栄電気のココロ

栄電気の周りで起こる出来事を書いています。お客様との出来事や電気の事、江東区亀戸から発信しております。

足が悪くたって大丈夫、栄電気バス旅行

2018年11月18日 19時49分29秒 | お客様との絆
旅行が終わり、各自帰路に着くところを撮影。



皆さん喜んでくれて、笑顔でお別れです。 

年配者が多く、シニアカーや杖を持った方が数名いましたが、無事に旅行を終え、ホッとしています。


街の電気屋が行うバス旅行。都内では珍しいかも知れませんが、地方のお店ではよく行われています。 

電気屋という商売は、食べ物屋さんと違って毎日必要とされる仕事ではありません。 


困った事があって必要な時に呼ばれる商売。

例えば新築の時に家電を一通り購入して頂いたとしたら、それから10年近くは何も壊れず不自由ないから、疎遠になってしまう。

10年近く経ったら忘れられてしまうよね。 

その為に、このブログやお便り通信、そして今回企画したバス旅行などを行っています。 


今回は、千葉の成田山をメインとした行程です。 


朝9時に出発。



参加者は女性の方が多いかな。



午前中は、家電メーカーシャープの展示会場に行きました。 

そこで最新家電の展示を見ていただきました。



これ最新の加湿器。タンクの持ち歩きをしないで良いようにここからも給水できます。 

ペットボトルとかね。 もちろんタンクを外して給水も出来ます。

単純だけど、こういう使い勝手って重要です。


午後は成田山へ。 




新勝寺や成田山公園を散策。 今回行程上歩く時間が無かったので奥の公園まではいけませんでした。

そして最後に行ったのが、航空科学博物館。



ここは面白かった、営業が17時までと早いので1時間しか滞在できなかったけど、いろいろな装備を見たり、実際に着陸する飛行機を目の当たりに見る事が出来ました。



ジャンボジェット機が今じゃ日本では見れませんからね。 



ジャンボの輪切り。こんなの見た事ないものね。 


朝9時から18時30分頃まで、お客様と親密に過ごせた事はとても有意義だと思う。 

帰りに皆さんから、『楽しかったよ』と言われて解散したときはとても充実感に満たされました。 

年配者が多く、足の悪い方もいて気を遣ったけど、参加者の皆さんもお互い注意し合ってくれてとても助かりました。 


今回のお客様の一人ひとりの顔を思い出しながら、余韻に慕っています。 


一番楽しく過ごせたのは私なのかも知れない。


また次回も楽しもう!
コメント

亀戸で商売して嬉しい事、お客様は神様じゃないけど、神様に思えた出来事

2018年11月12日 18時50分36秒 | はじめての方へ
社長である父は喉頭がんで声帯を摘出しました。 つんく♂と同じです。 

定期的に病院へ通院してます。 

いつもタクシーで母と行っています。(自分では歩く事がままならないので)

数年前の出来事ですが、社長が退院して初めて病院へ行く時にお客のご厚意が神様のように思えた出来事を再投稿します。 





----------------

その日は社チョーが退院して一週間後の経過を見る為入院していた病院へ行く日でした。

受付時間は朝の8時9分。 と予約表には書いてありました

さすが大学病院だ。分刻みで予定されるのか。  


病院までは車で30分ほど、逆算して7時30分に家を出る事にしました。

もうちょっと早い方が良いかも知れないが病人をあまり待たせたくないので。

いつも呼んでいるタクシー会社に電話すると。 

その時間はタクシーは呼べないと言われました。 

ちょうど7時から8時という時間帯は夜番と朝番の交代時間になるらしくタクシーの空白時間になるそうです。(後で調べると)


小雨模様の東京そして寒かった。 

母は駅前に行ってタクシーを拾って戻ってくる策に出ました。 

私は社チョーの見守りをします。 


駅前でタクシー乗り場で待つも一向にタクシーが来ません。 

(上記のようにタクシーは営業所に戻る為の空白時間なのです)

道路の向こうにタクシーが人を降ろしました。 それを見ていた母は急いでそのタクシーの元へ。

無常にもタクシーは行ってしまいました。恐らく送迎にして営業所に戻ったのでしょう。 


仕方がなくタクシー乗り場に戻ると、先ほどより列が伸び、来ないタクシーをイライラしながら待つ人々。 


小雨で寒い昨日の東京の朝模様。


7時50分頃になり、母もしびれを切らし、弟に車で送ってもらえないか?電話したそうです。

『タクシーが来てくれないのよ~』

『早めに行って採血しないといけないのよ~』

8時9分という決められた時間、退院後初めての外来、あわててヒステリックな声で電話していたことは想像できます。

弟も現場仕事なので来られないという事でした。 


そんな声を荒げて電話している母の後ろに偶然にもお客様であるT様の娘さんがタクシーの列にいたそうです。

『あれ?電気屋のおばさんですか?』 T様の娘さんから声を掛けられました。

T様の娘さんも、タクシーがあまりにも来ないのでお父様に車で来てもらうように電話したというのです。

そして、その時に母の電話を後ろで聞いていて。。。 

『電気屋のおばさん、もうすぐ父が車できますので、病院へ送りますよ』

ありがたい、ほんと嬉しい。 

駅前から店までT様は母を乗せてきてくれました。 

涙ぐみながら、『Tさんが助けてくれたんだよ。わざわざ車で病院に行ってくれるって』

そして、社チョーを乗せて病院へ向かいました。



ありがたいです。ホントありがたい。

T様の娘さんだって急ぐためにタクシ乗り場にいたのに、社チョーの為に遠回りを。

お客様は神様です。とよく言うけど、今回は本当に神様のように思えた。


都会はとかく冷えた近所付き合い、関わりを持ちたくないという人が多い中、

ウチのお客様は違うのかもしれない。 

いや、亀戸がそういう街なのかもしれない。 

この街 亀戸で商売できる事が嬉しい、いい人、いい街。 

亀戸最高です。

コメント

和式便器に温水シャワー便座を取り付ける

2018年11月11日 18時37分56秒 | 商品案内
今の私に、温水シャワートイレは不可欠。 

出先のトイレではホント困ります。 先日旅先の駅のトイレで悲鳴をあげてしまいました。 

そんな人は少なくない。 テレビのCMだって、かぜ薬と並び『痔』の薬のCMが多く流れてますよね。 

お尻の病気で悩んでいる人は多いのです。 


・・・・その話の連載はまたの機会に。 


今日は、関連して、トイレの話しです。 

和式トイレに温水シャワー便座を取り付ける工事を行ないました。


和式トイレは少なくなってますが、まだ古い建物には残っています。 

そこに温水シャワー便座をどう取り付けるか? 

和式トイレを全面リフォームし、洋式に変更という工事もありますが、費用が掛かりすぎます。 

そこで、今回は洋式に変更するユニットを乗せて、そこに温水シャワー便座を取り付ける事にしました。




和式トイレを見た事無い人もいるかもしれませんね。 これが和式トイレです。



この上に洋式にするユニットをセットします。



陶器製です。似たような物で樹脂製のものを見ますが、モノが全然違います。 

温水便座を取り付けるには、このような陶器製のモノを取り付けしっかり床に固定します。 

コンクリートドリルで穴をあけ、アンカーを打ち込み固定しました。 

樹脂製との大きな違いは、この洋式ユニットにも、水が流れます。 その為の配管もします。



汚物が便器内に付着しにくく流れるようになります。 



これで温水シャワー便座を取り付ける事が出来ます。

ただ、この場合注意が必要です。 

和式と洋式とでは座る向きが変わります。 

洋式に変更したときに、足(ヒザ)が壁にぶつかる場合があります。 

そのような場所では、今回のような工事は出来ませんので、寸法をとり十分検討する必要があります。 

もし、和式便座で悩んでいたらお気軽にご相談ください。 

あっ。亀戸近郊の方ね。 

コメント

冬に多いコンセント火災で注意して欲しい事

2018年11月06日 15時57分07秒 | Weblog
いきなりショッキングな画像をお見せしますね。



毎年このようなコンセントを見ます。 

特に冬に多く、ひと冬に数件あります。 

火災までいきませんが、・・・いやこれも火災ですよね。

被害が小さかっただけで。 


もう一度言いますけど、ひと冬に数件こうした焦げたコンセントを見るのです。 


自分で交換したり、古いコンセントを使っていたり。 

ちょっと知識があるからと資格が無いのにDIYでやってしまうのも良くありません。 


それでは、ナゼ?冬にコンセント火災が多いのでしょうか? 

