銀河後悔日誌、つぶやき

2017年10月22日より新発足しました。よろしくおねがいします。

パートナー

2019-05-12 16:25:49 | めいたんていコナン…など
 2019年5月11日の『名探偵コナン』は、第940話「姿を消した恋人」が放送された(5月12日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


・「姿を消した恋人」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。

 成瀬純は恋人の水沼果帆が数日前に突然姿を消してしまったと小五郎に捜索を依頼する。小五郎、コナン、蘭は果帆のアパートを訪ね、アパートの大家から話を聞く。果帆が引っ越してきたのは3ヵ月前。靴棚には果帆のスニーカーが並んでいた。部屋のカーテンは閉められていて、コナンは窓の桟の一部に溜まった埃に目を留める。そして、コナンは部屋に飾られた果帆の写真数枚を見て、何か違和感を抱く。

 この後、警察から連絡があり、コナンたちは果帆の手掛かりが発見された現場に向かう。現場の橋の上では目暮警部たちが捜査をしていた。橋の上には果帆のスニーカー、写真入りマイナンバーカードが置かれ、小五郎は自殺したと推理する。小五郎は濁流の川を見て、遺体を見つけるのは難しいと考える。新聞配達の大学生、潮哲也は午前5時15分頃、橋から飛び降りる長い髪の女性を見たと証言。潮はその時の様子をスマホで撮影していた。動画を見たコナンは女性の胸元で何かが光っている事に気付く。

 果帆がこの現場までタクシーに乗ってきた事が判明。タクシー運転手の大原マキは深夜2時半に乗せ、3時頃にこの現場に降ろしたと証言する。防犯カメラにもタクシーに乗る果帆の姿は映っていた。高木刑事は果帆の自宅の住所を見て、3ヵ月前の事故現場に近い事に気付く。3ヵ月前、公園の階段の下で転落死した女子大生の遺体が発見されたのだ。腕にタトゥーの入った男と一緒にいたという目撃情報もあったが、警察は酒に酔って転落した事故と処理していた。

 コナンは皆を送ってほしいとマキに頼み、蘭、潮、成瀬と共にマキのタクシーに乗り込む。移動中、コナンは手掛かりを探すため、果帆が飛び降りた動画を何度も確認する。この後、コナンはバックミラーに掲げられているお守りのような若い女性の写真に気付く。マキは病気で他界した1人娘だと打ち明ける。途中、コナンたちがコンビニに立ち寄ると、棚には「目撃情報求む!」というビラが平積みされていた。それは転落死した女子大生と一緒にいた、腕にタトゥーがある茶色い長髪の痩せた男のイラストだった。コンビニの店長は遺族に頼まれてビラを置いているとコナンに教える。

 マキはコンビニでコンタクトレンズの洗浄液と2人分の弁当を購入。金髪の潮は新しいバイトの面接に備え、黒髪染めを買う。それを見たコナンはハッとなり、忘れ物をしたと理由をつけ現場に引き返してもらう。コナンは橋の欄干付近を調べている時、小五郎、高木の不注意から川に落下。この時、コナンは橋の方を見上げ、果帆の胸元で何が光ったかを見破る。マキは川へ飛び込んでコナンを救助。マキは国体に出場したほど水泳が得意だった。マキは濡れた免許証を干し、コナンはその免許証を見て何かに気付く。この後、コナンは潮と成瀬を見て、謎に包まれた事件のカラクリを見破って…。


 マイナンバーカードを置いて飛び降り自殺。そんなことがあるのか…と思ったら、やっぱりそういうことではなかった。

 目撃者を監視していた殺人犯、いなくなったので「恋人」を探して欲しいと小五郎へ依頼。そもそも探偵に依頼して自分の犯罪がバレないと思ったのが間違い。しかし、コナンがいなければ小五郎に依頼すれば大丈夫。コナンがいたのがいけない。

 ともかく、無事で何よりでした。


・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン:高山みなみ

 毛利 蘭:  山崎和佳奈
 毛利小五郎: 小山力也
------------------
 目暮警部 : 茶 風 林
 高木刑事 : 高木 渉
------------------
 潮 哲也:  宮下栄治
 大家さん : 井上祐子
 店 長 :  藤井 隼
------------------
 水沼果帆:  高橋美佳子
 大原マキ:  中 友子

 成瀬 純:  梯 篤司


 次回は2019年5月18日、第219話「集められた名探偵 (前編)」(デジタルリマスター、初回放送は2001年1月8日の「集められた名探偵! 工藤新一vs怪盗キッド」)が放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 小五郎は神が見捨てし仔の幻影と名乗る差出人から晩餐会に招待され、コナン、蘭と山奥にある黄昏の館を訪れる。晩餐会には小五郎の他に名探偵の降代、茂木、大上、郁美、白馬も招待されていた。姿を見せない館の主は、館に眠る財宝を捜し当ててほしいと名探偵6人に依頼。探偵たちは手紙の名前から館の主は怪盗キッドだと推理する。そして、この館は謎の死を遂げた大富豪、烏丸蓮耶の別荘だったと判明した後、最初の事件が起きて…。

 もともと1回の放送を分けたんだ。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

掘り出しもの

2019-05-05 17:49:38 | めいたんていコナン…など
 2019年5月4日の『名探偵コナン』は、第939話「危ない化石採集」が放送された(5月5日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


・「危ない化石採集」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。

 コナン、歩美、灰原、元太、光彦は化石発掘を体験するため、阿笠博士と共に群馬にあるロッジ化石館にやってくる。展示している珍しい化石は海外から買い付けたもので、オーナーの大神明は来月もアメリカまで買い付けに行くと明かす。この後、ジャーナリストの宮下海果が現れる。村会議員の中谷創元は「金で解決した」と大神に話した後、海果に対応する。コナンは2人の会話を聞いていた。この時、大神は流せる除菌シートで腕を拭く。海果はこの村で珍しい化石、月のおさがりが発掘されたと知って取材に来たのだ。中谷はこの化石を村のシンボルにしようと計画。今は駅舎に展示しているという。この時、海果は「負のシンボルにならなきゃいいけど」とボソッと呟く。

 コナンたちは採集場に移動し、化石の発掘に取り掛かる。海果は月のおさがりの事をPR担当の中谷に質問。中谷は化石に詳しくないので大神に任せっきりだと答える。この後、大神は地層を調べていた海果に話すべき事があると声をかける。だが、その直後に大神は中谷に呼ばれて話は中断。大神は後で話をすると海果に伝えて去っていく。この後、歩美と灰原は化石館のトイレに行くが、すでに中には誰かが入っていた。中から水が流れる音が聞こえてた後、何かがドアにぶつかる音が聞こえ、歩美たちは中で誰かが倒れたと考える。灰原はコインを使ってトイレの鍵を開けると、中では大神が苦悶の表情を浮かべて絶命していた。駆け付けたコナンは独特な匂いから青酸性の毒物による中毒死だと判断する。

 この後、群馬県警の山村警部が捜査を開始。山村は誰かがトイレに毒を塗って大神を殺害したと推理する。中谷は大神が数日前から悩んでいて、自殺を仄めかしていたと打ち明ける。山村が原因を訊ねると、海果は月のおさがりが原因かもしれないと証言。海果は発掘現場の取材ではなく、大神の偽装を暴くために来た事を明かす。海果は月のおさがりが発掘されたのは別の採集場だと疑っていた。海果は大神が自分の犯した罪に耐えきれなくなって自殺したと推測する。海果は化石に詳しくない中谷が気付けなかったのは仕方ないと同情する。月のおさがりで村おこしを計画していた中谷はショックを受ける。

 話を聞いた山村は自殺と判断するが、コナンは自殺する人が来月の旅行を楽しみにしているのはおかしいと指摘。コナンは化石に詳しい大神が杜撰なウソをついた事も疑問を持っていた。山村は念のため、皆の身体検査を行う。だが、どこからも毒物反応は出なかった。コナンは必死に自殺に仕立て上げようとしているが、中谷の犯行に間違いないと考えていた。この後、鑑識課員は大神が持っていた除菌シートが市販のものより酸性度が高かったと山村に報告する。この除菌シートが事件と関係があると判断したコナンは元太たちの会話をヒントに事件の真相に近づいて…。


 平成時代には完結せず、令和になっても小学1年生のままである。

 それはともかく、令和1週目もやっぱり殺人事件。珍しい化石の展示施設にやってきて、早速オーナーが殺される。結局産地偽装の共犯者に殺されてしまったわけだが、こういう事件があった施設ってどうなのかなあ…。

 例によって今日もへっぽこ刑事でありました。もう小五郎の弟子になってしまえば?


