銀河後悔日誌、つぶやき

2017年10月22日より新発足しました。よろしくおねがいします。

生徒会長はマーメイド

2024-04-07 16:24:21 | めいたんていコナン…など
 2024年4月6日は第1119話「4人だけの同窓会」が放送された(4月7日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)
 TVer(見逃し配信サイト)

 劇場版の公式サイト


・「4人だけの同窓会」
 放送終了後のあらすじは下記のとおり。

 毛利探偵事務所に、超高級ホストクラブ『サンセット』のオーナー・玉井悟がやって来る。依頼の内容は「周辺で奇妙なことが起きており、身辺調査と警護をしてほしい」というものだった。詳しい話をするため、翌日『サンセット』を訪れたコナンと小五郎は、店の庭に会ったプールで玉井の遺体を発見する。遺体には、後頭部にひらがなの『の』形の打撲痕が有り、右手首・左手首にそれぞれ歯型があった。
 現場に到着した警察は、私立杯戸学園の同窓生で現在も交流がある前田江美、大川洋介、佐々木一馬に事情聴取をすることになる。学生時代に生徒会長をしており、現在は玉井の婚約者である江美。犯行時刻は『通販のマーメイド』の生配信に参加していた。生徒会書記で、現在は本業の医師と『サンセット』の共同経営を行っている大川。犯行時刻には手術をしていた。生徒会会計で、現在は弁護士をしている佐々木。犯行時刻は裁判中だった。
 学生時代に番長で真面目とは言えなかった玉井と、生徒会役員の三人の関係が続いているのは、学生時代に起こったある事件がきっかけなのだという。生徒会で保管していた金が盗まれ三人が困っていたとき、玉井はその罪をかぶると申し出た。玉井が責任をとって退学したことにより事件がうやむやになり、三人は恩を感じていたのだ。
 事情聴取の最中、遺体のあったプールを調べていたコナンは、排水溝に付いたある物を発見する。


 普通の殺人事件ものと思いきや、登場人物の様子がおかしい。ということで、普通の作品を装った(?)浦沢脚本でした。

 そもそも犯人の殺害動機が良く分からない。そして、憧れの生徒会長をエスコートする二人。常人には理解できなかった…。


・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン: 高山みなみ

 毛利小五郎:  小山力也
-------------------
 目暮警部 :  茶 風 林
 高木刑事:   高木 渉
-------------------
 玉井 悟:   谷山紀章
 佐々木一馬:  佐藤せつじ
 大川洋介:   拝 真之介

 前田江美:   富沢美智恵
-------------------


 次回、2024年4月13日は第1120話「失われたお宝ミステリー」を放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 コナンは、園子と一緒に陶芸家・浮島賢造のアトリエを訪ねる。引退してアトリエを引き払う予定だという浮島の言葉通り、作業員が行き来しており、部屋の中の作品はすべて売約済みだった。空気の入れ換えのため浮島が窓を開けると、抱えていたネコが何かに反応。飛び出したネコは近くの台にぶつかり、上に乗っていた大きな壺が落ちそうになってしまう。コナンと園子は、なんとか壺を支えることに成功するが……。

 オリジナル一話完結。

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村

令和六年三月場所→五月場所

2024-03-27 22:23:45 | 大相撲観測日誌
 三月場所が終わり、3月27日は令和六年五月(夏)場所の番附編成会議が行なわれた。

  新十両力士一覧

  引退力士情報

 十枚目昇進者が発表され(待遇・改名は番附発表日より)、阿武剋(阿武松、モンゴル)・塚原改メ栃大海(春日野、埼玉県)・風賢央(押尾川、愛媛県)の新昇進、千代丸(九重、鹿児島県)の再昇進が決まった。

 阿武剋は令和5年11月、最後の幕下15枚目格付出で初土俵。5勝・6勝・5勝と3場所で関取昇進。

 塚原は平成29年11月初土俵。序ノ口・序二段を連覇して30年11月新幕下。令和元年7月上位進出は西7につけ、11月東4は惜しくも1点負け越し。上位を維持したがなかなか関取近くでは勝ち越せず、4年11月東2で3勝、5年3月東筆頭は3勝5敗。9月東筆頭は1勝止まり。しかし11月から3場所連続勝ち越し、今場所西4ノ5勝で関取昇進を決めた。

 風賢央は令和4年3月。ちょうど新設された押尾川部屋の新弟子として初土俵。5年1月新幕下、5月上位進出。7月東6から3場所連続負け越したが、6年1月5勝、今場所西13で全勝して一気に関取昇進を決めた。

 千代丸は平成19年5月木下で初土俵。21年3月新三段目で千代丸に改名。22年11月新幕下、23年11月上位進出。25年9月新十枚目。26年3月新入幕。最高位は30年3月の東前5。十枚目との往復が続いていたが、今場所関取昇進後初めて幕下に陥落。1場所で関取復帰。

 引退力士を見てみる。最高位下3の栃神山、下2の海龍の名前が見える。弓取りの勇輝も陸奥部屋消滅とともに引退。なお、海龍・勇輝・隠岐の富士は世話人転向が決まった。


 番附発表は4月30日(火)の予定。定例日より1日遅い“繰り下げ発表”である。

  銀河大角力協会

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

令和六年三月場所・千秋楽

2024-03-24 19:46:57 | 大相撲観測日誌
 令和六年三月場所(於大阪市浪速区難波中 エディオンアリーナ大阪)は千秋楽。

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会

 裏方さんのページ

 「年寄名跡異動の記録」

  ツイッター(@momijibasi)

 決定した優勝者など。

・序ノ口
 13日目に優勝決定。

◎7勝
 千代大牙(西3、初。各段も初)
 平成30年3月初土俵。令和3年9月新幕下、最高位は4年5月の下27。5年5月7番相撲から休場して今場所序ノ口に陥落して復帰。


・序二段
 以下2名で優勝決定戦。
☆7勝
 龍王(東6)・栃丸(東47)

 栃丸が回転の速い突きで龍王を翻弄、最後叩き込んで優勝決定。

◎7勝
 栃丸(東47、初。各段は平成28年1月の幕下以来2回目)
 平成23年5月長谷山で初土俵。25年1月新幕下で栃丸に改名、27年9月上位進出。令和4年5月新十枚目、3場所で陥落。5年9月から3場所全休して今場所序二段に陥落していた。


