つれづれ

名古屋市内の画廊・佐橋美術店のブログ

織田広喜 展

2017年05月17日 | 織田廣喜

一つ前の記事、吉田善彦の記事をアップするのが遅くなってしまいました。

ごめんなさい。

本日17日水曜日からギャラリーの飾りつけが変わりました。

織田広喜をお好きなお客様がお遊びにいらしてくださることになりましたので、

佐橋が大変喜んで、織田広喜を全部出して飾りつけました。

日曜日にお客様のお宅で荷出しをさせて頂いたばかりなので

腰を痛めてしまわないかと心配していましたが、

やはり織田が好きなのです。一人でさっさと飾りきってしまいました。

 

そして、できあがりました。

「織田広喜展」

佐橋のコレクションは、全部で12、3点あるということがわかりました

織田作品のお好きなお客様、

60年代を中心に面白い作品をご覧いただけると存じますので、

お近くでしたら是非お立ち寄りくださいませ。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉田善彦  | トップ | 店を一周 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱり織田が好き (Pigeon)
2017-07-13 20:41:29
最近の価格の下落は、織田芸術まで否定されたような気持にもなり、寂しく思っていましたところ、この記事を見つけました。織田ファンは私ひとりじゃなかったんですね! ホッとしました。 写真からは、ギャラリーコレクションの質の高さが垣間見えます。いつか、ギャラリーの方にうかがえる日を楽しみにしています。 南の島の織田ファンより
ありがとうございます (なつみ)
2017-07-13 22:37:10
織田作品の見直しは大切な仕事だと思っています。それぞれの作品のランク付けと言っては語弊があるかもしれませんが、沢山の中から残すべき作品を皆様と選んでゆきたいと願っています。織田ファンは私たちだけでなかった!勇気を頂きました。ありがとうございます。是非一度お遊びにいらしてくださいませ。
Pigeon (織田芸術)
2017-07-30 14:15:58
先日の、某国内大手オークションにおける織田特集では、1940~60年代の良品が軒並み高値で落札され、今後の再評価を予感させましたね。
織田作品は、主張することなく、生活空間に馴染み、そっと寄り添ってくれる優しい絵です。
これからもずっと織田ファンであり続けたいと思います。 南の島の織田ファンより

コメントを投稿