・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン:高山みなみ
------------------
 阿笠博士 : 緒方賢一
 灰原 哀:  林原めぐみ

 吉田歩美:  岩居由希子
 小嶋元太:  高木 渉
 円谷光彦:  大谷育江
------------------
 山村警部 : 古川登志夫

 鑑識員 :  小田敏充
------------------
 大神 明:  間島淳司
 宮下海果:  生天目仁美

 中谷創元:  鈴木琢磨


 次回は2019年5月11日、第940話「姿を消した恋人」が放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 成瀬は恋人の果帆が突然姿を消してしまったと小五郎に捜索を依頼する。この後、橋の上で果帆のスニーカー、写真入りマイナンバーカードが発見され、小五郎は川に飛び降りて自殺したと推理する。新聞配達の大学生、潮は橋から飛び降りる長い髪の女性を撮影していた。果帆が現場までマキが運転するタクシーに乗って来た事も明らかになる。コナンは果帆の自殺と3ヵ月前に公園の階段から転落死した女子大生の事故の接点を探るが…。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

だいじなもの・後

2019-04-28 21:59:46 | めいたんていコナン…など
 4月27日の『名探偵コナン』は、第938話「巨人タロスの必殺拳 (後編)」が放送された(4月28日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


・「巨人タロスの必殺拳 (後編)」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。

 コナン、元太、光彦、歩美、灰原は阿笠博士、蘭と共に大型フィギュアを制作するカガミスタジオにやってくる。フィギュアの制作はお金がかかるらしく、予算の事を考える営業主任の羽生と将来への投資と考えるデザイナー主任の山県は言い争いになる。このスタジオは経営が苦しく、身売り先を探している状況だった。そして、コナンたちが帰ろうとした時に事件が起きる。ドーム棟が突然暗くなり、何者かの悲鳴が聞こえてくる。バラバラと固いものが無数に落下する音がした後に明かりが復旧。フィギュアや模型が落下したドーム棟では後頭部を強打された羽生が倒れていた。

 しのぶは羽生の殴られた痕に青銅色の塗料が付着している事に気付く。それは巨人タロスと同じ色で、阿笠はタロスに打ちのめされたように感じる。羽生は病院に搬送され、しのぶも一緒に病院に行く。この後、目暮警部たちが捜査を開始する。警備員は通用口のドアが壊れていた事を千葉刑事に打ち明ける。山県はそこから犯人が逃げたと推理する。だが、元太はドアの前に重しとして彫刻を置いた事を報告。彫刻は動かされた形跡がなく、千葉は犯人がまだ中にいると判断する。

 コナンはドームの電源を操作するリモコンの数を加賀見に確認。加賀見は山県としのぶが持っている2台だと答える。コナンはリモコンを持っているか山県に訊ね、山県は作業着のポケットからリモコンを取り出す。目暮は皆に犯行時刻のアリバイを確認する。加賀見はオフィスを出た時に羽生の悲鳴を聞いたと証言。コナンはもう1台のリモコンをしのぶが持っているか、羽生が落としたままかが気になる。

 コナンはリモコンを捜してほしいと光彦たちに頼む。事件の時、電気が消えた後にすぐ復旧したため、コナンは羽生がリモコンを持っていたと推理。リモコンは放したら電源がじきに回復する仕組みで、コナンは暗くしたのは羽生の意思だったと考える。結局リモコンは見つからず、コナンはリモコンが消えた状況に思考を巡らせる。そして、コナンはドームの天井が見学した時と違う事に気付く。コナンは歩美が撮影したカメラの画像を確認。犯行前と犯行後では天井に張り付いた和船の位置が違っていた。コナンはグラスファイバー製の和船が天井に張り付いている理由を考え、その答えを見つけ出す。

 加賀見は事件前、電話中に誰かが2度社長室に入ったと目暮に伝える。2度とも同じ人物かはわからないという。加賀見は社長室に来たかと山県に確認するが、山県は自分ではないと答える。加賀見は同業者が山県のアイデアを盗むために忍び込み、羽生と鉢合わせになって事件が起きたと推理する。この後、加賀見はコナンに促されて病院にいるしのぶに連絡。コナンはしのぶにリモコンを持っているかを訊ね、しのぶは持っていると答える。それを聞いたコナンは誰が犯人かを見破って…。


 製作を止められそうな巨人が要の人物を攻撃!? したお話の続き。当然というべきか、犯人はその止められた人。

 会社は外資の傘下に入ることになったようだが、そもそもこの犯人がいてこその会社ではなかったか? 今後が心配である。


・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン:高山みなみ

 毛利 蘭:  山崎和佳奈
------------------
 阿笠博士 : 緒方賢一
 灰原 哀:  林原めぐみ

 吉田歩美:  岩居由希子
 小嶋元太:  高木 渉
 円谷光彦:  大谷育江
------------------
 目暮警部 : 茶 風 林
 千葉刑事 : 千葉一伸

 羽生 正:  金野 潤
 警備員 :  各務立基
 警備員 :  石井 真
------------------
 加賀見栄三: 菅生隆之
 加賀見しのぶ:本名陽子

 山県徳一:  土田 大


 次回は2019年5月4日、第939話「危ない化石採集」が放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 コナンたちは化石発掘を体験するため、群馬のロッジ化石館にやってくる。そこにジャーナリストの宮下海果が現れる。海果はこの村で珍しい化石、月のおさがりが発掘されたと知って取材に来たのだ。化石館オーナーの大神、村会議員の中谷はこの化石を村のシンボルにしようと計画していたが、海果は「負のシンボルにならなきゃいいけど」とボソッと呟く。この後、海果に何か話そうとしていた大神がトイレで遺体となって発見されて…

 令和早々へっぽこ刑事登場。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

だいじなもの・前

2019-04-21 18:10:39 | めいたんていコナン…など
 4月20日の『名探偵コナン』は、第937話「巨人タロスの必殺拳 (前編)」が放送された(4月21日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


・「巨人タロスの必殺拳 (前編)」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。

 コナン、元太、光彦、歩美、灰原は阿笠博士、蘭と共にカガミスタジオにやってくる。阿笠がコナンたちにモニターを頼んだのだ。庭には大型フィギュアがいくつも展示されていた。秘書のしのぶはコナンたちを見学用のドームに案内。しのぶはカガミスタジオ社長の加賀見栄三の娘だった。歩美はスタジオの様子をカメラで撮影。ドーム内には森が広がり、頭上には空を呼ぶ船、筋斗雲などが飾られていた。

 天井は電磁石になっていて、ブランコに吊られた巨大な和船は振動しながら移動。しのぶはリモコンを使えばブランコの位置を移動できると説明する。この後、しのぶはリモコンを操作し、王城の壁の向こうから青銅の巨人タロスが出現する。和船とタロスは客に合わせてガイド役のしのぶが動かしているのだ。営業主任の羽生正は未完成のタロスの下半身は今後も作らないと明言。フィギュア制作はお金がかかるため、予算を重視する羽生と将来への投資と考えるデザイナー主任の山県徳一は言い争いに。

 社長室では加賀見が友人の阿笠と話していた。タロスの駆動装置を安く設計してほしいと阿笠に依頼したしのぶ。だが、加賀見は頭ごなしに阿笠のプランを却下する。阿笠は加賀見が逃げ腰では職人の山県が腕をふるえないと忠告。続けて阿笠は山県の技術力あってのスタジオだと訴えるが、加賀見は経済的に苦しくなったのは山県の先代の時からだと言い返す。山県は2人の会話を偶然耳にする。

 コナンたちは制作棟で軽食をご馳走になり、離れた席では羽生がスタジオを売りに出している事を恋人のしのぶに伝えていた。この時、蘭は羽生が鈴木家のパーティーに来て、園子に気に入られていた事を思い出す。身売り先の候補の1つは鈴木財閥だった。売却を成立させるために必要なのは手土産の企画で、しのぶは山県の力が必要になると羽生に伝える。スタジオの警備員2人は庭を巡回中に通用口のドアノブの鍵が壊れている事に気付く。トイレに行こうとして迷った元太は壊れている通用口のドアに気付き、ドアの前に重しとして彫刻を置いておく。

 羽生は交渉の状況を聞くために加賀見に会いに行く。社長室にいる加賀見は交渉相手に電話して大詰めの話をしていた。この時、加賀見は2度ドアを開閉する気配を感じ、手が離せんと怒鳴り声を上げる。ラウンジでは阿笠、しのぶが加賀見の事を話していた。しのぶは加賀見が上海のトップ企業と交渉している事を阿笠に明かす。羽生も別の企業と交渉していたが話し合いは難航していた。阿笠たちは帰る事になり、制作棟の個室にいる山県に声をかけて庭に出る。その時、ドーム棟が突然暗くなり、誰かの悲鳴が聞こえてくる。そして、バラバラと固いものが無数に落下する音がした後、すぐに明かりが復旧する。阿笠たちがドーム棟に駆け込むと、そこでは後頭部を強打された羽生が倒れていた…。


 平成最後のエピソードは、珍しく仕事している博士が登場する前後編。

 技術があっても売れなければやっていけず、買い取る側は中身だけが欲しいという。
 普通にありそうなお話だが、どちらが文字通り犠牲になるのか。後編を待ちたい。


・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン:高山みなみ

 毛利 蘭:  山崎和佳奈
------------------
 阿笠博士 : 緒方賢一
 灰原 哀:  林原めぐみ

 吉田歩美:  岩居由希子
 小嶋元太:  高木 渉
 円谷光彦:  大谷育江
------------------
 羽生 正:  金野 潤
 警備員 :  各務立基
 警備員 :  石井 真
------------------
 加賀見栄三: 菅生隆之
 加賀見しのぶ:本名陽子
 山県徳一:  土田 大


 次回は2019年4月27日、第938話「巨人タロスの必殺拳 (後編)」が放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 カガミスタジオのドーム棟で後頭部を強打された羽生。それはまるで巨人タロスに打ちのめされたようだった。元太が通用口に置いた彫刻は動かされた形跡がなく、犯人はまだ中にいる可能性が高かった。コナンはドームの電源を操作するリモコンが事件を解くカギと睨む。この後、コナンはドームの天井の異変に気付いて歩美のカメラ画像を確認。天井に張り付いた和船の位置が違っていたのだ。コナンは徐々に事件の真相に近づいて…。

