Blogout

音楽全般について 素人臭い能書きを垂れてます
プログレに特化した別館とツイートの転載もはじました

8月28日(火)のつぶやき

2012年08月29日 02時23分31秒 | ★ from Twitter
00:03 from TweetDeck  [ 1 RT ]
#NowPlaying : ABC/Abracadabra ジリ貧時代(1991年)の作品だが、個人的には大好きな作品。 yfrog.com/klhjccp

00:06 from TweetDeck  [ 1 RT ]
#NowPlaying : ABC/Abracadabra 本作ではマンザネラを呼んできて、「元祖ロキシー・ギター」が出てくるのは楽しいし、ムーディーな英国産夜の音楽は心地良い。ただし、マーティン・フライのセンスが冴えていたのも本作くらいまでか?。

00:09 from TweetDeck
詳細は省きますけど、マウスとトラックパッドのどっちの使い勝手も個人的には欲しいんです。どう使うのが何が正しいのか?ではなく、私の好みw。 RT @t_hisashi: トラックパッドっぽい使い方なら、トラックパッド使えばいいじゃないのww

07:30 from Osfoora for iPhone
警備手法が明らかになるために遠目の映像だけ…とか、どこまでお役所なんだよって感じ。だって、中国側のビデオだってあるんでしょうが。 " 尖閣:海保ビデオ公開 逮捕場面はなく遠目の映像も bit.ly/PMKHE7 "

07:32 from Osfoora for iPhone
妙な屁理屈並べて自己正当化せすず、素直に陳謝したことに、むしろ驚き感じてしまうなんて。 " 丹羽大使の車、日の丸奪われる 尖閣問題で反発か - 47NEWS bit.ly/NsY405 "

12:37 from Osfoora for iPhone
おそらく襲撃犯は当局で確保済み、どうせしばらくしたら、愛国無罪の結論が待っているんだろう。 RT @news_bot_1: 中国政府「真剣に調査している」 大使公用車襲撃 dlvr.it/23rtmc

18:26 from Osfoora for iPhone
前も書いたけれど、iOSでもAndroidでもいいが、OSのメジャーアップデート後、旧機種の動作がどう変わったのか…みたいな記事って、あまり見かけないような…?。

19:42 from TweetDeck  [ 1 RT ]
#NowPlaying : Finch/Glory Of The Inner Force 70年代中盤、オランダで活躍したプログレ・バンド、フィンチのデビュー作。 yfrog.com/ocjnfktj

19:44 from TweetDeck  [ 1 RT ]
#NowPlaying : Finch/Glory Of The Inner Force フィンチは一口でいってしまえば、先輩のフォーカスと似たようなスタイルを持ったバンドだったけれど、フォーカスと違う点はとにかくギター存在感が圧倒的な大きかった点だろう。

19:46 from TweetDeck
#NowPlaying : Finch/Glory Of The Inner Force 特にこの第一作では、とにかくニムヴェーヘンが、アッカーマンをもう少しロック的にしたようなギターを弾きまくり状態。他のメンバーを完全に圧倒してしまっているのが特徴だ。

19:48 from TweetDeck  [ 1 RT ]
#NowPlaying : Finch/Glory Of The Inner Force ともあれ、ニムヴェーヘンの天衣無縫かつ強引なギターが大きな聴き所となった作品で、個人的にはユーロ・ロックで特に好きな作品のひとつとなっている。

19:54 from TweetDeck
#NowPlaying : Finch/Glory Of The Inner Force ちなみに、このあと彼らは二枚のアルバムを残していて、そこではバンド全体が洗練され、バランスも整ってくるのだけれど、本作のような豪快さは失われていってしまったように思える。

19:58 from TweetDeck
震災のとき、韓国は日本を支援したのに…とか、その何倍も支援してくれた台湾の人は、そんなこと仮に思っていても、口に出さないよ。 " 日韓関係、経済や文化交流にも暗い影 Y!ニュース bit.ly/PNIl80 "

21:50 from TweetDeck
#NowPlaying : John Williams /インディ・ジョーンズ・最後の聖戦 昨夜の続きで後半を観たところで、お次はサントラを聴いているところ。 yfrog.com/nxm4ianj

21:56 from TweetDeck
#NowPlaying : John Williams /インディ・ジョーンズ・最後の聖戦 映画のムードを反映してか、これまでの三作では音楽も一番落ち着いたムードで、ある意味では地味ともいえるが、ウィリアムスらしい抒情が聴ける作品でもある。

21:59 from TweetDeck
#NowPlaying : John Williams /インディ・ジョーンズ・最後の聖戦 また、「自転車とオーケストラのためのスケルツォ」は、アクション・シーンでのウィリアムスらしい、ショスタコとコルンゴルト、そしてストラヴィンスキーが一緒くたになったような音楽で実に楽しい。

22:00 from TweetDeck
こんな人を担ぎだそうとするなんて、この党も本当に人材不足なんだね。 RT @Google_News_jp: [トップ] 真紀子元外相に出馬要請へ 民主代表選で“反野田”議員 - MSN産経ニュース bit.ly/QrTz5R

22:59 from EveryTwitteIt!
#NowPlaying : Chicago II デビュー作の勢いを借りた第二作。こちらの方が実質的な音楽の充実度という点では前作を上回っていたせいか、70年代前半、デビュー作以上の評価を得ていた。 twitpic.com/aolt65

23:01 from TweetDeck
#NowPlaying : Chicago II ただ、音楽そのものとは関係ないが、本作はCD時代になって、音質の悪さが目立つような気がする。「君に微笑みを」の古びたカセットをマスターにしたような寝ぼけた音質って、レコードでもそうだっけか…?。聴く度に感じてしまう。

by blogout_tw on Twitter
コメント