風月庵だより

猫関連の記事、老老介護の記事、仏教の学び等の記事

「ごっこ」の世界

2020-10-13 10:05:41 | Weblog

10月13日(火)晴れ【「ごっこ」の世界】

檀家さんから頂いた新聞の記事に目が行きました。新聞は、ごみをきれいにくるんで捨てるというこの界隈のルールのために、新聞を檀家さんから、いただいているのです。さて〈「○○ごっこ」する世界〉という見出しの記事に「政治も思想運動も本当の現実を見ない虚構の中の遊びだ」という小見出しがさらにありまして、興味を持ちましたので、捨てないで、読ませていただきました。佐伯啓思さんという京都大学名誉教授のお書きになった一文です。(2019年10月2日朝日新聞)

日本の平和は、日米安保体制によって保たれているという現実に、右も左も目をつむっている。1999年に自死を遂げた江藤淳氏が「『ごっこ』の世界が終わったとき」という評論を1970年に発表したそうであるが、全共闘の反政府運動や三島由紀夫の自主防衛や新たなるナショナリズムの動きには、どれも「革命ごっこ」「ナショナリズムごっこ」「自主防衛ごっこ」にすぎない。「ごっこ」は真の現実に直面しない虚構の中の遊び、云々。

恐縮ながら、上の4行は、佐伯先生の記事を少し抜き書きさせていただきました。

また、江藤氏は「日本は米国のこしらえあげた「鏡張りの部屋」におかれているために、世界というリアリティに直面していない。われわれは鏡に映された自分たちの姿について、右だ左だ、護憲だ改憲だ、と相手をののしりあっている、云々」

しかし、アメリカの核と軍事力を楯として、平和を享受してきた現実も、かなり危ない状況と今やなっている。この日本の一隅で私が危惧しているのは、日本は中国の属国にされてしまうのではないか、現に多くの土地も中国の資本によって、買い占められている、早くこのことが簡単にできないような法律をつくらなくては、日本を守ることはできないだろう、今や日本民族という言葉はつかえない。なぜならばこの日本に多様な民族の人が平和に暮らしているのだから。その中に勿論中国の人も含まれるわけだが、平和裏に共存・共生しているのであれば、問題はないのだが、中国という国家による侵略ということになると問題は別である。単に土地の買い占めだけではなく、もっと大きな問題は軍事力の大人と赤ん坊のような問題がある。だからといって日本の軍事力を強化しなくてはと思ってはいないが。

また「近代日本にとっての最大の経験はあの戦争とその死者たちであった。江藤さんは「ごっこ」が終わればわれわれはあの死者たちと本当に向き合うといったが、どうやら逆に、あの死者たちをたえず想起することによって、せめて「ごっこ」を自覚することぐらいはできるのであろう。」と佐伯先生は最後に書かれている。

ここで、私は、曹洞宗の僧侶の一人として、かねて疑問を持っていることがある。それは「祠堂諷経」という法要のあとの回向文の中にかつては「万国戦死病没者諸英霊」という文言がありました。しかし今はそれがなく、代わりに「万国殉難者諸精霊」となっています。「英霊」という表現はやめてもよいでしょうが、なぜ「戦死病没者」が消されてしまったのでしょう。数年前に弟子ができたときに新しい経典を購入して初めて知ったことです。私は毎朝のおつとめで「万国戦死病没者諸精霊並びに天災による万国殉難者諸精霊」と回向しています。

さらにこの佐伯先生の論を読みまして、「本覚思想」について関連して考えたことがありますが、長すぎますので、この辺で。

「僧侶ごっこ」をしていると反省している尼僧の朝のブログです。(この頃、私は本堂の屋根の葺き替えについて、つくづく住職が一人で六知事、とくに直歳ーお寺の普請などにかかわる役職ーまではきついと思っています。)

おそらく最後までお読みくださった方はいらっしゃらないでしょうが、お読みくださり有難うございました。

コメント (2)

僧堂修行

2020-10-07 22:36:19 | Weblog

10月7日(水)曇り後雨【僧堂修行】

ようやく弟子を僧堂安居の修行に送り出すことができました。知り合いのお寺様のお弟子さんと二人ですので、厳しい修行にも力を合わせて耐えることができると願っています。

安居させていただくのは、尼僧ですので、尼僧堂ということではなく男僧さんの多いお寺です。尼僧堂に修行に預けていた一人の弟子は、その尼僧堂の僧堂長が自分の弟子にしてしまわれたので、同じ目に遭っては困りますので、それはやめました。