 平成最後はGW突入後の放送。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

知らないところ

2019-04-14 19:56:45 | めいたんていコナン…など
 4月13日の『名探偵コナン』は、第936話「フードコートの陰謀」が放送された(4月14日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


・「フードコートの陰謀」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。

 朝、光彦、元太、歩美は農家の人たちが野菜や果物を販売するイベント、米花町ファーマーズマーケットにやってくる。歩美は北海道に行く急用でコナンが来れなくなったために落ち込んでいた。このイベントでは目暮警部が講演する予定になっていた。光彦たちがキッチンカートがたくさん停まっている駐車場の脇の細い道を歩いていると、その向こうから門倉伸夫、山脇雄二、菅野佳織の話し声が聞こえてくる。佳織たちは「計画通り、派手にドカーンといきましょうよ」と物騒な話をしていて、光彦たちは山脇たちが目暮を狙って爆弾を仕掛けようとしていると推理する。

 この後、光彦、歩美、元太の前に妄想のコナンが現れる。光彦は妄想のコナンからヒントをもらい、警察を動かすためには犯行の証拠が必要だと気付く。妄想のコナンはこの後も光彦たちの前に何度も現れて捜査に協力する。そして、山脇たちは分かれて行動を開始。元太は山脇、光彦は門倉、歩美は佳織を尾行する事に。その近くでは高木刑事、佐藤刑事が不審者に備えて警備体制を確認していた。

 山脇はホームセンターでサラダ油、ガスカートリッジなどを買い、元太は爆弾を作る材料だと睨む。佳織はシンガポールレストラン「マリーナ」に入っていく。歩美は様子を窺っていたが、血まみれのエプロンに包丁を持った佳織に気付かれる。門倉は喫茶店に入るが、すぐに携帯に着信があって退店。門倉は近くのタバコ屋に入り、紙袋を持って出てくる。その直後、光彦は尾行している事を気付かれる。

 駐車場に戻った後、光彦は会話を聞いたと伝え、どういう事か説明してほしいと門倉に詰め寄る。そこに荷物を抱えた山脇が戻ってくる。尾行していた元太は爆弾の材料を買っていたと伝えて光彦に警戒を促す。門倉と山脇は誤解だと笑い飛ばし、イベントでシンガポール料理のチキンライスを売ろうとしていた事を明かす。「マリーナ」に勤める門倉たちは皆に料理の味を知ってもらうためにイベントに参加。山脇たちはチキンライスを派手にドカーンと売りまくろうと話していたという。

 門倉がタバコ屋から出てきた時に持っていた紙袋の中身は印刷所の友人に頼んでいたイベント告知のチラシだった。喫茶店で受け取る予定だったが、友人は時間がなく、顔なじみのタバコ屋に預けたと連絡があったという。そこに佳織が配膳コンテナを押しながら歩美と共にやってくる。佳織は店まで仕込んだ鶏肉を取りに行っていたのだ。歩美は佳織が悪い人じゃない事を光彦たちに伝え、自分たちの誤解だったと察するが…。この後、光彦の前に妄想のコナンが現れ、「いいのか、探偵。この程度で引き下がって」と問いかけてくる。光彦は諦めずに疑問に思った事を門倉たちにぶつけていく。だが、門倉たちが言っている事に不審な点はなかった。光彦たちは勘違いだったと3人に謝罪するが…。


 劇場版のスピンオフ。いつの間にか公開日は金曜日になったため、公開翌日の放送ということになる。

 例によって観ても観なくてもお話には関係ないと思うが、劇場版を観ると、たぶん裏で少年探偵団がこんなことやっていたんだ…と思うかも知れない。


・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン:高山みなみ
------------------
 吉田歩美:  岩居由希子
 小嶋元太:  高木 渉
 円谷光彦:  大谷育江
------------------
 目暮警部 : 茶 風 林
 高木刑事 : 高木 渉
 佐藤刑事 : 湯屋敦子
------------------
 山脇雄二:  宇垣秀成
 門倉伸夫:  櫻井トオル
 菅野佳織:  村中 知


 次回は2019年4月20日、第937話「巨人タロスの必殺拳 (前編)」が放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 コナン、元太、光彦、歩美、灰原は阿笠博士、蘭と共に大型フィギュアを制作するカガミスタジオにやってくる。社長の加賀見の娘で秘書のしのぶがスタジオ内を案内する。フィギュアの作品を作るのはお金がかかるらしく、予算の事を考える営業主任の羽生と将来への投資と考えるデザイナー主任の山県は言い争いに。このスタジオは経営が苦しく、身売り先を探している状況だった。そして、コナンたちが帰ろうとした時に事件が起きて…。

 オリジナル前後編。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

最強と最強・後

2019-04-07 18:09:17 | めいたんていコナン…など
 4月6日の『名探偵コナン』は、第747話「怪盗キッドvs京極真 (後編)」(デジタルリマスター、初回放送は2014年7月26日)が放送された(4月7日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


・「怪盗キッドvs京極真 (後編)」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。

 鈴木大博物館の展示室で、首からグリーン・エンペラーをかけてキッドを待つ京極は、昨晩の事を回想する。昨晩、朋子は宝石を守り通せたら園子との交際を認めると京極に約束。だが、キッドに奪われた時は園子の事を諦めてもらうと京極は言われていた。この後、博物館にキッドから100通くらいの大量の手紙が届く。封の中にはまた白紙が入っていて、中森と京極は最初の手紙と同じように炙り出しと判断。京極はライターで炙っていたら時間がかかるため、ロウソクと燭台を用意してほしいと中森に頼む。

 京極たちは手紙を炙るが、どれも大した内容ではなかった。京極を動揺させるためのものか、もっと別の目的があるのか、コナンはキッドが大量の手紙を送ってきた目的を推理する。この後、蘭、園子、朋子が世界に1着しかないドレスに着替えて戻ってくる。キッドは女性の洋服を脱がせて変装した事は1度もなく、このドレスを着ていれば本人に間違いないという証明になるのだ。

 予告時間の5分前、京極は展示室から退去してほしいと皆に伝える。そして京極は防毒マスクを被り、これから展示室に入った者はいかなる人も敵と見なして制圧すると皆に忠告。次郎吉、中森、機動隊員たちは京極の殺気に恐ろしさを感じる。皆は廊下へ出て行き、園子はトイレへ行くと言って走り去る。コナンはキッドの手紙を持つ機動隊員に声をかけ、その手紙は博物館の事務所に郵便局の人が届けに来たのかと訊ねる。園子は郵便配達人から手渡しされたと話していたという。

 コナンは手紙を調べて何かに気付く。その時、館内の電気が消える。時刻はキッドが予告した午後10時になっていた。そして暗くなった廊下の奥からいつくものボールが転がってくる。そのボールは真っ二つに割れると麻酔ガスが噴出。その直後、どこからかトランプ銃が放たれ、機動隊員たちのマスクに命中。マスクが外れた機動隊員たちは次々に倒れ、コナンは口と鼻を押さえながら落ちたマスクに手を伸ばすが…。その頃、暗闇の中で京極が宝石を守っていると、そこに園子が現れて…。


 映画に向けての過去話前後編の後編。ドレスは本物でも、来ている人物が偽物ということで、キッドと京極さんが初対決。それは人知を超えた戦いであった…というか、京極さんは本当に人間なのか。

 いつものように、キッドはまた逃げてしまうのでありました。

・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン:高山みなみ

 毛利 蘭:  山崎和佳奈
 鈴木園子:  松井菜桜子
------------------
 鈴木次郎吉: 富田耕生

 鈴木史郎:  松岡文雄
 鈴木朋子:  一柳みる
------------------
 茶木警視 : 田中信夫
 中森警部 : 石塚運昇

 機動隊員 : 仲田隼人
      : 阿座上洋平
 女性アナウンス:畑中万里江
------------------
 京極 真:  檜山修之

 怪盗キッド: 山口勝平

 ※茶木警視役の田中信夫さんと中森警部役の石塚運昇さんは故人。


 次回は2019年4月13日、第936話「フードコートの陰謀」が放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 光彦、元太、歩美は米花町ファーマーズマーケットにやってくる。コナンは急用ができて不参加だった。光彦たちは門倉、山脇、佳織の会話を偶然聞いてしまう。佳織たちは「派手にドカーンといきましょう」と話していて、光彦たちは目暮警部を狙って爆弾を仕掛けるつもりだと推理。目暮はこのイベントで講演する予定だった。山脇たちは分かれて行動を開始。元太は山脇、光彦は門倉、歩美は佳織を尾行して犯行の証拠を掴もうとするが…。

 映画に向けてのオリジナル。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

最強と最強・前

2019-03-31 21:06:41 | めいたんていコナン…など
 3月30日の『名探偵コナン』は、第746話「怪盗キッドvs京極真 (前編)」(デジタルリマスター、初回放送は2014年7月19日)が放送された(3月31日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


・「怪盗キッドvs京極真 (前編)」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。

 園子は京極真を自宅に招き、父親の史郎、母親の朋子に彼氏として紹介する。園子は京極が400戦無敗の空手の達人と自慢するが、朋子はその話に興味を示さず、鈴木財閥を背負って立つ覚悟はあるのかと京極に迫る。鈴木財閥の跡継ぎになるのは園子の伴侶となる男性。だが、朋子は武者修行のために海外留学している風来坊の京極は跡継ぎに相応しくないと考えていた。その時、園子の携帯に蘭から連絡が入る。蘭は怪盗キッドが鈴木次郎吉相談役に犯行の予告状を出したというニュースの事を園子に教える。園子は「キッド様が来る」と喜び、京極はその言葉を聞いてキッドに嫉妬する。

 今回、キッドが狙っているのは宝石、グリーン・エンペラー。次郎吉は怪盗キッドが最新鋭の防犯システムを突破できるかをPC上でシミュレーションする。その結果は100戦全敗だった。予告日は明日で、次郎吉は公開を延期しようと考える。その時、京極がボディーガードを倒しながら次郎吉の前に現れる。京極は自己紹介した後、キッドが狙う宝石の警備をしたいと直談判する。次郎吉は一度断るが、園子から400戦無敗と聞いて京極に警備を任せる事に決める。

 次郎吉は宝石の展示室に警備を入れないようにと茶木警視に指示。次郎吉は京極を最新の防犯システムと呼び、京極1人に警備を託す事にする。園子は蘭に電話し、京極とキッドが対決する事になったと報告。園子はどっちを応援すれば良いのか迷っていた。その時、園子の前にキッドが現れる。キッドは賭けをしたいと園子に話を持ちかける。

 翌日の予告日、鈴木大博物館の展示室では、京極が首からグリーン・エンペラーをかけて1人で警護していた。中森警部はキッドが停電させて暗闇になったら危ないと心配。だが、次郎吉は京極には心眼があると心配ない事を強調する。朋子はキッドの変装に対抗する秘策として、特注した世界に1着しかない女性用の洋服を用意。キッドは女性の洋服を脱がせて変装した事は1度もなく、朋子は用意した洋服を着ていれば本人に間違いないと訴える。朋子は園子と蘭の分の洋服も用意していた。

 この後、園子は今朝ポストに京極宛てのキッドからの手紙が入っていた事を皆に報告する。京極は封筒を開けるが、中に入っていたのは白紙だった。コナンは炙り出しの手紙と推理し、中森がライターで白紙を炙ってみる。すると「いざ尋常に勝負」と京極を挑発する文字が浮かび上がり、コナンはこの手紙の意図するものを考える。朋子は洋服を着替えに行こうと園子と蘭に声をかける。その時、園子は京極の拳を両手で握りながら激励し、京極は宝石を守り抜くと約束する。その間にもキッドが予告した午後10時は刻一刻と迫っていた…。


 次郎吉役は永井一郎さんではなく、富田耕生さんになっている。そんな最近のお話なのか…と思ったら、もう5年前なんだねえ。

 今度の映画はキッドに京極さんが出るということで、早くもリマスター放送での登場と相成った。
 平成最後の劇場版『コナン』、平成中に見られるか!?


・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン:高山みなみ

 毛利 蘭:  山崎和佳奈
 鈴木園子:  松井菜桜子
------------------
 鈴木次郎吉: 富田耕生

 鈴木史郎:  松岡文雄
 鈴木朋子:  一柳みる
------------------
 京極 真:  檜山修之

 茶木警視 : 田中信夫
 中森警部 : 石塚運昇

 怪盗キッド: 山口勝平
------------------
 スタッフ : 小形 満
        小川一樹
 ボディガード:松本 大
        木村雅史
 アナウンサー:山口清裕
 女の子 :  花島彩香

 ※茶木警視役の田中信夫さんと中森警部役の石塚運昇さんは故人。特に、運昇さん没後はまだ中森警部が出ていない。今度の映画での登場は!?


 次回は2019年4月6日、第747話「怪盗キッドVS京極真 (後編)」(デジタルリマスター、初回放送は2014年7月26日)が放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 博物館にキッドから大量の炙り出しの手紙が届き、コナンはキッドが大量の手紙を送ってきた目的を推理する。予告時間の5分前、京極は展示室から皆を退去させ、これから室内に入った者はいかなる人も敵と見なして制圧すると皆に忠告。廊下に出たコナンは手紙が届いた時の事を機動隊員に訊ねた後、手紙を調べて何かに気付く。その時、予告時間になって館内の電気が消える。この後、廊下に麻酔ガスが充満。機動隊員たちは次々に倒れ、コナンは口と鼻を押さえながら防毒マスクに手を伸ばすが…。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

裏がない占い

2019-03-24 00:46:48 | めいたんていコナン…など
 3月23日の『名探偵コナン』は、第935話「占い師と三人の客」が放送された(3月23日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


・「占い師と三人の客」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。

 古い洋館で絞殺された馬場貞子の遺体が発見され、目暮警部、高木刑事たちが捜査を行う。貞子は占いの館で霊感占い師、バーバラ貞子として働いていた。朝、貞子を自宅まで迎えに来た秘書の尾久将也が第一発見者だった。殺害されたのは昨夜の可能性が高く、尾久は昨夜、貞子は小五郎から電話があって会いに行ったという。馬場邸に呼ばれた小五郎は電話はしていないと主張する。小五郎は貞子と面識がなく、一緒に来たコナンも小五郎が自宅にいたと昨夜のアリバイを証明する。

 目暮は犯人が小五郎と偽って貞子を呼び出したと推理。貞子は屋外で殺害され、自宅に運ばれた可能性が高かった。コナンは自宅にある貞子のPCを調べ、「また殺されかけた。犯人はあの三人の中の誰なのだ?Kか?Eか?Sか?」という文章を見つける。尾久は1週間前にテレビの生放送に出演後の貞子をテレビ局前で3人の客が待ち伏せしていた事を明かす。元土木作業員の金輪芯介、OLの遠藤深美、元ラーメン屋の漣諒一は占いのせいで悲惨な目に遭ったと貞子に言い掛かりをつけてきたという。

 高木は遺体の傍らで深美のブローチを見つける。この後、芝浜公園でロープと貞子の名刺入れが発見され、目暮はここが殺害現場と判断する。昨夜この公園で大きな物を車に積んでいる不審な人影を見たという匿名の110番通報が今朝あったという。現場からは金輪のライターも発見される。この後、馬場邸の近くに漣の車が乗り捨てられていた事が判明。目暮はこの空き地に金輪、深美、漣を呼んで話を聞く。漣は2日前に盗まれた車だと証言。車のトランクからは毛髪が採取される。金輪はライター、深美はブローチを自分の物と認めるが、2人とも失くした物だと主張する。

 小五郎は3人が共謀して貞子を殺害したと推理するが、コナンは3人の持ち物が都合よく発見された事に違和感を抱いていた。この後、漣の車から見つかった毛髪は貞子の物と判明する。昨夜は自宅にいたためにアリバイがない3人。男性から電話があり、貞子がお詫びに伺うので自宅で待っていてほしいと言われたという。3人はアリバイ潰しのために真犯人にハメられたと訴える。

 この後、貞子の死亡推定時刻は昨夜の8時から9時の間と判明し、コナンは貞子のPCを再度確認する。コナンが思った通り、例の文章が入力されたのは昨夜10時過ぎだった。コナンはこの文章を書いたのは貞子ではなく、遺体を運んできた犯人だと確信する。小五郎、目暮たちは3人の犯行と思わせるために真犯人が仕組んだ事と考える。だが、コナンは真犯人にハメられたのではなく、そう思わせようとした犯人が3人の中にいると推理。コナンは犯人が3人の共犯と思わせた理由、探偵の小五郎を巻き込んだ理由について考える。そして、コナンは改めて3人から話を聞き、誰が犯人なのかを見破って…。


 占い師の殺害事件。前日小五郎から電話があったというが、実は本人ではなかった…というお話。

 疑われた3名とも占いに恨みを持っていたようだが、はっきり言って占いは関係ないだろう。犯人は論外である。

 当たるも八卦、当たらないも八卦。それよりも日頃の心がけか。


・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン:高山みなみ

 毛利小五郎: 小山力也
------------------
 目暮警部 : 茶 風 林
 高木刑事 : 高木 渉
 千葉刑事 : 千葉一伸
------------------
 バーバラ貞子:竹口安芸子
 尾久将也:  近藤 隆
 巡 査 :  赤石 考
 刑 事 :  金丸健太
------------------
 金輪芯介:  木村雅史
 遠藤深美:  小林沙苗

 漣 諒一:  千葉進歩


 次回は2019年3月30日、第746話「怪盗キッドVS京極真 (前編)」(デジタルリマスター、初回放送は2014年7月19日)が放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 次郎吉のもとにキッドから宝石グリーン・エンペラーを奪うという予告状が届く。京極は「キッド様が来る」と喜ぶ園子を見てキッドに嫉妬する。そして京極は宝石の警備をさせてほしいと次郎吉に直談判。次郎吉は400戦無敗の空手の達人、京極に警備を任せる事に。園子はキッドと京極、どっちを応援すれば良いのか迷っていた。予告日、博物館の展示室では京極が首からグリーン・エンペラーをかけて1人で警護。キッドからは京極宛てに手紙が届き、コナンはこの手紙の意図するものを考えるが…。

 

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

乗り替わり、いや馬替わり・前

2019-03-10 17:12:30 | めいたんていコナン…など
 3月9日の『名探偵コナン』は、第933話「サラブレッド誘拐事件 (前編)」が放送された(3月10日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


・「サラブレッド誘拐事件 (前編)」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。

 小五郎はコナンを連れて競馬場にやってくる。小五郎は馬券売り場で帽子にサングラス、口髭の男に声をかけられる。フリーの競馬ジャーナリストを名乗る男は小五郎に仕事を依頼する。小五郎、コナンが事務所に戻ると、ネットで競馬の予想と評論をしているという別の依頼人が待っていた。この男が帰ると、すぐに競馬ファンという女の依頼人も現れる。この後、コナンは喫茶ポアロで依頼人の女と男2人が密談している現場を目撃。3人は知り合いらしく、コナンはこの依頼には何か裏があると考える。

