週刊浅草「江戸っ子瓦版」 -のんびりHiGH句な日々-

文学と食とRUNの日々を、PHOTO5・7・5で綴るエッセイ♪

浅草生まれの作家

2013年04月28日 | ☆文学のこと☆

     
       「にげ道まよい道おれの道」
      著:今井福子 画:ふりやかよこ
     文研出版 2002年4月15日初版 

 浅草ゆかりと言えば、池波正太郎を筆頭に、荷風大人、沢村貞子、久保田万太郎、幸田露伴、山田太一などなど

 石川淳、泉鏡花、一葉や子規、鴎外もこの辺りに暮らしていたし、新しいところ!?では、吉本ばなな、山本夏彦など、題材として書かれたものをあげたら芥川龍之介までそれこそ切りがない。 

 同人の先輩に、今井福子という作家がいる。

 いまはこの地を離れているが、流れる血はまさに江戸っ子そのものだ。

 その気質は作品を読むとわかる。

 この「にげ道…」に出てくる彫師の卵の名が哲。そう、おいらの名だ。

 今井さんと知り合う前に書かれた作品なのだから、その奇遇に驚く。

 そして、表紙を開けば、わが町の全体図が見渡せる。おじいちゃんの家は、現在のおいらの家の傍だし、勇太の家はあの友だちの家、通ったプールに、母ちゃんにねだった懐かしい焼き鳥の味を思い出す。

 これでもかと随所に散りばめられた故郷のアイテムに、そこに暮らす市井の息遣いが新鮮だ。

 「まちがったことをしたらすげぇこわい、はんぱない」 彫師小暮源三を指して、暴走族あがりの哲が言う。

 「元気、やる気、その気。元気があって、やる気があれば、人間こわいものはない。その気になって本気を出せば、鬼に金棒…。」

 読んでいると本当に元気になる作品である。書けない言い訳を唱え、なよる背を押してくれる。

 源三の葬式の日、三社様に霊柩車をつけると、本社神輿が弔ってくれる。このシーンには思わず一緒になって拝んだ後、心のなかで拍手喝采してしまった。

 明日には皐月である。その三社様が下町人の肩にお乗りになって、町を練り歩く。

 お神輿と縁起を担いで、同人のお祝い会に司会として馳せ参じつもりだ。

 今井福子はまったく鯔背(イナセ)でござる。

  
          「止まったままの時計」
        著:今井福子 画:小林葉子
      文研出版 2005年8月20日初刊

 親友の自殺から始まる骨太のテーマに驚いた。

 あとがきで、作者自身が語っている。四番目の姉は戦争がなければ救えた命だったと。

 昭和19年、わずか三歳で亡くなったお姉さんは、軍歌を歌い、死ぬ直前に「天皇陛下ばんじゃい」と叫んだという。

 なんとも切ない話ではないか。

 親友大夢、通称タイムはなぜ自ら死を選んだのか。なぜ何も相談してくれなかったのか。

 翔も、帆乃香も許せないと思い、死をまっすぐに受け入れなかった。

 悲しい出来事や苦労が重なり、未だに戦時中に生きているひいおばあちゃん、アサさん。

 近所の子供たちのため、庶民価格でもんじゃを作るサナエおばあちゃん。娘として認めてもらえない辛さは幾ばくだろう。 

 病室の一室で、タイムスリップした翔と帆乃香は、それぞれツヨシとサナエになる。

 にわかに元気になるアサさんに涙を憶える。

 亡くなった後に渡された手紙は、アサさんからサナエに宛てたもの。娘はピンク色が好きだと覚えてくれていた。そのアサさんを慕う、サナエおばあちゃんの気持ちがやるせない。

 もしかしたら、タイムは翔に相談しなかったんじゃない。SOSのサインを出していたかもしれない。 見逃していたかもしれない。

 それらを抱えて、心を開こう、前に向こうと話す翔に希望を見た。

 ひとは生まれた瞬間から死に向かっている。これはどんな生き物でもおなじ。

 だからこそ、尊い命を精一杯生きなきゃ損だ。

 真の孤独を理解し、人との関わりなしに生きられない人としての業を受け入れる。

 その覚悟ができたら、まさに鬼に金棒だ。 

 今井福子の込めたメッセージに、シャンと背筋が伸びた。 


 「一刀に打ち込む魂さつき空」 海光
 
 
 
