バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

サンズトレインの馬場俊英が紅白出場!

2007-12-05 | 日記・エッセイ・コラム
今朝起きたら、いきなり喜ばしいニュースが耳に飛び込んできた。
サンズの馬場くんが年末のNHK紅白歌合戦に出演することになったとのこと。 ”くん”といっても特に親しい友だちではない。同学年なもんで、当時からなんとなく「サンズのヴォーカルの馬場くん」と呼んでいたというだけのことだ。

20年近く前の吉祥寺あたりの若手バンドマンなら覚えているでしょう。サンズトレイン。当時、とても好きだったこのバンドからソロになって、今でもずっと歌い続けていることは知っていた。メジャー進出した時のシングルは入手したしアルバムも聴いた。その後契約切れとなったものの尚、勢力的に活動していることもチェックしていたし、バナナホールのスケジュールを見てなんとなく安心したりもしていた。
ソロ転向後の彼にとって決して”良いリスナー”ではなかったが…そう、なんとなくずっと気にはなっていたのです。

…最近になって注目されていることは知っていたのですが、、、紅白!!

僕は紅白というブランドに対して普段は特になんの有り難みも感じることのない人間だけれど、自分の音楽を作ることと、商業的成功の狭間で苦闘して来た彼のようなミュージシャンやスタッフ達にとっては素晴らしく価値のある今回の出来事ではないかと思います。最近の『馬場俊英』の活動や(彼に関する)報道から受ける印象をみても、今後の活動にとって大きな意味を持つ紅白出場となるでしょう。

サンズトレイン。いいバンドでした。衣装がロックバンドっぽくない普段着だった頃が特に良かったな…。『空へ飛んでった』(?)なんかは今でも環八を通る時にはついつい口ずさんでしまいます。
俺よりずっと彼らに近かったAヨシや、いつも熱心に応援していたIノマタもこのニュースには驚き喜んでいるんだろうな。Sライちゃんはスポーツ紙で知るはずだよな…うんたぶん大丈夫。
今はサンズとは少し違う手触りの音楽を演っている『馬場俊英』だけど、大晦日のテレビで歌うのを観るのが今から楽しみです。今夜は久しぶりにサンズのレコードも聴いてみようと思います。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 大盛況&熱演!古道具LIVE | トップ | 玉川上水は冬景色 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
空へ飛んでった (福田)
2019-10-01 20:51:58
いきなりすみません。
私もサンズトレインの大ファンでした。
空へ飛んでったは、名曲であの世界観は格別です。

おの頃は、音源(カセットでしたが)持っていたのに、誰かに貸したら行方不明になってしまい。今も所在不明です。

もうずっと前のブログなので、目に留まらないかもしれませんが、なんだか嬉しくなってコメントしています。

もう一度、聴きたいなぁ。

心はぁ~ フラフラ~♪

コメントを投稿