仏道修行の眼目について、この弟子を育てるにあたって、あらためて考え気にかけましたのは、とにかく自分は正しいという我がとても強いので、それをしっかりと見せることであろうかと思いました。出家するまで、とても頑張って生きてきたようですので、何でもできるという自負もあるでしょう、自分なりの考えもできています。出家して弟子としての学びの姿勢、師匠の言うことを素直に聞くという姿勢と覚悟は、あまりありませんでした。

師匠のいうことだけではなく、自分以外の人の言うことを、素直に聞ける心は、とても大切であると思います。どちらが正しいかどうかは問題ではないでしょう。本師もよくおっしゃっていましたが、何が正しいかどうかわからんぞ、と。その通りだと度々に経験しています。その点私は柔軟なつもりです。ただ、この度の私の配役は師という役目ですから、その役目として、弟子の弱い点を見てあげなくてはならないでしょう。

檀務の忙しいお寺ですが、二人なら楽かといいますと、なんだかかえって忙しかったように思います。これからまたしっかりと、私ももう少し深く経蔵に入って学び直したいと思っています。

とにかく、一年間の修行無事につとめてきてほしいと願っています。

 

 

 

コメント

お彼岸に想う

2020-09-21 14:32:02 | Weblog

9月21日(月)曇り【お彼岸に想う】

暑さ寒さも彼岸まで、と言いますが、まことに今までの猛暑はいずこに、と言いたいこの頃です。新型コロナウイルスの影響は、当寺のお彼岸のお参りには、全く影響を感じられません。多くの檀家さんがお参りに来られて、お墓中が花でいっぱいになりました。ただ、お参りの可愛い坊やでさえ、マスクをしているという光景が、新型コロナの影を感じて切なくなります。

「今日彼岸 菩提の種を 蒔く日かな」という俳句をよく目にしますが、作者については今まで気にしたことがありませんでした。当ブログのブックマークをつけさせていただいている百科事典のような「つらつら日暮しhttps://blog.goo.ne.jp/tenjin95」さんのブログで、この作者は、江戸時代の馬場存義(号:古来庵、1703~1782)という方だと教えてもらいました。また古来庵存義は、「菩提の種も」と「を」ではなく「も」と詠んだようです。お墓参りをした折に、お墓参りだけではなく、「菩提の種」も蒔かなくては、という想いでしょう。*菩提:さとり、正覚

彼岸会は、先祖供養と結びつけて日本で始められた仏教行事のようですが、春のお彼岸も秋のお彼岸も、丁度気候の良い時期にありますので、お墓参りにも自然と足が向かうのではないでしょうか。四季のある日本ならでは、の行事だと思います。

お盆には、あまりの暑さに、お墓参りをパスしてしまった方も、このお彼岸には、是非先祖のお墓にお参りしてくださいませ。

私も当寺の掲示板にこんな言葉を書かせてもらいました。

「先祖様を守るあなた 先祖様に守られるあなた 宇宙の響きあい」

私は禅宗の僧侶としては、異端かもしれませんが、次元の違う世界を信じています。証明のできないことを言って、人を迷わす僧侶のブログであることをご承知でご訪問くださいませ。

 

コメント (2)

思い込み 山鳩の声

2020-09-18 09:30:24 | Weblog

9月18日(金)曇り【思い込み 山鳩の声】

朝夕はだいぶ涼しくなりましたが、日中はまだ暑いですね。さて、「思い込み」について一言。

毎朝本堂で上の写真の林が見える場所で、坐禅をしています。今の時期は蝉の鳴き声と山鳩の鳴き声が聞こえてきます。それでどういうわけか、私の耳には山鳩の声は「チベットコウクウ」と聞こえるのです。檀家さんにこのことを言いましたら、「それはおかしい、山鳩は昔からドテッポッポウとしか鳴きませんよ」と言われます。

そう言われても、私の耳には、どうしても「チベットコウクウ、チベットコウクウ」としか聞こえないのです。山鳩にとって、「それは勝手な思い込みですよ、ワタシハ○○▽▽◇××」ですというかもしれませんね。

