バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

キャブ・キャロウェイ 1988年12月有明MZAの記憶 / LIVE MUSICの思い出を発掘 6 Cab Calloway

2021-05-13 | BayougateChannel youtube
バイユー動画チャンネルに新しい動画を公開しました。
今回のお題は
1988年のキャブ・キャロウェイです。
ご覧いただければ嬉しいです。
こちらから観ると文字情報も見られ、コメント等も可能です、是非に。
キャブ・キャロウェイ 1988年12月有明MZAの記憶 / LIVE MUSICの思い出を発掘 6 Cab Calloway
コメント

坂井祥紀選手のこれからに注目!

2021-05-13 | ボクシング
4月8日に行われたボクシング日本ウエルター級タイトルマッチ小原佳太vs坂井祥紀 戦をひと月遅れで観た。

フルラウンドを戦い終え、自分としては挑戦者坂井選手に分があったように感じたけれど
結果はチャンピオン小原選手の判定勝ち。

判定結果には正直疑問が残るが、好ファイトだった。

高校卒業後単身メキシコに渡り10年間彼の地でプロキャリアを積んできた坂井選手。
(WBC世界ユース・スーパーライト級王座を獲得している)
昨年帰国して国内ジム所属3戦目で挑んだ日本タイトルを残念ながら奪うことはできなかった。
しかしコロナ禍により試合数が激減している中、日本のボクシングファンに強い印象を残したのではないかと思う。

顔面の前で高くグローブを合わせた固いガードから繰り出すパンチは強さも軌道も魅力十分。
特に強く打ち切る左ジャブはほとんどストレート!で観ていて新鮮だった。
更にインパクトがあったのがガードを高く上げて自らのボディをあまり守らず相手に打たせるところ。ボディを打ってくる相手の顔面に強烈なパンチを返す姿には驚かされた。
抉るようなフックにも鳩尾へのストレートにもたじろぐことのない、まさに鋼鉄のボディ。

坂井選手はメキシコ、アメリカ、ベネズエラで30数戦を戦い、不当な判定で敗れたことも多いとのことでこれまで11の敗戦を経験している。
しかしKO負けはおろか1度のダウンも喫していないという。
その身体的タフネスぶりにも驚かされるが、打たれているように見えて絶妙な身体の使い方で決定打を許さない実戦的なディフェンステクニック?があるように感じた。
わかりやすくテクニカルには見えるわけじゃないけれど巧い!流石ナチョベリスタイン傘下だっただけはあるな、と唸らされた。
そしてメキシコでは必要とされたであろう勇気あるボクシングスタイル。右ストレートもコンビネーションも迫力十分。
なんとも魅力的な選手だと思いました。

終盤激しく打ち合ってコーナーに戻った後に見せた、インターバル中の笑顔には多くのボクシングファンが引き込まれたことでしょう。
俺はすっかりファンになってしまいました。

最初に書いたように判定結果に疑問は残るものの
小原佳太選手ももう一度世界戦線へ打って出るんだという気迫で立ち向かった見応え十分の日本タイトルマッチでした。

というわけで
坂井祥紀選手
覚えておいて損はないです!





コメント

ジョージア・サテライツ 1987年4月中野サンプラザの記憶 / LIVE MUSICの思い出を発掘5

2021-05-05 | BayougateChannel youtube
バイユーゲイトYouTubeチャンネルの動画、新しいのを(新作!なんていうほどのものではない)公開しました。
今回のお題は1987年のジョージア・サテライツ。ご覧いただければ幸いです。
こちらから観ると文字情報も見られ、コメント等も可能です、是非に。
ジョージア・サテライツ 1987年4月中野サンプラザの記憶 / LIVE MUSICの思い出を発掘5
コメント

お客様へのお知らせとお願い 2

2021-04-12 | 営業時間等のご案内
本日4月12日からは『まん延防止等重点措置』適用に伴い19時ラストオーダー20時閉店となります。
現実的にはご来店困難な時間帯ではありますが、完全休業はせずに営業日を絞って17時~20時の不定期で開店いたします。

今週は13日火曜日と17日土曜日に17時~20時(ラストオーダー19時)で営業いたします。
コメント

お客様へのお知らせとお願い 1

2021-04-12 | 営業時間等のご案内
ご来店の方々はお気づきかと思いますが、悩んだ末店頭にこのような表示をしております。


この3週間、お客様方から色々とご意見等を伺い(このような形にすることが圧倒的多数派の声というわけではありませんが)
頂いたご意見や店内の状況を鑑み、
様々なお考えの方それぞれにできる限りリラックスしてバイユーでのひとときをお過ごし頂きたいという考えから…
誠に煩わしい話でホント心苦しいのですが
このような形で営業をしていこうということに至りました。
どうかよろしくご了承頂ければ幸いです。
コメント

マイティ・クラウズ・オブ・ジョイ1987年1月渋谷THE LIVE-INNの記憶 / LIVE MUSICの思い出を発掘 4

2021-04-09 | BayougateChannel youtube
編集に手間取ってしまい少し間があいてしまいましたが、新シリーズ動画の第4回を公開しております。今回のお題はゴスペルです!
1987年東京渋谷のマイティ・クラウズ・オブ・ジョイ。ユルい内容ではありますが、ご覧いただければ幸いです。
チャンネル登録していただければ尚幸いです。
YouTubeコメント欄に思い出話やご意見頂ければとても嬉しく思います。
こちらから観るとコメント等が可能です。
マイティ・クラウズ・オブ・ジョイ1987年1月渋谷THE LIVE-INNの記憶 / LIVE MUSICの思い出を発掘 4
コメント

アフマダリエフvs岩佐戦を観て粟生隆寛選手を思う。

2021-04-04 | ボクシング
朝からYouTubeで動画を探して観たウズベキスタン/タシケントでのIBF&WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、ムロジョン・アフマダリエフvs岩佐亮佑戦。
確かに早過ぎるストップだったけどやはり相手は強くて速かった。流石オリンピック金メダリスト。
そして改めて思うのでした。
粟生隆寛選手がドイツのビタリ・タイベルトからダウンを奪って完勝した試合は日本のボクサーがヨーロッパのオリンピックメダリストに対して世界戦で収めた価値ある勝利としてもっと高い評価を得るべきだと。
コメント

引き続き時短営業。

2021-04-01 | 営業時間等のご案内
3月22日より都の要請に従い18時~21時で時短営業中でしたが要請期間延長に伴い4月21日まで引き続き18時~21時の時短営業となります。(アルコールの提供は20時まで)
どうかご了承のほどよろしくお願い申しあげます。
コメント

やっぱり楽しいムーニー&コテツ!でした。

2021-04-01 | ライヴ報告
昨夜は今年初めてのバイユーライブ。Mooney&KOTEZでした。

いやぁ最高。やっぱり楽しい。素晴らしい組み合わせ。音楽の楽しさに溢れていました。
プロフェッショナルなミュージシャンが音楽の楽しさを伝えるってこういう事なんだなぁとしみじみ思いました。

もっと沢山たっぷり、こんな時間を味わえる日が早く帰って来ますようにと改めて思った夜でした。
コメント

明日水曜日は久しぶりのLIVE!ムーニー&KOTEZ

2021-03-30 | イヴェント案内
明日は18時開演でムーニー&コテツ!お楽しみに!!
10名限定の平日の早い時間ですがその代わり内容は保障付き!

3月31日(水)Mooney&KOTEZ
開場17:00 開演18:00 料金3000円(+1drinkオーダー)
■開場開演時間が早くなっております。ご注意ください■
★横浜ジャグバンド界の王!ジャージィでブルージィでジャンプ!Mooneyと日本屈指のハーモニカ奏者KOTEZのグレイトDUOが12月に続きやって来ます。4月10日には横浜で恒例ジャグフェスも控え、前夜祭的に楽しくやります!
コメント

さようなら栄ちゃん。

2021-03-24 | 酒と食事
かつてはバイユーゲイトの応接間とまで言われた『栄ちゃん』閉店の報にただただ呆然…。

自転車通勤の私。夜に雨が降って自転車で帰れない時は栄ちゃん寄ってタクシーが定番でした。

長いこと年末大掃除後は栄ちゃんでスタッフ打ち上げが定番化していました。

ここ数年は雨予報が正確なので予めクルマで来るようになってしまいめっきり寄る回数が減っていましたが。
まさに三鷹暮らしの故郷的お店。

大晦日の深夜、年が明けてからひとりで立ち寄り新年の枡酒をご馳走になったことも良い思い出です。

ほんと俄には信じられない。
昨年末のバイユー大掃除後にテイクアウトした時は
コロナ禍なんてウソみたいにいつもの栄ちゃんで、思わず笑ってしまったくらいだったのに…
二人とも全くいつも通りだったのに。

ひとり雨の音を聞き聞きながら時々ママと話したりしつつ
未明の三鷹の街をガラス越しに感じながら飲んでいた風景を思い出します。

三鷹の町で38年間。「閉店します」なんて言ったら大騒ぎになったよな。
ひっそりと閉めたのが確かにあのふたりらしいような気がします。

一夜明けても寂しさは増すばかり。
もう2度と栄ちゃんに行くことができないなんて…。

今となっては「撮ってもらっておいてよかった」懐かしい写真を。

コメント

マーべラス・マービン・ハグラーが逝ってしまった。

2021-03-15 | ボクシング
一日遅れて今日知った。
偉大なるマーべラス・マービン・ハグラーが突然世を去った。
ショックだ。
彼こそが特別なボクサー。
強い弱いや好き嫌いを超えて問答無用にカッコイイ存在。
その比類なき素晴らしさ、威厳ある姿には敢えて「カッコイイ」なんて軽い表現を使いたくなってしまう。
ボクサーが魅力的と呼ばれるのにはいくつもファクターがある。
まずその強さ。
強さにも強打者やテクニシャン、スピードスターなんてのもある。
そして佇まい。華やかだったり、激しかったり。
更にそのボクシングスタイルが好きだったり、人柄や逸話が好ましかったり、存在そのものが魅力的だったり。
当たり前だけどなかなか全てを兼ね備えるのは難しい。
マーヴェラスな男、マービンハグラーは僕が思うにそのほとんどを持ちあわせた稀有な存在だった。
貧しい母子家庭に育った彼は酒もタバコも甘い物もコーヒーも断つというストイックな生活でボクシングに打ち込んだ。
「金銭問題」で(揉めて)頻繁にマネージャーやトレーナーを変えるのが当たり前のアメリカボクシング界においてハグラーは
デビュー前から世話になったイタリア系白人であるペトロネーリ兄弟とのコンビを引退まで組み続けた。ボクシングファンならわかる。これは極めて稀なることだ。
デビュー戦で50ドルを得た際、兄弟はマネージメント料を要求しなかったという。「それはキミが痛い思いをして得た大事なお金だから大切にしなさい」と言われたという逸話が後年、ハグラーの口から語られている。
強かった。世界ミドル級王者として、まさに無敵の存在だった。
62勝(52KO)3敗2分。強打でKOの山を築いた。しかし荒っぽいファイターではなく優れたテクニシャンで、理詰めのような渋いボクシングを展開もした。リングを跳ね回るタイプではなかったが、俊敏で抜群のハンドスピードを持ち合わせていた。ガードも固くタフファイトにも強かった。サウスポーながら右にスイッチしての戦いも巧みな「両利き」でもあった。
威厳ある寡黙な佇まい、大言壮語はなく、あくまでリング上で拳で語るチャンピオンだった。
タイトルを奪取する前は強すぎると敬遠されチャンスに恵まれなかったが地道にキャリアを重ねた。質実剛健なボクシングスタイルが完成するまでに喫した2敗2分の後は10年間無敗で勝ち続けた。
世界タイトル統括団体と階級が増え、金銭とわかりやすい名声のため
多くのトップボクサーが各団体のベルトコレクターと複数階級制覇に勤しむようになった時代に、ハグラーはミドル級であり続け「統一ミドル級チャンピオン」として積極的にランキング1位選手と戦い12度に渡り挑戦者を撃退した。
インテリジェンス溢れるいぶし銀のテクニックに、ここぞというときの爆発的な攻撃力。リングの上のハグラーは偉大なオーラを纏っていた。
当時はハグラー、レナード、デュラン、ハーンズが凌ぎを削る今や伝説の黄金時代。
ハグラーはまずデュラン、ハーンズを挑戦者として迎え撃退した。特にハーンズとの試合は名勝負中の名勝負!として今も語り継がれている。
そして複数階級制覇と様々なベルトを追い求めた末、引退状態にあったスーパースター、シュガーレイレナードと戦うことになる。
試合前の駆け引きやメデイアの動きも含め、これまでハグラーが歩んできた道とは違う「ボクシングビジネス」の世界。
半引退状態であったレナードを考慮してという大義名分か?リングは逃げ足が使いやすいであろう基準ギリギリの広さの広い物を採用、ハグラーが嫌がっていた12ラウンド制も採用された(15ラウンド制から12ラウンド制への過渡期だった)。
賑やかで華やかな試合だった。
当時海外の試合を観はじめたばかりだった僕は、引退からカムバックしたレナードの華やかさに漠然と「勝つとすごいな」などと間の抜けたことを考えてテレビの前にいた。
試合は僅差の2対1判定でレナード。
間の抜けたガキでさえ少し「?」と思った。
後3ラウンドあったらハグラーのものだったか…。
当然ハグラーは不満だった。でもリング上で派手に怒ったりすることはなかった。悲しそうだったけど威厳を保っていた。
コメントにも威厳があったように感じた(威厳のカケラもないデュランも好きなんですけどねーw)
微妙な採点だったために世間から再戦の声が上がったが(更に大きなマネーを産むからだ!)ハグラーはそのままリングを去った。
現役続行するかどうかを訊ねられて
「心はイエスだが、頭がノーと言っている」とコメントを残していたな。
もうたくさんだと思ったのか、
自分の王座をこれ以上汚したくないと思っているようにも感じられた。
アメリカでが話題性のあるスターボクサーは引退後、カムバックすることが多いけれどハグラーはそのまま表舞台から姿を消した。
しばらく経った後、イタリアに住んで地元で映画俳優をやっていた時に何度かアメリカマスコミの前に現れたが、寡黙で威厳ある姿は現役時代そのままで唸らされたものだった。少し朗らかになっていたのも良かった。
彼がとても気に入って誇りに思っていたニックネーム
『Marvelous(比類なき、奇跡的に素晴らしい、驚くべき)』
ハグラーは公の場でこれをつけずに呼ばれることを不満に思い
1982年、法的な氏名をMarvelous Marvin Haglerに変更した。
頑固で、良い話だと思う。
また不確かな記憶だけど
ハグラーは前述のペトロネーリ兄弟と出会ったばかりの貧しい少年だった頃にサンドイッチをご馳走になったことを、自分に良くしてくれる白人2人を信じられずすぐには手をつけられなかった思い出を雑誌のインタヴューで語っていた。
一度信じた絆を守り通した強いボクサーだった。



彼の偉大な試合の数々を後追いで体験した間抜けな少年(レナード戦をボーッと観ていた)である僕は
もし会える機会があるなら是非サインが欲しいなと
サイン用のポートレイトをずっと持っていたのでした。
嗚呼。
コメント

ベンEキング1986年6月渋谷THE LIVE-INNの記憶 / LIVE MUSICの思い出を発掘 3

2021-03-15 | BayougateChannel youtube
ベンEキング1986年6月渋谷THE LIVE-INNの記憶 / LIVE MUSICの思い出を発掘 3


バイユーゲイトのYouTubeチャンネルで始めた新シリーズ第3回の動画を公開いたしました。
(今回の尺は8分です)。
1週間か10日に一回は新しい動画を、と考えておりますので時々見ていただければ嬉しいです。
↓コメント欄、チャンネル登録ができるので↓
是非こちらからどうぞ!
コメント

LIVEの思い出を発掘#2を公開いたしました。今回のお題は1986年の第1回ジャパンブルースカーニバル!

2021-03-04 | BayougateChannel youtube
第1回ジャパンブルースカーニバル1986年日比谷野音の記憶 / LIVE MUSICの思い出を発掘 2


バイユーゲイトのYouTubeチャンネルで始めた新シリーズ第2回の動画を公開いたしました。
(今回の尺は9分です)。
1週間か10日に一回は新しい動画を、と考えておりますので時々見ていただければ嬉しいです。
↓コメント欄、チャンネル登録ができるので↓
是非こちらからどうぞ!
コメント

新たな動画シリーズを始めました。 第1回は1986年のクラレンス・ゲイトマウス・ブラウン!

2021-03-01 | BayougateChannel youtube
クラレンス・ゲイトマウス・ブラウン1986年渋谷THE LIVE-INNの記憶 / LIVE MUSICの思い出を発掘 1


この度、バイユーゲイトのYouTubeチャンネルで新シリーズを始めました。
15分マックスのコンパクトな感じでいこうと思っています。
1週間か10日に一回は新しい動画を、と考えておりますので時々見ていただければ嬉しいです。
コメント欄、チャンネル登録もできますので
こちらからどうぞ!
コメント