週刊浅草「江戸っ子瓦版」 -のんびりHiGH句な日々-

文学と食とRUNの日々を、PHOTO5・7・5で綴るエッセイ♪

梅は咲いたか~♪

2014年01月26日 | ☆文学のこと☆

 
      紅梅

 金曜日の朝刊一面トップに大川の梅が載った

 ぐんぐんと気温が上昇した土曜にその隅田川を走る。

 少年野球のグランド前に、ちょいとした梅園があるのだ。

 ネットごしだが新聞と同じ場所でツリーを従えた紅梅を撮った。

 白梅はまだちらほらとだが、今日の陽気では桜も早いのではないかと、先走った心配なぞしてみる昼下がりでござる。

 何事も成してなくとも、無駄に刻は過ぎていく。

  

 同じ土曜の朝刊全段に、あさのあつこ氏の小説が載っていた。

 月曜から掲載された夕刊連載「この手に抱きしめて。」を一挙に載せたもの。

 アステラス製薬の広告だが、こうした依頼が来るのも実力と人気を兼ね備えたあさのさんならではだろう。

 このような形であさのさんの小説を読めるのも、同人としての愉悦である。 

 この一週間毎夜の楽しみ、プロとしての矜持を感じさせてくれた。

  

 それにしても、今日は暖かかった。

 隅田川から荒川へ、受験真っ最中の長男とひた走った。

 南風に背中を押され気持ちいい。 

 ユニフォーム姿の子供たちが手拍子に合わせてダッシュを繰り返す。

 遠い筑波から海へ押し寄せる山風は、いざ上流へ反転したとたんに牙を剥く。

 江戸の人は健脚揃いだったろうな、と思いを馳せて足を運ぶ。

 先週の会社の帰り道、実家のある新吉原を回った。

 下世話な風俗と化したかつての廓町。

 南西にあった久郎助稲荷を見に行ったのだ。

 ありんす国のなりの果て。

 花魁や新造の祈りはいずこへ。

 今はなきお歯黒溝を越えると非人頭の車善七の屋敷と溜があったと云われる。その先の龍泉町に鷲神社が鎮座する。

 「柳橋ぃ~から 小舟で急がせて

  舟はゆらゆら 波しだい

  舟からあがって土手八丁 

  吉原ァ~へご案内  

  梅は~咲い~たか、桜はまだかいな

  柳なよなよ 風次第

  山吹ゃ浮気で 色ばっかり しょんがいな~」(長唄の抜粋)

 私も、私の小説のなりの果てをゆらゆら祈って書いている 

コメント

さよなら国立。

2014年01月25日 | ★江戸っ子エッセイ★

 
        高校サッカー決勝

 月日は百代の過客にして………、俳聖のおくの細道にある

 正月明け、七草粥を食したと思ったら、大寒をとうに過ぎ、もう睦月が終えようとしている。

 こうして、肝心なことが何一つ進まないまま歳を重ねてしまうのだろう。

 新年も恒例の高校サッカーの決勝戦に行ってきた。

 オリンピックも決まり、老朽が言われていた国立競技場もこれが最蹴章だという。

 中学生だった長男が台東区連合陸上の代表選で金メダルを取ったのもここ、私も新宿ハーフマラソン大会、先輩たちとの駅伝大会と思い出が深い。そういえば、大学生の時に日韓定期戦を観たこともある。それから、Jリーグが始まった。ほとんど勝てなかった韓国戦にも自信を深め、アジアの王者になった。あの頃、日本がW杯の常連になるなんて誰が想像しただろう。

   

 ここ数年ライブで観戦してきたが、満員御礼は初めてのことだ。

 国立最後、富山県代表富山第一と石川県代表の星稜の北陸同士の対戦が影響したものと思われる。

  

 攻撃力が自慢の富山第一が終始攻め上がる。

 支配率も高かった。

 だが、決定的なゴールが奪えない。

 ゲームの流れというのは非情なもので、前半34分星稜寺村が一瞬のチャンスをモノにする。
 
 前半を1:0で折り返し、流れは星稜のまま、70分に森山が追加点を奪う。

 勝負あったか!

 俄然盛り上がる星稜応援団とは反対に、シーンと静まりかえる富山の応援席。

 もはや祈るしかないのか………。

 

 決して諦めないのが高校サッカー、毎年劇的なドラマを観てきた。

 そして、後半も残り3分。ついに富山の高浪が決める。

 さらに、アディショナルタイム3分の間に富山大塚が同点ゴール!

 気温が下がり躰が冷えていく一方、試合のほうは白熱していく。

 延長戦に入り、双方とも徐々に足が動かなくなる。選手を交代する星稜、ベストメンバーを代えない富山。

 それが功を奏したものか、延長後半ラスト1分に、富山の村井が決勝ゴール!

 

 

 歓喜に沸く富山応援席。

 

 対して、項垂れ、泣く姿の星稜イレブン。

 ミランに移籍した本田圭祐のデビューが報道される中で、下馬評では星稜有利だった。

 人生もスポーツも骨頂はライブ。

 諦めなければ、夢に手が届くという大切な気持ちを教えてもらった。

 二男と私たちはライブで、長男はセンター試験を前にテレビで観たはず。

 
         優勝杯授与

  

 報道のシャッターが切られる中、高々と優勝旗を掲げ、母校応援席の富山の方々にさぞ誇らしいことだろう。

 星稜の選手たちにはこの悔しさが明日へのバネになる。

 成功より失敗のほうが学べることも人生の定石なのだから。

  

 場外へ出ると早速読売の号外が配られていた。

 デジタル化というのはこういうスピード感なんだな。

 

 国立最蹴章と銘打った、高校生たちの汗にたくさんの勇気をもらう。

  

 キングカズのプレミアチケット。

 手配してくれた従兄弟に感謝。

 大手を飛び出し芸能の世界で独立した彼も元は高校サッカー部出身。

 刺激ばかり受けてないで、書こうぜ自分。

 隅田川で梅が咲いた。


「紅い花深呼吸して春感ず」哲露

 
 そろそろ、原稿に戻るとするか


コメント

カッパのミイラ。

2014年01月19日 | ☆文学のこと☆

 
         河童の水掻き


 皆さん、河童のミイラはご覧になったことがあるだろうか?

 河童寺こと、曹源寺に、2012年以来の再訪である。 っていうても、私の地元。

 私の習作「みの吉の貝(べえ)独楽」の舞台がここ。


 「土くれを運ぶ河童の足霜焼けり」 成美 (天)


  
       寄贈された石像


  
       大明神のお堂

 調べてみると、全国津々浦々に河童の伝承、伝説があって、ミイラやら化石やら、その存在の多さに改めて驚く。現代のような科学的な照明がなく、闇の深い時代にあって、河童さまは大層妖気漂う存在だったのだろう。

 昨年末、河童の会主宰の高橋うららさんにお声をかけられ、曹源寺をお参りすることに。

 ご住職に連絡を取ると、お堂の見学に快く応じてくださった。

 開き戸ごしにしか見られなかった、河童の水掻きのミイラが件の写真である。

 本物か、否か?

 皆さんはどう思います?

  
       文化11年の治水工事 


 「初見世に河童もきうりを売りに出す」 原山 (地)


 封建の文化11年(1814) に、合羽屋喜八が私財を投じた新堀川の治水工事。

 義に生きた人はいつの時代も美しい。

 その時に喜八を助けたのが河童たち。

 かつて喜八に命を助けられた恩返しというから、失われつつある現世に学びたい義理ではないか。

 
        河童の天井画

 
         河童の置物

 お堂の天井一杯に河童のイラストが描かれ、黄金の河童やらたくさんの河童さまが鎮座している。

 一つひとつ眺めているだけで、時間が過ぎてゆく。

 あ~ありがたや、ありがたや。

   

 一昨年にお参りしてから、河童の会のメンバーのデビューが相次ぎ、快進撃がつづく。

 デビューのお礼やら、新刊の願いに、お賽銭を入れてみな合掌。

 大安の冬の静謐、じつに清々しい気分になれた。

 ご住職に多謝。


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 由来の合羽橋本通りを西にのぼり、浅草六区へ

 この通りはスカイツリーがよく見えることでも有名。

 遠方の方もいらっしゃる。代官山支店の手ぬぐい店を冷やかすと、みなの顔が綻んだ。

 そこで、浅草寺の参道を進み、弁天池そばの老舗の手ぬぐい屋にも案内する。

 観光の女性が決して立ち寄ることのない、初音横丁の酔っぱらいを眺め通って、ひさご通りへ。

 
          上の牛肉

 「どど~~ん!」

 来客すると下足番が太鼓をたたく。

 浅草名物の一つである、牛鍋にご案内する。

 六十六番札は、海光さまのご一行。つまりあちきたち。

 木造の階段をえっちらおっちら、二階の奥座敷へ。

 

  

 中庭を望める席は明るい冬の陽射しがそそぐ。

 ビールと人数分の牛鍋を頼むと、牛の佃煮が出た。

 生姜が効いている!

 これだけで、お酒が進むわい。

 
         牛肉の佃煮

 

 店の若い衆が牛脂をひき、焼き豆腐、ネギを並べる。

 赤み肉を置くと、出し汁が「ジューっ!」と鳴った。

 生卵が用意され、ごく太の千住ネギがその存在を誇示する。

 宇都宮のデビュー作家の箸がこの熱々のネギに止まらない。

 甘みのある野菜が、牛の脂をまとうと逸品になる。

 ちんやや今半とは違う、この赤身が拙者の好みなのだ。

 適度なサシがいちばんなんだよ。

 

 はい、出来上がり!

 シラタキがいいお味に仕上がっている。

 温めに頼んだ桜正宗が柔らかい。

 


 「海光さん開口一番改稿だ!」 うらら (人)

 今年初出版が決まっている方のために祝杯をあげた。

 まったりと歓談している瞬間を逃さず、新年の俳句を詠もうと私から提案。

 躊躇しつつも、皆さん、そこは文章の達人。

 見事な五七五を詠んでくださった。

 森川さん、原山さんの句はさすが。

 美人才女に囲まれた新年の河童の会。

 仕舞いには、主宰に私を名指した俳句を詠まれ尻を叩かれる。

 こちらの句は、師開高健のエッセイにかけたもの。

 河童の固めの盃、生涯忘れませぬ



【賞に漏れた皆さんの句】
 
 「子河童の初のおよぎはあまの川」 須長

 「初春に牛鍋くらいて腹も張る」 マツコ

 「鍋熱くデビューを決意牛食す」 結城

 「浅草寺初春のおみくじ願い込め」 速水


       はやみず陽子著

 初出版の次はどんなお願いだろう。

 速水氏の御本が書店に初お目見えなり。 

 
 「牛つつく湯気の向こうに河童さま」
哲露

 お粗末さま。

 

 

コメント (2)

越水師匠、一般文芸に斬り込む!

2014年01月12日 | ☆文学のこと☆

   
       「読楽」1月号 (徳間書店)


「小鍋つく湯気の向こうに化けの皮」哲露

 
 新年一発は師匠の著作の紹介

 同業に「読楽」という文芸誌がある。

 雑誌部門では良きライバルで、ここ数年、私の後輩が何人か移籍している。

 その「読楽」に、わが同人の大先輩、越水利江子師匠がついに一般デビューである。

 大会前にこの話しを伺ってから、心待ちにしていた。

 姐さんの作品のタイトルは「うばかわ姫」

 題名からして怖い。

 しばらくぶりにページを捲る興奮を味わう。

 時代ファンタジーというが、小社の本当は怖いグリム童話のような、時代小説+ホラー+ファンタジーの要素を合わせ持っている。

 短編ということもあり、冒頭から越水ワールド全開!

 野盗から逃げ惑う姫の絹糸が、山木の枝に切り裂かれる。その度に息を飲んだ。

 姐さんが近江の海と名付けた琵琶湖の静謐、絢爛な安土城の荘厳。

 戦国騒乱期の土着民の息遣い、踏みしめる土や草花の匂い。

 ここにきて「恋する新撰組」シリーズの重版が相次ぎ、「忍剣花百姫伝」は読者ばかりか編集者を酔わした。「江」で威風堂々と描いた信長の剛毅で繊細な凛々しさと天守閣の偉容の一端が、うばかわ姫でも存分に発揮されている。

 制約の強い児童文学で抑えてきた表現が、一般文芸の大空に放たれ、さらに高見の天空へ飛翔した感がある。

 だがまだまだ序の口のはず。

 映画のプロモーションでいえば、大スペクタルの予告編といったところだろう。

 越水師匠の若い読者ならとっくに承知しているこの事実。

 児童文学界から一般文芸へ、姐さんの快進撃が、いま、ここから始まる!

 文芸編集の皆さん、大御所の青田買い!?、今のうちよ

 
 

  

コメント

ソマリアの海賊。

2014年01月07日 | ★江戸っ子エッセイ★

  
                       日比谷公園にて

 
  「元日の恵比寿も降りる陽だまりや」 哲露

 
 2014年初日、つまり1月1日のこと

 いわゆる映画の日にあたる。

 我が家では、お正月=映画鑑賞で新しい年の幕を開ける。

 ハリーポッターのハーマイオニー役があまりにも有名な、Emma Watsonが主演。

 独創的な世界観を作った「ロスト・イン・トランスレーション」のSofia Coppolaが監督としてメガホンをとった。

 ゴッドファーザーのコッポラでなく、Sofia Coppolaが脳裏にインプットされた作品だった。

 これだ! 

 ということで、銀座Toeiまでチケットを求めにいったら、中一の息子がR15指定で観られないという。

 仕方なく方向転換、Tom Hanks主演の「キャプテン・フィリップス」のチケットを買った。

 家人を待つ間、一人日比谷公園でエビスなど傾けながら、陽だまりの読書に耽る。

 なんともプチ贅沢な元旦になった。


【そして、映画のこと】

 再度のアカデミー賞の呼び声も高い、ソマリアの海賊の話しである。

 版元の仕事では付録のコンテナ輸入で苦労している。

 冒頭から、コンテナを満載したアメリカ国籍の貨物船が登場。

 これがそうか、コンテナ船か!

 と、別の視点で鑑賞しつつ、徐々に映像の世界に惹き込まれていった。

 海賊に襲われ、キャプテン・フィリップス独りが人質になるシーンが臨場感たっぷり。

 主役のTomの演技は鬼気迫るものがあった。名伯楽にさらに拍車がかかったようだ。

 おそるべし、Tom Hanks!

 それにしても、どこにでもある日常の裏に突然現れる危機がリアルに怖い。

 民間の輸送船。通常通りに航海すれば、何事もなく平和に家族のもとに帰れるはずだ。

 グローバルな世界を取り巻く、富裕人のあくなき物欲、途上国の困窮、価値の転換、生活の急転、恐怖による支配、脅しと強奪。モラルや正義の定義の危うさ、テーマが複層に交わってゆく。

 科学文明の現代に海賊が現存することも驚きだ。

 海の上では巨大なタンカーでも、銃さえあれば小型船で意図も簡単に略奪できるのだ。

 搾取と貧困が海賊を作り、平和を脅かす。

 その原因は過剰な贅沢を当たり前として謳歌している我々に起因していたりもする。

 見応えのある作品だった。

 そして、血の臭いがする迫真と、観られなかった「ブリングリング」の窃盗の違い。

 R15指定の設定もまた疑問に残る。

 現実にあった話し。

 勝者も敗者もない、現世の無常を突きつけられた。

 そういえば、パルプフィクションもそうだった。

 死は背と隣り合わせにあるのだ。

 ソマリア海域、こわい

 

 

 

  


  

コメント

初日に祈る!

2014年01月02日 | ★江戸っ子エッセイ★

 
              言問橋より


  「初夢や男の意気地筆一本」 海光
          
 
 あけましておめでとうございます

 2014年が始まった。

 6時起床。

 ストレッチして躰を温める。

 今年初のranningのstart!
 


            氏神の熱田神社

 地元の氏神、熱田さまを参る。

 家族の健康と、創作の決意を祈った。




 7時前。隅田川、桜橋に着く。

 綺麗な朝焼けが町並みの先、地平線をうっすらと染めている。

 スマホや本格的にカメラを構えた人がたくさん待ち構えていた。

 ベスポジを探して川沿いを走る。

 隣の若者たちは、カウントダウンから夜通しなのか、

 「さむい、さむい」と会話が途切れない。

 それでも、初日を見ようとする心意気が私には嬉しい。 


 

 7時7分頃、後光が差した。

 2014年の初日の出。

 写真に収めて、静かに手を合わせる。

 Good start!



 

 大川から上がった聖観世音菩薩を祀るため建てられた、駒形堂を参る。

 池波正太郎が愛した旧参道を行く。

 すでに人でごったがえす雷門をくぐった。

 揚げ饅頭の湯気、人形焼を返す音、土産屋から売り子の声が響く。

 浅草は今年も活気で溢れている。




 真新しいお化け提灯が気を引き締めてくれた。

 人の流れにのって、御門をくぐる。

 夜通しの熱気は浅草寺が江戸の中心であった名残を留めているのだ。




            浅草寺の本堂

 五重塔を横目に、本堂の階段を駆け上がる。

 チタン製に葺き替えた瓦屋根が初日に燦然と輝いている。

 お賽銭箱が広くなっている。

 その場所へ銭といっしょに、やる気の本気を投げ入れて参る。




 やはり人気の浅草神社は行列が凄い。

 三社権現さまは、祭り好きの土地の守り神だ。

 裏手の小路に入る。


 
           新門の文字   

     
             被官稲荷社

 新門辰五郎はご存知だろうか?

 安政元年(1854年)。

 辰五郎の妻女が病に伏した際に、山城国(京都府南部)の伏見稲荷社に快復を祈願する。

 その後妻女の全快の御礼を込めて、伏見から祭神を勧請しこの稲荷様を創建した。

 辰五郎は寛永寺輪王寺宮の家来、町田仁右衛門の養子。

 隠居の父の便を図り造った新しい門を守る役目を任じられ、新門辰五郎を名乗った。

 江戸っ子の最たる町火消し、十番組の組頭での活躍は有名だ。

 この稲荷、浅草神社の裏筋にある。


 
           浅間神社 

 13年は富士山信仰が盛んだった。

 私は地元の浅間神社で、富士講を。

 息子たちの小学校通学を守ってくれた。

 手水場の水は、立派な龍が吐き出してくれるのだ。


 

 小春日和のような元旦。

 浅草の町に笑顔と嬌声がこだましていた。

 いつまでも江戸に活気があらんことを祈る。

 そして、ブログを訪れてくれた多くの友人たちに幸多いことを願う。

 皆さん、本年もどうぞよろしゅうお願い申し上げます 

 




  

コメント