コージーアンティークの日記

日記や修理・メンテナンス、アンティーク情報などもろもろをご紹介してゆきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

センザンコウと新型コロナ?

2020-04-14 10:19:08 | アンティークディーラーの日常
つい数か月前までは想像もしていなかった新型コロナの影響・・・

まさかの非常事態宣言・・・

日頃参加している大江戸骨董市などのイベントも2月末の自粛の頃から全てキャンセルとなっています・・・まあ不要不急な業種なので仕方ありませんね(-_-;)


最近のナショナル・ジオグラフィックにて

『新型コロナの類似ウイルスをセンザンコウから検出、人へ媒介か。配列が90%一致、「売買は固く禁じられるべき」と専門家』

という記事。



3月26日付けで学術誌「Nature」に発表された、『センザンコウが、新型コロナウイルスと類似のコロナウイルスを保有していることが判明』、を受けてのもの。

また、世界保健機関(WHO)によると、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の元の宿主はコウモリと見られるが、人への感染は別の種が媒介した可能性が高いと考えられている。


落ち着いて考えてみると、人間が人間の生活範疇から逸脱せずにいれば、いろいろな生物種との共存も問題なかったのかな?

などなど。



ふと思い出したのが、ナショナル・ジオグラフィックのバック・ナンバーを読んでいて見つけた、絶滅の危機に瀕しているセンザンコウの記事。

中国では漢方薬、媚薬の材料として珍重されるセンザンコウは、地方では食肉としても売買されているそうで、こうした需要にこたえるためか、アフリカなどでは摘発を逃れながらの密猟が続いているのだという。。。

ああ、象牙やタイマイのほかにも、いろいろあるんだなぁ・・・と。

昨今では、地球温暖化に対する対策だったり、生態系維持の面からも希少動物の保護だったりの運動も活発化しているものの、それに反して、経済優先での動きも見られる。

まわりを見渡せば、いつも通りに咲いた桜が散り、いつも通りにカラスや雀が木にとまり、数百年の樹齢を持つ木々の葉が風にそよぐ中、人間世界の中だけでパンデミックが巻き起こっている。

いろいろな想いがよぎりますが、一日も早い収束を願って・・・こればっかりは治療薬やワクチンができるのを待つしかないのでしょうね。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

書道具いろいろ

2020-04-07 12:46:23 | アンティークディーラーの日常
書道具・・・書道の道具、って思われる方は極々当たり前でしょうが、書道以外の目的に探されている方もいるんですね。。。

そんな道具をまとめてご紹介。。。

実戦向きの道具からコレクター向けまで。







墨:大きく製法・材質で分類すると松煙墨と油煙墨。あとは色味などによって青墨や朱墨なども。




コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

<マリオ・ヌネス展 Mario Núñez>

2020-02-25 18:51:46 | アンティークディーラーの日常
仕事柄いろいろな国のお客様と話をします。

日本語ではなかなか遠慮がちで尋ねられないプライベートなことも、英語ではなんの遠慮もなしに『図々しく』尋ねてしまう自分にビックリ(笑)

海外からの方でも同業者もいらっしゃいますが、いろいろな職業の方がいらっしゃいます。刀剣武具好きのドイツ人もいれば、再生エネルギー関連の国際会議出席のためにスペインから来日された方・・・様々です。

全体としては中国・韓国・香港・台湾・シンガポールなどアジア圏の方が多いですが、アメリカを除くと多いのはどこか・・・ドイツやフランスを抜いて、イタリアやスペインのお客様が多かったりするのは、ちょっと意外かな。

良く目につく職業でアーティストの方も多いですが、先日、いらっしゃったメキシコのアーティストの方の展覧会が開催されます。

興味のある方は行かれてはいかがでしょうか。



<マリオ・ヌネス展 Mario Núñez>

Galerie412  2020/3/4 - 3/14
http://www.galerie412.com/2020_mario-n%c3%ba%c3%b1ez.html

(同時開催) Bunkamura Wall Gallery 2020/3/8 - 3/14
http://www.bunkamura.co.jp/s/gallery/exhibition/wall_200308nunez.html

音楽のリズムが聞こえてきそうな抽象画・・・

お好きな方はいかがでしょうか。。。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!


Copyright 2006-2020 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

日本画の掛け軸など・・・渡辺石華/寺田米陽/尾竹竹坡/ 望月春江

2020-02-24 23:04:12 | 日本陶磁器ガラス
前回のブログから約1か月が経過しましたが、収束するどころか影響が拡大している模様の新型コロナウィルス・・・

早く収束してほしいものですが、どうでしょうか。。。



さて、季節的に寒さの峠は越したかのようなこの頃・・・雪が降らずに困っているスキー場もあるとのことですが・・・

いくつか軸をご紹介。


渡辺石華 明治27(1894)-昭和41年(1966)


寺田米陽(明治8年(1875)高知県生) 南画家


尾竹竹坡(おたけちくは 1878-1936) 『白梅』 山水画 掛軸 新潟県新潟市出身


望月春江(もちづき しゅんこう、1893年(明治26) - 1979年(昭和54))山梨県西山梨郡住吉村増坪(現在の甲府市増坪町)出身


お好きな方はいかがでしょうか。。。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!


Copyright 2006-2020 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

印材などいろいろ・・・

2020-01-29 13:39:18 | 日本陶磁器ガラス
久しぶりにお天気のポカポカ東京ですが、巷では新型コロナウイルスのニュースが気になるところ。。。

早く収束してほしいものです!


さて、印材をまとめてご紹介しましょう。

印材?って言われる方もいらっしゃるでしょうが、いわゆる印鑑(はんこ)の材料のこと。

国内で主流なのは柘植(つげ)の木や最近は高価な象牙、安価な練り物・・・とこういったところでしょう。

一方で書家や水墨画などをしていたり、大会社の社長さんや政治家・・・はたまた〇〇先生などと呼ばれる方々には徴用される玉(珍しい石など)などは国内産がほぼ取れないため、一般的にはあまり流通していません。これらは、ほぼ中国産などです。





大きさや材質も様々。中には凝った彫刻が施されていたり・・・。




こちらは超絶的な細密技巧が施されています。



お好きな方はいかがでしょうか。。。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!


Copyright 2006-2020 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

酒器・盃:九谷 末川泉山 庄三写、有線七宝、志野焼 沢田秀一、萩焼 坂田泥華・・・

2020-01-09 11:48:57 | 日本陶磁器ガラス
普段はビールやワイン・・・という方も、この時期は日本酒を飲まれる方も多いのでは・・・

ちなみに、お酒は飲めないけれど酒器を集めている・・・という方も実は多かったりします。








磁器や陶器以外にも七宝の酒器もあります。





お好きな方はいかがでしょうか。。。






コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!


Copyright 2006-2020 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

謹賀新年2020

2020-01-08 16:37:31 | アンティークディーラーの日常
明けましておめでとうございます!

本年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。



年明け早々バタバタしており何かと落ち着かない日々。




新年なので、お年玉代わりの猫画像・・・いずれも我が家の愛猫とは無関係のジョギング途中にある植物園などで見かけた猫ちゃんたち。。。











コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!


Copyright 2006-2020 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

2019年最終日。本年もありがとうございました!

2019-12-31 17:38:10 | アンティークディーラーの日常
平成から令和となり、あっという間の一年間・・・と思ったら、土壇場でゴーンさんのとんでもニュース(笑)


昨年末には、トイザらス全店舗閉鎖やGAP大量閉店、HMV2度目の経営破綻などを書きましたが、今年も日本撤退の「フォーエバー 21」や大量閉店のオンワードや『いきなり!ステーキ』のなどのニュースもありました。

骨董市のような直接お客様と触れ合う機会がありますが、活気・勢いの感じられる外国人観光客などに比べ、どうしても国内の方の動静が見劣りしてしまう感じ。

来年は、オリンピックもありますし、全体的に盛り上がると良いですね♪




さて、最後に、年末恒例の我が家の愛猫(名:にゃんこ)の登場♪

4Qより我が家にやってきたワンコも加わり、毎日の散歩が日課にもなりました!



そして、キャットガーディアンにて入手した中古のキャットタワー・・・あと一か所を残して生地の張替も完了。


最後に、猫好きの方にはお馴染みの『しまい忘れ』・・・なかなか撮影チャンスに恵まれません♪








新年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

皆さまにおかれましては、良いお正月をお過ごしくださいませ。



+年末年始のお休みと、商品のお届けについて+

休業日:1月1日~1月3日
1月6日(月)より随時発送開始となります。

誠に勝手ながら上記期間中は休業させて頂きます。
休業期間中のお問い合わせ、商品の出荷に関しましては、 休み明けより順次ご対応させていただきます。
また、年末年始は交通渋滞や天候により、 一部地域で遅れが生じる可能性がございます。




コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2019 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

お正月前に・・・和装小物類など

2019-12-30 14:54:27 | 販売
お正月も近くなってきましたので、それらしき季節感のものを・・・



着物を着る機会はめっきり減っていると思われますが、骨董市などでの催事では、着物は外人さんに大人気のアイテムでもあります。

また、浅草などへ出かけますと、着付けや写真撮影も込みになったレンタル着物などもあり、そこかしこで着物を着て歩いておりますので、

『和』を感じられます!


さて、こちらは帯留めなどの和装小物類。







最近は、特に『種の保存法』(正式には、『絶滅のおそれのある野生動物の種の保存に関する法律』といいます)による規制が強まっております。

象牙や鼈甲(ウミガメなど)など以外にも茶道で使われる鳥の羽を使用した羽箒(はねぼうき)やサイの角を使用した杯や根付などなど。

象牙などもそっくり形を残した1本ものの飾りのみならず、楽器や茶道具などで幅広く使われています。

こうしたものもだんだんと入手困難になっていくことが予想されます。

新規に狩猟するのは当然として、既に形となっているアイテムにも波及しているからですね。。。



お気軽にお問い合わせくださいませ。

コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2019 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

1956年と1958年製のヴィンテージ・ヴァイオリン

2019-12-29 23:45:24 | 販売
あまりこのブログではご紹介しませんが、楽器の取り扱いもございます。

こちらはヴァイオリン、日本のスズキ製です。

1956年と1958年製で私より一回りほど先輩。

楽器はメンテナンスをしていると、ついつい仕事なんだかプライベートなんだかの境目を超えてしまうので、注意が必要です(笑)





ちなみに、これらは分数ヴァイオリン(3/4と1/2)です・・・説明は長くなりますので省略(-。-)y-゜゜゜





お気軽にお問い合わせくださいませ。

コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2019 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

スウェーデン製 モダニズム オブジェ Mikael Kenlind Sweden

2019-12-28 23:40:20 | 北欧陶磁器ガラス
『師走』というだけあって時間の過ぎるのが早い・・・

この季節に寒々しいのですが・・・こんなガラスもあります(笑)






お気軽にお問い合わせくださいませ。

コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2019 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

スウェーデンのガラス グラール技法を使ったオレフォス社製花器 Edward Hald

2019-11-23 11:39:17 | 北欧陶磁器ガラス
エドワード・ハルド Nils Tove Edward Hald (1883 - 1980 ストックホルム生まれ)
スウェーデン画家、グラフィック・アーティスト、ガラスアーティスト



1945年にEdward Haldによりデザインされ限定数の生産が続けられた作品です。



海藻のなかを魚たちが泳ぐ姿を鮮やかなを厚手の透明なクリスタルと緑色を用いてグラール技法『the Graal technique』により再現しています。

同様のモチーフの作品においても同じものは2点となくすべてが一点物となります。

このグラール技法を用いることの効果として、人間が海に潜った際、異なる深度の海中生物(魚や海藻など)が実際より大きく見えるイリュージョンを可能としています。

このエドワード・ハルドの代表的作品はスウェーデンにおけるアートガラスの世界に大きな影響を与えたのみならず、世界の工芸ガラスの歴史の中においても足跡を残し、各地の美術館に所蔵されるなどのほか、『Fifties Glass by Leslie Pina』など工芸ガラス収集家の参考書などにも頻繁にとりあがられています。



お気軽にお問い合わせくださいませ。

コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2019 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

Murano sommerso glass vase ムラノガラス

2019-11-21 16:30:00 | 北欧陶磁器ガラス
最近、台風の被害が増えたな・・・と感じますね。

もちろん、地球温暖化による影響が大きいのでしょう。

もはや先日の大型台風も昭和58年並みの大きな・・・とか○○年ぶりだとか・・・○○年に一度だとか・・・というセリフも付随することのない時期が来そうな気配です。


先日、沖縄に行った際、ちょうど台風到来のタイミングの谷間だったのですが、珊瑚の生育の為には台風自体は欠かせないもののようです。

自然界はいろいろなことが関連しているようですね。


台風被害に遭うかどうかは規模感によるのでしょうけど、このような温暖化の影響は日本のみならず全世界的なものなので、今後はどのように防ぐかということを真剣に考えていくフェーズになりそうです。


海面上昇や島全体の地盤沈下という問題がニュースにたびたび取り上げられるようになったイタリアのヴェネツィア。

ベネチアン・ガラスで有名なムラノ島もあります。


大昔、ガラス技術を国の財産と考えたヴェネチアが、職人や技術の流出を避けるために、ひとつの島に職人と工房を集合させ・・・という有名な話があります。

ガラス工芸においては多様な技法がありますが、すべて職人さんの技術によるところが多いので、歴史的に貴重な作品などは、現在では再現できないようなものもあるそうです。


さて、ガラスのご紹介。

海外では、『Murano sommerso glass vase』などと呼ばれています。



息を呑むような美しいブルー。

美しいだけではなく・・・

手に取ってみると・・・重っ(笑)

ボーリングのボールのような重量感!


将来的に、こういったガラス工芸も温暖化の影響を受けることになるのでしょうか?



お気軽にお問い合わせくださいませ。

コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2019 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

Paul McCobb 没後50年・・・ポモナ・タイル

2019-11-20 17:32:28 | Paul McCobb ポール・マッコブ
昨日、久しぶりに出かけた国会図書館。

・・・と気が付くと夕方。

飲まず食わずの5-6時間がこれほど早いとは・・・日にちの経つのが早いはず!




さて、令和となった2019年も残すところあとわずか・・・

2019年・・・そうですね、思い出しました。。。




今年はポール・マッコブPaul McCobb 没後50年にあたります・・・1969年没ですので。


ケアホルムやウェグナー、ヤコブセンといった有名どころの北欧系デザイナー家具の復刻を手掛ける大手フリッツ・ハンセンも手掛け始めたようですね・・・マッコブの復刻モノ家具シリーズ。


現存するヴィンテージは数が限られているので、幅広い層に広くデザインを認知させる・・・というのにはいいのかな?とも思いますが、いろいろ心情は複雑(笑)

例えば100年後に見た人は違いが判るのだろうか・・・とか。




ギターなどで言えば、『レリック』などとわざわざ新品発売と同時に古色加工されたものが、まっさらの新品より高く発売されています・・・が、これなども100~200年後に見た人はどうなんだろう???



日本の骨董もなどもそうですね・・・すでに江戸時代に多く作られていた複製品がすでに最低でも150年は経過しています。

どんなものでも150年も経てば相応の古さが出てくるでしょうし・・・

オリジナル?

ちょっと遅れて作られた復刻品?

それとも悪意のあった贋作?





やはり単純に真贋を見極めるといってもその根拠が大切です。

これは、○○です・・・って言い切るための証拠?みたいな客観的な情報。


わたしも随分といろいろ情報を集めていましたが、その中で有力なものの一つが当時の『広告』。

特に、出版などの現物(紙)媒体として出された雑誌や新聞の広告などは多様な場所に収まっており、後年に改ざんができません。





これらは、アメリカ大手の上場非鉄メーカーの広告。

こういった中にも有力な情報が隠れていたりしますので、実物(切り取った紙の広告)として保管しています。

無論、オリジナルですので相応の価値があるために、実際にマーケットで売買されています。



さて、こちらはアメリカのタイルメーカー、ポモナ・タイル Pomona Tileの広告です。

日本で言えばLIXILのようなメーカーになるんでしょうけど、規模感はかなり小さいかな・・・

1950年代、特に1957年には新進気鋭のデザイナーを起用したシリーズを出していたようです。



これは割と有名なジョージ・ネルソンが手掛けた作品。

そのほか、何人かのデザイナーが手掛けた作品がシリーズとして発表されました。





そのシリーズの中では、ポール・マッコブも作品をデザイン。

『ルーレット』などと作品にタイトル(名称?)もつけられていました。



これらは、いずれも当時の雑誌の広告。

商品がいわゆる建材ですから、建築設計・施工関係を請け負うプロの人たちにアピールしなければなりません。

結果的に、一般紙ではなく関連業界の人たちが仕事がらみで目にする専門誌・・・ということになります。



これらが実際に施工されるわけですね。



当時、実際にどれくらい売れたのか?

新築した施主にしても、このタイル良いね・・・くらいで選んだことでしょう。

そして、現在も残っているのか、はたまた取り壊されてしまったのかはわかりません。




これらは実物ですが、これらは本物のタイル・・・しかも未使用!



気になる方はいるかな・・・?






お気軽にお問い合わせくださいませ。

コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2019 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

端渓(たんけい)硯と歙州硯(きゅうじゅうけん)

2019-10-24 21:04:41 | 日本陶磁器ガラス
先日、学生時代の同級生と集まる機会がありました。

両親の介護などに関連した話や既に他界していたり・・・自分たち自身の話題とそれ以外の話題の比率が拮抗してきており、若い頃には予想だにしなかったこと。

仕事の関係上、同業者やお客様であっても年輩の方と接することがほとんどの日常。この類の話題をこなしすぎて、達観してしまった感じがします。

今では、長寿番組となった『なんでも鑑定団』に品物を持ち込んで鑑定を依頼する方々を見れば一目瞭然でしょうが、大抵私より一回りも二回りも年輩の方たち。

経験の広さも深さも勝った、そういった人生の先輩といった方々に囲まれて仕事をしていると、ある意味『年齢相応よりも、やや老け気味』な感覚になってしまうのかもしれません(笑)

親に対して話すようなアドバイス的な話。健康面であったり、趣味であったり・・・といった話をお客様にも自然としてしまっているこの頃です。


さて、中国の硯。

中国四大名硯(けん)の一つで、広東省肇慶市の石材で作られる高級すずり「端渓(たんけい)硯」の価格が高騰してきているという記事を読みました。

とっいっても、以前、戦前から連綿と続き1980年代のバブル期をピークとした硯ブームの頃と比べるまでもないとは思いますが・・・。

また、端渓と並んで四大名硯の一角を占める歙州硯(きゅうじゅうけん)というのもあります。

パソコンやスマホがこれだけ普及し、印刷していた年賀状でさえメールに置き換わってしまうという時代、実際に使用するための硯かどうかは定かではありませんが(笑)



大間のマグロではないですが、特段彫刻を施すでもなく、石の素材の一本勝負的な硯板(板硯ともいう)もあります。



じっくり墨を摺って心を落ち着けて見てはいかがでしょうか。




お気軽にお問い合わせくださいませ。

コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2019 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント