栄電気のココロ

栄電気の周りで起こる出来事を書いています。お客様との出来事や電気の事、江東区亀戸から発信しております。

トイレに人感センサー付きヒーターを勧めない理由

2018年12月16日 19時43分04秒 | 商品案内
寒いトイレはヒートショックと呼ばれ、血圧の急激な変化による脳や心臓の疾患の原因となっています。

最近はこの事がだいぶ認識され、お風呂暖房やトイレ暖房を導入する家庭も増えてきました。 

トイレ暖房においては、人を感知して電源が入る人感センサー付きが主流のようです。 



(〇で囲ってあるのが人感センサーです)

栄電気でも昨年まで販売していました。 

でも今年から販売はやめました。 

栄電気なりの考えがあるからです。 


ヒートショックというのは、トイレに入った瞬間の室温の差によって起こります。 

入った瞬間ってヒヤーっときますよネ。 

あれがいけないのです。 

人感センサーというのは、入ってからヒータの電源を入れます。 

これでは遅いのです。 

男性の小用の時などは、ほとんど意味不明無い事でしょう。 


大切なのは入った時に寒く無い事です。 

・・・・という事は! 

入る前から電源が入っているヒータの方が良いのです。 


いろいろ検討しました。 

熱を発するものですから、人が居ない時に稼働するとなると安全で無ければなりません。 

温風が出る物はトイレットペーパーなど近くにあったら危ないし、電熱線を熱するストーブタイプも危険です。 


おススメなのがパネルヒーターです。 



これも各社出ていますが、消費電力を検討しました。 

机の下に置くようなパネルヒーターはトイレには弱く、消費電力の大きいパネルヒーターは電気代が高い。 

各社調べたところ、この機種がトイレには最適だと判断しました。



日本製というのも安心しますね。



薄いので壁際に設置できます。



また壁に掛ける事も出来ます。 

これなら一晩中付けていても良いですが、もし電気代が気になる方はこのような24時間タイマーとの併用をおススメします。 



何時にONになり何時にOFFになる。 

この設定をしておけば、24時間毎日同じ時刻にトイレは暖かくなるのです。 

日中比較的温かい時間帯はOFFにしておく。 

一般家庭での使い方だとトイレって決まった時刻に利用する事も多いですよネ。

こんな使い方が理想だと思うのです。 

いかがでしょうか? 

栄電気イチオシの商品です。  
コメント

トイレのチョロチョロを直しました。

2018年12月15日 19時38分02秒 | 工事料金
ユニットバスを使われているお客様。 

エアコン工事の時に相談を受けました。

『トイレのタンクから水がチョロチヨロ音がするんだけど直るかしら?』と。

街の電気屋らしい総合住宅設備相談店。 

どこに頼んで良いか?分からないのでよく相談を受けます。 

当店で出来る仕事はもちろんしますが、協力店で出来る仕事と分業して作業しています。 


今回の相談されたトイレを確認すると。

水を流しても、なかなか止まらず、タンクに水がいっぱいになっても便器に水が少し流れているのを確認しました。



これはタンクの中に問題があります。 



タンクの中を確認します。 

これだ! 



タンクの中にあるフロートボールというゴム製の部品です。 

ゴム製なので、経年劣化で弾力が無くなり、さらに変形している場合があるのです。 

今回、これを交換する事で直りました。 

お客様宅は各階にトイレがあり、緊急を要する事はありませんでしたが、一般的にトイレは緊急の依頼が多い。

水が止まらなかったり、出なかったり、生活する上で支障をきたしますからね。 

まぁ最近は『水道トラブル・・・○○円』の会社もありますが、電気。水道、ガスを総合で面倒見てくれる業者を一つお抱えにしておくと良いですよ。 

コメント

電気屋へのお困り事とコロンブスの卵

2018年12月13日 19時22分02秒 | 工事料金
街の電気店には様ざまな困り事の相談が毎日沢山来ます。 

電気の事、水道の事、ガスの事。 

照明が点かない、エアコンが効かない、テレビが見えない。お湯が出ない、トイレの水が流れたまま。。。

生活のトラブルで自分で解決出来ないから、それを解決しに来るのです。 

散々悩んで相談しに来ます。 

それを解決するのが、栄電気の役目です。 


『電話が通じなくなった・・・』

そんなお困りごとの相談。 

自分でも取り扱い説明書をみて、電源を入れ直したり、設定を見直したりしたそうです。 

電話が壊れているのか? 

『もし壊れてたら買い替えるから見てちょうだい』 

そんな依頼があり見に行きました。 

電話が通じない原因はこれでした。 



モジュラーコードと呼ばれる電話線の差し込む部分の爪が片方折れていました。 

ちょっと長めのコードなのでお店に取に戻って交換して完了しました。 

コード代金は600円でしたが、今回調査費用を含めて3000円頂きました。 

お客様は快くお支払いいただきました。 

困った事を解決した費用としては、決して高くないと思います。 

もしこれが当たり前にトラブルを解決する会社へ依頼すれば、もっと高いはずです。 


でも、時々この金額に不満な方がいます。 

『そんなに盗るの?』 (とるという字をあえて盗るにしました) 

私の仕事は盗人ではありません。 

困った事を解決した費用を頂いているのです。 


お客様は自分で解決できずに依頼したのです。 

それを私達は、専門の知識、そして時には測定器などを使い原因を突き止めそれを修復するのです。 


原因が分かれば、それはお客様でも出来る事もあります。 

でもそれは『コロンブスの卵』に過ぎません。 


以前、アンテナのトラブルで原因を調査し、修復の為の見積もりを出したら、その見積もりを他の業者に出し、結果他の業者が施工した事がありました。 

原因を突き止める為に天井裏に入り半日使いました。 

その修復工事においては調査費用が8割ほど、それを原因が分かった見積もりを他社に出すのはモラルに反します。

交換作業は経験や知識が無い人にも出来ますからね。


こういう方が栄電気に来た事が残念です。 

私はこういう事も含めて、お客様、消費者へ『正しい道』を伝えています。

まだまだ、伝達不足ですね。

このブログをご覧になって問い合わせする方は少なくてもそのような方では無い事を願い、記事にしてみました。 
コメント

やっちまった後悔はだんだん小さくなるが、やらなかった後悔はだんだん大きくなる。

2018年12月10日 19時23分11秒 | はじめての方へ
過去に書いたブログの記事でも追記したり、書き直したりして新しい記事として投稿するのも良いと思うのです。 

特に最近はSNSを介してみる方も増えて来たので、SNSにリンクしたタイミングで呼んでくれる方も多くなったので。

今日は3年年前の記事を少し修正して再投稿します。 

やらなかった事で後で後悔するより、やってみよう!という話しです。 


---------------------

2週間前に車イスで生活している方にオーブンレンジを納品しました。 

生活空間が一般の方よりも低く作ってあるので、オーブンレンジの使い勝手の良い設置場所がなかなかありません。  

冷蔵庫の上では高すぎるし、レンジ台を置くスペースも確保できません。 

ちょっと狭くなりますが、シンク横のカウンター天板上に乗せる事にしました。 

ココが一番高さ的にちょうど良かったのです。 

でもちょっと。。。。 

その日はコレで納品は終わりました。 


でもちょっと。。。と言うのは、気になる事がありました。 

カウンター上にオーブンレンジを置いた時に少し滑るような感じがありました。 




大丈夫かな?・・・なにか不安を感じるようになりました。 

何であのままで終わらせてしまったのだろう? 

そのままにしてしまった事が気になりました。 

気になればなるほど、もし滑ってレンジが落ちたらどうしよう? いろいろな不安な出来事が頭の中で膨らんできました。 


業界の職人のなかでの格言。 

『やっちまった後悔は、だんだん小さくなるが、やらなかった後悔はだんだん大きくなる』



やらなかった後悔が大きく破裂しそうです。 

・・・・ということで。 

滑り止めを敷いてきました。




暗くて見えづらいですね。 滑り止めのゴム状のシートを下に敷いておきました。 

お客様は特に気にしてなかったようです。

これで私の気持ちは和らぎました。 


-----2016年 2月 追記  ------------------

こちらのお客様より、洗濯機の乾燥が弱いので見て欲しと電話がありました。 

ピーン! ときました。

車いすでの生活なので、当店では珍しくドラム式の洗濯機をおススメしました。 

ドラム式のメリットは洗濯物の出し入れが低い位置で出来る事。車いすのまま出来ます。 

通常の洗濯、そして糸くずなの処理はお客様でもできます。

ところが。。。



フィルターの掃除がこの位置にあります。 

ココを外して掃除する事は車イスでは困難です。



見事に綿ボコリが詰まっていました。



掃除してあげました。




どれだけの頻度で行うかこれから決めますが、私が定期的に訪問して掃除してあげる事にしました。 

『栄電気のココロ』 ですから。
コメント

常に新しいモノを提供する電気屋でいたい。

2018年12月10日 00時02分39秒 | Weblog
『ALWAYS 三丁目の夕日』のような戦後、そして高度経済成長を舞台にしたドラマを見ると必ずと言っていいほど当時の文化を象徴する物に家電が出てくる。

冷蔵庫、洗濯機、炊飯器 といった主婦の仕事を楽にしてくれる家電。 

テレビやステレオとなどの娯楽家電。

当時の電器店は花形の商売で、納品の時は大安の日を指定されたり、近所の人が集まったりと、ひとつの家庭イベントになったそうです。

今までに無い製品の登場。画期的な家電。 

それを提供する電器店は売り上げも多かったそうです。 


テレビがカラー化された時も大変売れたそうです。 

そしてVHSとベーターというビデオデッキが登場したときも画期的でした。 

テレビ番組が録画できるなんてね。 そのころから私も記憶が残っています。

ステレオはシステムコンポというのが出始め、オールインワンのセットでカセットデッキが全盛でした。 

やがてCDが出始め、途中MD何かも出ては消えていきました。  


パソコンが出始めた頃も街の電器店では扱っていました。 

そうそう、携帯電話も。 PHSや当時はNTTドコモも栄電気では扱っていました。 


テレビが地デジ化され、薄型になった10年程前から状況は変わっていきました。 

海外メーカーの進出で価格の下落。 

日本のメーカーの衰退。  


スマホが普及しはじめ、生活の仕方も激変してきました。 

情報入手はテレビじゃなく、スマホから。  

テレビ離れが加速して行きました。

家電の販売もネット通販が多くなり、お店で購入する人が減ってきました。 

特に大型量販店はその影響をモロに受け、合併したり、縮小したりしています。 

『売るモノが無い!』昔の栄光を引きずっている先輩電器店はグチをこぼします。 

昔のような画期的な電気製品が出てこないので飽和した家電市場では売る物が無いのです。 

4Kテレビを盛んにアピールしても消費者はそんなに飛びつきません。 

電気製品は壊れたら買い替えるモノになってしまったのです。 


日本の家電メーカーは販売店を囲い込み、在庫展示する事で、とりあえず一通りの出荷台数をこなしています。 

販売店もメーカーの言いなりになっている。



電気屋の看板って家電メーカーの補助を受けて作ってもらったりしてます。 

今度意識してみると分かりますヨ。 メーカー系列と業界では呼んでいます。 


実を言うと栄電気はどこにも属していません。 

栄電気の看板は『電気のお医者さん』



メーカーの言いなりにはなりたくないので、メーカーの看板は出してません。 


メーカーが発売リリースしても、一度自分たちで検証します。果たして売って安心できる物なのか? 

これ失敗作だろう? そんな商品結構あるんですよ。 


街の電器店は昔から、世に出る新しいモノを提供してきた商売です。

今の電器店って家電メーカーが提供する物ばかり販売している。 

もっと違うモノ売っても良いと思うんだけどね。

昔は携帯電話を売っていたようにね。 

ホントはスマホを売りたいんだけど、家電屋には流通しても採算あわない感じです。 

スマホが自店で売れなくても、お客様にはすすめています。 

例え年配者であっても、『これから生きていく上で必要な物ですよ』とね。 

チョット大げさだけど、ホントそう思うから。 

そして今、話題のPayPay



栄電気では10月上旬のPayPayのスタート直後から使えるようにして、いろいろな人に紹介してきました。 

お客様はモチロンですが、お店さんにもススメてきました。 


ここでちょっとガッカリな反応。 

多くのお店さんに紹介した中で、同業の電器店に紹介したときに決まって返ってくる返事。 

『ウチのお客さんは年寄りが多く、これ使えるようになっても、恐らく来ないと思う』 

紹介した電器店はほぼ皆さん同じ返事。 


旅館業やサービス業にも紹介しましたが、こんな返事はありません。 


街の電器店は新しいモノを消費者に伝えて行く商売だと思ってます。  

安全に安心して便利な暮らしを提供するのが私のミッション。 

買い物の仕方が変わる過渡期にその方法を教えてあげないとね。 

お年寄りだからスマホを持ってないなんて決めつけないで。 

持ってなかったら、持つように促しても良いよネ。 

使い方分からなかったら、お店でスマホ教室なんかやってもイイネ。 


やりたい事が沢山あるけど、目の前の仕事を消化しないと前に進めない現実。 

年が明けたら、やりたい事を徐々に初めて行くとしよう。

12月の一番忙しい土日を終えて、今思っている事を無編集で書き綴ってみました。

コメント