団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

sh2-240(Simeis147)

2020-10-28 | 天体写真

10月の新月期は天候に恵まれ3回も遠征できたが、なかなか処理が進まない。

20日はいつもの場所でなく長野県平谷村の長者ケ峰へ遠征。標高1500mにある高嶺林道駐車場は冬は通行止めになるので今年最後になるのかなあ。

駐車場はそれほど広くなく20台位で満車になるので早めに着いてみると既に車が数台。夕日狙いの人や景色を見に来ている車だ。

べスポジでタカハシの大口径反射鏡をセッティングされている方の隣に店開き。

北極星が見えるまで夕陽を見たりしながらブラブラしていると車がどんどん昇ってくる。若い人が多くカップルやグループ等星を見にきたようだ。足立ナ

ンバーや横浜ナンバーなど遠くからも。平日なのに・・・。

星景写真を撮る人も多いのだが天体望遠を使って撮影する人はこの日は結局4台の車だけ。車が出たり入ったり常に満車状態。これは26時半に片付けて帰る

時まで変わらず、帰りに林道を下っているとまだこんな時間にも上ってくる車があり、車一台がやっとの細い林道、しかも側溝があるのですり替わりが大変。

ここはすっかり有名な場所になっているようだ。明るい流星が結構流れていたのでオリオン流星群目当ての人も多かったのかな。とにかく賑やかな夜だった。

最初の極軸合わせの時に少し雲が出たものの、その後はずーっと満天の星で天の川もくっきり。ただ、後半は風も結構強く吹き寒い。帰る頃には4℃まで下がった。

 

この超新星爆発の残骸sh2-240/Simeis147「レムナント」はこの日撮るつもりはなかったけれど時間もあったので最後に狙ったのだが天体写真としては非常

に淡く難しい対象だ。

去年も11月に同じ場所で狙っている。この時は4時間露光していたので実はこの時の画像と今回ものと合わせてコンポジットしてみたのだが撮影用のPCに

はその時の画像が無くカメラの角度が異なっていた。画像を入れておくべきであった。その為コンポジットすると画角が違い大きくトリミングしないと駄

目なのであきらめ。仕方なく今回撮っただけの画像で処理を進めた。やはり撮って出しではうねうねは殆ど確認できないがマスクなどを使って強調処理を

していくと何とかスパゲティ状のうねうねが表れてきた。それにしても去年の4時間の画像が使えなかったのが惜しい。

10/20 南信州平谷長者ケ峰

鏡筒/Borg71FL+7872DG 288mmf4.1 カメラ/Nikon D810A  赤道儀/EQ6Pro QBPフィルター使用 導入/ステラショット

iso3200  360秒×24枚(144分)  画像処理ソフト/ステライメージ8, Photoshop CC, StarNet++,Nik Collection

 

コメント (2)

M45 スバル「プレアデス星団」

2020-10-26 | 天体写真

15日、久し振りに行った愛知高原元気村での撮影。

アンドロメダを撮った後にM45のプレアデスに導入。

周囲の分子雲を浮かび上がらせたく2時間以上撮影予定であったが1時間半ほどで雲に覆われてしまいアウト。

強調してみるも余り出てこなかった。やはりもっと時間が必要のようだ。

432mm トリミング

360秒×16枚(計1時間36分)

コメント

M31アンドロメダ銀河

2020-10-24 | 天体写真

15日のSCW予報は今一つ。20時ごろまでは雲があるがそれ以降は大丈夫そうということで機材を積んで出発。途中で空を見るとやはり東の方には黒い雲が流れていた。

なので行き先を久しぶりの元気村に変更し到着するが雲に覆われてしまっている。予報を信じ20時頃までは待とうとセッティング開始。そうこうしてい

る内に同好の方の車が一台、そしてその後Yさんも車も到着。

そして待っていると正に20時雲が切れ始め星が見えてきた。予報通りだ。

前回M31を面の木で撮った時は薄雲があったようで納得できない仕上がりだったので再挑戦。

10/15 旭高原元気村 iso1600 360秒×15枚 計1時間30分 ステライメージ8 Photoshop CC

フルサイズをAPS-Cクロップで432mmの焦点距離で撮影

 

コメント (2)

M42オリオン大星雲

2020-10-23 | 天体写真

この日の夜、月が昇ってくるのは0時過ぎ。M42を撮り始めた時にはもう昇っている筈だが東側には植林体で隠れているのでまだ空は暗い。なので最後に

オリオン大星雲を撮ってみよう鏡筒を導入。中心部のトラペジウムを飛ばさないよう段階露光でスタート。

オリオン大星雲の周囲にも星間ガスがあるがこれを出そうとすると中心部が更に飽和してしまうので適度な所までにしておいた。

Borg71FL+7872レデューサー 288mm f4.1/Nikon D810A/EQ6Pro/QBPフィルター

iso1600  10秒×6枚、30秒×6枚 360秒×10枚  ステライメージ8, Photoshop CC

コメント (1)

