癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

出版化の準備

2016年03月11日 | 登山・旅行
  

 2102年6月から始まった拙筆による北海道新聞(札幌圏版)、各週金曜日連載の「ほっかいどう山楽日記」が4年目を迎えている。

 現時点では、今年の秋の改編期の8月下旬まで続き、合計で107回の予定となる。一度に隣り合った二つの山を書いたこともあるので、128山の紹介となる。

 終わった段階で、なんとか1冊の本としてまとめたいと考えていた。昨年末に、最初の担当編集委員の方が、それまでのスクラップを北海道新聞出版センターに持ち込んで交渉してくれたが、検討の結果「紀行物は需要が少ない」ということで、商業出版は「不可」となった。

 最悪の場合は、自費出版でも良いと思い、そのページ作りやレイアウトについて、『北海道夏山ガイド』の著者で、我々HYML編の『北海道雪山ガイド』『北海道スノーハイキング』の編集長を務めてくださった菅原靖彦氏に相談してみた。

 先週から、毎日のようにメールのやり取りをして、いろいろ教えていただいた。その結果、「読みもの」ではあるが、パッと見た感じ、文字の比率が少なくなるように、見開き2ページ立てを基本としても、写真をあと2~3枚入れた構成にすること、お気に入りの山は大きな写真を入れたり、数を増やしたりして、4ページ立てにするなど、変化を持たせることなどの指導をいただいた。そのほかに、地域別の扉と合わせた変則3ページ立てや見開きの写真だけのページなど、変化を持たせる案も提示してくださった。

 ワードで作製するが、pdfファイルにして持ち込んだ方が印刷費用も安く済むこと、そのためには画像解像度を300~350dpiに変更して、tif形式で保存することを教えていただいた。dpiにしてもtifにしても、扱ったことのない拡張子で面喰ったが、丁寧にメールでその方法を教えてくださり、そのためのソフトまで紹介してくれた。

 試行錯誤して作り上げたサンプル案が下記である。
 

2ページ立ての「恵山・海向山」



4ページ立ての「カムイエクウチカウシ山」

 これを基本にして、ページ構成に変化を持たせながら、これまでの掲載済みの記事のページ作りに励もうと思っている。初めは、試行錯誤で大変だったが、これができたら、この後は楽しく編集作業に取り組めそうな気がしてきた。 

 連載は、季節に合わせたので地域別にはなっていない。しかし、本としてまとめるときには、地域別で整理するつもりだ。

 菅原氏によると、「ある程度ページが揃ったら、それを持ちこんでもう一度道新出版センターと掛け合って見た方が良い。考え直してもらえるかもしれないし、印税なしを条件に印刷経費をもってくれる場合もありますし、印刷経費は本人負担だが、道新から出版、配本の関係もやってくれるなど、いろいろあるようです。」とのこと。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« アスファルトの上のジョギング | トップ | 道新幹線開業記念「文団協芸... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しみにしています (yama(バタフライ))
2016-03-13 09:30:28
おはようございます。
出版化、楽しみにしています。
これまで登った山の、写真、記録があるので素晴らしいものになると思います。
yamaさんへ (sakag)
2016-03-13 14:00:06
連載が終わるのが、8月末なので、出版はそれ以降になります。
文章は、担当編集委員の校正の手が入ったものをそのまま使えますが、外付けハードデスクに使っていたHDDが壊れて、2010年以前の写真があまりないのが悩みです。
HPにアップしてあるものを拡大してdpiを上げることも可能なので、頑張ってみます。
先週は、「横津岳・袴腰岳」でした。HPの方で見られます。

コメントを投稿

登山・旅行」カテゴリの最新記事