ところでこの写真の林の奥が抜けて見えるところ、電信柱が建っているあたりは、「笑っている動物の顔」に見えます。そう思い込むとそう見えます。

ある日、子猫が耳ダニのキヨちゃんの耳あたりでなめようとしていたので、「ダメ」と引き離しました。傍で見ていた弟子さんの顔が、ちょっと嫌な顔をしたように感じたので「アっ、ムッとした?」と言いましたら、「それは思い込みですよ」とたしなめられました。

そんなこともあります。思い込みはなかなか変えることは、難しいですし、また、全く事実と違う場合もあります。自分の耳、自分の目、自分の感じで、何事も判断することは、他に影響のあることについては慎重であるべきですね。弟子との会話は、むしろオープンに話せる間柄になっていますから、問題はありませんが。

まあ、ちょっと、今日のブログは山鳩の声から、少々、老尼のお説教的な話でした。
皆さん、どうぞ、今日も御機嫌よう。

(猫のお茶碗を干している箱の中に、いつの間にか入っているカズちゃんです。カズちゃんにこれはお茶碗干しの箱という思い込みは全くありません。)

コメント

猫の治療費

2020-09-15 13:28:43 | Weblog

9月15日(火)晴れ【猫の治療費】

今日は、キヨちゃんとカズちゃんを動物病院に連れて行きました。キヨちゃんの耳の中がどうも汚いのが気になるのと、あちこち毛が抜けていたり爪切りもしていただかなくてはならないこと等々が思い切ってまた出かけた理由です。

カズちゃんは、噛み癖がなかなか治らず、なんとかならないか、という理由です。

キヨちゃんの耳の中には、なんと耳ダニがいました。治療をしていただきました。点耳薬をいただいたり、血液検査をしておいてもらいました。ウイルス検査も再びしておきました。これは陰性でしたので、他の猫への心配はなくなりましたが、耳ダニは他の猫にもうつる恐れがありますので、そのお薬もいただきました。

爪もきれいに切っていただきました。なかなか自分では同じようには切れません。

ということで、私の今月のお小遣いは消えました。お幾らか、明記するのは止めておきます。猫に限らず動物を家族にするには、それなりの覚悟が必要ですね。

それでも同じ地球の家族です。犬猫の殺処分や多頭飼いの悲劇はなくなってほしいです。オランダでは、動物用の救急車さえあるそうです。日本の政治家の皆さんに動物愛護のお考えを持っていただきたいですね。東京都の小池知事さんの公約にも、犬猫の殺処分ゼロ、というのがたしかありましたが。

コメント

網代笠とマスク

2020-09-12 21:09:32 | Weblog

9月12日(土)曇り時々雨【網代笠とマスク】

網代笠を皆さんはご存知でしょうか。上の写真がそうです。これは私が、托鉢の時や、尼僧堂から帰ってくるとき、名古屋から長野県、群馬県を行脚して埼玉のお寺に帰って来た時に被っていた網代笠です。34年ほど前の話です。

近々、弟子の一人が僧堂修行に出かけますので、網代笠の頭の部分が痛くないように枕のようなものを作ったり、頭にのせる「ごとく」部分は布を巻いて痛くないように工夫をするのですが(上の写真の白い部分です)、晒を買おうとしましたら、なんと品切れなのだそうです。理由はマスクを作るために晒が出払い仕入れてもすぐに売れてしまうとのことです。

こんなところにもコロナ禍が出ています。思いがけないことです。これからもコロナによる禍はいろいろとでるでしょうが、他の工夫をしたりして、クリアいたしましょう。

決してコロナによって、生きることに悲観するのはやめましょう。なんとかなります。なんとかしましょう。天に向かって手を合わせつつ、乗り切りましょう。

34年前、行脚の日々で見上げた空の美しかったことが忘れられません。

 

 

コメント

亡き本師の誕生日祝い

2020-09-09 13:30:14 | Weblog

9月9日(水)晴れ【亡き本誌の誕生日祝い】

今日は、本師故余語翠巖老師のお誕生日です。重陽の節句です。いつもこの日は、老師の娘さんたちと会食をしたり、大雄山にお墓参りに行っています。しかし、今年は、コロナ禍でできませんでした。

