マニアの戯言

映画マニアの勝手な映画感想日記

カテゴリーの基本ルールをお読み下さい。


「NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シーズン3」

2010-08-26 | NCIS ネイビー犯罪捜査班

原題「Navy NCIS: Naval Criminal Investigative Service」 
Season3(シーズン3) 全24話


掲載エピソード


第1話「Kill Ari」(2005.9.20 放送)
シーズン3 第1話「アリを殺せ(前偏)」 感想日記

第2話「Kill Ari (Part 2)」(2005.9.27 放送)
シーズン3 第2話「アリを殺せ(後偏)」 感想日記

第3話「Mind Games」(2005.10.4)
シーズン3 第3話「心理ゲーム」 感想日記

第4話「Silver War」(2005.10.11)
シーズン3 第4話「棺の中の真実」 感想日記

第5話「Switch」(2005.10.18)
シーズン3 第5話「身代わりの水兵」 感想日記

第6話「The Voyeur's Web」(2005.10.25)
シーズン3 第6話「殺人ビデオ」 感想日記

第7話「Honor Code」(2005.11.1)
シーズン3 第7話「父の名誉」 感想日記

第8話「Under Covers」(2005.11.8)
シーズン3 第8話「潜入捜査」 感想日記

第9話「Frame Up」(2005.11.22)
シーズン3 第9話「犯罪者トニー」 感想日記

第10話「Probie」(2005.11.29)
シーズン3 第10話「プロビーの試練」 感想日記

第11話「Model Behaviour」(2005.12.13)
シーズン3 第11話「スーパーモデル」 感想日記

第12話「Boxed In」(2006.1.10)
シーズン3 第12話「絶対絶命」 感想日記

第13話「Deception」(2006.1.17)
シーズン4 第13話「海軍少佐誘拐の謎」 感想日記

第14話「Light Sleeper」(2006.1.24)
シーズン3 第14話「コリアンタウンの秘密」 感想日記

第15話「Head Case」(2006.2.7)
シーズン3 第15話「海軍猟奇事件」 感想日記

第16話「Family Secret」(2006.2.28)
シーズン3 第16話「家族の秘密」 感想日記

第17話「Ravenous」(2006.3.7)
シーズン3 第17話「アウトドアの恐怖」 感想日記

第18話「Bait」(2006.3.14)
シーズン3 第18話「おとり」 感想日記

第19話「Iced」(2006.4.4)
シーズン3 第19話「氷漬けの死体」 感想日記

第20話「Untouchable」(2006.4.18)
シーズン3 第20話「見えざる壁」 感想日記

第21話「Bloodbath」(2006.4.25)
シーズン3 第21話「殺意の罠」 感想日記

第22話「Jeopardy」(2006.5.2)
シーズン3 第22話「エレベーターの中の真実」 感想日記

第23話「Hiatus: Part 1」(2006.5.9)
シーズン3 第23話「遠い記憶(前編)」 感想日記

最終話「Hiatus: Part 2」(2006.5.16)
シーズン3 第24話「遠い記憶(後編)」 感想日記


サイト


Wikipediaの紹介サイト 「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」

CBSの公式サイト(英語)「NCIS」


参考にしているブログ
New Spoiler Alert*豆飛別館
(お友達のまめさんのNCIS、ディノッゾ中心の紹介ブログ)

同じディノッゾ(マイケル・ウェザリー)ファンとして、大変参考にさせてもらっています(^O^)v
最新情報はこちらがもっとも詳しいです♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シーズン3-第24話」

2010-08-26 | NCIS ネイビー犯罪捜査班

原題「Navy NCIS: Naval Criminal Investigative Service」 
2006年に放送された作品

第24話「遠い記憶(後編)」 (シーズン3 第24話)
Season3 Episode24「Hiatus: Part 2(直訳=中断:パート2)」(2006.5.16放送)



出演 
マーク・ハーモン(リロイ・ジェスロ・ギブス 特別捜査官 現場対応チーム主任)
マイケル・ウェザリー(アンソニー・ディノッゾ 特別捜査官 現場対応チーム上級捜査官) 
ショーン・マーレイ(ティモシー・マクギー 特別捜査官 現場対応チーム下級捜査官)
コート・デ・パブロ(ジヴァ・ダヴィード 特別捜査官)
デビッド・マッカラム(ドナルド・“ダッキー”・マラード 検視官主任) 
ポリー・ペレット(アビゲイル・“アビー”・シュート 科学捜査分析官)
ローレン・ホリー(ジェニー・シェパード NCIS局長)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
昏睡状態から目覚めたギブス。しかし、最終的な彼の記憶は15年前までだった。湾岸戦争中にギブスに起こった悲劇。彼はその事に胸を痛め、目覚める事を自ら拒否していたのだった。
悲劇を知った局長とダッキーは、当時の彼を救った人物に助けを求める。それは、彼のボスで元NCIS捜査官だったフランクスだった。彼は今、引退しメキシコで隠居生活を送っていた。
彼との再会により少しずつ記憶を取り戻していくギブス。だが、テロ集団アブ・サヤフのメンバーが未だに発見出来ず、時間の有余がないディノッゾ達。
ジヴァは思い切って事情を知っているであろうギブスに会いに行くのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々) 
ギブスの悲しい過去。
子供のように、「妻と娘に会わせてくれ~」にはもう、涙ものだった。(>_<)

しかし、局長を思い出した時があの時の事って・・・。そんなに深い関係だったのね。(^_^;)