それは暖房機器は消費電力(W)が高いからです。 

電気ストーブ、電気カーペット、コタツ、オイルヒーター。。。 暖房ってコンセントに挿して安易に使う機器多いですよネ。

これら、熱を発する電気機器って消費電力(W)が高いのです。 

コンセントに過大な負荷がかかって熱が発生し、取り付けに不具合があると焦げてしまうのです。 

または古いコンセントなどは、ユルユルになっていて接触不良を起こし発熱しているコンセントもよく見ます。 

挿した感じが緩く感じたら電気屋さんに見てもらってくださいね。 

決して自分でやろうとは思わないで。 

栄電気では配線パーツの売り場にはあえて、この焦げたコンセントを掲示して警告をしています。




コンセントと同じように、DIYで配線をする人がいます。 



これも危険です。 

電気には内線規程という法律があります。 

電気工事士という資格を取得するには、この電気の法律も勉強します。

ですから、この配線を見てすぐ、これは素人工事とわかります。 



この電線はビニールコードと言って、このようにステップルと呼ばれるコの字型の釘では留めてはいけないのです。 

電気の法規違反です。 

ステップルで留めていいのは、このようなVVFケーブルと呼ばれる電線です。



今回、お客様から、電線が熱くなり危険を感じて相談に来ました。 

お話を伺うと、DIY好きな旦那さんが自分で配線したそうです。 

(やっぱりネ) 

旦那さんは申しわけなさそうな顔をしていましたが、危険なところを数か所見つけたので、改修する事にしました。 


このブログをご覧の貴方の家は大丈夫ですか? 

このような配線を見つけたら電気屋さんに相談してくださいね。
コメント

いろいろな人に支えられて商売をしている。

2018年11月03日 18時26分30秒 | お客様との絆
入院、手術をしたので、まだ重労働が出来ない。 

それを告知しているので、多くのお客様が私の体調が復活するのを待ってくれている。

お金と時間を私の為に用意してくれている。

とても仕合せな事だ。 


入院した時も。



SNS上でも150人を超える人がコメントをくれた。 

はじめての入院で不安である私を励ましてくれた。


中には遠隔的に私を喜ばそうと、私の名前が入ったパスタを注文してくれて応援してくれる方まで現れた。






入院まえに勇気づけのハガキをくれた方も。




11月17日に『栄電気バス旅行』があるんだけど、入院していたので募集の声かけが出来ない事をSNSに投稿したら。



これリツートと言って、この投稿を拡散してくれた人が11人もいたのです。 

『栄電気のバス旅行まだいけますよ』という情報を広めてくれたのです。 


暖房器具が揃いだし、充電式のアンカを展示したら、紹介してくれる方が現れ。






それを購入したお客様が早速SNS上で紹介してくれました。 



すると。



あれよあれよと売れはじめ、品不足になりました。

ありがたいです。 

そして、都内に60店舗を有する平安堂の専務さんも、貴重な時間を割いて買い物に来てくれ、それを投稿してくれました。



本部の冷蔵庫を買って頂きました。 ありがとうございます。

ちなみに平安堂さんは、亀戸のアトレ6階にも店舗がありますので、よろしくお願いします。 

年賀はがきの注文もしています。注文はコチラ--->年賀ハガキ



このように、私は、リアルな世界でも、SNSなどネットの世界でも多くの人に支えられて商売が出来てます。  

『売った』『買った』の商売の世界ですが、昔のような安けりゃ売れた時代は終わったと感じてます。 

私は安酒の酒場が好きですが、安いから通っているのではありません。そこに集まる人が私にとって居心地良いから通うのです。 

『人』なんだよね。 


上記であげたように、私は支えられて仕事が出来ています。 

人と人との関係は昨日今日では築けません。 

このままの私で良いのか? よく分かりません、変化はしていくと思います。 

でも、こうして人との絆は保ち続ける事は変わりません。  

これからも皆様と一緒に、楽しくしあわせに暮らせるような活動をしていきたいと思ってます。 

皆さん、よろしくね。

コメント