ハチヤ柿

2020-10-22 | 果樹

今年はどうゆう訳か、毎年たわわになる柿が殆ど実を付けなかった。春に新葉を害虫にやられてしまい全部落ちてしまったがその所為だろうかと幼馴染

と話していたらそれじゃハチヤを持って行くからと言っていたけれど、忘れた頃に持ってきてくれた。

渋柿だが柔らかくなるまで置いておくと甘く変身。

しばらく置いておいたら柔らかくなり食べごろになったので冷やしておいたものを朝ご飯後に試食してみる。

果肉が半透明になり濃厚な甘みのゼリー状になったものをスプーンですくって食べる。うまくて高級な味だ。

コメント

そら豆等の種まき

2020-10-21 | 野菜(葉采類)

少し前に耕起し肥料を入れてマルチフィルムを掛けておいた畝にそら豆の種まき。全部で100株近く。

併せて菜花、正月菜、水菜の種まきを行う。

9月中旬に植えておいたニンニクとエシャレット、1ケ月経過。そろそろ雑草も生えてきている。

 

 

コメント

NGC1499「カリフォルニア星雲」

2020-10-19 | 天体写真

ペルセウス座のカリフォルニア星雲。散光星雲の周りには星間ガスもある筈だが出てこなかった。

合計1時間の露光だがもう倍くらい時間を掛ければ浮かび上がってくるのだろうか?

Borg71FL+レデュサー f4.1/Nikon D810A/EQ6Pro QBPフィルター

iso1600  360秒×10枚  ステライメージ8, Photoshop CC

 

135mmレンズだとNGC1499とM45がぎりぎり一緒に収まるので一緒に撮ろうとしたがステラショットでの導入が何度やっても上手くいかず諦め。後で目

視で導入すれば良かったと気が付いたけれど後の祭り。又チャンスがあればチャレンジしてみよう。

ステラナビゲータより

コメント

IC1805「ハート星雲」&IC1848「胎児星雲」

2020-10-18 | 天体写真

カシオペア座とペルセウス座の境界あたりの位置しているハート星雲と胎児星雲  胎児星雲はソウル星雲とも呼ばれているがハート星雲の近くにある

ので有名なJAZZスタンダード曲「ハート&ソウル」からの由来らしい。

この曲の作曲者はH・カーマイケルだが我々の世代ならヒューイルイス&ザ・ニュースの方(同名異曲)だろう。発売されるアルバムが次々と大ヒットし

ていた89年12月に来日し東京ドームでコンサートがあったが、何と彼等が会社に来てくれ、ロビーでミニライブを披露してくれた。その時の模様は今で

もはっきりと記憶している。あれから30年、個人的な懐かしき想い出だ。

 

天の川中心部の賑やかな所にあるけれどその所為かどうか、フラット補正が上手くいかず画像処理に四苦八苦。

Borg71FL+レデュサー f4.1/Nikon D810A/EQ6Pro QBPフィルター

iso1600  360秒×10枚  ステライメージ8, Photoshop CC, StarNet++

コメント (2)

イチゴ苗、レタスなどの定植

2020-10-17 | 野菜(果采類)

この週末は雨降りの予報が出ていたのでその前に野菜苗の定植を済まそうと朝から昼過ぎまで作業。まだまだ暑く作業を終える頃には汗だく。

今年のイチゴは熟してくる頃になると殆どの実がナメクジにやられてしまい口に入らなかった。

来年用にランナーから伸びた孫株を50株ちょっとをポッドに入れて来年用に育苗しておいた。

小型耕運機で耕起し畝たてをおこなって保温マルチを張り苗を定植し保温用に稲藁を敷き詰めておいた。全部で44株。

ナメクジ対策を考えなければ。

他にレタスの定植

数日前に20株は済ませておいたので残りの50株、グリーンリーフ

フリルレタス

あとサニーレタスが残っているがまだ苗が小さいのでもう少し大きくなってから定植予定。

コメント

NGC281「パックマン星雲」

2020-10-16 | 野菜(果采類)

忘れ物があったりガイドソフトのご機嫌が悪かったり出足は良くなかったがPC交換してからは何とか撮影続行。

最初に狙ったのはカシオペア座のパックマン星雲。満月と同じぐらいの大きさとか。初めて撮ってみた。確かにパックマンだ。

(HII領域)なのでQBPフィルターを使って撮影。

この日は湿度が高く車の屋根も直ぐべっちゃり。生憎ヒーターを持ってくるのを忘れてしまい。一個だけあったヒーターは鏡筒に巻き付けガイド鏡はなし。途中で曇ってし

まうかもと思っていたが日が変わる頃にはガイド鏡の一部が曇ってしまったがそのまま撮影続行できたのは幸いだった。

ISO2200 360秒×9枚  10/12 茶臼山面の木駐車場

コメント (4)