栗ご飯を炊きましたので、あげさせていただきました。栗ご飯は、栗を剥くのが大変ですが、弟子と二人で剥きましたので、400グラムほど、割合、楽にできました。

昨晩のうちから水につけておきまして、今朝、皮むきをしました。いつもながらパソコンで調べたようにいたしました。少し、小豆も入れてみました。おいしかったです。

『金光明最勝王経』「除病品」にもありましたが、「稽首し、礼足し、合掌恭敬す。(けいしゅし、らいそくし、がっしょうくぎょうす。)」と父親の持水に対して息子の流水が教えを乞うときにこのように挨拶をしています。以前『維摩経』の中の一文から、お拝のしかたについて、このブログにも書かせていただきましたが、今、私たち僧侶がご本尊様や尊敬を表す折に丁寧な挨拶としてお拝をしますが、これは尊敬を表すインド式のご挨拶の方法なのですね。「稽首」は頭を地に着くまでさげる、「礼足」は、敬意を表すために相手のおみ足にお辞儀をする、そうして合掌し、つつしんでうやまう心を表すご挨拶です。

ということで、お師匠様にご挨拶をいたしました。

栗ご飯 天に捧げて 秋を知る

コメント

子猫カズちゃん境内お散歩デビュー

2020-09-08 11:19:04 | Weblog

9月8日(火)晴れ【子猫カズちゃん境内お散歩デビュー】

今朝はこちらの地方はとてもよいお天気です。台風10号の影響は、昨日時折激しい雨が降った位でした。この度被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます。

さて、我が家のカズちゃんもようやく境内のお散歩に出してあげられるくらいに育ちました。しかし、まだカラスに襲撃されるかどうかわかりませんので、保護者同伴のお散歩です。

かなり慎重です。家の中を走り回っているのとは違い、匍匐前進です。

今日は三日目で、たまたま中の猫4匹が、一枚におさまりました。こんなに平和な写真の投稿が今はできますが、台風の被害に遭われた方々の事を考えますと恐縮です。この子たちが無事に育ち、無事に暮らし、やがて…… 

毎朝、「国土の三災永く消せんことを」と回向していますが、あまりに自然災害も多い日本列島に暮らしていますので、この回向文が空しくなりますが、祈りであり、願いです。

コメント

新型コロナウイルス報道についてースエーデン方式に騙されないで

2020-08-31 10:13:12 | Weblog

8月31日(月)曇り少し涼しいでしょうか【新型コロナウイルス報道についてースエーデン方式に騙されないで】

八月も今日は晦日です。早いですね。ところで、老婆心ながら新型コロナウイルス報道について、一筆。
ストックホルム在住の弟から、スエーデンに関して、日本のテレビの報道はおかしい、と電話が昨日も入りました。テレビであるMという人が、スエーデン事情に詳しいとして、よくテレビで話しているそうですが、全くのでたらめだと怒っていました。集団免疫の成功例のようスエーデン方式とまことしやかに話しているそうです。日本のテレビ局からそのようなインタビューをうけて、スエーデンで陣頭指揮を執っている政府の某氏は、意気揚々としているそうです。

スエーデンでは、老人は死ぬに任せていて、決して十分な治療を受けられないのだそうです。スエーデン政府は十分なお金が無いので、医療は崩壊しているにもかかわらず、十分な対策をとっていないそうで、弟自身、自分がコロナに感染したら、この国では果たしてどうなるか、と心配していました。しかし、今の状態では日本に来ることもできません。

私は、2年近くテレビを全く観ていませんので、Mなる人もわかりませんが、弟の言うだけではなく、他にスエーデンに住んでいる友人も同じようなことを言っています。とにかくテレビの報道だけに振り回されたり、鵜呑みにして信用することは危険です。皆さん、ご自分の命がかかっているのですから、十分な防衛策をこうじて下さい。

しかし、テレビは見ませんが、インターネット記事は読みます。その中に「武漢から入ったウイルスは消滅した、新たにヨーロッパから云々」という記事があったが、どうして中国から入ったウイルスが消滅したと言えるのか、おかしい、中国寄りの人が書いた記事かと疑ってみた。百パーセント信じられる記事や報道は、無いともいえよう。それぞれが判断して取捨選択していくしかあるまい。