・三段目
 13日目に優勝決定。

◎7勝
 長村(西3、初。各段も初)
 令和5年1月初土俵。6年1月新幕下は3勝止まり、今場所三段目に陥落した。来場所は一気に関取が狙える位置につける。


・幕下
 優勝は13日目に決定。

 濱ノ海(三6)を送り出し、付出の松井5勝目。
 鳴滝を押し出し、矢後5勝目。
 若碇を下し、木竜皇5勝目。
 大翔丸を寄り切り、琴手計5勝目。

◎7勝
 風賢央(西13、初。各段は令和4年5月の序ノ口以来2回目)
 令和4年3月初土俵。5年1月新幕下、5月上位進出。幕下一ケタは1回だけだが、全勝して一気に関取昇進しそう。


・十枚目(十両)
 3敗1名・4敗2名で迎えた。4敗勢が勝ち、3敗水戸龍が敗れた場合は決定戦。

 千代栄(西14)勝ち越して残留、生田目(下5)初の大銀杏は黒星で4勝3敗。
 北磻磨を突き落とし、天照鵬八番相撲で3勝目。
 天空海を叩き込み、塚原(下4)5勝目で関取は? 天空海(東13)9敗で陥落の星。
 獅司勝ち越し、若隆景は9勝止まり。
 攻める武将山を朝紅龍が突き落とし…に物言い。朝紅龍が先に出たとの判定で差し違い、武将山9勝目。
 對馬洋を破り、欧勝馬11勝目。對馬洋負け越し。
 大翔鵬を叩き込み、友風9勝目。大翔鵬は5敗で脱落。
 碧山を押し出し、水戸龍12勝で優勝決定。碧山負け越し。
 五分同士。紫雷を寄り切って宝富士(西筆頭)勝ち越し。紫雷負け越し。
 五分同士。白熊を寄り切り、時疾風(東筆頭)勝ち越して新入幕か。白熊は初の負け越し。

◎12勝3敗
 水戸龍(西2、令和3年7月以来2回目。各段も2回目)
 平成29年5月幕下15枚目格付出で初土俵。30年1月新十枚目も十枚目暮らしが続き、令和4年9月やっと新入幕。陥落して1場所で再入幕も3場所で陥落。来場所1年ぶりに幕内復帰か。


・幕内(まくのうち)
 2敗で尊富士、3敗で大の里。優勝の可能性があるのは、平幕のこの二人だけ。2敗の尊富士は昨日負傷したようだが出場。敗れて3敗大の里が勝てば優勝決定戦。また、敢闘賞・技能賞はこの二人で確定、どちらかが「優勝すれば」殊勲賞受賞も決まった。

 竜電を寄り切り、一山本7勝目。
 遠藤を押し出し、御嶽海9勝目。粘りがない遠藤(前16)は5勝10敗。
 錦富士を押し出し、正代勝ち越し。
 五分同士。出る狼雅を網打ちで下し、琴勝峰勝ち越し。狼雅は負け越したが残留。
 大奄美を寄り切り、髙安11勝目。大奄美(前16)負け越したが残留か。
 妙義龍を押し出し、玉鷲7勝目。
 寄って行く尊富士に豪ノ山残したが、再度出て押し倒し。先場所新十枚目を1場所で通過して幕尻に滑り込んだ尊富士、新入幕で天皇賜盃を受ける。さらに三賞全賞も受賞。
 宇良を押し倒し、王鵬7勝目。
 熱海富士を押し出し、阿炎9勝目で関脇復帰か。
 朝乃山を寄り切り、若元春9勝目。

 これより三役。揃い踏みに平戸海と大の里が初登場。

 大栄翔を引き落とし、平戸海9勝目。大栄翔(東関脇)は9敗で平幕へ。

 出る大の里を体ごと下手投げ、豊昇龍11勝目。入幕2場所目の大の里は連続11勝、尊富士がいなければ優勝だったかも…。
 大関同士。土俵際投げの打ち合いは琴ノ若に団扇も物言い。霧島が残っていて差し違いで5勝目。陸奥部屋最後の相撲を白星で飾った。新大関琴ノ若は10勝で来場所は西大関か。

◎13勝2敗
 尊富士(東前17、初)
 幕尻の優勝は令和2年7月照ノ富士以来。新入幕の優勝は大正3年6月両國以来(昭和2年1月大阪から加入の宮城山は、東京時代の最高位は三段目で実質新入幕)。

・殊勲賞
 尊富士(前17、初)

・敢闘賞
 大の里(前5、2場所連続2回目)
 尊富士(前17、初)

・技能賞
 大の里(前5、初。三賞は計3個)
 尊富士(前17、初。三賞は計3個)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

事件を訪ねる

2024-03-24 15:32:26 | めいたんていコナン…など
 2024年3月23日は第1118話「女子会ミステリー2」が放送された(3月24日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)
 TVer(見逃し配信サイト)

 劇場版の公式サイト


・「女子会ミステリー2」
 放送終了後のあらすじは下記のとおり。

 秘境の温泉にやって来たコナン、元太、光彦、阿笠博士。温泉が混浴だったこともあり、灰原と歩美はワカサギ釣りをするため近くの巨大リゾート施設・スフツリゾートを訪れる。そこにはスノーボードをしにきた蘭と園子、スノーモービルをしにきた佐藤刑事がいた。アクティビティを楽しんだ後、一緒に食事をとっていた五人は、困った様子の従業員たちを目撃する。
 支配人の北田脩とスタッフの山口聡子が言うには、ここ数日施設内で奇妙なことが起こっているらしい。四日前に出現した巨大な雪だるまから始まり、次の日から謎の看板、巨大なかまくらと続き、今日は植木を真っ白に塗りつぶされていたのだという。防犯カメラには深夜に黒装束の人間が作業をする姿が遠目に映るだけで、誰かは特定できない。北田と山口は、二年前に発生したダイヤのイヤリングが盗難された事件に関係があるのではないかと言い出す。密室のはずの客室から煙のようになくなり、ホテルやリゾート内を隅々まで捜索したが結局見つからなかったということだった。ここ数日ほど頻発していたわけではないが、この事件を境に座敷童が目撃されたり壁に穴が開いていたりといった不可解なことが起こっていたのだ。五人はイタズラが行われた場所の調査と、従業員への聞き込みを始める。


