銀河後悔日誌、つぶやき

2017年10月22日より新発足しました。よろしくおねがいします。

切りがないのでこの辺で

2012-04-11 00:05:20 | 声優さんを中心に
 青野武さんが亡くなったという。
 名前に聴き覚えがなくても、声(役名)を聞けば聴いたことがある…と感じる方もいるはず。印象深いものを挙げてみる。

・『宇宙戦艦ヤマト』真田志郎
・『ビックリマン』スーパーデビル
・『美味しんぼ』快楽亭ブラック(実在の人物と同名だが関係ない)
・『キテレツ大百科』熊田熊八(ブタゴリラの父)
・『ドラゴンボール』ピッコロ大魔王、神様
・『DRAGON QUEST ダイの大冒険』ハドラー
・『天地無用!』柾木勝仁、柾木信幸(天地の祖父・父)

 『ちびまる子ちゃん[第2期]』の友蔵じいさんを富山敬さんから引き継いでいるが、脳梗塞のため療養。2010年に島田敏さんに引き継いだのが、結果的に最後となった。
 このほか、1回しか出て来なかったが、『涼宮ハルヒの憂鬱[第1期]』で、長門や朝倉が住むマンションの管理人も、妙に記憶に残っている。


 折しも『ヤマト2199』が話題を呼んでいる中での訃報。合掌。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

潔くカッコ良くなくても良いから生き続けて欲しかった

2011-06-10 20:09:02 | 声優さんを中心に
 ちょっと昔のお話。
 川上とも子さんのラジオ「川上とも子のうさぎのみみたぶ」が500回を迎えるという。なので、直前から番組を聴き始めた。500回記念でOP・EDが新しくなり、CDが出た。
 毎週更新の番組が500回ということは、もう10年近くやっていることになる。当然、さらに長く続くだろうと思いきや、510回目(2008年8月19日更新)を以って休止になった。何でも急に手術が必要になったとのこと。手術の話はすでに報道されていて、ちょうど放送日に手術が行われたようである。この放送回では、シンガーソングライターの河井英里さんの訃報について触れていたのが、今となっては非常に懐かしい。


 ラジオの番組ページでは毎回コメントが書かれていて、510回目のとも蔵さん(川上さんはこう呼ばれていた)のコメントは次のとおり。

うっさ~♪とも蔵です。
うさみみが来週からちょっとお休みです。
ストックのない番組はつらいのだ…(ToT)
詳しくは番組きいてね!!そして応援してくれ!!
よろぴく(*^o^*)v



 この番組は放送日直前に収録し、翌日か翌々日には放送されている。なので、急遽入院する直前に収録され、それが結果的に最後の放送になった。

 番組ではメルマガを配信していたが、手術直後のとも蔵さんはこんなコメントを遺している。

 8月19日(火)の手術は朝一番で行われ、
無事に終わりました(^v^)v
とも蔵は寝てただけなのでピンときてませんが、
だいぶ頑張れたみたいです。
応援やお祈りしてくれたみなさん、
ありがとうございました。
今はまだ痛い~痛い~(T^T)の毎日ですが、
日に日に体から管やモニターが取れていくので、ちゃんと
回復してるみたいです(^o^)v

 どこをとっても初めての経験なので、好奇心まんまんに、
真面目に、一生懸命に、みんなの言うことをよく聞きながら、
病人ライフを楽しんじゃおうと思います!!!



 その後退院して自宅療養を続けていたようであるが、声優活動は休止。長く続いていた『ケロロ軍曹』はさらに放送回数を伸ばしていたが、2008年10月放送分からは桑島法子さんが代役となり、この3月を以って放送は終了したが、ついにとも蔵さんは戻って来なかった。
 こうしてどんどん自分の声が消えていく中で、近況を知る唯一の術だったメルマガも、2ヵ月後の2008年10月20日配信分で休止となった。長くなるが、引用する。

 うっさ~♪とも蔵こと川上とも子でございます。お元気ですか?