ドイツでは「反マスク運動」という運動も広がっているようですが、自由のはき違えをしてはいないでしょうか。
長い期間を見たならば、このウイルスが、地球人類の滅亡にやがてはつながることにならないともかぎりません。

慎重に、しかし、自然との共生は忘れずに、今の命を感謝して生きあいましょう。

(昨日、夕方の空を見上げたら、雄大な雲のパノラマが広がっていました。空を見上げましょう。)

 

 

 

 

コメント

感染終息を願いー『金光明最勝王経ー除病品』

2020-08-29 21:09:21 | Weblog

8月29日(土)晴れ【感染終息を願いー『金光明最勝王経ー除病品』】

今日も暑かったですが、このところ朝夕はだいぶ涼しくなりました。お蔭様で気になっていた駐車場の草取りを、毎日少しづつやっています。草取りは大変ですが、始めるとやめられない面白さがあります。昨日は近所の奥さんたちにも助けてもらいました。今日は腕が疲れてしまいましたので、休みますが、明日もお二人が助けてくれますので、頑張って切りをつけたいと思っています。多少腱鞘炎の感じはありますが、法事の折の木魚はなんとか打てそうです。

さて、中外日報を読んでいましたら、病疫退散のために『金光明最勝王経ー除病品』をあるお寺で配布されたという記事がありましたので、今日はそれを学んでみました。かなり短いお経なのと、わりあいに読みやすいお経です(訳者の義浄グループの漢文は読みやすいそうです)。

菩提樹神善女天に仏が述べるという形式になっています。天自在光王の世に、医術をよく会得していた持水長者の息子の流水という者が、病に苦しむ衆生を救いたいという大慈悲心を起こして、父の持水に医術を教えてもらい、病に苦しむ衆生を救ったというお経です。一息に言いますと、このようなお経です。

「妙通八術」という表現がありますので、インドのアーユルヴェーダのような医術に通じているということでしょうか。
八術とは、日野慧雲氏の「義浄訳『金光明最勝王経』について」によりますと、「針刺」「傷破」「身疾」「鬼神」「悪毒」「孩童」「延年」「増気力」だそうです。

「治百千萬億衆生病苦、悉得除差(百千萬億衆生の病苦を治し、悉く除差を得ん)」と最後の行にありますので、百千萬億といいますと、かなりの人数ですから、現在新型コロナウイルスによって苦しむ私たちにとって、有難いお経といえましょう。

(同じ『金光明最勝王経』の中の「大弁財天女品」の方が疫病退散のお経のようですが、ちょっと長すぎますので、「除病品」でお許しを。)

*(「除病品」にルビをふる作業をしていますと疫疾という語がありますので、疫病ですからこの新型コロナウイルスにもこれでよかろうと思いました。)

毎朝、新型コロナウイルスの感染の終息を願って、祈願祈祷していますので強い味方ができました。毎夕、鐘をつきまして、同じく感染の終息を願っています。朝の太鼓を叩くのもかなり腕は使いますが、新型コロナウイルス感染の終息を心から願って、儚い努力をしている僧侶がここにもいます。
皆様、どうぞ、このコロナに感染なさいませぬよう。油断は禁物ですね。

「除病品」

 佛告菩提樹神善女天:「諦聽!諦聽!善思念之。是十千天子本願因緣,今為汝說。善女天!過去無量不可思議阿僧企耶劫,爾時有佛出現於世,名曰寶髻如來、應、正遍知、明行足、善逝、世間解、無上士、調御丈夫、天人師、佛、世尊。善女天!時彼世尊般涅槃後,正法滅已,於像法中,有王名曰]天自在光,常以正法化於人民,猶如父母。是王國中,有一長者名曰持水,善解醫明,妙通八術,眾生病苦,四大不調,咸能救療。善女天!爾時持水長者,唯有一子,名曰流水,顏容端正,人所樂觀,受性聰敏,妙閑諸論,書畫算印,無不通達。時王國內有無量百千諸眾生類,皆遇疫疾,眾苦所逼,乃至無有歡樂之心。善女天!爾時長者子流水,見是無量百千眾生受諸病苦,起大悲心,作如是念:『無量眾生為諸極苦之所逼迫,我父長者,雖善醫方,妙通八術,能療眾病,四大增損,然已衰邁,老耄虛嬴,要假扶策,方能進步,不復能往城邑聚落救諸病苦。今有無量百千眾生,皆遇重病,無能救者,我今當至大醫父所,諮問治病醫方祕法,若得解已,當往城邑聚落之所,救諸眾生種種疾病,令於長夜得受安樂。』時長者子作是念已,即詣父所,稽首禮足,合掌恭敬,却住一面,即以伽他,請其父曰:

「『慈父當哀愍,我欲救眾生;今請諸醫方,幸願為我說。云何身衰壞,諸大有增損?
 復在何時中,能生諸疾病?云何噉飲食,得受於安樂,能使內身中,火熱不衰損?
  眾生有四病,風黃熱痰癊;及以總集病 云何而療治?
  何時風病起?何時熱病發?何時動痰癊?何時總集生?』
「時彼長者聞子請已,復以伽他而答之曰:
「『我今依古仙,所有療病法; 次第為汝說,善聽救眾生。三月是春時,三月名為夏,
 三月名秋分,三月謂冬時。此據一年中,三三而別說;二二為一節,便成歲六時。
 初二是花時,三四名熱際;五六名雨際,七八謂秋時;九十是寒時,後二名氷雪;
 既知如是別,授藥勿令差。當隨此時中,調息於飲食;入腹令消散,眾病則不生。
 節氣若變改,四大有推移;此時無藥資,必生於病苦。醫人解四時,復知其六節;
 明閑身七界,食藥使無差。謂味界血肉,膏骨及髓腦;病入此中時,知其可療不?
 病有四種別,謂風熱痰癊;及以總集病,應知發動時。春中痰癊動,夏內風病生;
 秋時黃熱增,冬節三俱起。春食澁熱辛,夏膩熱醎醋;秋時冷甜膩,冬酸澁膩甜。
 於此四時中,服藥及飲食;若依如是味,眾病無由生。食後病由癊,食消時由熱;
 消後起由風,准時須識病。既識病源已,隨病而設藥;假令患狀殊,先須療其本。
 風病服油膩,患熱利為良;癊病應變吐,總集須三藥。風熱癊俱有,是名為總集;
 雖知病起時,應觀其本性。如是觀知已,順時而授藥;飲食藥無差,斯名善醫者。
 復應知八術,總攝諸醫方;於此若明閑,可療眾生病。謂針刺傷破,身疾并鬼神;
 惡毒及孩童,延年增氣力。先觀彼形色,語言及性行;然後問其夢,知風熱癊殊。
 乾瘦少頭髮,其心無定住;多語夢飛行,斯人是風性。少年生白髮,多汗及多瞋;
 聰明夢見火,斯人是熱性。心定身平整,慮審頭津膩;夢見水白物,是癊性應知。
 總集性俱有,或二或具三;隨有一偏增,應知是其性。既知本性已,准病而授藥;
 驗其無死相,方名可救人。諸根倒取境,尊醫人起慢;親友生瞋恚,是死相應知。
 左眼白色變,舌黑鼻梁攲;耳輪與舊殊,下脣垂向下。訶梨勒一種,具足有六味;
 能除一切病,無忌藥中王。又三果三辛,諸藥中易得;沙糖蜜蘇乳,此能療眾病。
 自餘諸藥物,隨病可增加;先起慈愍心,莫規於財利。我已為汝說,療疾中要事;
 以此救眾生,當獲無邊果。』

「善女天!爾時,長者子流水親問其父八術之要,四大增損,時節不同,餌藥方法,既善了知,自忖堪能救療眾病,即便遍至城邑聚落所在之處,隨有百千萬億病苦眾生,皆至其所,善言慰喻,作如是語:『我是醫人!我是醫人!善知方藥,今為汝等療治眾病,悉令除愈。』善女天!爾時眾人聞長者子善言慰喻,許為治病,時有無量百千眾生遇極重病,聞是語已,身心踊躍,得未曾有。以此因緣,所有病苦悉得蠲除,氣力充實,平復如本。善女天!爾時復有無量百千眾生,病苦深重難療治者,即共往詣長者子所,重請醫療。時長者子,即以妙藥令服皆蒙除差。善女天!是長者子於此國內,治百千萬億眾生病苦,悉得除差。」

 

 

コメント (2)