団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

自宅庭で撮ったM27亜鈴状星雲

2022-10-07 | 天体写真
30日は7月以来,久しぶりに面の木へ遠征。予報はそれ程悪くなかったが準備し極軸合わせを終えようとした途端曇り。
暫く待機するも好転の兆しなく帰ることに・・・家に着いてもべた曇り,気合を入れて行ったのに残念。

翌日の土曜日は前日より良さそうだったがモチベーション上がらず取りやめたが、21時頃外に出てみると雲が無かったのでニワトリしてみるかと準備開始。
所がセッティングを済ませ極軸合わせを終わる頃には雲が流れ始め,天頂の白鳥座付近は常に雲がかかる状態。それでも比較的南方面は雲も切れていたので惑星状星雲なら大丈夫かもと思い亜鈴状星雲に鏡筒を向けて撮影開始。
昼間の暑さの所為か空のヌケは良くない。その上10枚撮った所で雲に隠れてしまいそれで終了。
撮って出し画像を見ても処理する気にならなかったが、ダメもとで画像処理してみた。
どうゆう訳かPixinsightでインテグレーションできずステライメージ9→Photoshopで処理。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

レッドロメインレタスとパクチーの定植

2022-10-05 | 野菜
レッド・ロメインレタスの種を9月にセルトレイに播き育苗してきたが畑に定植グリーンと比較するとやや発芽率は低いが今日は100株強と定植。更に70株程育苗中。
グリーンの方は2週間ほど定植した時期が早く大きくなってきた、収穫で来るようになるのには更に2週間ぐらい必要だろうか。
シーザーサラダに使われるロメインレタスの歯ごたえがお気に入りになり今年も作付け。同じ名前でも種苗会社によって多少姿形も違うようだが去年の残りの種を使ってみた。
パクチーはいつも種を一日水に浸し畑に直播きしていたが今回はセルトレイで育苗したものを定植。根付いてくれるか?

夕方、里芋を堀上げ洗ったりしていると西の空が茜色になってきたのでデジ1で撮りPhotoshopのフォトマージを使いワイドにしてみた。秋の空だ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10月の種まき(ほうれんそう&カブ)

2022-10-04 | 野菜
秋冬野菜はほぼ種まきも終わっているが、今日畑を耕起し畝を作るとまだ畑はまだ余裕がありそう。今から種まきしても間に合う野菜を考えると葉物かカブも大丈夫、売り場に行くとシュウ酸を70%カットしたサラダほうれん草の種があったので買ってきて種まきを行う。しゅう酸が結石関係には良くないということで控えていたがこれなら大丈夫そうだ。

8月後半に種まきしたかぶ(耐病ひかり)の生育状況を確認すると小カブ~中カブまで大きくなってきており成長が早くそろそろ収穫が出来る大きさになっている。ただ葉っぱはアオムシにだいぶやられてしまったので薬(フェニックス2000倍)を散布しておく。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

からし菜&サラダ水菜の定植

2022-10-02 | 野菜
9月14日~17日に種まきしたワサビ菜(200穴セルトレイ×1)とサラダ水菜(200セルトレイ×2)を畑に定植。今まで畑にすじ播きしていたが今年は初めてセルトレイで育苗を試してみた。作付け用畑が空いていなくても種まきができるメリットがあるが野菜によっては移植に向かないものもあるようだがこれらは大丈夫とおもう。


そして追加の種まきも行う。種まきから80日前後で収穫できるので年内には
収穫が出来る筈。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日の種まき

2022-09-30 | 野菜
今日は小松菜とルッコラの種まき。
およそ種まきから30日で収穫できるという小松菜の種まき。それも気温次第だろうが11月半ばくらいまでには収穫できるようになるのではないか。2回から3回に分けてまいてみよう。そしてサラダには欠かせないゴマの香りのするルッコラ。こちらは種まきすると発芽率が高く3,4日で芽が出てきて病気にも強く非常に成長の早い野菜。自己採取種だが来月後半には収穫できるだろう。

日没後、一瞬紅く染まった空

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

白菜がボロボロ

2022-09-27 | 野菜
昨日ミニ白菜の成長具合を見に行ったら葉が食べられボロボロ状態。少し前にマラソンを所定倍率で希釈し噴霧したがこの状態。防虫ネットも掛けてあるのに。アオムシorヨトウムシ?
安い有機リン系の薬は抵抗性がついているのだろう、殆ど効いていない。

慌ててJAグリーンセンターへ行って系統の違うアファーム乳剤とフェニックス顆粒水和剤を買ってきた。両方で5k円を越えるそこそこ高い薬剤だ。今回はアファームを2000倍液にして散布。農薬の効きは値段に比例するのか、数時間後見に行ったらアオムシは動かなくなっていたので即効のようだ。ついでに適用作物になっているブロッコリーやカリフラワーにも散布。それでも効果は1週間から10日位しかなく3回までしか使うことができないので次回はフェニックスをローテーションで使おう。
お”家内”に「農薬止めて」と言われたがそれならスーパーで売っている野菜は買えないよ!と言っておく。使いたくはないがね。

夕方保管してあった米ぬか2袋(24kg)をブルーシートの上で鶏糞、菜種油、牡蠣殻石灰を加えスコップで混ぜ、発酵材として納豆を入れた後、水を入れかき混ぜたものを袋に入れて嫌気性発酵させてボカシ肥料作り。
化成肥料がビックリするほど高くなっているので自己防衛作戦。
今年作るのは6月、8月に続いて3回目、合計で100kg以上はありそうだ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クリードテイラー没

2022-09-25 | Others
ジャズプロデューサーのクリード・テイラーが8月に亡くなっていたのを知ったのはピーター・バラカンのNHKラジオ「ウイークエンドサンシャイン」で
追悼特集番組の2回目を聴いたとき。
ピート・ターナーのジャケット写真に目を奪われ70年代初めの頃CTIレコードのLP盤をジャケ買いして集めていたことがあるので懐かしく番組を拝聴した。ジャズのジャケットアートワークと言えばフランシス・ウルフによるブルーノート1500番台に代表されるものが有名だがこのCTIもコンセプトが統一された美しい写真が魅力的だ

Jazzといってもフュージョン、クロスオーバー、今でいえば(Smooth jazz) にカテゴライズされストリングスも入ったり、聴き易い音楽でポップチャートの上位にも入っていた。しかし当時周りにいたゴリゴリのジャズファンからはあんなものはJazzではないと評判は良くなかったしジャズ喫茶に行ってもctiレーベルは置いていなかった気がする。
73年にCTIオールスターズの面々による来日公演があり浜松在住の女性2人と一緒に大阪のフェスティバルホールへ行ったのだが開演が遅れに遅れ新幹線の最終に間に合わないと結局開演してまもない時間に帰ってきたことを思い出した。

C・テイラーは黒とオレンジのジャケットで知られるimpulseレーベルを立ち上げ、後にノーマン・グランツの後を引き継いでverveに移籍。67年にハーブ・アルバートが社長を務めるA&Mレコード内にCTIレーベル(Creed Taylor Issue)を設立。
レーベルでの第1弾がウエス・モンゴメリーの『A DAY IN THE LIFE』いうまでもなくビートルズの「サージェントペパース~」B面ラスト曲だがアメリカでの発売は67年6月2日だがアルバムが録音されたのはルディ・ヴァンゲルダー・スタジオで6月6日ー8日とある(Wikipedia)が、ビートルズ盤が発売されたばかりの時、どのような経緯でこの曲が収録されたのだろう?

20枚以上は持っていたLPも全部あげてしまって手元に無いし、その後CDで廉価シリーズで再発売された時も買ってはいないが今聴いても古さは感じない。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日の種まきと彼岸花

2022-09-24 | 
線状降水帯も発令された土砂降りの翌日久し振りに青空だ
今日はネギ、レッドロメインレタス(2回目)、サニーレタス(3回目)&キャベツの種まきを行う
秋冬野菜の種まきはこれでそろそろ終わり近づいた。ほうれんそうをどうするか迷っている

近所で咲いている彼岸花を撮ってみたが同じような構図ばかりでセンスの無さが良く判る。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春菊を畑に定植

2022-09-23 | 野菜
台風14号が去った後、一気に涼しくはなったが天気の方は毎日ぐずぐずしておりスッキリとした秋晴れがやってこない。秋冬野菜の本番に向け色々野菜の種をまいているが日照不足の所為か今一つ生育具合が良くない。
8月末にセルトレイに種まきした春菊、本葉がようやく3~4枚になったのでまだ小さいが畑に2回目の定植。最初に定植した分も大きくはなっていないようだ。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

台風一過

2022-09-20 | 
南海上で猛烈に発達し910hPaという記録的な強さになった台風14号。
幸い当地への影響はそれ程でもなかったが、植え付けしたばかりの白菜など深夜激しい風に揺すられ今後の成長が心配。

昨日まで酷い蒸し暑さが続き、この暑さいつまでの続くのかと文句たらたらだったが台風一過の今日は一転涼しくなり、夕方には半袖Tシャツでは寒いくらいになった。

陽が沈んだ直後、澄み切った空が紅く焼けた。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする