我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog14周年迎えました✨

新少林寺/ SHAOLIN

2011-11-02 11:42:30 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

ランキングクリックしてね
←please click

 

 

アンディ・ラウ×ニコラス・ツェー&ジャッキー・チェン(←99作品目)

「香港国際警察/NEW POLICE STORY」のベニー・チャン監督作品

ジェット・リーの出世作「少林寺」(82)を、壮大なアクション+人間ドラマを盛り込んで29年ぶりに映像化

 

今月19日からいよいよ公開。試写にて鑑賞。

カンフーもの大好き♡

 

義兄弟暗殺を目論んだ傲慢な将軍、候杰(こうけつ)にアンディ・ラウ。

いつみても若こうみえて先日で50歳!

愛する者を失う悲しみを知り突然改心。戦火に苦しむ民衆と少林寺のために戦う

悪人だけど娘を想う気持ちは誰も同じ。

 

腹心の部下、曹蛮(そうばん)にニコラス・ツェー。

「孫文の義士団」「密告者」で2年連続香港電影金像奨(香港アカデミー)を受賞

相変わらずカッコいい。セシリア・チャンとの間に2児のパパ。

でもとうとう先日離婚しちゃった。実の父は「少林サッカー」のデビルチーム悪徳監督

 

ジャッキー・チェンは30分過ぎた頃やっと登場

少林寺の厨房で働く賄い人。コミカルなキャラでジャッキーが出てる効果で和む。

でもオリジナルのジェットリー(リーリンチェイ)は出さなかったのね

 

カッコイイのはこの三人だけじゃないその他、少林寺の僧侶たちも強くカッコイイ!!

ギャグじゃないです

浄空、浄能、浄海

 

そして紅一点、アンディの妻に、「孫文の義士団」やサントリー烏龍茶のCMにも出演するファン・ビンビン。

 

悟りを開き、すっかり別人のように心を入替え。

一気にカンフーマスターの道へ

 

欲望、権力、金が何になる?大事なモノはもっと他にある。

 

20世紀初頭の中華民国初期、辛亥革命が起こり、中国全土では覇権をめぐり戦いが絶えず、混沌に陥っていた。登封市(現河南省鄭州市)にある少林寺の僧侶 たちは、おびただしい数の死骸の中から、まだ息のある人々を救助していた。そんな中、逃亡した敵の大将を追い、馬に乗った軍人たちが少林寺に土足で踏み込 む。粗暴で傲慢な将軍・候杰(こうけつ)は、少林寺の中で敵の大将を無残に撃ち殺し、少林寺を愚弄して去る。
 権力拡大の野望を抱く候杰(こうけつ)だったが、腹心の部下・曹蛮(そうばん)に裏切られ、愛する幼い一人娘も失い、自身も懸賞金のかかったお尋ね者と なってしまう。全てを失った候杰(こうけつ)は、かくまってもらった少林寺の料理係の家で髪を切り、出家することを決意。悟りを開いた候杰(こうけつ)は 僧侶を率い、戦火に追われる平民たちと少林寺を決死の思いで守るのだが—。


 

8/10(88点)

 

 

そんなに期待もしてなかったのもあるけど、ほんと面白かった~♪☆は9でもいいかな?

2時間ちょい超えだけど、最初から最期まで惹き込まれ、退屈なんてなしの一気観!

観終えた後、「いい映画を見た~」という感覚で見応えたっぷり。

ストーリーは「少林寺」にあらゆる面が肉付けされスケールもハンパない!

主軸のアンディ・ラウとニコラス・ツェーの格好良さは言うまでもなく

少林寺のお坊さん含め、アツい男たちがかっこよすぎる!!



「出来ない出来ない!」なんていいながら敵を倒してくジャッキーはオチャメで

 可愛いすぎ

今回は完全脇に回り、しっかりポイント押さえてくとこさすが!

少林寺の面々もちょっとコミカルで可笑しい♪修行シーンも楽しい。

なのにあんなコトに、、、、泣け

 

 

二人の絡みも微笑ましい。

アンディが、悪人代官(みたい)から、仏を信じる善人に変わっていくのが

おまえさん、急なかわりようじゃのーって思うが、そんなことはいいのだ。

腹心の裏切りに、それでもラストは絶対助けるって展開も目に見えるし

先の読めるストーリーなのにも関わらず、こんなに面白い。

そして、アンディ・ラウが歌う主題歌がまた泣かせる

いや実際に泣いたわけじゃないけど、大感動!とまでは言わないけど(もちろん泣く人もいそう)

 

観るだけで心が浄化されていく映画

煩悩を捨て去ろう!

 

公開したらまた観たいな~★

この秋のイチオシ。今年のベスト入り確定

 

  公式サイト

SHAOLIN            2010年    香港・中国    131min

11月19日(土)より、ロードショー

11/4 東京国際ジャッキー映画祭にて先行上映

前売券発売中★ 「鷹の爪~」とのコラボバッグ付き 笑

 

2009年9月の製作発表会にて。

 どっちがお好み?

プレミア。

 

 

MyTwitter

Twitterボタン

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

 


Comments (34)   この記事についてブログを書く
« コンテイジョン / Contagion | TOP | ハリウッドゴシップ☆News<セ... »

34 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (yukarin)
2011-11-02 11:54:38
少林寺というかカンフーには興味なかったんで観たことないんだけど...
アンディ・ラウとニコラス・ツェー目当てで観る!!(笑)
鷹の爪のコラボバックいいなー~こちらでは前売り券自体が消滅しちゃったから(泣)
Unknown (KLY)
2011-11-02 13:06:56
カンフーアクション映画だった『少林寺』とは違って、今回は人間ドラマが主体だったね。それでもあの修行シーンはテンションマックスになったなぁ。欲を言えばもう少し少林拳の多彩さ、せめて武器ぐらいは棍だけじゃなくてもう少し登場させて欲しかったです。タイトルに少林寺を入れるなら。でもホンモノの武術家を使うあたりはリスペクトが感じられて、そういうの好きです。
何気に嬉しいのは方丈に前作の師範代を演じたユエ・ハイがこのためだけに復帰してくれたこと。すっかり年取っちゃったけど見た瞬間わかったし^^
アンディは『墨攻』あたりで散々コケタけど、最近またいい感じがします。もちろんジャッキーも良かったけれど、この作品はアンディ・ラウだよね。ジャッキーは『1911』でってことで(笑)
わ~~い♪ (マリー)
2011-11-02 18:33:49
こんばんは~~♪
あ~~migさんの★の数を見ただけで感涙~。
アンディ、がんばったんだ~。
最近また来日もしてくれないし、ファンクラブの集まりも香港でしかないから、まだ曲も聴いてないんだけど、いい歌なのね~。
楽しみです!!

↑でKLYさんがアンディ『墨攻』でコケたって書いてある~~~私、『墨攻』でアンディにおちたんだけど・・・あれれ?(苦笑)

観たら、また来ますね~~~。
あ~~ホント楽しみです!!!
やっぱり! (ノルウェーまだ~む)
2011-11-02 20:38:30
migちゃん、面白い映画って、やっぱりコレだったのねぇ~
リメイクだし、どうよ?って実は多少思っていたのだけど、migちゃんが9つけたいくらいなんて、相当だね!
楽しみだわー
おぉぉ、☆が多い~ (小米花)
2011-11-02 22:18:18
中国、香港映画、少々苦手ですが、
ジャッキー・チェンは見てるかも。。。
しかもmigさんの☆いっぱい~なので
私も見たいと思っています。

ニコラス・ツェ―♪ (mezzotint)
2011-11-03 11:44:23
migさん

わあ~凄い点数ですね!
外していましたが、観ることにしました。

ちなみに私はニコラス・ツェ―が好きです
うわあ (えい)
2011-11-03 12:54:52
スゴイ高評価ですね。
ぼくは『孫文の義士団』のような
それぞれの技の使い手が
それぞれの戦いを繰り広げると言うのが好きな方なので、
あまり萌えなかったです。
そう言う意味では、ジャッキーのシーンは最高。
映画の中でのバランスはともかくとして、
とても光っていました。
さすが不世出のスター!
yukarin☆ (mig)
2011-11-04 17:10:57
これとコンディションみるため上京もありでは?!(*^o^アンディさんニコラスみるためでもアリだし間違いなくyukarinもお好きだと思うわー♪
KLYさん☆ (mig)
2011-11-04 17:15:40
KLYさんみてたのね~♪(*^o^*うん私は師匠気づかなかったけどそうみたい、ジャッキーこれはこれでいいと思うし、1911も楽しみ~
凄く見応えあってやっぱり好きだなーカンフー映画☆
なんといってもエンディング曲も良かったし♪
またみたーい
マリーさん☆ (mig)
2011-11-04 17:18:39
ほんと、マリーさんはファンだから余計たまらんと思うよ!
曲もアンディのCD欲しくなるほど良かったし♪
墨攻は私もごめんねダメだったんだ(笑)
他のはスキよ♪
これ、お楽しみに♪(*^o^*)

post a comment