銀河後悔日誌、つぶやき

2017年10月22日より新発足しました。よろしくおねがいします。

令和元年七月場所・十一日目

2019-07-17 23:33:43 | 大相撲観測日誌
 令和元年七月(名古屋)場所(於名古屋市中区二の丸 ドルフィンズアリーナ)は十一日目。


 もと関脇安美錦が引退、今後は安治川親方となる。お疲れさまでした。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ

 「序ノ口全敗等の一覧表」


・幕下
 狼雅を極め出し、照ノ富士5勝目。
 鳩岡を寄り切り、千代ノ皇6連勝。
 栃清龍を寄り切り、若隆元勝ち越し。
 天空海を送り倒し、靏林6連勝。天空海は関取復帰ならず。
 塚原を下し、千代鳳五分。塚原は負け越し。
 野上勝ち越し、豊昇龍五分。
 魁勝を下し、青狼(東筆頭)勝ち越し。

☆6勝
 靏林(西20)・千代ノ皇(西41)


・十枚目(十両)
 琴ノ若5勝目、彩(西下筆頭)五分。
 水戸龍を寄り切り、貴ノ富士勝ち越し。
 千代の海3勝目、勢負け越し。
 大翔丸6勝目、明瀬山(東14)負け越し。
 旭秀鵬を押し出し、新十枚目一山本勝ち越し。
 千代翔馬を破り、旭大星勝ち越し。
 臥牙丸を寄り切り、大奄美勝ち越し。
 石浦7勝目、蒼国来負け越し。
 東龍を寄り切り、剣翔ただ一人2敗を守る。

☆2敗
 剣翔(東6)
☆3敗
 大奄美(東8)・旭大星(東11)・貴ノ富士(東12)・一山本(東13)
☆4敗
 石浦(東2)・霧馬山(西9)


・幕内(まくのうち)
 投げの打ち合いで炎鵬が先に落ちた。佐田の海小手投げで7勝目。炎鵬も7勝4敗。
 矢後を突き落とし、輝白星先行。矢後負け越し。
 豊ノ島を叩き込み、栃煌山4勝目。
 錦木を押し出し、照強9勝目。錦木負け越し。
 貴源治を突き出し、千代丸5勝目。新入幕貴源治は4連勝から負け越し王手。
 魁聖休場、阿武咲白星先行。
 出る琴勇輝を叩き込み、友風9勝目。
 隠岐の海5勝目、妙義龍3敗。
 松鳳山を土俵際小手投げ、宝富士4勝目。
 北勝富士を寄り切り、朝乃山5勝目。
 竜電を寄り切り、遠藤白星先行。
 出る玉鷲をガバッと叩き込み、逸ノ城7勝目。

 髙安休場、白鵬10勝目。

 明生の攻めを凌いで御嶽海7勝目を摑む。

 がぶり寄る琴奨菊を残し、最後は突き倒して鶴竜万全11勝。

☆全勝
 鶴竜(東横綱)
☆1敗
 白鵬(西横綱)
☆2敗
 友風(西7)・照強(西前16)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
コメント

令和元年七月場所・十日目

2019-07-16 23:09:45 | 大相撲観測日誌
 令和元年七月(名古屋)場所(於名古屋市中区二の丸 ドルフィンズアリーナ)は十日目。


 もと関脇安美錦が引退を声明。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ

 「序ノ口全敗等の一覧表」


・幕下
 千代大豪を押し出し、狼雅勝ち越し。
 将豊竜を叩き込み、2場所目の白石勝ち越し。
 魁渡を破り、錦富士勝ち越し。
 千代嵐を寄り切り、琴手計勝ち越し。
 塚原を破り、魁勝白星先行。

☆5勝
 天空海(東7)・靏林(西20)・千代ノ皇(西41)・鳩岡(西52)


・十枚目(十両)
 竜虎を寄り切り、玉木(下3)五分。
 明瀬山(14)3勝目で残った。旭大星は3敗。
 貴ノ富士7勝目、千代の海負け越し。
 3敗同士、霧馬山を寄り倒して一山本7勝目。
 3敗同士、隆の勝を寄り切って大奄美7勝目。
 勢3連勝、臥牙丸負け越し。
 德勝龍を突き落とし、剣翔ただ一人勝ち越し。