 暑くもなく寒くもなく、冷暖房のいらない季節はホント気持ちいいですよね。
夏の暑~い時期にちょうど病院に入院してたので、今年のゲリラ豪雨は
知らず、とも蔵の中では天気の良い「夏」の次は、さわやかな「秋」って
感じです。

 療養中とはいえ、仕事以外の日常生活は普通にあって、
治療の為に時々入院しながら、診察の為に通院もしながら、
日々をたんたんと過ごしてます。
気分のいい日、悪い日、のんびり気分の日、イライラする日、
いろんな毎日があって、病気って不思議だなぁ~って思います。
そしてとうとう、ON AIR中のアニメでとも蔵がやってる役が、
代役の方の声・芝居になってきました…。
複雑な気分ですが、よく知っている役者の方々が
代役をやって下さってて、とってもありがたいし、ものすごく感謝してます。
人がやってた役を代わりにやることは、大変だしやりにくいことも
たくさんあると思うのに、「とも蔵、早く元気になってね!!」と
快く演じてくれて、ホント友だちって素晴らしいです(T^T)
役だけじゃなく、とも蔵の気持ちまでサポートしてくれて…
いろんな人に支えられて、とも蔵はホント幸せ者です。

 辛い日、悲しい日ももちろんあるけど、
自分が幸せだって事を忘れずに頑張ろうと思います。
メルマガもしばらくお休みしようと思います。
毎週書いてるうちに、うっかり辛いこと、悲しいことを
書いてしまうかもしれないから…。
仕事をお休みしてるのに、のん気に(?_?) メルマガ書いてるのも
気が引けるし…。楽しいことがあっても、それを書いてうきうきしてたら
「休んでるくせに何遊んでるんだ!」って思う人もいるだろうし…。

 ウソを書くのも、あたりさわりないことを書くのもいやなので、
お休みしちゃいますね(^^;) 勝手にごめんなさいm(__)m

 いろんな考えの人がいて、いろいろ言われるのは慣れてるけど、
自分以外の人が悪く思われたり言われるのはとても淋しいので、
すみませんが ひとつ。

あ、でもその間にメルマガの登録解除しないで下さいネ(汗)
元気になったらまたすぐ配信します!!


 と、いうわけで しばらく さっう~♪(^o^;)/~~

                            とも蔵より



 活動休止直前には、カートのレースにも参戦して元気な姿を見せて(聴かせて)いたとも蔵さんに、いったい何が起こったのか。まもなく3年が経とうとしていたが、所属のぷろだくしょんバオバブより、次のようなコメントが発表された。

弊社所属俳優、川上とも子儀 平成23年6月9日(木)16時45分、かねてより病気療養中のところ、誠に残念ながら薬石効なく急逝いたしました。

生前中は皆様に多大な応援を頂き心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。
(株)ぷろだくしょんバオバブ



 大変歯切れの悪い話になるが、いつかはこういう日が来ると思っていなかったわけでもないが、たまに思い出しては、そういえばどうしているのだろう…という想いはあった。そして、結果が判明したというか、なんと言うか。


 男の子役の印象が強いが、女性役も魅力的なものが多かった。
 結局は月並みになってしまうが、ご冥福をお祈りします。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント   トラックバック (2)

こちらの方が

2011-03-10 17:47:06 | 声優さんを中心に
 アーツビジョンの発表によると、徳丸完氏が3月6日に亡くなったという。

 徳丸氏と言えば、観たことはないけど『銀河列風バクシンガー』OPのナレーションが印象深い。『パーマン[1983年版]』ではミツ夫のパパを演じていたが、後年の劇場版には出ていなかったかと思う。

 最近は『忍たま乱太郎』で安藤夏之丞という役で声が聴けたが、さて、今後はどうなるのか。


 それより、後進を育てる講師という面にも注目したい。近年がどうかは知らないが、現在活躍されている声優を指導した方、ということで名前を聞いたことがある。


 御冥福をお祈りします。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

アニメより

2010-10-30 19:49:10 | 声優さんを中心に
 つい数時間前になるが、野沢那智さんが亡くなったという。

 昨日の首藤剛志さん急死の報も残念であったが、野沢那智さんの死去というのは、残念というより「声優」(もちろん職業として)ファンにとっては、「痛い」としか言いようがない。


 那智さんと言えば、アニメというよりも外画(海外作品の吹き替え全般。「洋画」という言い方もあるが、これだと韓国ドラマなどが入らない)の吹き替えが印象深い。いわゆる“本人が喋っているような”自然な吹き替え。この技術が素晴らしい。

 吹き替え作品は今後も何度も放送されるだろうが、今後新しい作品で聴けないというのは寂しい。


 72歳だったとのこと。ご冥福をお祈りいたします。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント (2)

知らなくても知っている

2010-01-18 19:02:47 | 声優さんを中心に
 余人を以って代え難いという人がいる…というのは、数日前に書いた。

 非常に個性的な声というか、物真似は出来るが真似は出来ないというか。そんなお声の持ち主だった…というのも、数日前に書いた。

 綺麗な声、というわけではない。野太い声である。ただし、力強かった。

 たとえば、大きな男のイメージ。『ドラゴンボール』で言えば、牛魔王やミスターサタン。『機動戦士ガンダム』では、ドズル・ザビ。玄田哲章さんも演じていたが、郷里さんの方がイメージに近い。そうそう、バスク・オムなんてキャラもいた。

 そんな郷里大輔さんが、ナゾの死を遂げたという。

 まずは、お疲れ様でしたと言いたい。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント (2)

知らない人でも知っている

2010-01-15 18:20:50 | 声優さんを中心に
 余人を以って代え難いという人がいる。

 非常に個性的な声というか、物真似は出来るが真似は出来ないというか。そんなお声の持ち主だった。
 主役である鬼太郎の声は変われど、そのおやじの声は不変。実写になっても、また然り。

 その代え難い声の持ち主である田の中勇さんが、13日に亡くなったという。非常に残念である。

 ご冥福をお祈りします。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント (2)

夢の金メダル

2009-06-09 23:57:22 | 声優さんを中心に
 歌手で声優の水樹奈々さんの、記念すべき「7」枚目のアルバム「ULTIMETE DIAMOND」が、6月3日に発売された。今週のオリコンでは、アルバムランキング第1位だったという。

 「声優としては初」という見出しで、ネットのニュースになっている。売り上げのランキングと言うのは、他の作品との兼ね合いもあるので、「1位」と言っても、強力な作品が他になかった…ということなのだろう。

 当初は5月20日の発売予定だったが、4月末に作詞家の不祥事で1曲加除されたので、2週間延びた。これが幸いしたのだろうか。一時は発売日が未定となって心配したが、まあ、良かったのだろう。

 声優がCDを出し、それがオリコンの上位に来る例は珍しくもない。奈々さんの場合も同様で、シングルで2位だったこともある。しかし、「声優として」と必ず頭に来るように、他の職業声優と同様、発売第1週が最高位で、2週目はあっという間に馬群に沈む。今回のアルバムは、来週はヒト桁順位かも知れないが、再来週はどこに載っているか、探さなければ気付かない程度になるのではないか。

 良くも悪くも、アニメは一般にも浸透し、声優さんの露出も増えた。しかし、まだまだ一般の方々にとっては、“声優ソング”として、アニメファン以外は馴染みづらい物かも知れない。


 オリコンの順位だけが全てではないが、これを機に、声優さんでも専業歌手に負けない歌を唄っているんだ…ということが知られるようになれば…と思う。

 何にせよ、おめでとうございますってことだ。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

戸谷公次さんを悼む

2006-08-13 00:24:48 | 声優さんを中心に
 一昨日鈴置洋孝さんのことを書いたばかりであるが、残念なお知らせが続いてしまった。

 時系列としては半年前になるが、公表されていなかったと言うことで、わたしが知ったのは鈴置さんの後である。


 『Dr.スランプ アラレちゃん』空豆クリキントン、『魔神英雄伝ワタル』シリーズのドンゴロ、『機動戦士ガンダム』ウラガン、『機動戦士Zガンダム』カクリコン・カクーラーガディ・キンゼー、『機動戦士ガンダムZZ』ゴットン・ゴーオウギュスト・ギダン、『キン肉マン』アナウンサー五分刈刑事、超人も何人か演じられていた。


 あまりにも数多くのキャラクターを演じられており、パッと思いつくのはこれくらいだが、『ZZ』のゴットンや『キン肉マン』のアナウンサーの印象が強い。亡くなったはせさん治さん演じるアデランス中野さんとの掛け合いは面白かったですねぇ~(『キン肉マン』)。キャラ・スーンとの漫才(?)も、今となっては懐かしい(『ZZ』)。


 数々の作品で、存在感のあるサブキャラを担当された戸谷公次さん。2月6日急性心不全で惜しくも亡くなられた。57歳ということで、鈴置さんとほぼ同年齢である。
 鈴置さん急逝のショックも醒めやらぬうちに、また訃報を聞くことになろうとは…。

 謹んでご冥福をお祈り致します。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント (7)   トラックバック (2)

ブライト艦長よ、永遠に

2006-08-11 00:50:23 | 声優さんを中心に
 声優の鈴置洋孝さんが亡くなった。

 あまりに突然の悲報に言葉も出ないが、とりあえず何か書いておく。


 鈴置さんと言えば、『機動戦士ガンダム』のブライト・ノアホワイトベース艦長が代表作と言えよう。“ブライト艦長”は続編の『機動戦士Zガンダム』や『機動戦士ガンダムZZ』、劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』にも登場。アムロやシャアと抑え、一連のシリーズに総出演である。

 『キャプテン翼[1983年版]』では日向小次郎役。「キャプ翼」はその後の何度かアニメされたが、出演者は違う。わたしは最初のシリーズ以外は観ていないので、現在連載中の原作続編を読んでも、日向の声は鈴置さんが喋ってくれる。

 『DRAGON BALL』シリーズでは天津飯を担当。最初は敵キャラで、あとで仲間になると言うありがちなパターン(笑)。悟空があまりにも強くなり、いつの間にか登場しなかったのは残念。

 ブライト艦長以外でもっとも印象に残っているのは、『らんま1/2』シリーズの九能帯刀[くのう・たてわき]だろう。はっきり言って変人であるが、でも憎めない(?)妙なキャラ。ブライト艦長と同じ人が演じているとは思えなかったような気がする。


 昨年から今年にかけて相次いで公開された、劇場版『機動戦士ガンダム』シリーズでも、やはりブライト艦長役で出演されていた。
 2006年8月6日、肺がんのため亡くなられた。56歳だった。ご冥福をお祈りします。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント (18)   トラックバック (26)

武邑伝

2006-08-06 19:47:35 | 声優さんを中心に
 毎日35~6℃の地域にお住いの方にとっては30・31℃と言っても涼しいくらいでしょうが、なかなか30℃を超えない地域に住んでいるほうとしましては、まあ本当に暑いとしか言いようがないわけでありまして。

 岩見沢神社の入口近く(市役所の前)に温度計がございます。15:02ごろ通りかかったときの値は「31.3℃」。測候所より若干低めの温度ですが、30℃を超えているのはひじょうに珍しいのであります。
 ちなみに、実際の最高気温は32.8℃ということで、結構暑い部類に入ります。これまでの最高気温は34.7℃(1981年と1994年)、まだまだ上があるもんですな。


 それはともかく、出かけた帰りに友人T(女子)に会った。徒歩でトホホなわたしと違って、Tはバイクである。バイクに乗ってる女性は格好良いが、普段着だと萌えないねえ(笑)。メガネっ娘だけど、わたしにはメガネ属性がないし…。

 さて、バイクに乗ってる声優さんといえば、緒方恵美さんあたりを思い浮かべるが、最近だとゴトゥーザ様こと後藤邑子さんである。

 先週の木曜日(8月3日)、ニッポン放送の「ミュ~コミ」という番組に出演していた。普段は聴いていないのだが、たまたま出演情報を掴み、無事に聴くことができた。
 人に歴史あり、というか、声優になるまでの経緯が凄い。後藤さんのことは、例によって『涼宮ハルヒの憂鬱』朝比奈みくる役で知ったわけだが(他の出演作は全く観ていない!)、いやはや面白いことを聴いてしまった気がする。

 作品系の番組も良いが、やはりパーソナリティー個人が中心の番組の方が、その人に親しみが持てるなあ…と思った次第。今週木曜日は茅原実里さんが出演されると言う。さて?

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

自惚れに注意する

2006-01-31 23:30:42 | 声優さんを中心に
 惚れられる人間になろう。


 ずっと家にいるのに、風邪を引いた。まったくしょうがない。

 何もやる気が起きないので、ネットラジオを聴いていた。


 その中で、「小島幸子と小林ゆうの日本橋天女放送局」は初めて聴いた。

 『落語天女おゆい』というアニメ作品関連の番組だが、北海道では放送されていない。
 だから、純粋にラジオ番組として聴いてみる。

 小林ゆうさんは、『魔法先生ネギま!』桜咲刹那や『スクールランブル』ララ・ゴンザレスでおなじみだが、真っ直ぐな性格の方だ。


 これほど真っ直ぐな方は珍しい。


 わたしもひねくれてないで、もっと真っ直ぐに歩かねば!


人気blogランキングへ

コメント

新たなる扉

2005-10-27 23:59:00 | 声優さんを中心に
 水樹奈々さんの新曲「ETERNAL BLAZE」(購入の経緯は先述のとおり)が、10月31日付けオリコンランキングで2位となった。声優さん個人としては過去最高位だという。
※11月7日付けでは16位


 歌を出している声優さんは数多いが、歌手活動が主でたまに声優もやるように、あまり“声優さん”という感覚はないのに対し、奈々さんの場合は声優活動が主で、歌手活動も行なっている。


 本作はアニメの主題歌であるが、全国でネットされているわけではないから、純粋に新曲として購入した方も多いだろう(わたしもその1人)。


 某「幸せの材料」騒動のように、意図的に順位を上げようという工作ではなく、“生きた”銀メダルに敬意を表したい。


 来年早々には日本武道館での誕生日ライヴや、作詞だけでなく初めて作曲も手がけた新曲の発売が予定されている。


 今後のさらなる活躍に期待したい。
コメント (8)   トラックバック (11)

名曲を求めて

2005-10-22 23:57:51 | 声優さんを中心に
 日本シリーズ第1戦は、千葉ロッテが阪神に史上初の濃霧コールド勝ち。混迷の世の中を象徴しているよう?!



 それはともかく、外出すると、雪虫が目の中に入ってしまった。無事に出て来たから良いものの、一歩間違えば大変なことになる。この虫が飛び始めると初雪も近いというが…。



 それもともかく、本題。
 外出の目的はバスの回数券と雑誌を買うためだったが、ついでに、売っていれば水樹奈々さんの新曲CDを購入しようと目論んだ。

 その新曲「ETERNAL BLAZE」(KICM-1148)は、『魔法少女リリカルなのはA's』のOPだが、前作も含めて北海道では放送されていない。
 だから、純粋に曲として買おうと思ったわけだが、それは『極上生徒会』のCMで流れたPVがきっかけ、と言える。聴いているラジオでも何度か流れており、<覚えたい!>と言うか、<歌ってみたい!>と考え、奈々さんのシングルを久しぶりに買おうと思ったのである。


 水樹奈々という名前を知ったのは、「林原めぐみのTokyo Boogie Night」にゲスト出演された時だった。その前に『シャーマンキング』に玉村たまお役で出演されていたが、まったく知らない声だったので印象になかった。
 この番組のゲストは、CDリリースなどを控えている場合が多く、彼女の場合はアルバム(初めてらしい)を出す、ということだった。

 翌年、『七人のナナ』で主人公を演じられるわけだが、それでも<この作品は背景がきれいだなあ…>くらいで、しかも、観るきっかけは「くまいもとこさんが女の子役をやるの!?」というような有様であった。

 しかし、「POWER GATE」という曲を聴いた時、衝撃を受けた。発売当時は、仕事で悩んでいた時期でもあり、早速購入して、連日よく聴いた。“シングルは買わずにアルバムを待とう”というヘンなモットーが崩れた。

 そして、ファンクラブにも入り、すっかり虜になってしまった。去年はライヴというものにも行ったし。

 とは言え、最近のシングルは他のCD(某魔法先生もの)を購入しているおかげですっかりご無沙汰であり、今回2年ぶりの購入と相成った。


 これまでのシングル・アルバムは以下のとおり(☆が購入したもの)

シングル
・想い           2000年12月6日 ゲーム「まみむめ☆もがちょ」主題歌
・Heaven knows      2001年4月25日 アニメ「RUN=DIM」ED
・The place of happiness 2001年8月29日 ゲーム「ジェネレーションオブカオス」主題歌
・LOVE&HISTORY      2002年5月1日 ゲーム「GENERATION OF CHAOS NEXT」主題歌
☆POWER GATE       2002年5月1日 テレビ「M-VOICE」ED
・suddenly ~巡り合えて~ 2002年9月25日
☆New Sensation      2003年4月23日 CM「カンコー学生服」
☆still in the groove   2003年7月16日 ゲーム「ビストロ・きゅーぴっと2」主題歌
・パノラマ -Panorama-  2004年4月7日 ゲーム「ロスト・アヤ・ソフィア」OP
・innocent starter    2004年10月6日 アニメ「魔法少女リリカルなのは」OP
・WILD EYES       2005年5月18日 アニメ「バジリスク ~甲賀忍法帖~」OP
☆ETERNAL BLAZE   2005年10月19日 アニメ「魔法少女リリカルなのはA's」OP
・(未定)          2006年1月18日

アルバム
☆supersonic girl    2001年12月5日
☆MAGIC ATTRACTION   2002年11月6日
☆DREAM SKIPPER     2003年11月27日
☆ALIVE&KICKING     2004年12月8日


 ところで、いざ最後まで聴いてみると、歌うのは難しそう…。早く覚えようっと。
コメント (14)   トラックバック (4)

川澄綾子さん

2005-10-09 22:09:43 | 声優さんを中心に
 アニメ「雪の女王」の20話「カイへの手紙」。今日はいわゆる総集編。10月2週目とは中途半端だが、急に1週“飛んだ”影響か。

 毎回観ていることもあり、名場面とともに出演者も思い出された。また、久々に“ジャイアンさん”の声も聴けたのは嬉しい。


 某“種の運命”は、総集編ばかりだった気がする。やっぱり総集編より、1話、いや1パートでもエピローグというか、他のキャラの姿を観たかったと思う。
 総集編ばかりというと、「覇王大系リューナイト」を思い出してしまったりして…。



 さて、「雪の女王」と言えば、ゲルダ役の川澄綾子さんである。

 川澄さんと言えば、「星方武侠 アウトロースター」のメルフィナ役がデビューで、いきなりヒロイン役だった。観た時は全然知らない人であったが、それも当然と言えよう。
 残念ながら「星界~」も“まほろさん”も観ていないので、その他の主だった役どころといえば、「ラーゼフォン」の紫東恵、「RAVE」のエリー役。これらは同時期に放映されていて、どこかで聴いたような声だなあ…と思ったら、川澄さんだったというトボケた想い出もある。


 小さな頃からピアノを習っていたと言うこともあり、CMなどで気に入った曲を聴くと、すぐにピアノで弾けてしまうと言う。どうやら絶対音感を持っているようだ。

 「極上生徒会」では飛田小百合役で出演されていて、後期ED「恋する奇跡」も遊撃部の一人として歌っている。それは良しとして、色々キャラソンや主題歌も歌っているが、でも歌は……!?。

 音楽と言うのは難しいものだ。


 ラジオ「まるなび!」でも毎週声が聴ける。本当は能登さん目当てだったんだけど、まあそれは言うまい。名(?)コンビぶりはさすがと言うほかない。


 こちらではなかなか主演作が観られないのが残念だが、これからも名女優として活躍を望む。



 どうでもいいけど、「雪の女王」のナギ(吟遊詩人)。弾き語りのようでいて、実は訥々と語っているだけでは? あの伴奏は雰囲気作り??
コメント