五色の風

町歩きを中心に、日々の出来事を綴ります。 
(C)ナナマガラー All Rights Reserved.

冬の長期不在は大変

2019-12-15 21:09:12 | 日々のもろもろ

今日は18時15分釧路駅前着の高速バスで帰還。

帰宅するための路線バスは18時50分発なので、一瞬、タクシーの誘惑に負けそうになったけど、年末ということで何かと物入りになりそうなこともあり、ターミナルの待合所で時間を潰してバスで帰宅。

年末年始の帰省時も同じバスで帰還予定だけど、そのときはどうかな・・・、誘惑に負けないようバスで帰ってくるように努めよう。

 

部屋に入ってみると、室内の温度は7度でしたが、温度よりも気になっていたのが、2月の帰省以来10か月ぶりとなる水落とし。

やり方がまずくて部分的にでも凍らせていないか、きちんと復旧できるか少し心配だったけど、何とか大丈夫でした。

これからの季節は、長期不在じゃなくてもこまめに水落としをする必要が出てくるので、凍らせてしまわないよう気を付けねば。

 

 

体を早くに温めるため、帰宅早々の夕食は、土鍋で味噌煮込みうどん。

先週木曜日に、賞味期限の長いのを買っておいたのでそれを使ったけれど、年末年始は一週間不在にするので、帰省前に買い置きするのは難しそう。

まだ先だけど、1月4日(土)の夕食は何にしようかなあ・・・。

コメント

楽しめた土曜日

2019-12-14 18:45:32 | 日々のもろもろ

先程、釧路市内で、いつも私が利用する系統のバスがスリップ事故を起こしたとのニュースを見てビックリ。

現場は、私が下車する停留所からずっと先なんだけど、釧路駅前から私が下車する停留所までの間にも危険な場所はあるので、ちょっと怖いです。

明日は、高速バスが定刻に付けば、ちょうど今ぐらいの時間帯にバスに乗るんだけど、何事もありませんように。

 

今日は、うちの娘がランウェイを行進するイベントを観てきました。

掲載はできないけれど、写真もしっかり撮れて楽しめました。

 

 

イベントの帰りに妻と一緒に入ったお店の「晩酌セット」のメニューである、「刺身五点盛り」。

私はアルコールは飲まないのでソフトドリンクだけど、美味しくいただけました。

コメント

不吉な日?

2019-12-13 17:12:26 | 日々のもろもろ


今日は、このブログのURLの日。

といっても、開設記念日ではなく(開設記念日は5月21日)、開設の前年「特捜戦隊デカレンジャー」で、デカイエロ=ジャスミンを演じて大ファンになった木下あゆ美さんの誕生日から取っています。

ということは、もし今新しいのを作るとしたら、近江ちゃんこと近江友里恵アナの誕生日である「0726」をURLに・・・って、そういう話ではなく・・・。(失礼)


今日は金曜日、「13日の金曜日」なんですね。

昭和48年(1973年)7月13日金曜日に生まれた私にとっては少々複雑なのだけど、世間的には、「不吉な日」としてのイメージが定着していることかと思います。

 

そこで、かつて「アメリカ横断ウルトラクイズ」の東京ドーム予選で出題されたこんな問題を。


「13日の金曜日は、毎年必ずある」(◯か✕か)


調べてみましょう。


3月1日が日曜日の年


3月1日が月曜日の年


3月1日が火曜日の年


3月1日が水曜日の年


3月1日が木曜日の年


3月1日が金曜日の年

 

3月1日が土曜日の年


ははあ、確かに全部にありますね。

ウルトラクイズでは、この問題は見事に◯と✕が5:5、真っ二つに割れていたのだけど、正解は◯なのであります。

だからどうしたってわけでもないかもしれないけど、何かの役に立つかもしれない(そうか?)ので、ご参考までに。


※3月1日を基準にしたのは、それ以前の日だと、平年か閏年かによって3月1日以降の曜日配列が異なり、二パターン紹介しなければならず面倒なので。

コメント

朝の釧路川

2019-12-13 07:02:18 | 日々のもろもろ

 

 

 

 

朝の幣舞橋と釧路川。

6時にアパートを出たので、バス乗車前に撮ってみました。

強風も収まり、穏やかな一日になりそうです。

コメント

「健」

2019-12-12 18:54:03 | 日々のもろもろ

「今年の漢字」は「令」(NHK NEWS WEB)


無難な所に落ち着いたかなという感じですね。

新元号になって8か月。自然災害とか色々とあったけれど、来年は穏やかな一年であってほしいです。


さて、私の今年の漢字ですが、今年は、恐らくこれまでで一番だろうというくらい医療機関に通った年だったので、「医療」の「医」にしようかなとも思ったけれど、そうしたことを通して自分の健康というものについて考えさせられたこと、また、私の父親も、今年、ある病気で手術を受け、やはり健康の大切さを実感したということもあり、