☆2敗
 剣翔(東6)
☆3敗
 大奄美(東8)・旭大星(東11)・貴ノ富士(東12)・一山本(東13)
☆4敗
 石浦(東2)・千代翔馬(東3)・豊山(西3)・隆の勝(西4)・旭秀鵬(東5)・水戸龍(東9)・霧馬山(西9)・木﨑海(西13)


・幕内(まくのうち)
 千代丸を押し出し、照強勝ち越し。
 出る錦木を残した炎鵬寄り切り7勝目。
 松鳳山を一気に押し出し、妙義龍勝ち越し。
 貴源治を下し、友風勝ち越し。
 正代を押し出し、碧山4勝目。
 琴奨菊と遠藤、熱戦最後は遠藤が上手出し投げで五分。
 朝乃山を引き落とし、阿炎五分。朝乃山は4勝6敗。
 竜電を押し出し、北勝富士7勝目。
 御嶽海を突き出し、大栄翔五分。御嶽海は6勝4敗。

 明生を寄り切り、髙安片手でも勝ち越し。明生負け越し。

 逸ノ城も追い込んだが、鶴竜が後ろを向かせて最後は寄り切り10連勝。
 顔を張ってから玉鷲を突き落とし、白鵬9勝目。

☆全勝
 鶴竜(東横綱)
☆1敗
 白鵬(西横綱)
☆2敗
 髙安(西大関)・妙義龍(東7)・友風(西7)・照強(西前16)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
コメント

令和元年七月場所・九日目

2019-07-15 21:46:06 | 大相撲観測日誌
 令和元年七月(名古屋)場所(於名古屋市中区二の丸 ドルフィンズアリーナ)は九日目。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ

 「序ノ口全敗等の一覧表」


・幕下
 もと十枚目慶天海を下し、もと大関照ノ富士勝ち越し。
 深海山(三8)を下し、鳩岡勝ち越し。
 もと幕内鏡桜を寄り切り、もと幕内千代ノ皇5連勝。
 朝興貴を押し出し、靏林5連勝。
 翠富士を叩き込み、もと十枚目天空海5連勝。翠富士は関取昇進ならず。
 美ノ海を押し出し、納谷2勝目。
 千代鳳を破り、豊昇龍白星先行。
 玉木を押し出し、彩白星先行。
 青狼を寄り切り、若元春勝ち越し。

☆5勝
 天空海(東7)・靏林(西20)・千代ノ皇(西41)・鳩岡(西52)


・十枚目(十両)
 一山本6勝目、大成道(下2)負け越し。
 竜虎を寄り切り、旭大星7勝目。
 霧馬山6勝目、貴ノ富士も6勝3敗。
 明瀬山を寄り切り、勢連勝。
 水戸龍を押し出し、隆の勝6勝目。
 若隆景を突き落とし、剣翔7勝目。

☆2敗
 剣翔(東6)・旭大星(東11)
☆3敗
 石浦(東2)・隆の勝(西4)・大奄美(東8)・霧馬山(西9)・貴ノ富士(東12)・一山本(東13)
☆4敗
 千代翔馬(東3)・豊山(西3)・若隆景(東4)・旭秀鵬(東5)・翔猿(西6)・大翔丸(西7)・水戸龍(東9)・木﨑海(西13)


・幕内(まくのうち)
 佐田の海6勝目、魁聖負け越し。
 栃煌山を一気に押し出し、照強7勝目。
 中に入れたくない貴源治を、いなして崩して最後は足とり炎鵬6勝目。貴源治は4連勝5連敗。
 輝を叩き込み、友風7勝目。
 豊ノ島を一気に押し出し、妙義龍7勝目。
 松鳳山を叩き込み、志摩ノ海白星先行。
 碧山を寄り切り、遠藤4勝目。
 竜電を寄り切り、朝乃山4勝まで戻して来た。
 玉鷲をタイミング良く突き落とし、北勝富士6勝目。玉鷲もう負け越し。
 御嶽海を上手投げ、阿炎4勝目。御嶽海は3敗目。

 左が使えない髙安、片手で攻めていくが最後は正代が突き落として白星先行。髙安2敗。

 廻しの取れない白鵬をまっすぐ寄り切って逸ノ城6勝目。白鵬は何もできずに1敗。
 明生を寄り切り、鶴竜9連勝で時代到来か。

☆全勝
 鶴竜(東横綱)
☆1敗
 白鵬(西横綱)
☆2敗
 髙安(西大関)・妙義龍(東7)・友風(西7)・照強(西前16)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
コメント

