fromイーハトーヴ  ーー児童文学(筆名おおぎやなぎちか)& 俳句(俳号北柳あぶみ)お知らせ及び防備録 

 近況はツイッタ(https://twitter.com/magoyasiki)に。*記事の無断転用はお断りいたします。

登戸研究所

2017年02月18日 | 日記
 現在の正式名称は、「明治大学平和教育登戸研究所資料館」です。
 明治大学生田キャンパスの一角にあり、建物は旧日本軍が建てたものを手直しした築70年。
 当時の正式名称は、「第九陸軍技術研究所」。戦争には必ず存在する「秘密戦」のためのものでした。スパイ活動のため、宣伝のための秘密戦兵器が開発されていたわけです。電波兵器や風船爆弾、中国の偽札などなど。正直いって、その展示のすべてを理解はできませんでした。
 でも、かつて前線で行われていた戦いの裏で、ここでさまざまな研究をしていたといいことはわかります。戦争というのは、そういうもの。
 私が生まれる十数年前のこと。まだ100年も経っていないことなのです。

 楽しいところではありませんが、行ってみてください。
 解説ビデオも視聴できるのですが、中国で捕虜を人体実験していた方の証言などもあります。有名なのは、731部隊ですが、別のところにいた方。捕虜を人間だなんて思わなかった。そういう意識になってしまうのが戦争だというようなことをおっしゃっています。
 この後、兵隊経験のある方がどんどんいらっしゃらなくなるでしょう。
 ちゃんとバトンを受け継ぎ、同じ過ちを繰り返さないように。「くさい」けど、そう思います。
 多くの児童文学者さんたちが、平和活動に熱心なのですが、ホントに大事なこと。

 
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

「エイエイオー」アップしました。

2017年02月10日 | 自作紹介
 先月アップした「コハクのうた」、たくさんの方に読んでいただきました。
 今月も、やはり震災をテーマにした作品です。「コハクのうた」はファンタジーじたてでしたが、こちらはリアリズム。

 おおぎやなぎちか作品集 ← 読んでいただけたら、嬉しいです。

 義妹が大船渡市に住んでいて、あの日から1週間、連絡が取れませんでした。生死も家がどうだったかもわからずにいたある日、東京にいる姪が、テレビの画面に映っていた自宅を見つけたのです。どれほど食い入るように見入っていたことか・・・。義妹の嫁ぎ先は、お茶屋さんだったのですが、そののれんがあったのです。
 そんなことを、創作の中にも取り入れさせてもらいました。

   陸前高田市 2011年 

 その後、義妹も家族も犬も全員無事だったことがわかりました。3軒となりの家は流され、となりまでは床上浸水だったのです。

この記事をはてなブックマークに追加

狩の宿(神奈川県南足柄)

2017年02月05日 | 日記
 小田原から大雄山線で25分さらにバスで山を登ったところに、猪狩りの宿があります。狩猟シーズンは、冬。狩り、狩の宿、猟夫、狩の犬、などなどが冬の季語。
 私が吟行で出かけたのは、立春の翌日なので、猟名残の時期。でも、まだ冬の季語もオーケーだよね。ということで、臨場感あふれる句がたくさんできました。
 毎年、「童子」神奈川句会でここを吟行しているので、1度出かけてみたかったのが果たせました。

 ちょっとここへ載せるにははばかられるような、仕留められた鹿の頭が無造作に置かれているところとか。(うーん、目がしっかりと開いている)その鹿の血をおぼしきものが、あちこちにそのまま残っています。

猪の皮は、このあとどうするということでもないようです。(堅いので、利用価値がない)

 ここは、金太郎の生家の跡があり、金太郎が遊んだという大石があり、その奥にある夕日の滝は、金太郎の産湯に使われたとか。寒垢離(かんごり)も行われるところです。この日も、若者達がこれから滝に打たれるとのことで、その前の禊ぎをしているところでした。




