銀河後悔日誌、つぶやき

2017年10月22日より新発足しました。よろしくおねがいします。

9月29日(月)のつぶやき

2014-09-30 05:21:39 | @momijibasi

栃ノ心の十両優勝は3回目だが、奇しくも把瑠都が3回優勝してる。shiverle.web.fc2.com/vic/v_juryo_ra… 新入幕で大活躍の大錦は4回だが、逸ノ城はここに名を連ねないよね? #sumo


父はお父様、母はお母様。息子はご子息様、娘はお嬢様。兄はお兄様、姉はお姉様。弟は弟様、妹は妹様。甥、姪はどう呼ぶのだろう?


国際結婚を果たした2人が織りなすお酒にまつわるドタバタコメディ。NHK朝の連続ドラマ「ヤッサン」 pic.twitter.com/2QnboPWbEi


逸ノ城は優勝しても「V逸」と書かれそうで微妙。 #sumo

5 件 リツイートされました

コメント

9月28日(日)のつぶやき

2014-09-29 05:02:14 | @momijibasi

「ハートフルステーション」が1200回を迎えたその時、「いたずら黒うさぎ」は600回を迎えた。どちらもおめでとうございます。


『RAIL WARS!』で「“DF”51」という機関車が出て来たが、DDのままではまずいのだろうか?


札幌・大通でビル火災 オータムフェスト騒然 料理店の一部焼く hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/5… そういえば消防車通ったね。

1 件 リツイートされました

@search_net_box @koopajrxd そうなりますね。芳東は半年くらいしか違わないので、年上というには微妙なんですが。


@MagicWyvern DFなら重連じゃなくても良いのでは? と疑問に思いましたよ。


@search_net_box @koopajrxd 51年組は琴光喜や千代大海らがいましたね。52年組は玉乃島や北勝力…。


@MagicWyvern まあ、「鉄道好き」にはあれくらいでちょうど良いんですよ。車掌さんが全部「車掌DJ」じゃないの…というところからキリがない(笑)


東急東横線はママの言う事を聞かないため、渋谷~横浜で運転見合わせ pic.twitter.com/Y2z41hc2N0


「サザエさん」に出てくる 「バー 怪車」はないと思うが、「ホテル勉強部屋」 は実在する。 youtube.com/watch?v=rgDCZ3…


よし!JR北海道キハ285系甲種いただきました!天候悪かったけど。これが本当は次世代のエースになるはずだった車両か pic.twitter.com/CB5YWo1pCa


栃ノ心は幕下と十両をともに連覇してる。あまりいなさそうな記録だ。 #sumo


ダイエー以外も地味に提携・吸収しつつでかくなるイオングループ。あなたはいくつ知ってるかな?(他にもあるけどとりあえずスーパー、ディスカウント、ホームセンターのみです) pic.twitter.com/m5PlEwL1om


コメント

平成二十六年九月場所・千秋楽

2014-09-28 21:14:44 | 大相撲観測日誌
 平成二十六年九月(秋)場所(於・國技館)は千秋楽。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ


・序ノ口
 13日目に優勝決定。

◎7勝
 竜電(東17、初。各段は24年9月の幕下以来2回目)


・序二段
 13日目に優勝決定。

◎7勝
 濱口(東13、初。各段は25年1月の三段目、先場所の序ノ口以来2場所連続3回目)


・三段目
 13日目に優勝決定。

◎7勝
 木(西54、初。各段も初)


・幕下
 優勝は13日目に決定。

 寺尾(東37)を寄り切り、笹ノ山(西28)6勝目。
 錦木(西24)を押し出し、大雷童(東22)6勝目。
 照強(東15)を叩き込み、希善龍(西7)6勝目。
 貴斗志(東9)を押し出し、岩(西2)6勝目。

◎7勝
 安彦(東42、初。各段は26年3月の序ノ口・5月の序二段以来3回目)


・十枚目(十両)
 優勝は13日目に決定。

 明瀬山(東13)を寄り切り、達(西下3)勝ち越し。明瀬山は9敗で幕下へ。
 旭日松勝ち越し、朝赤龍負け越し。
 青狼を寄り切り、栃ノ心が把瑠都以来の15戦全勝優勝。
 翔天狼6勝目、旭大星は10敗の大負け。
 大栄翔を寄り切り、阿夢露(西筆頭)9勝目。
 魁を叩き込み、勝龍(東筆頭)12勝でも優勝者と3差。

◎15勝
 栃ノ心(西5、2場所連続3回目。各段は26年3月・5月の幕下以来4場所連続5回目)


・幕内(まくのうち)
 千代丸(東11)を押し出し、誉富士(東十2)11勝目。千代丸は11敗で陥落の星。
 北太樹7勝目、蒼国来負け越し。
 玉鷲7勝目、旭天鵬は8勝7敗で終了。
 佐田の富士を寄り切り、千代鳳勝ち越し。
 佐田の海を押し出し、魁聖勝ち越し。
 安美錦を押し出し、逸ノ城13勝目。この時点では優勝が決まらず、決定戦の権利を得た。安美錦は技能賞、逸ノ城は殊勲・敢闘賞を受賞。
 隠岐の海を破り、勢10勝目。敢闘賞あげても良かったのでは?
 宝富士を押し出し、栃煌山11勝目。
 安を突き落とし、碧山10勝目。安負け越しで三役復帰が消えた。
 大砂嵐7勝目、遠藤は3勝12敗で出直し。
 攻める常幸龍が先に落ち、つきひざで豊響勝ち越し。

 豪風を一気に押し出し、豪栄道千秋楽に勝ち越し。豪風は負け越して関脇を守れず。
 琴奨菊を寄り切り、稀勢の里9勝目。奨菊も9勝止まり。

 鶴竜も廻しを取ったが、白鵬が掛け投げで14勝目。千代の富士と並ぶ31回目の優勝決定。

◎14勝1敗
 白鵬(横綱、3場所連続31回目)

・殊勲賞
 逸ノ城(前10、初)

・敢闘賞
 逸ノ城(前10、初)

・技能賞
 安美錦(前6、22年1月以来6回目)

※雷電賞=関脇以下の最高成績者を勝手に顕彰
 逸ノ城(前10、初)


 幕内から十枚目へ陥落の星は、千代丸・佐田の富士・豊真将・東龍・時天空・鏡桜の6人。十枚目から幕内へ上がりそうな星は、勝龍・阿夢露・誉富士・栃ノ心の4人。千代丸残留、琴勇輝がおまけで昇進?

 十枚目から幕下へ陥落の星は、舛ノ山・芳東・明瀬山・千代の国・旭大星・若荒雄(引退)の6人。幕下から十枚目へ上がりそうな星は、天鎧鵬・栃飛龍・出羽疾風・岩・琴恵光・達の6人で入れ替えか。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
コメント

9月27日(土)のつぶやき

2014-09-28 04:25:09 | @momijibasi

昨日夜に「逸ノ城が凄い」で回ってきて電車の中で吹き出しそうになった…というか軽く吹いた画像。

うん。すごく可愛い。 pic.twitter.com/rzFW06xND7


「ヤマノススメに影響されて登山したらその山が噴火して立ち往生」ってすげぇな。アニメに影響されて始めた物事の悲惨な末路じゃ「けいおん!に影響されてバンド組んだらクビにされる」「WORKING!に影響されてファミレスバイト始めたらバイト仲間に馴染めず辞める」を余裕で越えてるでしょ


平成二十六年初場所に幕下15枚目格で初土俵を踏むの誰だっけ?
紅葉橋律乃介「ああ、ノブブノンロのこと?」
#2kda4 shindanmaker.com/413969 「信ノ城」


終活読本「ソナエ」のプレゼントが、ヤバイ。 pic.twitter.com/Iig2xRd21j


むかし「ニチイ」とか「ホクホー」なんてお店があったが、そのうち「ダイエー」も歴史の中に消えるんだね。あ、「サティ」…。

1 件 リツイートされました

ハートフル放送1200回おめでとう♪ ワーイヽ(゜∀゜)メ(゜∀゜)メ(゜∀゜)ノワーイ #megumi_hs pic.twitter.com/rhSkE20LAr


コメント

平成二十六年九月場所・十四日目

2014-09-27 21:43:44 | 大相撲観測日誌
 平成二十六年九月(秋)場所(於・國技館)は十四日目。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ


・序ノ口
 13日目に優勝決定。

◎7勝
 竜電(東17)


・序二段
 13日目に優勝決定。

◎7勝
 濱口(東13)


・三段目
 13日目に優勝決定。

◎7勝
 高木(西54)


・幕下
 優勝は13日目に決定。

 武蔵海(西9)を破り、堀切(東7)3勝目。
 竜王浪(西13)を寄り切り、若乃島(西5)勝ち越し。

◎7勝
 安彦(東42)


・十枚目(十両)
 優勝は13日目に決定。

 芳東を寄り切り、出羽疾風(東下2)勝ち越して関取は? 芳東(西11)は10敗で幕下へ。
 北磻磨(西12)勝ち越し、魁(東10)負け越し。
 青狼を押し出し、千代皇勝ち越し。
 若の里6勝目、明瀬山(東13)負け越して残留ピンチ。
 大栄翔(東9)6勝目、土佐豊負け越し。
 琴勇輝勝ち越し、朝赤龍五分。
 臥牙丸を押し出し、旭大星5勝目。
 旭日松を突き出し、誉富士(東2)10勝目。
 大道を寄り切り、勝龍(東筆頭)11勝目。

◎14勝
 栃ノ心(西5)


・幕内(まくのうち)
 隠岐の海を寄り切り、栃ノ心(西十5)14連勝で平成の十枚目全勝第2号なるか?
 阿夢露(西十筆頭)を押し出し、千代丸(東11)4勝目。
 貴ノ岩6勝目、北太樹負け越し。
 蒼国来を叩き込み、栃煌山10勝目。
 旭秀鵬五分、松鳳山負け越し。
 千代鳳を寄り倒し、佐田の海勝ち越し。
 豊響五分、旭天鵬は2ケタ白星は成らず。
 碧山9勝目、嘉風負け越し。
 安五分、玉鷲負け越し。
 長い相撲で佐田の富士を押し出し、豊ノ島5勝目。
 出る遠藤は足が出ずに荒鷲突き落して5勝目。遠藤は11敗目。
 勢を叩き込み、豪風7勝目で三役には残留。

 安美錦を下し、琴奨菊9勝目。
 豪栄道を倒し、宝富士勝ち越して敢闘賞あげても良いのでは? 豪栄道は五分で千秋楽を迎える。

 稀勢の里が3回突っ掛けて4回目、鶴竜が突き落して11勝。稀勢の里は6敗で2ケタならず。
 今場所一番の見どころは、常勝横綱と相星の新入幕という椿事。逸ノ城を転がして、白鵬が最後の最後の壁を守って13勝。31回目の優勝に王手。

☆1敗
 白鵬(横綱)M1
☆2敗
 逸ノ城(東10)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
コメント

9月26日(金)のつぶやき

2014-09-27 04:30:57 | @momijibasi

若荒雄が「不知火」を襲名。
「ワカラオ」って何親方? 「知らない」。 #sumo

1 件 リツイートされました

@ken_skatan 「ワカラオ」ってのは、前に刈屋アナが「わかこうゆう」を読み間違った時のネタですよ。


@ken_skatan 「不知火」は難読と思いますが、今の人たちは軍艦名として案外読めるかも知れません。

2 件 リツイートされました

@ken_skatan 水島漫画を読んでいると、旭天鵬なんてまだまだ若いですよね(笑)

1 件 リツイートされました

@ken_skatan 『あぶさん』を読んでいたので、山本昌はまだまだ若いのに…なんて思ってましたよ(笑)

1 件 リツイートされました

コメント

平成二十六年九月場所・十三日目

2014-09-26 22:48:23 | 大相撲観測日誌
 平成二十六年九月(秋)場所(於・國技館)は十三日目。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ


 各段優勝決定日なので、決定した優勝者など。


・序ノ口
 全勝1人、1敗5人で迎えた。

 1敗の豊見山(東20)を末川(西21)が押し出して6勝目。
 1敗の華宝司(東8)を寄り切り、吉村(東14)6勝目。
 全勝の竜電(東17)は序二段全勝の神の山(西二93)を寄り切り、地力の違いを見せつけて優勝決定。

◎7勝
 竜電(東17)


・序二段
 全勝3人で迎えた。

 全勝の神の山(西93)は序ノ口全勝の竜電(東口17)に敗れて脱落。
 残る2人は直接対決。貴神龍(東64)を押し出し、濱口(東13)が7戦全勝優勝。

◎7勝
 濱口(東13)


・三段目
 全勝3人で迎えた。

 星違いの四賀峰(西36)を突き出し、高木(西54)が7連勝。
 芝(西29)は星違いの常陸號(東筆頭)に敗れて脱落。
 南海力(東17)は幕下の星違い舛東欧(東下54)に敗れて脱落。3人がそれぞれ別の力士と対戦し、1人だけ残るという椿事で高木の優勝が決定。

◎7勝
 高木(西54)


・幕下
 全勝2人の直接対決。千代嵐(東46)を倒し、安彦(東42)が7戦全勝優勝。
 蓮台山(西30)初日、大喜鵬(西45)は何と7戦全敗。
 琴宏梅(西15)勝ち越し、石浦(西6)負け越し。
 千代翔馬(東13)勝ち越し、川端(東4)残念負け越し。

◎7勝
 安彦(東42)


・十枚目(十両)
 琴恵光(東下3)5勝目、若荒雄(西14)負け越し。若荒雄は引退し、「不知火」を襲名した。お疲れさまでした。
 芳東につきひざ、天鎧鵬(東下筆頭)勝ち越し。芳東(西11)は9敗目。
 魁6勝目、富士東負け越し。
 朝赤龍7勝目、玉飛鳥負け越し。
 明瀬山を寄り切り、栃ノ心13連勝で優勝決定。
 北磻磨7勝目、翔天狼負け越し。
 大栄翔5勝目、双大竜負け越し。
 誉富士を下し、大道勝ち越し。
 旭日松を押し出し、勝龍10勝目。

◎13勝
 栃ノ心(西5)


・幕内(まくのうち)
 出る鏡桜に佐田の海小手投げを打って同時に落ちたが、団扇は鏡桜。協議の結果、差し違いで佐田の海7勝目。鏡桜は負け越し。
 栃乃若を下し、旭天鵬40歳で勝ち越し。藤ノ里は「藤ノ里老」と呼ばれたというが、旭天鵬はまだまだ若い。
 北太樹を叩き込み、栃煌山9勝目。
 隠岐の海を下し、安美錦10勝目。隠岐の海も10勝3敗に後退。
 出る千代鳳を土俵際で小手投げ、碧山勝ち越し。
 出る豊ノ島を土俵際で突き落とし、魁聖6勝目。
 照ノ富士を寄り切り、遠藤3勝目。
 常幸龍の後ろに付いて送り引き落とし、宝富士7勝目。

 大砂嵐を浴びせ倒し、稀勢の里13日目に勝ち越し。大砂嵐は今場所も負け越し。
 出る琴奨菊を勢が突き落として9勝目。

 豪栄道が上手を取って白鵬を今場所も寄り切り。白鵬が13日目に土。
 新入幕で結びの逸ノ城。一度突っ掛けて2回目、鶴竜をさっと叩き込んで、逸ノ城が初土俵から5場所で金星。そして、白鵬と並んだ。

☆全勝
 なし
☆1敗
 白鵬(横綱)・逸ノ城(東10)
☆2敗
 なし
☆3敗
 鶴竜(横綱)・隠岐の海(西15)

 白鵬と逸ノ城が直接対決。逸ノ城が勝つ見込みは120%ないので、敗れはしたものの、白鵬の31回目の優勝は濃厚だ。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
コメント

9月25日(木)のつぶやき

2014-09-26 03:47:57 | @momijibasi

勢いに乗っている逸ノ城に最初に土をつけたのが勢という力士ってのは、冗談のようだ。 #sumo


今日はもう寝ます。

この幕を見られるのもあと半年か…

それでは、おやすみなさい。 pic.twitter.com/KdAZGpmnrD


LINEで「はい?」ってなったんだけど自分が誤字ってただけだったし見れば見るほどじわじわくるしどこからこの画像探してきたのwww pic.twitter.com/aRqfslfxCY


ATMに紙幣が詰まってエラーのレシートが出てきたんだけど、なんだろうこの「RPGでモンスターとエンカウントした」感 pic.twitter.com/tIH2KYf5xa


コメント

平成二十六年九月場所・十二日目

2014-09-25 21:41:05 | 大相撲観測日誌
 平成二十六年九月(秋)場所(於・國技館)は十二日目。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ


 明日は各段優勝決定日なので、上位者など。


・序ノ口
☆6勝
 竜電(東17)
☆5勝1敗
 力優士(東3)・華宝司(東8)・吉村(東14)・豊見山(東20)・末川(西21)


・序二段
☆6勝
 濱口(東13)・貴神龍(東64)・神の山(西93)


・三段目
☆6勝
 南海力(東17)・芝(西29)・高木(西54)


・幕下
 琴宏梅(西15)を下し、慶天海(西10)勝ち越し。
 千代翔馬(東13)を押し出し、大和富士(東10)勝ち越し。

☆6勝
 安彦(東42)・千代嵐(東46)


・十枚目(十両)
 若荒雄を押し倒し、栃飛龍(西下筆頭)勝ち越して関取復帰は? 若荒雄(西14)は苦しい7敗目。
 大道7勝目、大栄翔(東9)負け越し。
 真鵬4勝目、旭大星(東14)は今場所も負け越して関取の座を守れず。
 2敗で追っていた里山が休場、朝赤龍五分。
 北磻磨を下し、若の里4勝目。
 旭日松を寄り切り、栃ノ心12連勝。この時点でマジックは2。
 土佐豊五分、芳東(西11)負け越し。
 魁5勝目、臥牙丸負け越し。
 勝龍を叩き込み、青狼勝ち越し。勝龍3敗。
 千代皇を寄り切り、阿夢露(西筆頭)勝ち越して念願の幕内へ。

☆全勝
 栃ノ心(西5)M1
☆1敗
 なし
☆2敗
 なし
☆3敗
 勝龍(東筆頭)・誉富士(東2)・里山(西9、休場中)


・幕内(まくのうち)
 鏡桜を押し出し、誉富士(東十2)9勝目。十枚目は全勝1人と、3敗が実質2人となった。
 北太樹を寄り切り、隠岐の海10勝目。
 旭秀鵬が変わっても気にせず押し出し、栃煌山勝ち越し。
 寄る蒼国来と土俵際引き付けあった千代鳳。最後は蒼国来寄り切って7勝目。
 安美錦9勝目、旭天鵬今日も勝ち越しお預け。
 魁聖5勝目、栃乃若負け越し。
 宝富士五分、貴ノ岩負け越し。
 安を極め出し、勢勝ち越して三役を目指す。
 豊響五分、照ノ富士負け越して三役は出直し。
 遠藤をまっすぐ寄り切り、豊ノ島4連勝。遠藤は白星が縁遠い。
 嘉風をスッと押し出し、常幸龍4勝目。
 大砂嵐のかち上げに堪える豪風だが、最後は大砂嵐が制して5勝目。

 新入幕と新大関という珍しい対戦。左上手の新大関を、下手の新入幕逸ノ城が最後は上手投げ。豪栄道を倒して11勝目。

 攻める鶴竜を琴奨菊逆転寄り切り、12日目に勝ち越し。鶴竜は残念2敗目。
 意外と難敵稀勢の里、今場所は相手にならず白鵬12連勝。1敗が新入幕のみという状況では、優勝は間違いなさそう。

☆全勝
 白鵬(横綱)
☆1敗
 逸ノ城(東10)
☆2敗
 鶴竜(横綱)・隠岐の海(西15)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
コメント

9月24日(水)のつぶやき

2014-09-25 03:46:01 | @momijibasi

逸ノ城に「湊部屋始まって以来の大物」と付けると、あまり強そうじゃない。 #sumo

4 件 リツイートされました

@syogo11 関取自体、先代の時の湊富士と、師匠交代直後の仲の国しかいないですからね。


リニアモーターカーって速いけど、実用化まではだいぶ時間がかかるね。


岩見沢周辺には、もとからイオンだった三笠店と、ポスフールだった岩見沢店がある。岩見沢店の近くにはダイエー岩見沢店があるんだけど…。

1 件 リツイートされました

コメント

平成二十六年九月場所・十一日目

2014-09-24 21:20:38 | 大相撲観測日誌
 平成二十六年九月(秋)場所(於・國技館)は十一日目。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ


・幕下
 希善龍(西7)を下し、千代嵐(東46)6連勝。
 若乃島(西5)は五分で踏み止まり、堀切(東7)負け越し。
 舛ノ湖(西8)勝ち越し、川端(東4)五分。
 関取確実の岩(西2)を寄り切り、安彦(東42)6連勝。優勝争いは幕下下位同士の決戦となった。
 出羽疾風(東2)五分、宝龍山(西4)残念負け越し。
 琴恵光(東3)勝ち越し、栃飛龍(西筆頭)五分。

☆6勝
 安彦(東42)・千代嵐(東46)


・十枚目(十両)
 天鎧鵬(東下筆頭)五分、旭大星(東14)苦しい7敗目。
 魁4勝目、真鵬負け越し。
 舛ノ山再休場で、芳東4勝目。
 富士東4勝目、若の里負け越し。
 3敗同士、青狼を押し出して誉富士(東2)勝ち越いs。
 阿夢露7勝目、里山2敗に後退。
 1敗の勝龍を押し出し、栃ノ心11連勝で独走か。

☆全勝
 栃ノ心(西5)M3
☆1敗
 なし
☆2敗
 勝龍(東筆頭)・里山(西9)


・幕内(まくのうち)
 佐田の海を下し、隠岐の海9勝目。
 玉鷲4勝目、佐田の富士負け越し。
 時天空蹴手繰りで3勝目、荒鷲負け越し。
 旭天鵬を押し出し、栃煌山7勝目。旭天鵬勝ち越しお預け。
 出る嘉風に安美錦叩き込みに団扇…も嘉風が落ちるのと安美錦のかかとが出るのが同時とみて取直し。2番目は嘉風を叩き込んで安美錦勝ち越し。
 豊ノ島3連勝、千代丸負け越し。
 千代大龍休場で遠藤2勝目。
 常幸龍を“突き飛ばし”て碧山白星先行。新小結常幸龍負け越し。

 大砂嵐の突きを気にせず、琴奨菊押し出して7勝目。
 大関戦に抜擢の逸ノ城。稀勢の里との立ち合いは2回合わず、3回目逸ノ城の叩きに稀勢の里あっさり落ちた。逸ノ城が1敗を守り、稀勢の里4敗目。

 豪風を叩き込み、白鵬11連勝。こういう場合の髷って?
 豪栄道を突き落とし、鶴竜10勝目。

☆全勝
 白鵬(横綱)
☆1敗
 鶴竜(横綱)・逸ノ城(東10)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
コメント

9月23日(火)のつぶやき

2014-09-24 03:49:32 | @momijibasi
コメント

事件を招く人・前

2014-09-23 23:36:23 | めいたんていコナン…など
 9月20日の『名探偵コナン』は、第751話「招き三毛猫の事件 (前編)」が放送された(実時間視聴)。


 よみうりテレビの公式ページ

 小学館の公式ページ

 東京ムービーの『コナン』ページ


「招き三毛猫の事件 (前編)」
 放送終了後の長いあらすじは下記のとおり。
 コナン、元太、歩美、光彦は喫茶ポアロで店員の榎本梓が取材を受けた雑誌を見せてもらう。雑誌には梓が三毛猫の大尉を抱く写真が掲載され、説明文には大尉君と書かれていた。梓は野良猫の大尉を飼い始めたが、最初から首輪を付いていたため、飼い猫だった可能性は大。梓は雑誌を見た飼い主が自分の猫と名乗り出てくる事を期待していた。そして期待通り、飼い主を名乗る人物が現れるが…。困った事にフリーターの雨澤章吾、会社社長の益子貞司、主婦の舎川睦実と飼い主候補は3人も現れてしまう。
 コナンは3人も飼い主が現れたのは大尉が特別な三毛猫だからと気付いていた。誰が本当の飼い主か見極めるため、小五郎も交えて3人から個別に話を聞く事に。梓はその間に自宅にいる大尉を迎えに行く。舎川は2ヵ月前、家族旅行の際に知人に猫を預けたと説明。知人が目を離した隙にいなくなってしまったらしく、舎川は5年前に猫と孫娘と撮った写真を見せる。コナンは妃英理から預かっている猫のゴロを離してみるが、舎川の方には近づこうとしない。安室透が大尉に去勢手術の痕がある事を伝えると、舎川は一晩入院して、抜糸まで1週間かかったと証言する。
 益子は4ヵ月前の引っ越しの時にケージに入れて引っ越し業者の車に積んだが、降ろす時にケージからいなくなっていたと説明。益子は他界した妻と猫が写っている写真を持参していた。安室は益子がゴロを抱くと同時にくしゃみする姿に注目する。去勢手術の話になると、益子は妻に任せていたと証言。だが、猫がパラボラアンテナのようなモノを首に付けていた時は覚えているという。
 雨澤は半年前に放し飼いにしていた猫が急に帰ってこなくなったと説明。ゴロは両手を広げる雨澤の胸に飛びつき、雨澤は猫に好かれる体質とアピールする。去勢手術の話題になると、雨澤はもらった猫だからそれ以前の事はわからないと答える。コナンは大尉がメスだとウソをついて反応を確認。雨澤は顔色が変わって自分の猫じゃないかもと言い出すが、元太たちがオスだとすぐに訂正する。
 コナンはすでに3人の誰が本当の飼い主かを特定していた。この後、梓が大尉を連れて皆が集まる探偵事務所にやってくる。大尉は3人の真ん中にいる雨澤の胸に飛びつく。雨澤はやっぱり自分の猫だったと主張して大尉を連れ帰ろうとするが、コナンは咄嗟にウソをついて雨澤を呼び止める。そしてコナンは一発で飼い主がわかる方法があると言って実験を開始。それは扉の外に大尉を置き、1人ずつ歩いて扉の内側に立つという実験。猫は耳が良く、飼い主の足音をちゃんと覚えているのだ。この実験と話から特別な三毛猫、大尉の本当の飼い主が見つかり、騒動は一段落するが…。1週間後、コナンたちが飼い主に呼ばれて大尉に会いに行くと、飼い主はマンションの部屋で頭部から血を流して倒れていた…。


 探偵事務所の下に入っている喫茶店。ここに出入りしていた猫“大尉”の本当の飼い主は? というご町内話が一転事件に発展する…が、事件が起きたのは前編の最後の場面。まあ、何も起きずに終わるとは思わないよね。

 1匹の猫に飼い主候補が3名。しかし、1名は預かった猫を逃がした人、1名は高い猫と知ってやって来ただけのウソツキ。もう1名が飼い主だったが、コナンたちに出会わなければ無事でいられたのでは? と言ってしまっては話が続かない。


 次回は9月27日、第752話「招き三毛猫の事件 (後編)」が放送予定。上記web ページの放送前のあらすじは下記のとおり。
 コナンたちは大尉に会いに行き、寝室で頭から血を流して倒れている会社社長の益子を発見。部屋はドアの鍵、ロックもかかっている密室状態だった。佐藤刑事、高木刑事は現場の状況から蛍光灯を取り替えようとして転倒した事故と判断。だが、コナンは益子を突き飛ばして重傷を負わせた何者かが事故に見せかける偽装工作をしたと推理する。この後、スナックママの露口、元社員の麻生、小説家の漆屋が部屋を訪ねていた事が判明。コナンは3人の話を聞いて犯人を見抜くと、密室トリックも見破って…。

 猫が招いた事件?

にほんブログ村 アニメブログへ
コメント

平成二十六年九月場所・十日目

2014-09-23 21:22:17 | 大相撲観測日誌
 平成二十六年九月(秋)場所(於・國技館)は十日目。


  ツイッター(@momijibasi)

  日本相撲協会「本場所情報」

  銀河大角力協会
 (質問等は掲示板へ


・幕下
 慶天海(西10)を叩き込み、貴斗志(東9)勝ち越し。
 堀切(東7)を押し出し、大和富士3勝目。
 武蔵海(西9)2勝目、力真(東6)負け越し。

☆5勝
 岩(西2)・希善龍(西7)・安彦(東42)・千代嵐(東46)


・十枚目(十両)
 北磻磨五分、達(西下3)初の大銀杏は黒星で五分。
 明瀬山を下し、里山9勝目。
 土佐豊五分、青狼3敗目。
 臥牙丸を寄り切り、栃ノ心10連勝。
 双大竜を叩き込み、誉富士7勝目。
 阿夢露を押し出し、勝龍9勝目。

☆全勝
 栃ノ心(西5)
☆1敗
 勝龍(東筆頭)・里山(西9)
☆2敗
 なし


・幕内(まくのうち)
 佐田の海を寄り切り、旭天鵬7勝目で来場所も幕内か。
 玉鷲3勝目、時天空負け越し。
 松鳳山を押し出し、隠岐の海1年ぶりの勝ち越し。
 魁聖を下し、栃煌山6勝目。
 碧山の重い突きをこらえ、勢押し出して6勝目。
 出る嘉風を堂々と叩き込み、逸ノ城9勝目。明日は稀勢の里と組まれた。
 出る遠藤を常幸龍はりま投げで3勝目。遠藤はツキにも見放されて9敗目。
 寄る千代大龍を豊ノ島土俵際で突き落とし。豊ノ島のかかとが出るのも早かったが、千代大龍の体もなく豊ノ島2勝目。

 長い相撲で稀勢の里を寄り倒し、宝富士五分。稀勢の里どうして3敗目。
 大関同士。豪栄道を寄り切り、琴奨菊6勝目。

 豪風を下し、鶴竜9勝目。
 大砂嵐に一瞬白鵬揺らいだが、すぐに突き落して土俵王10連勝。大砂嵐は瞬間敢闘賞。

☆全勝
 白鵬(横綱)
☆1敗
 鶴竜(横綱)・逸ノ城(東10)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
コメント

9月22日(月)のつぶやき

2014-09-23 03:44:51 | @momijibasi

民主党の幹事長に枝野元官房長官が復帰したそうだけど、直ちに国政に影響はないね。


いつの時代の携帯電話ショップなんですかね(困惑) pic.twitter.com/lHgITnjh7a


コメント