団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

味噌つくりの仕込み

2019-02-19 | 雑記

味噌つくりをするようになってから今年で4回目? 最初の年は乾燥麹をネットで買って作ってみたけれど味の評判は今一つ、だった。

次の年は生麹を買って作ってみた所、自分でもびっくりする程うまい味噌ができたので以来生麹で作るようになった。去年は10kg位できたが試しに子供たちに送って

みたら、又送れといわれ、結局年明けには自分たちの分が無くなってしまった。

豆も自分で作ったもので作りたいのだが去年は大豆の種を手に入れることができず作付出来なかったので2018年北海道産の「トヨマサリ」を5kg購入。

恵那の麹屋さんで買ってきた米麹4kg麦麹2kgを使って合わせ味噌作りの開始です。去年は米麦麹1:1で作りましたが今年は米麹を増やし2:1にしたので更に濃厚

な味噌になる予定です。塩を2.5㎏加えて、この分量だと出来上がりは20kgらしいです。

初日は午後、大豆を大きい樽に入れ3倍くらいの井戸水に浸し充分水を吸わせます。一晩置くと水を吸って随分おおきく膨らんでいます。

2日目の朝からいよいよ本番です。、庭でお釜に大豆と水を入れてどんどん煮ます。指先で潰れるくらいになるにはガスで4,5時間掛かるようですが薪を使って強火

で煮込んでいくと1時間くらいで柔らかくなります。量が多いので3回に分けて煮込みましたが母親が使っていた古いお釜が役に立ちました。

柔らかくなり簡単につぶれるようになった大豆を釜から出して直ぐ餅つき機に入れてつぶします。実は餅つき機に味噌つくり用の大豆を潰す羽があると聞いてきたの

はお「家内」です。最初は小型のチッパーで潰していたのですが時間もかかり大変でした。羽を付けた餅つき機で潰すとあっという間。3分ほどでネチャと潰れてしま

います。茹で上がった大豆を餅つき機に入れて潰す作業を7,8回行い、別のプラ樽を用意し30℃以下になるまで置いておきます。

その間に麹と塩を樽に入れてよくかき混ぜたものを別に用意しておきます。

数時間経って冷えた潰した大豆と麹を混ぜます。

そのあと団子を作って又別の樽にどんどん投げ入れ空気を抜きながら押さえていきます。これが結構な力作業、汗が噴き出してきてしまいます。

そして最後に上から酒粕を置いて空気と触れないようすればOK。酒粕の代わりに塩でも良いということですがベニシアさんがこの方法でやっていたということで我が

家も酒粕方式で行っています。

最後にラップして重しを置いて食品庫で保管。うまくいけば8月頃には出来上がる予定。

 

コメント

岩村城下で

2019-02-16 | 街歩き

今年も味噌を作るため注文しておいた麹を引き取りに岐阜県恵那市へ行き、その帰りに同じく味噌つくりに使う酒粕を買おうと岩村に向かいました。

去年の秋に行った時は岩村町が「ふくろう商店街」としてNHK朝ドラ「半分、青い」の舞台になったこともあり車を停めるのに一苦労、古い町並みもいっぱいの人々で

大賑わい。あれから半年が過ぎ・・・

駐車場はがらがら。町を歩く人も数えるほど。「人間は忘れる動物」だし、忘れていくことは幸せでもあるから良いのだけれど。

何度も来て歩いているが静かで落ち着いた町並みが素晴らしい。

蔵元で吟醸酒粕を買った後、1kmほど本町を下ったところにある山栗の焼き栗を買いにいったら爺ちゃん婆ちゃんが店先に居て覚えていてくれた。

近くの山岡は寒天作りで有名で、それ程この地域は底冷えするということらしいが意外に暖かな日。春はもうすぐそこだ。

 

コメント

スマフォ入れ替え

2019-02-13 | 雑記

今まで使っていたスマフォに入れてあるアプリ「Synscan Pro」が時々不具合となり、関連があるかどうかは不明だがその時加速度センサーが動かなっている。

ちょうど2年の更新月になったのでMNPで本体と格安SIMに変えようと手続きを済ませ現物とSIMカードが暫く前に届いた。本体は2年分割払いだが音声データプラン

は2Gから3Gになって本体込みの値段は今までの×0.6になった。

で専用のクリアケースをAlliexpressで注文したら1週間で到着。アマゾンでは800~1000円ちょっとで販売されているがそれが驚きの170円。しかも航空運賃込みの

値段ですからね。

畑の菜花を撮ってみた。

奥の花びらにピントを合わせて見たけれど、絞り機能が付いておりボケ量の調節ができるようになっているのが面白い。勿論レンズに絞りがあるわけではないので

どうゆう処理をしているのだろうか?

