我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

プライドと偏見/ PRIDE & PREJUDICE

2005-10-07 09:07:07 | 劇場&試写★6以上
ジェーン・オースティン原作の古典「高慢と偏見」をTV界出身のジョー・ライト監督で映画化。
(「ブリジッドジョーンズの日記」のコリンファースで「高慢と偏見」というタイトルで'95年に一度映画化済)
原題、「プライドと偏見」のまま日本では来春第2弾で公開
キーラナイトレイ主演。

"本年度アカデミー賞最有力候補”!だとか。 ほんとかなぁー。一足早く試写にて。


愛してると認めるには、男のプライドは高すぎた。愛してると応えるには、女の偏見が邪魔をする・・・

18世紀末のイギリス上流社会。女性に財産相続権がなかったこの時代、
結婚は、女性にとって人生の全てだった。

恋愛に於いて、プライドが邪魔することは少なくない・・・・かも?
偏見が邪魔すること、結構ある・・・・よね?
この格式張ったお堅いタイトル、オープニング10分、あんまり期待できそうもないかなぁ。
なんて思ってたんだけど、
今日一日、眠かったにも関わらずそれをも吹き飛ばすほどに集中して観入ってしまった~。

5人姉妹、それぞれが第二の人生を見つける時期。
母親は、どうにかして自分の娘たちを裕福な男性に嫁がせようとアピール必死。
キーラナイトレイは、強気で頑固、でも姉思いな次女のエリザベス。
ある日隣の豪邸に、大金持ちビングリーが引っ越してくる。
謙虚で綺麗な姉に一目惚れをしたビングリー。
二人はうまくいきそうだったのに、突然の別れが・・・

その親友で気位(プライド)が高く、いかにも嫌な奴、ダーシーに嫌悪感を抱きながらも
何故か存在が気になって仕方ない・・・・
自分の偏見が邪魔をしていたことに気づく。


ざっとこういうストーリーだけど、
これが引き込まれるように巧みに作られていて、所々ユーモアを交えながらも
過剰すぎない演出でみせる。 同じキーラナイトレイの作品なら
タイプは違うけど「ラブアクチュアリー」よりもぜんぜん良かったな。
イギリスの田舎の風景も素晴らしくって・・・。

死のうとしてるワケではない。


でも数年前のワタシだったら、この手の物語にこれほど感情移入は出来なかったかも。
少しは大人になったってことかな?!(既に十分大人だって・・・
キーラの気の強さ、自分にちょっとダブっていつの間にか共感覚えていたり・・・。

ダーシー役のマシューマクファディン(「エニグマ」)は、無口だけど鋭く
、気位が高そうな雰囲気が素晴らしくよかった。


あと、キーファーサザーランド父・ドナルドサザーランドは
娘の気持ちの解る、いいお父さん☆(どうみてもおじいさんだったが・・・)



そして、大御所・ジュディデンチ


しわくちゃになりながら、イジワルばあさんを演じていた

それにしても、この五人姉妹似てなさすぎ!!!


(ツッコミたくもなるよ~。細かいことウルサイって


PRIDE&PREJUDICE official site ←トレーラーあり




7(10段階
ちょっとしたお互いの誤解から生まれる男女のすれ違い、それぞれの心情を巧く捉えた愛の秀作
大人の女性なら、(男性も)必見!!
良い映画を観たーという充実感がじわじわくる作品。


イギリス
初公開年月 2006/01 127min

【staff】
監督: ジョー・ライト 
製作: ティム・ビーヴァン /
エリック・フェルナー /ポール・ウェブスター 
製作総指揮: ライザ・チェイシン/デブラ・ヘイワード 
原作: ジェーン・オースティン 『高慢と偏見』
脚本: デボラ・モガー 
撮影: ロマン・オーシン 
音楽: ダリオ・マリアネッリ 

【cast】
キーラ・ナイトレイ 
タルラ・ライリー
ロザムンド・パイク 
ジェナ・マローン 
ケイリー・マリガン 
ドナルド・サザーランド 
ブレンダ・ブレシン 
クローディー・ブレイクリー 
マシュー・マクファディン 
トム・ホランダー 
ジュディ・デンチ 



                  



キーラナイトレイ主演出演作では、2001年のソーラバーチとの共演作、
」がオススメ。

今月22日から、
トニースコット監督「ドミノ」いよいよ公開!!

こっちのキーラはカッコイイ

また書いちゃうけど「ザ・ジャケット」も公開待機!



人気blogランキング←please click(1日1回有効)

いつも読んでくれて&応援してくれる方々、ありがとう~「映画総合」に参加中



『映画』 ジャンルのランキング
Comments (31)   Trackbacks (82)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トムクルーズ 念願の第一子!! | TOP | ディカプリオ 、新恋人候補は... »

31 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ssnostalgia)
2005-10-07 21:05:50
こんにちわ。

私はコリンファースの「高慢と偏見」を観ました。

面白かったです。よ。
5人姉妹 (septcandy)
2005-10-07 22:10:56
『若草物語』みたいなの??



また、しっとり系な映画なのかな? 最近は見る側が求めているのか? 意図された物なのか?(マーケティングとかで、、)  なんだか『しっとり系』な映画が多いよね。



バーン!どーん!! みたいな、、お金かかってます映画よりも、、 こう、、しっとりとじんわりくるストーリーも これからの季節にはいいね。
ssnostalgiaさん☆ (mig)
2005-10-08 01:37:01
「高慢と偏見」観てないんです。

これを機に今度観てみようかな。

来春なのでまだまだ先ですけど、

是非ssnostalgiaさんも、こちらのキーラ版、観てください~。オススメです
candyさん‥‥……━★ (mig)
2005-10-08 01:42:35
若草物語とはちょっと違うな~。

姉妹の物語りではなく、男女の恋愛に焦点が・・

次女が活発で勝ち気で、長女がおっとり落ち着いて。。。という設定って多いよね。。。

ワタシ、長女だけどおっとり・・・じゃないなー



キーラの演技は、絶賛されたようで・・・

近々、オスカーノミネートも夢じゃないかも?!

たまにはこういう落ち着いた文芸作品もいいものだわ~
Unknown (ななな)
2005-12-21 15:19:26
私も最初の方は寝ないかなと心配になりましたが気づけばずいぶん楽しんでました。



恋愛に於いて偏見が邪魔することはあるけどプライドはまだありません・・・かな?(笑)

でもまだ恋愛を語れるほど大人じゃないんで偉そうなこと言えません!

でもこの映画ではプライドと偏見が邪魔になってることがなんかすごく良く分かりました。

なななさんーー★ (mig)
2005-12-22 09:33:40
こんにちは



なかなか良い映画でしたね~。

あの相手の男性はあんまりメジャーな俳優じゃないところもまた良くて、ハマってました。

かっこ良く見えちゃいました



来年公開作品の中では、イチオシ作品です
Unknown (サミー)
2005-12-27 09:41:40
コメント有難うございました。

確かに女の人たちには劇場でとてもうけてましたねこの作品。

僕は、女性ばかりで居心地が悪いのと、いかにも女性向けな映画の雰囲気でイマイチ入り込めませんでした。まさにプライドと偏見ですね。

家で機会があればもう一度観てみます。

キーラ・ナイトレイは美人過ぎて物足りないというか・・・わかります?この男心!?
共感 (toe)
2005-12-29 20:10:02
こんにちは。



私も、途中からキーラにどっぷり共感しながら見ました。

マシュー・マクファディンは、収穫でしたね~。

今後も注目したい俳優さんです。
サミーさん★ (mig)
2005-12-30 00:20:44
確かに、男性よりも女性ウケのほうが良さそうです★

プライドと偏見って、

原題のままですけど

とっつきにくいというか、ちょっとお堅いタイトルですよね
toeさん★ (mig)
2005-12-30 00:23:08
こんにちはー



マシューマクファディンほんと適役でした

切ない表情とか、最高



彼の次回作がまた観たいです、

来年公開作品ではいまのところイチオシ、かな。
コメントありがとうございます (zattchi)
2006-01-03 18:12:19
個性的で魅力的な二人だから、不器用なこの恋がいいですね

絶妙なタイトルだと思いました

気がつくとはまっちゃうんですよね

素敵な映画でした
zattchiさん☆ (mig)
2006-01-03 22:00:56
ええ、良かったです☆

DVDでもう一度観たいな。
たしかに・・ (foo)
2006-01-15 00:15:33
あの5人は似てませんね。

長女は金髪であとはばらばら。

そして、みんなあんまりきれいじゃないのは残念でした。
fooさん☆ (mig)
2006-01-15 02:29:30
こんにちは♪

そうなんですよね~



もっと綺麗なコたちがよかった。。。。

キーラを引き立てるためかなぁ??やっぱ。
こんにちは! (charlotte)
2006-01-16 11:13:06
私はmigさんのレビューが面白かった

キーラの写真に大笑い!(爆)そしてダニエル・サザーランドは確かにおじいちゃんみたいですよね~

意地悪ばあさんのジュディ・デンチ…(大笑)

脇役陣の存在感につきますね。

唯一ルパート・フレンドが端正な顔つきだったのでしょうかねえ…
高慢というより・・・ (ゆづあげ)
2006-01-16 21:24:47
migさん、こんにちは。

マシュー・マクファディン演じるダーシーは

(って他のダーシーは知らないのですが)

高慢というよりシャイだなぁと感じました。



舞踏会でエリザベスをジッと見つめ、

ダンスを申し込む場面では

思わず「頑張れ~」と応援してしまいました。
charlotteさん☆★ (mig)
2006-01-17 00:40:13
俳優陣、豪華でしたよね~。

ドナルドサザーランドはほんとにもう、いいおじいちゃんで、、、、ステキ  



ところであの俳優占い、

いったい何人のハリウッドスター版があるのかな?

意外と5種類とかだけだったりして



ワタシ、惚れにくく冷めるときはすぐ冷めるので、

恋愛そりゃもう大変です



長く続く恋愛、うらやまし~
ゆづあげさん☆ (mig)
2006-01-17 00:43:06
こんにちは♪

コメントありがとう~



あ、確かにシャイですよね☆



一見寡黙で冷たくても、

結局は自分を好きだと情熱で訴える、

ステキです~



そう、いつのまにか、応援したくなっちゃいます
再び・・・ (charlotte)
2006-01-17 01:14:39
migさん

再びお邪魔します!

あの占いは男女とも10人いますよ~今日の運勢(ランキング形式になってます)ってところをポチッとすると誰がいるかわかります。migさんの「恋愛応援し隊」として(←なんじゃそりゃ)、このサイトも応援していきます~

ところでブックマークに登録ありがとうございます。超うれしいですぅ
Unknown (mig)
2006-01-17 10:09:01
運勢のところ、みてなかった~



マットデイモンの人の今日の運勢

「ミサンガが一生切れない」

に笑いました



恋愛応援し隊? (笑



mig blogともども、よろしくぅ~
こんにちは (へーゼル☆ナッツ)
2006-01-19 15:19:41
>死のうとしてるわけではない



にやられました^^TBさせて下さい。
TBありがとうございます。 (kc)
2006-01-19 22:45:20
こんばんは、はじめまして。

こちらからもTBさせていただきました♪

マシュー・マクファディンにすっかり心奪われてしまいました(笑)
ヘーゼル☆ナッツさん☆☆ (mig)
2006-01-20 00:36:27
あはは、、、

あんまりにも思い詰めたカオしてたんで。(笑



思いつきでコメントいれちゃうんです。。。



TB遅れておりますけどなるべく早くいれますので、、、
Kcさん☆ (mig)
2006-01-20 00:37:57
こんばんは☆

ありがとうございます。

今後、注目ですよね、彼は
その2(笑) (にゃんこ)
2006-01-26 00:56:25
>死のうとしてるわけではない



映画であのシーン観てるのに^^;;;

やっぱり一瞬 想像できちゃうのに 受けました(爆)

けらけら箸が転がっても笑ってるような二人の妹は

別にひとりにしちゃっても同じかなぁ~とも思いましたが

それじゃ、ほんっと若草物語英国版になっちゃうよね~っと

ひとりで勝手に納得してましたっけ

にゃんこさん☆ (mig)
2006-01-26 09:47:01
あの写真(スチール)まぎらわしー (笑



若草物語みたいでしたよねー、

この映画も良かったけど

同じジョンマッディン監督「恋におちたシェイクスピア」

も面白かったな~
高慢と偏見 (kazupon)
2006-01-27 19:42:08
migさん前のエントリにコメントすみません。。

というかこれ10月にご覧になってたんですね~

←試写に縁が無いので^^そういうものなのかな?

この作品は男の自分も楽しめましたけど、女性のほうが気分的に盛り上れそうですよね。^^

コリン・ファース版のほうがいい!という人が

結構多いので、機会があれば観てみたいと思ってます。姉もエリザベスも幸せな結婚でしたが、後で

人間づきあいで苦労しそうです。原作はあの将校と結婚した妹のその後とかもちょっと描写されてるらしいですね^^

kazuponさん☆ (mig)
2006-01-28 01:35:08
古い記事にコメントでもうれしいです~



この試写は、何か別の映画(なんだったかな)の到着が遅れて、代わりということで随分先なのにこれを見せられたんですよー。

最初、地味なタイトルで んー。

でもキーラの新作なのね?くらいのカンジで観たので

観終えて思ってたより良く、後にアカデミー賞最有力との冠が (笑



コリンファース版ですよね、、、

う~~んん、。。。

ワタシコリンファースの顔どうも苦手で、、、(顔で決めるなっ

ちょっと観る気がおきないのですよ、、、、、





ところで、kazuponさんのとこのワンちゃんの写真、

載ってるたびに「カワイイ~」って思わず口に出ちゃいます。 (笑
kazuponさんへ 追伸☆ (mig)
2006-01-28 01:50:33
あー、いやいや、そんなこと苦手といって

いい作品逃すのはバカですね、

機会があったら是非みてみますねー♪
5人姉妹 (kimion20002000)
2006-08-05 00:27:45
TBありがとう。

まあしかし、5人も姉妹いると、出来もいろいろ。下の娘達は、かしましかったな。お父さん、たいへん(笑)
kiminon20002000さん☆ (mig)
2006-08-05 00:53:51
アハハ♪



ウチ(わたしの兄弟)は三人娘に三人息子(笑



5人も女ばかりってどういうカンジなんだろう



コメントありがとです

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

82 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『プライドと偏見』 (今日も映画、明日も映画♪)
 関係ないですが、半分書いたところで間違えて画面を閉じてしまって、全てがパーになってしまい凹んでます(;_:)  『エリザベス・タウン』の上映が中止になり、代わりに上映した『プライドと偏見 』の試写会に行ってきました。  この作品はまだ本国でも公開され
キーラ・ナイトレイ Keira Knightley  女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),26 March 1985,Teddington, Middlesex, England, UKPirates of the Caribbean 3 (2007) プライドと偏見 Pirates of the Caribbean: Dead Man\'s Chest (2006) ドミノ Domino (2006) Pride and Prejudice (2005) ザ・ジャケット The Jacket(
高慢と偏見 (web-log nostalgia)
古典作品。 ジェイン・オースティンの代表作として最もよく知られている作品(私は知らなかった。。)を読んでそ、のあと全英女性を魅了した(?)コリンファースが主演男優で出演しているDVDを友達から借りて観ました。小説の映像化に伴うイメージの損出はまったくな
「 プライドと偏見 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ジョー・ナイト 主演 : キーラ・ナイトレイ / マシュー・マクファディン /        US公式HP:http://www.prideandprejudicemovie.net/home.html 原作は、J.オースティン著『プライドと偏見』 (イギリス) 監督は、「チャールズ2世」のジョー...
プライドと偏見 (No Need To Argue)
試写会にて。 来年のお正月映画第2弾(2006年1月14日、有楽座ほか東宝洋画系にて公開)。 公式サイト(まだ何も無いみたい) http://www.pride-h.jp/ 英国の女流作家、ジェーン・オースティン(1775-1817)の「高慢と偏見(Pride and Prejudice)」の映画化。 .
「プライドと偏見」またしてもキーラ・ナイトレイの新作! (新作映画ピンポイント情報)
 「プライドと偏見」(UIP)は、「ドミノ」のキーラ・ナイトレイ主演最新作!18世紀末、イギリス社交界に生きる5人姉妹の
映画「プライドと偏見」 (元バックパッカーOLの日記)
今日は「プライドと偏見」という映画の試写会に行ってきました。これ、「ブリジット・ジョーンズの日記」の本の中で、ブリジットが見てるテレビドラマ「高慢と偏見」の映画版です。イギリスドラマの「高慢と偏見」はコリン・ファース主演で、役名も「ブリジット~」の役名...
『プライドと偏見』 (ラムの大通り)
----これってワーキングタイトル作品なんだね。 あの『ブリジット・ジョーンズの日記』を手がけた……。 「うん。そもそも『ブリジット・ジョーンズの日記』が この原作『高慢と偏見』を現代版に仕立てたものだからね。 でもこれを観ているとき、ぼくの頭に浮かんでいたのは
「プライドと偏見」 (試写会帰りに)
読売ホールにて「プライドと偏見」“PRIDE&PREJUDICE”試写会。 「ドミノ」に続くキーラ・ナイトレイ主演作。共演にマシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、ジュディ・デンチ。「ブリジット・ジョーンズの日記」「ラブ・アクチュアリー」のワーキングタイト
プライドと偏見 (映画を観たよ)
BBCのドラマと原作が気になる。 とりあえず本は図書館へ。でもドラマはツタヤには無いだろうなぁ・・・ 古典文学が基ということで難しそうという変な先入観がありました。 最初はちょっぴり退屈でどうなるかとも思いましたが気づけばずいぶん楽しく見ていました。 身分違い
映画「プライドと偏見」 (いもロックフェスティバル)
キーラ・ナイトレイ主演の映画「プライドと偏見」の試写会に行った。 (12/20
『プライドと偏見』 (サミームービーストック)
 2006年1月14日からロードショーの試写会チケットをもらった。  新宿安田生命ホール。殆どが女性ですね。友達、親子、あとはカップルとか夫婦がポツポツといました。試写会の絵見てもモロ女性向けだもんな~。よく見てみれば今回の企画、エルデコが主催なのね...
プライドと偏見 (toe@cinematiclife)
どっぷりハマッて見ちゃった。 お話は、とってもありがちなんだけどね。 いや~、すっかり世界に入り込んでたなぁ~。 <STORY> イギリスの田舎町のベネット家には、5人の姉妹がいた。 彼らは、決して裕福ではないが心豊かな生活を送っている。 しかし、父 (ドナルド・サザ
プライドと偏見 (ユウヒイサナの懸賞生活☆ブログ版☆)
プライドと偏見試写会に行ってきました。 友達Tちゃんに誘われて行って来ました。 最近よく遊んでいます。 来週も「THE有頂天ホテル」の試写会に一緒に行きます。 場所はヤクルトホールでした。 18世紀末のイギリスが舞台。 古城と広大な風景は見物です! プライドの高
「プライドと偏見」試写会 (ミチミチ)
「プライドと偏見」 監督 ジョー・ライト CAST マシュー・マクファディン/ブレンダ・ブレッシン/ドナルド・サザーランド・・・ J-wave e STATION SHUFFLE試写会 協賛 TWININGS story  18世紀末のイギリス。地方にすむ5人姉妹のいるベネット家。ある日彼らの近.
「プライドと偏見」(2005) 試写 (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
1/14(土)より全国ロードショーです。\"PRIDE&PREJUDICE\"監督・・・ジョー・ライト原作・・・ジェーン・オースティン『高慢と偏見』出演・・・キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、ブレンダ・ブレシン、ロザムンド・パイク、ジュデ..
プライドと偏見 (週末に!この映画!)
期待値:88%  小説が原作のイギリス映画。 ジョディ・デンチがでてますねー。
☆ プライドと偏見 ☆ (さやの映画&日記)
<CAST> キーラ・ナイトレイ   :エリザベス・ベネット マシュー・マクファディン :ダーシー ドナルド・サザーランド :父親 ブレンダ・ブレシン   :母親 サイモン
プライドと偏見(試写会) (まったりでいこう~)
観たかったけれどどうしようかなと思っていたら、試写会の案内を人様からいただきました。嬉しい~。ということで行ってきましたです。 最初から最後までわりと静かにストーリーが流れていくので途中で退屈になり眠くなるのではないかと思ったのですがそんなことはまったくな
プライドと偏見 (悠雅的生活)
I like him. I love him.
プライドと偏見 (利用価値のない日々の雑学)
「恋におちたシェイクスピア」のレビューで書いたように、奇しくも今週あの名作の栄誉を広告手法に使用した、2本のオスカー狙い作品が公開された。この「プライドと偏見」と「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」である。まずは、上映時間の都合から表題作を先に鑑賞した。 原
バカ一家の結婚戦略 「プライドと偏見」 (平気の平左)
評価:75点{/fuki_love/} プライドと偏見 恋愛においては、プライドと偏見がしばしば邪魔になるっていうお話。 これは私にも心当たりがないでもないで、昔はプライド高く、「好き」とかいう言葉を口にしないで武士のようにしているのがカッコいいと思っていたのですが、
4 プライドと偏見 (毎週水曜日にMOVIE!)
「高慢と偏見」(ジェーン・オースティン)そして「愛の妖精」(ジョルジュ・サンド)。 この2冊を、中学の国語の先生にすぐに読むようにと渡されました。 どちらにも共通していたのは、「人間の偏見」。 これは、であった感じが悪いとか、仏頂面だとか、口数がすくな
『プライドと偏見』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某雑誌で当選した『プライドと偏見』の試写会に行ってきた。 [お土産にマカディアとハーレクイーン
「プライドと偏見」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Pride & Prejudice」2005 UK 原作は“エマ”“いつか晴れた日に”のジェーン・オースティン。主演のエリザベスにキーラ・ナイトレイ、Mr.ダーシーにマシュー・マクファデン。キーラは「ラヴ・アクチュアリー/2003」や「キング・アーサー/2004」etc.でお目にかかってい
プライドと偏見 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ネタバレありです。 イギリスの有名な小説家、ジェーン・オースティンの小説「高慢と偏見」を映画化した作品です。(この小説と映画の邦題の違いは、「pride」を「高慢」と訳したか、そのまま「プライド」としたかの違いです。小説の題名と映画の原題が違うわ
「プライドと偏見」 (てんびんthe LIFE)
「プライドと偏見」 新宿明治安田生命ホールで鑑賞 元気のいい、キーラ・ナイトレイを見たばかりなので、中世の令嬢役はまたいつもの楚々としたキーラなのかと思えば、田舎のお嬢チャンであって、自分の意見がしっかりとしている芯のあるお嬢さん役でした。原作も知らな
「プライドと偏見」 (●○ゆるゆるシネマ感想文○●)
「プライドと偏見」  公式サイト   劇場鑑賞  ゆづあげの好き度(満点は★5個) ★★★☆☆ 2006年1月14日公開 5人姉妹の末娘と結婚した詐欺師的将校 ミスター・ウィッカム。 彼がどうしてもオーランド・ブルームに見えてしまった。 オー
一時代的な恋愛観としてのラブコメなら『プライドと偏見』 (映画はトモダチ)
これはすごいですね。 よくもまあ、今の時代にこれをもってきたなと、そんな印象でした。 【作品紹介】 『プライドと偏見』 監督 : ジョー・ライト 出演 : キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、ブレンダ・ブレッシン ストーリー .
『プライドと偏見』(2005年・イギリス) (にしかわたくの「こんな映画に誰がした?」)
文句無しに面白かったでーす。 原作やコリン・ファースのBBC版のファンの方は 色々思うところもあるかもしれませんが (ローレンス・オリヴィエ版のファンは・・・いねぇか) しっとりした文芸色もきちんと残しつつ 『ラブ・アクチュアリー』のワーキング・タイトル
【劇場映画】 プライドと偏見 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 18世紀末のイギリス。5人姉妹がいるベネット家の隣に大富豪の独身男性ビングリーが引っ越してきた。美しく慎み深い長女ジェーンとビングリーが互いに惹かれ合う一方で、快活な次女エリザベスは、ビングリーの親友ダーシーの気位の高さに強い反発を抱いていた
プライドと偏見 (シャーロットの涙)
女性が相続を出来ない時代、18世紀のイギリスのお話。 玉の輿をやっきになって願う姿が滑稽でもあり、哀しくもある。いかにお金持ちと結婚するか・・・話題はそれに尽きるのかな。 プライド、個人的には自分の持つゆるぎない信念のことを意味していると思っている。劇中の
プライドと偏見 (Alice in Wonderland)
本日ラストはキーラ・ナイトレイ主演の映画です。昔の女性役がすごく似合ってたな。 フランス革命の余波が押し寄せる18世紀末の英国。片田舎に住む5人姉妹のベネット家の隣に、大金持ちの貴公子ビングリー(サイモン・ウッズ)が越してくる。ベネット家の長女ジェーン...
映画館「プライドと偏見」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
5人姉妹バージョンの「若草物語」って感じの作品でした。 設定が18世紀後半なので、仕方が無いのかもしれませんが金持ちと結婚させようとする母親や人が不幸になったときでもケラケラ笑う妹達になんだかムカつきながら観ていました。 今の時代でも、多少なりとも差...
『プライドと偏見』 (映画子の映画日記)
2005年/イギリス/ 配給:UIP 字幕手じゃないと思う (試写会にて鑑賞)2006年1月14日公開 ★★★★☆ 時代物苦手だけれど、恋話中心だったので観やすかったわ~。よかったわ~。 今回友人に誘ってもらった試写会だったけど、なんと完成披露試写会だった! な.
プライドと偏見 (ネタバレ映画館)
 なぜカタカナ英語と漢字?  戸田奈津子先生も頑張ってました。平坦な現代英語なのに無理してカタカナ英語を使わないようにして、気品のある格調高い翻訳を目指したのでしょう。しかし、邦題は後から付けたのでしょうか、戸田先生の努力が報われていません。わざわざ“jea
プライドと偏見 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
圧巻のカメラワークと圧倒的な存在感を魅せたキーラ・ナイトレイ。これだけでも十分観る価値あり。この映画、文句なしにキーラ・ナイトレイにとっての最高傑作です。
プライドと偏見 PRIDE & PREJUDICE (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
キーラ・ナイトレイ、ドナルド・サザーランド マシュー・マクファディン主演 ジェーン・オースティン原作の映画化 18 世紀後半のイングランドのハートフォードシャーに ベネット家があります その時代は階級による支配関係がまだはっきりしていました ベネット家は一応使
プライドと偏見 (建築士のつぶやき)
製作年度       : 2005年 製作国・地域     :イギリス 上映時間       : 127分 監督         :ジョー・ライト 製作総指揮      :ライザ・チェイシン 、デブラ・ヘイワード 原作         :ジェーン・オースティン
『プライドと偏見』 偏見に挑む意欲作 (キマグレなヒトリゴト)
前回タイトルが難しそう、なんだか堅そう、という 偏見に打ち勝った『高慢と偏見』。 今度は前作のあまりの出来に「今度のはどうよ?」 「ダーシーはコリン・ファースしかありえないし」 みたいな偏見と戦わなければならなかった「プライドと偏見」 Pride & Prejudice -
プライドと偏見 (八ちゃんの日常空間)
兄弟は仲がいいのでにぎやか。だからコミカルで随所に笑いが生まれる。 意地っ張りだから話を切り出せない二人は見ている方までやきもきさせる。 時代背景の暗さとか言うものはなく、恋愛を描いているが悲しさもないため、和やかに観ることができる映画だ。
「プライドと偏見」感想[1] (orangeBLOG)
感想ですがネタバレ含みます。これから観られるかたは回避お願いいたしますm(__)m☆映画「プライドと偏見」感想です。うう、良かったです~☆館内は老若男女入り乱れての客層でしたが、映画終了後びっくりするほど皆さん涙流しておりました。しかもティーンの男の子達ま...
★「プライドと偏見」 (ひらりん的映画ブログ)
キーラ・ナイトレイ主演の文芸・ラブストーリー。
プライドと偏見 (私たちのお気に入り)
14日初日に姉とルンルン見に行きました。{/kaeru_love/}本の題名が「高慢と偏見」J.オースティン作・・・以前から知ってたのですが、なかなか題名だけで取っ付きにくそう{/face_ase2/}と思い読まなかったのです。{/ase/}これこそ偏見。{/hiyob_en/} 姉には以前からおもしろ
プライドと偏見 (My Favorite Things)
昨日も書いたとおり、『プライドと偏見』を早々に見てきました。5時間かけてていねいに作ってあるBBC版が好きで何度も見ているものですから、たった127分でちゃんとまとまるのか、と思ったのと、CMや予告を見ただけでも、熱心なファンのいるTV版と差をつけようという気持ちが
『 プライドと偏見 』 (My Style)
週末は『プライドと偏見』鑑賞。 いやぁ~、多くを語らない寡黙な、でも誠実な男性に弱い自分。 自分も不器用ですから・・・(高倉健さん風) 時は18世紀の末。舞台はイギリスの田舎町。 この時代、女性には財産相続権がなかった。 だから、女性にとって「結婚」が人
プライドと偏見 評価額・1080円 (Blog・キネマ文化論)
●プライドと偏見をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 18世紀後半の英国。ベネット家の
『プライドと偏見』★★・・・60点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
「愛してる」と認めるには、男のプライドは高すぎた。「愛してる」と応えるには、女の偏見が邪魔をする。なんとも深い言葉でしょうか。大人の恋愛作品ですねぇ。しみじみ。。『プライドと偏見』公式サイト 制作年度/国;\'05/英 ジャンル;恋愛             ...
「プライドと偏見」 (My precious・・・)
ひっさしぶりに映画を見に行った。 話題になっている「プライドと偏見」{/fuki_osusume/} 今日はレディースデイだったのでほとんど満席だったのにはびっくり{/hiyob_hat/} 愛してる」と認めるには、男のプライドは高すぎた。「愛してる」と応えるには、女の偏見が邪魔をする
プライドと偏見~Pride&Prejudice~ (きぶんしだい)
1月14日公開映画のうちの一本              キーラ・ナイトレイ主演「プライドと偏見」 を観てきました なぜか近所の映画館では 夕方からの放映 でも!プレミアシートで見れちゃうんです(もちろん通常料金!!) 貧乏人の私にとっては初☆プレ
「プライドと偏見」 (るるる的雑記帳)
「プライドと偏見」を観ました。 18世紀末のイギリスでは女性に財産相続権が無く、男子のいないベネット家では5人姉妹を金持ちの家に嫁がせようと母は躍起。隣家に越してきた富豪・ビングリーと長女・ジェーンはなかなかいいムード。そしてビングリーと共にやって来てい
プライドと偏見 (It\'s a Wonderful Life)
美しい映像と古典作品なのに判り易いストーリーで、良質の小説を読んで いる時のように、別世界にゆったりと浸れる映画だと思いました。 例によって予備知識ゼロで観ていて、 「いつか晴れた日に」と「ブリジット・ジョーンズの日記」 という二本の映画が似てる...
「プライドと偏見」ただひとつの恋 (soramove)
「プライドと偏見」★★★★ キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン主演 ジョー・ライト監督、2005年イギリス 18世紀末のイギリス、 階級社会が鮮明で 堅苦しい挨拶や言葉 そんな枠の中でも 生き生きと人物が描かれた秀作。 かんたんに男女が言葉...
プライドと偏見 (Diarydiary!)
《プライドと偏見》2005年 イギリス映画- 原題 -PRIDE PREJUD
プライドと偏見 (ルナのシネマ缶)
原作は、18世紀の有名な女流作家 ジェイン・オースティンの 「高慢と偏見」で、 英国でドラマ化され、 NHKで放送されたのは かなり有名みたいですが、 残念ながら、そちらはまだ未見なので、 ちょっと楽しみにしていました。 女性に父親の財産相続権がなかった時代
『プライドと偏見』 (異国映画館)
2005年 イギリス 公開日:2006/01/14 劇場鑑賞06/01/19           プライドと偏見   監 督 :
映画のご紹介(87) プライドと偏見 (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(87) プライドと偏見 プライドと偏見 ちょっと、これは...... レイトショーで「プライドと偏見」を観た。
プライドと偏見 (パフィンの生態)
キーラ・ナイトレイが18世紀末イギリスを舞台に、勝気で聡明な女性を 等身大で演じ、誰にでも楽しめる文芸ロマンスに仕上がっている。 田園風景の美しさも魅力。 ジェーン・オースティンの映画化といえば、1995年アン・リー監督、 エマ・トンプソン脚色&主演、ヒュー
プライドと偏見☆独り言 (黒猫のうたた寝)
5人姉妹かぁ・・・若草物語思い出した(笑) 設定も似てるしねー 今日の映画は『プライドと偏見』です♪ 内気で上品で美人の長女ジェーン 読書家でしっかりものの次女エリザベス ピアノが大好きなちょっと神経質そうな妹と 華やかなことや男の子に興味津々、噂好き.
プライドと偏見 (シネマ・ぶりざーど)
平民の女がどうしたらお金持ちの男と結婚できるのかという一点だけをテーマに、起伏の無い退屈な2時間が流れます。18世紀のイギリスの田舎町で、主人公とその姉妹と母親はこのことのみに腐心して生きている。人生の興味の全ては、いかにして男とくっつくか。そんな登場人.
映画『プライドと偏見』 (“のぼせもん”のみんなで幸せになろう!)
「うおおおおおおっっ!父ちゃん!今、俺は猛烈に感動している!」こんばんは~ナッツです。今さっき、レイトショーで『プライドと偏見』を見て来ました~。劇場で予告編を見た時は、「ふふん、来たなー、よくあるお決まりの、最初大喧嘩・最後大恋愛ストーリー( ̄ー ̄)ニヤ.
プライドと偏見 (びーぶろぐ?)
プライドと偏見 こういうレトロな時代の欧米を舞台にした話というのは、好きなんです。 さらに大家族・姉妹もの。例えば「赤毛のアン」とか「大草原の小さな家」とか。 で、見てきたんですが・・・まだ公開中なので感想は追記に。
「プライドと偏見」観ました。 (GOOD☆NEWS)
1月14日から公開されているキーラ・ナイトレイ主演の「プライドと偏見」を観てきました。イギリスを代表する女流作家ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」の映画化だそうです。・・・が、私は今まで恋愛物や純文学は苦手で殆ど読まなかったので、この「高慢と偏見」...
プライドと偏見 (ひとりごと)
ものすごい胸キュン(死語)もののラブストーリーを期待していたのですが、正直肩すかしでした。 後から知ったんだけど、コレ「ブリジット・ジョーンズ(一作目)」のベースになったお話だったんですね。エリート弁護士のマークに対し、最初はお高くとまったヤツ、と嫌悪感を
プライドと偏見 (Aloha Days)
ジェーン・オースティン原作の映画は以前から大好きでした 「ある晴れた日に」、「エマ」、「待ち焦がれて」など、何回も繰り返し観ちゃうほど そしてとうとうオースティン作品の金字塔「自負(高慢)と偏見」が新たに映画化されました これは観ないわけにはいかないでしょ~
『プライドと偏見』 (フミセイロのなんちゅうことない日々。)
なぜか英国コスチューム映画大好きのヨメ。オースティンの「プライドと偏見」とくりゃ、行くしかないでしょ!今回のヒロイン役はキーラ・ナイトレイ。旬のオナゴやね。 さて、劇中何が起こるかというと…何も起こらないです。姉妹の結婚話の行方をひたすらみんなで案じる映
プライドと偏見 (欧風)
映画は男女によって好みがあるのだろうか。まあ、観たい、観たくない、という点では別れるんではないかと思う。しかしいい映画って言うのは男女問わず、誰が観てもいい映画だと思うのですよ。 例えば、私が昨年末から日本人なら観ろ!と散々言っているにもかかわらず、ま
★プライドと偏見@池袋ヒューマックスシネマズ:土曜日午後 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
イギリスの広大で美しい田園に嵐のような雨が降っている。 男と女がふたり、激しい雨に叩きつけられている。 男はこの雨のような激しい胸の内を、今、同じく雨に打たれている美女に打ち明けようとしている。 「貴女とお姉さんは違うが、貴女のご両親と妹さんたちはあまりにも
ようやく映画鑑賞レポートだああ!! (任務スペシャリスト的ブログ)
皆さん、長~~くお待たせしました。 お待ちかねの映画鑑賞レポートです。本当は、バレンタインの日にめでたくアップする予定でしたが、この案は残念ながら失敗に終わりました…。くっそ~、同情するなら、チョコをくれ・・(←セコイやり方でチョコを巻き上げる腹黒管理人で
『プライドと偏見』~映画と原作の関係1 (Dead Movie Society★映画三昧★)
映画を観おわって、パンフレットや宣伝文句を読んだ時、 「なんかストーリーや解説のニュアンスが観た印象と違うなあ~」 って思ったこと、結構ありませんか? 映画って、見た目のイメージが人によって違うから、 そこが原作の小説と映画の大きな違いにつながったりす
プライドと偏見 (映画通の部屋)
「プライドと偏見」PRIDE PREJUDICE / 製作:2005年、イギリス
プライドと偏見 (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 実はワタクシ、ガラにも無く『若草物語』や『赤毛のアン』が大好きです。 なので似たよーな香りのするこの作品も嫌いなはずがないので、かなり期待 しながら観ました。 が、これがまた微妙でして ...
プライドと偏見 (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★ ジェーン・オースティン:1775年12月16日~1817年7月18日。1796年ごろに書いたといわれる「First Impressions」がのちに改題・出版され、イギリスで最も長く愛される恋愛小説と
プライドと偏見 ~ 自分の意見を言える凛とした生き方 ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 自分の意見を言える凛とした生き方 ~ 映画「ブリジット・ジョーンズの日記」のモチーフとなったイギリス女流文学作品「高慢と偏見」を映画化した作品。「ラブ・アクチュアリー」や「パイレーツ・オブカリビアン」でヒロインを演じたキーラ・ナイトレイが瑞 ...
NO.161「プライドと偏見」(イギリス/ジョー・ライト監督) (サーカスな日々)
夏目漱石も絶賛したオースティン文学は、 食卓で観察し書かれたロマンスである。 ジェーン・オースティンは、18世紀から19世紀にかけての、イギリス女流文学者として、偉大な存在である。イギリス近代小説の祖とも、リアリズム小説の先駆けともいわれる。英国留学 ...
プライドと偏見…レンタルで鑑賞 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
先週はヒマだろうと踏んでいた私。 …甘かったです。メッチャ忙しかったよ~{/face_naki/} レンタルビデオもろくに観る時間が無くて、最後の1本(できれば後日記事に)なんか、3日ぐらいにわけて鑑賞しました。 あと、今台風が来てます{/hiyo_oro/} 凄い風{/fac ...
『プライドと偏見』 (**Sweet Days**)
プライドと偏見 CAST:キーラ・ナイトレイ、ドナルド・サザーランド 他 18世紀末、イギリスの田舎町メリトン。ある豪邸に裕福な独身男性ヒングリーとその友人のダーシーが越してくる。その町に住むベネット家には財も無く、5人姉妹の誰かを財力のあ ...
プライドと偏見(DVD) (ひるめし。)
製作年:2005年 製作国:イギリス 監 督:ジョー・ライト 出演者:キーラ・ナイトレイ/ドナルド・サザーランド/ブレンダ・ブレシン/マシュー・マクファディン 時 間:127分 [感想] 主演のキーラ・ナイトレイがアカデミーノミネートされた作品。 彼女の演技 ...
プライドと偏見 (cinema note+)
プライドと偏見PRIDE & PREJUDICE 2005年 アメリカ  あまり期待せずに見たけど、見終わる頃にはすっかりこの世界に魅了されていました。 はーっ、素敵過ぎた~。    なんといってもMr.ダーシーとリジー
<プライドと偏見>  (楽蜻庵別館)
2005年 イギリス 127分 原題 Pride & Prejudice 監督 ジョー・ライト 脚本 デボラ・モガー 撮影 ロマン・オーシン 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 キーラ・ナイトレイ  マシュー・マクファディン  ロザムンド・パイク    ドナルド・サザーランド...
【映画感想】プライドと偏見(キーラ・ナイトレイ)[2009-079] (映画+小説+家族=MyLife)
中世のイギリス貴族社会における女性たちの生き様を、キーラ・ナイトレイ主演で描いた『プライドと偏見』を鑑賞しました。 地位と権力のある男性と結婚する事でしか豊かな生活を手に入れることができない当時の女性たちの、悲しくもしたたかな生き様が描かれています。
プライドと偏見 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 今日は、コチラを観て来ました。興行ランキングでは下位の方だったのでゆったり観れるかなぁと思っていたんだけど、小さな劇場だったからか満席で立ち見も出てるほど。客層的には、若いカップルよりもちょっと年齢層高め?な感じ。何でも65年ぶりの映画化なので、流石...