40年前の事件を追う・前

2019-07-15 17:29:54 | めいたんていコナン…など
 2019年7月13日の『名探偵コナン』は、第946話「呪いの宝石ボルジアの涙 (前編)」が放送された(7月15日視聴)。

 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 ytv MyDo!(見逃し配信サイト)


・「呪いの宝石ボルジアの涙 (前編)」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。

 鹿屋建設社長の梅木弘道と野々垣不動産社員の水沢翔は管理地を巡回中に干上がったダム湖で車を発見。車内から白骨化した佐伯由利の遺体が40年ぶりに見つかる。遺体の腹部にはナイフが刺さっていた。40年前に消えた呪いの宝石、ボルジアの涙。当時は由利が持ち逃げしたと噂されたが、車内から宝石は発見されなかった。由利の孫の佐伯菫は小五郎の事務所を訪れ、40年前の事件について相談する。

 40年前に制作されたヤマトテレビ創立5周年記念ドラマ「私が殺しました」(通称ワタコロ)。菫はこのドラマの主演女優、朝比奈なぎさの付き人だった祖母の由利は事件の被害者だと訴える。小五郎は警察に電話して捜査状況を探る。殺人と断定できないというのが警察の見解。由利が宝石を紛失し、自ら命を絶った可能性もあるという。40年という時間の壁もあって捜査の続行は困難だった。

 コナンと蘭は菫を送りながら話を聞く。米花町のテレビ局からロケ先のダム湖まで宝石を運ぶ役目だった由利。菫は祖母の無実を証明したい様子だった。この時、鹿屋建設顧問の鹿屋辰馬が菫に声をかけてくる。菫は40年前の由利にソックリだという。鹿屋は40年前ワタコロを撮影したカメラマンだった。コナンたちは鹿屋の自宅に行って当時の話を聞く。由利となぎさは姉妹のように仲が良かったという。

 録画ではなく、生放送されたワタコロ。なぎさはクライアントの娘だったために女優デビューできたという。朝比奈家はボルジアの涙を買い込んだ程の成金だった。生放送当日、由利はボルジアの涙の指輪を持ってロケ現場に現れず、最終的に小道具の指輪を使ったという。鹿屋はロケ地の湖畔の詰所でリンゴを剥くなぎさを撮影した事を今も鮮明に覚えていた。鹿屋は放映直後になぎさが倒れたと明かす。なぎさは40度の熱があったという。生放送を中止にできないため、なぎさは無理して撮影をしたのだ。

 コナンたちは介護施設にいるなぎさに会いに行く。菫が由利の名前を出すと、なぎさは「由利さんごめん なさい。許して!」と絶叫して拒絶反応をする。コナンは2人の間に何かがあり、それがなぎさのトラウマになったと考える。この後、介護施設の前庭で西洋史の教授だった千住英雄が由利と間違えて菫に声をかけてくる。千住もワタコロの関係者の1人だった。

 千住はボルジアの涙は歴史上に実在しない偽物だったと明かす。千住は40年前、テレビ局からは本物と証言してほしいと頼まれた事を告白。千住は無理に本物と言えば持ち主が大恥だと忠告したが、まともに話を聞いてくれたのは由利だけだったという。夕方、小五郎は知り合いの水沢に相談があると呼び出され、野々垣不動産を訪れる。小五郎は焦げ臭い事に気付いて建物の中に入っていく。小五郎は煙がもうもうと噴き出す部屋のドアを開けた途端、噴き出した猛烈な炎に巻き込まれて…。


 辻真先さん脚本で、出演者も吹き替えでおなじみの方が並ぶ前後編。

 40年前に行方不明になったドラマの関係者の遺体が、干上がったダム湖で発見される。名前を出した途端に様子がおかしくなる友人、発見した小五郎の知人も火事に巻き込まれる展開。

 次回を楽しみに待ちましょう。


・今回の「声の出演」(敬称略)

 江戸川コナン:高山みなみ
------------------
 毛利 蘭:  山崎和佳奈

 毛利小五郎: 小山力也
------------------
 梅木弘道:  斉藤次郎
 水沢 翔:  三宅貴大
 医 師 :  三瓶雄樹
 フロントの女性:所河ひとみ
------------------
 佐伯 薫
 佐伯由利:  河原木志穂
 鹿屋辰馬:  井上倫宏
 朝日奈なぎさ:江森浩子
 千住英雄:  坂口哲夫


