週刊浅草「江戸っ子瓦版」 -のんびりHiGH句な日々-

文学と食とRUNの日々を、PHOTO5・7・5で綴るエッセイ♪

弥生のさくら

2013年03月26日 | ★江戸っ子エッセイ★

  
             言問橋袂からの眺め

 今年の染井吉野。例年になく早く開花したと思ったら、あれよあれよと満開になった

 3月23日(土)、どんな様子かと早朝、隅田川沿いの側道を走る。

    
             山谷堀公園

 かつて吉原に向かいチョキ舟が通った堀である。

 おいらが高校生の頃まで、水が通っていた。末路はメタンの泡が湧いて、見るも無残な有様だったが…。

  

      
                  墨堤の千本さくら

 向島百花園、長命寺、弘福寺、三囲神社、牛島神社と続く、川向こうの墨堤の桜の下では、急ごしらえの出店の準備やら、花見の場所取りやら、花見客も大あらわのご様子。

 ひと足もふた足も早い船上花見に興じようと、屋形船も予約に大忙しのようだ。

 台東区側の隅田公園では突貫の工事中。そりゃあ、スカイツリーが完成して始めての花見だもの。

 当てが外れたのは、行政だけでなく、わが連も同じ。

 おいらが幹事を務める、わが全そ連の花見会も4月6日の地元さくら祭りの日を予定している。まぁ、花はなくとも気は心。水上バスのアトラクションもあるし、新緑の元の宴会もいいもんだ、タブン、ネッ!

   
                 ポップ三味線

 午後は電車に乗って、中野小劇場へ。

 〈べらんめえ〉という劇集団が演じる、江戸弁の朗読芝居。

 山本周五郎〈初蕾〉佐江衆一〈いぶし銀の雪〉立体落語〈大工調べ〉を観てきた。これも、時代創作のお勉強。

 「あたぼうよっ!」(当たりめえだ。べらぼうめ)

 山田二郎さんのべらんめえ調の言い回し。

 幼い頃聞いていたおっちゃんのようで懐かしい。

 また、その山田さんが縁あって誘ったという、マーサ☆リノイエさんのポップ三味線が秀逸だった。

 亜流の津軽っぽい節から、ベンチャーズ、洋楽メドレーまで多才な演奏である。

 リノイエの由来は、李家と書くらしい。なんでも秀吉の朝鮮出征の際に帰化したご先祖だといわれる。スゲエことだ。

 山口百恵さんのバックコーラス&ダンサーだったマーサさん。

 なんと地元では長唄の師匠とか。

 江戸の長屋文化の粋がこんな形でみられるとは、人生まんざらでもない。

  
  
               築山の花盛り

 突貫工事中の築山でパチリとやって、言問橋を越える。

 それぞれ持ち寄った弁当で、観測史上2番目に早いと云われる満開の花見と洒落込んだ。

 泡の後は、福井の銘酒〈伝心〉を冷やで飲る。

 満点の桜星の元、得も云われぬとはこのことか、と思う。

  
             物見台とツリーと桜

 スカイツリーのために出来た観覧席とさくらをバックに子供たちがいい感じだ。

 桜を好むのは秀吉だけじゃない。

 寒の末の暖。それは四季を日常とする、大和人の心の故郷だからかもしれない。

   
          色の変わるツリー
  
 この日のスカイツリーは、何色か、照明が変わった。

 これもさくらが特別の意味を持っているからだろう。

 川向こうには本所、業平橋。

 業平の歌がある。

 〈世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし〉

 桜の花に一喜一憂するのも太平ならでは。

 この花がなければさぞ長閑だろうとは、おいらは思えない。

 梅より、桃より、江戸っ子には桜の花が何より春の象徴なんだ。

 浮世の華やかであり、現世の儚げのようである。 

 季節の早過ぎた花見の宴の寒風は、まさに弥生の寒気そのもの。

 愉しい酒のおかげさまで、おんぼろのカラダに世にも恐ろしいノロが巣食ってしまった。 

  〈散ればこそ いとど桜は めでたけれ 憂き世になにか 久しかるべき〉

 このウィルスが休日の飲み食い、あれやこれやすべてを流してしまう。

 弥生のサクラ。

 散りゆくサクラに己の身を重ね見ゆ

  

  「眩しさや 白輝を舐むる 春の酒」 海光  

コメント

かんだやぶ 復活を願う

2013年03月17日 | 呑み屋探訪(神田、室町界隈)

   
            焼失した老舗〈かんだやぶ〉


 春の突風が吹く中、ようやく神田に行くことができた

 ニュースで見てから気になっていた。江戸情緒を残す、希少な名店の焼失である。

      

 門を潜ると、羽織袴、商人髷の活気が漲るほどの店であった。文士も多く通ったようだが、前の版元が近いこともあり、先輩たちとよく通っていた。

 初夏がことのほかヨカッタ。

 語尾が独特の歓待のことば。

 縁側のある小上がり、左右の窓からそよ風が流れるように、流暢な女将さんたちの言霊がひびく。

 イ草の香る畳を陣取って、菊政宗の徳利を傾ける時間は格別なのだ。

     

 外観には警察のロープが張られ、痛々しいほどの姿だ。

 ところが、背伸びをして覗くと、かつての長閑が垣間見られた。

   
               あんこう鍋〈いせ源〉

 近所には、さらなる名店がひしめく。

   

 冬の寒冷をくぐり抜けた脂が舌にのるとどういうことになるか、想像してもらいたい。

 おいらは、大洗に前の版元の友だちと車数台で旅したことがある。

 肝の甘さ、深海のとろみが汁全体に行き渡る鍋の、雑炊は四重奏の味わいだった。

   
                鳥すき〈ぼたん〉

 家庭で気安さから、馴染みの鳥の鍋も、ぼたんの備長と鉄鍋のかかるとまた別格になる。

 旬はまさにこの時期。逃さず、訪れてもらいたい。

  
               神田〈まつや〉

 名店かんだやぶの傍にありながら、老舗として構える〈まつや〉の蕎麦を語らないわけにはいくまい。

 角の立った、噛みごたえのあるモリは、おいらの蕎麦人生のなかでも、特別な触感として舌に刻まれている。

 カレー南蛮発祥としても有名だし、池波先生の行きつけでもあったし、一本蕎麦も頼むと食べられる稀有な蕎麦屋である。

    
            喫茶〈ショパン〉

 ステンドグラスに、大きな椅子、昭和の純喫茶が持っていたノスタルジーが愉しめる。

 柱時計の優雅な午後を過ごしたければ、食後に覗くのが順当だろう。

   
                甘味〈竹むら〉

 池波正太郎は、まつややぼたんの後、必ず寄ったという、甘味は昭和初期には珍しかった北海道のあずきにこだわった味。今の主流は、やはり老舗あってこそ、なのだ。

   
                 櫻の開花

 例年よりかなり早い開花だ。

 わが全そ連の花見会は、葉桜となりそうである。せめて、桜色の絨毯だけは残ってほしいものである。

    
               〈かんだやぶ〉庭園

 石灯籠の堂々、春の花の艶やか、簾の涼、大きな窓の風向き、すべて元のままに思える。

 喧嘩と火事は、江戸の華と呼ばれた。

 それほど、当たり前の日常であった火災だ。

 今回けが人も出さずに済んだのは幸いである。それでこそ、老舗の対処である。

 封建の不屈に習って、平成の店主の心意気を待ちたい。

 秋の新そばが愉しみな彼岸の入りである


   「カンカンと 鳴る鐘何処へ 緑蕎麦」 海光

   

 

 

コメント

春霞

2013年03月10日 | 呑み屋探訪(房総)

  
        台東区リバー競技場

 「目に入るは 隣の花粉か 春霞」 海光

 
 先週おかげさまで、たくさんの誕生祝いの言葉をいただいた。

 この場を借りて、改めて感謝する。 

 四捨五入すると、大台である。

 まさか、子供の頃、自分がこんな歳になるとは露ほども知らなかった。

 隅田にそそぐ橋の下に、たくさんの川水が流れたということだろう。

 昭和の話しの一つに、年少の頃によく聞いた、光化学スモッグの注意警報がある。

 思えばその頃、わが国も高度成長期真っ只中だった。

 かの国の粉塵公害を揶揄する前に、かつての愚行と、現実の放射能対策を見れば時の政治家経済人の所業など明らかでないのか。

 今日は初夏というか、夏日の24度。

 先週のスクールカップに続き、台東区のクラブチームのサッカー対抗戦。楽しみにしていた息子は、ウィルスの下痢でダウン。午後になって復活し、最後の試合に後半だけ出ることが叶った。

 親も楽しみにしていたイベント。とにかく一度でも出番があってよかった。

 試合後、なでしこたちの試合を前に、突風が吹き荒れた。
 先ほどまでカラッと映えたスカイツリーもご覧のように、霞んでみえる。

 試合をする子は可哀想に………。

 西の空から、怪しいスモッグが押し寄せる。

 昭和の光化学ではないが、警報がないのがなんともはや。

 自然への畏怖を忘れた愚行に、この先の未来を暗示させられたようだ。

 春のうららの隅田川~♪と歌われた川沿いを、朝走った時はじつに、爽やかな青空だった。

 アイドルグループのイベントでも突風によるテント転倒でけが人が出たという。

 梅や桃の花が、満開の折、視界が曇る不吉な空模様。

 一寸先は闇でなく霞と言いたいほどの、大気の汚染。

 花粉のよる涙か、PM2.5による涙か、黄砂か、あれやこれや。

 今日は東京大空襲、明日は東日本大震災の忌である。

 献杯、そして、合掌。。

  

コメント

紅梅と優勝杯

2013年03月03日 | ★江戸っ子エッセイ★

   
             呉服枝垂れ

     
          道知辺(みちしるべ)

 今日は3月3日、快晴のひな祭り

 隅田公園の畔の梅も、ようやく満開である。

 控えめな梅のなかで、野梅系の呉服や道知辺がじつに艶やかで、道行く人の足を止めていた。

 今週は啓蟄を迎え、わしの誕生日もある。

 春はもうすぐだ。

   
              日月(じつげつ) 

   
            吾妻橋水上バス乗り場

    
              流し雛の列

 公園を走っていくと、流し雛が行われるところだった。

 紙で作られたお雛様、女の子を持つ親御さんがたくさんの列を作っている。

 ひな祭りの元となった儀式といわれ、祓い人形と同じく身を清める意味があるという。

 源氏物語に記述が残っているというからその歴史は古い。

  
            リバーサイド競技場

 下の息子がサッカーの試合に出場するというので、午前中から応援にでかけた。

 スクールカップという、台東区の小学校チームの総当たり戦。

 第一試合、開始早々なかなかいいアシストをしている。ふむふむ。

 ぜんぶで5試合。

 すべて勝利し、なんと優勝してしまった。

 仲間の一人は、12点を決め、MVPに輝く。

 素晴らしい結果に、親の顔もほころぶ。

 女の子の祭りの日だが、元気な男の子の活躍に、爽やかな勇気をもらう。

 午後はなでしこたちの試合もあったという。

 若いエネルギーは、世の中を明るくする力があるね。

   

 優勝杯を掲げる子供達の笑顔がステキだ。

 友だち同志で、ランチ焼肉で優勝を祝ったようだ。

 おいらも夕食を豪華にして、祝ってあげようと思う。

 道明寺の桜餅も用意した。

 合評会の報告文も書いて送ったし、短編もとりあえず書いてみた。

 忙しさは休日も変わらないが、充実した一日だった。

   
             子規の句

 パーティーの準備があるので、今宵は子規の句でごめんください

 

コメント