コメント

友来る

2019-02-12 | 雑記

モリコロパークで開催されるマラソン大会に参加する為に埼玉から友人が来てくれました。

友人とは首都圏周辺で開かれるマラソン大会のハーフや10kmの部にエントリーしていたものです。今は昔、自分は膝を痛めてからハーフどころか10kmも走れなくな

ってしまいましたがMさんは健在。今回もハーフの部に参加ですがモリコロパークのコースはとにかく平坦なところが殆ど無くてアップダウンの連続なので相当大変そう

です。

スタート直後の様子

自分は友人がゴールするまでウォーキング。10km少々。

コメント

ばらをニワトリで

2019-02-07 | 天体写真

待望の新月期でも体調は今一つ。お山に行く意欲が出ない。

夕方まで快晴だった日、庭に三脚と赤道儀を用意し、夕ご飯の後庭に出てみるとオリオンが天頂迄昇ってきている。早速セッティング開始、極軸を合わせアライメント

を始めようと空を見上げると南から一気に雲が流れてきてしまいthe end。

翌日夕方近くまで雨模様だったが急速に晴れてきたので再びニワトリの準備。

ご飯を食べて庭に出ると何か眠い空だけれど雲は無し。湿気が凄く鏡筒の前玉は曇ってしまっている。ドライヤーで乾かしてヒーターを巻くなどしたうえ極軸合わせ

をするのですが北極星が良く見えません。温度の所為か随分もやっている感じです。家の前の道路に設置してあるLED街路灯の明るさも気になります

BPフィルターの露出倍数は2.5倍と聞いていますがこの日使った鏡筒がf7と暗いこともありピント合わせに一苦労。シリウスが何とかライブビューで確認できるレ

ベルでは厳しい。フィルターを外せばピントも狂うだろうし、難儀だ。

それでも一応アライメントを終えてNGC2237「バラ星雲」に鏡筒を向けてみました。Quad BPフィルターの威力はどうでしょう。

撮って出し画像でもなんとか中心部にバラ星雲らしきものが写っています。

撮った10枚をコンポジットして画像処理しましたが、強調していくとバックグランド等色合いもおかしくなっていってしまうのであきらめて適当な所でお終いです。

それでもBPフィルターの効果はあることが分かりました。暗い所に行って撮影すればもっとその効果が出てくるのでしょう。

 家の庭

撮影数:300秒×10枚 

総露出時間:50分  

f値:7  

ISO:1100   

焦点距離:700mm   

フラットナー/Quad BPフィルター ステライメージ8→PhotoshopCCで画像処理。

コメント (2)

梅の開花はじまる

2019-02-05 | 

そろそろ早咲きの梅が見頃ではないかと愛知森林公園へ。

70本ほど植えられているこじんまりとした梅園。

咲き始めの木もまだ数本。あと2週間ぐらい後の方が良かったようです。

 

 

 

 

コメント

熱田神宮へ

2019-02-03 | 雑記

年明けから風邪に罹ってしまい回復に時間がかかっている。お「家内」が見かねたのか「熱田さんへお参りに行きましょう」とお誘いを受けたので1年ぶりに行っ

てきました。

参拝を済ませた後、神札とお守りを授けてもらいお休みどころへ。

ここへ来た時には必ず境内にある「宮きしめん」を食べることにしています。

このきし麺が味の染みた椎茸などが入っておりすこぶる美味いのです。そしておっ家内はスポーツジムで仲間と食べるといって「きよめ餅」を購入。

神宮を出た後、ナビの行先を天文ショップ「スコーピオ」へ。注文しておいたQuad BPフィルターを引き取りに行ってきました。

丁度新月期に入ってきて早く試したいところですが咳が収まらずこの分ではまだ先になりそう。

 

コメント

窯垣の小径を歩く2

2019-01-31 | 街歩き

更に歩いて奥へ行くと巨大な登り窯があるところに突き当たる。洞本業窯で江戸時代から使われているとあり、昭和24年に再構築され昭和54年まで使われていた

ようだ。幅7m全長14mの大きさ。

 

 

上から見たところ

隣にはまだ稼働中の工場もあり釉薬(?)などがあった。

ここから丘を登ったところに東洞A窯跡があり、説明文を読むと洞町は近代瀬戸窯業の主力生産地として大いに栄えたらしい。

往時を偲ぶ言葉に「瀬戸にいかんでどこへ行くと虫が鳴く」とあることからわかるように、瀬戸に住んでいれば焼き物の仕事がいくらでもあり、食いぱぐれること

はないといわれる程活況を呈していたとのこと。

 

「つわものどもが夢の跡」だね。

 

 

コメント

窯垣の小径

2019-01-30 | 街歩き

隣の瀬戸市に用事があったので行ったのですが、済ませた後時間があったので久しぶりに窯垣の小径にいってみました。

ここは瀬戸百景にも選定されている所で、赤津に向かう洞街道沿いにあり庭先から庭先へと続く細い路地が続いています。

平日ということもありひっそり他の人に出会うこともなかったのですが、その昔瀬戸物でに賑わいを見せていた時代には職人の人たちが行き来をしていたとのこと。

駐車場に車を置いてここからスタート

途中古民家の資料館やギャラリーなどもありいい雰囲気です。

 

所々瀬戸物が埋め込まれた幾何学模様の塀。

こちらにも同じようなものが

こちらはレンガを積み上げてあるのだろうか。

現在は周囲に瀬戸物を作る工場も少なくなっているけれどその昔は人の往来も多かったのだろう。

小径沿いにあった廃屋。

コメント

水仙

2019-01-28 | 野草の花など

南側の斜面のスイセンが咲き始めていた。

 

瀬戸市で

コメント