 偶然揃った女子たちでの女子会ミステリー(?)。コナンたちは蚊帳の外で事件を解決。

 展開が強引だが、これで良いんだろうか…。


・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン: 高山みなみ
-------------------
 毛利 蘭:   山崎和佳奈
 鈴木園子:   松井菜桜子
 吉田歩美:   岩居由希子
 灰原 哀:   林原めぐみ
 佐藤刑事 :  湯屋敦子
-------------------
 阿笠博士:   緒方賢一

 小嶋元太:   高木 渉
 円谷光彦:   大谷育江
-------------------
 北田 脩:   園部啓一

 山口聡子:   小澤亜李
 係 員 :   星野佑典

 女子会ということで、探偵団の表示も男女別々になってる。


 次回、2024年3月30日は第983~984話「キッドVS高明 狙われた唇」(2020年10月3日・10日放送の前後編を1時間枠で放送)を放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 コナンは、東京にやってきた平次、和葉とともに世界最大級のコンクパール「妖精の唇(フェアリーリップ)」が展示されている博物館“鈴木ミュージアム”にやってくる。怪盗キッドがこの宝石を狙っているらしい。鈴木次郎吉からキッドへの挑戦状には「その宝石は全方向から涼やかに見ていただける準備をしています」と書かれており……。
 今回の1時間SPでは、平次・和葉の恋模様を振り返るダイジェスト映像、劇場版最新作『100万ドルの五稜星(みちしるべ)』に繋がる新規映像にも注目。


 劇場版の関連話数を1時間枠で。

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村

令和六年三月場所・十四日目

2024-03-23 19:29:33 | 大相撲観測日誌
 令和六年三月場所(於大阪市浪速区難波中 エディオンアリーナ大阪)は十四日目。

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会

 裏方さんのページ

 「年寄名跡異動の記録」

  ツイッター(@momijibasi)

 決定した優勝者や上位者など。

・序ノ口
 13日目に優勝決定。

◎7勝
 千代大牙(西3)


・序二段
 千秋楽に決定戦。

☆7勝
 龍王(東6)・栃丸(東47)


・三段目
 13日目に優勝決定。

◎7勝
 長村(西3)


・幕下
 優勝は13日目に決定。

 城間勝ち越し、将豊竜負け越し。
 聖富士を下し、徳之武藏勝ち越し。聖富士は負け越し。
 荒篤山勝ち越し、北勝丸負け越し。

◎7勝
 風賢央(西13)


・十枚目(十両)
 千代栄を寄り切り、嘉陽(下3)勝ち越し。千代栄は五分で千秋楽。
 千代丸(下筆頭)勝ち越して関取復帰か。天空海(東13)負け越し。
 北磻磨を押し出し、志摩ノ海(東9)5勝目で残留。
 對馬洋五分、白鷹山(東6)は3勝11敗でピンチ。
 紫雷を下し、千代翔馬勝ち越し。
 武将山勝ち越し、英乃海負け越し。
 欧勝海を破り、白熊五分。欧勝海負け越し。
 朝紅龍を送り出し、欧勝馬10勝目。
 友風を叩き込み、若隆景9勝目。
 伯桜鵬を寄り切り、水戸龍11勝で5敗勢の優勝がなくなった。
 宝富士を寄り切り、大翔鵬10勝目。宝富士は健闘したが五分で千秋楽。

☆3敗
 水戸龍(西2)
☆4敗
 欧勝馬(西4)・大翔鵬(西7)

 3名ともそれぞれ別の相手と当たる。4敗勢が先に取り、4敗勢が勝って水戸龍敗れれば決定戦。


・幕内(まくのうち)
 妙義龍6勝目、時疾風(十筆頭)は五分で千秋楽非常に大事。
 佐田の海が一気に出たが、遠藤叩き込みに団扇で物言いなし。足が残っていたようで遠藤5勝目。
 正代の攻めを凌いで小手投げ逆転、湘南乃海9勝目。
 竜電を突き落とし、御嶽海勝ち越し。竜電負け越し。
 琴勝峰五分、美ノ海負け越し。
 狼雅を押し出し、髙安10勝目。
 若い北の若を苦労して押し出し、玉鷲6勝目。
 錦富士を送り出し、豪ノ山10勝目。
 翠富士を押し出し、阿武咲勝ち越し。
 金峰山を送り投げ、翔猿勝ち越し。金峰山は負け越し。
 一山本を叩き込み、明生5勝目、一山本は負け越し。
 出る平戸海を宇良が逆転…に物言い。最後の投げで髷摑みの反則となり、平戸海勝ち越し。宇良はまさかの負け越し。
 勝てば新入幕優勝という大記録の尊富士だが、朝乃山がうまく取って寄り切り9勝目。尊富士は車椅子で引き揚げ、優勝どころか休場の危機。
 阿炎を叩き込み、大の里11勝で尊富士の優勝を阻止。

 大関同士。貴景勝休場、霧島が4勝目。
 熱海富士を寄り切り、若元春勝ち越し。
 豊昇龍の投げで琴ノ若が一気に出て寄り倒し、新大関10勝目。豊昇龍4敗でまさかの脱落。

☆2敗
 尊富士(東前17)M1
☆3敗
 大の里(西前5)

 尊富士は明日の割りに入っている。不戦敗で大の里と並び、大の里勝てば決定戦も不戦で優勝。大の里が敗れれば不在の尊富士優勝となりそう。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

令和六年三月場所・十三日目

2024-03-22 23:14:00 | 大相撲観測日誌
 令和六年三月場所(於大阪市浪速区難波中 エディオンアリーナ大阪)は十三日目。

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会

 裏方さんのページ

 「年寄名跡異動の記録」

  ツイッター(@momijibasi)

 各段優勝決定日なので、決定した優勝者や上位者など。

・序ノ口
 6連勝1名・5勝1敗3名で迎えた。

 1敗同士。出羽大海を叩き込み、貴正道6勝目。
 全勝の千代大牙は序二段星違いの清の山を寄り倒し、7戦全勝で優勝決定。

◎7勝
 千代大牙(西3)


・序二段
 6連勝3名で迎えた。

 全勝同士。多良浪を送り出し、栃丸7戦全勝。
 もう1名の全勝龍王は三段目全勝の肥後ノ丸を送り出し、7戦全勝で決定戦へ。

☆7勝
 龍王(東6)・栃丸(東47)


