週刊浅草「江戸っ子瓦版」 -のんびりHiGH句な日々-

文学と食とRUNの日々を、PHOTO5・7・5で綴るエッセイ♪

2019年幕開け

2019年01月04日 | ★江戸っ子エッセイ★




【穏やかな水面に映える初春や】酒上乃不埒


 新しい年が明けた。

 恒例にしている元旦朝のRUNで幕開け。

 大川で初日の出を拝む。

 大勢の民を、川面に映るスカイツリーが静かに佇んで見守っている。 

 いいお正月になりそう。





 干支は猪。

 猪突猛進、猪鍋、みなさん猪にどんなイメージがあります?

 あっしは年男ではないが、元来考えずに突き進む性分。

 時代の流れか、時間がすごい勢いで過ぎてしまう。

 そんな時代だからこそ、一度立ち止まり、熟慮して進むことを目標にしたい。 

 

 


 浅草神社に福の神。

 おめでたいことはいいこと。

 あやかっていきましょう。




 初めて一般参賀に。

 朝から三時間半並んだ。

 長和殿の前まで進み、ここから一時間、と思った直後、

 お昼休みを繰り上げていただいた。

 陛下のお心は誠にお優しい。

 右に左には関係ない、ファミリーや若い人、外国人も多く参列していた。

 一目会いたい気持ちは、そのまま飾らぬお人柄ゆえだろう。

 2019年も平穏な日々が続きますように。

 本年もよろしくお頼み申し上げまする。

コメント (5)