 入口に鹿の血残る狩の宿  あぶみ  と作ったものの、似たような句がごっそりと出て、この句に関しては、鹿の血だというのは聞いたからわかったことで、見てわかることではない、血が残っているだけでいいという指摘に、なるほどとうなずき、かと言って直したら、他の方の句と同じになるので、捨てるようかなあ。
 ともあれ、非常ーーにおもしろかったです。
 タケちゃんという狩の犬、猟犬もいました。
 猪に後ろ脚をえぐられた犬とか、句材にはことかきません。

 股ぐらに甘えてきたる狩の犬  佐藤 信 (『角川大俳句歳時記・冬』より) 信さんは、神奈川句会世話人。毎年たくさんここで作っていらっしゃる。

  
 鹿の肉は、おいしいらしい。薄くスライスして生でなんてこともおっしゃっていました。

 猪鍋を食べることができるうどん屋さんがあったのですが、テレビで紹介されたらしく、満杯だったので、パス。でもずーっと前に、一度猪肉、焼いたのを食べたことがあったなあ。

この記事をはてなブックマークに追加

ながびいていた咳・・・副鼻腔炎が原因だった?

2017年02月04日 | 日記
 咳が出始めたのは、北上で舅の介護をしていたころ。なので、もう3年も前です。
 最初は風邪かと思い、風邪薬を出していただいていたのですが、治まらず。でも、風邪をひけばだるいという症状もあるはずなのに、まったくなかったので、放置していました。ぜんそくのような苦しさでもなかったし。
 
 介護が一段落してから、東京の行きつけの医院でずっと咳が続いていますと言ったら、レントゲンを撮り、肺に影がありました。結核の可能性があると言われ、検査。ドキドキでしたが、結核ではなく、ではなんだ? ということでCTを撮り、大学病院へ。気管支拡張症と診断されました。でもそんなにひどくはない。気管支拡張症は治らないもの。とも。
 ただ、咳が続いているのはおかしいということで、ぜんそくの検査をしたら、軽い喘息がありという結果に。

 吸入薬とシングレアという飲み薬などをいただき、定期的に通い、でも症状は変わらず。とりあえず、こんな感じでずっといくのかなあと思って、近くの医院に切り替えました。漢方薬も飲みました。
 薬を飲んでも飲まなくても、咳の状態はあまり変わりませんでした。
 そんなにひどくはないのです。コホコホとしょっちゅうやっている。仰向けの状態になると、だいたい必ず出ました。(美容院で髪を洗うときなんか、必ず)
 それで、ずっと薬を飲んでいるのもいやで、徐々に飲まなくなっていました。

 なぜ、こんなことを書いているかというと、もしかしたら、咳が長引いていて、検索でいらっしゃる方がいるかも? と思うからです。一人でもお役に立てたら嬉しい。

 結論。治りました。
 昨年末熱を出したとき、これまでとは違う呼吸器内科を受診しました。このとき、やはり咳はひどくなり、夜など、横隔膜のあたりが痛くなっていたのです。
 咳が長く続いている、大学病院で、気管支拡張症、ぜんそくと言われている等伝えたところ、「大学病院での検査結果以上のことは、ここではわからない」と言われながら、抗生物質(熱があったので)、吸入薬などいただきました。そして、これまで出たことがなかったものがひとつ。
 点鼻薬です。こちらの医院のHPに、長引く咳の原因のひとつに、副鼻腔炎がある。と書いていたのです。念のためこれも出してみましょう、的でした。
 これが、効いたとしか考えられません。
 気づいたら、今ほとんど咳をしていません。
 私は副鼻腔が人より広いというのは、以前歯科医院で言われたことがありました。副鼻腔炎になりやすい、とも。症状はとくに鼻水がでるなどもなかったのですが、副鼻腔炎だったのかなあ、そしてそれが原因で咳が出ていたのかなあ。

 とにかく、この咳と、一生つきあっていくのかと覚悟をしてもいたもので、ありがたく思っているという現状です。
3年も咳をしていたなんて、今思えば、ふつうじゃないですね。

 かかった医院は、名前はどうなのかな? と思うので書きませんが、日野市高幡不動駅前の呼吸器内科です。こんど何か(風邪とか?)で行ったら、お礼を申し上げなくては! 