「健」


にしてみました。

今年一年のことも踏まえ、来年はより一層健康管理に努めていきたいと思いますが、まずは、先日書いた人間ドックの再検査が気になるところなので、これは、来週月曜日に受けてきます。


さて、今週末は明日から札幌に帰省。

明日は諸事情により早朝6時台のバスに乗りますが、まだ道内で強風が続いていると思うので、高速道路も速度制限が出ていて、到着が遅くなるかもしれません。

ま、いいでしょう。明日は特に決まった予定はない(明後日はある)ので、無事に帰ってのんびりできれば。

 

今回は、いつもの「スターライト釧路号」ではなく、一社運行の「ニュースター号」なので、運行会社の予想はないけれど、何もないと張り合いがないので、座席の予想でもしてみようかな。

一人がけの椅子で、向かって右側、左側、真ん中の三列になっているのだけど・・・、行きは右側、帰りは真ん中と予想してみました。

果たして結果は・・・。

コメント

元日に向けて

2019-12-11 19:29:21 | 日々のもろもろ

注文していた年賀状を受け取ってきた。

説明書をよく読んでいなかったせいで、考えていた以上の出費になってしまったけれど、これは自分が悪いということで諦め、週明け、帰省から戻ったら書き始めて、来週末ぐらいに出せれば、元日には問題なく配達されるかなと思います。

元日といえば、こういうニュースが。


セブン‐イレブン 元日休業 都内約50店舗で実証実験へ


賛否両論あると思うけど、少なくとも都市部に関しては、いいと思いますよこれは。

オーナーさんや店員さんだって元日ぐらいは休みたいだろうから、利用する側が意識改革をすることで、こういう動きが定着していけばよいのかなと思います。

個人的に自分の家族の話をすると、我が家は、正月はそれぞれの実家で別々に過ごすので、私の元日は、両親と一緒に午前中に北海道神宮に初詣に行き、神宮の側で昼食を食べ、コンビニでスポーツ新聞を買って帰るというのが定番だけど、別にどうしてもスポーツ新聞を買いたいという拘りがあるわけではないので、仮に札幌でもコンビニが休業になっても、特段困りはしないかなと思います。

なので、今度の元日も、基本的には定番の行程でのんびり過ごすことになるかと思います。

 

もう一つ元日といえば、今年は、正月恒例の「ブラタモリ」と「鶴瓶の家族に乾杯」のコラボ番組は元日に放送されるようです。

元日の夜は、特段定番の番組はないので、今年はこれで楽しみたいです。

そうそう、近江ちゃん(近江友里恵アナ)の出演番組をしっかりとチェックしなきゃ。

前回の元日は、「NHKスペシャル」で、「ブラタモリ」以来9か月ぶりにタモリさんとの共演があって話題になったけど、今年も何かあるかな・・・。

コメント

パブリックアート3

2019-12-10 19:58:53 | 釧路&釧根地方

 

北大通のパブリックアートの紹介の第三弾。

個性的なオブジェが多数見られて興味深いです。

 

 

 

作者名の表示がありませんが、札幌で活動されている浅井憲一さんという方による「川」という作品。

釧路市内で配布されている「街歩きART MAP」によると、「水辺の町釧路を表現した」とあります。

 

 

 

 

 

中江紀洋さんによる「希望」という作品。

釧路市内の小学生からイメージデザインを公募したものだそうで、丹頂鶴が羽を伸ばしたような、希望に満ちたイメージを表現したとされています。

 

 

 

これはまた可愛らしい「つるつる小僧」というオブジェ。

両目の位置が絶妙な感じで、見てみると心が和む気がします。

 

 

「つるつる小僧」があるのは、北大通沿いではなく、幣舞橋の手前にある「ホテルラビスタ釧路川」の裏。

毎朝通勤時にこのホテルの前を通るのだけど、ちょうど朝食のバイキングの時間帯で、時に「美味しそうだなあ」と思いながら見ています。(笑)

 

釧路市内には、北大通の他にも、個性的な彫刻やオブジェが多数設置されています。

また機会を見て紹介していきたいと思います。

コメント (2)

今年のドック

2019-12-10 18:58:22 | 日々のもろもろ

一週間前に受診した人間ドックの結果が届いた。

前回、肝臓と膵臓がエコー検査で引っかかり、再検査を受けたけど、病院によっては、毎年毎年同じ項目で引っかかり、その度に再検査を受けては異常なしということを繰り返して実に馬鹿馬鹿しいということもあると聞いていたので、もしかしたら今年もかなと思っていたら、今年は、変化なしということで引っかかりはしなかった。

 

