MR.コールマンの挑戦日記

セカンドライフを迎えて趣味のランニングや街歩き、スケッチ水彩画、地域活動などの日常のあれこれを綴っています。

大磯城山公園散策

2019年12月03日 | まち歩き

湘南国際マラソンの応援の後、大磯の紅葉スポットである「大磯城山公園」の絶景スポットをブラ散歩してきました。

城山公園の旧三井別邸地区は、もと三井財閥の別荘跡地で今も優雅な庭園や富士見百景の展望台などがあり、湘南の人気スポットとなっています。

高台の展望台からは、富士山や金時山、明神ケ岳、駒ケ岳、相模湾、真鶴半島、伊豆大島が望める絶景が見られました。先日、大山山頂から見れなかった富士山は正に真白き富士の姿が見られ、幸せなひと時でした。

不動池のまわりの日本庭園のもみじ広場では、見頃を迎えた多くのモミジが赤く彩り多くの観客で賑わっていました。

不動池には、高台から清い水が流れ落ちる「こゆるぎの滝」が見られ風情ある雰囲気が漂っています。

園内には、北蔵や東蔵、正六角形のあずまや跡など、貴重な遺産が残されており旧財閥の様子が伺い知れます。

園内の郷土資料館では、大磯の歴史や文化、風土などが紹介されていました。

エントランスホールには、旧三井家の城山壮の吹抜け部に飾られていた唐破風と龍の素晴らしい彫刻が置かれています。

城山壮本館の軸組模型や横穴墓など縄文・弥生時代の土器、生物などが展示されていて、大磯の歴史や文化を知ることが出来ました。

また、城山公園の一角には多くの「城山横穴群」が残されており、古墳時代のものだそうですが、その歴史的価値は不明ですが、大磯の歴史遺産となっていました。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 第14回 湘南国際マラソン | トップ | 深川散歩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

まち歩き」カテゴリの最新記事