団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

日本シリーズ

2010-10-31 | HDR写真
友人から「日本シリーズのチケットが取れたぜよ!」、というお誘いでナゴヤドームに行ってきました。

最近、周りの友人たちの話の中でもドラゴンズの話題がでることとは無く醒めた人が多く感じていましたが、流石ドームの中はユニホームを着た人たちで一杯。今回は外野の5階席なので余計ですが熱烈なファンばかり。
しかし結果は負け試合。あんな野球していては勝てないのは当たり前でした。友人から幕張までバスツアーで応援に行かないかとお誘いを受けたけれど来週は山登りを計画しているのでお断り。しかしちょっと天気が悪そうなのでどうなるかなあ。


RAW 1shot→topaz adjust





-3~+3EV ISO200 WBオート 絞り優先 7shot JPEG→photomatix


コメント

LEA LEA HALE

2010-10-30 | HDR写真
この所雨ばかり。
夏野菜の片付けなんかが待っているけれど、これ幸いと遊んでばかり・・・。後でこのつけは回ってくるよ~

夜、納屋橋あたりを歩いていると気になる店がありました。
ハワイアンスタイルのカフェのようです。いい感じですが一人で入る勇気はない



運河沿いにはオープンカフェも

この運河沿いの小路はなかなか雰囲気あると思うのだけれどいつ行っても歩いている人を見たことがない


やっぱりGにはこちらの店の方が似合うというわけで

コメント

セントラル&スパイラルタワー

2010-10-29 | HDR写真
名古屋駅にある高島屋内の東急ハンズに買い物に出かけたついでにセントラルタワーとスパイラルタワー(確か?)
をそれぞれ5枚ブランケットで撮影。HDR化してみました。







-2~+2EV 5shot JPEG WBオート 絞り優先 Photmatix→Topaz adjust
コメント

橋梁

2010-10-28 | HDR写真

-2~+2 5shot Jpeg→photomatix (名古屋都市高速)

コメント

水の宇宙船&ナゴヤTV塔

2010-10-26 | HDR写真
TV塔がグリーンにライトアップ。多分今名古屋市で開催されているCOP-10の会議に併せているんでしょう。



暗くなってしまったのでカメラのISO感度を800にあげたのですがノイズが気になります。



-2~+2EV 5shot jpeg→ photomatix
コメント

都市

2010-10-26 | HDR写真


大友克洋風?を狙ってみました。
コメント

エンジン

2010-10-23 | HDR写真


エンジンらしい。これでも現役とか。
コメント

2010-10-23 | HDR写真
友人宅の庭にいた牛をHDR化してみた。
5枚の段階露光→photomatixでトーンマッピング化→topaz adjustで調整

もう少し彩度を落とすべきだったか?

コメント

夕焼け

2010-10-20 | 雑記
8月後半から続いていた稲刈りアルバイトの終わりが見えてきた。、このままコンバインの具合が良ければ今週一杯で終了予定。
ちょっと前に稲刈り風景のインターバル撮影をしようと挑戦したけれど良さげな構図を待っているうちに夕方になってしまい時間切れ。

なので里山の日没風景を撮ってみた

コメント

samyang 14mm f2.8

2010-10-19 | 雑記
少し前から星の写真を撮る為の明るい広角レンズを物色していた所、ネットで評判のレンズを見てebayで買おうと思っていたのですが(445ドル) つい最近、日本のカメラ店でも取り扱いを始めたことを知り早速オーダー、価格は4万円弱。USA経由より多少高いのですが不具合が有った時のリスクを考えれば国内で買った方がいいだろうと考え申し込んだ所、品物が到着。



14mmの画角でf2.8の明るさのレンズは純正ではとてもこの値段じゃあない。
欲を言えば更に明るいNIKONの20mmf1.4が欲しいのですが、こちらは何せ20万弱。
ちょっと手が出ない。なによりそのレンズを使いこなす腕がそもそもないので(涙)

そんなときにネットでの評判を見てこのレンズに決めました。
「すさまじい解像力、パフォーマンス」と言われて話題のレンズです。
それが韓国製のsamyang 14mm f2.8です。

このレンズ確かに評判は素晴らしいのですが電子接点がないのでオートが効かずすべてマニュアル操作での撮影が前提になるんですね。更に色収差や周辺減光の大きさなど欠点もあるようですが星の写真にはまずは解像力を優先すべきですからさほど問題にはならない。

近々天気の良い日にTESTしてこよう。
D300sにセットしてみました。いい感じです。

コメント

東京スカイツリー

2010-10-17 | 雑記
1800年代後半(明治時代)巴里の当時世界最高の高さを誇るエッフェル塔に対抗して実は我が国でも建造されていたタワーの写真が見つかりました。
ところが1923年関東大震災に遭った為、途中で建設が中断されてしまったものです。その直後建設が中断され写真も殆ど残っていないので詳しくは判っていません。

「大帝都娯楽遊塔」と名付けられて浅草に作られていた建設途中の写真です。高さは318m、勿論当時の世界一。
1889年に完成したエッフェル塔は312mだったですから

新しく見つかった当時の写真↓




嘘だろうって! 勿論ウソに決まっていますが・・・。


今の高さは400mを超えていますね。


「幕末古写真ジェネレーター」http://ruri.crara.cc/archives/1063/ のソフトを利用させていただき加工してみました。
コメント

ほうれんそうの種まき3回目

2010-10-15 | 野菜(葉采類)
今年はホウレンソウを多めに作ってみようというわけで「タキイ種苗」の「早生サラダあかり」という種を購入。
25mの畝に3回に分け3列の種まきを順次行い今日で1dl分を終了。
赤軸のホウレンソウで特有のアクが少なくサラダに使う生食用から通常出荷まで可能という事で選んでみました。
ホウレンソウを出荷する人は多いのですが赤軸は少ないと思うので少し差別化。
いままでホウレンソウは少ししか作ったことが無くそれも余り上手く出来た試しが無いので、消石灰や苦土石灰を多めに撒いてアルカリ度を高めてみたけれどどうだろう。
しかし9月中旬に撒いた分の芽がなかなか出てこない。失敗か!
うまくいけば12月初めからは収穫できるはずですが・・・。



コメント

まだ続いていた足助のHDR写真(三州足助屋敷)

2010-10-14 | HDR写真
という訳でまだ続いている足助(アスケ)の写真です。すべて最近ハマっているHDR加工した写真群。

香嵐渓の中程に位置する三州足助屋敷(今は日常の生活の中で見かけることができなくなった「手仕事」-藁細工、機織り、桶屋、炭焼き、鍛冶屋、篭や、傘や、紙漉、木地屋、紺屋などの実地体験ができる第3セクターの公社)に本当に久し振りに行ってきました。前に行った時は愚息が小学生の時でしたからあれから20年以上経っている計算です。 観光地とはいえこのような地味な施設が健在(30周年とか)できている意味はとても大きいと思いますしこれからもずーっと存続していくことを真に願っています。











コメント

足助町その2

2010-10-12 | HDR写真
足助町(かつては愛知県西加茂郡足助町だったけれど今は2005年に豊田市へ編入) 人口1万人弱の山に囲まれた静かな旧宿場町。

蔵に挟まれた路地


パンやさんです。ケーキ(スイーツじゃあないよ)も売っているけれど今日はお休みのよう

人がすれ違うのもやっとな路地

お地蔵さん?のようです


本屋さん。今時珍しい木造りの陳列棚。レコード屋を探したけれどそれらしい店は流石に見当たらなかった


なんの建物だったかは?です



なかなかいい雰囲気ではなかろうか



飯盛山の山腹に有る香積寺(曹洞宗)山門



足助八幡宮への奉納のあと各町内へ戻る屋台。香嵐渓にかかる橋で


コメント

足助まつり

2010-10-11 | HDR写真
10日は朝から好天。豊田市に用事があり、出かけて済ませたら足助(アスケ)祭りのポスターを見かけたので市内から凡そ1時間の山間の町足助まで足を伸ばしてきました。

家からはグリーンロード(有料)経由で行けばかなりの時間短縮が可能となり春の飯盛山のカタクリ群生、や雛祭り、夏のタンコロリンの夕べ、更に巴川の鮎釣り等年間通してよく出かけています。
落ち着いた町の佇まいが好きなことも足を運ぶ理由のひとつでしょう。
しかし秋祭りは初めて。というより存在そのものも知らずどんな祭りだろうと見てきましたが大きく立派な山車が4台出ていたりなかなか見応えある祭りでした。しかしまだまだローカルな祭りのようで有名な祭りのように観光バスを連ねて観光客でごったがえすということもないそれでも大いに盛り上がった足助祭りでした。(そういえば有名な飛騨高山の祭りも今日やっているのですがあちらは大変な人出です。行ったことはないけれど)

早く着いてしまったので町中をぶらぶらし、撮った写真を何枚か載せてみたいと思います。

ここが町のメインストリート。といっても静かなもんです。


巴川より春のカタクリ群落が有名な飯盛山方面を


街道の宿場町として栄えた往時を偲ぶ蔵をみかけます。


蔵や板塀の路地



最近はこういった看板の店を見かけることが少なくなりました
コメント