団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

M1 かに星雲に初チャレンジ

2017-01-30 | 天体写真

今から1000年も前に超新星爆発した残骸が秒速1500kmという猛スピードで拡がっているという。ちょっと人間のスケールからは考えられないおう

し座のかに星雲と呼ばれるM1。中心には中性子の核と呼ばれる部分がありその密度は1cmあたり10億トンという途方もない重さであるという・・・。

前々から時々滑稽なことを思うことがあり、SF的と笑われれてしまうが人間を作っている細胞から見ると人間の大きさというのは果てのない大きなものだと思うのだが、我々人間を細胞と捉えるならひょっとすると宇宙はひとつの生命体と考えることができるのではないかと。

 

この日、空のシーイングは良くなかったのだがM81を撮った後初めてチャレンジするM1かに星雲に鏡筒を向けてみた。換算1000mmではやはり小さくしか写らないので半分近くもトリミングしてみたがフィラメントの模様は余りはっきせず蟹には見えない。

天頂方面のガイドは時々暴れる状態だったが比較的ましな10枚をコンポジット。

 

 

 

 

 

コメント (4)

M81,82銀河

2017-01-28 | 天体写真

この日、空は厳冬にもかかわらず眠い空、で最初に向けたのがおおぐま座のM81、82銀河。これから春にかけては系外銀河を狙うことになるが2000mm位の焦点距離が無いと迫力に欠けるが持っていないので少しでも大きく撮ろうとAPS-Cにして1000mm弱。そして画像処理の後にトリミングしてみた。

ISO1600で5分×10枚 フラット&ダーク処理。

もう少しコントラストを上げ、青っぽいガスと赤いポツポツを出したかったが...無理だった。

 

コメント (4)

残照

2017-01-27 | 

山の上は厳冬だけれど新月期のラストチャンスなのでいつもの場所へgo。

少し寒さも和らいだこの日でも駐車場はマイナス気温。誰もいない駐車場で機材を降ろしてセッティングしていると日没を迎えた。

オレンジから紫色のグラデーションが素晴らしかったのでカメラを向けてみたのだが目で見るような色には写ってくれなかった。難しいです。

少し後でSさんが来られたけれど結局この日は2台だけ。

0時過ぎになると雲が流れてきて終えたが、途中寒さの所為だろう、PCの具合がおかしくなってしまい更にステラショットもフリーズしまくり。マイナス気温の厳しい

寒さはPCにとっては大変だったろう。車の中からのリモート化が良いのだろうけど。

コメント

夏野菜の種第一弾

2017-01-25 | 野菜(果采類)

夏野菜の種を買い始めており一回目の種が入ってきた。

夏野菜の王様はやっぱりトマトだと思うが大玉はこの所作り続けている「世界一」オンリーに決めている。本当にトマトらしい味で口コミで拡がり、お「家内」の友人

達が毎年取りに来るようになっている。その上100粒で300円と格安なのも素晴らしい。

今年はミニトマトを色々作ってみようと思い集めている。一般的なレッドやイエローの他、グリーン、ブラック、ピーチの変わり種が揃った。

早いものは2月に種を蒔き始めるのでこれから又買い集めねば。

コメント

畑で天地返し。

2017-01-23 | 野菜関連

寒さも今が底。暖かい家の中に引き籠っているのは楽だけど頑張って外へ出て、家に隣接している畑の耕起作業を午前中行う。

半分くらいは暫く前に耕運機を使って耕起したが先日からは「はねくり備中」を使って天地返し。今や誰も使っているのは見たことない古い農機具だが、友人の倉

庫の片隅に埃を被って置いてあったものを見つけて修理して使っているもの。固くしまった農地もフォーク状になっている先で突き刺し梃子で起こせば簡単に起せ

るので重宝している。この後、寒さにさらして肥料を入れ耕運機でならせば準備完了。起していると太いミミズが一杯でてくるがそれを狙って百舌鳥が足元まで近

寄ってくる。

3日で3畝ほどの広さを終えたが起す作業をしていると汗ばむ程身体が温まる。

近くに100株程植えてあるそら豆。霜害を防ぐため寒冷紗を掛けているが順調に育っているようだ。

 

