京呉服わき ごふくや日記

着物って楽しい!
呉服屋の女将の独り言?楽しいことや裏話、思うままに・・・

そろそろ更衣、お手入れは夏の間にぜひ!

2019-05-14 18:00:13 | 仕事
肌寒いと思っていたら、やっぱり気温が急に高い日が続いて
着物ももう単衣でいいな・・・と思います。

5月は単衣で・・・という考えも普段に着物をお召しになる方の間では
ずいぶん浸透してきた気がします。


先日、自分の着物を畳んでいて
今シーズン終わったらコレは洗い張りして仕立て直しだな~って。




グレーの無地の紬、店でよく着ます

裾をアップすると




八掛が、すり切れて・・ひどいことになってしまってます。


私の場合、そんなにシミはつけないので、衿と袖口くらいしか汚れは気にならないのですが
ハードに着るので、ほかの着物もこうして裾が擦り切れてしまい
丸洗いするより、ほどいて洗い張りし
八掛の傷んだところをカットして仕立てなおすことの方が多くなります。

という事でこのグレーの着物は、この夏の間にお手入れしましょ





そして、こちらも、同じように裾が擦り切れていた着物で
仕立てなおして先月できてきたものです。

こちらの着物も無地の紬なのですが
裾が擦り切れていたほかに、全体の色が焼けてしまっていました。
そこで
織りの着物は、裏表が同じなので、裏と表をひっくり返して仕立ててもらいました。

洗い張りすると、縫い目の中に入っている綿埃なども取れ
水を通すので全体にすっきりとして、風合いも良くなります。

新品のようになり気持ちいいです


シーズンオフのお着物、それぞれの汚れや状態によって
丸洗い、洗い張り、染替えなど
これから夏のシーズンのうちにお手入れしておくのをお勧めします



ブログランキングに、参加しております
下↓のバナーをクリックをして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村


京呉服わきホームページも、ぜひご覧ください。


京呉服わきのフェイスブックもどうぞよろしく
インスタグラム、始めましたフォローお願いします 
コメント