 次回は2019年7月20日、第947話「呪いの宝石ボルジアの涙 (後編)」が放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。

梅木と共に由利の遺体を発見した水沢は原因不明の火事によって命を落とし、巻き込まれた小五郎も病院に搬送される。関わる人に災いをもたらすというボルジアの涙の噂は本当だった。水沢は火事の前に殺害されていた事が判明。コナンは火事の現場の状況から犯人が仕掛けたトリックを見破る。コナンはドラマ「私が殺しました」のラストの映像を見た後、ロケ現場のダム湖を訪れ、40年前にボルジアの涙が消えた事件の真相にも辿り着く。

 宝石ではなく、小五郎の友人だったのが災いのもとでは?

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

令和元年七月場所・中日

2019-07-14 23:47:49 | 大相撲観測日誌
 令和元年七月(名古屋)場所(於名古屋市中区二の丸 ドルフィンズアリーナ)は中日(八日目)。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ

 「序ノ口全敗等の一覧表」


・幕下
 深海山(三8)勝ち越し、千代大豪は1敗。
 一木(三2)を極め出し、照ノ富士3勝目。
 大野城を押し出し、狼雅3勝目。
 栃清龍を寄り切り、千代ノ皇勝ち越し。
 舛東欧を寄り切り、靏林勝ち越し。
 塚原を下し、若元春3勝目。
 武将山を叩き込み、魁勝五分。
 千代鳳五分、納谷は1勝3敗。

☆4勝
 天空海(東7)・翠富士(西11)・靏林(西20)・朝興貴(西38)・千代ノ皇(西41)・鏡桜(東49)・鳩岡(西52)


・十枚目(十両)
 千代の海を押し出し、琴ノ若3勝目。
 一山本を寄り倒し、大翔丸5勝目。
 翔猿を押し出し、旭大星6勝目。

☆2敗
 剣翔(東6)・旭大星(東11)・貴ノ富士(東12)
☆3敗
 石浦(東2)・豊山(西3)・若隆景(東4)・隆の勝(西4)・翔猿(西6)・大翔丸(西7)・大奄美(東8)・水戸龍(東9)・霧馬山(西9)・一山本(東13)
☆4敗
 東龍(東筆頭)・千代翔馬(東3)・旭秀鵬(東5)・英乃海(東7)・荒鷲(西10)・竜虎(西12)・木﨑海(西13)


・幕内(まくのうち)
 千代丸五分、炎鵬は5勝3敗。
 輝5勝目、照強は2敗目。
 貴源治を下し、豊ノ島3勝目。新入幕貴源治は4連勝4連敗。
 大翔鵬を寄り切り、妙義龍6勝目。
 遠藤を破り、朝乃山3勝目。碧山をさっと送り出し、北勝富士5勝目。
 新小結同士、竜電を引き落として阿炎3勝目。
 手つき不十分で3回目、逸ノ城を押し出して御嶽海6勝目。

 豪栄道休場、明生2勝目。
 ただ一人出場の大関髙安、玉鷲を押し倒して7勝目だが、途中で肘を傷めた模様。

 大栄翔を叩き込み、鶴竜勝ち越し。
 正代を引き落とし、白鵬も勝ち越し。

☆全勝
 鶴竜(東横綱)・白鵬(西横綱)
☆1敗
 髙安(西大関)
☆2敗
 御嶽海(東関脇)・妙義龍(東7)・友風(西7)・照強(西前16)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へにほんブログ村
コメント

令和元年七月場所・七日目

2019-07-14 02:02:19 | 大相撲観測日誌
 令和元年七月(名古屋)場所(於名古屋市中区二の丸 ドルフィンズアリーナ)は七日目。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ

 「序ノ口全敗等の一覧表」


・幕下
 白石を寄り切り、鳩岡勝ち越し。白石は初黒星で初土俵からの連勝は10止まり。
 宝龍山を下し、鏡桜勝ち越し。
 栃丸を突き出し、朝興貴勝ち越し。
 舛乃山休場、富栄初日。
 大翔龍を破り、翠富士勝ち越し。
 琴手計を押し出し、天空海勝ち越し。琴手計は一発関取ならず。
 玉木を突き落とし、青狼3勝目。

☆4勝
 天空海(東7)・翠富士(西11)・朝興貴(西38)・鏡桜(東49)・鳩岡(西52)