この記事をはてなブックマークに追加

北上川

2017年01月31日 | 日記
40分くらいの散歩の終点はここ。北上川の岸です。

  榧(カヤ)の木です。これはかつて、弘法大師が対岸へ渡るための舟がくるのを待っている間、数珠を一粒植え、それがこの木になったとか。秋には辺り一面に実が落ちます。その実を拾って、燃やして霊を祓うとおっしゃっていた方がいました。

 

 

 

 似たような景色ですみません。わけあって、記録しておきたいので。

この記事をはてなブックマークに追加

始原への回帰ー胆江地方の修験道 (えさし郷土文化館)

2017年01月31日 | 日記
 期待を大きく上回るすばらしさでした。
 小さな展示室での企画展なのですが、展示されているひとつひとつがすばらしい。本物ですか? ときいてしまいましたよ。本物でした。だから、伝わってくるものがあるのだろうなあ。どれが何というのをメモっていないので、記憶です。
 (撮影、個人のブログやツイッター等への掲載はOKという太っ腹もよかった)

  不動明王は修験者を守るものなのだそうで、たくさんありました。

  変わった形。初めてみました。宇賀神。蛇ですね。

  

   右のは鳥に乗っています。
 
  おしらさま

 他にも修験者が背負う箱とか。いろいろ。どれも近辺の寺や個人が所有しているものだそうです。
 山というものを神聖なものとして、信仰していたというのがよくわかりました。それに寄せた文章もあって、これもすばらしかった。転載したいのですが、長くなるので割愛します。
 山は、水の源でもある。っていうのが、あたらめて、(そうだよな)と思ったことでした。

 このえさし郷土文化館は、えさし藤原の郷という時代劇のロケセットの隣にあります。そちらもまあ、一度は行ってもいいかなというところですが、なにせセットだし。本物にはかないません。この資料館、おすすめです。山を利用したモダンな建物です。
 和算の扁額なんかもあるのですよ。
 2月5日まで。
 もう一度行きたいほど。

この記事をはてなブックマークに追加

文体・・・『羊と鋼の森』(宮下奈都・文藝春秋社)より

2017年01月21日 | 日記
 前回? の本屋大賞だった『羊と鋼の森』(宮下奈都)文藝春秋社を、ようやく読んでいます。
  その中に、先輩調律師が、主人公に「音」のことを教えるときの喩えとして、原民喜という方(詩人なのですね)の言葉を引用しています。これがとてもいいので、記録しておこうと思います。

 明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体。
 原民喜さんが、こんな文体にあこがれているとおっしゃっているのだそうで。本の中では、主人公の上司の調律師が、理想とする音をそのまま表していると感じたと言うのです。

 実は、書かれている内容は大好きなのですが、文体が好きになれない作家さんがいます。とてもとても残念。上記のような文体に、私もあこがれます。

  お正月に満開だった臘梅です。


この記事をはてなブックマークに追加

プロット

2017年01月16日 | 日記

 twitterでは毎日何かしらつぶやいたり、気になったものをリツイートしたりして、こちらがおろそかになっています。こっちしかのぞいてらっしゃらない方もいるかも、なのでたまには。

 と思うのですが、改めると、前はよく毎日書いていたなあと、特別書くことがないように思えます。
 相変わらず、がんばって毎日書いています。

 昨年からプロットに挑戦。これ、プロの作家さんなら当たり前で書いているのでしょうが、私は書いてなかったのです。
 というか、プロットを書いてから、書きだそうとすると、いつまでたっても書き出せず、(えいや、書いてしまえ)となっていたのでした。

 でも今書いているものは、必要で(いろいろ理由はあるのですが、割愛)

 今回キャラ設定もかなりがっちり書いています。
 
 とはいっても、もう途中でプロットとは違ってきていて、(やっぱりな)という感じですが。
 出てくるうちの間取りを書いたりもして。(これ、5軒必要だと気づいて、今書いているところ)

