週刊浅草「江戸っ子瓦版」 -のんびりHiGH句な日々-

文学と食とRUNの日々を、PHOTO5・7・5で綴るエッセイ♪

はじまりのうた ♪ と ONCEダブリンの街角

2015年08月29日 | ★映画★



 
 また映画の話し

 目黒の小さな映画館で、二本立てを観た。

 二つとも、ジョンカーニー監督の作品だ。

 最初は、全米でも単館系から俄かに広まった話題のはじまりのうた。


 摩天楼ニューヨークが舞台だ。


【サンバの音熱過ぎ去りし虫の声】哲露






 掴み、キーラナイトレイ(グレタ役)の掠れた声音がいい!

 静かな出だし、ギターのたよりない旋律が聴かせる。

 ネタバレになるが、この冒頭シーンが複層的に撮られ、演者の視点と心の動きの変化を捉えているのが見事。

 ジョンカーニー監督の才能だろう。

 キーラは好みの女優だが、ギター片手に本格的な弾き語りを聴くのは初めて。

 気のせいだろうか、いつものスクリーンより自然体な印象を持った。

 ハリウッドにしては低予算だから、こうした気取りのなさが醸されるのだろうか。





 ニューヨークのローカルな街角で、アルバム用の録音をしていくのだが、これがカッコいいんだね。

 恋人役デイヴには、グラミー受賞のロックバンド、マルーン5のボーカル、アダムレヴィーン。

 アカデミーこそ取れなかったが、ボーカルにさすがの貫禄をみせている。楽曲はきっとラジオでも耳にしたことがあるはず。

 そして、大好きなキーラ以上に輝いていたのが、ダン役のマークラファロ。

 かつての名プロデューサーも今ではどこにでもいる呑んだくれのオヤジ。

 成り上がった感じの彼のジャガーがニューヨークを疾走するシーンに胸が踊る。

 ビリークリスタルの剽軽さ、ウォルターマッソーの酔っ払いのお惚けを想い出す。

 マーク曰く、ウェインコインをお手本にしたという。

 ウェインは、ザ・フレーミングリップスのシンガー。

 モシャモシャ頭と奔放さがうまく映像に活かされている。

 ユーチューブで聴いてみた。

 緩い感じのボブディランって感じで、自由な空気を感じられる。

 ホームレス寸前のダン、堅実な人生から転落したグレタ、成功へ上り詰めた挙句彷徨うデイヴ。

 憧れの彼のために背伸びするダンの娘バイオレット、一度の裏切りから乾いた関係の妻ミリアムも好演。

 とにかくストーリーの構成、キャスティング、楽曲、どれもが心地よい。

 個人的には、グレタの心の友、スティーブ役のジェームズコーデンの配役がお気に入りだ。

 彼がいい繋ぎになり、映画の質が保たれている。





 恋、裏切り、親子の葛藤と絆、男女の複雑な関係、努力、成功、落ち目、友情、 ニューヨークの風、そして極上の音楽。

 その心地よい音の中に、役者ごとの物語が、絶妙なバランスで描かれている。 

 女性には男の僕からみても可愛らしいグレタのファッションも見もの。

 気丈で一本気な彼女がこんな格好をしていたらイチコロだわ。

 ギャップ効果ってヤツさ。





 久しぶりに、気分の晴れる104minだった。

 グレタは何よりも真っ直ぐでセンシティブ、ダンの男っぷりはキュート。

 同じ曲を、2本のジャックで聴きながら街を行くダンとグレタのシルエット。

 なんて、粋な演出なんだ。

 とにかくこのムービーのセンスを観て欲しい。

 原題は[Bigin Again]、読んで字の如く、もう一度始めるってこと。

 俺も今からまた始められるってことかな。

 20代の頃のように、何も恐れることなく、知らない国を一人旅したくなった。

 こんなに音楽への愛が溢れる映画って久しくなかったよ。

 何度も観たい。

 そんな作品に出会えるって人生も捨てたもんじゃないな。






 はじまりのうたの、ジョンカーニー監督の出世作

 こちらは暗いよ(笑)