・十枚目(十両)
 旭大星を破り、一山本5勝目。旭大星も5勝2敗。
 木﨑海を押し出し、勢嬉しい初日。
 豊山白星先行、剣翔2敗。
 石浦5勝目、若隆景も5勝2敗で1敗が消えた。


・幕内(まくのうち)
 德勝龍(十筆頭)を押し出し、照強6勝目。
 佐田の海を下し、豊ノ島2勝目。
 炎鵬を“押し飛ばし”、輝白星先行。
 今日も攻める逸ノ城を寄り切り、妙義龍5勝目。
 宝富士を寄り切り、明生初日。
 玉鷲を突き落とし、竜電3勝目。
 朝乃山を押し出し、御嶽海5勝目。

 碧山を押し出し、髙安は6勝目。
 豪栄道を寄り切り、遠藤完勝3勝目。

 大栄翔を下し、白鵬7勝。
 正代を寄り切り、鶴竜7勝。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
コメント

令和元年七月場所・六日目

2019-07-12 23:37:47 | 大相撲観測日誌
 令和元年七月(名古屋)場所(於名古屋市中区二の丸 ドルフィンズアリーナ)は六日目。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ

 「序ノ口全敗等の一覧表」


・幕下
 陽翔山を破り、狼雅白星先行。
 栃登初日、舛乃山3連敗。
 塚原白星先行、納谷黒星先行。


・十枚目(十両)
 木﨑海五分、初の大銀杏豊昇龍(下2)は五分。
 貴ノ富士4勝目、一山本は2敗目。
 琴ノ若を押し出し、旭大星5勝目。
 水戸龍4勝目、勢は6連敗。
 英乃海を吊り出し、蒼国来初日。
 東龍を送り出し、若隆景5勝目。


・幕内(まくのうち)
 炎鵬が潜って矢後を腕ひねり、5勝目。矢後は2勝4敗。
 攻める豊ノ島を千代丸引き落とし五分。豊ノ島は1勝5敗。
 照強を浴びせ倒し、佐田の海4勝目。照強に土。
 貴源治を下し、隠岐の海五分。貴源治は4勝3敗。
 琴奨菊を寄り切り、妙義龍4勝目。
 友風をあっさり引き落とし、宝富士2勝目。友風も土。
 志摩ノ海を寄り切り、逸ノ城5勝目。
 竜電を押し出し、御嶽海4勝目。
 朝乃山を一気に押し出し、玉鷲初日。朝乃山は2勝4敗。

 出る大栄翔を髙安叩き込みで残り5勝目。
 豪栄道を一方的に寄り切り、正代4勝目。豪栄道五分。
 栃ノ心休場、阿炎2勝目。

 遠藤を叩き込み、鶴竜6連勝。
 時間いっぱいからなかなか立たない白鵬。ところどころ離れてお見合いがあり、最後は碧山を叩き込んで6連勝。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
コメント

令和元年七月場所・五日目

2019-07-11 23:04:24 | 大相撲観測日誌
 令和元年七月(名古屋)場所(於名古屋市中区二の丸 ドルフィンズアリーナ)は五日目。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ

 「序ノ口全敗等の一覧表」


・幕下
 唐津海(三筆頭)を寄り切り、照ノ富士白星先行。
 大野城を寄り切り、白石3連勝で通算10連勝。
 田邉を叩き込み、豊響初日。
 魁渡を下し、翠富士3連勝。
 野上を押し出し、琴手計3連勝。
 美ノ海を破り、豊昇龍白星先行。


・十枚目(十両)
 彩(下筆頭)を叩き込み、明瀬山2勝目。
 新十枚目同士。琴ノ若を送り出し、竜虎白星先行。
 木﨑海を押し倒し、旭大星4勝目。
 千代の海を寄り倒し、一山本4勝目。
 臥牙丸を寄り切り、隆の勝4勝目。
 東龍を押し出し、豊山白星先行。


・幕内(まくのうち)
 矢後を押し出し、照強5連勝。
 琴勇輝白星先行、豊ノ島は1勝4敗。
 中には入れなかったが、栃煌山を上手く攻めて炎鵬4勝目。
 輝を寄り切り、貴源治4勝目。
 妙義龍を破り、友風5連勝。
 阿武咲を引き落とし、志摩ノ海2勝目。
 宝富士を寄り切り、琴奨菊4勝目。
 千代大龍を寄り切り、今日も攻めた逸ノ城4勝目。
 2回行司待ったの後、3回目で明生を寄り切り正代白星先行。
 大栄翔白星先行、玉鷲は5連敗。
 御嶽海を叩き込み、北勝富士2勝目。去年の覇者御嶽海は2敗目。