さて、この時から、ボスのボス、フランクスが登場する。
ギブスが新人って考えられないが、初めから誰しも上司だった訳ではないので、何となく安心したのだった。
ギブスの基本は彼だったんだね。
メキシコで隠居生活をしていたフランクス。
彼の引退した理由がなんとなく分かる気がした。ジレンマだったんだろうなあ。
あ~いう感じの人こそ、人一倍正義感が強いんだろうなあ~だから~。

ギブスの記憶を呼び戻したのが、今回の問題児、ジヴァ。
泣きじゃくる彼女がすっごくキュートだったぞ。

それでは、
チームリーダーとなったディノッゾはと言いますと。
帰って来たギブスに、「マクギー」と言われ、落胆した様子だった。
あれって、ワザと?(爆)
その後のパコーンの嬉しそうな事。良かったね、ディノッゾ。
しかし、エンディング。
信じられないという表情だった彼。
「譲る」?(@_@)

アビーの口をふさぎ、頬にキスするギブスって最高に素敵なのだ。
かっこよすぎ~。

そして・・・

「Semper Fi! (センパーファーイ)=常に忠誠を」


現在も続いている番組なので、おのずと分かってはいるのだが、このシーズンの最後はまじでショック。

嘘だろ、マジかよ、そりゃね~べ、ギブス~。(+_+)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シーズン3-第23話」

2010-08-25 | NCIS ネイビー犯罪捜査班

原題「Navy NCIS: Naval Criminal Investigative Service」 
2006年に放送された作品

第23話「遠い記憶(前編)」 (シーズン3 第23話)
Season3 Episode23「Hiatus: Part 1(直訳=中断:パート1)」(2006.5.9放送)



出演 
マーク・ハーモン(リロイ・ジェスロ・ギブス 特別捜査官 現場対応チーム主任)
マイケル・ウェザリー(アンソニー・ディノッゾ 特別捜査官 現場対応チーム上級捜査官) 
ショーン・マーレイ(ティモシー・マクギー 特別捜査官 現場対応チーム下級捜査官)
コート・デ・パブロ(ジヴァ・ダヴィード 特別捜査官)
デビッド・マッカラム(ドナルド・“ダッキー”・マラード 検視官主任) 
ポリー・ペレット(アビゲイル・“アビー”・シュート 科学捜査分析官)
ローレン・ホリー(ジェニー・シェパード NCIS局長)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
バキアカミア号で船員のチェックをしていたギブス。偽装パスポートを見破り、持っていたその男は突然逃げ出すのだった。彼を追ったギブスは、途中で彼と親し気に話し出す。実は、テロ集団アブ・サヤフの覆面捜査をしていたガリブ捜査官だったのだ。当初の予定よりも重要な情報が得られる事をギブスに伝えた彼。
一方、船の外で待っていたディノッゾ達は、船の爆発を目撃してしまう。
ギブスは爆発に巻き込まれ昏睡状態に。ガリブ捜査官は、下半身のないまるこげの死体となって発見された。ディノッゾを中心にカギを握るであろう人物を捜し始める面々。だが、事件よりもギブスの容体が気になってしまうのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々) 
ギブスの本当の苦悩が始まる。
ジヴァだけが知っていたであろう、彼の過去。
昏睡状態になったギブスは、過去をさ迷い歩くのだ。
親友のダッキーでさえ、知らなかった出会う前のギブス。
あんな姿を見るのは辛くなってしまう。
いったい彼に何があったのだろうか?
子供に優しかったり、部下を庇ったり、今までのギブスの行動がなんとなく分かって来る今回のお話。3回も結婚して離婚した理由が納得出来る。意外と、モテモテのギブスが忘れられない女(ひと)。封印してしまった、過去。
あ~、辛いぜ~。

それでは、
ギブスの代わりに事件を追うリーダーとなったディノッゾはと言いますと。
ギブスのように振る舞うのがかっこいい。
みんなに避難されながらも
「ボスのマネをして事件が解決するんだったら、俺はいくらでも真似してやる。」
彼なりのかっこよさで、すっごく素敵に思えてしまったぜ。(^_^)V
誤解されまくりの彼。
だけど、
一番皆を理解して一番気を使っているのがディノッゾなんだと自分は思うのだ。
だからなんかちょっと切なく感じたりもしたのだ。

こういう時は、素直に感情が出せる人は得だな~と思ってしまう。
アビーもマクギーも羨ましい限りだ。
自分はどちらかと言うと、ディノッゾやジヴァ派だから、ジヴァの気持ちがすっごくよく分かるのだ。
皆に誤解されてしまうのも分かるし、密かに必死なのも分かる。
誰か理解してやってくれよ~と叫びたくなった。(>_<)
素直に感情が出せないだけなんだからさ。

アビーの気持ちも分かるけど、この回の彼女はちょっと行きすぎに思えてしまった。

ギブスの苦悩はディノッゾに移った感じ。
昏睡状態から目覚めてくれたギブス。

そして、次回へ・・・。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シーズン3-第22話」

2010-08-24 | NCIS ネイビー犯罪捜査班

原題「Navy NCIS: Naval Criminal Investigative Service」 
2006年に放送された作品

第22話「エレベーターの中の真実」 (シーズン3 第22話)
Season3 Episode22「Jeopardy(直訳=危険)」(2006.5.2放送)



出演 
マーク・ハーモン(リロイ・ジェスロ・ギブス 特別捜査官 現場対応チーム主任)
マイケル・ウェザリー(アンソニー・ディノッゾ 特別捜査官 現場対応チーム上級捜査官) 
ショーン・マーレイ(ティモシー・マクギー 特別捜査官 現場対応チーム下級捜査官)
コート・デ・パブロ(ジヴァ・ダヴィード 特別捜査官)
デビッド・マッカラム(ドナルド・“ダッキー”・マラード 検視官主任) 
ポリー・ペレット(アビゲイル・“アビー”・シュート 科学捜査分析官)
ローレン・ホリー(ジェニー・シェパード NCIS局長)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ディノッゾとジヴァは、逮捕した麻薬密売人ブライアン・デンプシーをNCISに護送してきた。駐車場からのエレベーターにはジヴァが一人でブライアンを連行していった。
すると、ギブスがエレベーターに乗り込もうとドアが開いた瞬間、死体となったブライアンと戸惑うジヴァの姿を発見するのだった。
ジヴァは殺してないと主張するものの、その証拠が発見出来ない。そんな中、ギブスは局長がブライアンの兄ジェームスに誘拐された事を知る。人質との交換条件は弟とヘロイン。だが、弟が死んでしまっている今、どうしようもない。
ギブスは局長を無事に救出出来るのだろうか。

勝手な感想(自分の思い込み多々) 
シーズン3の問題児、ジヴァ。
なかなかストレートな彼女は時々トラブルを起こしてしまう。今回は相当なミス。
知らなかったとはいえ、タイミングが悪すぎるぜ。(^_^;)

さらに、目の上のたんこぶな存在の局長。
ギブスの休まる日はいつの事やら~。

それでは、
苦悩続きのギブスはと言いますと。
局長のあの言葉で居場所を突き止めるギブスが凄い。
というか、とっさに出てくる局長も凄い。
というか、そうとうな仲だったんだ~と思ってしまったのだった。
(ちょっと不満だけども)
優秀な捜査官だったとはいえ、局長になったらもう少し自覚して欲しいものだ。
「一人で行動してはダメね」ってそりゃそうだろうよ~。(`ヘ´) プンプン。
ギブスの気苦労が伺えて気の毒に思ってしまったぞ。

対象的なお気楽君。
今回のディノッゾはと言いますと。
護送の時もず~と映画の話をしてたらしい、トニー。
一度彼とじっくりその事について話して見たいものだぞ。自分だとある程度ついて行けそうなきがするから。
さらにラストの車運転シーン。
ぶつぶつ言っているディノッゾの後頭部にぱこーんのギブスもたまらないが、あんなかっこうで運転する彼が最高に楽しかった。
「前が見えないんだ~」はごもっとも。
そうそう、
ジヴァを慰める為のあの行動はなんなんだ?(爆)
あっさり取られているのがディノッゾらしかったぜ。(お茶目~(^_^)V )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ映画祭は、2011年開催予定

2010-08-20 | まにあの思い
いつも楽しみにしていた、ドイツ映画祭。

今年は情報がないないと探していたら、やっと発見出来ました。

公式ホームページ
http://www.germanfilmfest.jp/

来年開催するそうです。

来年のいつだろう?春だと行けないんだけどなあ。
ホームページに書いてある通り、スケールアップを期待したいと思います。

あ~だけど、今年の楽しみがなくなって、残念ですわ~。(T_T)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シーズン3-第21話」

2010-08-20 | NCIS ネイビー犯罪捜査班

原題「Navy NCIS: Naval Criminal Investigative Service」 
2006年に放送された作品

第21話「殺意の罠」 (シーズン3 第21話)
Season3 Episode21「Bloodbath(直訳=大虐殺)」(2006.4.25放送)



出演 
マーク・ハーモン(リロイ・ジェスロ・ギブス 特別捜査官 現場対応チーム主任)
マイケル・ウェザリー(アンソニー・ディノッゾ 特別捜査官 現場対応チーム上級捜査官) 
ショーン・マーレイ(ティモシー・マクギー 特別捜査官 現場対応チーム下級捜査官)
コート・デ・パブロ(ジヴァ・ダヴィード 特別捜査官)
デビッド・マッカラム(ドナルド・“ダッキー”・マラード 検視官主任) 
ポリー・ペレット(アビゲイル・“アビー”・シュート 科学捜査分析官)
ローレン・ホリー(ジェニー・シェパード NCIS局長)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
海軍の宿泊施設を借りようと夫婦が訪ねた。案内人が部屋に連れて行くとそこには惨殺した形跡が残っていた。
現場検証をしていたNCISは置き去りにされたコカインを発見する。当初は、コカイン取引のいざこざによるものと思われた。
しかし、コカインを検査したアビーのラボに毒性の強い青酸ガスが発生し偶然に居合わせたマクギーと共に二人は逃げだしどうにか助かったのだった。
その事により事件はアビーを狙ったものと思われ、彼女が元カノからストーカーされていると告白するのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々) 
狙われていると分かったアビーがエレベーターに逃げ込んでいるのが可愛らしかった。
そして、女性陣がそれぞれに彼女にあげた武器もそれぞれに可愛らしかったぞ。
ジヴァは電磁ガン(?)。
シンシアは防犯スプレー。
局長がメリケンサック。
局長がくれたものが、以外だったなあ。(爆)

そこへ、乗り込んで来るギブスがすっごくかっこよく思えた。
「誰も君を傷つけたりしない」
そっと抱き寄せてくれるのが、むちゃくちゃ素敵だった。
きゃ~ギブス~!