 コナンは小五郎についていき、TOKUYOSHI厩舎にやってくる。小五郎が競走馬のホワイトスピリッツを見ていると、そこに馬主で会社社長の徳吉耕三が現れる。小五郎はこの馬を殺害すると手紙やメールで脅迫されているかを確認。徳吉が脅迫を認めると、小五郎はこの馬を守ってくれと依頼された事を告白。小五郎が依頼されたのは3件とも同じ内容だった。話を聞いた徳吉もこの馬を守って欲しいと依頼する。その様子を見ていた調教師の長谷康孝は何故か顔色を変え、携帯で誰かに電話をかけていた。

 翌日、ホワイトスピリッツは競馬場で開催されるレースに出走するため、馬運車に乗せられる。運転手付きの車の助手席には徳吉、後部席には小五郎、コナン、蘭が乗り込む。厩務員の永浦実秋は脅迫されているのに出走するのは無茶だと訴えるが、徳吉は心配するなと聞く耳を持たない。この後、塩見正雄が運転する馬運車が出発し、徳吉、コナンたちが乗る車はその跡をついていく。途中、小五郎は不審な車に気付く。だが、その車は何事もなく追い越していく。運転していたのはホワイトスピリッツにも騎乗する騎手の角田千鶴だった。コナンは依頼人3人の正体は変装した長谷、永浦、千鶴だと気付く。

 この後、前方に「工事中につき まわり道」という看板が見え、馬運車は脇道へ入っていく。徳吉の車も脇道へ入るが、前方に馬運車は見えない。その時、別の脇道から馬運車が現れる。塩見は標識が間違っていたと徳吉に伝えて元の道路に戻る。そして、競馬場に到着後、徳吉は車から降ろされたホワイトスピリッツを見て、よく似た別の馬だと気付く。馬の首に巻かれたリボンには紙片が挟まっていて、それは「身代金1億円を用意して、自宅で連絡を待て」と書かれた徳吉宛の脅迫状だった。

 馬運車を運転していた塩見は妻と子供がさらわれ、脅迫されていたと告白。脇道に入った時、もう1台の馬運車に乗り換えたという。コナンはこの事件がコナン・ドイルの小説「白銀号事件」に似ていると感じていた。この後、塩見の家族は解放されて無事保護される。そして、徳吉の自宅の郵便受けに誘拐犯から新たな指示が届く。それは取引には徳吉1人で来いというものだった。徳吉は身代金1億円を持って指定された公園へ向かい、コナン、目暮警部たちも徳吉に気付かれないように跡を追うが…。


 4名が4名とも小五郎にある競走馬を守ってほしいとの依頼。どう考えても怪しいが、深く考えずに引き受ける小五郎。

 あっさり馬は攫われ、身代金も奪われたところで次回へ続く。馬が守れなければ、小五郎にとっては、競馬でスッてしまうよりも大問題?


・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン:高山みなみ
------------------
 毛利 蘭:  山崎和佳奈

 毛利小五郎: 小山力也
------------------
 目暮警部 : 茶 風 林
 高木刑事 : 高木 渉
 千葉刑事 : 千葉一伸
------------------
 徳吉耕三:  石川ひろあき
 塩見正雄:  布目貞雄
 永浦実秋:  篠原 剛
 長谷康孝:  鈴木雄二
 角田千鶴:  青山玲菜


 次回は2019年3月16日、第934話「サラブレッド誘拐事件 (後編)」が放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 人気競走馬ホワイトスピリッツが誘拐され、馬主の徳吉が用意した身代金1億円もいつの間にか犯人に奪われる。翌日、血が付着したたてがみが絡みつくホワイトスピリッツのホースラグが見つかり、目暮警部はこの馬がすでに殺害されている可能性もあると考える。コナンはすでに誰が犯人かに気付いていて、事件の全容を明らかにするため、もう一度事件を洗い直す事に。コナンは馬がすり替えられた現場を再度調べて事件の核心に近づく…。

 確かに「ホワイトスピリッツ」はお酒っぽい名前。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

失踪から帰った男

2019-03-04 00:08:47 | めいたんていコナン…など
 3月2日の『名探偵コナン』は、第80話「放浪画家殺人事件」(デジタルリマスター、初回放送は1997年11月10日)が放送された(3月3日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


・「放浪画家殺人事件」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。

 小五郎はコナン、蘭を連れて画廊にやってくる。そこにスケッチブックや絵具箱を抱えた長髪にヒゲを生やした男が現れる。男は展示された絵の左下を摘み、係員から注意を受ける。後日、コナンは元太、歩美、光彦と土手で野球をやる。この時、ボールが絵を描いていた男のキャンバスにぶつかる。絵を描いていたのは画廊にいた男だった。男はまた絵の左下を摘まんでいた。その直後、男は苦悶し始める。男は病院で検査を受けて記憶喪失と判明。ボールがぶつかったショックから男は失われた記憶を取り戻しつつあるという。この後、男は病院から姿を消し、コナンは記憶が完全に戻ったと推理する。

 翌日、コナンたちは小川の近くで倒れている男に気付く。男の首にはロープが巻かれ、絞殺されていた。この後、現場に小五郎、目暮警部たちがやってくる。目暮は現場の状況から物取りの犯行と睨む。コナンは男が履いている靴に目を留める。靴紐は片方だけ縦結びになっていて、足裏には銀杏の葉が付着していた。コナンは絵の道具がない事に気付き、小五郎は絵の道具も盗まれたと考える。男の身元はわからないままだった。男が病院に残したスケッチブックには自宅の絵が描かれていて、コナン、元太、歩美、光彦はこの絵を頼りに男の自宅を探しに行く。

 そして、コナンたちは絵に描かれてる家を発見する。その家には銀杏の木も生えていた。清掃会社のスタッフたちはその家に駐車している新車を清掃。コナンは車のドアの下部に傷がついている事に気付く。清掃スタッフたちは人が触った所を念入りに掃除しろと指示されたと話していた。この後、呼び鈴を押すと、家の中から早瀬君江が現れる。家に上げてもらったコナンはソファ、カーペットが絵と違うため、掃除と共に模様替えをしたのかと確認。君江は模様替えをして、前にあった物は処分したと答える。

 歩美は隣りの部屋にある仏壇の遺影に目を留める。短髪でヒゲはないが、殺害された男にソックリだった。コナンは遺影の人について訊ね、君江は1年前に他界した主人だと答える。帰宅後、コナンが早瀬の事を話すと、小五郎は早瀬のニュースを覚えていた。1年前、巨額の横領を疑われた銀行幹部の早瀬。強制捜査の直前に雪山で雪崩に巻き込まれた早瀬は危難失踪が認められ、死亡したとみなされていた。

 コナンは君江の事を目暮に報告。遺体を確認した君江は似ているが主人ではないと否定していた。遺品があれば指紋の照合ができたが、君江は遺品を全て処分。コナンは家から遺品が消え、遺体の周辺から絵の道具が消えたのは偶然なのかと考える。この後、コナンは君江が高価な宝石を何点も買っている現場を目撃。コナンは君江が犯人で、早瀬は自宅で殺害されたと推理する。コナンは元太たちと君江の自宅を再び訪れ、殺害された男が早瀬だという証拠、自宅で殺害された証拠を見つけ出そうとするが…。


 1997年11月ということで、平成ヒト桁が間もなく終わろうという頃のお話。20年以上経ってもまだ作品が続いているというのは驚きであるが、平成や2010年代には結局終わらないというのは長すぎるような気もする。

 お話自体は失踪に2種類あるんだ…ということを知ったくらい。横領を疑われている人が絵を描きに行ったのか…というのは不思議だが、今さら戻って来られても…と旦那を殺してしまう妻よ。


・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン:高山みなみ

 毛利小五郎: 神谷 明
------------------
 毛利 蘭:  山崎和佳奈
 目暮警部 : 茶 風 林
 早瀬達夫:  秋元羊介
------------------
 小嶋元太:  高木 渉
 円谷光彦:  大谷育江
 吉田歩美:  岩居由希子
------------------
 警備員 :  千葉一伸
 医 師 :  相沢正輝

 早瀬君江:  藤井加代子

 ※高木刑事はクレジットなし


 次回は2019年3月9日、第933話「サラブレッド誘拐事件 (前編)」が放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 小五郎は3人の依頼人から別々に同じ事を依頼される。それは競走馬のホワイトスピリッツを守ってくれという内容だった。コナンはこの依頼には何か裏があると考える。この後、小五郎はこの馬の馬主で会社社長の徳吉に会って事情を説明。話を聞いた徳吉も同じ事を小五郎に依頼する。翌日、ホワイトスピリッツはレース出走のため、馬運車で競馬場に移送されるが…。到着後、車から降ろされたホワイトスピリッツはよく似た別の馬だった…。

 競馬と言えば小五郎?

