Fumie&Sweet

毎日のように、自宅で焼いているパンやお菓子の紹介です。美味しいもの、大好きな、喰い意地の張ったブログです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年も お節を作れる 幸せ・・・

2012-12-31 21:24:55 | 美味しいものをいただきました。

毎年 この時期は 家に こもって せっせと 包丁を砥いで

お節 作りをするのが ここ何年かの 恒例行事です~

デパ地下や お馴染みの 和食処で お願いして 

立派な お重に入った お節を 買ってしまえば 済む事なのですが。。。

面倒だ!!とか !大変だ!!とか 

心の隅で 思いながら・・・毎年 続けて お節作りをしています。

と、、いう事は、この行為が 私の生活の 一年の サイクルの

一部になってしまっている~と いう事なのでしょうね。

今日は 娘が 手伝い(?)にきてくれたので、

昨日 煮たり、炊いたり、焼いたりして 作り上げた お節料理を

お重や 瓶に詰めました。

お重詰めも 結構 神経を使う作業なのです。

こちらは 娘の家用の お節です~

我が家の お節は 好きなものしか 作らないので、

膾× きんとん× 田作× と かなり 偏った お節ですが、、、

こうでなくては いけない。。。昔からのしきたりは 云々なんてこと

全く 関係ないので、家族の好きなものだけを かなり薄味で作っています。

それで 良いのだ!と思います~

黒豆は 丹波の黒豆 「飛び切り極上」が 今年は手に入ったので

心を込めて 12時間余りかけて 煮上げました~

整列 するとかなり 可愛いです!!

お世話になった 方に 少しですが お裾分けします~

今年も こうやって お節を作れることに 感謝をこめながら・・・

良い お年を お迎えくださいませ~

コメント

ブルガリ銀座タワー5周年記念「イタリア至高の輝き展」に行って来ました~

2012-12-30 16:34:28 | 日記

銀座のブルガリタワーは お気に入りの 場所のひとつです~

こちらの 最上階にある カフェは ゆったりできて、

お重に入った アフタヌーンティーがお薦めなのです。

この タワーができて 早 5年!今回の回顧展は 必見でした!

チケットをただいたので ルンルンで 行って来ました~

4階と 8階の 2フロアーを使った 豪華な回顧展でした~

メインの展示品は エリザベス・テーラーさんの 遺品を ブルガリさんが

オークションで 買い戻ししたものが 多数 展示されていました。

若い頃の テーラーさんは 本当に美しいですね~

あの 超大作「クレオパトラ」の映画の撮影で ローマを訪れた リズの事を、

「彼女が 唯一 知っている イタリア語は「BVLGARI」だ!」

なんて、(後の夫の)リチャード・バートンに言わしめた、ほど 

ブルガリが お気に召したみたいです~

場内は ノン・フラッシュで 撮影 OKだったのですが。。。

この ジュエリーをガラス越しで 撮影しても、その迫力!

本当の 美しさは伝わりません・・・(残念!!)

このネックレスのトップの部分が 取り外せて リズが 胸元にしている

ブローチと なっている わけですね~

こちらの ブローチも テイアラとして 使用しています~

黒い髪に 緑の宝石は 良く似合いますね~

(和服姿に 翡翠が 馴染むのも 納得です。)

 

来年が ヘビ年だからでしょうか。。。

やたら 「セルベンティ」(ヘビ)のコレクションが多く展示されていました。

ヘビは古来 装飾と魔除けの意味で 珍重されているのです。

 

ローマに行くと コンドッティ通りの ブルガリさんの ショーウインドウは

必ず 覗くのですが、、、なかなか 中に入って 

気軽に あれ これ ショッピングというわけには いきません。

ローマ・コインは 何枚か所持しているので、

頑張って 作った(先生のお手伝いがほとんどの・・・) 

私の なんちゃって ブルガリ風 ネックレス!

だいぶ くたびれてきたのですが、

便利に 重宝に 普段使い しています。

いつかは・・・髪の黒いうちに・・・

エメラルドの イヤリングくらい 豪華な作品を作って みたいものですが・・・

実際 いったい 何処に して 出かけるの!?って

ことに なってしまいますよね、、、

ジュエリーは 普段使いできるものが 一番!!

と、私は 思うのです。

おまけの 写真は インドの 雑誌に 載っていた ジュエラーさんの 広告です!