そんなかっこいいギブスと対象的なディノッゾ。
それぞれに、「トニーじゃないんだから」って
そんなに彼は人から恨まれる性質なのか?(爆)
だけど、マクギーが怒られた時に何気に庇ったのがよかったなあ。
それに、ギブスの後ろで「分かりやすく~」とアドバイスしているが面白かった。
意外とみんなをよく見てるディノッゾなんだよねえ。
またもや食事抜きで落ち込んではいたけれど。

みんなに慕われているアビー。
彼女は怖い事をされても「彼は犯人じゃないわ」というのが、けなげだよねえ。
自分だったら、まっさきに奴だ!と叫んじゃうんだけど・・・。(爆)
さらに、自分が悪いんじゃないかと落ち込んで。
人が良すぎるよアビー。
それを制するギブスが上手いよねえ。船は壊されちゃったけどさ。

ラスト。
捜査を錯乱させやがって~というのは、視聴者も同じ。
本当にあいつにはムカツイたぜ。(`ヘ´) プンプン。 

そういれば、その彼が作ったブログだっけ?
アビーの事を「ダーク・エンジェル」って。
いや~考えすぎって事にしときますわ。(爆) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シーズン3-第20話」

2010-08-19 | NCIS ネイビー犯罪捜査班

原題「Navy NCIS: Naval Criminal Investigative Service」 
2006年に放送された作品

第20話「見えざる壁」 (シーズン3 第20話)
Season3 Episode20「Untouchable(直訳=不可触賎民)」(2006.4.18放送)



出演 
マーク・ハーモン(リロイ・ジェスロ・ギブス 特別捜査官 現場対応チーム主任)
マイケル・ウェザリー(アンソニー・ディノッゾ 特別捜査官 現場対応チーム上級捜査官) 
ショーン・マーレイ(ティモシー・マクギー 特別捜査官 現場対応チーム下級捜査官)
コート・デ・パブロ(ジヴァ・ダヴィード 特別捜査官)
デビッド・マッカラム(ドナルド・“ダッキー”・マラード 検視官主任) 
ポリー・ペレット(アビゲイル・“アビー”・シュート 科学捜査分析官)
ローレン・ホリー(ジェニー・シェパード NCIS局長)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
スパイ容疑が掛かっている暗号解読官ヒル大尉の家を訪ねた、ジヴァとディノッゾ。裏口に回った二人は、猫の足跡が血痕によって出来たものと分り家の中を覗いた。すると、ソファで血を流して横たわっている大尉の死体を発見するのだった。
当初は自殺かと思われたが、アビーが足跡を発見し、他殺だと判明する。
そして、彼女の配属されていた暗号部からメモリーが盗まれている事をドーン大佐から聞かされるのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々) 
今回は身近な的とでも言うべきかな。
暗号解読の面々がオタク風っているのが何となく面白かった。
マクギーはちょっと怒り気味だったけど、否定している訳ではないからいいのでは?とも思ったのだが。

最近はマクギーがお使いでよく夕食をパクついている面々。
今回も有名店に並んだと文句言いながら買ってくるマクギーが可愛らしかった。
そして、ギブスも。
「ご飯抜き」といいながらちゃっかりパクついていたギブス。
「おいしい~」て、(^_^;)\(・_・) オイオイ。

そんなお茶目なギブスはと言いますと。
ダッキーのママにモテておりました。(爆)
頭を抱えるダッキーが楽しかったなあ。
そうそう、シリアルの中にあった証拠品。
そう言われれば、シリアルしか探してなかったギブス。
ディノッゾじゃないけれど「今回も」って前回いつだっけ?(爆)
いや~発見したときの嬉しそうな顔をみるとそれ以上聞けなかったけども・・・。(^_^;)

それでは、バーガーを食べ損なったディノッゾはと言いますと。
あのねえ、マウスウォッシュで体をふくのは止めましょう!トニー。(爆)
そんな事よりも、
ジヴァのあの急接近は何?
あのボタンの前を外した状態のディノッゾのかっこよさは惚れ惚れするが、あのシーンは逆にドキドキしてしまったぞ。
で、
その後が最高!
シャツの事じゃないですよねって、当たり前だよ~トニー。

あ~だけど、
あのウェザリーの上から見下ろしてくれる目差は個人的にめっちゃ好きなんだよなあ。
背が高いから余計に素敵に思えちゃう。

見つめられてみたいものだぜ。(*^_^*) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シーズン3-第19話」

2010-08-18 | NCIS ネイビー犯罪捜査班

原題「Navy NCIS: Naval Criminal Investigative Service」 
2006年に放送された作品

第19話「氷漬けの死体」 (シーズン3 第19話)
Season3 Episode19「Iced(直訳=氷)」(2006.4.4放送)



出演 
マーク・ハーモン(リロイ・ジェスロ・ギブス 特別捜査官 現場対応チーム主任)
マイケル・ウェザリー(アンソニー・ディノッゾ 特別捜査官 現場対応チーム上級捜査官) 
ショーン・マーレイ(ティモシー・マクギー 特別捜査官 現場対応チーム下級捜査官)
コート・デ・パブロ(ジヴァ・ダヴィード 特別捜査官)
デビッド・マッカラム(ドナルド・“ダッキー”・マラード 検視官主任) 
ポリー・ペレット(アビゲイル・“アビー”・シュート 科学捜査分析官)
ローレン・ホリー(ジェニー・シェパード NCIS局長)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
少年二人が氷の張った池に遊びに来ていた。すると、氷の下に死体がある事を発見するのだった。
ロック・クリーク公園の凍った池から海兵隊のダウニング先任曹長の遺体が発見された。彼は11月から行方不明になっていて、NCISが探していた人物だった。彼の死体の他にギャング達らしき死体が3体、同じ池の中で発見された。実は、曹長の部下がアルカイダと精通しているLMVのギャングに謝って殺されていたのだった。
当初は曹長の復讐と思われたのだが。

勝手な感想(自分の思い込み多々) 
あ~そういう事。
と見直してやっと納得した、ich。
そういう連中って宗教関係と同じでなんとなく大変な感じなんだよね。
だから、ギブスはそうしたんだと思う。

さて、今回のギブス。
何気にディノッゾとマクギーの会話を聞いているのが面白い。
そして、一言「似合わないから剃れ」(爆)
マクギーにワイルドという言葉は無縁だよね。ついでにマッチョもだけど。(爆)
そうそう、その捜査の時。
ギブスでなくて、マクギーがそのギャング達に話掛けた時の彼の顔が最高だったのだ。
いつもそうなんだけど、「お手並み拝見と行きますか!」みたいな顔がさ。

それにしても、マクギー。
似合わないよそのサングラス。(^◇^;)
彼の気持ちは分かるが、背伸びせんでも~と思ってしまったのだった。

それでは、マクギーがゲイだと言い続けたディノッゾはと言いますと。
嬉しそうにゲイを連呼する彼。面白すぎ。
ついでに、ケータリングかな?マクギーから奪っちゃうし。(爆)
そんな事しながらきっちり仕事したディノッゾ。
誉めて欲しいか?のギブスに素直に反応するのが可愛い。
そして、ギブスになでられて、めっちゃ嬉しそうだった。
恋人といる時よりいい顔したんじゃない?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シーズン3-第18話」

2010-08-17 | NCIS ネイビー犯罪捜査班

原題「Navy NCIS: Naval Criminal Investigative Service」 
2006年に放送された作品

第18話「おとり」 (シーズン3 第18話)
Season3 Episode18「Bait(直訳=餌)」(2006.3.14放送)



出演 
マーク・ハーモン(リロイ・ジェスロ・ギブス 特別捜査官 現場対応チーム主任)
マイケル・ウェザリー(アンソニー・ディノッゾ 特別捜査官 現場対応チーム上級捜査官) 
ショーン・マーレイ(ティモシー・マクギー 特別捜査官 現場対応チーム下級捜査官)
コート・デ・パブロ(ジヴァ・ダヴィード 特別捜査官)
デビッド・マッカラム(ドナルド・“ダッキー”・マラード 検視官主任) 
ポリー・ペレット(アビゲイル・“アビー”・シュート 科学捜査分析官)
ローレン・ホリー(ジェニー・シェパード NCIS局長)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
いつものように通学してきた少年。いつものように同級生にからかわれた彼だったが、なぜかいつもの様子ではなかった。教室に入ったその少年は突然騒ぎ出す。爆弾を爆発させると。
クアンティコ海兵隊基地内の高校で立てこもり事件が発生した。犯人は、コディ・マイヤーズという最近転校してきたばかりの15歳の少年だった。犯人説得に駆け付けたNCISは、彼から母親を捜して来いとの要求を受ける。だが、彼の母親は1年前にヨット事故で死亡していた。直接の交渉に当たっていたギブスは、人質になっている喘息の生徒に薬を届けに行ったきり、教室に閉じ込められてしまう。
残ったディノッゾは現場を仕切る事になったのだが。

勝手な感想(自分の思い込み多々) 
推理も現場を仕切るディノッゾも最高に面白いこの回。
事件解決を知ったときは、そうだったのかあ~と感心するばかりだった。
そうだよねえ。そうじゃないと普通の15歳がそこまで仕切れないよなあ~と。

それでは、早いですが、
教室に飛び込んで行ってしまったギブスはと言いますと。
すっと入って来てしまうギブスの凄さ。
そして、ディノッゾの声を聞くと『ボス』という機転。
姿が見えない彼は、若いディノッゾを見てない訳だから信じるよね。
それに、あの手話。
画面に向かってのアビーとの一瞬の会話はハラハラするけど上手い感じだった。
なにしろ、犯人の少年を救おうという前程がいいのだ。
他の連中は真っ先に「少ない犠牲」を考えたから・・・。(そういうアメリカの考えは嫌いさ)

それでは、
ギブスからボスと言われたディノッゾはと言いますと。
言われた瞬間の嬉しそうな事。(爆)
さらに「問題児なんだ」の一言が最高!
ギブスのにやりの笑顔もいいが、ディノッゾのやっちゃったかな?の顔も好き。(^_^)v
そして、現場を仕切る彼。
「ギブスだったら~」そうはいいながらも、ディノッゾらしく射殺したい連中を止める姿がすっごくかっこよかった。局長に楯突くのもいいぞって感じで。
母親が死亡しているとギブスに分からせる為に、
「トッド捜査官が捜査しています」
には、ちょっとじ~んと来てしまった、ich。すっごく分かりやすくていいのだけども、複雑だったなあ。
そして、ラスト。
ディノッゾってまじで素敵で最高!!本当に優秀な捜査官だね。
あ、ちなみに、ジヴァが言いたかった映画は「スピード」です。
最近見たのでばっちり自分にもわかりましとさ。

アビーとマクギーのふざけっこ(?)も最高に可愛かったなあ。

エンディング。
局長もやるねえ。(^_-)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シーズン3-第17話」

2010-08-13 | NCIS ネイビー犯罪捜査班

原題「Navy NCIS: Naval Criminal Investigative Service」 
2006年に放送された作品

第17話「アウトドアの恐怖」 (シーズン3 第17話)
Season3 Episode17「Ravenous(直訳=貪欲な)」(2006.3.7放送)



出演 
マーク・ハーモン(リロイ・ジェスロ・ギブス 特別捜査官 現場対応チーム主任)
マイケル・ウェザリー(アンソニー・ディノッゾ 特別捜査官 現場対応チーム上級捜査官) 
ショーン・マーレイ(ティモシー・マクギー 特別捜査官 現場対応チーム下級捜査官)
コート・デ・パブロ(ジヴァ・ダヴィード 特別捜査官)
デビッド・マッカラム(ドナルド・“ダッキー”・マラード 検視官主任) 
ポリー・ペレット(アビゲイル・“アビー”・シュート 科学捜査分析官)
ローレン・ホリー(ジェニー・シェパード NCIS局長)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
女性の公園監視官が少年達に森を案内していると、クマの糞を発見する。少年の一人がその糞を調べると中から海軍のタグが出てくるのだった。
シェナンドー国立公園でクマに食われた下士官のベンジャミン・ライリーの死体が発見された。あたりの足跡を確認するとどうも女性と一緒だったらしい。だが、誰一人その人物を見なかったというのだ。NCISが捜査を続けると2000年からの事故死に大きな共通点が発見された。
それは似たような感じの女性が3人もこの森で事故死していた事だった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
ギブスは、山にも詳しいらしい。
形跡を残さずに山に入っていると犯人を特定するからだ。
というか、それを見抜くアナタが凄い!ギブスって万能なん?(笑)

反面、自然が不得意なディノッゾ。
納得である。
だって、シーズン1の時にイグアナに驚いて銃を向けたぐらいだからね。
何とも対象的な二人で面白かったぞ。

それでは、改めて、
凄いギブスはと言いますと。
アビーの誕生日プレゼントは何だったんだろう?
皆は定番の黒バラだったが、何気に机の上に置いておいた物って?
妙な輝きでちょっと知りたくなったぞ。

そのアビー。
むっちゃ、きゅ~とだぜ!!(^_^)v
皆から同じものを貰っても嬉しそうなんてすげ~素敵。
マクギーも抱きつかれて嬉しそうだったもんね。

それでは、いろんな意味で自然が苦手なディノッゾはと言いますと
好みの女性が自然すぎてがっくりしていた様子だった。
元来無理だって、自然を愛する人と付き合うのって。
キャンプ出来ないでしょ絶対!!
だって、
自分は田舎に住んでるけど苦手だものキャンプ。
小学生の時に、夜テントが壊れた事があったもんなあ。
(自分一人でキャンプをしたわけではないけども)

ラスト。
絶対あれはギブスの狙いだったはず。
元スナイパーはあんな距離で外す事はないもの。
それにしても、ライフル構えるギブスは素敵だった。

あれはディノッゾには出来ないよ、きっと。

それよりも、ケガ人置いて、早く助けにいけよな~と二人にちょっとイラついた、ichだった。
どんなに凄い上司でも、歳ですよ、ギブス。
そういうと、ギブスにパコーンくらいそうですけどね。(爆)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シーズン3-第16話」

2010-08-12 | NCIS ネイビー犯罪捜査班

原題「Navy NCIS: Naval Criminal Investigative Service」 
2006年に放送された作品

第16話「家族の秘密」 (シーズン3 第16話)
Season3 Episode16「Family Secret(直訳=家族の秘密)」(2006.2.28放送)



出演 
マーク・ハーモン(リロイ・ジェスロ・ギブス 特別捜査官 現場対応チーム主任)
マイケル・ウェザリー(アンソニー・ディノッゾ 特別捜査官 現場対応チーム上級捜査官) 
ショーン・マーレイ(ティモシー・マクギー 特別捜査官 現場対応チーム下級捜査官)
コート・デ・パブロ(ジヴァ・ダヴィード 特別捜査官)
デビッド・マッカラム(ドナルド・“ダッキー”・マラード 検視官主任) 
ポリー・ペレット(アビゲイル・“アビー”・シュート 科学捜査分析官)
ローレン・ホリー(ジェニー・シェパード NCIS局長)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
遺体を運ぼうとした救急車が突然爆発した。
NCISが捜査担当になったのは、その遺体が交通事故死したダンフォース上等兵だったからだ。そして、ダッキーの検死により遺体のDNAが彼と違っていると判明した。
では、いったいこの焦げた遺体は誰なのだろうか?もしかしたら、彼は生きているのだろうか?あらゆる可能性を考えながら捜査する、ギブス達。そして、彼の親友メリルの証言に少しの疑問が残った。だが、それを覆したのはダンフォース上等兵の父親だった。
ギブスは、もう一度DNA勘定を指示するのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
少しネタバレになってしまうが、
ギブスはエレベーターの中で自分の後頭部をパコーンとする。
それでいいのか?ギブス。つい言いたくなってしまった。(+_+)
四角四面に考えれば、彼のした行動はどうかと思う。
だが、元海兵だった事を思うと複雑な感情を抱いてしまうのも分かる気がした。

本当にこのシリーズはギブスにとっては、苦悩が多いぜ。

さて、彼らしいというからしからぬというかのギブスですが。
局長とディナーって、(@_@)?
部下との推理よりも彼女と話ながらの方が良いって事?
それって、あの時の行動と逆のじゃない?
その行動というのが、局長に捜査を話してしまったディノッゾ達に嫌味な態度を取るシーン。
付いてくる皆がむっちゃ可愛いのだけどもさ。
特に最後まで抵抗てダメだったディノッゾが、足を引きずっているのが可愛くって。

そんなワンコのディノッゾ。
バスケで隊員と交流しておきながらケガしてどうする?(爆)
自分の体力の事、過信してないかい、トニー君。押されてコケてねんざして。
それって運動不足もあるんだけど、頭と体が付いて行かないという悲しい現実もあるのだよ。(年取ったら分かる事だが)
だけど、
ギブスに肩貸してもらってよかったよねえ。
歩けないと言ってた時は、もしかしておんぶ狙ってたりして。(爆)

エンディング。
なんとなくだが、ディノッゾはギブスの行動を見抜いていたような気がした。
優秀な部下を持つと苦労するよね、ジェスロ~。(意味深?) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シーズン3-第15話」

2010-08-11 | NCIS ネイビー犯罪捜査班

原題「Navy NCIS: Naval Criminal Investigative Service」 
2006年に放送された作品

第15話「海軍猟奇事件」 (シーズン3 第15話)
Season3 Episode15「Head Case(直訳=頭の訴訟)」(2006.2.7放送)



出演 
マーク・ハーモン(リロイ・ジェスロ・ギブス 特別捜査官 現場対応チーム主任)
マイケル・ウェザリー(アンソニー・ディノッゾ 特別捜査官 現場対応チーム上級捜査官) 
ショーン・マーレイ(ティモシー・マクギー 特別捜査官 現場対応チーム下級捜査官)
コート・デ・パブロ(ジヴァ・ダヴィード 特別捜査官)
デビッド・マッカラム(ドナルド・“ダッキー”・マラード 検視官主任) 
ポリー・ペレット(アビゲイル・“アビー”・シュート 科学捜査分析官)
ローレン・ホリー(ジェニー・シェパード NCIS局長)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1台の車に乗り、ガレージへ来た男性。2人の仲間と交流してまもなく、そこへNCISが突入しきた。
車の盗難犯人として、3人を逮捕する、ギブス達。そして、ジヴァがさっき盗んできた車のトランクを開けると、工具箱の中から人間の頭部だけを発見してしまう。
頭部の身分が判明した。海軍大佐パーカー・ウェイン、4ヵ月前に心臓発作で亡くなっているのだという。遺骨は海へ巻くために火葬して灰になっていた。
では、あの頭部は誰だというのだろうか?

勝手な感想(自分の思い込み多々)
今回も子供に優しいギブス。
「海兵隊は約束を守る」(^_^)v
そして、遺族への気遣いも。
局長もそれに便乗?と思いきやの逆襲劇。
ちょっとイラっときたが、なかなか面白かったぞ。

面白かったと言えば、密かにファンのパーマー君。
アビーじゃないけど、気持ち悪いよ、ニヤつくの・・・。(^◇^;)

それでは、
ディノッゾはと言いますと。
意外と恐がりな彼。
容疑者の家に行き、開けてみろよ!はマクギーではないけど、困ったもんだ。(爆)
その後の反応も最高!
ちょっとは仕返し出来たかな?マクギー。
ギブスの前で言い争うのも楽しかった。
止めたギブスの後頭部パコーンは最高ですねえ。

パーマー君がダッキーに質問していたが、本当に部分だけでもそんな価直があるの?
医学の為とはいえねえ、売買が成立するのが複雑な心境だった。
ちょっと間違っているように思えるなあ~。
でも、そうでもしないと医学は進展しないのか?(苦笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シーズン3-第14話」

2010-08-10 | NCIS ネイビー犯罪捜査班

原題「Navy NCIS: Naval Criminal Investigative Service」 
2006年に放送された作品

第14話「コリアタウンの秘密」 (シーズン3 第14話)
Season3 Episode14「Light Sleeper(直訳=浅い寝台車)」(2006.1.24放送)



出演 
マーク・ハーモン(リロイ・ジェスロ・ギブス 特別捜査官 現場対応チーム主任)
マイケル・ウェザリー(アンソニー・ディノッゾ 特別捜査官 現場対応チーム上級捜査官) 
ショーン・マーレイ(ティモシー・マクギー 特別捜査官 現場対応チーム下級捜査官)
コート・デ・パブロ(ジヴァ・ダヴィード 特別捜査官)
デビッド・マッカラム(ドナルド・“ダッキー”・マラード 検視官主任) 
ポリー・ペレット(アビゲイル・“アビー”・シュート 科学捜査分析官)
ローレン・ホリー(ジェニー・シェパード NCIS局長)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
赤ちゃんを連れて友人宅を訪れた韓国人女性。大音量のステレオを止めると、そこにはソファーに座ったままの二人の射殺死体があった。
発見者は、海兵隊員の妻ユン。彼女は韓国人で殺されて友人二人とよくコリアンタウンへ出掛けていたのだという。当初は暴力夫の仕業かと思われたが、彼が夫人から暴力を受けていたと告白し、推理は振り出しに戻る。そして、3人がコリアンタウンのある店をよく手伝っていた事が分かった。そんな中、第一発見者のユンが逃走する。
いったい彼女に何が起こったと言うのだろうか?

勝手な感想(自分の思い込み多々)
今でもいるのだろうか?とふと考えてしまった今回の事件の真相。
そうなると怖いなあ。
偽りの愛から本物が~というのはよく映画の題材になるが、ドラマでもなるのかとちょっと面白かった。
それも推理ドラマで。

そんな中で、何気に赤ん坊をあやすのが上手かったギブス。
もう、あの手馴れた感じは素晴しかったなあ。
その反面のぎこちないマクギーも可愛らしかったけどね。

それでは、
お気に入りのディノッゾはと言いますと。
見張りの最中、ゴシップ雑誌を見て驚いていた。
ジェシカって・・・意味深?(爆)
それに、昼飯抜きのギブス指示に一番落ち込んでいた様子の彼。
ジヴァから減量という言葉に敏感に反応していたが、少しは自覚があるってことだよね。(^◇^;)

ラスト。
ギブスの側を離れなかったディノッゾとジヴァ。
ギブスの一言はきつかったけど、それに反応するディノッゾが最高にいい感じだった。
「さすが、ボス」 
うん、納得。(爆)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年後半の注目映画

2010-08-09 | まにあの思い
いよいよ、今年も後半に入ってきました。
が、
まだ1度しか映画館へ行ってない、ich。
なかなか、これは記録的なワーストシーズンになりそうな予感。

だめじゃん!!

と自分を奮起させるために、
後半日本で公開される予定で見に行きたい映画をピックアップ。

本当に行くかどうかは別として、忘れない為の覚え書き・・・。


9月11日公開

(公式サイトhttp://www.saigo-tabi.jp/
ジェームズ・マカヴォイ出演 
邦題「終着駅 トルストイ最後の旅(原題『The Last Station』)

今年も公開のマカヴォイ出演作品。ベテラン俳優陣の演技に注目したいところ。
見に行くかは微妙な線・・・。


9月25日公開

(公式サイトhttp://www.cinemacafe.net/official/message-movie/
ロマン・デュリス主演 
邦題「メッセージ そして、愛が残る(原題『Afterwards』)

これで今年公開の主演映画が2本目のデュリス君。
3月に公開された「モリエール 恋こそ喜劇」(未観賞)とは180℃も違う役柄の様子なので、出来れば見たいが、何せ劇場が遠いからなあ。(^◇^;)


10月16日公開

(公式サイトhttp://www.expendables.jp/
ジェット・リー&ジェイソン・ステイサム出演 
邦題「エクスペンタブルズ(原題『The Expendables』)

現在、一番見に行けそうな作品がこれ。
田舎にも来てくれそうな勢いなので、2代大好きスターを見に行こうと思ってはいるが。どんだけの出演シーンがあるかは、微妙な線だね。(笑)

11月27日公開

クリストファー・エクルストン出演 
邦題「アメリア 永遠の翼(原題『Amerla』)

NHKでジョン・レノン役をしたTVドラマが放映された、エクルストン。
今年中の映画公開はもうないかと思った矢先のこの情報!!嬉しい限りです。
リチャード・ギアなど豪華メンバー。田舎まで来てくれたらもっと嬉しいのだけどね。

後は、
ドイツ映画祭。
今年は開催されるのかな?
未だに情報がひっかからないので不安な日々なのだ。
日時によっては、行けない可能性が大なので、なるべく早く情報が欲しいというのが本音。
どうなんだろうなあ。
来る作品によっても微妙なんだけどもね。
久々に、ベノの姿を見たいなあ~。(切実・・・)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シーズン3-第13話」

2010-08-06 | NCIS ネイビー犯罪捜査班

原題「Navy NCIS: Naval Criminal Investigative Service」 
2006年に放送された作品

第13話「海軍少佐誘拐の謎」 (シーズン3 第13話)
Season3 Episode13「Deception(直訳=偽装)」(2006.1.17放送)



出演 
マーク・ハーモン(リロイ・ジェスロ・ギブス 特別捜査官 現場対応チーム主任)
マイケル・ウェザリー(アンソニー・ディノッゾ 特別捜査官 現場対応チーム上級捜査官) 
ショーン・マーレイ(ティモシー・マクギー 特別捜査官 現場対応チーム下級捜査官)
コート・デ・パブロ(ジヴァ・ダヴィード 特別捜査官)
デビッド・マッカラム(ドナルド・“ダッキー”・マラード 検視官主任) 
ポリー・ペレット(アビゲイル・“アビー”・シュート 科学捜査分析官)
ローレン・ホリー(ジェニー・シェパード NCIS局長)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
車のトランクの中から携帯で助けを求める女性。NCISに繋がるもののなかなか会話が出来ないでいた。そして、ウィルカーソンと名乗った瞬間、トランクのドアが開けられてしまうのだった。
休日だったにも関らず呼び出される、NCISのメンバー達。海軍少佐アマンダ・ウィルカーソンから携帯で何度も助けを求められたからだった。彼女は車のトランクの中に閉じ込められているらしい。だがその車の場所も分からない。そして、彼女は核燃料の輸送ルートを作成した人物だと判明。
彼女はその為に誘拐されたのだろうか?

勝手な感想(自分の思い込み多々)
休日出勤の面々はそれぞれがオシャレ。
あのジヴァのコートは好きだなあ。だけど、彼女は休日に何をしてたんだ?
それよりも遅れてきたマクギー。
パイプにその服装ってもしかして探偵ごっこ?(爆)
真相はのちのちのシリーズで明らかになるのだけどね。
アビーとダッキーの服装が可愛かった。
パーマー君も出てくると面白かったのだけどね。

それでは、
休日にビシっと決めていたギブスはと言いますと。
ディノッゾの憶測に怪訝そうな顔だった。
本日は誰もが彼の的。
それ以上突っ込めないのはギブスだからだけど。
エンディングは最高だった。ナイス!ジェスロって感じで。(^_^)v

では、一番ラフな格好だったディノッゾはと言いますと。
いつもおしりに携帯いれてるのね。(爆)
それにしても早いなあ、彼。
今回はみんなのプライベートが見られて嬉しそうだったぞ。
嬉しそうといえば、あのATM画像の美女。
あの後もしかして身元を調べたかもねえ。ドンぴしゃの範囲だったらしいから。
ガキの扱いはナイスだったトニー。
なんか得意そうだよね、あ~いう盗み聞き。(笑)

そうそう、
あのガキの一人は、ザック・エフロンだった。売れる直前だった?

今回、マクギーも捜査官だったんだよねえと思った尋問の迫力。
彼なりで素晴しかったぞ。
彼が脅しに使った言葉はきっと真実。
「いじめられた人間はいじめた人間をいつまでも覚えている」
誰かをいじめたそこのアナタ!
身辺には気をつけて。(脅し・・・)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加