・三段目
 6連勝3名で迎えた。

 まず肥後ノ丸は序二段全勝の龍王に敗れて脱落。
 残る2名は直接対決。安青錦を突き出し、長村7戦全勝で優勝。

◎7勝
 長村(西3)


・幕下
 6連勝1名・5勝1敗12名で迎えた。

 1敗の土佐緑は栃登(三11)を押し出して6勝目。
 1敗同士。阿蘇ノ山を送り出し、旭大星6勝目。
 1敗同士。二本栁を押し出し、若隆元6勝目。
 1敗同士。良安を寄り切り、𠮷井6勝目。
 1敗同士。日翔志を押し倒し、朝白龍6勝目。
 1敗同士。春山を突き出し、大青山6勝目。
 そして全勝の風賢央は1敗の阿武剋を下して7戦全勝、優勝決定。関取当確か。

◎7勝
 風賢央(西13)


・十枚目(十両)
 玉正鳳を押し倒し、伯桜鵬勝ち越し。玉正鳳は負け越し。
 白鷹山を送り出し、北磻磨4勝目。
 終始攻勢の若隆景だが、土俵際に落とし穴。欧勝馬がすくい投げ逆転9勝目。
 碧山6勝目、輝あっさり負け越し。
 朝紅龍を叩き込み、友風勝ち越し。
 獅司を巻き落とし、水戸龍10勝目。
 大翔鵬の投げを残して、時疾風最後はすくい投げ逆転7勝目。

☆3敗
 水戸龍(西2)
☆4敗
 欧勝馬(西4)・大翔鵬(西7)・朝紅龍(東8)
☆5敗
 友風(西3)・若隆景(西10)・伯桜鵬(西13)


・幕内(まくのうち)
 大奄美7勝目、初の中入り後白熊(十5)は負け越し王手。
 湘南乃海を寄り切り、錦富士勝ち越し。
 琴勝峰6勝目、妙義龍負け越し。
 遠藤4勝目、玉鷲負け越し。
 翠富士を叩き込み、髙安9勝目。
 平戸海を寄り切り、熱海富士(東前2)勝ち越し。
 阿炎を突き落とし、朝乃山(西筆頭)勝ち越し。
 若元春をまっすぐ寄り切り、尊富士12勝目で4敗以下の優勝がなくなった。これで新入幕最低でも優勝決定戦。
 大栄翔を叩き込み、大の里どっしり10勝目。長らく関脇を守って来た大栄翔負け越し。

 大関同士。琴ノ若に組まれたが先輩の意地、貴景勝勝ち越し。琴ノ若4敗で優勝が消えた。
 3敗同士。豪ノ山を下し、豊昇龍10勝目で優勝に望み。
 霧島を寄り切り、金峰山6勝目。

☆1敗
 尊富士(東前17)M1
☆2敗
 なし
☆3敗
 豊昇龍(西大関首席)・大の里(西前5)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

令和六年三月場所・十二日目

2024-03-21 22:57:08 | 大相撲観測日誌
 令和六年三月場所(於大阪市浪速区難波中 エディオンアリーナ大阪)は十二日目。

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会

 裏方さんのページ

 「年寄名跡異動の記録」

  ツイッター(@momijibasi)

 明日は各段優勝決定日なので、上位者なども記す。

・序ノ口
☆6勝
 千代大牙(西3)
☆5勝1敗
 貴正道(東6)・伊波(東8)・出羽大海(西13)


・序二段
☆6勝
 龍王(東6)・栃丸(東47)・多良浪(西61)


・三段目
☆6勝
 長村(西3)・安青錦(東18)・肥後ノ丸(西64)


・幕下
 豊翔(三4)を送り出し、松井勝ち越し。
 琴大龍を叩き込み、旭大星5勝目。
 一翔を押し出し、二本栁5勝目。
 朝興貴を寄り切り、良安5勝目。
 丹治を寄り倒し、日翔志5勝目。
 東俊隆休場、夢道鵬2勝目。
 琴裕将休場、宮城五分。2番続けて不戦。
 千代の海をおしたぢ、藤青雲勝ち越し。
 徳之武藏を破り、若碇勝ち越し。
 木竜皇を破り、大青山5勝目。

☆6勝
 風賢央(西13)
☆5勝1敗
 阿武剋(西2)・大青山(東13)・春山(西17)・日翔志(東21)・𠮷井(西22)・朝白龍(東27)・良安(東39)・若隆元(東43)・阿蘇ノ山(東44)・二本栁(西51)・旭大星(西55)・土佐緑(西60)


・十枚目(十両)
 對馬洋を突き落とし、伯桜鵬7勝目。
 若隆景を破り、朝紅龍9勝目。若隆景足が出ず4敗。
 大翔鵬を寄り切り、欧勝馬勝ち越し。大翔鵬3敗で2敗が消えた。
 千代翔馬を押し出し、友風7勝目。
 白鷹山3勝目、東白龍負け越し。
 水戸龍9勝目、志摩ノ海負け越し。

☆3敗
 水戸龍(西2)・大翔鵬(西7)・朝紅龍(東8)
☆4敗
 欧勝馬(西4)・若隆景(西10)
☆5敗
 友風(西3)・獅司(西8)・紫雷(東10)・伯桜鵬(西13)


・幕内(まくのうち)
 美ノ海を押し出し、武将山(十5)五分。
 出る大奄美に佐田の海突き落とし…に物言い。大奄美の落ちるのは早かったが、佐田の海も土俵の外。取り直しは大奄美を寄り倒し、佐田の海7勝目。
 竜電を寄り切り、正代五分。
 琴勝峰を叩き込み、遠藤3勝目。
 御嶽海を寄り切り、阿武咲7勝目。
 翔猿を叩き込み、湘南乃海勝ち越し。
 王鵬を押し出し、平戸海7勝目。王鵬負け越し。
 明生の攻めを宇良が俵に足を掛けて何度も残し、ここが勝機と一気に送り倒し。宇良五分、明生負け越し。
 何度も残す隆の勝を苦労して寄り切り、朝乃山7勝目。隆の勝負け越し。
 髙安を押し出し、阿炎勝ち越し。髙安4敗目。
 出る錦木を片足で残して熱海富士7勝目。
 大栄翔を叩き込み、豪ノ山9勝目でまだ優勝圏内。大栄翔7敗で大ピンチ。

 若元春7勝目、貴景勝全く残せず5敗目。
 一気に出る尊富士を小手投げ一閃、豊昇龍が新入幕を下して9勝目。尊富士ついに土、通算9敗目。
 長くなった後、霧島を寄り切り翠富士7勝目。霧島のこれず9敗目。
 大の里を下し、琴ノ若連敗せず9勝目。大の里は悔しい3敗目でまた2差。

☆1敗
 尊富士(東前17)M2
☆2敗
 なし
☆3敗
 豊昇龍(西大関首席)・琴ノ若(西大関次席)・大の里(西前5)・豪ノ山(西前6)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

令和六年三月場所・十一日目

2024-03-20 19:33:28 | 大相撲観測日誌
 令和六年三月場所(於大阪市浪速区難波中 エディオンアリーナ大阪)は十一日目。

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会

 裏方さんのページ

 「年寄名跡異動の記録」

  ツイッター(@momijibasi)

・幕下
 麒麟龍を下し、阿蘇ノ山5勝目。
 長村(三3)6連勝、若隆元に土。
 竜勢を破り、𠮷井5勝目。
 琴挙龍五分、羽出山負け越し。
 5連勝同士。朝白龍を寄り切り、風賢央6連勝。全勝は一人だけ。
 琴太豪休場、千代ノ皇初日。
 琴手計を寄り切り、阿武剋5勝目で関取前進。
 勇磨を寄り切り、聖富士五分。
 千代丸を突き出し、生田目勝ち越し。

☆6勝
 風賢央(西13)
☆5勝1敗
 阿武剋(西2)・春山(西17)・𠮷井(西22)・朝白龍(東27)・若隆元(東43)・阿蘇ノ山(東44)・土佐緑(西60)


・十枚目(十両)
 玉正鳳が突き落としを見せるが、すでに足が土俵を割っている。天空海押し出し白星先行。
 朝紅龍を押し出し、伯桜鵬白星先行。朝紅龍3連敗。
 千代栄を押し出し、大翔鵬9勝目。
 北磻磨を引き落とし、千代翔馬白星先行。北磻磨残念負け越し。
 ガバッと引いた碧山をそのまま押し出し、再出場の白熊6勝目。
 若隆景を押し倒し、水戸龍勝ち越し。若隆景3敗で2敗は大翔鵬のみ。
 宝富士を破り、獅司白星先行。
 英乃海を寄り切り、時疾風白星先行。

☆2敗
 大翔鵬(西7)
☆3敗
 水戸龍(西2)・朝紅龍(東8)・若隆景(西10)
☆4敗
 欧勝馬(西4)


・幕内(まくのうち)
 欧勝馬を押し出し、錦富士白星先行。欧勝馬(十4)は4敗に後退。
 美ノ海を叩き込み、一山本白星先行も反省。
 遠藤を突き落とし、北勝富士3勝目。遠藤は前16で9敗となり、陥落の星。
 佐田の海を下し、髙安勝ち越し。
 竜電を寄り切り、玉鷲5勝目。
 御嶽海をまっすぐ突き出し、豪ノ山勝ち越し。
 正代を肩透かし、翠富士白星先行。
 明生を寄り倒し、昨日1日だけの休場で復帰の翔猿白星先行。
 王鵬を寄り切り、朝乃山白星先行。
 残す宇良を最後吊り出し、熱海富士白星先行。
 湘南乃海を押し出し、阿炎7勝目。

 粘る大栄翔を突き落とし、豊昇龍勝ち越し。
 霧島を寄り切り、若元春白星先行。霧島は全く残れず負け越し。
 琴ノ若を寄り切り、新入幕で大関挑戦の尊富士動ぜず11連勝。琴ノ若3敗で「琴ノ若」での優勝に黄信号。
 貴景勝に引かせて押し出し、大の里9勝目。新鋭の壁になるはずだった貴景勝4敗。

☆全勝
 尊富士(東前17)M3
☆1敗
 なし
☆2敗
 大の里(西前5)
☆3敗
 豊昇龍(西大関首席)・琴ノ若(西大関次席)・豪ノ山(西前6)・髙安(西前8)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

令和六年三月場所・十日目

2024-03-19 22:52:48 | 大相撲観測日誌
 令和六年三月場所(於大阪市浪速区難波中 エディオンアリーナ大阪)は十日目。

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会

 裏方さんのページ

 「年寄名跡異動の記録」

  ツイッター(@momijibasi)

・幕下
 海真を叩き込み、松井白星先行。
 隆勝生を押し出し、旭大星勝ち越し。
 魁勝を寄り切り、𠮷井勝ち越し。
 徳之武藏を寄り切り、琴手計勝ち越し。

☆5勝
 風賢央(西13)・朝白龍(東27)・若隆元(東43)


・十枚目(十両)
 琴恵光を送り出し、塚原(下4)勝ち越し。琴恵光(東12)は1勝9敗で陥落の星。
 若隆景を破り、大翔鵬勝ち越し。若隆景2敗。
 伯桜鵬を寄り倒し、欧勝馬7勝目。
 朝紅龍の攻めを凌いで小手投げ、水戸龍7勝目。朝紅龍連敗で1敗が消えた。
 白鷹山の攻めを残して逆に後ろについて送り出し、宝富士五分。

☆2敗
 大翔鵬(西7)・朝紅龍(東8)・若隆景(西10)
☆3敗
 水戸龍(西2)・欧勝馬(西4)
☆4敗
 紫雷(東10)・千代栄(西14)


・幕内(まくのうち)
 輝(十4)を叩き込み、北の若2勝目。
 錦富士を突き出し、一山本五分。
 妙義龍五分、北勝富士負け越し。
 湘南乃海を突き落とし、髙安7勝目。湘南乃海も7勝3敗。
 遠藤が良い形も攻めきれず、金峰山3勝目。遠藤は負け越して残留ピンチ。
 美ノ海を極め倒し、日本国籍取得の玉鷲は4勝目。
 琴勝峰を肩透かし、翠富士五分。
 全勝と1敗、平幕同士の注目の一戦。引いた大の里を一気に出て押し出し、尊富士10連勝。大の里2敗で新入幕と2差になった。
 翔猿が「本日休場」で豪ノ山7勝目。兄英乃海と同じ場所で「や」のない休場という椿事。
 出る隆の勝を熱海富士が叩き込み…に物言い。熱海富士が残っていて五分。
 出る朝乃山に凌ぐ明生。一進一退の攻防は最後明生を上手投げ、朝乃山苦労して五分。
 変わった阿炎をすくい投げ、御嶽海7勝目。
 錦木の足を取って押し出し、宇良五分。

 霧島を倒し、平戸海五分。師匠最後の解説の前で霧島7敗目。
 横綱の孫対決。王鵬を寄り切り、琴ノ若勝ち越して今場所こそ優勝か。
 出る貴景勝を土俵際突き落とし、大栄翔五分。貴景勝は痛い3敗。
 若元春を下し、豊昇龍7勝目。

☆全勝
 尊富士(東前17)M4
☆1敗
 なし
☆2敗
 琴ノ若(西大関次席)・大の里(西前5)
☆3敗
 豊昇龍(西大関首席)・貴景勝(東大関次席)・豪ノ山(西前6)・髙安(西前8)・御嶽海(西前10)・湘南乃海(東前12)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

令和六年三月場所・九日目

2024-03-18 23:13:25 | 大相撲観測日誌
 令和六年三月場所(於大阪市浪速区難波中 エディオンアリーナ大阪)は九日目。

 もと幕内照強が引退。平成22年3月初土俵、29年1月新十枚目、31年3月新入幕。令和元年7月、12勝3敗の大活躍で敢闘賞。三賞はこの1回のみ。最高位は2年9月の前3。4年11月15戦全敗で翌5年1月十枚目陥落も5勝止まりで3月は幕下へ。関取復帰はできず、今場所は初日から休場していた。平成7年1月17日、淡路島生まれが話題となった。

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会

 裏方さんのページ

 「年寄名跡異動の記録」

  ツイッター(@momijibasi)

・幕下
 長村(三3)5連勝、二本栁に土。
 朝興貴を押し出し、若隆元5連勝。
 朝乃若を寄り切り、日翔志勝ち越し。
 矢後を寄り切り、朝白龍5連勝。
 宮城を押し出し、藤青雲白星先行。
 木竜虎を叩き込み、風賢央5連勝。
 生田目を寄り切り、阿武剋勝ち越し。
 勇磨2勝目、北大地負け越し。

☆5勝
 風賢央(西13)・朝白龍(東27)・若隆元(東43)


・十枚目(十両)
 嘉陽を寄り切り、對馬洋白星先行。嘉陽(下3)は3勝2敗。
 伯桜鵬を叩き込み、碧山3勝目。
 欧勝海4勝目、琴恵光(東12)負け越し。
 天空海を送り出し、若隆景勝ち越し。
 朝紅龍を寄り切り、輝3勝目。朝紅龍に土。
 2敗同士。水戸龍を寄り切り、大翔鵬7勝目。
 千代翔馬について行く宝富士、最後は千代翔馬が突き落として4勝目。
 白鷹山を寄り切り、時疾風白星先行。白鷹山負け越し。

☆1敗
 朝紅龍(東8)・若隆景(西10)
☆2敗
 大翔鵬(西7)
☆3敗
 水戸龍(西2)・欧勝馬(西4)・千代栄(西14)


・幕内(まくのうち)
 友風を押し出し、妙義龍4勝目。友風(十3)久々幕内は黒星先行。
 遠藤を寄り切り、竜電白星先行。遠藤(前16)は2勝7敗で後がなくなった。
 佐田の海を突き落とし、美ノ海白星先行。佐田の海3敗。
 御嶽海を寄り切り、狼雅白星先行。
 琴勝峰4勝目、北の若負け越し。
 錦富士を押し出し、髙安6勝目。
 阿武咲を押し出し、湘南乃海7勝目。
 金峰山を寄り切り、北勝富士2勝目。
 正代を押し出し、豪ノ山6勝目。
 土俵際投げの打ち合いで朝乃山をすくい投げ、宇良4勝目。朝乃山惜しくも黒星先行。
 小結阿炎をさっと押し出し、優勝経験者の三役を倒して新入幕尊富士9連勝。阿炎は3敗。
 関脇若元春を寄り切り、大の里攻め切って勝ち越し。先場所は歯が立たなかった三役を倒して明日は尊富士戦。

 大栄翔を押し出し、琴ノ若圧勝7勝。大栄翔は再び黒星先行。
 翔猿を押し出し、貴景勝堂々7勝。
 豊昇龍を肩透かし一閃、翠富士4勝目。2敗の大関陣は豊昇龍が3敗に後退。
 錦木を寄り切り、霧島3勝目。再小結錦木は早くも負け越し。

☆全勝
 尊富士(東前17)
☆1敗
 大の里(西前5)
☆2敗
 貴景勝(東大関次席)・琴ノ若(西大関次席)・湘南乃海(東前12)
☆3敗
 豊昇龍(西大関首席)・阿炎(東小結)・豪ノ山(西前6)・髙安(西前8)・御嶽海(西前10)・佐田の海(西前11)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

令和六年三月場所・中日

2024-03-17 19:20:27 | 大相撲観測日誌
 令和六年三月場所(於大阪市浪速区難波中 エディオンアリーナ大阪)は中日。今年のドラゴンズはどうかな。

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会

 裏方さんのページ

 「年寄名跡異動の記録」

  ツイッター(@momijibasi)

・幕下
 海乃島3勝目、松井(付出)は五分。
 魁郷を押し出し、旭大星3勝目。
 須崎を寄り倒し、若隆元勝ち越し。
 北天海を寄り倒し、夢道鵬初日。
 若碇を寄り倒し、風賢央勝ち越し。
 北勝丸を破り、聖富士五分。
 荒篤山を押し出し、琴手計3勝目。

☆4勝
 木竜皇(西8)・風賢央(西13)・矢後(東20)・朝白龍(東27)・朝興貴(東40)・若隆元(東43)・二本栁(西51)


・十枚目(十両)
 紫雷を下し、伯桜鵬5勝目。
 若隆景を一瞬の突き落とし、千代栄5勝目。若隆景勝ち越しお預け。
 白熊休場、朝紅龍ストレート勝ち越し。
 長い相撲で宝富士を押し出し、欧勝馬5勝目。宝富士は五分。

☆全勝
 朝紅龍(東8)
☆1敗
 若隆景(西10)
☆2敗
 水戸龍(西2)・大翔鵬(西7)
☆3敗
 欧勝馬(西4)・獅司(西8)・紫雷(東10)・天空海(東13)・伯桜鵬(西13)・千代栄(西14)


・幕内(まくのうち)
 狼雅を破り、水戸龍(十2)6勝目。
 もと三役の竜電を押し出し、新入幕尊富士がストレート勝ち越して史上初の中日単独首位。
 遠藤を叩き込み、一山本五分。
 正代を寄り切り、大奄美五分。
 髙安が豪ノ山を一気に押し出すが、豪ノ山が俵で残っていたようで団扇。かかとが出ていなかったようで、髙安が早いとの判定。ごもに5勝3敗。
 翠富士を押し出し、今日から復帰の金峰山2勝目。
 玉鷲を押し出し、大の里7勝目。
 宇良を押し出し、阿炎6勝目。
 錦木を寄り切り、朝乃山五分。
 熱海富士を引き落とし、大栄翔五分。

 王鵬を押し出し、貴景勝6勝目。
 隆の勝に攻めさせ、豊昇龍が余裕で押し出し6勝目。
 霧島を寄り切り、翔猿5勝目。霧島は2勝6敗。
 若元春を押し出し、琴ノ若6勝目。

☆全勝
 尊富士(東前17)
☆1敗
 大の里(西前5)
☆2敗
 豊昇龍(西大関首席)・貴景勝(東大関次席)・琴ノ若(西大関次席)・阿炎(東小結)・御嶽海(西前10)・佐田の海(西前11)・湘南乃海(東前12)
☆3敗
 若元春(西関脇)・翔猿(東前4)・豪ノ山(西前6)・阿武咲(東前8)・髙安(西前8)・錦富士(東前14)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

道場に同情

2024-03-17 16:58:15 | めいたんていコナン…など
 2024年3月16日は第1117話「空手の先生、毛利蘭」が放送された(3月17日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)
 TVer(見逃し配信サイト)

 劇場版の公式サイト


・「空手の先生、毛利蘭」
 放送終了後のあらすじは下記のとおり。

 コナンと蘭は、一階に空手道場の入っている百原ビルを訪れる。ここで空手教室の師範である郷田涼太が怪我をしたため、臨時の先生として蘭に白羽の矢が立ったのだ。付き添いで来ていたコナンがその様子を眺めていると、郷田が途中で教室を抜け出していくのが目に入る。その後をついていくと、郷田は二階のビル管理事務所前で男性と揉めていた。
 しばらくして、ビル内が停電。郷田の「古いビルなのでたまにある」という言葉通り、生徒たちも特に気にしていない様子だ。郷田がブレーカーを上げに行き、すぐに電気は点いた。教室は順調に進んでいくが、終わりが近づいた所で二階から叫び声が聞こえる。コナンと郷田が駆け付けると、そこには後頭部を殴られ息絶えている男性の姿があった。
 被害者の男性はビルのオーナである百原倫之。事務所にあった金庫の扉が開いており、物取りの可能性があった。百原の遺体を発見して叫び声をあげたのは並杉通。百原の高校からの友人であり、このビルを一緒に管理しているビジネスパートナーだ。並杉が頼まれていた仕事を終わらせて戻ってくると、そこにはすでに百原の遺体があったのだという。大雑把な性格の百原は壊れた防犯カメラの修理をしておらず、集まっていた保護者達も自分の子供を見ていたため怪しい人物を目撃していなかった。また、遺体のあったデスクの背後は壁で、後頭部を凶器のドライバーで殴るには広さが足りない。そのため入り口付近で殺害された後に、何らかの理由で遺体が移動したことになる。そんな中、凶器からある人物の指紋が出てくる。


 いかにも怪しげなやり取りで、すわ真犯人! という簡単なお話ではない。

 と言っても一話完結なので、ではもう一人が真犯人という展開。そりゃそうだ。

 空手教室は結局存続できたようでやれやれ。


・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン: 高山みなみ

 毛利 蘭:   山崎和佳奈
-------------------
 阿笠博士:   緒方賢一

 目暮警部 :  茶 風 林
 高木刑事 :  高木 渉
 千葉刑事 :  千葉一伸
-------------------
 郷田涼太:   竹本英史
 百原倫之:   竹田海渡

 並杉 通:   福島 潤
-------------------
 鑑 識 :   吉岡琳吾
 生 徒 :   松田颯水
 生 徒 :   皆森水希
 生 徒 :   今泉りおな
 生 徒 :   乾 夏寧
 生 徒 :   倉西希奈


 次回、2024年3月23日は第1118話「女子会ミステリー2」を放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 秘境の温泉にやって来たコナン、元太、光彦、阿笠博士。混浴だったこともあり、灰原と歩美はワカサギ釣りをするため近くの巨大リゾート施設・スフツリゾートを訪れる。そこにはスノーボードをしにきた蘭と園子、スノーモービルをしにきた佐藤刑事がいた。アクティビティを楽しんだ後、一緒に食事をとっていた五人は、困った様子の従業員たちを目撃。話を聞くと、ここ数日施設内で奇妙なことが起こっているらしい。

 ミステリー作品ににありがちな温泉回…というかなんと言うか。

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村

令和六年三月場所・七日目

2024-03-16 19:36:06 | 大相撲観測日誌
 令和六年三月場所(於大阪市浪速区難波中 エディオンアリーナ大阪)は七日目。

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会

 裏方さんのページ

 「年寄名跡異動の記録」

  ツイッター(@momijibasi)

・幕下
 琴大龍を送り出し、二本栁勝ち越し。
 将豊竜を突き落とし、朝興貴勝ち越し。
 東誠竜を破り、朝白龍勝ち越し。
 魁勝を寄り切り、矢後勝ち越し。
 嘉陽を寄り切り、木竜皇勝ち越し。
 勇磨初日、琴太豪負け越し。
 千代丸を寄り切り、阿武剋3勝目。

☆4勝
 木竜皇(西8)・矢後(東20)・朝白龍(東27)・朝興貴(東40)・二本栁(西51)


・十枚目(十両)
 琴恵光を一気に押し出し、伯桜鵬白星先行の4勝目。
 千代栄白星先行、碧山は2勝5敗で関取危うし。
 紫雷を突き落とし、北磻磨3勝目。紫雷は2敗。
 天空海を突き落とし、朝紅龍7連勝。
 英乃海を寄り切り、若隆景ガッチリ7連勝。
 武将山を押し出し、宝富士白星先行。


・幕内(まくのうち)
 遠藤を叩き込み、東白龍(十2)2勝目。
 湘南乃海を寄り切り、新入幕尊富士7連勝。
 北の若を寄り切り、正代白星先行。
 逆転を見せる琴勝峰を寄り倒し、佐田の海に団扇も物言い。琴勝峰の落ちるのがわずかに早く団扇どおり。佐田の海5勝目。
 一山本を押し倒し、髙安5勝目。
 出る大の里をヒラリとすくい投げ、阿武咲5勝目。大の里悔しい1敗。
 豪ノ山を下し、平戸海白星先行。
 出る熱海富士を土俵際叩き込み、王鵬3勝目。
 宇良を押し出し、若元春5勝目。
 大栄翔を押し出し、朝乃山も早く落ちたが大栄翔が出るのが早かったか。朝乃山3勝目、大栄翔黒星先行。

 阿炎を押し倒し、豊昇龍5勝目。
 引いた霧島を押し出し、隆の勝3勝目。苦手に敗れて霧島は2勝5敗。

 照ノ富士休場、翔猿白星先行。

 明生を片手で小手投げ、琴ノ若5勝目。
 錦木を突き落とし、貴景勝5勝目。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

令和六年三月場所・六日目

2024-03-15 23:44:43 | 大相撲観測日誌
 令和六年三月場所(於大阪市浪速区難波中 エディオンアリーナ大阪)は六日目。

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会

 裏方さんのページ

 「年寄名跡異動の記録」

  ツイッター(@momijibasi)

・幕下
 隠岐の浜を下し、旭大星白星先行。
 漣を下し、若隆元3連勝。
 竜勢を押し出し、将豊竜3連勝。
 宮城を押し出し、若碇3連勝。
 生田目を寄り切り、木竜皇3連勝。


・十枚目(十両)
 琴恵光を押し出し、北磻磨2勝目。
 對馬洋の足が流れてつきひざ、紫雷5勝目。對馬洋脱臼か?
 伯桜鵬を下し、若隆景6連勝。伯桜鵬はなんと3連敗。
 有利な体勢志摩ノ海と、何度も残す欧勝海。廻し待ったのあと、志摩ノ海がさっと出て初日。
 白鷹山を送り出し、朝紅龍6連勝。
 欧勝馬を叩き込み、東白龍初日。
 友風を押し出し、時疾風4勝目。


・幕内(まくのうち)
 宝富士(十筆頭)を突き落とし、大奄美2勝目。
 竜電を一気に寄り切り、妙義龍五分。
 美ノ海を一気に寄り切り、尊富士6連勝。
 遠藤を極め出し、湘南乃海5勝目。吹っ飛ばされた遠藤は2勝4敗。
 北勝富士を組んでからやっと上手投げ、一山本五分。
 もと大関同士。長い相撲は引いた髙安を押し出し、御嶽海4勝目。
 琴勝峰を押し出し、玉鷲2勝目。
 明生を押し出し、大の里6連勝。
 出る朝乃山を土俵際上手投げ、熱海富士4勝目。
 廻り込む宇良の足が出て、大栄翔3連勝で五分。
 錦木を寄り倒し、若元春4勝目。

 王鵬が転がって、霧島引き落としの2勝目。
 阿炎の突っ張りにびくともしない琴ノ若、突き落とし4勝目。阿炎に土で入幕2場所目と新入幕が首位並走。
 平戸海を押し出し、貴景勝4勝目。
 豊昇龍を寄り切り、翔猿五分。豊昇龍2敗。

 照ノ富士を寄り切り、隆の勝金星2勝目。照ノ富士は全く残れず3連敗で4敗。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

令和六年三月場所・五日目

2024-03-14 22:59:48 | 大相撲観測日誌
 令和六年三月場所(於大阪市浪速区難波中 エディオンアリーナ大阪)は五日目。

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会

 裏方さんのページ

 「年寄名跡異動の記録」

  ツイッター(@momijibasi)

・幕下
 隅ノ竜を突き落とし、荒馬初日。
 鳴滝を押し出し、𠮷井白星先行。
 大和湖を叩き込み、矢後3連勝。
 琴太豪を押し出し、聖富士初日。
 千代丸を押し出し、嘉陽3連勝。


・十枚目(十両)
 伯桜鵬を掛け投げで下し、天空海白星先行。伯桜鵬は連敗。
 北磻磨も頑張ったが、欧勝海が寄り切り白星先行。
 碧山を寄り切り、若隆景5連勝。
 琴恵光を吊り出し、紫雷4勝目。
 志摩ノ海を送り出し、玉正鳳初日。
 英乃海を押し出し、朝紅龍5連勝。
 土俵際宝富士が輝を突き落としたが、輝に団扇。宝富士の足が早く団扇どおり、輝2勝目。


・幕内(まくのうち)
 時疾風(十筆頭)を押し出し、新入幕尊富士5連勝。
 北の若を極め出し、大奄美初日。
 遠藤を押し出し、錦富士白星先行。
 もと大関同士。正代を寄り切り、御嶽海白星先行。
 琴勝峰を押し倒し、引かない一山本2勝目。
 阿武咲を下し、髙安4勝目。
 玉鷲を押し出し、北勝富士初日。
 剣翔休場、豪ノ山白星先行。

 金峰山休場で大の里5連勝。審判交代を挟んで、2番連続不戦の椿事。
 出る錦木を片足で残して突き落とし、阿炎5連勝。
 関脇同士。若元春を引き落とし、大栄翔2勝目。

 琴ノ若を肩透かし、宇良白星先行。琴ノ若早くも2敗目。
 貴景勝を押し出し、熱海富士白星先行。貴景勝2敗、9勝6敗ペース。
 出る朝乃山を上手投げ、豊昇龍4勝目。
 明生を叩き込み、霧島やっと初日。

 照ノ富士を寄り切り、終始攻めた王鵬初挑戦で金星獲得。照ノ富士黒星先行でここまでか。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村