今回一番気になっていたのが、前立腺がんや膀胱がんで異常値を示すという「PSA」という腫瘍マーカー。

残尿感や頻尿、排尿時の痛みなどはおかげさまで改善され、泌尿器科のCTやエコー検査では、少なくとも前立腺や膀胱の表面には腫瘍が見られる様子はないと言われていたが、前立腺や膀胱の内部に腫瘍ができている場合は、CTやエコーでは完全には確認できないこともあると言われていたので、この検査が一番気になっていたのだけど、結果は全くの正常値、それも前回よりも大幅に良くなっていたので、これで泌尿器系の異常は、がん(腫瘍)という最悪の状態が原因である可能性は消えたといってよいと思いたい。

来週次の受診があるので、そこで今後のことを考えたいと思います。

 

なんだけど、今回もまた、思わぬところで引っかかってしまいました。

何かと言うと、肝臓の数値。

具体的な数値は書かないけれど、他の項目と比べてみると、肝臓がんや肝炎などで異常値を示す「AFP」という腫瘍マーカーは正常なので、「?」と思ったのだが、ここで思い出したのが、急性肝炎で1か月入院し、その後も通院検査でを続けた22年前のこと。

肝臓の数値がすっかり正常になったので退院した後、何度目かの通院検査で数値が再上昇していたので、詳しく診てもらったところ、同時期に服用していたアレルギー性鼻炎の薬の副作用である可能性が高いと言われ、実際にその薬の服用をやめると、また自然に数値が下がっていたということがあった。

これを思い出したので、もしやと思って調べてみたところ、あらら、今服用している泌尿器科の二つの薬のうち一つが、肝臓への負担が大きくて数値が上昇することがあるというのが出てきましたよ。

ということで、油断と自己診断は禁物だけど、せめてこれであってほしいと思いながら、再検査を受けることにします。

来週月曜日の泌尿器科通院に合わせて、可能なら同じ病院の内科で診てもらえれば、院内で連携してもらえるだろうからよいかなと。

 

これら以外の項目では、血圧は例によって低く、上が94で下が64。

でも、実は安堵してたりします。

月1の泌尿器科通院のときに毎回測定しているのだけど、10月11月と二回続けて上が110前後だったので、もしかするとこのまま上昇を続けて・・・なんて心配が頭を過ぎっていたので、アベレージどおりの数字が出てくれて安堵というわけでした。

因みに、これまでの最低記録はこちらです。

また、体重は53.8kg。BMIでギリギリ「標準」でした。

コメント

パブリックアート2

2019-12-09 19:05:22 | 釧路&釧根地方

 

北大通に設置されているオブジェの紹介。

次はこの作品。

 

 

 

中川伸一さんという方による「地球」という作品です。

 

 

このオブジェの注目すべき点は、この地球儀。

この写真では、南北アメリカ大陸が正面に来ていますが、

 

 

この写真では、ハワイ周辺が正面に来ています。

そうです、この地球儀は、手で動かすことができるのです。

テレビ番組で紹介されていたのを見て、私も「回してみたい!」と思っていたのだけど、結構重いです。

 

 

 

 

ちょっと擦れてしまっていますが、釧路市在住の彫刻家、中江紀洋さんによる「未来」という作品。

 

 

人間の耳のような形をしていますが、これは一体・・・。

 

 

 

池田譲さんという方の「湿原」という作品。

湿原を蛇行する川など、水をイメージした曲線が描かれています。

 

色々な作品がありますね。

「はこだて検定」では、このような「パブリックアート」もテキストに掲載されているので、「くしろ検定」でも、テキストには掲載されていないけれど、もしかしたらと思って勉強してみたのだけど、少なくとも前回は出題されませんでした。

私個人的には、これらも題材としてテキストに掲載されてもよいように思います。

コメント

パブリックアート

2019-12-08 15:14:11 | 釧路&釧根地方

 

 

JR釧路駅へ続くメインストリートの「北大通」。

シャッターが下りている店も多く、往時の賑わいはどこへやらといったところですが、この界隈を散策していると、面白い発見もあったりしています。

 

 

通り沿いにあるオブジェ。「パブリックアート」とも言ってよいかと思います。

 

 

 

まず最初のこちらは、染谷昭司さんという方による「海」というオブジェ。

釧路の基幹産業である漁業の舞台である太平洋のように、静かで雄大な広がりを感じさせるものとなっています。

 

 

作者名と設置年が台座に表示されています。

 

 

続いてはこちら。

 

 

 

加納秀美さんという方による「人間」という彫刻。

釧路の広大な空の下で、笛の根を奏でる少女の姿を表現しています。

 

 

 

 

 

 

畑江俊明さんという方による「湿原」というオブジェ。

釧路湿原に力強く生える植物の息吹が感じられ、様々な色で構成することで、釧路湿原の生物の多様性が表現されるものとなっています。

コメント