銀河後悔日誌、つぶやき

2017年10月22日より新発足しました。よろしくおねがいします。

まあまあの春

2010-03-18 18:23:16 | 大相撲観測日誌
 平成二十二年三月(春)場所(於・大阪市浪速区難波中 大阪府立体育会館)は五日目。

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会


・幕下
 栃矢鋪(東60)が3連勝。「とちやしき」とは“土地屋敷”と同音だが、関取になって持ちたいもの?
 もと十枚目増健の柳川(西44)は青海龍(東46)を寄り切って3連勝。
 宇映(西11)を送り引き落とし、隆の山(東10)3連勝。勝ち進んで行けば…?
 もと幕内寶智山(東3)が3連勝。松谷(東筆頭)は土が付いたが、まだ白星先行。


・十枚目(十両)
 大道が白星先行。
 益荒海は若天狼に敗れ、ともに3勝2敗。
 普天王に敗れ、霧の若(東12)5連敗。
 境澤を渡し込んで、土佐ノ海(西3)が3勝目。幕内復帰は近い?


・幕内
 中入り後は初めての臥牙丸だが、玉乃島に及ばず。
 武州山を破り、時天空が5連勝。
 何とか残そうとする高見盛だが、健闘空しく猛虎浪に寄り切られる。
 新入幕同士、隠岐の海を元気に押し出して磋牙司が4勝目。
 黒海に叩き込まれ、朝赤龍に土。

 応援団の声援空しく、豪栄道は豊真将に完敗。
 どんどん出て行く琴奨菊、豊ノ島を押し倒して5連勝。豊ノ島は3連勝のあと連敗。
 若の里のいなしに一瞬泳いだが、立て直すと若の里の方が崩れた。把瑠都も5連勝。

 鶴竜を叩き込み、琴光喜3勝目。
 安美錦が巧く攻めたが、魁皇が残して逆に叩き込み。まだ魁皇は若い…こともないが、まだ持ちそう。
 阿覧を引き付けてサッと寄り切り。琴欧洲4勝目。
 良く見て旭天鵬を押し出し、落ち着いている日馬富士5連勝。

 稀勢の里は今日も何も出来ず。白鵬が叩き込んで5連勝。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
コメント   トラックバック (3)