 竜電を寄り切り、豪栄道白星先行。
 栃ノ心を寄り切り、朝乃山2勝目。栃ノ心5連敗。
 阿炎を押し出し、髙安4勝目。

 遠藤を廻り込んで小手投げ、白鵬5勝目。
 碧山を下し、鶴竜5連勝。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
コメント

令和元年七月場所・四日目

2019-07-10 23:02:54 | 大相撲観測日誌
 令和元年七月(名古屋)場所(於名古屋市中区二の丸 ドルフィンズアリーナ)は四日目。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ

 「序ノ口全敗等の一覧表」


・幕下
 大野城連勝、照ノ富士に土。
 朝弁慶を破り、翠富士連勝。
 錦富士を押し倒し、琴手計連勝。
 富士東を破り、納谷初日。


・十枚目(十両)
 青狼(下筆頭)を押し出し、琴ノ若五分。
 貴ノ富士を突き落とし、木﨑海五分。
 新十枚目同士、竜虎を引き落として一山本3勝目。
 旭大星3勝目、荒鷲に土。
 旭秀鵬五分、翔猿に土。
 隆の勝3勝目、石浦も土で全勝が消えた。


・幕内(まくのうち)
 魁聖を寄り切り、豊ノ島初日。
 照強が炎鵬を一気に押し倒し…は不成立。2回目、照強が炎鵬を押し倒して4連勝。炎鵬に土。
 長い相撲で千代丸を寄り切り、矢後五分。
 貴源治を突き落とし、栃煌山五分。物言い付いたが、栃煌山はしっかり残っていた。
 隠岐の海を寄り倒し、大翔鵬初日。
 出る妙義龍を阿武咲が突き落とし…に物言い。妙義龍が倒れた時、阿武咲の足も出ていて取り直し。阿武咲を押し倒し、妙義龍3勝目を拾った。
 志摩ノ海を押し出し、友風4連勝。
 琴奨菊を突き落とし、千代大龍3勝目。
 宝富士を押し出し、張っていく逸ノ城3勝目。
 出る明生を碧山土俵際で突き落とし、3勝目。
 正代を一気に押し出し、御嶽海3勝目。
 玉鷲を寄り切り、遠藤五分。

 栃ノ心を押し出し、大栄翔五分。栃ノ心は4連敗。
 朝乃山を下し、髙安3勝目。朝乃山は健闘したが1勝3敗。
 お互い残していなして最後は豪栄道を叩き込み、勝ったのは北勝富士初日。

 突っ張る阿炎を気にせず鶴竜突き出し、4連勝。
 竜電を寄り切り、白鵬4連勝。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
コメント

令和元年七月場所・三日目

2019-07-09 23:44:00 | 大相撲観測日誌
 令和元年七月(名古屋)場所(於名古屋市中区二の丸 ドルフィンズアリーナ)は三日目。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ

 「序ノ口全敗等の一覧表」


・幕下
 藤田を寄り切り、狼雅初日。
 寺尾を押し出し、若隆元連勝。
 千代鳳に勇み足、美ノ海初日。
 魁勝を突き落とし、玉木連勝。
 青狼連勝、豊昇龍1敗。


・十枚目(十両)
 新十枚目同士、一山本を寄り切って琴ノ若初日。一山本は1敗。
 安美錦休場、荒鷲3連勝。
 臥牙丸を押し倒し、豊山白星先行。


・幕内(まくのうち)
 魁聖を押し出し、照強3連勝。
 2回不成立で3回目、出る琴勇輝をヒラリと押し出して炎鵬3連勝。
 豊ノ島を寄り切り、矢後初日。
 琴恵光を押し出し、貴源治3連勝。
 早い突きで松鳳山を押し出し、友風3連勝。
 出る千代大龍を土俵際突き落とし、志摩ノ海初日。
 明生を摑まえてから寄り切り、逸ノ城白星先行。
 大栄翔を押し出し、琴奨菊3連勝。
 正代を突き出し、新小結阿炎初日。
 玉鷲を一気に押し出し、御嶽海白星先行。玉鷲は3連敗。