 さすがアイルランド、ダブリン。

 北の街に立つ30代のストリートミュージシャン、グレンハンサード。

 彼の歌を熱心に聴く、チェコの移民マルケタイルグロヴァ。

 花売りで生計を立てている彼女の唯一の愉しみは、楽器店でピアノを弾く時間。

 掃除機の修理をきっかけに、急速に近付く二人。





 台詞も最小限で、カメラワークはアマチュアのような親しみを憶える。

 お金をかけなくても、こんなにじんわりと心に沁み入る作品ができるって素敵だ。

 何かを置き忘れてきたような想いに、私自身も胸を締め付けられる。

 U2のような迫りくるグレンの声はときに過剰を感じたが、

 一人夜のダブリンの街で歩きながら歌う、マルケタの旋律はノスタルジーな悲しみを誘う。

 寒々しいアイルランドの荒海、

 アマチュアながら、プロのスタジオエンジニアを魅了し、徹夜で仕上げたデモCDの完成を祝って、

 浜辺でフリスビーをするシーンがとても映像的で素敵だ。

 暗く、哀しみ満ちた作品だけど、心に迫る何モノかがある。

 完璧でないありふれた日常は、ハッピーだけでもなく、哀しみばかりでもない。

 家にこもりがちな、ダブリン的厳寒の季節に、オススメの一作だ。





 20代の始め、一人でスコットランドに降り立った。

 本場の安いスコッチ、テイクアウトの中華、バグパイプの音、エジンバラ城、寝台の出会い。

 二度と戻らない青春。

 たまらくなく退屈で、たまらなく孤独でいたあの頃。

 いろんなことを思い出したよ。

 ミュージカルでない、こんな楽曲だらけの映画もいい

 
 

コメント

水かけ祭り

2015年08月23日 | ★江戸っ子エッセイ★




 ついに行ってきた! 深川の水掛け祭り

 近いわりに、夏のこの時期に行ったことがなかった。

 富岡八幡宮の祭礼は、江戸三大祭りの一つと言われる。

 暑い季節にぴったりのお水まみれがいい。

 お神輿、担ぎ手、ちびっ子、みんな道々でお水をかけられている。

 見ていても気持ちよさそう。




 
 本家、一ノ宮のこのデカいこと!

 なんと4.6トンあるという。

 あまりの大きさにため息がでるが、その大きさゆえ毎年出すことができないのが悩みらしい。

 そのために作られた二ノ宮がかつての水郷の町を練り歩く。

 その二ノ宮も三社の宮神輿くらいに大きんだけど。
 




【照ら照らと燃える神輿に水掛けて】哲露 


 放水があちこちで始まる。

 半纏も担ぎ棒もカメラもすべてが水を浴びる。

 日に当たるお神輿に虹が出そう。

 これが見たかったのよ。

 晴れて念願叶った。
 




 
 太鼓を打つ人、和服で唄う人、焼く人、食べる人、飲む人、担ぐ人。

 それぞれに祭りを楽しんでいる自由さがいい。

 深川はあさりの町。

 浅蜊で炊いた深川飯はあまりにも有名だが、串でも売っていた。

 ビールのつまみにがぶり!
 



 
 三社祭を見慣れた浅草っ子には珍しい棒が見える。

 縦に六本渡された担ぎ棒。

 長さも長いし、サイドも二本あるので、たくさんの人が担げる。

 わっしょい、わっしょい!

 整然とした担ぎ手たち。

 鳥居をくぐるのだが、見事綺麗に一発で決まる。

 三社祭じゃありえない。

 品がいいのか、息が合っているのか。

 同じ下町でも、その土地によって、人柄も変わるんだね。

 喧嘩は江戸の華というければ、平和主義者のおいらはこの祭りに見習いたちと思った。

 2年前に観た、相州節を唄いながら、海へ入る茅ヶ崎の浜降祭もよかった。

 伝統の祭りって、やっぱりいいね

 来週の浅草はサンバカーニバル。

 花火大会の復活したすぐ後、昭和56年から継続している。

 まだ子供だったおいらは、こんなに続くと思わなかったよ。

 処暑は寂しいけど、まだまだ夏は続くのだ

 

コメント

【戦争のない20日間】【道中の点検】アレクセイ・ゲルマン監督

2015年08月15日 | ★映画★




 世間はお盆の真っ只中、今日は終戦記念日である。

 蝉時雨が緑に映え、ひと時の静けさが訪れる。

 灼熱の土の上では高校球児が必死の汗を流し、四年ぶりに再稼動された川内原発や国会周辺、各地では老若男女が切実の声をあげている。

 首相が独りよがりの声明を読み上げる中、桜島や箱根では地殻変動、噴火への警戒がそこで暮らす人々を不安にさせている。

 人が人を殺す道具やお膳立てを抑止力というなら、同じ金で人を守る道具や支援に力を入れないのは何故だろう。資本主義経済の名の下、たっぷりと肥え太った偽政者や金満家は儲からないものには汗を流さない。

 話題のターミネーターの最新作を観た。核兵器の保有を抑止力だと競い合う人間の愚かさを皮肉るように、人が作った道具(機械、ターミネーター)が人を殺していく。使用しないことを前提での抑止力だが、およそ、人が制御できない核、それを兵器として持つことはいつでも使えることもまた前提であるはずだ。この終焉が絵空事と思えるほどに、浮世は単純ではない。

 憲法9条、ベトナム、過去の経験がキーワードとして人々の心の根にある限り、人が人を殺すことへの忌避感が強まっていることもたしかなのだから、ターミネーターのように、人の代わりにロボットが戦争をする時代も決して否定できるものではない。

 果てして、娯楽映画の世界だけだ、と割り切ってよいものか。


 

 
 早稲田松竹で、アレクセイ・ゲルマン監督の作品を上映していた。

 【道中の点検】は1971年、アレクセイの父ユーリーゲルマンの原作を映画化したものだ。かつてのスターリン体制を批判するものとして、ペレストロイカ以前の共産主義国では上映が禁止された事実がある。

 人が自由に芸術を発表できない体制下の恐怖、偽政者がマスコミや社会へ口封じを声高に叫ぶ現代において、このことをいまこそ熟考すべきではないか。

 物語は1942年、ナチスのソ連北西部への侵攻を背景とする。すでにユダヤと反ナチスのロシア人に対しては徹底した殺戮と食料すら与えられない過酷な強制労働が行われていた。

 ナチスとそれを支援するロシア人が闊歩する占領下において、ロシア軍が支援するパルチザン(ゲリラ)が暗躍していた。捕虜となったユダヤ系ロシア人は、裏切り者とされ、同血に捕縛され辱められ殺される。
 自ら投降したラザレフもその一人だった。ナチスを殺すテストを強要され実行しても、ロシア人将校から一向に信用してもらえない。ラザレフはかつての同胞にもう一度信じてもらうため、一緒に戦うために、危険な任務につく。

 戦前には一介のタクシードライバーでしかなかったラザレフのような男が何故人殺しをしなければいけないのか。反共、反ファシスト、どこに違いがあるのか。結局、殺戮と略奪でしか手段がないことが救いのない愚挙である。

 合法的?な人殺しの明確な答えは、戦争でさらに大きな力を得ようという権力者の傲慢と、それを許した大衆の無知と無関心ではないだろうか。

 ラザレフの孤立した寂しさ、それを救おうとしたパルチザンのロコトコフ隊長の最後の眼差しの映像が印象に強く残った。




 
 もう一作、【戦争のない20日間】。

 この作品でゲルマン監督はようやく日の目を見る。フランスのジョルジュ・サドゥール賞受賞した。

 原作は、コンスタンチン・シーモノフの「ロパーチンの手記より」。

 孤独で寡黙な少佐役の主人公ロパーチンは喜劇界のベテラン、ユーリー・ニクーリン。戦場から戻る汽車で出会うヒロインのニーナ役はリュドミーラ・グルチェンコが扮している。内に込めた感情を抑えた演技、ときに垣間見せる激情が素晴らしかった。マルチェロマストロヤンニ、ソフィアローレンのひまわりを連想した。空爆の音の再現にまでこだわった活写リアリズムは、地味だが渇いた土に染み入る汚濁のように心に広がる。

 帰国の車中、従軍記者のロパーチンに浮気された女房への思いの葛藤を告白し、手紙を書いてもらう兵士の割り切れない切なさ。ロパーチンもまた再婚する女房との手続きのための帰省でもあった。ニーナも亭主が逃げて舞台衣装の縫製の仕事をしながら男の子を育てる気丈でか弱い女。ロパーチンにとって、ニーナにとって束の間の休暇の持つ意味を考えると、観る者もやりきれない思いに駆られることだろう。
 
 戦地へつながる土地での僅かな休暇のなか、ロパーチンは妻と新しい夫のために冷淡なほど優しく清算をする。その同じ男が夫に捨てられたニーナに淡い恋心を抱く。二人が荒れた道を離れがたく歩くシーンが微笑ましくも切ない。戦地へ旅立つ日の素朴で楽しげな食卓風景が悲しみを誘う。戦場の場面は少ないが、その日常にこそ抗えない暗黒の時代がそこかしこを覆っている。すなわち、これが戦争なんだ。

 ロパーチンが冒頭にいう台詞。スターリングラードや各地の戦を経験したはずだが、いまは朧げで何も思い出さない。思い出すのは、20日間の休暇の前に、仲間と海岸の砂地を歩いたシーンだけである、と。

 昭和四十年代浅草に生まれた私は当然ながら、戦争に参加したことはない。ベトナム、アルゼンチン、アフガニスタン、イスラエルで起こったことを、ニュースや文学で学ぶしかないが、あたかも体験したかような戦記リアリズムの映像から滲む、監督の戦争への冷酷なまでの憎しみと愚かさの訴えを感じた。

 残念ながら、監督は亡くなってしまったが、作品は永遠だ。DVDでも観られる。この映像をぜひ体験されることをオススメする。

 何のために人は生まれ、何を為すのか。


【終わりなき拳の果てに蝉時雨】哲露


 一人ひとりがそう問う束の間の休暇もまた必要な時期なのだと思う。

 ぼくもまた本当の殺し合いについて何も知らないのだ。

 それでも知ることを恐れたり、無しくてはいけないことだけは判る。

 様々な思いを込めて、合掌


コメント

すみだがわ。

2015年08月08日 | ★江戸っ子エッセイ★



 
 炎暑が続く日本列島

 140年の観測史上いまだかつてなかった連続8日の真夏日だとか。

 それでも暦の上では立秋。

 だがどんなに暑くても、わたしは夏が大好き。

 Tシャツ、短パン、軽装で過ごせるし、

 海に入ろうが、シャワーを浴びようが、髪がすぐに乾く。

 夕涼みの小上がり、汗をかく瓶ビール、なんて素敵なんだ。

 夏に向かって生きてる私は、秋という言葉を目にするだけで淋しくなってしまう。

 朝方、アサヒビールのビルにスカイツリーが映る。

 黄金に染まるツリー、何ともいえず美しい!

 蝉時雨の嵐の中、隅田川を走る。


 


【清洲橋水面流るる夏の涼】 哲露

 
 小名木川に鎮座するのは、かの芭蕉公。

 朝と夕と、なんと台座の向きが変わる。 

 遊び心溢れる趣向、知ってました?

 芭蕉記念館もこのすぐそばにある。

 翁は川を見ながら、何を想っているのか。


 


 そのすぐ横に正木稲荷。

 おできの神さんなんて珍しいこと。

 芭蕉庵があった名残とか。

 ご立派な稲荷なり。


 



 して、こちらは芭蕉稲荷大明神。

 お狐さまと蛙さんがおりやす。

 まったく上達しないのだが、芭蕉公をいつも心のそばに置いて詠んでいる。

 すみだがわ 蛙飛び出す 屋形船

 お粗末。






 そして、今年もっとも熱いのは、この話題。

 戦時中の思想を取り戻すべく動き続ける、ある種凄い連中がいたもんだ。

 デモや声を上げる市井の人々や若者を上から目線で威嚇する偽政者たち。

 自由にモノ申すことができる国でい続けるために、微力ながら私もできることを行動したいと思う。

 偉い人たち、市井の声に蓋をしちゃあお仕舞いよ。



 


 酷暑の中、ひるまず声をあげ続ける人々。

 黙っていられない。

 黙っていたら、後世、子供や孫の代に言い訳ができない。 

 みなさん、そんな心持ちなんだろう。

 流される日々だが、いまこそよく考えて毎日を生きたい。





 吾妻橋アサヒビールの隣に立つ、勝海舟。

 お江戸を火の海にしないため、西郷隆盛との会談で争いを避けたのはあまりにも有名。

 前段で山岡鉄舟の命を顧みない行動もあった。

 勝さんの指差す先に、きっと明るい未来がある。

 隅田川のランニングコースには、こんな史跡がた~くさんあるのだ。






 人形町で食べた京粕漬けの魚久。

 ここは西郷さんが晩年暮らした屋敷跡だとか。

 みなみマグロの粕漬けもさることながら、魚沼産のコシヒカリがつやつやとした甘さと旨さが絶品だった。

 人は何故、マッチョな思想に走るのか。

 拳を振り上げ、玉を込め、ミサイルで威嚇する。

 その先の愚挙を学ぶのが歴史ではないのか。

 ヒトの制御不能なモノはいらないよ。

 大切なヒトと、平和に、笑顔で美味しいモノを食べられる幸せ。

 わたしはそれだけを望む

  

コメント

暑中お見舞い申し上げます⭐︎

2015年08月02日 | ★江戸っ子エッセイ★




【水を打つうちわの風が酒のアテ】哲露


 夏本番、8月に入った

 旧暦の名残で、この月を葉月と呼ぶ。

 南から大風が来ることから、南風月(はえづき)が語源とも言われるらしい。

 西瓜、ビーサン、江戸風鈴の音、浴衣、うちわ、汗のかいたビール瓶、水打ち、麦茶、夕立ち、甘酒。

 夏を連想する風物詩は数多ある。

 されど私のなかでは大川の花火がいちばん象徴的。

 今年は適度に風も吹いて煙も流れるラッキーなコンディション。

 夕暮れから暮れ八つ。

 隅田川を見下ろす夜空に華が咲く。




 
 隅田川花火の日の早朝ランニング。

 第一会場桜橋では、スカイツリーを背に、打ち上げ場の設営をしている。

 ここらは夕方には通行止めになってしまう。



 
 隅田グラウンド、リバーサイド競技場は、燃えかすが飛んでくる。

 だから、翌日のお掃除のためにシートを引いていく。

 あっしはランの後、この裏手にある屋外プールに飛び込む。

 そのプールを見ながら、設営の方がつぶやく。

 「ああ、プールに入りながら仕事できたら最高だな」

 まったく、苦労さまですな。

 この方々あっての花火。感謝しなくちゃいけねえ。




 
 夕焼けがでる。

 美しいグラデが気分を盛り立てる。

 枝豆、冷製サラダで、ビールを飲む。

 ああ、正しいお江戸の夏がきた。

 空砲の度にベランダへ出るが、まだかいな。

 テレ東の放送で確認しながら、行ったり来たり、花火が待ち遠しい。





 ついに上がった。

 大輪の華にあちらこちらで歓声が上がり、嬌声が響く。

 明るいうちの花火もいいもんだ。






 享保17年(1732年)の大飢饉、疫病で大勢の民が亡くなった。

 翌年、時の将軍吉宗は、犠牲になった民の慰霊と悪霊退散を祈念し、水神祭を行った。

 その際に、両国の料理屋が公許を得て花火を打ち上げたのが大川両国の花火の始まり。

 何事も始まりがあり、終わりがある。

 昭和53年に復活して、隅田川花火となる。

 当時小学生だった私は、夏のたびに花火を観て育った。

 バブル全盛の頃には、友達、知人を誘い、屋上で大宴会を開いた。

 いつまで続くだろうか。

 折しも、きな臭いことが叫ばれる昨今。

 平和な花火の燃えかすが、孫の代まで続くことを祈りたい。

 珍しく仕事に出る前の朝と帰宅後の晩と、執筆してた。

 浅草の民の優しさと強さ、悲しみと切なさを書いている。

 きっと、これからも。。

 そんなわけで二週間ぶりの更新でした、すみません。

 大好きな夏。

 皆さんにも楽しい思い出を作って欲しい。

 どうか水分補給をして、ご自愛くださいませ
 

コメント