬ夢となりました。

 

 

 

コメント

咲き始めたネコヤナギ

2018-02-08 | 野草の花など

散歩の途中で見つけたネコヤナギ。ビロードのような綿毛が輝いていました。

 

午後になると、決まって強くなる伊吹降ろし。まだまだ身を切り裂くような寒さが続く毎日ですが・・・

春はもう直ぐ。

待ち遠しい。

コメント

コケ散歩

2018-02-07 | マクロ

これもスギゴケの仲間か

 

 

 

 

調べても名前は良く分からない。小さなボトルスプレーを噴射すると見る間に姿を変えるものもあったり奥が深そう。

すべてスマフォの接写レンズで。

VIXENからスプレー、ルーペなどがセットになった「コケ観察セット」が発売されていました。「宙ガール」ならぬ「コケガール」いるのか?

コメント

公園の苔

2018-02-06 | 野草の花など

公園に散歩に行って、又スマフォに付けるDAISOマクロで苔を撮ってみた。

日本に苔の種類は1800種あるという。専門書でも買わないと名前を調べても良く分からない。個体そのものが小さいうえに非常によく似たものもある。

これはスギゴケのようだ

樹に付いていた。ミズゴケだろうか。

胞子を出すのだろうか。f値が変えることが出来れば被写界深度も調節できるのだが

コメント (4)

なんちゃってマクロで庭の苔を撮ってみた

2018-02-04 | マクロ

インフルエンザが記録的な流行とか。我が家でも「おっ家内」がB型インフルに罹ってなかなか治らない。昨日も医者に行ってきたが午前中の診療だけなので前日の

WEB予約の段階で予約申し込みが100名を越していた。予防注射を打っていても駄目でした。立春とは言えこの寒さ、まだこれからなので注意が必要ですね。

庭に出てスマフォと100均で買ったレンズで苔を撮ってみました。よく見ると何種類もの苔がありました。

 

調べてみるとスナゴケらしい。綺麗。

これは名前不明です。

スナゴケより遥かに小さい

ハイゴケというらしい。

こうして拡大してみると苔ってなかなか魅力的に見えます。

コメント