 でも、みなさん、プロットって、どのくらいのところまで書いているんでしょう。
 どなたか作家さんのプロット公開していないかなあ。
 
 でも、私の場合、字や絵が下手なので、設定ノート門外不出だわ。(プロットは、PCで書いているのでいいんですけどね)


  散歩途中にある竹林。

こんな調子で今年が始まっています。
 どうぞよろしくお願いいたします!!
 皆様、お風邪などひかれませんように。
  

この記事をはてなブックマークに追加

「コハクのねこ」アップしました。

2017年01月11日 | 自作紹介
 今年の3月で、あの東日本大震災から6年になります。
 きっと3月には特集番組が組まれることでしょう。先日は新校舎ができたという小学校のニュースをしていましたね。6年間仮設校舎ですごし、新校舎では、数ヶ月しかすごすことができない6年生。

 震災直後には、物語の中に震災を組み込むことははばかられるという傾向がありました。なにしろ事実の重みがハンパではなく、テレビや雑誌などで語られる生の声があまりにも重く、物語はとてもかなわないという部分もあったように思います。被災した1人1人、それぞれの家族に生死をめぐる「事実」があり、フィクションで架空の人物を作り出しても、甘さを感じられてしまうのではという危惧がありました。
 
 それでも、書かずにはいられませんでした。
 
 私はあの日、岩手県北上市にいました。沿岸部からは50キロも離れた内陸部なので、大きな揺れはあったものの、沿岸部のような被害はなく、でも、同じ県内の状況をその後見るにつけ、人ごとではない、でもその後は、当事者でもないという微妙な立場にいたという意識があります。しかも入院している舅の介護があり、また体力的にも沿岸部にボランティアに行くこともできず、大きなサイレンを鳴らしながら、沿岸へむかう自衛隊のトラックを呆然と見ていました。

 その後、親類がいるということもあり、たびたび沿岸部を訪れる機会はあり、惨状は目の当たりにしました。

 私ができるのは、書くことなのではないか。ノンフィクションとしてではなく、物語で。

 ということで、3月まで、3編の震災をテーマにした物語をアップしますので、読んでいただけたらと思います。
 今月は、「コハクのねこ」。 雑誌「児童文芸」に掲載したものです。


 おおぎやなぎ ちか 作品集 ← こちらをクリックしてどうぞ。
 
 ぜひ読んでください。

 また、復興が進んでいる東北へ、どうぞこれからもいらしてください。いいところがたくさんあります。おいしいものがたくさんあります。

   陸前高田市の一本松

 6万本の松が流され、町もなくなりました。残った一本もこの後、枯れてしまい、今は象徴としてレプリカができています。これは枯れる前の写真です。
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

今年もよろしくお願いいたします。

2017年01月03日 | あいさつ
        

 三が日、すばらしいお天気が続いています。上の写真は昨年のものですが、近所の神社では、白梅がいくつかほころんでいました。
 犬ふぐりや仏の座も咲いていて、なるほどこれなら若菜摘みもできるよなあと思います。

 暮れから体調を崩し、体力がまだもどりきっていないため、今年の目標の第一は健康だなあと思ってしまいます。
 
 一日10枚書けば一ヶ月で300枚。途中失速しても200枚くらいの作品は一ヶ月で書けるはず。という計算を懲りもせずまたやっていますが、どうなりますか。(この計算通りにできたこともあるのですよ。それが日の目を見ているかといえば見てませんが)
 きょうのところは、まだ4枚。

 リアルでお目にかかれる方も、ここを読んでくださるだけの方も、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

2016年を振り返って

2016年12月29日 | 日記
 なんと言っても、『しゅるしゅるぱん』が、第45回児童文芸家協会新人賞を受賞したのが、一番のニュース。
 2月には、アンソロジー『1週間でオレをふってください』(偕成社・「七日夢(なぬかゆめ)」収録)を出版。
 