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

先輩を訪ねてみれば意識不明・後

2019-02-24 18:14:38 | めいたんていコナン…など
 2月23日の『名探偵コナン』は、第932話「北九州ミステリーツアー (門司編)」が放送された(2月24日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


・「北九州ミステリーツアー (門司編)」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。

 小五郎はベスト探偵アワードの授賞式に出席するため、コナン、蘭と福岡の小倉にやってくる。小五郎の警視庁時代の先輩である会社社長、深町は転倒事故を起こし、意識不明で入院していた。専務の桐山は会社に落書きした犯人を捕まえてほしいと小五郎に依頼。深町の社長復帰が難しい場合、桐山が社長に就任するという。桐山は深町の息子の虎彦がそれを阻止するために落書きしたと考えていた。落書き犯の捜査を進める小五郎だったが、桐山が深町を突き飛ばした可能性が浮上する。

 門司港レトロにいる蘭は志垣、中丸に追われている男を助けて仲良くなる。蘭は男と話をして、深町の息子の虎彦だと気付く。小五郎と社長秘書の泉海は虎彦を捜すため、門司港レトロの展望室にやってくる。小五郎は素行が悪い虎彦と一緒にいるのが蘭だと気付いて動揺する。この後、虎彦は背後から志垣と中丸に締め上げられ、蘭は虎彦を助けるために2人にパンチやキックをして攻撃。小五郎と泉海は蘭たちがいた場所へと急ぐが、駆け付けた時には志垣、中丸しかいなかった。

 逃げた後、虎彦は志垣と中丸の正体を蘭に明かす。2人は虎彦が高校の頃から世話になっている小倉署の刑事だった。警察は虎彦を落書きの犯人として追い回しているが、虎彦は自分ではないと断言する。蘭は逃げずにきちんと警察で話せば良いとアドバイスする。だが、虎彦は父親の深町が誰かに背後から突き飛ばされた事を蘭に打ち明け、犯人の証拠を掴むまで捕まるわけにはいかないと訴える。

 搬送される救急車の中で「トラ…」と言った深町。虎彦は深町が社長車の後部座席に小倉城のマスコットキャラクター“とらっちゃ”を置いている事を蘭に明かす。昔、深町はとらっちゃに盗難防止のGPSやカメラを仕掛けていたらしく、虎彦はそこに犯人との会話などの証拠映像が残っているかもしれないと考えていた。その時、蘭のスマホにコナンから着信がある。コナンは小五郎が全て解決してくれると虎彦を説得してほしいと話し、蘭はこれから虎彦と一緒に会社に行くとコナンに伝える。

 コナンは小五郎に連絡し、蘭と虎彦が会社に向かっていると報告。事件を解決すると意気込む小五郎は専務の桐山、運転手の宇梶、警備員の岩田ら関係者を集めて欲しいと志垣、中丸に頼む。この時、泉海は桐山が深町のお見舞いに行っている事を明かす。小五郎は桐山からお見舞いは遠慮してほしいと言われたため、自分だけ病院に行っている事に疑問を抱く。そして、午後2時過ぎ、桐山を含む関係者全員が会社に集まる。だが、午後3時からは大事な株主総会があり、桐山は急いでほしいと小五郎に頼む。小五郎は深町を突き飛ばした犯人は桐山だと言い放つが、これは見当はずれの推理だった。事件の真相に辿り着いたコナンは慌てて小五郎に麻酔銃を発射。眠りの小五郎の推理ショーが始まる…。


 社長を突き飛ばしたのは警備員、それを強請っていたのは運転手という。そして、車に爆弾を仕掛けてあわやという展開。ちょっと詰め込みすぎのような気もするが…。

 表彰した探偵協会は、先輩の社長が設立した団体。小五郎の応援団のようなものか。そりゃ、表彰されるわけだ。

 ちなみに、コナンたちが訪ねたのは「福岡の小倉」で、「北九州」という都市名は触れていない。まだ地名として認識されていないのだろうか。


・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン:高山みなみ
------------------
 毛利 蘭:  山崎和佳奈

 毛利小五郎: 小山力也
------------------
 桐山栄作:  東地宏樹
 泉海乃梨子: 小林ゆう
 志垣修平:  花輪英司
 中丸銀次:  真仲恵吾
------------------
 深町虎三:  辻 親八
 深町虎彦:  日野 聡

 宇梶 誠:  松本保典
 岩田源一郎: 斎藤志郎


 次回は2019年3月2日、第80話「放浪画家殺人事件」(デジタルリマスター、初回放送は1997年11月10日)が放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 コナンはひょんな事から絵を描く記憶喪失の男と知り合う。翌日、コナン、元太、歩美、光彦たちは小川の近くで絞殺された記憶喪失の男の遺体を発見。男が残したスケッチブックには自宅の絵が描かれていて、コナンたちはこの絵を頼りに男の自宅を見つけ出す。その家には早瀬君江が住んでいた。仏壇に飾られた遺影は殺害された男にソックリだった。コナンが遺影の人について訊ねると、君江は1年前に他界した主人だと答えて…。

 次回は平成9年のお話。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

先輩を訪ねてみれば意識不明・前

2019-02-17 18:43:39 | めいたんていコナン…など
 2月16日の『名探偵コナン』は、第931話「北九州ミステリーツアー (小倉編)」が放送された(2月17日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


・「北九州ミステリーツアー (小倉編)」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。

 日本探偵連盟のベスト探偵アワードに選ばれた小五郎は授賞式に出席するため、コナン、蘭と福岡の小倉にやってくる。小五郎はコナンと共に警視庁時代の先輩、深町虎三が経営する小倉の会社を訪ね、蘭は1人で観光地を回る事に。専務の桐山栄作は深町が1週間前に転倒事故を起こしたと小五郎に明かす。頭を打った深町は入院中で、今も意識不明だった。膝を痛めてリハビリのために散歩していた深町は駐車場の車止めブロックにつまづいて転倒。倒れた深町を発見したのは社長秘書の泉海乃梨子だった。

 桐山は会社に落書きした犯人を捕まえてほしいと小五郎に依頼する。壁には赤いスプレーで「虎」と書かれていて、第一発見者の運転手、宇梶誠は3日前に出勤した時に気付いたと証言。会社の駐車場や倉庫、桐山の自宅ドアにも同じ落書きがされていた。深町の社長復帰が難しい場合、今日の株主総会で桐山の社長就任が決まるため、桐山は深町の息子の虎彦が阻止するために脅迫していると考えていた。

 小五郎は泉海に案内され、逃げる犯人を目撃した警備員の岩田源一郎に会いに行く。コナンは別れ際に小五郎に発信シールを貼り、深町が倒れた駐車場を調べる。その時、コナンのメガネからフェリーで移動中の小五郎と泉海の会話が聞こえてくる。泉海は深町と桐山が会社の経営方針を巡り、よく言い争っていた事を告白。泉海は桐山が深町を突き飛ばしたと疑っていた。この後、小五郎は倉庫にいた岩田と会って落書き犯の事を聞く。岩田は後ろ姿だったが、金髪だったので虎彦に間違いないと証言する。

 岩田と別れた後、泉海は深町が搬送される救急車の中で「トラ…」とだけ言ったと小五郎に報告する。小五郎と泉海は虎彦が立ち寄りそうな場所に行ってみる事に。この後、コナンは岩田が社長車を洗車している事に気付く。岩田は後部ドアを開けて上半身を突っ込んでいた。コナンが声をかけると、岩田は自分が掃除する担当だと説明する。後部座席には小倉城のマスコットキャラクター“とらっちゃ”が置かれていた。この後、岩田の携帯に着信があり、岩田は社長室にいる誰かに呼び出されて去っていく。

 コナンは蘭に連絡し、ランチを一緒に食べられないと伝える。門司港レトロにいる蘭は1人でランチを食べる事に。電話を切った後、蘭は若い男に声をかけられる。悪いヤツに追われているので、少しだけ恋人のフリをしてほしいという。男は蘭を抱き寄せるフリをして顔を隠し、愚連隊風の志垣修平、中丸銀次は男に気付かずに去っていく。この後、社長室から宇梶が出てくる。コナンは社長室に入り、ゴミ箱に入った丸めた封筒に目を留める。その頃、蘭は助けた男と一緒にレストランに入っていた。蘭は男と話をして、深町の息子の虎彦だと気付く。小五郎と泉海は虎彦を捜すため、門司港レトロの展望室にやってくる。小五郎は素行が悪い虎彦と一緒にいるのが蘭だと気付いて動揺するが…。


 「ベスト探偵アワード」ってのが現代っぽいが、小五郎を選出するくらいなので大したことなさそう(笑)。

 それはともかく、当地にいるという先輩を訪ねてみれば、転倒して意識不明という。小五郎が関わるとろくなことがない…。

 一人寂しく観光する蘭に、その社長の息子が接近。会社の中の人間模様も絡み、息子が捕まえられて蘭が飛ばされたところで次回へ続く。


・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン:高山みなみ
------------------
 毛利 蘭:  山崎和佳奈

 毛利小五郎: 小山力也
------------------
 岩田源一郎: 斎藤志郎
 桐山栄作:  東地宏樹
 宇梶 誠:  松本保典
 泉海乃梨子: 小林ゆう
------------------
 深町虎彦:  日野 聡
 志垣修平:  花輪英司
 中丸銀次:  真中恵吾


 次回は2019年2月23日、第932話「北九州ミステリーツアー (門司編)」が放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 小五郎はコナン、蘭と福岡の小倉にやってくる。小五郎の先輩である会社社長、深町は転倒事故を起こして意識不明だった。小五郎は専務の桐山に頼まれ、会社に落書きした犯人を調査する。そんな中、蘭は落書き犯と疑われる深町の息子の虎彦と出会う。虎彦は自分が犯人ではないと断言。虎彦は深町を突き飛ばした犯人を独自に捜していた。事件を解決すると意気込む小五郎は、虎彦を含む関係者全員を会社に集めて推理を展開するが…。

 落書きと転倒事故の解決とは?

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

そっと覗いちゃいけないよ・後

2019-02-13 22:56:25 | めいたんていコナン…など
 2月9日の『名探偵コナン』は、第930話「窓辺にたたずむ女 (後編)が放送された(2月13日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


・「窓辺にたたずむ女 (後編)」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。

 コナンたちはひょんな事から明るくてやさしい紗希と仲良くなるが、間もなくして妙な事に気付く。社会評論家の堂島多津子、女子大講師の立花淳之介、OLの今野美千代が紗希を恨んでいる可能性が出てきたのだ。3人の住むマンションは紗希の住むアパート近くにあり、コナンたちは紗希が部屋の窓から3人の何らかの秘密を目撃したと考える。そんな折、紗希が3人のマンションから落ちて絶命する。

 コナンは野次馬の中にいる中林ナカに声をかける。ナカは昨日、紗希が車に轢かれそうになった時も現場にいたのだ。紗希は考え事をしていて轢かれそうになったと話していたが、ナカは紗希が背後から何者かに突き飛ばされて交差点に飛び出したと証言。話を聞いたコナンはこの墜落死は自殺ではなく、他殺だと確信する。紗希は何か目撃した事で3人の誰かを強請り、口封じに殺害された可能性が高かった。コナンは紗希の遺体を確認。紗希は手袋をはめ、首には微かな擦過痕が残っていた。

 この後、目暮警部たちは捜査を開始する。千葉刑事は紗希が屋上から落ちた可能性が高いと高木刑事に報告。屋上の鉄柵の汚れが拭えていて、その汚れが紗希の服に付着していたのだ。屋上には紗希のピアスも落ちていた。目暮は防犯カメラを調べ、紗希は11階までエレベーターを使用していたと判明。11階から屋上には階段を使うしか方法はないという。携帯の履歴から紗希は誰かに呼び出されてマンション屋上に行った事も明らかになる。元々、明るくて誰からも好かれる女性だったショーパブ専属ダンサーの紗希。だが、3年前から人が変わり、同僚ダンサーを強請ったり、客にたかったりするようになったという。コナンは3人の事を高木に伝え、高木はアリバイがある多津子以外の2人から話を聞く。

 立花は脅迫状が届いた事を告白し、紗希が落ちた時は部屋にいたと証言する。紗希に何を見られたか訊かれると、観念した立花はハゲている事がバレたと言ってカツラを取る。美千代も紗希が落ちた時、部屋にいたと証言。紗希から部屋で待っていろと連絡があったという。美千代は昨日、交差点で紗希を押した事は認める。強請られた理由を訊かれると、美千代はある大金持ちが昔作った娘を捜していると聞いて、その娘に成りすまして金をせびっていたと告白。美千代はカツラを外し、自分の正体は沼垣大八という男だと打ち明ける。紗希は部屋でカツラをとった沼垣を見て強請っていたのだ。

 この後、紗希は睡眠薬を飲まされていた事が判明。沼垣は今日の事は知らないと主張するが、高木と千葉は沼垣が紗希を殺害したと疑う。沼垣は殺人未遂と詐欺容疑で逮捕されるが、コナンは何かが引っかかっていた。その時、202号室の赤羽根十和が大騒ぎをする。旅行中に宝石類を盗まれたという。コナンはこの空き巣事件と紗希が殺害された事件が繋がっている事に気付き、事件の真相に近づいていく…。


 窓から外を見て、向かいにある建物の住人の秘密をのぞいて強請っていた女性が殺された(?)お話の続き。

 結局は強請は殺害犯の仕業で、自分の空き巣を見られたせいだった…と、とんだ社会評論家もいたものである。こういう事件を、また別の社会評論家が揶揄するのだろう…。

 あとの2名は、見られるようなところでしなさんなってことで。


・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン:高山みなみ
------------------
 吉田歩美:  岩居由希子
 小嶋元太:  高木 渉
 円谷光彦:  大谷育江

 灰原 哀:  林原めぐみ
------------------
 目暮警部 : 茶 風 林
 高木刑事 : 高木 渉
 千葉刑事 : 千葉一伸

 緑川紗希:  柚木涼香
 小木狭一:  小形 満
------------------
 立花淳之介: 立花慎之介
 今野美千代: 優希比呂
 (沼垣大八)
 大森広江:  西 宏子
 赤羽根十和: 岩橋由佳

 堂島多津子: 高乃 麗


 次回は2019年2月16日、第931話「北九州ミステリーツアー (小倉編)」が放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 小五郎はコナン、蘭と福岡の小倉にやってくる。小五郎の警視庁時代の先輩である会社社長、深町は転倒事故を起こし、意識不明で入院していた。専務の桐山は会社に落書きした犯人を捕まえてほしいと小五郎に依頼。深町の社長復帰が難しい場合、桐山が社長に就任するという。桐山は深町の息子の虎彦がそれを阻止するために落書きしたと考えていた。落書き犯の捜査を進める小五郎だったが、桐山が深町を突き飛ばした可能性が浮上して…。

 北九州旅情編の前編。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

そっと覗いちゃいけないよ・前

2019-02-09 17:33:21 | めいたんていコナン…など
 2月2日の『名探偵コナン』は、第929話「窓辺にたたずむ女 (前編)」が放送された(2月9日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


・「窓辺にたたずむ女 (前編)」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。

 歩美は道端で転んでしまい、通りかかった緑川紗希が住むアパートで手当てを受ける。質素な暮らしをする紗希の部屋には男性との2ショット写真が飾られていた。紗希は花を窓辺に飾った後、外を眺めながら「へぇ、お友達が来てるんだぁ」と呟く。この後、歩美はコナン、光彦、元太、灰原を連れて紗希のアパートに向かう。歩美が明るくやさしい紗希の話をして、会いに行く事になったのだ。だが、窓辺に佇んでいた紗希は妙に寂しげな表情をしていた。紗希は外にいる歩美たちに気付いて笑顔になる。

 紗希は歩美たちと話した後、ジムに行くと言って去っていく。紗希と別れたコナンたちは何か事件はないかと見回りを始める。この後、車が建物に突っ込む事故が発生。近くにいたコナンたちは激突音に驚き、ジムから出てきた紗希も事故現場に向かう。紗希は驚きの声を上げ、集まった野次馬たちに注目される。コナンは野次馬の中にいた堂島多津子、立花淳之介、今野美千代が紗希を忌々しそうに見ている事に気付く。コナンは人に恨まれる覚えはあるかと訊ねるが、紗希はないと笑って去っていく。

 コナンは紗希と何かあったのかと多津子、立花、美千代に確認。3人は動揺しつつも惚けて去っていく。歩美は紗希が人に恨まれる人とは思えないと当惑する。多津子、立花、美千代は同じマンションに帰っていき、コナンは3人の事を管理人の小木狭一に訊ねる。102号室の立花はカッコイイと学生に人気の女子大講師だった。真面目で礼儀正しい美千代は302号室に住み、貿易会社に勤務していた。1107号室に住む多津子は社会評論家。テレビにコメンテイターとして出演する事も決まっているという。

 コナンたちは紗希の部屋の下に行き、3人が住むマンションの方を確認。紗希の部屋から見えるのは102号室、202号室と縦並びの1列のみ。102号室、302号室は見えるが、1107号室は死角になっていた。コナン、灰原たちは紗希が部屋の窓から立花、美千代の部屋の何かを見た可能性があると考える。102号室の立花はドアの新聞受けに入っていた封筒の中身を見て戦慄する。便箋には「しっかり見ちゃったもんね」「公表されたくなければ金で」と書かれていて、差出人名は「秘密を知っている女」だった。

 コナンたちは紗希がいる米花シネマに向かうと、紗希は近くの交差点で信号待ちをしていた。その直後、紗希は車に轢かれそうになり、コナンたちは急いで助けに行く。紗希は考え事をして赤信号で渡ろうとしたという。コナンたちは紗希に話を聞こうとするが、紗希は動揺している事を理由に去っていく。コナンたちは多津子、立花、美千代から話を聞く事に。コナンが紗希を睨んだ理由を3人に確認。美千代はキレイで妬ましかった、多津子は嫌いな従妹に似ていた、立花はフッた彼女に似ていたと答える。コナンたちの心配は杞憂に終わったかに思えたが、翌朝、紗希はマンションから落ちて絶命して…。


 歩美ちゃんが転んで手当てをしてもらった謎多き女性。「何か」を見て強請ったせいで命を狙われ…というお話。
 最後に転落したところで次回へ続く。

 いろいろ裏がありそうだが、後をつけてにらんでいる3人もそれぞれ怪しい。まずは次回を待ちましょう。


・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン:高山みなみ
------------------
 吉田歩美:  岩居由希子
 小嶋元太:  高木 渉
 円谷光彦:  大谷育江

 灰原 哀:  林原めぐみ
------------------
 緑川紗希:  柚木涼香

 堂島多津子: 高乃 麗
 立花淳之介: 立花慎之介
 今野美千代: 優希比呂
------------------
 小木狭一:  小形 満
 住 人 :  陣谷 遥
 住 人 :  竹内恵美子
 店 員 :  内野孝聡


 次回は2019年2月9日、第930話「窓辺にたたずむ女 (後編)」が放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 多津子、立花、美千代から恨まれている可能性のある紗希がマンションから落ちて絶命する。コナンはこの墜落死は自殺ではなく、他殺だと確信。コナンは紗希が何か目撃した事で3人の誰かを強請り、口封じに殺害されたと推理する。コナンは3人の事を高木刑事に伝え、高木はアリバイがある多津子以外の2人から話を聞く。そして、高木たちは大きな秘密がバレた美千代が紗希を殺害したと疑う。だが、コナンは何かが引っかかって…。

