週刊浅草「江戸っ子瓦版」 -のんびりHiGH句な日々-

文学と食とRUNの日々を、PHOTO5・7・5で綴るエッセイ♪

ハマの初夏

2018年05月27日 | ★江戸っ子エッセイ★




【浜風や 音に釣られて 衣替え】酒上乃不埒


 三社祭も終わり、本格的な初夏が訪れている。

 友人の誘いで、

『GREENROOM2018』 なるサーフカルチャー系の野外フェスに行ってきた。

 日本で初めてフレンチトーストを始めた江ノ島LONCAFE。

 こんなものを買い求めながら、芝生でゆるく音楽を聴いて飲む。

 港町の風が心地いい。

 想像以上の人、それも若くファッショナブルな女性が多い。

 みんなそれぞれにオシャレして、午後のひと時を楽しんでいる。

 浅草とは違う文化にまた刺激をもらったw





 金曜は、荒木巨匠の誕生日写真展。

 六本木で懐かしい面々と再会。

 手に職があるっていいな、と改めて思う。

 荒木さん、おめでとうございます。

 さすがのオーラでござった。


 


 野外フェスの後は、ロンハーマンやら冷やかし、買い物をして帰った。

 みなとみらいの夜景はどこか優しいハマっ子の匂い。

 東京に比べ、空が広いんだな。

 これからイベントが続く。

 誘惑に負けず、書かねばいけない。 

コメント

三社祭2018

2018年05月20日 | ★江戸っ子エッセイ★




【笛が鳴り心浮き立つ若葉かな】酒上乃不埒


 今年も祭りに季節がやってきた。

 元気にかつげることがありがたい。

 浅草っ子はこの日を心待ちにして一年をやり過ごすのですw





 浅草寺裏手におよそ100基のお神輿が集結する。

 毎年見ても圧巻に光景だ。

 この日ばかりは老若男女、担ぎ手も観客も町が一体になる。





 平成ではラストとなる。

 天皇陛下即位30年の帯も。

 時代の変遷はますます激しい。


 

 腹の底から掛け声をあげて、神輿を担ぐって嬉しくて楽しい。

 三社権現さま、新たな一年も家族の健康、浅草の民の平穏を、どうぞよろしくお願いいたします。 

 さて、これから大兄の還暦祝い。

 急いで戻れば、まだ担げるかな(^^)

 皆さん、良き週末をお過ごしくだせえ。 

コメント

ピッツァで乾杯!

2018年05月13日 | ★江戸っ子エッセイ★



【焼きたてを頬張る笑顔薄暑かな】 酒上乃不埒


 年末に転職した後輩と久々の再会。

 みなさんがぼぼ毎日スマホで使っているあの会社だ。

 さぞ日々忙しいだろうと思ったら、残業も多くて一時間だとか。

 そりゃいい会社に入ったな。

 彼女がオススメで入ったピッツァ屋さん。

 店内に大きな窯がありました

 変わらぬ肩の力が抜けた笑顔が見られて嬉しい。

 目下の悩みは女の子らしく可愛いもんだったw。 





 ピッツァ生地のPanuzzoは、スモークチキンとケッカソースのサンドウィッチ。

 きし麺風のタリアテッレのカルボナーラもGOOD!

 昼だけど、シュワシュワで乾杯しちゃいました。

 昼呑みサイコー。

 シメはエスプレッソで正気に戻る。

 おいしい料理と酒と後輩の笑顔。

 いい週末になりそうだ。 

コメント

玉川の汗の結晶

2018年05月05日 | ★江戸っ子エッセイ★




【海渡り バチと踊りで 花咲す】酒上乃不埒


 毎年ワシントンDCで開催される桜祭り。

 玉川の学生たちが海を渡るようになって、15年だという。

 アーティストは数あれど、AKBより人を集めるパフォーマンス。

 その凱旋の貴重な公演に今年もご招待される。

 ありがたいことだ。





 遠いし、各駅しか止まらん駅。

 でもその分、巨大なこと。

 学生たちの屈託なさが育ちの良さなんだろう。





 早速、力強い和太鼓の演舞が始まる。

 女子は日本舞踊を基本にした、エンターテイメントを披露。

 これは本場でも受けるだろうが、日本人にこそ、観て欲しい芸術に仕上がっている。

 昨年は鳥肌がたった。

 今年はこの形をどうにかもっと広く伝えたい衝動に駆られる。


 


 終わって、興奮冷めやらぬ。

 先輩方と一杯やって帰る。



 

 焼き味噌、鴨、蕎麦も美味い。

 いいものを観たあとは、心も胃も豊かになる証拠だな。

 知命すぎた。

 勢い、若い人に日本の伝統芸術を素敵な形で継承していきたい。

 玉川の学生の輝く汗をみて、きっと形になる、そう思う。

 本物は残るのだ。


  

コメント