 たくさんの方にお世話になった一年間でした。

  東京の冬空
 
 あいかわらず、秋田、岩手、東京と行ったり来たりで、不義理をしてしまっている面もありますが、書くことを最優先にというスタンスは今後も続けていきたいと思っております。人とのつながりで生かされていると感じているので、不義理はとても心苦しいくもあるのですが、おつきあいばかりを優先してはやはり本末転倒。作品を生み出してなんぼの世界です。
 加えて、加齢による体力低下もあり、これから死ぬまでどれだけの作品を世に出せるのかなあと考えることもあります。まわりを見るとバンバン新刊を出されている作家さんもいらして、すごいなあと思いますが、私はたぶんこんなペースでいくことでしょう。今年は単行本の新刊はありませんでしたが、来年の発売に向けての動きはあったので、またご報告ができると思います。

 もうひとつのブログを立ち上げ、短い幼年童話をアップすることも始めました。そうそうTwitterも始めました。ここでは、新たなつながりも生まれています。案外私、がんばってるじゃない。(なんて)
 
 来年もこんな形で、ブログはゆるく時々書くことになると思います。
 どうぞよろしくお願いいたします。

 皆様も、よいお年をお迎えください。

この記事をはてなブックマークに追加

2016年下半期おもしろかった本

2016年12月26日 | 日記
 半年が早い!
 そして、あれ~?

 いつも、ここに書くために、おもしろかった本をメモしているんですが、ない! いや、ないはずはない。記憶をぐうーっとひっぱると、まず出てきたのは、


・『コンビニ人間』村田 沙耶香 文藝春秋社   いやはや、この10年でおもしろかった本のベスト10に入るだろうと思うほど、よかったですよ。この方の他の本も読もうと思いつつ、まだ。

・『自閉症のぼくが跳びはねる理由』東田直樹 角川文庫  先日NHKでドキュメンタリーも放映していました。自閉症と言ってもひとくくりにはできないだろうと思います。すべての自閉症の方が同じではないでしょう。でも、彼は自ら考え、それを文字で表現する手段を得ているのです。

・『翼を持つ少女 BISビブリオバトル部』山本弘 東京創元社 
  続編の『幽霊なんて怖くない』も、よかったです。ビブリオバトルって、句会と似ているなって思っています。まあ、その辺はいずれまた別の機会にお話できればとも思いますが。小説として楽しめました。それに作者の本への愛情がたっぷり伝わってきて、特にSFの知識が半端じゃないのがわかります。その上に登場人物のキャラがたっているという、本好きにおすすめの一冊(2冊)です。

・『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』羽田圭介 講談社  実は、全部読んでいません。それなのに、ここにあげるなんてと思うのですが。図書館から借りたものの、厚くて、読み切れなかったのです。でも、おもしろかったですよ。ゾンビがいる世界で生きる小説家。(それも、若い頃に文芸賞を受賞したものの、その後鳴かず飛ばずだったという)羽田さん、芥川賞を獲ってからがんばってらっしゃる。なりふりかまわず、かっこわるい姿をさらしているところが、かっこいいと思っています。

 どうしても読むのは児童書が多いからなあ。(半年に一回、ここで取り上げるのは児童書以外としているので)でも、BISが2冊なので、なんとか5冊はピックアップできました。(ほっ)

国立谷保天満宮の宝物殿にある狛犬
 

この記事をはてなブックマークに追加

『あなたの一日が世界を変える』(くすのきしげのり・文/古山拓・絵)PHP研究所

2016年12月16日 | 本の紹介
 サブタイトルが、〈今日が輝く「10の問いかけ」〉
 旅人が、あなたに10の問いかけをします。



 あなたは、今、笑顔ですか?
 あなたにとって、たいせつな人はだれですか? 
 :


