マニアの戯言

映画マニアの勝手な映画感想日記

カテゴリーの基本ルールをお読み下さい。


「NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シーズン13-第10話」

2018-02-28 | NCIS ネイビー犯罪捜査班

原題「Navy NCIS: Naval Criminal Investigative Service」 2015年に放送された作品

第10話「血を分けた兄弟」(シーズン13第10話)
Season13 Episode10 「Blood Brothers(直訳=血を分けた兄弟)」(2015.11.24放送)

出演 
マーク・ハーモン(リロイ・ジェスロ・ギブス 特別捜査官現場対応チーム 主任)
マイケル・ウェザリー(アンソニー・ディノッゾ 特別捜査官現場対応チーム 上級捜査官) 
ショーン・マーレイ(ティモシー・マクギー 特別捜査官現場対応チーム 上級捜査官)
エミリー・ウィッカーシャム(エレノア・“エリー”・ビショップ 特別捜査官現場対応チーム 捜査官)
デビッド・マッカラム(ドナルド・“ダッキー”・マラード 検視官主任) 
ブライアン・ディーツェン(ジミー・パーマー 検視官助手)
ポリー・ペレット(アビゲイル・“アビー”・シュート 科学捜査分析官)
ロッキー・キャロル ( レオン・ヴァンス 局長)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
病室で白血病と戦っている水兵のアレックス。望みは疎遠になって今は行方不明になっている弟ショーンのみ。他の兄弟は戦地ですでに亡くなっていたからだ。
ギブス達はドナー候補になりえる弟を探すが彼は自宅にはおらず偽造紙幣が隠されていた。すると、その事件はFBIのフォーネルも追っていて合同捜査の形になる。
一方、ジェイクとの事でオクラホマの実家に戻っていたビショップは、ギブス達からの連絡を受け、アレックスのドナー候補がカンザスの刑務所にいることがわかり説得に向かうのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
なんで、ビスショップのプライベートにそんなに時間を費やすの~と言いたくなるが、まあ、既婚者が入って来た地点で展開は違ってくるのは分かっているけども・・・。
かなり、面倒くさいと思ってしまった。
ギブスの心遣いもいいんだけども、やっぱ側にみんながいてなんぼだと思うんだよなあ。

とはいえ、フォーネルさんのお久しのぼやきはいいわ~、楽しいわ~。
未だに、マクギーを目の敵にしてるし~
。娘が家を燃やす前にって。( ̄。 ̄;)
そして、最後には、寂しいトニーを誘っちゃうんだもの。
お人が良すぎです。

それでは、フォーネル家の感謝祭に招待されたディノッゾはと言いますと。
寂しく過ごすなんて~どうしちゃったんだ~。ワインを周到に用意しておくところは感心してしまったけども。
そうそう、フォーネルさん!忘れた頃に古傷探らないで下さいまし~。
ドキっとするトニーにこちらが切なくなってしまうから。

それにしても最近は、パーマー君のボケ具合が面白い。
昔からその場を読めない男ではありましたけども。
あ~見えても妻子持ちなんだすけどねえ。
チキンのその縫い方は・・・。(^◇^;)

アニキ達の中で育ったわりには、以外とぐちぐちしてるビショップ。
とにかく、もう面倒いから、素直に帰って来ておくれでないかいよ~。

コメント

「NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シーズン13-第9話」

2018-02-27 | NCIS ネイビー犯罪捜査班

原題「Navy NCIS: Naval Criminal Investigative Service」 2015年に放送された作品

第9話「着せられた汚名」(シーズン13第9話)
Season13 Episode9 「Day in Court(直訳=法廷出頭日)」(2015.11.17放送)

出演 
マーク・ハーモン(リロイ・ジェスロ・ギブス 特別捜査官現場対応チーム 主任)
マイケル・ウェザリー(アンソニー・ディノッゾ 特別捜査官現場対応チーム 上級捜査官) 
ショーン・マーレイ(ティモシー・マクギー 特別捜査官現場対応チーム 上級捜査官)
エミリー・ウィッカーシャム(エレノア・“エリー”・ビショップ 特別捜査官現場対応チーム 捜査官)
デビッド・マッカラム(ドナルド・“ダッキー”・マラード 検視官主任) 
ブライアン・ディーツェン(ジミー・パーマー 検視官助手)
ポリー・ペレット(アビゲイル・“アビー”・シュート 科学捜査分析官)
ロッキー・キャロル ( レオン・ヴァンス 局長)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
裁判所の前でインタビューを受ける検察官。担当刑事も証拠不十分で不起訴になった事が不満のようだった。
殺人容疑で逮捕された下士官のカイルは、初めから無実を訴えていて晴れて無罪になったにも関わらず、同僚からも妻からも見放されてしまった。
そこで、再び軍法会議に出廷すると言いだし、ギブスは彼の担当弁護士から事件をもう一度調べて欲しいと頼まれる。
事件担当は、ディノッゾの古巣、ボルティモア警察。
ディノッゾはマクギーと共に事件の経緯を聞きに行くのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
今週から最終話まで掲載していきます。遅れ気味ですが、どうかよろしくお願いします。

最近どうも好きになれないビショップ。今回もちょっとな~(-_-;)だった。
夫婦の危機は分かるけども、なんでそうも根掘り葉掘り聞き出そうとするのかな?
もとはと言えば彼女がジェイクに話をしなくなったのが原因だと思うんだよね。
そりゃ~浮気は彼が悪いけども・・・。
初めの頃のアツアツぶりがなんか引っかかってたから、こうなるわなって感じだね。(なんのこっちゃ)

