週刊浅草「江戸っ子瓦版」 -のんびりHiGH句な日々-

文学と食とRUNの日々を、PHOTO5・7・5で綴るエッセイ♪

ミシュランの蕎麦屋

2018年01月28日 | 呑み屋探訪(浅草、根岸、本所界隈)




【鴨がネギ背負って焼かれ梅香り】酒上乃不埒


 鴨そばが好きだ。

 それもいつもならセイロで頼む。

 この店は温かいのしか出していないという。

 郷に入れば郷に従えというではないか。

 聞けば鳥インフル騒ぎで、フランスから2年ぶりの入荷のメニューとのこと。

 この艶っぽい鴨肉の色、

 やはりミシュランの蕎麦屋はこだわりだ違う。





 麦酒で喉を潤してみる。

 普段は色も楽しみたいからグラスで飲むが、陶器は美味しいもの。

 泡の立ち方、保ち方がちゃうのか。





 九州から取り寄せる穴子が名物のお店。

 たっぷりのキューリと酢で和える逸品。

 焼いた魚がさっぱりといただける。

 山葵が旨い。

 昼なのに、ぬる燗を頼んでしまう。





 落ち着いた個室に、綺麗な器。

 程よく温められた純米吟醸。

 こんな昼下がりを過ごせるんだ。

 おいらは幸せだ。

 親方が頼んでないのに次々につまみを持ってきてくれる。


 


 当然酒も追加で頼むわけだ。 

 厚岸の牡蠣は小ぶりになってきたとのこと。

 ほし柿の天ぷらが粋だ。

 塩でいくらでもいける。

 そして、ようやく本命の鴨そばへ。

 肉厚でどこまでも柔らかい。

 野生の強さを感じつつ、太くて甘い焼きネギが豪奢な気分にさせてくれる。

 三ツ葉も好きなんだよね。

 お弟子さんに厳しく、こういう関係でなかったら怖い親方。

 一途な職人肌の人は生きづらい世の中になってきた。

 いつまでも元気で仕事をしてほしい。

 ああ、いい時間だ。

 親方、どうもごちそうさま。 

コメント

春風亭小朝

2018年01月21日 | ★江戸っ子エッセイ★




【面子やら武家の立つ瀬よ春の風】酒上乃不埒


 冬晴れの休日。

 陽気にほだされて、三鷹駅からテクテクと。

 この日は、春風亭小朝の独演会。

 三鷹市公会堂という地元の施設は立派なもんやった。

 開場時間に訪れると、満員御礼とな。

 さすが、チケットの取れない噺家の一人。

 楽しみだなあ。






 演目は、菊池寛原作の好色成道、同じく時の氏神と立て続けに。

 仲入り後、可愛らしい二胡奏者がラストエンペラーを奏でる。

 大陸の音色にしばしいい心地になる。

 さて、おおとりは「柳田格之進」

 ユーモア、情緒、武士の重厚、演者の気風が冴えまくる。

 期待以上の面白さ。

 若い時の軽薄が軽妙に、放蕩がいぶし銀に昇華した。

 小朝、また聴きたいものだ。





 ハーモニカ横町の寿司屋台で、敬愛する大兄と余韻に浸る。

 ええもんに触れる喜び、この歳でもまだ感動はあるもんだなぁ。

 それにしても、純米に新鮮なホヤが合うこと。

 海の豊穣が青い記憶を呼び戻す。

 兄貴、チケットありがとうござんす。

 平穏こそ全て。

 そう願いつつ、盃を飲み干した。  

コメント

ブータンの夜

2018年01月14日 | 呑み屋探訪(代々木界隈)





【北風も辛子喰らえばほっこりと】酒上乃不埒


 年の瀬を盛り上げた仲間との新年会。

 兼ねてから約束の地、代々木上原のブータン料理「Gatemotabum」へ。

 唐辛子とコリアンダーがふんだんに使用された数々だし、

 ただでさえ辛いのに、チリビール、唐辛子入りブラッディマリーを頼む面々。

 飲料で口を冷やすことも叶わない。

 兄貴、スプーンが止まってますよ。

 そりゃキツいって。





 全てが辛いから、ご覧のご飯につけて食べる。

 白米と古代米である赤米がすすむ。

 でもこの汁美味い。

 そして、唐辛子ももはや食える。

 ビールで冷やして食うとまた食える。






 わし、お代わりは白ワインとウイスキーもどきで。

 冷えた辛口がまた辛いものに合う。

 鳥肉とトマトのシャシャもいいし、カリフラワーのダツィが絶妙。

 ドリンクを冒険しなければ十分旨いw

 グルメのエンターテイメントだわ。

 うちから遠いのが残念だが、近所にも気になる店がたくさんある。

 この街、また来てみよう。

 今日も幸せ。

 ブータン、どうもごちそうさまでした。 

コメント (2)

最後のジェダイ

2018年01月06日 | ★映画★




【闇深き朝陽輝く年の明け】酒上乃不埒


 元日は毎年の恒例、映画鑑賞なのだ。

 満を持しての「スターウォーズ 最後のジェダイ」。

 レイア姫を演じるキャリー・フィッシャーの遺作になった。

 前作で劇中のハンソロもいなくなった。 

 小学生の頃からのファンとしては寂しいかぎり。

 作品の前半はイケてない役柄だったが、後半のルークは神がかっていた。

 レイ役のデイジー・リドリーがいい。

 次作もたのしみ。





 3日は箱根駅伝復路の声援。

 伝統の母校の襷が2年ぶりに復帰したのだ。

 シード権は難しかったが、箱根に帰ってきたことを素直に喜びたい。

 そして、青学強いな。

 強い寒風にさらされ、熱いものが食べたくなった。






 蒲田の名物、羽根つき餃子で有名な「你好」へ。

 熱々のサンマー麺が野菜たっぷりで沁みる。

 もちろん、ビールもね。

 長い休みもあっという間に過ぎていく。

 スマホなどいじっていたら、人生まさに走馬灯だなぁ。 




 
 お正月、和服で銀座をぶらぶらと。

 のんびり歩くことが少なくなった。

 2018年は、もっとゆったりと俳句など詠みたいものだ。 

 さて、小説の手直しを少しやろう。

 ではまたの機会に。

コメント

2018元旦

2018年01月03日 | ★江戸っ子エッセイ★




【天高くまばゆい光きみ次第】酒上乃不埒

 2018年がはじまる。

 本年も、元旦RUN隅田川テラスからの初日の出拝顔。

 朝の川面は涼やかに静水で、スカイツリーが真っすぐに伸びて映る。

 氏神さまを初詣。

 お天道さまに手を合わせる。








 駒形堂の浅草川からその昔、観世音菩薩が見つかった。

 その像を掬ったのが三社権現さまの由来だ。 

 前夜の行列ことないものの、雷門参道は元日早朝から賑わう。

 風神雷神をくぐり、チタン瓦の浅草寺、浅草神社を参拝。

 お富士さんの浅間神社とめでたいはしご。

 清々しい気持ちで今年もスタートできた。





 お正月の定番、色鮮やかなお節をつつき、一年の平穏を祈る。

 食こそ生きるということ。

 家族で卓を囲める幸せを噛みしめるように味わう。



 


 我が家の雑煮は、昆布と鳥肉だけのシンプルなもの。

 わしだけ、三つ葉をたっぷりと入れる。

 毎度のことなれど、飲みすぎた胃にあっさりスープが優しい。

 煮物はお重に詰めると冷たいから、温かくしていただく。

 RUNから朝風呂、体が温かくなった。

 明るいニュースで溢れるといいな。

 これから2年ぶりに箱根に復帰した母校の応援。

 みなさん、2018もどうぞよろしくお願いします⭐︎ 

コメント