我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog12周年迎えました✨

プライドと偏見/ PRIDE & PREJUDICE

2005-10-07 09:07:07 | 劇場&試写★6以上
ジェーン・オースティン原作の古典「高慢と偏見」をTV界出身のジョー・ライト監督で映画化。
(「ブリジッドジョーンズの日記」のコリンファースで「高慢と偏見」というタイトルで'95年に一度映画化済)
原題、「プライドと偏見」のまま日本では来春第2弾で公開
キーラナイトレイ主演。

"本年度アカデミー賞最有力候補”!だとか。 ほんとかなぁー。一足早く試写にて。


愛してると認めるには、男のプライドは高すぎた。愛してると応えるには、女の偏見が邪魔をする・・・

18世紀末のイギリス上流社会。女性に財産相続権がなかったこの時代、
結婚は、女性にとって人生の全てだった。

恋愛に於いて、プライドが邪魔することは少なくない・・・・かも?
偏見が邪魔すること、結構ある・・・・よね?
この格式張ったお堅いタイトル、オープニング10分、あんまり期待できそうもないかなぁ。
なんて思ってたんだけど、
今日一日、眠かったにも関わらずそれをも吹き飛ばすほどに集中して観入ってしまった~。

5人姉妹、それぞれが第二の人生を見つける時期。
母親は、どうにかして自分の娘たちを裕福な男性に嫁がせようとアピール必死。
キーラナイトレイは、強気で頑固、でも姉思いな次女のエリザベス。
ある日隣の豪邸に、大金持ちビングリーが引っ越してくる。
謙虚で綺麗な姉に一目惚れをしたビングリー。
二人はうまくいきそうだったのに、突然の別れが・・・

その親友で気位(プライド)が高く、いかにも嫌な奴、ダーシーに嫌悪感を抱きながらも
何故か存在が気になって仕方ない・・・・
自分の偏見が邪魔をしていたことに気づく。


ざっとこういうストーリーだけど、
これが引き込まれるように巧みに作られていて、所々ユーモアを交えながらも
過剰すぎない演出でみせる。 同じキーラナイトレイの作品なら
タイプは違うけど「ラブアクチュアリー」よりもぜんぜん良かったな。
イギリスの田舎の風景も素晴らしくって・・・。

死のうとしてるワケではない。


でも数年前のワタシだったら、この手の物語にこれほど感情移入は出来なかったかも。
少しは大人になったってことかな?!(既に十分大人だって・・・
キーラの気の強さ、自分にちょっとダブっていつの間にか共感覚えていたり・・・。

ダーシー役のマシューマクファディン(「エニグマ」)は、無口だけど鋭く
、気位が高そうな雰囲気が素晴らしくよかった。


あと、キーファーサザーランド父・ドナルドサザーランドは
娘の気持ちの解る、いいお父さん☆(どうみてもおじいさんだったが・・・)



そして、大御所・ジュディデンチ


しわくちゃになりながら、イジワルばあさんを演じていた

それにしても、この五人姉妹似てなさすぎ!!!


(ツッコミたくもなるよ~。細かいことウルサイって


PRIDE&PREJUDICE official site ←トレーラーあり




7(10段階
ちょっとしたお互いの誤解から生まれる男女のすれ違い、それぞれの心情を巧く捉えた愛の秀作
大人の女性なら、(男性も)必見!!
良い映画を観たーという充実感がじわじわくる作品。


イギリス
初公開年月 2006/01 127min

【staff】
監督: ジョー・ライト 
製作: ティム・ビーヴァン /
エリック・フェルナー /ポール・ウェブスター 
製作総指揮: ライザ・チェイシン/デブラ・ヘイワード 
原作: ジェーン・オースティン 『高慢と偏見』
脚本: デボラ・モガー 
撮影: ロマン・オーシン 
音楽: ダリオ・マリアネッリ 

【cast】
キーラ・ナイトレイ 
タルラ・ライリー
ロザムンド・パイク 
ジェナ・マローン 
ケイリー・マリガン 
ドナルド・サザーランド 
ブレンダ・ブレシン 
クローディー・ブレイクリー 
マシュー・マクファディン 
トム・ホランダー 
ジュディ・デンチ 



                  



キーラナイトレイ主演出演作では、2001年のソーラバーチとの共演作、
」がオススメ。

今月22日から、
トニースコット監督「ドミノ」いよいよ公開!!

こっちのキーラはカッコイイ

また書いちゃうけど「ザ・ジャケット」も公開待機!



人気blogランキング←please click(1日1回有効)

いつも読んでくれて&応援してくれる方々、ありがとう~「映画総合」に参加中



『映画』 ジャンルのランキング
Comments (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トムクルーズ 念願の第一子!! | TOP | ディカプリオ 、新恋人候補は... »

31 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ssnostalgia)
2005-10-07 21:05:50
こんにちわ。

私はコリンファースの「高慢と偏見」を観ました。

面白かったです。よ。
5人姉妹 (septcandy)
2005-10-07 22:10:56
『若草物語』みたいなの??



また、しっとり系な映画なのかな? 最近は見る側が求めているのか? 意図された物なのか?(マーケティングとかで、、)  なんだか『しっとり系』な映画が多いよね。



バーン!どーん!! みたいな、、お金かかってます映画よりも、、 こう、、しっとりとじんわりくるストーリーも これからの季節にはいいね。
ssnostalgiaさん☆ (mig)
2005-10-08 01:37:01
「高慢と偏見」観てないんです。

これを機に今度観てみようかな。

来春なのでまだまだ先ですけど、

是非ssnostalgiaさんも、こちらのキーラ版、観てください~。オススメです
candyさん‥‥……━★ (mig)
2005-10-08 01:42:35
若草物語とはちょっと違うな~。

姉妹の物語りではなく、男女の恋愛に焦点が・・

次女が活発で勝ち気で、長女がおっとり落ち着いて。。。という設定って多いよね。。。

ワタシ、長女だけどおっとり・・・じゃないなー



キーラの演技は、絶賛されたようで・・・

近々、オスカーノミネートも夢じゃないかも?!

たまにはこういう落ち着いた文芸作品もいいものだわ~
Unknown (ななな)
2005-12-21 15:19:26
私も最初の方は寝ないかなと心配になりましたが気づけばずいぶん楽しんでました。



恋愛に於いて偏見が邪魔することはあるけどプライドはまだありません・・・かな?(笑)

でもまだ恋愛を語れるほど大人じゃないんで偉そうなこと言えません!

でもこの映画ではプライドと偏見が邪魔になってることがなんかすごく良く分かりました。

なななさんーー★ (mig)
2005-12-22 09:33:40
こんにちは



なかなか良い映画でしたね~。

あの相手の男性はあんまりメジャーな俳優じゃないところもまた良くて、ハマってました。

かっこ良く見えちゃいました



来年公開作品の中では、イチオシ作品です
Unknown (サミー)
2005-12-27 09:41:40
コメント有難うございました。

確かに女の人たちには劇場でとてもうけてましたねこの作品。

僕は、女性ばかりで居心地が悪いのと、いかにも女性向けな映画の雰囲気でイマイチ入り込めませんでした。まさにプライドと偏見ですね。

家で機会があればもう一度観てみます。

キーラ・ナイトレイは美人過ぎて物足りないというか・・・わかります?この男心!?
共感 (toe)
2005-12-29 20:10:02
こんにちは。



私も、途中からキーラにどっぷり共感しながら見ました。

マシュー・マクファディンは、収穫でしたね~。

今後も注目したい俳優さんです。
サミーさん★ (mig)
2005-12-30 00:20:44
確かに、男性よりも女性ウケのほうが良さそうです★

プライドと偏見って、

原題のままですけど

とっつきにくいというか、ちょっとお堅いタイトルですよね
toeさん★ (mig)
2005-12-30 00:23:08
こんにちはー



マシューマクファディンほんと適役でした

切ない表情とか、最高



彼の次回作がまた観たいです、

来年公開作品ではいまのところイチオシ、かな。

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★6以上