 もつれて同体取り直し。再戦は遠藤を突き落として髙安やっと2勝目。
 碧山を押し出し、豪栄道白星先行。
 栃ノ心を破り、竜電白星先行。栃ノ心は3連敗。

 北勝富士健闘も最期は白鵬上手ひねりで3連勝。
 朝乃山を下し、鶴竜3連勝。朝乃山は横綱戦は白星なし。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
コメント

令和元年七月場所・二日目

2019-07-08 23:26:12 | 大相撲観測日誌
 令和元年七月(名古屋)場所(於名古屋市中区二の丸 ドルフィンズアリーナ)は二日目。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ

 「序ノ口全敗等の一覧表」


・幕下
 葵を下し、もと大関照ノ富士白星発進。
 狼雅を下し、慶天海1勝。狼雅は幕下で黒星発進。
 琴力泉を突き出し、先場所初土俵の白石白星発進。
 天空海1勝、納谷は黒星発進。
 彩を押し出し、豊昇龍白星発進。


・十枚目(十両)
 明瀬山を叩き込み、一山本連勝。
 新十枚目同士。木﨑海初日、琴ノ若連敗。
 貴ノ富士を押し出し、旭大星連勝。
 新十枚目竜虎初日、安美錦敗れて明日から休場となった。
 豊山を押し出し、隆の勝初日。
 德勝龍を突き落とし、石浦連勝。


・幕内(まくのうち)
 矢後を突き落とし、琴勇輝初日。矢後は連敗。
 豊ノ島を押し出し、照強連勝。
 魁聖の後ろに付いてグルグル回して送り出し、炎鵬連勝。
 大翔鵬を寄り切り、貴源治連勝。
 隠岐の海を押し出し、友風連勝。物言い付いたが、隠岐の海が先に出ていた。
 出る明生を下手ひねりで下し、琴奨菊連勝。
 大栄翔を押し倒し、逸ノ城どっしり初日。
 遠藤を押し出し、御嶽海初日。
 碧山連勝、玉鷲さっぱり出られず連敗。

 阿炎を下し、豪栄道初日。
 栃ノ心を寄り切り、正代連勝。栃ノ心は連敗。
 竜電と髙安、長い相撲は竜電に団扇も同体取り直し。取り直しも最期微妙だったが、竜電が制して初日。髙安2日目に早くも土。

 出る北勝富士を鶴竜叩き込み連勝。しかし危なかった…。
 健闘の朝乃山を上手投げ、白鵬まだまだ現役連勝。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
コメント

令和元年七月場所・初日

2019-07-07 22:28:04 | 大相撲観測日誌
 令和元年七月(名古屋)場所(於名古屋市中区二の丸 ドルフィンズアリーナ)は初日。

 カド番貴景勝と嘉風が初日から休場。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ

 「序ノ口全敗等の一覧表」


・幕下
 東里を押し出し、千代ノ皇白星発進。
 井上を叩き込み、若隆元白星発進。
 塚原を押し出し、琴手計白星発進。
 美ノ海を引き落とし、玉木白星発進。


・十枚目(十両)
 明瀬山1勝、新十枚目琴ノ若黒星発進。
 新十枚目同士、木﨑海を叩き込んで一山本白星発進。
 千代相馬を寄り倒し、豊山白星発進。


・幕内(まくのうち)
 琴勇輝を引き落とし、照強白星発進。
 矢後を寄り切り、魁聖1勝。矢後は黒星発進。
 豊ノ島に後ろ向かせて上手出し投げ、炎鵬1勝。豊ノ島は再入幕黒星発進。
 錦木に攻められながらも盛り返し、新入幕貴源治1勝。
 逸ノ城を寄り切り、琴奨菊白星発進。逸ノ城は昔に戻った1敗。
 玉鷲を突き落とし、正代1勝。玉鷲は黒星発進。
 御嶽海をあっさり叩き込み、碧山1勝。御嶽海は去年の優勝者だが…。

 栃ノ心をさっと上手出し投げ、遠藤1勝。大関復活栃ノ心は黒星発進。
 北勝富士を押し出し、髙安は危なげなく1勝。
 先場所優勝の朝乃山、豪栄道を堂々寄り切って白星発進。豪栄道1敗。

 新小結阿炎に相撲を取らせて叩き込み、休場明け白鵬1勝。
 新小結竜電を寄り切り、鶴竜1勝。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
コメント