銀河後悔日誌、つぶやき

2017年10月22日より新発足しました。よろしくおねがいします。

お姉さんはキレイ好きなお金持ちですか?

2007-10-31 01:11:44 | ハヤテのこと<!
 10月28日放送分、『ハヤテのごとく!』第31話「お金持ちでキレイなお姉さんは好きですか?」のお話。


 『ハヤテのごとく!』公式サイト
 少年サンデーの公式ページ
 テレビ東京の公式ページ(あにてれ)

 インターネットラジオ「音泉」
 「ハヤテのごとく! RADIO THE COMBAT BUTLER」(ハヤテ役白石涼子さん・ナギ役釘宮理恵さんがパーソナリティー、今回は釘宮さんの代わりに、生徒会三人娘が担当)毎週金曜日更新


 OP前。タマに無茶振りしているナギ…という、危ないネタから始まる(笑)。小さい頃、ナギは咲夜を「サク姉ちゃん」と呼んでいた…とマリアさん。可愛いねえ、小さい頃のナギは(今でも…とは言わない)。



「お金持ちでキレイなお姉さんは好きですか?」

 まず、上記「あにてれ」上のあらすじは以下のとおり。

 ナギの家に咲夜が遊びに来るとタマを調教しているナギの姿が・・・。咲夜に助けを求めてくるタマをなだめる咲夜だが、それを見たハヤテは、咲夜が面倒見がいいことに気がつく。咲夜は、兄弟がいるから面倒見が良いのではというが、今は違っているが、ナギも実は昔、咲夜を姉のように慕っていたというのだ。 自分にも下の兄弟がいれば、面倒見だってできるということで、ハヤテ相手にお姉さんを演じてみるもどうも上手くいかない。咲夜の提案で、屋敷の敷地内に迷い込んでいる子供を捜して世話をしようということになった。

 少年サンデーの『ハヤテ』サイトのあらすじは、以下のとおり。

 ナギは遊びに来た咲夜に、小さい子の面倒をみたことがないとバカにされ、憤慨していた。そこにたまたま、ハヤテが屋敷の門あたりで迷子になっている二人の子どもを見つけ、連れてくる。二人を見たナギは、自分がお世話をすると宣言! しかし、この迷子たちには、ある秘密があった…



 三千院家へやって来た兄弟は、まるで不死鳥のようなイツキとシュンジ。

 それはともかく、今回はハヤテの印象は薄く、ナギが兄弟の姉代わりをする影で、咲夜のお姉さんぶりが際立った。

 咲夜といえば、突っ込み鋭く目つきも鋭い印象が強かったキャラだが、わがままなナギとはだいぶ違い、意外と(?)しっかりしている良いお姉ちゃんである。
 こういうところが、たまにしか登場していない原作よりもアニメの出番が増え、人気も高い理由なのかも知れない。


 さて、ナギについて。ハヤテを妹っぽく仕立ててみたものの、案の定失敗(その手の人には衝撃の映像ではあった)。
 そこでハヤテに探させたのが、件の兄弟であった。

 兄弟はおろか、家族もいないに等しいナギが、初めて見せるお姉さんとしての顔。
 結果的に兄弟たちは“帰って”しまったが、この1日で、だいぶ成長したのではないか。まあ、明日から元に戻るだろうが(笑)。


 残念な点として、兄弟たちがどうして三千院家へ入り込んだのか。結局はよく分からないままだった。SP部隊が両親を探しっぱなしというのは、孤児という意味なのか…。



 さて、今週の執事バトルは、「サンデー」ではなく「コロコロコミック」でおなじみのミニ四○から。『ダッシュ四○郎』とは懐しいが、それよりも、T宮の前ちゃんが懐かしい。これは原作マンガだけを読んでいても分かりにくいネタだ。
 ところで、高校生がミニ四バトルって…。

 ちなみに、スティックで小4WD車を操るのは、すごく大変だということが既に実証されている。


 改めて、徳田ザウルス先生に合掌。



 「あにてれ」上の次回第32話「魔物ハンターようこそ伊澄、とナベシン」のあらすじは下記のとおり。

 ナギからの話で、どうやら一人で伊澄がナギの家に向かってきているらしい。だが、ハヤテは、どうして毎度毎度道に迷う伊澄が一人で出歩くのかちょっと不思議だった。ナギ曰く、伊澄は『次は迷わないと』と思っているというのだが、どうやらかなりの頑固者らしいのだ。
 案の定、道に迷っていた伊澄は、偶然咲夜と出会い、三千院家に向かおうとしたのだが、なにやら助けを求めてくる声が聞こえてきた。声の主は何やら見たことがない姿をしていた。伊澄曰く、「土地神の一種」とのことなのだが、その土地神が一体伊澄に何のようだったのか?


 原作からのお話。土地神…っていうか妖怪変化!?

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント   トラックバック (10)

新編集コナン

2007-10-30 00:00:00 | めいたんていコナン…など
 10月29日放送『名探偵コナン』「鳥取クモ屋敷の怪(デジタルリマスター)」。
 デジタルリマスターはともかく、この話は166話(1999年11月1日放送)~168話(11月15日放送)の30分ずつ3話構成(事件編・疑惑編・解決編)を1時間枠に再編集したもの。これは初の試みであり、OP・EDは現行のものが使用された。

 わたしが観始めたのは2000年の4月からということで、この話は未見。
 当時は5月に「本庁の刑事恋物語」が始まり、9月に「2」が放送されたところ。それから8年が過ぎ、先日「8」が放送されたのは記憶に新しい…が、長い話だねえ…。



 名探偵コナン公式バナーよみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 東京ムービーの『コナン』ページ



「鳥取クモ屋敷の怪」

 上記YTV公式サイトのあらすじは、以下のとおり。

 小五郎は事件の依頼を受け、コナン、蘭と共に鳥取県にある絡繰峠のクモ屋敷と呼ばれる旧家、武田家に向かう。途中、小五郎らは道に迷っていた平次、和葉、米国人カメラマンのロバートをトラックで拾う。小五郎は武田家から正式に仕事の依頼を受け、平次のところには謎めいた依頼状が届いたという。その案内状には「次の土曜、陽が傾く前に絡繰峠の武田家に来られたし。さもなくば、また生きた人形が蜘蛛の餌食になるであろう」と記されていた。