 週末、中野であった春の研究会。

 同人たちと集い、あさの代表に喝を入れられた。

 過去の作品にとらわれることなく、常に先を見つめる目を持ち続ける。

 その真摯と緊迫に痺れた。

 同人それぞれに感じたものがあったと思う。

 リアルに厳しい荒波の大海をゆく代表だからこその気合いが、カラダ中の細胞という細胞に染み渡る。

 

 源三が叱る。

 「心だ、心。この作品には、いちばん大切な心が入っちゃいねぇ。」

 一刀入魂。

 今井福子は同人のなかにあって浅草の粋を体現する先輩である。

 わが町の気っ風をここまで詳細に表現できた偉業に、感嘆とともに感謝申し上げたい。

 おいらも浅草生まれの物書きとして、しっかりとこの土地を描いていきたい。

 差し詰め、一筆入魂を肝に銘じ、新作に邁進したいものである
  

コメント

疾走する馬

2013年04月21日 | ★江戸っ子エッセイ★

    
                  隅田公園の特設馬場

 4月20日は穀雨

 空は、その名の通り雨の予感の曇りだ。

 朝いちばんのランニング。言問橋から吾妻橋の間。

 300mにおよぶ特設の馬場の準備をしている。道行く人のカメラのレンズの先には馬が大人しく立っていた。

 そっか。もうそんな季節なのか。

  

 隅田公園では毎年、流鏑馬が行われる。

 今年で31回目だという。

 スカイツリーが完成し、公園の整備も済んでから初めての流鏑馬だ。

  

 昼飯を早めにすませ、再び公園に向かう。

 さっきまで人もまばらで快適だった川沿い。そこに大層な観光客が溢れている。

 外国人の方も多く見かけた。

 江戸時代、浅草神社の正月の恒例行事だったそうな。

 ポツポツときた。

 そんな中鎌倉時代の衣装を凝らした、小笠原流の騎手や武者姿の人々が通り過ぎる。

 いよいよ、鎌倉の流鏑馬の開始だ!

  

 「あーー」

 二の矢は当たらず。。

 騎手は雄叫びをあげて、馬は徐々にスピードを増していく。

  

  「克己たれ刺さった矢尻に穀雨かな」 海光

 
 カメラに捉えることはできなかったが、見事な的中!

 会場から、大きな拍手が湧く。

 競走馬を引退した馬たちが、かつての栄光よろしく疾走する。

 その凛々しさが美しい。

 人が歩く以外に、馬が万能の足であった時代ははるか彼方。

 その刹那が人の心を打つのだ。

  

 ダッ、ダッ、ダッードッー!!

 土煙をあげる馬の躍動が伝わってくる。

 鎌倉武士のごとく背筋のピンと張った姿勢に、小笠原流の克己をみた気がした。

 連休が開ければ、神輿の季節が到来する。

 穀雨がこの国に実りをもたらしてくれることを祈るばかり。

 かくも、季節の巡りは早いものである

 

コメント

平成の花魁道中なり

2013年04月14日 | ☆文学のこと☆

   
               花魁 

 

 卯月も半ば

 墨堤では、カンザンや駿河台といった品種が見頃だが、ここ一葉通りのさくらは葉のほうが多くなっている。例年より早いソメイヨシノと同じく、盛りは終えてしまった。

  

 とはいえ、すっきりと晴れ渡った青空の元、 花魁道中が行われる。

 散らずに残った桜の花が春の陽光に輝く。

 なんて愛おしく切ないのだ。 

  
              舞台の見物客 

 新吉原にちなんでのイベント。花魁とともに、70年ぶりに復活した狐舞いも舞台で舞われる。外国客やちびっ子連れも多くみられた。

 沿道にもカメラやスマホを構えた人が目白押し。

 おっと、喧嘩はよくねえなぁ。

     
         禿、番頭新造の行列 

 公議も認めた遊郭は、様々に複雑なしきたりや階級があった。

 奉行も及ばない、独自の自治の囲われた特殊な町、新吉原。

 人形町にあった元吉原から移り、太夫も格子も減り続け、宝暦には揚げ屋も廃れている。

 最後の引手茶屋、松葉屋は学生までのいい思い出となっている。

   

   

   

 新吉原では、散茶女郎が最高級となり、呼出、昼三、附廻の三階級に分かれ、花魁と呼ばれた。

 皆さんご存知ように、禿(遊女の卵)が「おいらの姐さん」と呼んでいたのが語源とも云われる。

 その禿、新造と、順に列でお目見えする。
   
    
                   花魁道中

 

 派手な衣装に、前に垂らした色鮮やかな帯、髷と簪が見ものでござる。


 
  
  
              お狐さまの御成

 大晦日にご紹介した、吉原神社の狐舞い。

 なんと花魁と一緒に歩き、舞う姿も厳かなり。

  
  
           桜葉に包まれた浅間神社

 行列は浅間神社までつづく。

 この神様はおいらが初めて書いた創作の舞台である。

 

 吉原の土手まで流れていた山谷堀の緑も眩しい。

 こうした行事を季節の風物詩として見られる幸せをいま思う。

 書かにゃなるめえよ、おっかさん
  

  「花と舞う 禿とすする 茶漬けかな」  海光

コメント (2)

春嵐の句会!

2013年04月07日 | ★全国蕎麦屋飲み好き連★

   
                       カンザン

  〈 独り寝の心乱れて春嵐 〉 草露 (天賞)


  
                姥が池公園 

 4月6日、愉しみにしていた花見の句会の日が来た

 ピンポイントで到来する春の嵐。日頃の行いか、恐ろしいほどのタイミングである。

 二天門ちかい、姥が池のカンザン桜は満開である。

  〈桜散り花びら集う隅田川〉 恋狼 (地賞)


  

 旅人を殺して生計を立てている老婆、見かねた娘が旅人の身代わりとなって死ぬ。それを知った老婆が悲しんで身を投げたので、この名前がついたと云われる。

 前日から幹事長として、一人悶々と悩んだ末の決行でござる。

 数ヶ月前からの招集、そして諸々の予約や準備。そんな心配が杞憂と思えるほど、お昼前の浅草は穏やかそのもの。

 安心してもらおうと、桜花をみんなにメールして、水上バスのチケットを求めに走った。

  〈今宵散る桜花の姿刻み込む〉 鶴輪 (人賞)


    

 リニューアルした東武松屋ビルの屋上から神輿とセットでスカイツリーが撮影できる。

 今や全そに欠かせない頼りになる男前だ。

  〈散る花を水面に残す風の跡〉 酔徹 

  
            隅田公園の一葉さくら

 来週、花魁道中が行われる一葉通りの桜はすでに葉が出始めた。隅田公園の一葉さくらはいまが見頃である。

  〈その先の笑顔届けて花散らし〉 心筋

     
             山の宿の渡し跡

 2013年は二天門乗り場、この川岸から出船だ。

 ここは、言問橋が渡されるまで、かつて渡し舟が地元浅草の民と向島の村人の日常の足であった。

 花まつりの会場、竹屋の渡しと千住に向けて、いくつも舟付き場が存在した。

   
  
           東京水辺ライン〈あじさい〉

  〈花と舞う春の嵐やすみだ川〉 博乱

  
〈花嵐波立つ酒に酔いしれて〉


  

 全その面々も順々に乗船する。

 寝坊したと連絡のあった会長。新雑誌の入稿作業でどうやら徹夜明け。間に合ってよかった。

  〈暑シ寒シと人も桜も右往左往〉 倉女

  

  〈嵐来て春の鴨女も酔いしれる〉 海光


  
      
 向かい合わせの船内で、大人しく!?静かに、宴会を始める。

 クラシックラガー、特別純米酒、スペインワイン、スパークリング日本酒、芋焼酎桜島とどんどん胃の腑に収まっていく。

 やはり通常時より、波間が大きい。その揺れに負けじと、酒に酔う。

  〈花びらを鋭く射抜く春嵐〉


   
         北海道の酒〈國稀〉

 前号でお伝えした、優女さんの差し入れ、特別純米〈國稀〉を2本開ける。

 上品過ぎない武骨で微かな琥珀が、本物であることを証明している。

 雑味は一切ない。

 口に含むと、北の壮大なる田を渡る爽快が広がる。

 あっという間に、空になっちまった。

 優女さんの親身な気っ風に感謝!!

  〈小夜嵐白き白壁春は老い〉 優女


  
                 永代橋

 江戸湾へ近づくと、悠々たる大川の流れが心地よい。

 封建にはない、レインボーブリッジを頭の上に見上げ、こんな角度で見ることはないよなと頷き合う。

 顔をふれば、すっかり主役の座を奪われた感の東京タワーがデンと、格好いい!


       
 数年ぶりに会う旭嬢は、俳句の先生に付いて臨んだ。親友丹丹さんのキャラが明るい話題になっていた。

 

 舟を降りて、仲見世を冷やかした。

 暴風雨に備え、大提灯が畳まれている。珍しい写真は、三社祭の時以来かな。


              五重塔前

  
       三社祭の本社神輿三基そろい踏み

 来月は三社祭だ。この三基を中心に、町内の大人神輿、子供神輿が町中を練り歩く。

 本社のお神輿は、当日サラシを巻いての喧嘩神輿仕様となる。絢爛な装飾が見られたメンバーたちは幸運だった、と思う。

  
              助六と美女たち

 勧進帳さながらポーズを決める全その美女たち。どこにいても、スカイツリーが映える。

 小雨のなか、舟酔い!?醒まし。銀座線の怪しい地下街は昭和の匂いが立ち込める。
 
 さ、いよいよ吾妻橋を渡って本所に入る。

  
           本所〈稲垣〉

 ぞろぞろと、押上のツリーを見上げ、地元もつ焼きの雄〈稲垣〉の暖簾をくぐった。

 ここはアニマル浜口さんが若い頃から通う。楽太郎師匠もよく訪れる店だ。

 博乱兄も到着し、いよいよ句会へと突入す。

  
        離れの二階座敷

 舟で散々飲んだけど、歩いた後のビールがノドに応えるな。

 稲垣自慢の怒涛のコースの始まりだ。

  〈花惜しむ嵐の夜の句会かな〉 丹々

 
 
 
 

 突き出しはとろろにトビッコをあしらったさっぱりしたもの。

 刺身の盛り合せに、肉厚のもつ焼き、天ぷらの盛り合せとつづく。

 特注したのは、名物の稲バーグと稲グラタン。どちらも女子が好む味。

 濃厚なもつ煮は一人ひとつずつのボリューム満点。箸でつまめるほどのトロ味が魅力だ。


 「はい、では、18時半に投句締切ります」 と声をかけると、

 「…………」

 男前も姐さんも、皆の衆、とんと黙り込む。

 寝ているのか、詠んでいるのか、途方に暮れているのか…。

 冒頭から紹介した俳句は、こうして真面目な呑んべたちから生まれるのだ。

  〈乱々と読んだ俳句は嵐々と〉 弾前

 

 貼り出した俳句は、割り箸で挟んだ。

 なければないで、知恵が出るものでござる。


  

 天賞の会長、さすがでござる。狙って取れる男ナリ。

 賞品は、遠赤外線効果のあるスモークができる土鍋。ししゃもも、ウインナーも、チーズも5分で褐色のいいツマミに。独り寝のお供にどうぞ。

  

 地賞は恋狼。神谷バーのグラスと電気ブランをセットで。

 ブランはギンギンに冷やして飲んでくださいまし。 

  

 人賞は、浅草薬研堀の春の限定セット。

 名物の七味はもちろん、お茶漬けや佃煮がいろいろと愉しめる。

 春の嵐をものともしない、全そのみんなの情熱があってこそ。

 発表が済んだあとは、気楽なもの。

 こちらも名物餃子鍋に、〆のラーメンを入れて、一同すする。

 皆の衆、ご参加ありがとう。

 優女さん、倉女さんもメールでの投句に感謝。

 最後は、全そのエンジェル、天女さんの希望の句で締める。

 
 〈春荒れて明日を思う希望花〉 天女


 こうなれば、秋の北海道遠征句会、なんとも実現したいものである。

 ではひとまず、ご機嫌よう 
   

コメント (5)

清親に出会う。

2013年04月01日 | ☆文学のこと☆

  
             「小林清親」の浮世絵

 季節の変わり目の寒暖は古くからある現象だろうが、今年ほど酷いものも珍しいのではないか

 3月中旬に5月並みの温暖が訪れ、桜も大慌てで開花した。

 ところがどうだ。満開になってみれば、三寒四温なんて、生易しいもんじゃない、寒波が再び舞い降りた。

 先々週末は地元で花見を決行。息子のノロに寒風と疲労が覆いかぶさり、カラダが機能を失った。

 先週末も聞くだけで親しい人々が、花見を計画し、その余りの寒さに茣蓙を畳んだようだ。

 まるでお天道様が神をも恐れぬ人の所業にお灸をすえているかのようであるが、桜に関していえば、これだけ長く愉しめる年もない。

 清親の光線画のような四季折々の季節感が、美しい陰影を刻む時代がなつかしい。

 杉本章子さんはどうして遠く九州にいて、お江戸の市井をあれだけ描けるのだろう。

  
               向島の風景

 ご覧の絵は、おいらが生まれて間もない時期に集英社が刊行した「浮世絵体系」の清親の中からとったもの。

 内勤になって久しぶりに神保町の書店に出掛ける用事があった。その帰りに、破格の古書と出会ってしまった。

 小林清親と、春章の作品。ほか、豪華「肉筆浮世絵」 を衝動買いした。

 浮世絵体系は、縦43.0cm×横30.0cm×厚さ2.8cm 143ページ 3.1Kg。 二冊で6.2kg。肉筆にいたっては、一冊でその二冊分はあろうかという重さ。

 会社まで、自宅まで腕の筋トレには十分な重厚感である。そして、いつでも見られるという満足感もたっぷり。

  
                今戸夕景

 この今戸から山谷堀が通っていた。

 いまや花見の名所でもある。

 今年は今戸神社も陽の年で、本社神輿が出る。6月がいまから待ち遠しい。

 絵の今戸橋跡からほど近く、竹屋の渡しの石碑がある。

 ここで、この週末「第25回 桜橋花まつり」が行われる。

    
                    湯屋

 賑やかな湯屋に見えるように、下町の春はどこもかしこも笑顔でいっぱいだ。

 杉本さんの作品で知った清親だが、晩年紙洗橋に暮らした荷風大老も好んだ画家だとこの時代の博識、優女さんから教えてもらった。

 清親の写実も味わいがあっていいが、光線画の後描いたポンチ絵も風刺を効かせた心意気もみせる。

 墨堤の露天は3週続けての花見となる。

  
             特別純米酒「国稀」

 その花見句会に香りを添えようと、全その華、優女さんが北の誉れを送ってくれた。

 枝に残る桜の花びらを惜しみながら、皆で黄金の滴を飲み干そうと思う。

 酒は純米に限るとは、小林清親と同じ姓の画家小林豊氏の名言である。おいらもまったくの同感。

 合羽橋と仲見世を回って、句会の賞品も準備した。

 当日は気温もあがり、穏やかに晴れ渡るなかでの会合となるだろう。この週末まで持ってくれよと祈るばかり。

 山の宿の渡しに、集まる粋な兄さん、姐さん。

 大川を往復する出船に間に合うよう、皆さんよろしゅう

   
  「花ひらり 清明までの 命かな」 海光

 

コメント