 本の力、言葉の力を感じることができる絵本です。根底にあるのは、世界の平和を祈る気持ちです。作者くすのきしげのりさんは、あとがきで、2004年突然脳梗塞になり生死をさまよったことを明かしてらっしゃいます。そのときベッドで思ったこと、願ったことがこの絵本になりました。
 そして、画家である古山拓さんが、見事にその願いを受け止め、万人の心に届く絵を描かれてらっしゃいます。(古山さんは、拙著『しゅるしゅるぱん』福音館書店 の表紙と挿絵を描いてくださった方!)古山さんは、東北に根ざしながらも、海外を旅行し、海外の(どちらかというと田舎の)風景も描いてらっしゃるので、それがいかされています。そして動きがあり豊かな表情の人物。私はなんども、くりかえし絵を楽しみました。

 本には英訳がつき、世界同時発売。そして、世界でいちばん貧しい大統領で有名な、ウルグアイの前大統領ムヒカ氏が推薦している絵本です。
 カバーの裏にも印刷されていたり(ぜひ、ご確認を!)、PHPのサイトから、英語の朗読をダウンロードできたり、といろいろな楽しみも付加されています。

 自分を大事にすること、そしてまわりにいる人を大事にする。それを世界中の人が実行できたら、世界がよくなる。本当にそう。

発売後、すぐに重版になり、現在版元では品切れ中とのこと。また版を重ねることでしょう。

 クリスマスのプレゼントに最適です。

 

この記事をはてなブックマークに追加

「クリスマスのやくそく」アップします。

2016年12月14日 | 自作紹介
 暮れもおしせまってきました。
 児童文学で、クリスマスなど一定の季節しか販売できない物語は、本になりにくいと聞いたことがあります。でも、この時期、本屋さんではクリスマスの絵本、ばーっと出しますよね。まあ、クリスマスが過ぎれば、ひっこめなくてはならない本ではあるのでしょうが・・・。

 でも書き手としては、やはり書きたい素材ではあるのですよ。
 ということで、クリスマスの夜のお話、ぜひお読みいただきたく、お願い申し上げます。

おおぎやなぎちか作品集 ← クリックしてどうぞ

 今年、思いついて、こうして作品をアップしてきました。思いがけずたくさんの方に読んでいただき、嬉しく思っております。「おもしろかった」と言ってくださった方も! ありがとうございました。
 もちろん、これがウエブ上だけではなく、紙の本(私はやっぱりそっち)になれたらという思いはあります。
 精進していきたいと思っています。
 
 今年の作品アップはこれにて、終了。
 来年は、一ヶ月に1~2作程度の頻度でアップしていこうかなと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

 (作品アップ以外でのブログはまだ書きますよ。twitterは、今のところ、ほぼ毎日なにかつぶやいたり、気になったツイートをRTしたりしています。twitterもだいぶ慣れました)
 

この記事をはてなブックマークに追加

『こぶたのタミー学校へいく』(かわのむつみ・作/下間文恵・絵)国土社

2016年12月12日 | 本の紹介
           低学年向け

 かわいいこぶたのタミ―が、帰ってきました。
 前作『こぶたのタミ―』では、やせっぽちでしわくちゃで生まれたこぶたのタミーが、大きくなって好奇心旺盛なところを発揮しました。牧場のほかの動物たちとのやりとりがほほえましく、ぶたをやめて他の動物になろうとするタミ―の顛末が、かわいらしく描かれていました。

 そして、第二作のこちら。
 なんとタミ―は、学校へ行きます。
 ブタ語がわかる校長先生はめがねが今にもずりおちそうで、長靴をはいたへんなおじさんです。そして、ブタ語がわからないのにわかったふりをするみどり先生。先生だけど、えらくないところが、とてもいいなと思いました。タミ―は、大好きなマキちゃんと学校の一日を、楽しむことができるのかどうか?

 この本、幼年童話としては案外ボリュームがあります。
 でもかわいい絵と、かわいいタミ―と、楽しい展開に、子供はきっと読み進めることができるでしょう。
 来春一年生になる子供にも、学校って楽しそうだなと思える一冊です。

 シリーズとして、もっと出るといいなあ。

この記事をはてなブックマークに追加