それでは、
なんとなく彼女と上手くいっている様子のディノッゾはと言いますと。
暗闇恐怖症?そりゃ~一緒に寝れないね。可愛い理由の寝不足はいいんじゃないかな。
そして、人の弱みを見つけてはからかう彼がいつもながら楽しいわ~。
アビー、羽根が苦手とは。
しかし、いつから兄貴分なの?まあ、昔からは分かっていたけども。
ジヴァの時はそう言いながら~。
突っ込むのは止めにしますかね。
そうそう、
古巣の伝説は楽しそう。裸の逮捕ってなんだ?(@_@)

夫婦仲といえば、ギブスの一言がごもっとも。「それを俺に相談する?」だよね~。
初めはそうじゃないけど後半の夫婦生活はね~。
元妻出てくる度に楽しかったけどね。

ビショップの出した結論。
一生懸命2人は修正しようとしたけど、ダメだった。
引き金を引いてしまったのはジェイクだけど、彼がなんか気の毒に思えるよ。

コメント

海外ドラマ「LUCIFER/ルシファー」

2018-02-24 | 鑑賞した 海外ドラマ

原題「Lucifer」 Season1

AXN  https://www.axn.co.jp/programs/lucifer 


掲載エピソード

Episode1 「Pilot」 (2016.1.25)
第1話「悪魔のバケーション」感想日記

Episode2 「Lucifer, Stay. Good Devil.」 (2016.2.1)
第2話「パパラッチの償い」 感想日記

Episode3 「The Would-Be Prince of Darkness」 (2016.2.8)
第3話「偽ルシファーと美女殺人事件」 感想日記

Episode4 「Manly Whatnots」 (2016.2.15)
第4話「プレイボーイの憂鬱」 感想日記

Episode5 「Sweet Kicks」 (2016.2.22)
第5話「悪魔のツケ」 感想日記

Episode6 「Favorite Son」 (2016.2.29)
第6話「最愛の息子」 感想日記

Episode7 「Wingman」 (2016.3.7)
第7話「翼ある友」 感想日記

Episode8 「Et Tu, Doctor?」 (2016.3.14)
第8話「嫉妬」 感想日記

Episode9 「A Priest Walks into a Bar」 (2016.3.21)
第9話「神父が酒場にやって来た」 感想日記

Episode10 「Pops」 (2016.3.28)
第10話「家族のような関係」 感想日記

Episode11 「St. Lucifer」 (2016.4.11)
第11話「聖ルシファー」 感想日記

Episode12 「#TeamLucifer」 (2016.4.18)
第12話「仕組まれた罠」 感想日記

Episode12 「Take Me Back to Hell」 (2016.4.25)
第13話(最終話)「地獄の扉」 感想日記


コメント

「LUCIFER/ルシファー」 シーズン1 第13話

2018-02-23 | 鑑賞した 海外ドラマ

原題「Lucifer」 アメリカにて2016年に放送された作品。

第13話(最終話)「地獄の扉」原題「Take Me Back to Hell(直訳=私を地獄に連れ戻してください)」
(Season 1 Episode 13 2016年4月25日放送)

出演 
トム・エリス(ルシファー・モーニングスター 地獄の王、休暇中 声:遠藤大智)
ローレン・ジャーマン(クロエ・デッカー L.A市警殺人課刑事 声:佐古真弓)
ケヴィン・アレハンドロ(ダニエル“ダン”・エスピノーザ L.A市警殺人課刑事、クロエの元夫 声:阪口周平)
レスリー・アン・ブラント(メイズ / マジキーン 地獄から来た魔物 声:まつだ志緒理)
レイチェル・ハリス(リンダ・マーティン博士 精神科医、セラピスト 声:安永亜季)
D・B・ウッドサイド(アメナディエル 天使、ルシファーの兄 声:北村謙次)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
自分の店「ラックス」で自分と揉めた牧師の射殺死体が発見され、ルシファーはクロエから銃を向けられていた。
クロエが自分を信じてくれなかった事がショックでルシファーは死ぬのを覚悟し、新人らしき警官を挑発する。
そして、その警官が発砲したときルシファーは姿を消してしまった。
そのルシファーは、建物の屋上へアメナディエルによって連れてこられていた。
彼は、ルシファーを地獄へ戻す為にマルコムの死を利用したが、その事によって関係ない人間が殺されてしまった事の責任を感じていたのだ。マルコムの暴走を止めるしかない。2人はマルコムの行方を追う。
一方、クロエはダンにルシファーが犯人だとは思えないと告白する。
そして、真犯人がマルコムだと分かるのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
クロエに信じてもらえず落ち込むルシファー。
撃たれて地獄へ行ってもいいと考えるくらい、そんなにショックだったんだね。

互いに歩みよる度に、なんだか、行き違いになってしまうクロエとルシファー。
そこがちょっと切なくって、いじれったくて、面白かったんだよなねえ。

そして、あのシーンはビックリ。撃たれて血が広がって・・・・。

それでは、死にかけたルシファーはと言いますと。
何でもするから、クロエだけは助けてくれというルシファーが、格好良かった。
本当に彼女の事を大切に思っているんだなあ~なんて。
オヤジ(神)に頼むなんて、よっぽどだ~って。
そうそう、
アメナディエルと一緒に奴らを倒すシーンもルシファーらしく優雅な肉弾戦でむっちゃステキだった。
まあ、アクションというよりも、ダンスに見えたけども。(^◇^;)

そして、そのアメナディエル。メイズが、助けてくれてよかったよ~。
あの羽根がそんな力があるなんて。

早く次のシーズンが見たくなった。

AXNさんで続きを期待してますよ。

だって、今度は「ママ」が出てくるらしいからさ。
で、
悪魔のママって誰? 

コメント

「LUCIFER/ルシファー」 シーズン1 第12話

2018-02-22 | 鑑賞した 海外ドラマ

原題「Lucifer」 アメリカにて2016年に放送された作品。

第12話「仕込まれた罠」原題「#TeamLucifer(直訳=チームルシファー)」
(Season 1 Episode 12 2016年4月18日放送)

出演 
トム・エリス(ルシファー・モーニングスター 地獄の王、休暇中 声:遠藤大智)
ローレン・ジャーマン(クロエ・デッカー L.A市警殺人課刑事 声:佐古真弓)
ケヴィン・アレハンドロ(ダニエル“ダン”・エスピノーザ L.A市警殺人課刑事、クロエの元夫 声:阪口周平)
レスリー・アン・ブラント(メイズ / マジキーン 地獄から来た魔物 声:まつだ志緒理)
レイチェル・ハリス(リンダ・マーティン博士 精神科医、セラピスト 声:安永亜季)
D・B・ウッドサイド(アメナディエル 天使、ルシファーの兄 声:北村謙次)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
悪魔教の儀式で若い女性が生け贄となった。それは、偽りだったがその後本当に殺されてしまう。
クロエに会うと不死身でなくなると分かったルシファーは、彼女が何者なのか疑り始める。
そんな時、クロエが一緒に捜査をして欲しいと店に訪ねてこられた。何故なら、3週間も彼女からの連絡をルシファーが避けていたからだった。
現場に連れてこられたルシファーは、女性の死体の背中に「ルシファー、バンザイ」と書かれたメッセージを読み怒り始める。
そして、本当の殺人犯を罰する事を決意する。
殺された女性ローズの自宅から彼女が悪魔崇拝のカルトに参加していたことがわかりその場所へ2人で行こうとするもルシファーはクロエへの警戒を止めず、待ち合わせでと先に行ってしまうのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
逮捕されちゃうのかよ~ルシファー~!!
というのは、ラストなので、その前に。

悪魔教かあ、ルシファーの言い分がなんか正しく思えた。
「罪もない人間の死を僕が望んでいると思っているのか?」
生け贄なんてもってのほかって言いたいんだよね。
冷静に考えればそれはおかしな宗教だし。
ちゃんとした信者からは怒られそうだけど、そういう解釈は、宗教嫌いには納得出来る事。

それでは、クロエに疑られて悲しい表情だったルシファーはと言いますと。
リンダ先生に言う一言が本音だね。
「(自分を弱らす)クロエから離れろというのは分かるが、離れたくない。」

クロエも、そう思ってるけど、事件解決に私情は要らない。(ルシファーに銃を向けて)

同じように、メイズとアメナディエルも離れたくないって感じだな。(メイズ、悲しそうに怒ってたし)

いや~ガタイがデカイ兄弟げんかはすさまじいかったのう。
あ~あ、バーカウンター壊しちゃった。

さあ、いよいよ最終話。

どうなる?ルシファー~。

 

コメント

「LUCIFER/ルシファー」 シーズン1 第11話

2018-02-21 | 鑑賞した 海外ドラマ

原題「Lucifer」 アメリカにて2016年に放送された作品。

第11話「聖ルシファー」原題「St. Lucifer(直訳=聖魔王)」
(Season 1 Episode 11 2016年4月11日放送)

出演 
トム・エリス(ルシファー・モーニングスター 地獄の王、休暇中 声:遠藤大智)
ローレン・ジャーマン(クロエ・デッカー L.A市警殺人課刑事 声:佐古真弓)
ケヴィン・アレハンドロ(ダニエル“ダン”・エスピノーザ L.A市警殺人課刑事、クロエの元夫 声:阪口周平)
レスリー・アン・ブラント(メイズ / マジキーン 地獄から来た魔物 声:まつだ志緒理)
レイチェル・ハリス(リンダ・マーティン博士 精神科医、セラピスト 声:安永亜季)
D・B・ウッドサイド(アメナディエル 天使、ルシファーの兄 声:北村謙次)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
クロエはルシファーのベッドで目が覚める。それも裸のまま。
側にはにやけたルシファーがソファーで座っていた。動揺するクロエに、ルシファーは楽しそうに何もなかったと告げる。それを受けクロエは、なかった事にして忘れましょうと言い残し着替えながら部屋を出て行った。
その後、事件が発生しパンティーを持ってルシファーが現場に現れた。私のじゃないからと呆れるクロエ。
殺されたのは慈善団体ダンレア財団の代表、ティム・ダンレア。
初めは物取りの犯行に思えたが、最後に彼にあった青年から夫婦仲がよくなかったと言われどちらかが浮気をしていると睨んだクロエは、誰が浮気相手なのかルシファーと探そうとするのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
相変わらす歌がうまいルシファー♪ だけど、浮気相手がえ~!!だった。最近では、普通の事なのかも?(@_@)

とはいえ、めっちゃやばいじゃん!ダメダメ刑事~
もとい、ダン。
なんとか抜け出せて良かったけども。
彼もなんだかんだでいい刑事さんなんだよね。(ルシファーは嫌いだけど、殺しちゃだめなんて)

それでは、不死身復活?のルシファーはと言いますと。
コインあげちゃっていいの?と思ったのは自分だけか?
しかし、ビックリ!
その後あっさり撃たれちゃったからさ。でもまあ、目を開けて気絶してたんだよね?(気絶と言うべきか)
ちゃんと服に穴があいてるのが、粋だよ。

クロエもルシファーに弱くルシファーもクロエには弱い。

同じようで違う弱さ。
クロエとしては、弱らせるというよりも、頼ってしまうってことじゃないかな。
ルシファーは文字通り、能力を弱らせるってことだけど。

ところで、その傷はいつ治る?
クロエと離れるといいのかな?

さあ、いよいよ、ラスト2話。 

マルコムが再びややこしくなりそうだ~。

コメント

「LUCIFER/ルシファー」 シーズン1 第10話

2018-02-20 | 鑑賞した 海外ドラマ

原題「Lucifer」 アメリカにて2016年に放送された作品。

第10話「家族のような関係」原題「Pops(直訳=ポップス)」
(Season 1 Episode 10 2016年3月28日放送)

出演 
トム・エリス(ルシファー・モーニングスター 地獄の王、休暇中 声:遠藤大智)
ローレン・ジャーマン(クロエ・デッカー L.A市警殺人課刑事 声:佐古真弓)
ケヴィン・アレハンドロ(ダニエル“ダン”・エスピノーザ L.A市警殺人課刑事、クロエの元夫 声:阪口周平)
レスリー・アン・ブラント(メイズ / マジキーン 地獄から来た魔物 声:まつだ志緒理)
レイチェル・ハリス(リンダ・マーティン博士 精神科医、セラピスト 声:安永亜季)
D・B・ウッドサイド(アメナディエル 天使、ルシファーの兄 声:北村謙次)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
スーパーマーケットに来ているルシファー。そこにはクロエも来ていて、毒殺された死体を彼女から見せられる。
すると、美味しい料理を作るシェフ、ハビエルだと言いだし、もう二度と彼の料理が食べられなくなったと怒りだした彼は、犯人を見つけて罰しなければと張り切り出す。
クロエは、ハビエルが必ず自分の店で朝食をとってからここへ出向くとの情報を得て、早速彼の店へ行く。
すると、従業員はすべて父のように慕っていたと答え、父嫌いなルシファーはうんざりする。
そんな時、副料理長のアンも毒で倒れた。
そして、偶然にも彼の本当の息子が帰って来ている時だとし、クロエとルシファーは彼の息子を疑るのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
店の後継問題って一代で築いた人のお店に限ってよく揉める。結局は、血筋なんだけどね。
どんなに従順に尽くしても持ってくのは血のつながりだから仕方ない。( ̄。 ̄;)

ある意味ネタバレしたかな?

さて、父嫌いなルシファー。だけど、彼の一言はよく分かるよ。

「親から自分でない自分を押しつけられる。」
親の理想の子供像に子は苦しめられるんだよね。

厳格な父親なら思いのほか。
ルシファーも父親(神)からそう押しつけられたようなんだよね。心優しい彼が、悪魔だもんね。

そんな彼なのに、「お~神様~」なんて言っちゃった、ルシファーはと言いますと。
お?格好いいよ。紳士な悪魔くん。
それほど大切に思ってるってことなんだよね。
戸惑う彼が楽しかったなあ。

そして、酔っ払うクロエが可愛い。
だけど、そんなによりを戻したかった訳なのね。

それにしても、マルコムの行動は、怖いなあ。
一度、地獄を見るとみんなあんなになるんかな?

コメント

「LUCIFER/ルシファー」 シーズン1 第9話

2018-02-19 | 鑑賞した 海外ドラマ

原題「Lucifer」 アメリカにて2016年に放送された作品。

第9話「神父が酒場にやって来た」原題「A Priest Walks into a Bar(直訳=聖職者は、バーの中に入ります)」
(Season 1 Episode 9 2016年3月21日放送)

出演 
トム・エリス(ルシファー・モーニングスター 地獄の王、休暇中 声:遠藤大智)
ローレン・ジャーマン(クロエ・デッカー L.A市警殺人課刑事 声:佐古真弓)
ケヴィン・アレハンドロ(ダニエル“ダン”・エスピノーザ L.A市警殺人課刑事、クロエの元夫 声:阪口周平)
レスリー・アン・ブラント(メイズ / マジキーン 地獄から来た魔物 声:まつだ志緒理)
レイチェル・ハリス(リンダ・マーティン博士 精神科医、セラピスト 声:安永亜季)
D・B・ウッドサイド(アメナディエル 天使、ルシファーの兄 声:北村謙次)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
パーティー三昧をしても何故か薄ら寂しいルシファー。その原因は、心から尊敬出来る友達がいないからだとリンダ先生からアドバイスされた。
そんな時、神父が彼の店にやってきた。
フランク神父は、コナーという青年を救ってやりたいからと、青少年センターのアリエッタに会って話して欲しいと頼みにきたのだ。
ルシファーは、神父のような偽善者の言うことは聞かないとし、彼を帰らせるが、麻薬絡みもありクロエに相談し一緒にセンターに出向いた。
すると、そのアリエッタが何者かに殺害されていた。
ルシファーは、殴ってやりたいとフランク神父から聞いていた為に彼が犯人だと断定する。
しかし、神父が教会の前で銃撃された事により、犯人は別にいるとクロエは推理するのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
悪魔と神父の取り合わせ。なんかいいよね。

そして、神父さんが、神父さんになった理由を聞いて、一緒に「はぁ?」とも思ったが、彼が必死にコナーを守りたいと思った気持ちは充分に理解出来た。

ルシファーもそんな感じだったし

それでは、必死に神父を助けようとしていたルシファーはといいますと。
2人でピアノを連弾するシーンは格好良かったなあ。神父さんともぐ~んと仲が近くなった感じだったし。
だけど、結末が悲しすぎ。(>_<)

ルシファーじゃないけど、自分もおやじ(神)に言いたかったよ。
「従っても、背いても、命を奪う」

神には計画があると言うけれど、本当かあ~と思ってしまう。個人的には、ルシファーよりだからさ。

ラスト、ナイス!クロエだった。
やっぱ、この2人がいいんだよね。(^_^)v

コメント

「LUCIFER/ルシファー」 シーズン1 第8話

2018-02-16 | 鑑賞した 海外ドラマ

原題「Lucifer」 アメリカにて2016年に放送された作品。

第8話「嫉妬」 原題「Et Tu, Doctor?(直訳=Et Tu、先生?)」
(Season 1 Episode 8 2016年3月14日放送)

出演 
トム・エリス(ルシファー・モーニングスター 地獄の王、休暇中 声:遠藤大智)
ローレン・ジャーマン(クロエ・デッカー L.A市警殺人課刑事 声:佐古真弓)
ケヴィン・アレハンドロ(ダニエル“ダン”・エスピノーザ L.A市警殺人課刑事、クロエの元夫 声:阪口周平)
レスリー・アン・ブラント(メイズ / マジキーン 地獄から来た魔物 声:まつだ志緒理)
レイチェル・ハリス(リンダ・マーティン博士 精神科医、セラピスト 声:安永亜季)
D・B・ウッドサイド(アメナディエル 天使、ルシファーの兄 声:北村謙次)

世界創世の時代、天使ルシファーは地獄の統治を命じられた。
だが、彼は休暇をとることに・・・。

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
ルシファーは自分の誕生日会を店で開いていた。
翼を燃やし生まれ変わった日だと喜ぶルシファーを尻目にメイズは呆れるばかり。そこへ、クロエがダンとお祝いに駆けつけたが、仕事があるからとすぐに帰ってしまった。
その様子を見ていたルシファーは、その時の気持ちをリンダ先生に相談に行く。
彼女は、2人に嫉妬しているだと助言し、ルシファーは、嫉妬とは何か?を探ろうとする。
そんな時、浮気カウンセラーのセラピストが殺害された。
クロエは反対するもルシファーは、リンダ先生に事件の助言を求め、ある人物が怪しいとアドバイスされるのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
日本でそんなカウンセンリングをしたら、俗世間をすべて敵に回しそうなアドバイスだね。

浮気で離婚を防ぐ?

隣の芝生はなんとやらだから、隣の芝生を見せて、自分の庭の芝生の方が本当に良い物だと自覚させるって事?
面倒くさいなあ。
よく見えすぎて欠点が見えてるのだから、ぼんやりさせればいいのにね。(よく分からない解説ですまん)

さて、そんなカウンセラーのいざこざよりも、復活したマルコムですよ。嫌な奴だなあ。
先手打たれた感じだし。

それでは、嫉妬を学ぶルシファーはと言いますと。
まさしく、嫉妬の何者でもないよね。
ちょっと仲良しになりつつあるダンとクロエだし。
まあ、今の段階では、ルシファーはやきもち程度だと思うけどなあ~。(^◇^;)

コメント

「LUCIFER/ルシファー」 シーズン1 第7話

2018-02-15 | 鑑賞した 海外ドラマ

原題「Lucifer」 アメリカにて2016年に放送された作品。\

第7話「翼ある友」 原題「Wingman(直訳=ウイングマン)」
(Season 1 Episode 7 2016年3月7日放送)

出演 
トム・エリス(ルシファー・モーニングスター 地獄の王、休暇中 声:遠藤大智)
ローレン・ジャーマン(クロエ・デッカー L.A市警殺人課刑事 声:佐古真弓)
ケヴィン・アレハンドロ(ダニエル“ダン”・エスピノーザ L.A市警殺人課刑事、クロエの元夫 声:阪口周平)
レスリー・アン・ブラント(メイズ / マジキーン 地獄から来た魔物 声:まつだ志緒理)
レイチェル・ハリス(リンダ・マーティン博士 精神科医、セラピスト 声:安永亜季)
D・B・ウッドサイド(アメナディエル 天使、ルシファーの兄 声:北村謙次)

世界創世の時代、天使ルシファーは地獄の統治を命じられた。
だが、彼は休暇をとることに・・・。

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
メイズと共に盗まれた翼の行方を探すルシファー。だが、なかなか手がかりがつかめない。
一方、クロエは、パルメット事件で意識不明の重体になっていたマルコムの生命維持装置を止める日が近づき、彼を英雄として死なせるのか?汚職警官として死なせるのか?の選択をダンから求められる。期限は今日だけ。手がかりがなければ捜査を打ち切るべきだと助言された。
そんな時、ルシファーがクロエを頼って訪ねてくる。
少しキツくてもちゃんとアドバイスしてくれる誰かに相談すべきだとアドバイスされ、ルシファーは、兄のアメナディエルに相談しにいくのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
クロエの戸惑いが分かる。「僕の翼が盗まれた。」(@_@)
それでも、ちゃんと同僚に連絡して手がかりをくれる彼女は、本当に頼もしいねえ。

そうそう、ルシファーが、告白して兄ちゃんが同じ事を言ったときの一言が好きだ!
「こだまかな?」(^0^))☆爆笑☆((^Q^)v

それでは、翼を取り戻す為に必死に探していたルシファーはといいますと。
翼がデカイ!!
と思ったのは自分だけか?
しかし、あの身体を飛ばすだけの翼ってあのくらいじゃないとダメってことだよね。納得は出来るけど、でかかったなあ~。
そうかあ、彼の仕業だった訳ね。
気がついたルシファーは反抗して・・・。
休暇のつもりだったけど、戻る気はないと決心させてしまった。

心優しい悪魔は今の方が居心地がいいのかあ。
それだけ、地獄の番人はよっぽど過酷なんだろうなあ。

コメント

「LUCIFER/ルシファー」 シーズン1 第6話

2018-02-14 | 鑑賞した 海外ドラマ

原題「Lucifer」 アメリカにて2016年に放送された作品。

第6話「最愛の息子」 原題「Favorite Son(直訳=大好きな息子)」
(Season 1 Episode 6 2016年2月29日放送)

出演 
トム・エリス(ルシファー・モーニングスター 地獄の王、休暇中 声:遠藤大智)
ローレン・ジャーマン(クロエ・デッカー L.A市警殺人課刑事 声:佐古真弓)
ケヴィン・アレハンドロ(ダニエル“ダン”・エスピノーザ L.A市警殺人課刑事、クロエの元夫 声:阪口周平)
レスリー・アン・ブラント(メイズ / マジキーン 地獄から来た魔物 声:まつだ志緒理)
レイチェル・ハリス(リンダ・マーティン博士 精神科医、セラピスト 声:安永亜季)
D・B・ウッドサイド(アメナディエル 天使、ルシファーの兄 声:北村謙次)

世界創世の時代、天使ルシファーは地獄の統治を命じられた。
だが、彼は休暇をとることに・・・。

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
コンテナ倉庫でモーニングスターのコンテナが何者かに運び出されそうになっていた。不信に思った警備員が呼び止めると、彼は殺されてしまうのだった。
メイズに呆れられながらも殺人現場へ来たルシファー。クロエが状況を説明する間もなく、つまらない事件だとしてすぐ帰って来てしまった。
だが、そのコンテナが自分のそれもメイズから「例の物」が入っていたコンテナだと聞かされ再びクロエと合流する彼

クロエはコンテナの中身が何かを聞こうとするが、ルシファーははぐらかすばかり。
彼女は何かがおかしいと思いながらもコンテナの行方をルシファーと共に追うのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
最初の背中の傷は、ここへとつながる訳だ。そうかあ、保存してたわけね。

それにしても、ピアノの弾き語りが出来る悪魔なんてステキ!

歌声は最高に良かったなあ。

でも、裏話によると、ピアノは弾けてないらしい。でも、弾いてる演技上手すぎです、トム・エリス。

クロエに本当に入っていた物を言わないルシファーがちょっともどかしかった、今回。
クロエとしてみれば、やっといい関係になってきたと思った矢先に犯罪者だったなんて思いたくないけども~といった所だったんだろうからさ。

それにしても、
裸になって着てきたあのピンクのトレーナーってクロエのってことだよね?ダメダメ刑事さん。
だけど、メイズ。
裸で運ぶって凄いなあ。

それでは、嘘はついてないと断言するルシファーはと言いますと。
本当に嘘はついてない彼。ただ、話をはぐらかしているだけ。
真剣に
「これからも嘘はつかない。」
とクロエに誓う眼差しが格好良かったよ~。

コメント

「LUCIFER/ルシファー」 シーズン1 第5話

2018-02-13 | 鑑賞した 海外ドラマ

原題「Lucifer」 アメリカにて2016年に放送された作品。

第5話「悪魔のツケ」 原題「Sweet Kicks(直訳=甘いキック)」
(Season 1 Episode 5 2016年2月22日放送)

出演 
トム・エリス(ルシファー・モーニングスター 地獄の王、休暇中 声:遠藤大智)
ローレン・ジャーマン(クロエ・デッカー L.A市警殺人課刑事 声:佐古真弓)
ケヴィン・アレハンドロ(ダニエル“ダン”・エスピノーザ L.A市警殺人課刑事、クロエの元夫 声:阪口周平)
レスリー・アン・ブラント(メイズ / マジキーン 地獄から来た魔物 声:まつだ志緒理)
レイチェル・ハリス(リンダ・マーティン博士 精神科医、セラピスト 声:安永亜季)
D・B・ウッドサイド(アメナディエル 天使、ルシファーの兄 声:北村謙次)

世界創世の時代、天使ルシファーは地獄の統治を命じられた。
だが、彼は休暇をとることに・・・。

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
靴のデザイナー、ベニー・チョイの新作発表会に来ていたルシファーとメイズ。
ルシファーが、モデルの1人と楽屋でいいことをしようとした所で会場に銃弾が撃ち込まれる。メイズは不死身ではなくなったルシファーを連れ会場を出ようとした時、女性の死体を発見するのだった。
クロエはルシファーと二度と仕事はしないとダンに断言していたが、上司からルシファーと一緒にこの銃撃事件を担当する事を命じられてしまう。
仕方なくルシファーと捜査を始めたクロエ。
彼は、早速ベニー・チョイとクロエを会わせ、手がかりを掴ませるのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
ルシファーじゃないが、なんでモデルが裸同然?と思ったら、メイズが説明してくれた。
「靴の新作発表だから」
あ~メイズが好きそうな靴だなあ~と納得したところで、
個人的にはあのヒールが高そうな靴はごめんだなと思った。捻挫しそうだから。(^◇^;)

それにしても、メイズの本当の顔はそら恐ろしかったよ。

だけど、つおい!強すぎメイズ。さらに、かっこいい!!メイズ好きだなあ~。
ルシファーが連れてくるのも納得でした。

それでは、撃ってもいいよっていいながら、前回ケガしたルシファーはと言いますと。
おいおい、思い出したように痛がるなよ~、ルシファ~、意地悪なんだから~。(~_~;)
小学生じゃあるまいし、絆創膏したとたんに痛くなるガキじゃないんだからさ。
まあねえ、
クロエのあの慌てようを見たらそうしたくなるのも分かるけどね。
からかいながらもきっちりクロエを守ってる(馬鹿にした同僚を殴った)彼は格好良かったな~。
いいとこあるじゃん!!

悪魔なのにね。(^_-) 

コメント

「LUCIFER/ルシファー」 シーズン1 第4話

2018-02-09 | 鑑賞した 海外ドラマ

原題「Lucifer」 アメリカにて2016年に放送された作品。

第4話「プレイボーイの憂鬱」 原題「「Manly Whatnots(直訳=男性的な重ね棚)」
(Season 1 Episode 4 2016年2月15日放送)

出演 
トム・エリス(ルシファー・モーニングスター 地獄の王、休暇中 声:遠藤大智)
ローレン・ジャーマン(クロエ・デッカー L.A市警殺人課刑事 声:佐古真弓)
ケヴィン・アレハンドロ(ダニエル“ダン”・エスピノーザ L.A市警殺人課刑事、クロエの元夫 声:阪口周平)
レスリー・アン・ブラント(メイズ / マジキーン 地獄から来た魔物 声:まつだ志緒理)
レイチェル・ハリス(リンダ・マーティン博士 精神科医、セラピスト 声:安永亜季)
D・B・ウッドサイド(アメナディエル 天使、ルシファーの兄 声:北村謙次)

世界創世の時代、天使ルシファーは地獄の統治を命じられた。
だが、彼は休暇をとることに・・・。

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
クロエが自宅でシャワーを浴びていると、知らぬ間にルシファーが彼女の家で朝食を作っていた。互いを知る為だという彼だが、クロエは呆れるばかり。
そこへ、元夫で同僚のダンが娘をつれて来た事で話は複雑になってしまう。
そんな時、事件が発生する。リンジーという若い女性が行方不明になったのだ。
彼女が最後に目撃されたのは、プレイボーイ養成セミナー「プレイヤーズ・クラブ」だった。クラブの代表カーヴァーに話を聞こうとしても弁護士に阻まれ困ったダンは、セミナーの招待客にルシファーがいることを知り、渋々、クロエにルシファーと一緒にセミナーへ参加しカーヴァーに話を聞いてきて欲しいと頼む。
嬉しそうなルシファーとは対照的に困った様子のクロエ。
会場に出向くとそこへリンジーの兄が現れ騒ぎを起こし始めるのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
男性が考えるプレイボーイと女性の理想のプレイボーイはかけはなれてる感じがする。
こんなセミナーでモテ男が増えたら苦労しませんがな。それにその講師がかっこいいか?疑問。

要は性格だよ

それでは、基本モテ男のルシファーはと言いますと。
子供が苦手は分かるが、犬じゃないっちゅ~の。反応が面白すぎる。
それと、クロエへの反応も面白い。SEXすれば同等になる?甘いな。(^◇^;)
そして、不死身だった彼が血を流した!
あれ?出会った時は本当に不死身だったのに・・・。

それにしても、スーツ以外の服も似合う彼。
他のファッションもみたいな~、
裸でなくて。

そうそう、クロエは、ダンとよりを戻したいのか?そもそも別れた原因はなんだったんだっけ?
ダメダメ刑事の方は戻したい雰囲気だけどね。

コメント

「LUCIFER/ルシファー」 シーズン1 第3話

2018-02-08 | 鑑賞した 海外ドラマ

原題「Lucifer」 アメリカにて2016年に放送された作品。

第3話「偽ルシファーと美女殺人事件」 原題「The Would-Be Prince of Darkness(直訳=自称の魔王)」
(Season 1 Episode 3 2016年2月8日放送)

出演 
トム・エリス(ルシファー・モーニングスター 地獄の王、休暇中 声:遠藤大智)
ローレン・ジャーマン(クロエ・デッカー L.A市警殺人課刑事 声:佐古真弓)
ケヴィン・アレハンドロ(ダニエル“ダン”・エスピノーザ L.A市警殺人課刑事、クロエの元夫 声:阪口周平)
レスリー・アン・ブラント(メイズ / マジキーン 地獄から来た魔物 声:まつだ志緒理)
レイチェル・ハリス(リンダ・マーティン博士 精神科医、セラピスト 声:安永亜季)
D・B・ウッドサイド(アメナディエル 天使、ルシファーの兄 声:北村謙次)

世界創世の時代、天使ルシファーは地獄の統治を命じられた。
だが、彼は休暇をとることに・・・。

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
飛び降りようとしている女性に促すようにアドバイスするルシファー。
そこはパーティー会場で女性がプールへ飛び込んだことによりさらに盛り上がる。彼はパーティーの主役でアメリカンフットボールのスター選手、タイに会い、今夜ぐらいは欲望に従うのもいいかもしれないと、一夜限りの関係を女性と持つようにアドバイスした。
そして翌日。
ルシファーはそのタイに起こされる。目が覚めたら相手の女性がプールで死んでいたというのだ。ルシファーは、早速クロエに連絡をいれ現場に来て貰った。
クロエは殺された女性の携帯に一夜の情事を盗撮された事に怒っているタイの姿を見つけ彼が犯人だと逮捕してしまう。
ルシファーは、絶対違うと言いだし、独自で彼の無実と証明しようとするのだが・・・。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
偽物が出現するほど有名になったルシファー。
その正体は?ちんけな野郎でした。
メイズに、「自分を罰してるみたい~」と言われ、消失の彼。
まあ、的を得てますけども。(^◇^;)

それにしても、面倒くさい事件だったなあ。なんとなく、事件はわかりましたけども。

それでは、善人と悪人を見抜ける(?)ルシファーはといいますと。
凄い!
そんな力を持ってるなんて、今まで言わなかったじゃん!やっぱそこは悪魔なんですなあ。
クロエからすると有名な店のオーナーなだけなのに、行った先々でみんなと仲良しのようになってしまうのが彼の凄さ。
普通、悪魔は嫌われるはずなのですが・・・。

罰するのが好きだという彼に鋭いアドバイスをするリンダ先生の一言が正しいと思うのは自分だけ?
まあねえ、
知らぬとはいえ、悪魔に人間的ですよってアドバイスするリンダ先生も素晴らしい先生だけどもさ。

コメント

「LUCIFER/ルシファー」 シーズン1 第2話

2018-02-07 | 鑑賞した 海外ドラマ

原題「Lucifer」 アメリカにて2016年に放送された作品。

第2話「パパラッチの償い」 原題「Lucifer, Stay. Good Devil.(直訳=魔王、いてください。良い悪魔。)」
(Season 1 Episode 2 2016年2月1日放送)

出演 
トム・エリス(ルシファー・モーニングスター 地獄の王、休暇中 声:遠藤大智)
ローレン・ジャーマン(クロエ・デッカー L.A市警殺人課刑事 声:佐古真弓)
ケヴィン・アレハンドロ(ダニエル“ダン”・エスピノーザ L.A市警殺人課刑事、クロエの元夫 声:阪口周平)
レスリー・アン・ブラント(メイズ / マジキーン 地獄から来た魔物 声:まつだ志緒理)
レイチェル・ハリス(リンダ・マーティン博士 精神科医、セラピスト 声:安永亜季)
D・B・ウッドサイド(アメナディエル 天使、ルシファーの兄 声:北村謙次)

世界創世の時代、天使ルシファーは地獄の統治を命じられた。
だが、彼は休暇をとることに・・・。

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
ルシファーは以前の事件で知り合った精神科医のリンダに話を聞いて貰っていた。
リンダは、彼が言う自分は悪魔だという言葉を比喩だと仮定して真剣に話を聞き適切にアドバイスをする。
彼はそのアドバイスを聞いてラックスに戻ってきた。そこには、ケガで休暇中のクロエが彼を観察しに来ていたのだった。
彼女は同じように銃で撃たれたのに、かすり傷一つないルシファーが不思議でならなかったのだ。同じように自分の特技が効かない彼女に対してルシファーも不思議でならなかった。
そんな中、クロエは俳優の息子が事故死した事件の知らせを受け現場へと向かった。犯人はクロエも追いかけられた事があるパパラッチのニック。その場で逮捕されるが、ルシファーが話しかけると彼は誰かを庇っているような話しっぷりだった。
クロエはその事が引っかかり真犯人がいるのではないかと休暇でありながらも独自に捜査を始める。
一方、邪魔者扱いされたルシファーはクロエとそのパパラッチとの間に何かあったに違いないと独自で調べ始めるのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々) 
クロエの出演した「ホットダブ・ハイスクール」って学園もののお色気コメディらしい。
う~ん、きっと見ないなあ~。その手は苦手だから。(^◇^;)

だけど、引退しても彼女の名前が出ればパパラッチが群がるってそうとうヒットしたんだろうなあ。
それとも、ママが大女優?クロエちゃんちょっと気の毒。( ̄。 ̄;)
だって、そのもめ事とは・・・。

それではその事を知って落ち込むルシファーはと言いますと。
意外と心優しいのねえ~。
優秀な天使だったというけれど、人一倍、いや、天使一倍優しかったのかも?
だから地獄の番人に耐えられなかったのかもなあ~。
本人は変化が欲しかったと言ってるけども。(個人的な憶測だが)

それにしてもリンダ先生とのカウンセリングは楽しそうだわ。
先生、欲望を抑えながらもちゃんとカウンセリングはするんだもの。
素晴らしい。

そうそう、
ルシファー演じるトム・エリスはイギリス人。
相変わらず脱ぐの好きだなあ、イギリス人。(なんのこっちゃ)

コメント