 トラックを運転する武田家の三男、勇三によれば、武田家で悲惨な事件が続いたため、付近の住民は武田家に近づくなと噂しているという。屋敷に到着した一行は、3年前に絡繰人形の匠で当主の信一の娘、美沙と妻、絹代が相次いで自殺した事を知る。当時屋敷に滞在していたロバートが出て行った2、3日後、娘は人形倉の2階で首を吊って自殺。妻も娘の後を追うように同じ場所で首を吊ったという。そして、つい先日も信一の人形の販売と連絡を担当する根岸という男性が納屋で首を吊って自殺。だが、信一は屋敷の誰かが根岸を殺したと睨み、犯人がわかったら自分だけに教えて欲しいと小五郎に頼む。

 武田家の人々はコナンらのために宴会を開く。集まったのは信一と勇三、次男の龍二と妻の陽子、双子姉妹の紗栄と絵未。小五郎が酔って上機嫌になった頃、信一は仕事場に向かい、蘭と和葉はロバートに誘われ、美沙の墓参りへと出発する。この後、勇三は信一がいないと騒ぎ出す。仕事を手伝う予定だったが、信一の姿が見えないという。コナン、平次、勇三、龍二は誰も近づかない人形倉の2階を調べる事に。鍵がかかった扉を斧で壊して中に入ると、そこでは信一が無残な姿で息絶えていた。

 信一は梁から首を吊り、体にはクモの糸でからめ捕られたように糸が巻き付いていた。信一の母、智恵はクモ御前の祟りだと怯え、コナンと平次はこの言葉から蜘蛛と人形師にまつわる民話がこの地方に伝えられている事を知る。この後、龍二は3年前に自殺した美沙と絹代の体がクモの巣まみれになっていた事、根岸の手足に信一と同じく、クモの巣のように絡繰人形の糸が絡まっていた事を明かし、コナンと平次はクモの祟りに見せかけた殺人事件だと判断する。

 コナンらは信一の後頭部に殴られたような痕を発見。犯人の逃走経路は明らかになっていない。この後、コナンらは美沙と同じ病院で看護婦をしていた家政婦の美雪から話を聞く。美雪によれば、美沙は信一から大ケガをさせられ、それ以来ふさぎ込むようになったという。3年前、美沙はケガしたロバートを見つけ、自宅で看病するようになって明るさを取り戻したようだが、ロバートが武田家を去った2、3日後に自殺。妻が首を吊った後も信一は平然と葬儀に参列していたが、龍二は大声で号泣していたという。

 小五郎は信一の遺体に使われていたロープと同じ物を探そうと納屋に入り、泣きじゃくる蘭を発見。蘭は姿が見えなくなった和葉を捜して納屋に落ちている和葉のペンライトを見つけたという。コナンと平次らは必死になって和葉を捜し、倉の中で和葉を発見。和葉は糸でグルグル巻きにされた状態で天上から吊されていた。間一髪で和葉を救出した平次は、まだ犯人が倉の中にいると睨む。コナンと平次は急いで2階に向かうが、人の気配は全くなかった。

 小五郎は関係者を集めてアリバイを確認。だが、確かなアリバイを持っている者は誰もいない。コナンらは仕事場にいた勇三から話を聞き、信一が法外な人形の修理代を取っていた事、根岸に販売を任せてから人形が高値で売れるようになった事を知る。そして、コナンは絡繰人形より高い値が付くという操り人形を調べ、中からビニール袋に入った薬を発見。コナンと平次は犯人が信一を殺害したトリックを見破る。

 コナンらは事件の全容を告げるため、信一が殺害された現場を再現した人形倉の2階に関係者を集める。コナンは小五郎を麻酔銃で眠らせると、小五郎の声を借りて謎解きショーを始める。信一の遺体が発見された時、倉の入口の扉は内側から鍵がかかり、2階の部屋には子供1人がやっと通れる小窓しかない。だが、コナンはこの密室で犯人が信一を殺害して逃走したトリックを暴く。コナンは犯人がこの部屋にいかなったと推理。犯人は操り人形に使う釣り糸とロープ、画鋲を使って密室殺人を装ったのだ…。



 例によってお話は、長いあらすじで省略(笑)。


 本放送当時は、放送間もなく4周年という段階。すっかり慣れたもので、もともと3話構成を凝縮しただけあって、1時間があっという間に過ぎた。

 警察が来る前に解決してしまって、それで大丈夫なのか…という心配はともかく(?)、ロバートが美沙に残した言葉が悲しい。ローマ字と英語が正反対の意味とは…。


 平次と和葉、蘭と新一。この微妙な関係が、既に定着して久しい。進展してるのは…!?



 次回は11月5日、「そして人魚はいなくなった(デジタルリマスター特別編集版)」が放送される。

 コナンは仕事の依頼を受けた服部平次に誘われ、小五郎、蘭、和葉と共に連絡船に乗って美国島へ。美国島は人魚伝説が伝わる島で、門脇沙織からの依頼の手紙には「人魚に殺される…助けてくれ」と書かれていたという。島に到着後、沙織が3日前から行方不明になっている事が判明。島では年に1度、儒艮(ジュゴン)祭りが開催され、沙織は、毎年3本だけ授けてもらえる不老不死のお守り、儒艮の矢を昨年の祭りで手に入れたという。しかし、沙織はその矢を無くし、1週間前から人魚に祟られると怯えていたらしい。偶然にも、この日は儒艮祭りの日だった。そして、祭りの最中に事件が発生する…。

 やはり、3話構成の1時間編集版。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント   トラックバック (1)

空位時代

2007-10-29 22:06:54 | 大相撲観測日誌
 平成19年11月場所の番附が発表された。

 毎度おなじみ、先場所後に編成した“希望番附”との対比を示す。○は新昇進・△は再昇進・×は三役からの陥落、( )は“外れ”である。

・横綱  =白鵬 / 朝青龍
・大関1 =琴光喜 / 千代大海
・大関2 =琴欧洲 / 魁皇
・関脇  =安美錦 / 朝赤龍
・小結  =安馬 /△琴奨菊
・前頭1 =豊真将 / 雅山
・前頭2 =×稀勢の里(出島) / 出島(×稀勢の里)
・前頭3 =鶴竜(旭天鵬) / 時天空(鶴竜)
・前頭4 =豊ノ島 / 旭天鵬(時天空)
・前頭5 =豪風 / 春日王
・前頭6 =玉乃島 / 豪栄道
・前頭7 =豊響 / 栃乃洋(高見盛)
・前頭8 =若の里 / 高見盛(栃乃洋)
・前頭9 =玉春日 / 普天王(嘉風)
・前頭10=北勝力(普天王) / 嘉風(土佐ノ海)
・前頭11=土佐ノ海(白露山) / ※※※(露鵬)
・前頭12=露鵬(北勝力) / 白露山(時津海)
・前頭13=黒海 /○若ノ鵬(垣添)
・前頭14=垣添(○若ノ鵬) / 海鵬
・前頭15=栃煌山 /○若麒麟(△把瑠都)
・前頭16=△把瑠都(○若麒麟) / 春日錦(岩木山)

 東西ともに“正解”は23人(2点)・東西違いは3人(1点)ということで、今回のポイントは49点であった。正解が過半数を超えたので、まあ良かろう。

 関脇は前場所と変わらず。なので、小結で10番の安馬は東に据え置き。
 豊真将は三役昇進ならず、琴奨菊が追い抜いて再小結。

 時津海は番附編成後に師匠が解雇され、急遽引退。本来は編成後なので番附には先代師匠とともに現役でそのまま載っているところだが、不祥事ということで、番附から削除。
 代わって時津海改メ新・時津風親方が年寄欄に名を連ね、編成済みの幕内欄は空位とされた(「※※※」で示した)。

 番附から幕内力士が削除されたのは、明治6年12月場所(本来は11月予定が延期)の関脇小柳と平幕の高砂以来だという。
 幕内に限らなければ、昭和51年11月場所が最も近い。これは、場所前にトンガ力士が部屋を継いだ新親方に付いて行かず、止む無く廃業となった“騒動”のせい。しきたりをよく知らないままいつの間にか廃業となったトンガ力士たちだが、その息子南乃島が現役で取っているのは、もっと知られても良い。

 ちなみに、番附に限らなければ、編成ミスなどで星取表に空白(上位に編成替え)があることが、ごくたまにある。


 十枚目から幕内へは、若ノ鵬と若麒麟が新昇進、把瑠都が再昇進。岩木山の残留を予想したが、春日錦が残った。
 幕下から十枚目へは、市原・磯部改メ磋牙司・芳東が新昇進。


 初日は11月11日。逆風の中、取りあえず初日はやって来る。さて?

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

人気blogランキングへ
コメント

美しくない唄のまち

2007-10-28 21:24:53 | 常用平易な日々
 美唄市の国道沿いにある100円ショップ(移転した? らしい)。

 閉店したので看板を取り外していたところ、ガスバーナーの火が引火したらしく、建物は跡形もなく焼失。となりの靴屋に延焼し、こちらも全焼。

 それはともかく、消火活動に当たった消防士2名が殉職する惨事になってしまった。


 焼けた100円ショップは、もともとは老舗の衣料品店。22年程前に帽子を買ったことがある。
 高校は美唄市に通っていたので、高校時代にも利用したことがある。

 卒業後、いつの間にか閉店し、100円ショップが入居。もっとも、いつの間にかと言っても、卒業から11年も経っているので、街の様子が変わっても不思議ではない。


 市街地には大型店が2つ並んでいたが、その1つ生協店舗は郊外に大型店舗を建設し、移転。もともとあまり流行っているとは言えなかった商店街も、ますます寂れてしまった。


 今回の火災は、全国ニュースにも取り上げられた。

 あまり良いニュースとは言えないが、「美唄市」という言葉が全国に流れたのだから…いや、やっぱり良いことではないねえ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (2)

人造台風17号

2007-10-27 22:46:56 | ドラえもん
 『ドラえもん』10月26日放送分。「台風のフー子」が放送された。


 テレビ朝日の『ドラえもん』サイト

 「ドラえもんチャンネル」

 北海道ドラえもん連盟加盟 銀河ドラえもん倶楽部



・「台風のフー子

 台風シーズンということで、ちょうど本物も接近中。こういう場合、被害状況によってあるいは…ということも考えられるので、“危うい放送”ではあった。

 ペットを育てる話は数あれど、台風の子どもを可愛がろう…というのは、そうそう見られる設定ではない。そして、それが普通の日常に溶け込んでいる。ここが、『ドラえもん』の、いや、藤子F先生の素晴らしいところである。


 それはともかく、今回のポイントはフー子の可愛さ、である。卵から産まれたフー子、それをどうしてのび太が育てようとしたのか。そして、家族に迷惑をかけながら、なぜのび太は家に置き続けようとしたのか。単に愛着が湧いただけ…というわけではない。

 困っているのび太の家族を見て、大型台風に飛び込んでいったフー子。無謀ではあるが、絡み合って両方とも消滅。
 その悲しみが残る台風一過の場面は、これまでの“名作”と比べても、屈指の出来栄え…というか、原作をそのまま使っている。

 即ち、合い間に色々オリジナルの展開を入れるのは良いが、最後の場面をそうしてしまうと、まだまだ鑑賞には堪えがたい、ということになってしまう。


 そういう意味で、“春の中間報告”(劇場版)では真価が問われるわけで…。


 次回11月2日、「ピノキオの花」と「21世紀のおとのさま」が放送される。前者は誤記ではないが、こんな道具あったかな? 後者は、原作では「20世紀の~」だったが、時代の流れを感じさせる。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント   トラックバック (1)

悲しい歌声

2007-10-24 01:45:49 | めいたんていコナン…など
 10月22日放送『名探偵コナン』488話「テレビ局の悪魔」。今週から「秋のミステリースペシャル」ということで、1時間枠が続く。 


 名探偵コナン公式バナーよみうりテレビの公式ページ
 前回も書いたが、重いなあ…。

 小学館の公式ページ

 東京ムービーの『コナン』ページ


 前回は見逃した、新OPを初めて観た。亡くなったZARDの坂井泉水さんの声を久しぶりに聴いたわけだが、さて、亡くなった真相がどうなのか。その一端が垣間見えたような気がする。アーティストにとって、もし坂井さんが生きていたとすれば、まず世には出なかったと言えるのではないか、と勝手ながら思った次第。



「テレビ局の悪魔」

 上記YTV公式サイトのあらすじは、以下のとおり。

 携帯電話で話す男性。電話の相手は男性に解散ライブの中止を伝える。解散ライブでファンに別れのあいさつをしたい男性は食い下がるが、電話の相手は赤字覚悟の開催はできないと聞く耳を持たない。さらに電話の相手は嫌がる男性にバラエティやトーク番組への出演を強要する。一方的に電話を切られた男性は、机の引き出しから大きなナイフを取り出して刃を見つめる…。

 コナン、少年探偵団、灰原は阿笠博士と共に日売テレビにやってくる。沖野ヨーコに招待され、仮面ヤイバーの撮影を見学するのだ。だが、撮影の遅れで見学は中止になり、コナンらは代わりにテレビ局の中を見て回る事に。すると、そこに井上和香と山本梓が現れ、ヨーコに声をかけてくる。3人はこれからクイズ番組の収録で対戦するという。皆で話していると、今度は奇抜な扮装とメイクをしたサタン鬼塚が通り掛かり、元太は仮面ヤイバーの怪人だと騒ぎ出す。

 鬼塚が去った後、ヨーコはロックグループ、三途のIIIのボーカルだと鬼塚の事を説明。すると光彦は姉の頼みを思い出す。光彦は姉からテレビ局で鬼塚に会ったらサインをもらってきてと頼まれていたのだ。ヨーコは収録に行ってしまったため、コナンらは自分たちで鬼塚の控え室を探してサインをもらう事に。

 鬼塚のマネージャー、横森は控え室に入り、すでに鬼塚がいる事に驚く。バラエティ番組へ出演する鬼塚は暇だったので早めに来たという。鬼塚は昼飯の出前を横森に頼む。鬼塚は味の好みがあり、ラーメン、炒飯、餃子を3店舗に分けて注文する。続いて、鬼塚は探している鏡の話を横森に切り出す。横森は鬼塚が欲しがっている鏡を見つけたので、これから取りに行くと伝える。

 さらに鬼塚は昼飯の後、仮眠を取るので出番まで起こさないで欲しいと付け加える。鬼塚は昨晩、芸能事務所社長の漆原典児(うるしはらてんじ)とやりあって寝ていないと明かす。最後に鬼塚は社長が日売テレビに来ている事を確かめ、横森は漆原が2階上の応接室にいる事を教える。コナンたちは鬼塚の控え室を探して局内を歩き回る。その時、出前持ちの格好をした男性が後ろを横切っていく。この後、漆原のいる応接室にメイクしていない鬼塚がニット帽、レインコート姿で現れる。鬼塚は漆原と少し話した後、ナイフを取り出し…。

 この後、コナンたちは鬼塚の控え室前に辿り着く。光彦がドアをノックしようとすると、横森が足早にやってきて阻止。その時、控え室から鬼塚が出てくる。光彦がサインを頼むと、鬼塚は快く引き受ける。歩美は控え室を覗き込み、テーブルの上に折り紙を発見。テーブルには5羽の折り鶴、三角定規、煙草、吸い殻の入った灰皿などが置いてある。横森が買ってきた手鏡を鬼塚に渡した直後、パトカーのサイレンが聞こえてくる。そこへ血相を変えたADの三島がやってきて鬼塚らを応接室に案内。応接室では、漆原が殺害されていた。

 目暮警部、高木刑事らは応接室で捜査を開始。漆原の死亡推定時刻は午後1時で、死因は刃物による出血死。漆原はナイフで腹部を数カ所刺された後、背中を刺されていた。第一発見者の三島は午後2時に予定していた打ち合わせが遅れる事を伝えるために応接室に来て遺体を発見したという。目暮は漆原の事務所に所属する鬼塚に話を聞き、午後1時前後のアリバイを確認。鬼塚は控え室で出前を食べて仮眠を取った後、折り紙を折っていたと証言する。

 午前11時から午後2時まで1人だったという鬼塚の話を聞いた目暮は犯行時刻のアリバイはないと判断。疑われた鬼塚はメイクしたまま局内をうろつけば目立つと身の潔白を訴える。だが、高木はメイクを落とせば犯行は可能だと反論。鬼塚によればメイクにかかる時間は30分。犯行前にメイクを落とし、犯行後にメイクすれば、殺害は可能だと目暮は考える。だが、横森は控え室に鏡がないため、メイクはできないと証言。目暮らは確認のため、控え室に移動する。

 すぐに高木は手鏡を発見するが、横森は買ってきたばかりの鏡と説明する。目暮は鬼塚のバッグから出前持ちの服と帽子を発見。鬼塚はバラエティ番組で着る衣裳だと説明する。コナンは灰皿の吸い殻には紫色の口紅が付着しているのに、出前の箸やレンゲには口紅が付着していないという不審な点を指摘する。鬼塚は食事の時はテッシュで口紅を落とすと説明。口紅なら鏡がなくても塗れるという。この後、メイクの話をしていた鬼塚が突然目を押さえる。鬼塚はドライアイらしく、横森は目薬をさすように勧めるが鬼塚は頑なに拒否する。

 煙草の事が気になるコナンは、折り紙を折っていた時、煙草を吸っていたかを鬼塚に質問。鬼塚は煙草を吸っていたと答えるが、コナンは鬼塚がウソをついている事を見破り、犯人だと目星をつける。あとは鬼塚が鏡を調達し、消したトリックを見破るのみ。コナンは鏡の謎について推理を巡らせる。そして、コナンは歩美や鬼塚の会話をヒントに鏡のトリックを解く…。




 今回も原作から。

 テレビ局が舞台と言うことで、井上和香さんと山本梓さんが本人役で登場したが、どうして本業声優じゃない方は、普段の喋りよりもさらに拙くなるのか…とは言いますまい。

 世間的にはそちらの方々のほうが有名なのだろうが、『コナン』のレギュラー陣は最低でも十数年の芸歴があるし、数十年に亘って演じ続けている方もいる。それに比べて、10年はおろか3年後でも存在が危ういアイドルは…とも言いますまい(何れも書いた)。

 さて、今回の犯人役であるサタン鬼塚役を、タレントの桜塚やっくん(付けるとおかしいので敬称略)が担当。同じく本業声優ではないものの、かなり重要な役どころ。アイドル2人に比べれば、いや、なかなかの演技力…とは思うものの、終盤になると息切れ(?)なのか、段々素人っぽさが出てしまった。

 こういう推理ものの場合、当然ながら犯人であることが明らかになっていく過程は、かなり重要な場面である。声を大にして言いたい、「がっかりだよ!」と。



 ところで、そのアイドルたちと沖野ヨーコちゃんが出ていたクイズ番組。何でいま時「アップダウンクイズ」なの!?



 次回は10月29日、「鳥取クモ屋敷の怪(デジタルリマスター)」が放送される。

 小五郎は事件の依頼を受け、コナン、蘭と共に絡繰峠のクモ屋敷と呼ばれる武田家に向かう。途中、小五郎らは道に迷っていた平次、和葉、米国人カメラマンのロバートをトラックで拾う。小五郎だけでなく、平次も仕事を依頼されていた。屋敷に到着した一行は、3年前に絡繰人形の匠で当主、信一の娘と妻が相次いで自殺した事を知る。つい先日も信一の人形の販売と連絡を担当する根岸という男性が納屋で首を吊って自殺。だが、信一は屋敷の誰かが根岸を殺したと睨み、犯人を見つけてほしいと小五郎に依頼する。そして夜。宴会の後、姿を見せない信一が人形倉の2階で首を吊った無残な姿で発見される…。

 早い話が再放送なんだねえ…。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント   トラックバック (4)

イモ掘りホ~イ

2007-10-23 01:47:43 | ケロロ軍曹
 10月20日放送の『ケロロ軍曹』第183話は、「ガルル はた迷惑なバケーション であります」を1本。


 テレビ東京の公式ページ(あにてれ)

 サンライズの公式ページ

 角川書店の公式ページ(ケロロ島[アイランド]

 バンダイビジュアルのラジオページ(ケロロとギロロの地球[ペコポン]侵略ラヂオ)



「はた迷惑なバケーション」

 原作つきである。内容もほぼ同じ。

 ギロロの兄ガルルがまたまた登場。相変わらず渋い声の大塚明夫さんであるが、弟ギロロが中田譲二さんというのも、考えてみれば豪華な出演者である。

 さて、休暇でやってきただけなのに、凄い存在感で小隊のみんなはびっくり。公私のけじめをキッチリ付けるガルルに、またびっくり。

 ガルルはギロロが父に頼んだものを持って来た。地球で言う「イモ」のような生物だという。「イモ」をガルルは「デカンショ星」で見たという。


 「デカンショ星」とは、藤子・F・不二雄先生の『21エモン』に出てきた星であるが、この星はとっても怖~い星。この星に巨大なイモを植えたのが、21エモンらと一緒に旅をしていたイモ掘りロボットなのであった。

 ということで、『21エモン』と『ケロロ軍曹』は密接な繋がりが…あるのか!?


 さて、ガルルが日向家で昼食で苦戦していると、突然イモが暴れ出した。

 巨大なイモを相手にするガルル・ギロロ兄弟という画は面白いが、それをバトルに見せてしまうところが凄い。


 戦士・夏美は良い救援。苦労して倒したイモの一部を、ギロロと仲良く食べているところは微笑ましい。

 逆に、今日のケロロたちはまったく脇役でありました。お好み焼きが暴れてるし…。


次回は
 10月27日第184話「冬樹 燃え上がれオカルト文化祭 であります」・「夏美 ロミオとジュリエット? であります」の2本。


にほんブログ村 アニメブログへ
コメント (2)   トラックバック (12)

湯けむり女教師殺人事件!名探偵美人お嬢さまは見た

2007-10-21 21:40:40 | ハヤテのこと<!
 10月21日放送分、『ハヤテのごとく!』第30話「美人お嬢さま名探偵は見た!湯けむり女教師殺人事件」のお話。


 『ハヤテのごとく!』公式サイト
 少年サンデーの公式ページ
 テレビ東京の公式ページ(あにてれ)

 インターネットラジオ「音泉」
 「ハヤテのごとく! RADIO THE COMBAT BUTLER」(ハヤテ役白石涼子さん・ナギ役釘宮理恵さんがパーソナリティー、今回も釘宮さんの代わりに、白石さんと伊澄役松来未祐さんが担当)毎週金曜日更新


 OP前。旅館で雪路が死んでいた!? なぜ?! 2時間殺人事件ドラマ張りの長いタイトル(表示時間が短い)が出て、好評発売中のOP「七転八起☆至上主義!」へ。



「美人お嬢さま名探偵は見た!湯けむり女教師殺人事件」

 まず、上記「あにてれ」上のあらすじは以下のとおり。

 温泉旅館に来たナギたち。と、突然響き渡る女性の悲鳴。慌てて、悲鳴のした現場に駆けつけるとそこには、仲居の姿をした泉・美希・理沙の3人、浴衣姿の牧村とエイトもやってきた。その現場では、酒瓶やお菓子が散乱していて、浴衣姿の雪路が死んでいたのだ。あたふたする人たちを制し、ナギがこの事件の謎を解決すると宣言。とそこに突然ヒナギクが現れ、さっき届いたという雪路からのビデオテープを持ってきたのだ。早速再生すると、それは、雪路が倒れていたこの部屋で撮影されたと思われる映像だったのだ。

 少年サンデーの『ハヤテ』サイトのあらすじは、以下のとおり。

 ハヤテやナギたちは、みんなで温泉に出発! ところが、旅館についた途端、雪路の悲鳴が響きわたった!! これはもしかして、2時間推理ドラマによく登場する、温泉殺人事件!? そこでナギが名探偵と化し、独自の推理を繰り広げるが…!?



 三千院家にも銅像がある“メガネのガキンチョ”ばりに名推理(実態は迷推理)のナギ。
 もちろん雪路は実際に死んでいるわけではないのだが、「殺された」という設定のもと、話は進む。

 生徒会三人娘が仲居、牧村・エイトのりにゃ様カップルがお客。
 そこへヒナギク登場、雪路からのビデオを持って来た。ちなみに、マリアさんはずっと入浴中。
 なぜか温泉旅行へやって来たナギご一行だが、突然旅行へ来るのは“本家”も一緒なり。

 ナギがへっぽこ刑事や居眠り探偵のように、次々に登場人物を犯人扱い。そして、お約束の断崖絶壁へ。最後は天の声の中の人まで犯人に仕立て上げたが、すべてはナギの思わくの中だったのでありました、とさ。


 もちろん完全オリジナルだが、原作自体、あまり意味のない話も多い(失礼)ので、大して変わらないと思われる。まあ、すっかり馴染んだよねえ…ということで。


 さて、残り時間が少ないながらも、「謎の闇執事」が登場する「今週の執事バトル」。

 今回はビーダ執事とのバトル、役は高木礼子さんということで、某氏の予想が当たった模様。


 「あにてれ」上の次回第31話「お金持ちでキレイなお姉さんは好きですか?」のあらすじは下記のとおり。

 ナギの家に咲夜が遊びに来るとタマを調教しているナギの姿が・・・。咲夜に助けを求めてくるタマをなだめる咲夜だが、それを見たハヤテは、咲夜が面倒見がいいことに気がつく。咲夜は、兄弟がいるから面倒見が良いのではというが、今は違っているが、ナギも実は昔、咲夜を姉のように慕っていたというのだ。 自分にも下の兄弟がいれば、面倒見だってできるということで、ハヤテ相手にお姉さんを演じてみるもどうも上手くいかない。咲夜の提案で、屋敷の敷地内に迷い込んでいる子供を捜して世話をしようということになった。

 「ねえ、ちゃんとお風呂に入った?」というのは良く聞く洒落である(お話とは関係ない)。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント   トラックバック (28)

ゆうびん会社

2007-10-20 22:53:13 | 郵便局へ行こう
 郵便局の郵便業務は、郵便事業会社が郵便局会社に委託している…はず。

 しかし、どこまでが郵便局会社の業務範囲で、どこまでが郵便事業会社の業務範囲なのか。それは、一般の利用者には分からないし、局員もどうなのか。

 例えば、ある集配支店(支店は旧集配郵便局と同居している場合が多いが、集配を行なっていない郵便局も、一部支店化=直営されている)。
 郵便窓口のレシートには、郵便事業会社の名前と本社所在地が記されている。一番下に、その郵便局名と電話番号がある。郵便局自体の住所は記されていない。
 これはどこの局でも同様である。窓口営業時間は郵便局会社が窓口を担当し、それ以外は郵便事業会社が窓口業務を行なう(郵便局会社が営業中は、「ゆうゆう窓口」で郵便事業会社が郵便物の受け渡しのみ担当。窓口が閉まった後は、ここで窓口業務を担当)。

 このように分かりにくい業務範囲であるが、レシートに書いてある住所は郵便事業会社のみ。普段利用者のほとんどが訪れるはず(と言うか、その場所)の住所が書いてなく、最下部に名前と電話番号のみ記されているというのは、奇妙な話ではないか。


 今般の民営化前後の消印依頼について、まだ全局から戻って来ていない。そして、「○○郵便局」(9/30・10/1)と「○○支店」(10/1)は別々の封筒に入っているべきだが、「郵便局」と「支店」が同封してあったり(9/30と10/1なら分かるが、ともに10/1という場合もある)と、最早何がなんだか分からない。


 民営化によって非効率化になった例、とも言えるが、このままの状態が長く続くとも思えない。

 さて?

ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (1)

シンジテマシタ

2007-10-18 21:43:18 | 常用平易な日々
 先日パシフィック・リーグを連覇した、北海道日本ハムファイターズ。千葉ロッテマリーンズとのクライマックス・シリーズ第2ステージを3勝2敗で乗り切り、日本シリーズ進出を決めた。

 相手が東京になるのか名古屋になるのかは分からないが、まずはめでたいということで。

ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

本編はともかく

2007-10-16 22:00:48 | めいたんていコナン…など
 10月15日放送『名探偵コナン』487話「本庁の刑事恋物語8 左手の薬指」。今週から「秋のミステリースペシャル」ということで、1時間枠が続く。 

 名探偵コナン公式バナーよみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ
 リニューアルして重くなったなあ…。


「左手の薬指」

 上記YTV公式サイトのあらすじは、以下のとおり。

 警視庁内を歩く佐藤刑事は同僚たちにチラチラと見られる。佐藤は視線に気付き、何を見ているのかと詰め寄るが、同僚たちは話をはぐらかす。この後、高木刑事は同僚たちが声をかけられ、白鳥警部に佐藤刑事がはめた指輪の事を質問される。その時、佐藤の携帯電話が鳴る。高木は何の事だかわからずに電話中の佐藤に視線を向け、左手薬指にはめられた指輪に初めて気付く。

 高木は婚約した人がはめる左手薬指の指輪に動揺。白鳥や同僚たちは高木が渡した婚約指輪と勘違いするが、高木は自分が渡した指輪ではないと否定する。同僚たちはざわめき出し、電話中の佐藤は静かにしてと怒鳴る。佐藤の電話の相手は蘭。蘭は人が死んでいると連絡してきたのだ。佐藤は高木に声をかけて現場へ向かう。だが、高木は佐藤の指輪の事が気になって仕方がない。

 半日前…。蘭は小五郎、コナンとミステリー作家、諸口益貴(もろぐちまさたか)の別荘に来ていた。小五郎は諸口が指にはめたダイヤの指輪に驚く。その指輪はデビュー100作を記念して作った物で、裏側には100thと刻まれていた。諸口が指輪を自慢していると、カセットテープが止まる音がする。フリーライターの出島覚治(でじまかくじ)は今時珍しくカセットテープレコーダーを使用しているのだ。出島がデジタル録音は心配だと明かすと、横にいたカメラマンの垂水 亘(たるみわたる)も同調し、アナログの話題で盛り上がる。

 すると、雑誌編集者の穴吹晴栄(あなぶきはるえ)が無駄話せず、仕事をして欲しいと2人を注意する。小五郎らは明朝に控える対談のリハーサル中。諸口と小五郎のミステリー対談が雑誌に掲載されるのだ。この後、諸口は今月号の対談の予告ページを見て、穴吹に定規を要求する。穴吹から金製メジャーを手渡された諸口は文字の大きさを確認。諸口は自分の名前が他の作家の名前より1ミリ小さいとわかると、穴吹を怒鳴り散らす。コナンは細かい事に気を配るミステリー作家は神経質だと予想していた。諸口は神経質な性格なのだ。

 さらに諸口は、前の担当編集だった秋場(あきば)は優秀だったとぼやく。秋場はトリックに関する専門知識の調査など、骨身を惜しまず尽くしてくれたという。その秋場の遺体が密室の自宅で発見されたのが今年の春。秋場の死は自殺と判断されたという。そして翌朝5時、穴吹は諸口が起きてこないため、部屋へ呼びに行くが返事はない。ドアは閉められ、合鍵もなく、コナンは子供がやっと通れる換気窓から部屋へ潜入し、絶命した諸口を発見した。その時、コナンは諸口の指輪に刻まれた文字が逆になっている事に気付く…。

 高木と佐藤は諸口邸に到着すると捜査を開始する。諸口の死因は青酸性毒物による窒息死。口にコーヒーがついている事から、コーヒーに毒物が混ぜてあったと判断される。部屋は密室で、諸口が鍵を手に持っていた事から、小五郎は自殺と推理。秋場の死に責任を感じて自殺したと考える。この後、コナンは、諸口の指輪の事を高木に報告。コナンは、神経質な諸口は逆にはめないと訴える。すると、高木は指輪目的の殺人だと推理し、犯人が本物と偽物をすり替えた時に逆にはめたと考える。穴吹も諸口が指輪を外した事はないと証言する。

 コナンは殺人の疑いも強いため、密室の謎を考える。犯人が指輪をすり替えられるのは諸口が亡くなった後。コナンはどうやって犯人が部屋を出たかを推理する。犯人が鍵をかけた後、外部から何らかの方法で諸口の手に鍵を戻した可能性もあると考えるコナン。だが、換気窓と遺体の距離は4メートル近くあり、普通に考えれば、そんな事は出来るはずがなかった。
 鑑識を待つ間、佐藤は事情聴取を行う。遺体が発見される前、出島は部屋でテープレコーダーを直していたと証言。垂水は部屋で別の仕事のネガを整理、穴吹は部屋で別の作家のゲラをチェックしていたという。コナンは金製メジャーの事を穴吹に質問。穴吹は扉、窓など、トリックに使えそうな物を諸口に頼まれて測っていたと説明する。すると、垂水が秋場に同じ事を良く聞かされたと明かす。3人は秋場と同期入社で、途中から出島はフリーになったという。

 この後、鑑識が別荘に到着する。鑑識課員によれば、諸口がはめていた指輪は本物。犯人の目的は指輪ではなかった。そして、指輪を外すと指に丸く輪になって血の跡が残っていたという。遺体のアゴの下に切った跡があるため、ひげを剃った時にアゴを切り、その血が付着したと判断される。最後に鑑識課員はコーヒーカップ、ドアノブなどから諸口以外の指紋は検出されなかったと報告。話が途切れると、少し前に佐藤の指輪に気付いた蘭が、不謹慎だと気にしつつ高木に婚約を祝う言葉をかける。だが、高木は自分が贈った指輪ではないと蘭に説明。2人のやりとりを聞いていたコナンはある言葉に閃き、犯人が指輪を外した本当の理由を見抜く。コナンは誰が犯人なのかに気付いたのだ…。




 実は、しばらく放送がなかったので、録画予約を忘れてしまった。
 なので、観たのは最後の5分くらい。

 まあ、この長いあらすじで状況は分かるね(笑)。


 さて、いい歳になってくると、女性が嵌めた指輪が気になってくる。例えば、前の席に座っている方が指輪を嵌めていると、<この人は人妻なのか…>なんて。「人妻」って言うのは、ちょっと響きがいやらしいと思ってみたり、みなかったり。


 それはともかく、佐藤刑事と高木刑事の物語も8回目。それ以外にも、細かいところで絆は深まっている。
 しかし、劇中の時間はほとんど流れていないはず。これは、『ドラえもん』で、ジャイアンの妹ジャイ子が、マンガの才能を開花させていく模様もそうだが、主人公たちの時間がほとんど動いていないのに、周りが成長していく不思議な現象、と言える。

 とは言え、コナンが元に戻るより、高木刑事が先に結婚しそう…とは言い過ぎか!?



