バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

本日

2018-05-28 | 営業時間等のご案内
本日月曜日事情により7時半開店となります。
よろしくおねがいいたします。
フードメニューは『ハチミツ生姜チャーシュー』600円『ポテトミートグラタン』600円『タマネギ乗っけた厚揚げ焼き』400円『スモークタンのサラダ和え』550円『焼きエリンギ』400円『肉そぼろチーズピザ』600円『ゆず味トマトサラダ』350円『チリビーンズ』550円『酒盗ピザ』650円などなどです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜は古田&ヤス+優三!!

2018-05-27 | イヴェント案内
今夜、日曜日は古田&ヤス+優三!!
5月27日(日)
古田&ヤス+優三
出演 古田光郷(BOUND from京都 exなまず兄弟)中野靖之(exなまず兄弟)+吉岡優三(dr)

開場19:00 開演19:30 料金2000円(+要1drinkオーダー)
★思わず「気絶するほどカッコイイ!」なんてバイユーブログに書いてしまった2月に続き京都から古田光郷さんがやってきます!
現在京都にて30年の時を経て復活した『BOUND』を率いて活躍中、ついに新生バウンドのニューアルバムも発表した!!古田さん。かつてはバイユーからスタートした『なまず兄弟』を率い、東京で熱く活動していました。バイユーには何度も出演し、開店して日の浅い店をガンガン揺らしてくれたものです。
俺の大好きなギタリストヤスくんとのデュオはソウルフルな歌と、ファンキーでブルージィなサウンドで最高です。オススメします!是非に!!今回も弟分?吉岡優三(exMONSTER大陸 他)を加えたトリオで心と身体を揺さぶってくれます。必見!!

どちらもお待ちしております!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マクドネルvs井上を録画観戦

2018-05-26 | ボクシング
英米生中継。海外のボクシングファンに当たり前のように注目される世界戦。
なんとかうまく情報断ちしてたどり着いた、明け方のジェイミー・マクドネルvs井上尚弥。
背筋が凍る。
40年ボクシングファンとしてこんな日を待ちわびてきたのに、いざとなるとただ驚くばかり。
凄い…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜は通常営業。明日金曜日は久しぶりのストーンズナイト開催です!

2018-05-24 | イヴェント案内
今夜木曜日は通常営業。
明日金曜日は久しぶりのストーンズイベント開催です!
5月25日(金)
〜俺に◯◯をかけさせろ&語らせろ!#2〜
『俺にストーンズのUKオリジナルシングル盤をかけさせろ&語らせろ!』
ホスト:渡辺紀男(音盤愛好家、Berry)山本慎也(音楽ライター、山本慎也ブルースバンド)

※デビューから1986年までのイギリス盤シングルすべて、およびUSシングル盤の多く、その他promo盤、12インチなどなど(激しく貴重な10インチEP盤×3枚もあります!)をご用意いたします。
入場無料 19:00開店 20:00スタート drinkオーダーをお願いします。
★バイユーのステージで開催するお客様参加型DJ会の第2回。普段なかなかお目にかかれないローリングストーンズUKシングルオリジナル盤を(渡辺紀男さんコレクション)ズラッと用意して、リクエストを受け、バイユーの真空管アンプでガツンと聴いて行こうという企画です。(モノラルカートリッジ有りです)

これらの普段なかなか聴けない音源をリクエストして聴くだけも良し。ですが是非、かけつつその曲への思い入れ、思い出を熱く語っていただければ幸いです。
マニアックな知識は必要ありません。
「ストーンズ嫌いじゃなければ誰でも」参加可。個々人のその曲の思いをぶつけあいながらそれを楽しむ夜となります。
同じ曲が何度かかってもOK。ご自身の思い入れを語って下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水曜の夜にロイキの新作発売を祝う!

2018-05-23 | イヴェント案内

今夜水曜日の夜はロイキ先輩が大阪からやって来ます!
5月23日(水)
ROIKI〜16年振りのアルバムリリースをバイユーでも祝おう!の会〜
出演:ロイキ

開場19:00 開演20:00 料金 1500円(+1drinkオーダー)
★現在は大阪在住のグレイトブルースミュージシャンのROIKI。デルタスタイルをベースとしながらオリジナリティ深くて繊細な弾き語りによるブルース表現。
近年の充実振りには毎回感激しております。こんなブルースプレイヤーってなかなかいるもんじゃないです。
そんなロイキさんが16年振りとなる新作『Bootleger』をリリース後初めてバイユーへやってきます。
土佐の高知出身でバイユー店主の高校のセンパイでもある彼の(イベント等での)プロフィールにこの10数年!「久しぶりの3枚目のアルバムを近々リリース予定!」と何度書いたことでしょう。私、立派な嘘ツキになってしまいました。
そんないきさつのある久し振りのニューアルバム発売を祝って集い(レコ発LIVEはジロキチで開催済)じっくりたっぷり聴きましょうという会です。
ダブルのお祝いも??皆さん是非。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱く日曜の夜を!

2018-05-20 | イヴェント案内
今夜日曜日は熱くLIVE営業です。
5月20日(日)
小川洋一郎 / 近田崇仁(はいからさん)

開場18:30 開演19:30 料金2000円(+1drinkオーダー)
★「熱血ライブ!」で全国のバーライブシーンを賑わしている小川洋一郎さん(exキングサイズ、ゴールドラッシュ)と飄々とした風貌ながらシャウトしジャンプする熱いライブを繰り広げる近田崇仁が真っ向からぶつかります。暑くて熱いライブになるはずです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜はチャリティオープンマイクショウ!

2018-05-17 | イヴェント案内
今夜のバイユーはチャリティオープンマイクショウ!
お待ちしております。

ヒデキが逝ってしまったのはやっぱり寂しい。
これが「世代」というものか…。
5月17日(木)
三鷹バイユーゲイト チャリティ企画 61
~『こころの青空募金』への募金イベント7~
『バイユーオープンマイクショウ!』

開場19:00 開演20:00 入場無料(+1drinkオーダー)
★今回は収益の一部を児童養護施設で暮らす子供たちの支援活動をしている『こころの青空基金』へ募金いたします。いつもの方も初めての方も~この機会にバイユーのステージに是非!
※募金箱を設置いたします。ご協力いただければ幸いです。
※演奏者の方には500円の参加費をご負担いただきます (募金とさせていただきます)
※1人1曲~2曲(回数も同じ)でお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜月曜通常営業。明日火曜はバイユー演芸会です!

2018-05-14 | イヴェント案内
今夜月曜日は通常営業。
明日5月15日火曜日はライブ営業。
5月15日(火)
宝井一凛&バイユーゲイト Presents
『バイユー演芸会その5』
出演:宝井一凛(講談師)
ゲスト:双六亭アコースティック

開場19:00 開演20:00 料金1500円(+1drinkオーダー)
★あの田辺一鶴の最後の弟子の一人、宝井一凛さんの講談を中心にバイユーで演芸会を!と始まったこの企画。
着物の似合うキリリとした出で立ちの講談師でありながら…かなり本気のロック姉御な裏のカオ?も持つ彼女。バイユーでブルースイベントのMCをして下さったこともありました。
そんな一凛さん。「せっかくバイユーだから音楽の方と一緒にやれれば嬉しい」と…
今回のゲストはバーライブ界隈では著名な腕利きメンバーが集まったグレイト歌モノバンド『双六亭』。バイユーでは勝手に東京バーライブシーンのブリンズレーと呼んだりもしていました。演芸好きの彼らからの立候補で決まった今回の出演。いつもと少し違ったアコースティック編成で登場します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バカバカしいけど楽しかった!ザ・エチケッツ!!

2018-05-14 | ライヴ報告
連休明けの平日5月10日は初登場のザ・エチケッツのLIVEでした。

長崎在住スイスギターズのタケちゃんと北海道在住の佐々木新ちゃんが組んでる遠距離デュオ。
テーマは野球。ライブは試合。曲順は打順。アンコールは延長戦。
とにかく楽しめる。
そんなウワサを何度か耳にしてはいたのですが。
百聞は一見に如かず。

体験してナンボ。確かに楽しめました!

※まずはゲストアクト『喉黒一』、まっすぐな歌声が心地よかったです。ロック愛、感じたものです。

登場!

バカバカしいけど、ロックンロール愛に溢れた野球主導ライブ。

バカバカしいけど素直に響いてきました。
遠距離で作り上げたとは思えない野球ネタの数々、
そのどれもがバカバカしいけど素直に盛り上がってしまう。
演奏は素敵。野球愛も素敵。
凄い二人です。

※斬新なハーモニカマイク!マックスウェルストリートの音がする!?

アンコールでのヒーローインタビューには笑った!
バットを使ってのスライドギターソロには驚いた!!単音で弾くのは凄い(笑)
練習したんだろうな〜。何よりバット持って旅をしてるのが凄い!

そんな二人は弾けるロックンロールなデュオでもあります。
野球を愛する方ならさらに楽しめます。
百聞は一見に如かず!

バカバカしいって連呼してゴメンナサイ。とても楽しかったのです。
散りばめられたメッセージも響きました。

音楽と野球を愛する方は次の機会に是非!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バイユーゲイトのローリーロールバンド、最高でした。

2018-05-14 | ライヴ報告
5月6日、連休最後の夜はローリーロールバンドがバイユーにやってきました。
待ち構えていたお客さんを前にロックンロールショーが開催されました。


なんというか言葉が見つからない。

最高。最高でした。

素晴らしいサウンド。
素晴らしい演奏。
素晴らしい楽曲。
素晴らしいロックンロール。

それ以外に言うことがあるのだろうか?って感じ。

これらがバイユー史上最大の音量で繰り広げられました。
ステージからの直線が極めて短い店での最大の音量。
全くうるさくありませんでした。
絶妙の音色、演奏の押し引き。
楽曲の良さを際立たせる明瞭な歌声。
言葉のキレさえも楽曲の一部だ。

ローリーさんがこんな練り上げたバンドサウンドで弾き歌う姿をこんな狭い店で聴けるなんて
オキナワ、いや。コザか浦添かここは!?

凄いギターだった。全てのフレーズにビートがある。
ベースのグルーヴにスムースに乗っかり絡みつくようなリフやコードワーク。
あっという間に歌に引き込まれます。

2ステージ、正味2時間半。たっぷりと聴いて大満足なはずなのにもっと聴きたかったです。

当たり前すぎて、何度も記してバカみたいだけど。最高でした。
とにかく最高。

自分にとってベストオブベストな感じでした。

途中から、店内で一緒に盛り上がってる方々より
その場に居ない観て欲しかった人、いや観ると衝撃を受けただろう人たちのことが頭に浮かび
あー!!!今から数曲だけでもこの音楽を聴かせたい!と歯がゆく思ったくらいでした。

それくらいに素晴らしかった。

しばらく余韻から抜け出せなかった俺でした。

次の機会、なかなか実現が難しいと思いますが
またぜひ、と心から願っております。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜はザディコキックスとBerryのLIVEです。

2018-05-12 | イヴェント案内
本日土曜日は私店主所属のバンドBerryと敬愛するザディコキックスの2バンドによるLIVEを開催します。
楽しみでたまらない!
8時開演、よろしくお願いいたします。
5月12日(土)
ZYDECO KICKS / Berry

開場19:00 開演20:00 料金 1000円(+1drinkオーダー)
★バイユーといえばザディコ!ルイジアナのダンスミュージックザディコはバイユーゲイトにとってとてもとても大切なものなのです。そんなザディコを最高に楽しく聴かせてくれる日本ナンバーワン・ザデイコバンド、ザデイコキックス!久しぶりのバイユーLIVEです。共演は店主所属の南部色強めのロックンロールバンドBerry。バーライブの魅力たっぷりの組み合わせと自負しております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日木曜日はライブ営業『ザ・エチケッツ』がやってきます。

2018-05-10 | イヴェント案内
本日5月10日木曜日はライブ営業いたします。
5月10日(木)
ザ・エチケッツ / 喉黒一(ノドグロハジメ)

開場19:00 開演20:00 料金 2000円(+1drinkオーダー)
★スイスギターズでバイユーにもお馴染み武内正陽が噂のザ・エチケッツで登場!共演としてノドグロハジメを連れて来てくれます♪以下にプロフィールを!野球好きの方必見!!
ザ・エチケッツ:佐々木新 from 北海道 / ボーカル・ギター・ハーモニカ&武内正陽 from 九州 / ギター・ボーカル・バット
日本ハムファイターズを愛する佐々木と、ソフトバンクホークスを愛する武内の2人による、プロR&R球団。ライヴを「試合」、曲順は「打順」、アンコールは「延長戦」、打ち上げを「祝賀会」、と呼ぶ。2011年球団創立。2012年、1st球団グッズ「エチケッツ」発売、2014年3月28日、プロ野球開幕の日に、2nd球団グッズ「whisky swing out」発売。2013年には、プロ野球12球団の本拠地を制覇。ユニフォーム着用・鳴り物・ジェット風船使用の応援も大歓迎の試合を全国で展開中。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州震災復興義援金入金報告。

2018-05-10 | チャリティ報告
バイユーゲイトチャリティ報告です。
先日、チャリティオープンマイクで集まった募金と店頭募金箱のお金を合わせた
21700円を九州震災復興義援金として熊本ワンドロップさんが主宰する『がまだせ熊本一雫基金』に入金いたしました。
ご協力いただいた皆様に感謝いたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はいさいFESTAのローリーロールバンド!

2018-05-10 | ローリー/The Waltz
5月5日こどもの日は久しぶりの川崎クラブチッタへ。ローリーロールバンドを聴きに行ってきました。
今の固定メンバーによるローリーロールバンドを観るのは初めて。
開演が近づくと興奮からか落ち着かない俺。
お客さんもいっぱい!

トップは『きいやま商店』。
永遠のトップバッターと紹介されたけど登場するだけでもの凄い盛り上がり。

実は彼らを東京で観るの初めて。今の人気をわかってはいたけれど感動。
※この日一番お客さんが騒いで盛り上がったのは彼らだったように感じました。
マスト、すげーな!
大ちゃんもリョーサも元気いっぱいで弾けてる。
遠目だけどハッキリわかるベースはヘンザンだ!!

3曲めからゲストギタリストにローリーさんが登場。

まるでセンターステージのストーンズのようだ。

たくさんのお客さんの前でローリー&マスト、そしてヘンザン。この3人と何度も何度もライブを企画した自分としてはなんとも感慨深い絵だ。

最後はオキナワロックンロール!これまで以上の凄い盛り上がり。

あのオキナワロックンロールにこれだけたくさんの人が熱狂し、歌っている。しかもギターはローリーさん!
こういう状況なのは知識としてはわかっていたけどとても平静ではいられませんでした。バカだな俺!

胸がいっぱいになったままセットチェンジを待つ。
MCの幸田さんが熱く、長いことローリーロールバンドの紹介をしている。

いよいよローリーロールバンド初来日公演スタート。イントロのコードが掻き鳴らされて「!」リフが始まって興奮で倒れそうになる。
『最後の奇跡』。数日前からチッタの1曲めには何が相応しいんだろう…と勝手に考えを巡らせていた、忙しいようでヒマな俺。
その生産性のない考えの行き着いた先がこの曲だった。
〜押しつけがましい美しさは知らぬ間に誰かを傷つけてる。
初めて聴いた時に耳に突き刺さってきたあのフレーズが人で埋まったクラブチッタに響く。
そのまま間髪入れず『カメジロー』。
怒涛のハード攻勢。アメリカ統治下で沖縄の人々のため未来のために闘った不屈の男カメジロー、伝説の男カメジロー。
そんな瀬長亀治郎を歌ったハードにドライヴするロックンロール。泡盛片手に楽しく騒いでいた会場にいきなり激しく切り込む。
凄いテンションだ。
そこから一転「オキナワから星空を持ってきたんで今からばらまきます!」とスウィートでロマンチックなポップチューン『星空に書いたラブレター』。
イントロのギターフレーズで空気が一変する。そう!こういうロックで素敵なポップスもローリーの大きな側面。
緩急にもほどがある、かもしれないけど俺は「いいぞ!最高!!」と思って聴いていました。
一瞬で空気が変わる美しく切ないメロディ。その香りを残したまま『週末はA&Wで』が登場。
「A&Wの曲!?」と沖縄好きのお客さんたちが反応したのがわかる。なんと本来のアメリカンポップスアレンジではなくスカバージョンだ。うーんバンドだなぁ!というサウンド。
『カメジロー』から僅か1曲を挟んで〜我が心のふるさと憧れのアメリカ。と印象的な決めのフレーズが何度も歌われる。
これぞローリーというメロディに歌世界。
間髪を入れずR&Bテイスト満載のロックナンバー『恋をしようよ』へ。
〜世界中どんな人だって愛する人が必要なのだ黒い人白い人黄色い人そんなの関係なーいのだ!とブルースブラザーズと赤塚不二夫への?オマージュを模して歌うローリー。
最後は…ファンキーソウル!いやファンクチューン!!懐かしというか埋もれた名曲。〜世界の見物人は涙を流しながらマクドナルドを食べてる。賛同者が多いだけで成り立ってる。と歌われる『真っ黒な腹のトナカイ野郎』。これには驚いた。
〜HeyHey奴らをつまみ出せよ。サビが耳に飛び込んでくる。突き刺さるローリーのギター。ベースとドラムとキーボードが一体となったグルーヴ。最高だ!

計6曲。凄い選曲、サイコーのライブだった。

急激な展開の連続に「なんだこの人は!?」とただただ驚いた人もいるかもしれない。

でも、これまでローリーを知らなかった人で
「分かるのに出会っていなかった」人にとっては
あっという間に全てを理解することのできる6曲だったと思う。

必ず、幾人かは激しく打たれたはずだ。そんなライブだった。

会場、場の雰囲気に対しての選曲、ライブのクオリティ
全てに鑑みて最高のライブでした。

いろんなことがわかっているつもりだったのに俺も激しく打たれました。

感動したとかじゃないんだよ。
打ちのめされたのです。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンダンス企画!大満足!!

2018-05-09 | ライヴ報告

連休中の5月3日はバイユー最近のオススメ『The Sundance』による企画LIVEでした。
彼らが連れてきてくれたのは人気ロックバンドPEALOUTのボーカル近藤智洋さん。そしてゲストギタリストとしてBlind Bug Slim。
熱気渦巻く素晴らしいライブでした。そう素晴らしいってのが極めて適切な、良いライブでした。

ホストのサンダンスの東くんが1曲歌ってスタート!この夜のゲスト近藤さんを呼び出す。

アコースティックギターを抱えた近藤さん、バンドのイメージとは違って日本語のフォークロックを上質に聴かせてくれました。繊細な曲も荒々しい曲もどちらも上質。
至近で聴くファンはかなりの満足度だったように見受けられました。僕もカウンターの中で聴き入ってしまいました。

休憩を挟んでサンダンス。

やっぱり彼らはイイです。繊細なコンビネーションに弾ける強力なボーカル!声が良くって曲が良いから釘付けです。特に新しいことをやっているわけじゃなくてルーツミュージックやロックンロールを愛することで生まれたソウルフルでポップな楽曲の数々。なのに個性的に感じるのはやっぱり東くんの声なのかもしれません。そしてドラマーが抜けたことによってアコースティック楽器に持ち替えることになったのも良い方に働いているのかもしれません。勝手な感想ながらバンドの時の音源より楽曲が個性的に感じられるのです。
両アクトにゲスト参加したBlind Bug Slimもさすがのギタープレイ!

最後は全員で。

いやー、楽しみました!仕事中なのに!!(笑)
僕以上に楽しんでいたのが従業員クロちゃん。彼女の好みど真ん中では?と思っていましたが、大アタリだったようで終始ノリノリ。
ほとんどお客さん状態でしたが、大目に見ることにしました〜♪
終演後の感想は「カッコ良すぎて死ぬかと思ったー」だそうです!!

サンダンス、オススメです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加