コメント

ヒゲオヤジ

2017-01-22 | 

モリコロパークで一周5kmのウオーキングコースを歩いてきた。

公園内の整備された路と自然路が混じっており山歩きもあるので時々歩いている。

冬枯れの季節だけれど園芸種が植えられていたのでコンデジで撮ってみると

なんとなくヒゲオヤジに見えて来た。

コメント

バラ星雲の再処理

2017-01-20 | 天体写真

11月の終わりに面の木で撮ったバラ星雲をNさんにレクチャー受けた資料を基に再処理をやってみた。

700mm鏡筒を使ってiso1600各420秒露出した画像×11枚をNX-Dでtiff変換、ステライメージでコンポジット処理、フォトショップで星マスク+レベル補正、星雲

レイヤーで強調処理したもの。いつものようにフラットダーク処理はしていない。

先鋭的なベテランの処理画像を拝見するとレッド一色ではなく中心部は水素ガスや酸素ガスの緑や青だろうか?妖しい色合いとなっている。でどのようにしたらそ

うなるかやってみたのだが上手く行かない。更に強調処理を重ねるとどうしても星の色が無くなっていく。難しい。

 

 

コメント (4)

スカイメモsの追尾精度は?

2017-01-19 | 天体写真

激安につられて衝動買いしてしまったポータブル赤道儀「スカイメモs」だが、実は追尾精度が心配だった。

夕ご飯の後、外に出てみると雲も無く北極星が見えていた。なら、と家の中で三脚に微動雲台と本体を載せて庭に持ち出しテストしてみることに。

自由雲台に載せたカメラと90mmの単焦点レンズで2kg。スマフォの無料アプリ「「PolarisScope」にスカイメモsの極軸パターンも入っている

のでダウンロードして極軸合わせ。本体側の「時刻目盛」と外側の「日付目盛リング」を合わせる方法より簡単で早い。でカメラのインターバル機能を使ってオリオ

ンの三ツ星方向に向けて撮影開始。撮った1枚を見てみる。勿論1枚ではバーナードループや馬頭星雲のカケラも出てこない。

120秒だと・・・点像になっている。

180秒では・・・ ピクセル等倍で切り出してみた。ピントが狂ってしまったがこれも点像になっている。

付属のショートプレートを使ってカメラをセッティングするのだが注意しないと極軸が狂ってしまい、カメラを載せたままでは極軸合わせが出来ないのが不便な所。

オプションのプレートもあるが結構高い。

90mmで3分露出がokなら広角なら5分でも大丈夫そうで心配していた追尾精度は問題ないようだ。

 

カメラのインターバル機能を使えばこんなことも可能だ。

極軸合わせには微動雲台も必要なので、中型カーボン三脚に3ウエイ雲台を付けてその上に微動雲台、そして本体に自由雲台を付けてカメラとレンズ(2.5kg)で

タテパンニングも可能。重くて不安定だろうか。

ヨコパンニングで360度回すことも可能。

 

コメント

農作業

2017-01-18 | 果樹

朝起きてみると風もなく穏やかな日。延ばしていた樹木の選定作業をする。樹高4mほどになってしまっているプラムの木の剪定、といっても方法を知らないので

ノコギリや剪定ばさみを使ってどんどん切っていき2mほどの高さまで剪定。これで今年は実は期待できないかも知れない。

写真は木に鈴なりになっている「スダチ」。みかんなら良かったが黄色くなっても酸っぱすぎて食べることはできない。数百個もなっていたので全部取って捨てるだ

け。何か使えないかと調べてみたらポン酢を作ることが出来るとあった。来年は作ってみるか。それにしても果汁を絞るのが大変かも。

コメント

雪で外出できないので

2017-01-16 | 天体写真

この前孫と公園へ行った時の動画をediusで編集していたが、途中休憩しamazonを見ていたらポータブル赤道儀(スカイメモs)がまだ激安で売られていたので

思わずポチ。シルバー色は需要予測が外れて在庫処分したのか?

ポタ赤は1台持っているんだけれど値段につられて買ってしまった。今持っているポタ赤は高精度のものだがどうも極軸合わせが苦手でDPPA法で合わせ

るのだが何度やっても上手く行かない。仕方なく素通し穴で合わせて先日50mmで撮影したけれどすべて流れてしまった。セッティングに問題があったのだろう

が。こいつは暗視野装置もついた極軸望遠鏡(光軸は合っていた)もついているので極軸合わせは簡単。しかしこの暗視野装置は何とネジを回していくとスイッチ

が入るようになっているハイテク、気を付けないとスイッチが入ったままになってしまう。

重量は約1kg ちょっとおもちゃっぽいが・・・。

ギアの精度は使ってみなければわからないが広角から標準レンズで問題が出なければよいのだが。自由雲台、カメラとレンズで2.5~3kg近い。バランスを取る

為持っているアリガタプレートを使おうとしたが微妙に入らない。何故?

カメラを載せて動作チェック中。SLIKのカーボン三脚は中型なので本当はもっとしっかりした大型のものにしたい。

 来週からの新月期に三脚の上に微動マウントを載せてテスト予定。

 

 

 

コメント

ゆきだるま

2017-01-15 | 雑記

まあ...なんていうことはないが、孫がみたいというので作った雪ダルマ。

市役所で会議があり出かけたけれど、自重の軽い軽トラでは少しの坂が登れず別ルートで到着。といっても年1,2回の降雪にスタッドレスに替える気がしない。

コメント

大雪

2017-01-14 | 雑記

当地方(名古屋市郊外東部丘陵)最近は年1回位しか積雪することはないが今年はどうだろう?朝早くからの雪が一日中降ったり止んだり、今晩このままな

ら結構積もるだろうがまだ土日で良かったね。

膝を鍛えるため今年は月最低50キロは歩くと目標を立てて、正月明けから歩き始めているが昨日までに20km歩いたが早くも今日は雪で止めておこうという軟弱

ぶり。することも無く家に引き籠り。カメラで外を撮ってみた。梅の木に手造りのバードフィーダーがあるが小鳥はなかなか来てくれない。

真昼間の明るい中で撮ったが雪を強調するためフラッシュを焚いてみた。周辺減光があるので夜に撮ったような写真になった。周辺減光は出ていないけれど

Photoshopで加工してみた。これも味だと思うけれど天体写真の場合は歓迎されずフラット処理をして消すのが一般的。

 

コメント (1)

大寒前だけれど

2017-01-13 | 

大寒を前にして当地方では梅の開花情報も聞かれるがこの週末は降雪予報もでる寒さ。

我が家の庭の梅はまだ固い蕾のままだけれどロウバイ(ソシンソウバイ)が花を咲かせ始めている。

もう一枚

コメント

2度目の正月が終る

2017-01-11 | 雑記

さいたま市南区に住んでいる3歳になる孫と娘が来ているので我が家の2回目の正月。

9月に来た時はそれほどでもなかったがおしゃべりの勢いが凄い。たった4ケ月で大変な進歩。柱に記録している身長も3cm以上伸びている。

この孫はお月様とお魚が大好きという。じいじのDNAが少しは引き継がれているかもしれない。

屈託のない笑顔をみると堪らない。いる間は散歩したり公園の観覧車に乗ったり大忙しの毎日。

この前買ったtamronの15-30mmズームを使ってみる。fを22まで絞ると太陽の光芒も綺麗に出る。高画素だとブレも目立つが。

全く疲れを知らない孫と遊んでじいじとばあばの体と財布はかなり疲れてしまった。が帰ってしまうと、またすぐ会いたくなって仕方がない。

この子が大人になる頃、日本はどうなっているのだろう。今、混沌とした世界になってしまい右傾化が進んでいるがいつまでも平和な日本であって欲しいと強く思う。

コメント

子持ち銀河M51

2017-01-07 | 天体写真

700mmでは流石に小さくしか写らない子持ち銀河M51。24時を過ぎて高度20度まで昇ってきたので最後に望遠鏡を向けてみた。3700万年先の遠い銀河。

iso1600×6分(jpeg)を7枚コンポジット。

で、トリミング画像 Rを強めに強調。

2月にステライメージが8にヴァージョンアップされ発売される。これでD810Aで撮った画像は今までNXDでtiff変換しステライメージ6.5で処理していたがRAW画

像のベイヤー配列で処理が可能となるのでクオリティアップが期待できる。か?

コメント (4)