銀河後悔日誌、つぶやき

2017年10月22日より新発足しました。よろしくおねがいします。

今日の次は昨日の次は一昨日

2010-03-03 23:01:08 | 常用平易な日々
 今日は『相棒』について。

 今回は捜査一課の刑事が、殺人・死体遺棄事件をスピード解決。これは珍しい? と思いきや、やっぱり特命係が絡んでいるわけで。
 サブタイトルは「右京、風邪を引く」だったような気がするが、お話としては、犯人が捕まるまでの事情を描いた、ちょっと珍しい形式であった。

 珍しいと言えば、最初に犯人が捕まり、続いて前日にあった一見関係ないようなやり取りに戻り、さらに前々日のやり取りへ…という展開。そして、結果的には犯人に繋がっていくわけだ。
 時間が遡って、そして進んで行けば既に観た場面に戻る。言わば“一方その頃”というわけで、アニメでは良く見る展開である。それが実写で使われるというのも奇妙であるが、実際に観てみると、やっぱり奇妙である。なぜだろう。

 実写の場合、一見時系列に繋がっているように見えても、実際には別々の時間に撮影されていて、たぶん、同じ場所(たとえば拠点となる部屋の中)でのやり取りは、最初に出て来ようが最後に出て来ようが、一緒に撮影されるのだろう。それを、編集で別の映像とつぎはぎしていくわけだ。

 そういう“編集の妙”を、お話も今日・昨日・一昨日に進めることで、“お話の妙”になっている。普通はのんびりした話になりそうだが、そうでないのがこの作品らしい。

 で、次回で最終回だそうで。もうそんな時期なんだねえ…。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
コメント