 後編です。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

危険な修学旅行・後

2019-01-13 21:59:14 | めいたんていコナン…など
 1月12日の『名探偵コナン』は、17時30分から1時間枠で第928話「紅の修学旅行 (恋紅編)」が放送された(1月13日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


・「紅の修学旅行 (恋紅編)」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。

 灰原から解毒薬をもらったコナンは一時的に工藤新一の姿に戻り、蘭、園子、世良たちと京都へ修学旅行にやってくる。新一は清水寺で出会った母、有希子の友人である女優の鞍知景子から暗号を解読してほしいと依頼される。週末に封切られる映画「紅の修羅天狗」の関係者である景子、俳優の井隼森也、映画監督の馬山峰人、作曲家の阿賀田力、脚本家の西木太郎は大学の同級生だった。新一は西木のもとに届いた暗号を預かって景子たちと別れるが、その直後に西木が殺害される事件が発生。現場には天狗に襲われたような形跡が残っていた。この後も阿賀田が巨大な天狗に襲われかける事件が発生。さらに井隼が殺害される事件が起きる。井隼の現場にも天狗のような足跡が残っていた。

 ネットで募集した天狗の面をつけた人たちに騒ぎを起こさせ、その隙に井隼を殺害した犯人。平次は料亭の客間で待つようにと景子、阿賀田、馬山、井隼に釘を刺したが、馬山は井隼、阿賀田と一緒にトイレに行ったと説明。井隼は部屋に1人でいる景子が心配だと言って途中で戻ったという。阿賀田は井隼が戻る前にスマホのメールを見ていたような気がすると新一たちに教える。景子は1人で部屋にいるのが怖くなり、後からトイレに立ったため、井隼とは会ってないと明かす。世良は3人の誰でも井隼をメールで呼び出して殺害する事は可能だったと考える。

 犬矢来の足跡はかなり前に絵具で描かれたもので、蘭、園子、紅葉は遺体を見つける前、料亭に来た時にはこの跡はなかったと綾小路に教える。新一は犬矢来のヘリに点々とついた何かの跡に目を留める。西木の時と同じように井隼の懐にはヤツデの葉と共に新たな暗号が入っていた。この3枚目の暗号の頭にも出栗のマークが書かれていて、世良は4つの■を大きな四角で囲むと「出」の文字が浮かび上がる事に気付く。紅葉は暗号に書かれた文字を見て、京都の地名みたいだと新一たちに伝える。上京区の庇野の「庇」、下京区木賊山町の「木」、左京区化野の「化」など、暗号には京都の地名に当てはまる文字が使われていた。続けて、紅葉は京都には上京区、中京区、下京区、左京区、右京区があると教える。紅葉からヒントをもらった新一、平次、世良は暗号の解読方法に近づく。

 この後、新一、平次、世良、綾小路は料亭で出栗の話を景子たちから聞く。出栗は景子たちと同じ祇園芸術大学の同級生。皆の学科はバラバラだが、特撮研究会で知り合ったのだ。出栗だけは漫画研究会と掛け持ちだったという。大学祭では皆で撮影した映画を毎年上映していたらしく、馬山が得意だったのは特撮で、景子と井隼は特殊メイクに精通。阿賀田は映像に音楽をつけ、脚本は西木、衣装や化け物のデザインは出栗が担当していたという。新一は今回上映される「紅の修羅天狗」のもとになった卒業制作のスタッフに出栗の名前がない理由を景子たちに訊ねる。卒業制作の脚本に悩んでいた時、出栗が同人誌で描いた漫画「紅の修羅天狗」を発見。景子たちはこの漫画を卒業制作の映画にしたいと頼むが、出栗はプロの漫画家になった時、きちんと発表するから使わないで欲しいと断ったという。だが、景子たちは完成した作品を見れば納得してくれると思い、勝手に「紅の修羅天狗」を撮ってしまったのだ。

 だが、完成した卒業制作を見た出栗はこんなのは僕の作品じゃないと激怒し、僕の名前は出さないでくれとスタッフロールに名前を入れる事を拒否。その後、卒業制作は評判になり、出栗以外の5人が脚光を浴びる形になってしまったという。話を聞いた平次は5人が出栗から恨まれても仕方ないと感じる。

 馬山は今回の映画化が決まると、製作発表した日に出栗から連絡があった事を明かす。漫画家を諦め、小さなデザイン会社に勤めていた出栗はあの話をリメイクするなら、スタッフロールの片隅に僕の名前を入れて欲しいと頼んできたという。出栗は自分の漫画が映画化されるのが夢だったのだ。馬山は出栗の希望通り、スタッフロールに名前を入れようとしたが、手違いがあって初号試写のスタッフロールには出栗の名前が入っていなかった事を明かす。出栗はその初号試写を見て、失意の果てに清水寺から飛び降りて自害してしまったのだ。その頃、蘭、園子、紅葉は料亭の外で話が終わるのを待っていた。そこに蘭が会いたがっていた沖田総司が偶然通りかかる。沖田はたくさんの天狗が現れたと聞いて、剣道部の部員たちを連れて退治しに来たのだ。園子は沖田が新一にソックリな事に驚く。蘭は沖田を離れた場所に連れて行って封筒を手渡す。園子は親密そうな蘭と沖田の関係を怪しんでスマホで撮影する。

 新一は父の優作と一緒にアメリカのロサンゼルスにいる有希子に電話して景子の事を聞く。新一は有希子が景子の事を京子と呼んでいる事が引っかかる。景子の本名は京子らしく、有希子は大学の卒業制作の時にいろいろあって「京」の上に「日」をつけて芸名を景子にしたと教える。景子のように卒業制作の時だけ、馬山は峰人の「峰」を「峯」に、西木は「太郎」を「太郎坊」と名前を変えたという。景子は大学時代に好きだった人を今も想い続けて結婚していないらしく、その想い続けている人は出栗だった。有希子に一方的に電話を切られた後、新一のスマホに園子からメールが届く。「妻の浮気現場だよん」という文章に添えて送られてきたのは親密そうな蘭と沖田の写真だった。

 この後、西木が喫煙部屋を予約しようとしたら最初は満室だと断られたのに電話中にキャンセルが出て部屋が取れたという情報が入り、新一、平次、世良、綾小路は祇園ホテルへ確認に行く。フロントマンはこの話が事実だと認める。喫煙家の阿賀田は西木のすぐ後にまたキャンセルが出て予約できたと証言。その時、西木たちはマンションに集まって一緒に予約したという。世良は阿賀田の部屋に出現した巨大な天狗の事を綾小路に確認。綾小路はコゲた天井にノリみたいな物が付いていたと明かす。阿賀田が天狗に向かって投げた灰皿の煙草が落ちてカーペットに3センチくらいの焦げた跡が残っていたという。話を聞いた新一は何かが引っかかるが、写真の蘭と沖田の姿がチラついて推理に集中できない。

 その時、新一の体に異変が起きる。薬の効果が切れて幼児化する時間が近づいているのだ。新一は苦しみながらも犯人がわかった事を平次と世良に伝える。だが、捕まえるためにはまだ証拠が薄く、新一は綾小路に協力を求める。翌日、綾小路は自分の部屋から出ないように景子、阿賀田、馬山に釘を刺す。犯行予告と思われる暗号が井隼の遺体からも発見されたため、犯人が新たに誰かを狙う可能性は高いのだ。景子たちは綾小路と別れ、それぞれ自分の部屋に戻るが、この後、犯人が動き出して…。


 1時間枠前後編の後編。事件は解決したが、新一がTVに出てしまって良かったのだろうか。そして、ついコナン口調になる新一がおかしい。

 無事恋人同士になった新一と蘭。ここまでかなり時間がかかったが、その後の進展は…。


・今回の「声の出演」(敬称略)

 工藤新一:  山口勝平

 毛利 蘭:  山崎和佳奈
------------------
 世良真純:  日髙のり子
 鈴木園子:  松井菜桜子

 服部平次:  堀川りょう
 遠山和葉:  宮村優子

 大岡紅葉:  ゆきのさつき
 伊織無我:  小野大輔
------------------
 綾小路警部: 置鮎龍太郎

 沖田総司:  遊佐浩二

 毛利小五郎: 小山力也
 工藤優作:  田中秀幸
 工藤有希子: 島本須美

 メアリー:  田中敦子
------------------
 鞍知景子:  久川 綾
 馬山峰人:  安井邦彦
 出栗未智男: 内藤 玲
 先 生 :  菅原淳一
 中道 :   松本健太
 日高 :   川上 彩
 田代 :   田澤茉純
 警 官 :  清水健佑
 ニュースキャスター:グレッグ・アーウィン
------------------
 阿賀田 力: 阪口秀平

 倉木麻衣:  倉木麻衣

 江戸川コナン:高山みなみ


 次回は2019年1月19日、第87話「鶴の恩返し殺人事件」(デジタルリマスター、初回放送は1998年1月19日)が放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

 タンチョウを見るため、北海道にやってきた小五郎、コナン、蘭はひょんな事から鶴を世話している町田修造と知り合う。修造の自宅には弟の画家、保が居候していた。修造は自分の死後、渡り鳥の面倒を見てもらうため、村に全財産3億円を寄付しようとしていた。息子の浩と娘の則子は猛反対するが修造は聞く耳を持たない。5時に弁護士と会って書類に判を捺せば寄付の手続きは完了だったが、修造はその直前に何者かに殺害されて…。

 次回はちょうど21年前のお話。

 前回EDに流れた曲が、正式にOPで登場。EDも新曲だった。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント