団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

久しぶりの観望

2018-09-04 | 夜景

夕ご飯を食べ終わり外に出てみると空に多少の雲があるものの南の空に火星がオレンジに輝いている。7月の最接近時よりは見掛け少し小さく暗くなっているか。

風も涼しく気持ちの良い夜。久しぶりにAZ-CTiを出してみた。経緯台は簡単に片手で持ち出せる気軽さが良い。

スマフォアプリsynscanで動かせるけれど今使っているものでは動かない時が多い。センサー診断アプリを入れチェックすると反応がない場合は加速度センサーが停止

しているのでそれが影響しているようだ。又スマフォの小さな画面ほ方向キーをタップするのもやりにくいのでダブレットにアプリSynscanpro1.10.0アプリを入れ動

作チェック。Wifi設定でSynscan_B3a8に接続すると難なく接続できた。電池はモバイルバッテリー(12v)を勧められているが単3×8本で駆動。

一緒に買った90mmマクカセ(焦点距離1250mm)天頂ミラーに23mmのレチクルアイピースを付けてアライメントした後、8mm-24mmズームアイピースに交換し

土星や、火星、二重星など観望。2星アライメントすればほぼどの星も視野に入ってくる。1時間ばかり風に吹かれて観望を愉しんだ夜でした。

 

 

 

 

コメント (2)

名港トリトン

2018-08-26 | 夜景

コメント

名古屋 at Night

2017-04-15 | 夜景

 

コメント

イルミネーションの季節が始まっている

2016-12-02 | 夜景

この所呑み会が続いており、その他に毎に市街地迄でかけているのだが街はもうイルミネーションが始まっていた。

この日は会社のOB会。名古屋駅前の居酒屋なので地下鉄を降りた後、普通は地下街を歩いていくのだが華やかなイルミネーションを見るため地上歩きで向かう。

高層ビルもXmasヴァージョンになっていた。手持ちで思いっきりボケてしまったがこれはこれでいいのかな。

コメント

高ボッチからの夜景

2016-08-23 | 夜景

長野県塩尻市が終点となるR20(甲州街道)塩尻峠の900m地点から入る道路が「高ボッチスカイライン」、全面舗装はされているがすり替わりがやっとという所も多い山道。

国道から8km登ると高ボッチ高原の駐車場へ到着。ここへ来るのは3度目、高ボッチ山頂からは眼下に諏訪湖を望み遠くに富士が見えるという絶景の地!だけれど一度もその景

色を見たことがない。今回こそとリベンジに向かったのだが・・・着いてみるとホワイトアウト状態。もう少し先、秋の季節に来た方が良かったかもしれない。

駐車場は週末とあってキャンピングカーやテントを張っている人等もいて賑やか。空も晴れないので途中のワイナリーで買て来たワインとビールを飲んで夕食を済ませシュラフに

潜り込んで一休み。寝付けないまま2時を過ぎた頃外を見ると星が見えている。車の外に出ると北の方角には松本や安曇野方面の夜景が美しい。街明かりは有るけれど標高も

1700mに近いので星は沢山見えている。隣の車のおじさんたちも盛んにシャッターを切っている。カメラを2台持ち出し三脚にセット。

 月明かりがあるのでiso640で5秒露出すると北アルプスの山並みがはっきり写る。

時折ガスが流れてくるので湿気が物凄く3,4枚撮るともうレンズが曇ってくる。ヒーターを持ってこなかったのでレンズについた水滴を拭きながら撮るので忙しい。

 

 駐車場から400mで高ボッチ頂上に行けるので諏訪越しの風景を撮る為移動。ヘッドランプの明かりで動物の眼が光りじっとこちらを見ている。声を出すと走り出して逃げていく

姿が微かに見える。鹿だ。山頂には誰もいなかったが諏訪湖方面は雲の中。暫く待っていると少しだけ雲が切れ町の光が少しだけ見えたが諏訪湖は見えず残念。 

中央アルプスの北岳・甲斐駒方面、もう少し左に振れば富士山が見えてくるはずだが雲の中だった。3時40分頃撮影

天気が良ければこんな構図で撮ることができる→ 素晴らしい夜景。WILD氏のブログ画像より拝借しました。

コメント

名港工場夜景

2016-07-22 | 夜景

 

(新日鐵住金 名古屋製鐵所)

コメント

名港トリトン夜景

2016-07-20 | 夜景

名古屋港に架かる伊勢湾岸自動車道のトリトン橋夜景。

本当は橋と共に星の軌跡を撮りたかったがこの日、月の明かりがあり殆ど星が見えない。中央右の明るい星は木星。

 

 

さすがにD810A、3600万画素超えの解像度はRaw画像で確認すると素晴らしい。Hα線を通すアストロカメラといっても一般撮影も平気、しかし使っているレンズがしょぼいので残念だ。

コメント

乱舞

2016-06-09 | 夜景

畑仕事を終えてシャワーを浴びてからそろそろだろうと思い,ゲンジボタルが飛び交う岡崎市郊外へ向かう。

現地着19時半過ぎ。出遅れてしまったので撮影ポイントはカメラの放列で入る隙はない。5,6年前までは平日ならこの場所も1人、2人しかいなかったが今日は20脚以上の三脚。

メディアで紹介されるようになってから随分訪れる人が多くなったけれど、川沿いに道路があり時々車のヘッドライトに照らされてしまう。そろそろどこか新しい場所を探さなけ

ればいけないようだ。廃校になった小学校でイベントも行われるようになったので混雑ぶりに一層拍車がかかった気もする。

仕方なく少し上流側に歩いてポイントを探したのがだこれが良かったようだ。20時過ぎには多くのホタルが飛んでくれカメラに撮ることができた。後で最初のポイントに向かったの

だがこの日はこのポイントではホタルの数はあまり多くなかった。

写真は比較明合成をしたのではなく1枚撮りの写真。これだけ沢山のホタルが舞ってくれるとコンポジットは必要ない。

勿論、人間の目で景色は全くみることはできません。漆黒の闇の中、ホタルの強い光だけが確認できます。

 

コメント

AKARI NIGHT in Nagoya city

2015-11-27 | 夜景

毎年この季節になると名古屋テレビ塔の下でAKARI NIGHTというイルミネーションイベントが行われる。

 

 

 

 

 

震災があった以降、暫くの間は省エネが叫ばれ不要な照明やイルミネーションを控えることがあったけれど最近は省エネを謳うLED電球の普及で以前にも増して華やかに電飾される

ようになってきている。確かに美しいのでこうして写真に撮ろうとするわけだけれど・・・日本の夜は世界一明るいらしいがこのLEDの光りが天文を趣味としている人たちにとっては歓迎

せざる光だ。

 

 

 

 

コメント

名港水上芸術花火2015

2015-11-01 | 夜景

名古屋港のガーデン埠頭で行われた花火大会。

毎年12月X’masイブに行われていた花火大会「STAR☆LIGHT HA・NA・BI」は音楽とシンクロして見応えのある大会だったが去年で終了。しかしその代わりになるのかどうか分か

らないが今年は10月31日に新しい花火大会が行われるとあったので出かけてみた。

有名な花火大会は最近有料観覧席が設置されることが多くなってきたがこの大会も桟敷席が有料となり一人3.800円也。最初買おうとしたが席では三脚禁止で別に50人分の三脚用

の場所を用意とあったのでチケットは諦めて現地へ行ってみた。行こうとした公園には通行制限がかかってダイレクトでは行くことができず遠回りをさせられたが目的の公園に到着。

それなりに人はいたが邪魔にならず三脚を立てられる場所もあったので撮影の準備。ところが三脚を立てたのはいいけれどここで大ポカ発見。カメラを雲台に付けるベース器具が無

い。最近、物忘れが頻繁にある。脳の退化に増々拍車がかかってきているようだ。

そういえばこの前、赤道儀にカメラを載せてテストした時の別のカメラに付けたまま忘れてしまったようだ。何とか工夫しようとしたけれどどうしようもないので手で押さえてテスト。空を見

たら夏の大三角デネブ、ベガ、アルタイルが目視できこんな明るい場所でも見えるんだと思いながらシャッターを押してみると2秒でも流れてしまう。うーんやっぱり三脚なしでダメか。

花火の場合はf値を増やして露出は5秒以上は開けたいのではなから無理があるというもの。

そうこうしているうちに花火が上がり始めてしまった。19時から20時まで1時間で13000発の規模なので次から次へと腹に響く音と共に鮮やかな光の饗宴だ。

それでも何枚か手持ちに近い格好で撮ることができたので良さそうのものをアップしてみた。ズーム28-75mmのワイド側でも全体は入りきらない。

 

 

 

 

迫力の尺玉も沢山上がったが特に最後の15分位はもう言葉にならないほどの圧巻、怒涛の素晴らしい花火大会だった。

つくづく雲台ベースを忘れてしまったのが悔やまれるが、帰りながらスマフォで撮った写真がちゃんと撮れていたのにはビックリ。↓

コメント (1)

国際宇宙ステーションを撮ってみた

2015-08-01 | 夜景

時速27000kmの速さで地上約400kmの高さを飛んでいる国際宇宙ステーション(ISS)が愛知県の上空を飛ぶのが見える31日夜は20時32分から65度の高さで約7分間見えると

あった。

USTREAMでもISSのコースと現在位置を知ることができる。昼間から夜に変わるインド洋から南シナ海に入ったあたりで三脚にカメラを載せて家を出る。

暫くすると油井飛行士が乗っているISSが南西の空から途中の明るい星(アルクトゥルス)のすぐ横を通り北東方面へ動いていくのが確認できる。

三脚のカメラを反転すると瀬戸デジタルタワーの上を過ぎたあたりで消えていった。↓

ISSは自分で発光しておらずISSの電源となっている太陽電池に太陽の光を浴びて光っている。なので見ることのできる時間は日の出前と日没直後になる。

この後、愛知県では1日、2日~4日まで見ることができるようだ。

 Nikon D300s+tokina AT-X12-24mmPRO DXⅡ F4

f4.8/ISO400/8sec×18枚をSiriusCompで比較明合成

 

 

 

コメント

コンビナート3

2015-07-27 | 夜景

四日市工場群の夜景最後は塩浜地区で。

ここは大正橋と並んで有名な所で、行った時は7.8人もの人がカメラで撮影していた程。

工場の間近まで近づけるので迫力がある。

 

 

 

 

 

 途中でカメラの設定がJPEGになっていたことに気が付いてRAWに変更しホワイトバランスもかえたのだろうか。色調も変わっている。

 

コメント

コンビナート2

2015-07-25 | 夜景

相生橋付近と霞ヶ浦緑地

 

 

 

コメント

コンビナート

2015-07-24 | 夜景

工場萌えという訳ではないがコンビナートの夜景は確かに惹かれるものがある。

この四日市の工場群は御在所に登った帰りに2,3回写真を撮ったことがあったが今回は写真が目的で訪れた。夕方出発し、名二環→東名阪経由で行けば1時間以内に到着できる。

撮影場所は前に行ったことのある大正橋→相生橋→塩浜→霞ヶ浦の順に廻ることにした。場所によっては車が止められない所もあるがその場合は近くの公園の駐車場を利用。

今回行った場所の中では大正橋や塩浜地区の有名所では必ず何人かが写真を撮っていたのでやはりブームなんだろう。港の中を船で廻り工場群を見て廻るツアーもあるが夜に船の

上では写真を撮るのは難しいので三脚を使って陸から撮るしかない。

沢山写真を撮ったので3回ぐらいに分けてアップ予定。

まずは大正橋付近からのコスモ石油四日市製油所。川を挟んだ対岸から標準レンズで狙うとちょうど全体を写すことの出来るフレーミングがとれる。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

名古屋港・深夜

2015-07-20 | 夜景

トリトン

もっと画角を広くするレンズを使わないといけなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント