松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

金足のジュンサイ沼

2019-06-27 06:43:18 | 日記・エッセイ・コラム

 新しく生まれるメダカのために、きのう水草を採りに行った。

 いつものその池は、実はジュンサイ沼だった。初めて見た。

 確かに潟船は係留されていたが、現役で使用されているのは知らなかった。

 おじさんが二人、ラジオを高く鳴らしながら、集中して採取していた。

 オレもたっぷり水草は採ったし、おじさん達も切り上げて戻って来た。

 岸にオレがいるのも、気付いていなかった。

  上がって来て驚いた。

 「昔(むがし)っから自然に生えてあったんだスか?」

 「あえ、昔(むがし)っからだ」

  ベテランらしい。

  この沼を知ったのは、秋田市が指定する天然記念物の水草群落があるからだった。

  きれいに下草が刈られていたのは、おじさんたちの仕事のためだったのか。

  仕事か趣味かは聞かなかったが、

  まあこの量で満足するところを見ると、

  趣味の領域だろうなあ。

 

  もうすぐ朝ドラの後に、全国放送で三種町のジュンサイが登場するらしい。

  宮崎アナの挙動が心配だ。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« タバコを浮かすと、2,000... | トップ | カツオ風味の、ふんDoし~。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうだったのかぁ (せんだいほんま)
2019-06-28 05:07:31
鹿渡にいたとき食べたんだね、きっと。
子供の頃、めったに食べられない、あこがれの食べ物だったんだよ。
今でも好きで、見付けると嬉しくなって買っちゃいます。
いいねえ、このポリバケツの中の絵、ぷりぷりした食感が口の中によみがえります、、じっと見てる私。
吸い物に良く合うよね (松美)
2019-06-28 07:55:44
本場中の本場に居たんだね。
ここも沼地は多いけど、鹿渡から森岳は沼だらけ。
ジュンサイに味はないけど、食感を楽しむ不思議な食べ物。
吸い物に入っていると、うれしくなる。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事