う~ん ゴージャズ~綺麗~でも 

やっぱり 何処にも お出かけできないです・・・よね。

 

コメント

ナマステ~デリーでも世界遺産を見学しました!・・・NO.11

2012-12-29 23:44:25 | 日記

楽しかった インド旅行も 今日でおしまい~

なんだか 離れるのが 寂しい インドです!

インドで一番高い 石の柱 クトゥブ・ミーナルへ、

なんと 高さ72.5メートル!世界遺産です!

クレーン車も ない時代に どうやって!?こんなに高い塔を

作る事ができたのでしょうか!?

周りに 土を盛って 塔(ミナレット)を 作っていったそうです。

塔が完成すると  土を 取り除く・・・大変な 人手と 手間のかかる仕事です。

 インド初の イスラム教のモスクは

元々あった ヒンドゥー教の寺院を壊し 

究極のリフォームで その 石材を使って作られています。

柱の所々に、ヒンドゥーの神様の 削られた跡が・・・

イスラム教は 偶像崇拝禁止だからですね~

宗教は なかなか ややこしいです~

こちらは インド建国の父 マハートーマ・ガーンディーさんのお墓です。

無抵抗主義で イギリスの統治から インドの独立を勝ち得た 偉人さんです!

インド中の人々から 尊敬されている ガーンディーさんの お墓には

今も 参拝者が 絶えません。

ガーンディー さんは 極右青年によって 暗殺され、火葬された場所が

この場所で、遺灰は ヒンドゥーの作法に よって インド各地の河に 流されたので

実際 ここには 何も ないそうです。

 

 こちらは フマユーン廟 です。世界遺産です~

あのタージマハールの モデルになった といわれています。

シンメトリーで とっても 美しい廟です。

7泊8日の インド旅行・・・一度は訪れてみたかった 憧れのインド!

とっても 大満足の 旅行でした。

それは ガイドさんの アシシさんや ドライバーさんが 

いつも 私達を 守ってくださっていたからで、

危険な目にあったり、恐ろしい思いをすることもなく、

お腹を壊すこともなく、本当に 安心して 観光することができました。

「インドに行って来ました。」

というと、ガンジス河に 遺体が浮いているのか・・とか・・

カレーを右手で食べているのか・・とか

そのての  質問を受けるのですが、、、 

それは 日本を「富士山芸者」で認識している 外国人と同じ 発想だと思います。

インドの懐の深さ、人々の生きる 圧倒的なパワー、その雄大さに

少しでも 触れられた事に とっても 感謝しています。

興味のある方は 是非 一度 いらしてみてください。

 

最後に インドのイケメン ドアマンさんの 写真アップしますね~

皆さん 背が高くって いかにも インドの方って感じ!

 

日本の ホテルのドアマンさんも 着物姿や 袴・羽織姿で

お出迎えしてくれたら 嬉しいのになぁ~なんて思いました。

民族衣裳って 素敵ですよね~

その国の人が よく 似合うように できているのですね。

 ダンニャワード(ありがとう)インド!

コメント

ナマステ~再びデリーに戻り デリーの日常を体験しました・・・NO.10

2012-12-28 21:38:49 | 日記

ジャイプールから またまた 車に 揺られること 6時間余り、

私たちは デリーに戻ります~

その前に ジャイプールで一番 美味しい ラーッシー屋さんで

クリーミな 朝一番 搾りたての お乳で作る ラッシーを 飲みに行きました!

 

これも 素焼きの 使い捨ての カップで いただきます~

洗うより ナチュラル素材の カップ 捨てちゃうのですね・・・

クリームの乳脂肪分が ぷっくり ヨーグルトの上に 浮いていて

濃くて 栄養たっぷり感のある 美味しい ラッシーでした!

ここで インドの地図で 復習しますね!

今回 私が 行ったのは、北インドの一部なのですね~

成田から エアーインディアで デリーに入り、翌日また 飛行機で ヴァラナシへ、

そこから お釈迦様の サルナートへ行き、 ガンジス河で 雄大なイベントを見て、

また 飛行機で デリーへ!その日のうちに 車で アグラへ、

翌日 サリー姿で タジマハール&アグラ城へ、また 車で ジャイプールへ、

宮殿ホテルで 優雅に過ごし、象に乗って、振り出しに戻って デリーに

帰ってきたわけです~

デリー、ジャイプール、アグラの三箇所の事を 「ゴールデントライアングル」と呼ばれていて、

この間隔が 約 200~260㌔! 道路事情にもよりますが 

約5~6時間のドライブになります。(東京→静岡の距離ですかしらね・・)

世界一 リーズナブルな車 TATAにも 乗りましたし、スズキの車、

高級車 TOYOTAの 車にも 乗せていただきました~

2012.12.12に おろしたての TOYOTA車に乗った時は

ありがたくって 感動してしまいました!

 

運転手さんが 朝 神様の所で お清め(?)をして

私たちに 初乗りを させて くれたのです!!

赤い字で 何か 交通安全の お守りの文字が 書かれていますね~

初めて デリーの空港に降りた時 気になった 重油の匂いも、

運転する際に ほぼ 鳴らしっぱなしの クラクションの音も、

いまは、聞こえないと 落ち着かなく なってしまいました!!

乗り物といえば サイクルリクシャーにも 乗りました。

おじさんが 一生懸命 こいでくれます~

風をうけ、路面をひろい 結構 ガタガタしていました、

車が ビュンビュン通る 間を 走るのは 結構 スリリングでした!

 

デリーは 大都会です~

こんなに大きな モールに連れて行って もらいました~

日本でもみかける 高級ブランドのお店、

世界展開している ファーストフードのお店

ベジタリアン用のメニューや カレー味の ケンタッキーや 

ここは 何処!?って 感じでした。

スーパーマーケットには たくさんの商品が並べられていました。

便利で 値切り交渉をしなくて すむので 買いやすいです~

キャシャーで ポイントカードの提示を 求められた時は ???

ツーリストだ!って 説明してるのに、ポイントカードの登録用紙を 渡され???

私って インディアンにみえますかねぇ~

そうそう インドには 野良犬が とっても多いのです!

そして  野良猫は ほとんど いません~

もともと猫と犬は 共存しない 生き物だったのですよね!

カメラをむけたら 吠えられてしまいました!

野良君達は みんな MIX で 痩せていて 自由で 元気そうでした。

牛もいるし、象も荷物を運んでいたし、駱駝も人々の生活を 支えていました。

そう、バラナシーでは 牛が 石臼を挽いていました~

インドでは 人も 動物も パワフルに 真剣に生きていました!! 

 

 

 

 

コメント

ナマステ~象さんに乗りました(ジャイプール編)・・・インド旅行・・・NO.9

2012-12-26 23:14:58 | 日記

ジャイプールといえば ピンクの宮殿 ピンクの街 

そして 象に乗って お城に行こう!!

で 有名な アンベール城なのですが・・・・

世界中からの観光客が集まる この場所・・・

これ 象に乗るのを 待つ人の列!!

こちらは 乗せる お客さんを 待つ 象さんたち・・・

その昔、タイで 新婚旅行の時 象には 乗った 記憶があるので、

何も こんなに 並んでまで 乗らなくっても・・・

って 思ったけれど  待つこと 30分余りで 

カラフルな象さんに 乗ってしまいました!!

はっきり言って 滅茶苦茶 怖かったです!!

心の 準備も カメラの支度も 整う前に いきなり 歩行を開始した

マイ象君、、、思いのほか 高さはあるし、揺れるのなんのって!!

台座の部分が ただっ広く 私たちは 台の中を あっちころころ

こっちころころ、象さんの 歩幅に連れ 落っこちそうになるのです!

もっと お尻に でっぷり 鏡餅のように お肉がついていたら・・・

(アメリカ系の ふくよかなタイプの 体型の人がマジ 羨ましかったです~)

必死に 細い 枠に掴まっていたのですが。。。

ピンクの細い 枠は 外れるし、、、かなり スリリングな 象さん乗りでした!

(二人とも 翌日 情けないことに 上腕二頭筋が 筋肉痛になっていました!)

 

それから 現在も マハラジャが住む 「シティパレス」を見学。

博物館として 武器、衣裳、絵画の三館を 見学しました。

贅沢の限りを 尽くした 権力の頂点に君臨する者の 特権・・・

世界中 いずこも 同じです。

 

世界遺産の 巨大な天文台「ジャンタル・マンタル」へ行き

昔の天文学、日時計の読み方を 学習!!

「風の宮殿」とよばれる ピンクの 可愛らしい (奥行の全くない)

宮殿を 車窓から見学!しました。

 

ジャイプールは宝石の街としても 有名です!

研磨から 自分の工房で行っている

宝石屋さんに 見学に 連れて行って もらいました~

(アメ横にある インド人経営の宝石店のおじさんが「本店は ジャイプールだよ!」

 なんて言っていましたっけ・・・)

私は しっかり マイルーペ持参で、細かくチェックしました。

石の 良し・悪しや ・細工の良し・悪しを 自分の目で見極めるために・・です!

(彫金のH先生に 何年 彫金 やてるの!って 言われちゃいますものね~)

あれこれ わんさと ジュエリーを みせられたけど、

私は 気に入ったものがなかったので 衝動買いせずに すみました!

お友達の Yちゃんは アンテーィクの リングが気に入って 購入していました。

旅の 良い 思い出になる 記念のリングと なりますね~

それから クリントン前大統領も 訪れたという ブルーの陶器屋さん

「ブルーポッタリー」にも 見学に行きました~

遠目には 綺麗に見えるのですが、、、 あまり 丁寧な仕事をしていないので

私は ちょっと パスでした!

色ムラや 焼きムラを指摘すると、「ミステーク!!」を連発!

ミステークなものは 商品としては B級品なのに 普通に 販売してしまう・・・

そのあたりの 感覚が いまひとつ 私には 受けいれられない部分でした。

木刻の 版を多色刷りにした 伝統的な お店の 見学もしました。

自然素材の色素で 染めてあるので 云々と 説明をうけましたけど・・・

連続した 模様も ひとつ ひとつ 職人さんが スタンピングしていくので、

微妙なズレに 味わいがありました~

でも 結局 何も 購入せず・・・

ガイドブックには 凄く可愛らしい グッズのお店や 商品の写真が 

たくさん のっているのですが、、、

まず 値切り交渉を 延々と始める ところから 買い物がスタートするので、

インドのお買い物は 私には かなり ハードルが 高かったです!

値切るのが 得意な方は お買い物天国だと思います~

 

 

 

コメント (2)

ナマステ~宮殿ホテルにチェックイン!インドの旅・・・NO.8

2012-12-25 18:28:35 | 日記

ジャイプールは 二連泊だったので ホテルのグレードをアップして

豪華に 宮殿ホテルに ステイして しまいました~

JAI MAHAL PALACE  素敵なホテルでした!

インドのホテルは どこも セキュリティーが 厳しいです。

まず 宿泊者の 名前を ゲートで チェック!okだったら

車のトランクをチェック やっと ゲートインです。

また 入口で 飛行場みたいな 金属探知機をくぐり やっと チェックインです。

エントランスはこんな 感じ~

開放感があって マハラジャのお家・・・って 感じがします。

良い ホテルって 入った瞬間 いい香りがしますよね~

ウェルカムドリンクも 美味しい!!

お部屋も ティファニーブルーで 統一されていて 超可愛い!!

真っ赤な タイプのお部屋もありましたけれど、

ブルーの方が 落ち着きますよね~

わぁ~い!お姫様みたい!!

って ベッドの上で ジャンプしたい 気分でした~(しませんでしたよ~)

ウェルカムフルーツも サービスで ありました~

チェックインの時 やけに 賑やかな雰囲気を感じたのですが・・・

なんと このホテルでも 今夜は 結婚式だとか~

私たちは 招待されていないので、勝手に会場に入るのは NGでしたが、

広いお庭いっぱい お花が飾り付けられ、良い香りが漂っています~

舞台では ダンサーが踊り、用意されている お食事も豪華そう・・・

また 次々と訪れる 招待客さん達の 美しいこと!

男性は ターバンを巻き、仕立ての良い 民族衣裳で、、

女性のサリーの質の良さは ひと目でクオリティ-の高さが わかります。

身につけている 宝石も 凄い!!です!

富裕層の結婚式は まるで 映画の ワンシーンのようでした~

夜も 10:30で ぴたっと 音楽止まったし・・・よかった!よかった!

翌朝は とっても静かでした~

遅くまで お祝いの宴で 皆さん まだ お休み中みたい・・・

昨晩の パーティーが 綺麗に 片付けられていました。

お外で 朝食もありだったのですが、ちょっと肌寒いので

中で いただきました~

私達しかいない ゆったりとした 朝食を 

のんびりと いただくことができました。

(結婚式も 良いものですね~)

食後の コーヒーは 優雅に お外で・・・

やっぱり ちょっと 寒い!!でした。

コメント

娘のバレエの発表会でした~

2012-12-23 23:09:41 | 日記

6歳から 始めた 娘の バレエのお稽古・・・

29歳になる 現在まで 細々と続けています~

就職して 名古屋で お仕事をしている時も

時間があれば、こちらに帰ってきた時は、レッスンに出させていただき、

我が儘、気ままのレッスンを 細~く 長~く 続けさせていただいていました~

今回 この 発表会に 出演することを 決めてからは、

かなり 娘にとっては ハードな 日々が 続いたと思います。

都内で お仕事をしているので、男性のゲストと組んで 踊る練習をする平日には

会社を 6:00時頃には 出て こちらに 戻ってきて

7:00に 最寄駅で 私が 彼女を ピックアップして 

車の中で お弁当を 少し食べ レッスンへGO!

7:30~9:30頃まで レッスンをして、それからまた

都内の 新居に戻り、翌日は また 早朝から お仕事・・・

なんてハードな 生活を していました。

若さって 凄いなぁ~と わが娘ながら そのパワーに 感心していました。

また それを 嫌な顔 ひとつせず

影で支えてくれている 優しい婿殿にも 感謝の日々でした。

私も この歳して 娘の送迎に ここまで 駆り出されるとは・・・

でも 親ですものね。。。共力できる事は してあげないとね~

 

泣いても 笑っても いよいよ今日が 本番です~

場当たりが 終わり 通しが終わり・・・

スタッフしか いない ホールは がら~んとしていて とっても広く感じます。

娘の ゲネプロの様子です~

ロシア人の マクシムさん がっしりした体格で 頼りになります。

演目は 「白鳥の湖」パ・ド・トロワです~

彼女なりに とっても 上手に 踊り切ることができました~

 ゲネの様子を 舞台そでから 写してみました~

 舞台は 今までの 努力や 練習の成果が 花開き

一瞬 眩しいほど輝き 

瞬く間に 消えてしまう・・・

そこが よいところなのですがね~

発表会が 終わり リラックスして 私と おどけている 娘です。

お疲れ様でした~

よく 頑張りました!

 

コメント (4)

ナマステ~世界遺産「タージ・マハール」登場です・・・インド旅行・・・NO.7

2012-12-22 18:32:35 | 日記

ほぼ 夜中に アグラに到着~

ラディソンホテル  とっても お洒落で 素敵なホテルだったのに 

12時間も 滞在できずに、、、残念!!

 

私たちは まず シルク屋さんへ 行って サリーをレンタルして、

サリー姿で 世界遺産に 向かうことにしました~

(京都の なんちゃって 舞子さんと 同じような シュチュエーションです!)

「ナマステ~」これが 世界一 豪華で 美しいお墓 タージ・マハールです。

ムガル帝国 第5代皇帝 シャー・ジヤハーンが 愛妃のために

なんと 22年の歳月と 2万人の職人さんを 使って 作り上げた

完璧なまでに シンメトリーな 建造物の お墓なのです。

大理石の細工が 美しく 遠くから見ても 

近くから見ても 本当に 綺麗なお墓です。

真っ白に みえる 壁面は レリーフと 宝石を埋め込んだ 象嵌細工なのです~

いい仕事するなぁ~って 感心していたら。。。なんと

この王様 お墓が 完成したら 2万人の職人さんの

腕を 切り落としたのだとか・・・!!

二度と 同じものを 作られるのは 嫌だったんですよね~

王様の愛は 深いのわかったけど。。。

職人さんや その家族の 事は いいわけ???

こういう 話 歴史の中で よく ききますが・・・ねぇ~

急に その 美しさが 色褪せた 瞬間でした。

その次に むかった 世界遺産は 赤砂岩の要塞 アーグラー城です。

先ほどの 王様が 最期 息子に 幽閉され 亡くなった お城です。

ここまで サリー姿で ルンルンです~

世界中から 集まった 観光客から 一緒に 写真を撮って!!と 頼まれ、

その気になって ポーズを決めていたのですが・・・

冷静になって 考えると、帰国した 彼らのアルバムに

なん~ちゃって サリー姿の 私が 居る・・・って なんか 不思議です。

お昼をいただいて、 私たちは ジャイプールに向かいます。

インドの高速道路は 快適でした。

ただ 州をまたぐ時 通行料以外に その税金を 支払いにいかなくては

ならないのが ちょっと大変そうでした。 

お次は 本日3箇所目の 世界遺産へ向かいます。

代3代皇帝アクバル帝(タージ・マハールの 王様のお祖父さまですね・・)

遷都をして 建てた ファーテープル・スィクリー

わずか 14年で その役目を 終えた 幻の都です。

赤砂岩の 細工が 見事!!

これ 木に漆とか 塗ってるのじゃないの?と思いたくなるような

石細工でした。

たった 一日で 世界遺産 3箇所を みてしまいました~

ジャイプールでは 宮殿ホテルに 二連泊!どんな ホテルか 楽しみです。

コメント (4)

ナマステ~美味しいお食事編・・・インド旅行・・・NO.6

2012-12-21 21:50:50 | 美味しいものをいただきました。

お腹 ペコペコで ホテルに戻り、バイキング形式の 朝ごはんです~

こんな感じにメインのダイニングルームには 

温かい 朝食の おかずが たくさ~ん 並んでいます!

カレーもあれば、温野菜もあるし、スクランブルエッグ、カリカリベーコン、ソーセージ

オーダーすれば、好きな具材で オムレツを焼いて いただけます!!

ホテルの 朝ごはんって いろいろなものを お皿にのせてしまい、

ついつい 食べ過ぎて、旅行デブに なりやすいので 超ご用心なのです~

 

 

珍しい 三角錐の食べ物を 発見!

DOSA といって お豆と米粉を薄く焼いたもので、

パクチ入の スクランブルエッグを添えて 食べると 美味しいよ!!

みたいに シェフが教えてくれました。

スナック菓子風に 甘いココナッツ風味の おソースで いただくこともあるそうです。

小麦粉を焼いたもの、米粉を焼いたもの、お豆を粉にして焼いたもの、

日本では あまりみかけない 焼き物が 多いです。

ビールをお願いすると 突き出しというか おつまみ のように

でてくる ちょびっと辛い 薄焼き煎餅のようなもの、、、

これ 結構 いけるので ポリポリ 食べてしまいます~

ビールは 散々お世話になった 「キングフィッシャー」です!

キリットしていて 爽やかな喉越しです!

滞在中 いったい 何本 あけたことか・・・

あまり 皆さん お酒を 召し上がらない お国柄なので・・・

いつも 「ビール!!」「私に ビールを!!」と 

わめいていたような記憶があります。(ガイドさん ご迷惑を おかけしました~!)

美味しい ビールでした。(泡立ちが いま ひとつなので、、、ちょっと残念でしたが・・)

お食事の前に でてくる チャツネや ピクルスも お酒のお供系のお味でした。

赤い丸いものは 玉葱のピクルス、茶色いのはマンゴーのチャツネ、

奥のグリーンのものは パクチのチャツネ!これ かなり美味!でした~

お店によって 生姜風味や ピーナッツやココナッツの味が効いているもの、

いろいろな 種類がありました!ぜひ 作ってみなくちゃ!!

タンドリーチキンや ケバブにも この パクチチャツネ GOOD!でした。

カレーは だいたい 4~5種類 登場します。

ベジタリアンメニューと 私達のような ノンベジの人用の お肉いりのカレー

お肉と言っても ほとんどチキンか 羊ですね。

(牛さん× 豚さん×の宗教の方が 多いですからね~)

そういえば 一回も キーマーカレーや シーフードカレーを

食べなかったのですが、インドには そのようなカレーは 存在したのでしょうか!?

 ちょっと トライしなかった事に 後悔です~

ご飯が 終わったら 街の チャイ屋さんに 連れて行ってもらいました!

ちょうど 牛乳を搬入していたので その様子を シゲシゲ眺め・・・

蓋の隙間から ゴミや虫がはいらないように 笹の葉っぱで

プロテクトしていました~

存在感 ありありの チャイ屋さんの おじさんから

素焼きの入れ物に 入った 熱々チャイをいただきました~

搾りたて、届いたばっかりの ミルクで 沸かした チャイ 最高!に美味!

右手に持っているのは 隣の スイーツ屋さんで 購入した お菓子です!

マジパンみたな 食感です、

ナッツのペーストにお砂糖 何種類かの 香辛料が 練りこんである風味です。

あれもこれも 食べたかったし 試したかったのですが

外れた時が ショックが 多大なので 素材の検討のつくものだけにしました!

ナッツ・ドライフルーツ・香辛料・これらは 腐りにくいし、カロリー源となりますし

洋の東西を問わず 昔から 珍重される 意味が よくわかりました~

さて また 飛行機に乗り デリーに向います~

飛行機に乗るのが そんなに 楽しいのでしょうか!?

(ガイドさんの アシシさんちょと 呆れ顔かも・・・!!)

デリー到着後  また 5時間余りの道のりを 走り 今夜はアグラへ向かいます。

早朝 から 起きているので この一日は 長~い一日でありました!!

 

コメント

東京ステーションホテル 「ブラン ルージュ」さんで ランチをしてきました。

2012-12-20 21:26:22 | 美味しいものをいただきました。

ナマステ!は ちょっと お休みして、、、

今日は オープン前から 予約していた 東京ステーションホテルの 

メインのレストラン 「ブラン ルージュ」さんへ 行って来ました。

ネットで 予約をしたのが、 10月1日だったと 思います~

 

いただいたのは 「roze」のランチコース

まずは アミューズが サービスされます~

お店の名前が 「白と赤」なので お皿にもこだわりが 感じられます。

「生ハムとチーズのクレープ巻き」これ ナイスアイディア!!

お正月の前菜にも 使えそうです!

もう一品が嬉しい、シュー皮の中に ツェップ茸とフォアグラのムースを詰めたもの。

暖かなアミューズで、この小ささが 良い感じです。

お皿 凝ってますね~

バターの入れ物も こんな 感じ!

スペイン産のオリーブオイルと エシレの無塩バターをホイップしたものが

サービスされました。

バターとオイルの 仕切りが あるところが いい仕事です。

お魚の前菜です!なんと 下に 大根のオンパレードです!

 「苦手な食材を 尋ねられた時、あまりたくさん あれや

これや いうのも 大人気ないので 今回、大根系!!と

自己申告せずに ちょっと失敗でした!のこして ごめんなさい~

ガラスの お皿が 二枚重ねられていて その間に 季節のお花が

あしらわれているところが 心憎い演出でした。

ちょっと・・・懐かしいですよね・・・

この四角いのは 「ミルクパン?!」ある程度の 年齢の方には

お久しぶり~って感じの このパン!

あまりの 懐かしさに 涙。。。ウルウル。。。

他のパンは バジルのパンと フランスパンでした。

お次に 登場したのは なんて可愛らしい 器でしょう!!

熱々の 牛のフォンのスープに、 付け合せの クルトンを パリパリ割って

スープに浸していただきます~

私 この お店で 今日 一番 好きな一品でした!!

帆立のポワレと網焼き (二種の味わい)・・・がお魚料理です!

南瓜のおソース仕立てです、、、

カラスミの のった パリパリ感と 網焼きの メリハリはあるのですが・・・

私としては、違う食事の方が うれしいかなぁ~ 

って 感想です。

鴨肉のポワレ ローズマリー風味です~

結構 ポーションが 大きいので もう お腹いっぱいです~

私たちの 座っていたお席が 線路の見える お席だったので

山手線や 京浜東北線が 窓越しに 通過するのを 眺められて

「鉄」(鉄道マニア)には たまらない 喜びだと 思います~

デゼールはモンブランに シーブストのクリームが 添えられていて

しっかりとした 作りになっていました。

コーヒーや紅茶のチョイスも  コースの 料金に

含まれていて、お得感ありでした~

これは お砂糖の写真です。

エスプレッソのカップを持ち上げると、フランス語で 「メルシー」の

メッセージが!!

器が とっても 凝っている 遊び心のある レストランでした。

 

マヤ文明によると 明日で 地球は滅亡するのだとか・・・

ここ 帰国して 何日か 

限りある命 好きなこと、楽しいことを 優先して 

嫌なこと 大変なこと を 思いっきり~後回しにして

生きるように 心がけて きました、、、、

明後日 無事に 12月22日が来たら 

いままでの だら~っとした生活のつけを

必死に なんとかせねばなりません~

年末って・・・本当に・・・大変・・・

 

コメント