 次回は10月22日、第488話「テレビ局の悪魔」が放送される。

 コナン、少年探偵団、灰原、阿笠博士は仮面ヤイバーの撮影を見学するため、日売テレビにやってくる。だが撮影の遅れで見学は中止になり、コナンらは代わりに局内を見て回る事に。
 そこに三途のIIIのボーカル、サタン鬼塚が通り掛かる。鬼塚が去った後、光彦は鬼塚のサインが欲しいという姉の頼みを思い出す。コナンらは鬼塚の控え室を探し回り、何とか発見。光彦は鬼塚にサインを貰う。
 そこへ血相を変えたADの三島がやってきて鬼塚らを応接室に案内。応接室では、鬼塚が所属する芸能事務所の社長、漆原典児が殺害されていた…。


 この悪魔は相撲に詳しくないのだろうか…。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント   トラックバック (3)

合わせて見れば

2007-10-14 21:54:56 | ハヤテのこと<!
 10月14日放送分、『ハヤテのごとく!』第29話「見合」のお話。

 『ハヤテのごとく!』公式サイト
 少年サンデーの公式ページ
 テレビ東京の公式ページ(あにてれ)

 インターネットラジオ「音泉」
 「ハヤテのごとく! RADIO THE COMBAT BUTLER」(ハヤテ役白石涼子さん・ナギ役釘宮理恵さんがパーソナリティー、今回は白石さんと松来未祐さんが担当)毎週金曜日更新


 OP前。「お見合いすると、絶対結婚するのか?」と、唐突なワタル。サキさんがお見合いをするらしい。まったくワタルはかってだねえ…。例によって、イントロギリギリまでセリフが入って、OP「七転八起☆至上主義!」は覚えるのが大変そうではないか。



「見合」

 まず、上記「あにてれ」上のあらすじは以下のとおり。

 実家の母からお見合いを勧められたサキ。そのことワタルに相談したところ、あまりに気にしていない様子。そんなワタルを見たサキは、ワタルに反抗するかのように勢いでお見合いをすることになった。
 だが気にしていないふりをしながらも実は、サキのことが気になって仕方がないワタルは、その件をナギのところに相談にきた。
 お見合いというものに興味をもったナギ、ハヤテ、咲夜たちは早速、様子を見に行くことになった。そして、サキのお見合い相手というのは、白皇学院の教師・薫京ノ助だったのだ。


 少年サンデーの『ハヤテ』サイトのあらすじは、以下のとおり。

 ワタルのメイド・サキが、実家の母親のすすめでお見合をすることに。ワタルのそっけない態度がきっかけだったのだが…なぜか当日、ワタルはハヤテ、ナギといっしょにお見合の現場に出現!! ワタル、どうする!?



 前2回と違って、今回は原作に戻って、10巻第3話「サキさんのヤボ用(戦国群雄伝)」より。前の「(全国版)」と同様、サキさんとワタルの絆を再確認するお話である。

 さて、サキさんの見合い相手は、白皇学院の薫京ノ助先生(過去に1回だけ登場)。原作では特に描写がないが、アニメ版ではガン○ラ大好き人間に変わっている。まるで“ボケガエル”のようだ。一人でずっと喋っている(サキさんは聞いてない)が、ここはオリジナル。

 遠くからこっそり覗くハヤテ・ナギ・ワタルと、原作では出ていないが咲夜。ハヤテの怪しげな読唇術で、見事に的外れな読み違い。大きく外れているわけではないが、かなり強引な展開を読んでいる。またまた勘違いを増幅させそうだ。

 (ハヤテの読唇術では)良い雰囲気の薫先生とサキさん。当然ワタルが黙っていないが、飛び出そうとするところ、そんな薫先生を、謎のけもの(?)が攫っていった。
 けもの(?)の正体は、雪路。まあ、薫先生にとっては必ずしも…やっぱり失敗か(笑)?


 「店が忙しいんだ!!」と、サキさんの手を引いて一緒に帰るワタル。ナギよりかわいく見えるのは気のせいか?


 で、先週の最後に出てきた「謎の闇執事」はどうしたかと言うと、今回から「今週の執事バトル」という妙なコーナーが始まった。

 今回は“ゲーム王”のデュアル執事とカードバトル。って言うかトレカの宣伝企画!?



 「あにてれ」上の次回第30話 「美人お嬢さま名探偵は見た!湯けむり女教師殺人事件」のあらすじは下記のとおり。

 温泉旅館に来たナギたち。と、突然響き渡る女性の悲鳴。慌てて、悲鳴のした現場に駆けつけるとそこには、仲居の姿をした泉・美希・理沙の3人、浴衣姿の牧村とエイトもやってきた。その現場では、酒瓶やお菓子が散乱していて、浴衣姿の雪路が死んでいたのだ。あたふたする人たちを制し、ナギがこの事件の謎を解決すると宣言。とそこに突然ヒナギクが現れ、さっき届いたという雪路からのビデオテープを持ってきたのだ。早速再生すると、それは、雪路が倒れていたこの部屋で撮影されたと思われる映像だったのだ。

 オリジナルに戻って、まるで2時間殺人事件ものドラマのようなタイトルのお話…。やっぱり犯人は崖っぷちへいくのだろうか?

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント   トラックバック (10)

転機

2007-10-13 22:28:22 | 常用平易な日々
 うちのビデオデッキは2台あるのだが、今日から急に古い方が動かなくなった。で、もう一台の方もタイマーが働かない。

 なので、『ケロロ軍曹』を見逃した。


 場所中以外は、本日誌に書くことはあまりない。

 ということで、特に書くことがない日は休誌とする…ことにしようかどうか思案中。

ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

英雄伝

2007-10-12 23:59:33 | 放課後アニメたいむ
 『ヒロイック・エイジ』が終了した。

 「黄金の種族」やら「銀の種族」やら「鉄の種族」といった種族名が登場し、キャラクターがたくさん登場する。なので、ややこしい。

 しかし、観進めるうちに、それは些細なことだと分かる。そんな難しいことはどうでも良いのだ。


 全26話。特にぶれることもなく、最後まで走りきった作品であった。


 ありがとうございました。

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

白紙改正

2007-10-11 23:59:00 | ほびぃでGO!?
 10月1日、JR北海道のダイヤ改正が行なわれた。

 特急列車の変化については先にも記したが、普段利用しないので、余り関係がない。

 一方で、区間快速「いしかりライナー」が白石停車になったりと、普通列車の動きは、大いに関係がある。

 朝・帰りの時間は特に変化ないようだが、昼間の列車が変わってしまった。すなわち、通勤には不便になった。


 岩見沢市に住んでいるから、と言えばそれまでだが、そのうち列車が削減されないか心配…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント