バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

カンガとBerry!楽しみました。お客様も楽しんで頂けたなら幸いです。

2019-03-18 | ライヴ報告
3月9日土曜日はTHE KANGAと店主所属のBerryの対バンライブ。
カンガのフミちゃんは「バイユーでBerryとやるのが私の野望の一つでした」なんていってたけど、Berryも同じでした。
共演は3度目ですが、バイユーは初めて、そして2バンドだけでやるのも初めてでした。
先攻はBerry。フミちゃんをゲストにBig Bayouをやったりと何より演者が楽しいステージ。私はこの日リハーサル終了後に届けられたテレキャスターをいきなり使うという軽はずみさぶりで、ゆったりと楽しく演奏させていただきました。

写真のテレキャスター。高校時代にバラバラにパーツを揃えてバンド仲間の渡辺くんに作ってもらって一時使っていたというハンドメイド!のシロモノ。ネットなどの情報もない時代に地方都市の高校生が作ったギター。
のちにバイユーの真空管アンプを手がけることになる彼は昔から凄かったんですねー!

そんなこのギター。実家に眠っているのを昨年発見。治して?改造して?使おうと東京まで連れてきていたのでした。
そしてこの日ついに!20年来の友人でギター職人の上山良太の手により、まずは真っ当なテレキャスターとして再生を果たしたのでした。
高校生が作ったギターをプロが「完成しました」と言える状態まで仕上げるのはなかなか大変だったようで…。
感謝でいっぱいです。
そのギターを本番前に弾いてみると素晴らしい音!そして調整具合。一度完全にバラしてイチから組み直したギターはまさに生まれ変わっていました。

と、そんな感じで音楽やれる喜びいっぱいに良い時間を過ごした後は大好きなカンガのステージを飲みながら楽しみました。

ボブがんばれー!って思いつつ。

カンガ、やっぱり最高です。途中急遽Berryのバンマス、タッキーがゲストで参加する一幕も。

カンガの素晴らしいライブにお客さんも大いに盛り上がりました。

そうそう!この日は両バンドでベースを弾く長崎ボブ氏が気合を入れて臨んでいました。ベース4本、ベースアンプのヘッド1台を持ち込み『ボブナイト』『ボブ祭り』だとの声があちこちで聞こえました。

そして終演後は試し弾きやヴィンテージの匂いを嗅いだりと常に話題はボブズベース!

最後は記念撮影。

ボブ、満足気!

良い夜でした。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 田中vs田口戦。ワンサイドで... | トップ | 内田裕也とダン・ペン&スプ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
tele (Fulta)
2019-03-23 19:46:13
茶テレ、似合うね!
今度行ったときに見せて下さい。
Unknown (ゆう)
2019-04-08 09:08:27
はい!承知しました!!

コメントを投稿