コージーアンティークの日記

日記や修理・メンテナンス、アンティーク情報などもろもろをご紹介してゆきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アメリカの1957年製ニューへブン・クロック~ミッドセンチュリー・モダン

2013-08-26 15:50:22 | 販売
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

アメリカの1957年製ニューへブン・クロックで、ミッドセンチュリー・モダンの代表的なデザイナー、ジョージ・ネルソンのスタイルを思わせるモダンなデザインの掛時計です。



無駄を排したシンプルなデザインで、黒色の文字盤に金色に塗装された球状のアワーマーク(12時・3時・6時・9時のアワーマークが他に較べて若干大きめ)で構成され、シンプルながらも立体感を感じさせます。



詳しくはこちらから。。。



<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント (1)

アメリカ『ハワード・ミラー』社製の『ミュージアム・クロック』

2013-08-22 14:45:38 | 販売
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

ここ駒込の駅前では今週末に盆踊り大会が開かれ、地元でも週末にお祭りがありますが、夏のイベントが終わりに近づき、夏大好きの私は徐々に感傷的に・・・。

そんな時にピッタリの音楽を聞きながら仕事に励んでおります。



アメリカのアンティーク・モールなどへ行きますと、かなり高い確率で1950年代のいわゆる『オールディーズ』がかけられています。

よほど田舎へ行かない限り(田舎へ行けば行くほど、共和党支持層の多いカントリー・ミュージック地帯に…)ラジオ局ごとにジャンルが細分化されていますので、こうした『オールディーズ』の専門局も成立している訳。

そして、アンティークなどの古いモノ屋さんには非常にマッチして、ゆるーい感じで物色できます。

間違っても、レディー・ガガがかかることはありません(笑)


『除湿系』というジャンルが確立されているかは別として、暑いさなかにはピッタリなので是非お試しあれ。

という訳で、家から引っ張り出してきた古い『プラターズ』のアナログLP盤をプレイヤーでかけております。

モノマネのグッチ裕三さんお得意の『オンリー・ユー』の元ネタをご想像ください♪




こちらは、アメリカの工業デザイナー、Nathan George Horwitt (1898 - 1990)によるデザインの『ミュージアム・クロック』とよばれる置時計で、黒色文字盤に金色の円を12時の位置に配した、シンプルで洗練されたデザインが特徴。



ニューヨーク近代美術館の所蔵コレクションをなっております。



ジョージ・ネルソンが、デザイン・ディレクターを務めていたことで知られるアメリカの老舗時計メーカー『ハワード・ミラー』社製のヴィンテージ置き時計で、削り出しの真鍮製ケース。



ゴールドの長・短針に、黒色文字盤には『Howard Miller Quartz W.GERMANY』の刻印。

前面はガラスのエンクロージャー。時計のムーブメントは、単三電池を一本使用するクォーツタイプで、裏面のカバーを取り外して電池交換可能です。



詳しくはこちらから。。。



<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント (1)

アールデコのデザイン♪ジェファーソン・エレクトリック社製『ゴールデンアワー』置時計

2013-08-21 23:27:36 | 販売
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

本日はみんな大好き、アールデコのデザイン♪

西洋とは異なり、日本では直線的な着物文化が続いていたので…という説がありますが、真偽のほどは定かではありません(笑)


こちらは、ジェファーソン・エレクトリック社製の『ゴールデンアワー』と名づけられた置時計。



正面から見ていただきますと後ろが透けております。もちろん後ろから見ても。



文字盤にはガラスが使用されており、そのフレームの金属の部分に時刻がわかるようになっているわけです。

よくよく考えてみると実に摩訶不思議な時計だと思いませんか???



いたるところにアールデコの意匠が見られます。



*****ジェファーソン・エレクトリック社(1915-1984)*****

1915年1月にジェファーソン・エレクトリック社設立。発
明家であったアメリカ大統領、トーマス・ジェファーソンの名にちなんで社名が決められました。

イリノイ州シカゴの小さな4階建ての建物で、当初20人の従業員とともに、玩具や車載ランプ用変圧器の製造を開始し、1924年頃にはラジオ向けの変圧器を手がけるようになります。

1928年、1889年創立のChicago Fuse Manufacturing Companyと統合し、フューズやスイッチ関連製品まで拡大。
1949年に製造開始された置時計はジェファーソン・エレクトリック社初の電気式時計で、後に多様なモデルの時計が製造されましたが、もっとも人気の高いモデルでした。

1984年MagneTek, Incによる企業買収によりその歴史を閉じ、1991年8月に時計部門が閉鎖になるまで、単一モデルとしては41年の間基本部分は変更されずに製造されました。


詳しくはこちらから。。。



<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント (1)

残暑お見舞い申し上げます

2013-08-19 17:29:51 | アンティークディーラーの日常
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

残暑お見舞い申し上げます


皆様、如何お盆を過ごされたでしょうか。

お墓参りや花火大会…

ちなみにわたしは年甲斐もなく日焼けの真っ只中…既に一回脱皮済み(笑)


この季節といえば終戦記念日を迎え、関連した番組も放映されるのですが、沖縄の平和祈念資料館からの流れも手伝って、戦前・戦中・戦後あたりに興味を持っているので、NHKなどの関連番組も見ています。

また、古いものを扱うという職業柄、この期間のモノには非常にアクセスしやすいこともあり、また買い付けの際なども、日本モノを含め戦争の影響が色濃く表れているモノにも自然と目が行くのです。




そんな中、先日一通の手紙が届きました。

つい先日から放映が始まった、戦争時期の日本を描いた『少年H』という映画の小道具を担当された方からの手紙で、自筆で便箋に書かれたもの。

以前、映画で使われる小道具を探しているということで来店いただき、協力させて頂いたのが、もうかれこれ1年以上も前のこと。

その時は、簡単なシナリオ?企画書?のようなものを見せていただき口外せぬように言われていた為、すっかり忘却の彼方へ追いやられていたところ、突然のお手紙を頂き驚いた次第。


メールやSNSなどを用い、国境を越えて簡単にやり取りができるような現代ですので、自筆の手紙に殊更感激し、しみじみと有難味を感じた訳です。

『残暑お見舞い』をブログで書いているわたしが言うのもなんだか矛盾しておりますがご勘弁を(笑)


それでは皆様、まだまだ暑い日が続きますが、ご自愛下さいませ。





<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

夏期休業のお知らせ

2013-08-11 01:10:59 | アンティークディーラーの日常
****お知らせ*****

8月12日(月):通常営業
8月13日(火):変則営業
8月14日(水)~18日(日)までお休み致します

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

<夏期休業のお知らせ>

8月12日(月):通常営業
8月13日(火):変則営業
8月14日(水)~18日(日)までお休み致します

*弊社のインターネットWebサイトからのご注文は、年中無休で受け付けております。
(弊社からのご連絡につきましては、19日以降に受付順に行いますので予めご了承ください。)


<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

ちょっと便利なヘイウッド・ウェイクフィールドとゲーム・テーブル

2013-08-10 16:49:49 | ヘイウッド・ウェイクフィールド
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

今年一番の暑さでは?と思わせる今日の東京。

長期連休の初日の方も多いのではないでしょうか?

明日までが帰省ラッシュのピークらしいですが、どこにも出かけない方に向けてブログを更新・・・♪


さて、今日はちょっと便利なテーブルをご紹介しましょう。


こちらはアメリカの老舗家具メーカー、ヘイウッド・ウェイクフィールド社製のエンドテーブル。

積み重ねができるということで、スタッキング○○○という単語はよく聞くのですが、こちらはもうひとつネスティグ・テーブルとも呼ばれます。ネスト、とは入れ子という意味。



必要に応じて、広げて使用したり重ねておいたりが可能なテーブルです。





もうひとつ珍しいのがこちらのカード・ゲーム・テーブル。



カード・ゲーム(いわゆるトランプのポーカーなど)を室内でする際に用いられるテーブル。

さしずめ日本では全自動の機能が実装される前のアナログな麻雀卓のようなもののほうがピンとくる方も多いかもしれません(笑)

こちらも便利なことに折り畳み可能。その分、耐荷重はあまり期待できませんが。。。



天板のデザインは、アメリカのイエローページの広告のようなものが印刷されているのですが、壁に立てかけておいても男前のインテリアになります♪




詳しくは、こちらから。。。


<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

ふたりのイームズとゼニス社製アーム・チェア

2013-08-09 12:59:25 | Charles & Ray Eames イームズ
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

少し前に映画『ふたりのイームズ 建築家チャールズと画家レイ』を見に行きました。



映画自体は、チャールズ&レイ・イームズのドキュメンタリーで、膨大な資料を織り交ぜながら、多様な関係者(元イームズ・オフィスの同僚やハーマン・ミラー(イームズの主だった製品の製造販売会社)関係者、そして関連雑誌の編集長やモダン・オークションのディレクターなまで)のインタビューが織り交ぜられた構成。





イームズ後期の活動として有名なフィルム作品などが、今までは書籍などでは度々紹介されてきましたが、動く形で見られたのは貴重ですし、イームズ夫妻のより人間臭さにフォーカスしていたのには興味が持てました。


余談ですが、この映画を見に『ふたりのイームズ 建築家チャールズと画家レイ』の配給元でもある、渋谷区宇田川町のアップリンクという映画館に、恥ずかしながら初めて足を運んだのですが、実に興味をそそられるオーガニック系レストラン併設の映画館で、この映画館を知った事は大きな収穫でした!

上映されているものは、いわゆるロードショー系大型館の作品とは全く異なりますが、(個人的には)興味深い作品ばかりを取り揃えた、映画のセレクトで・ショップのようです。(この映画の後、既に数回訪れました♪)


さて、イームズのチェアをご紹介。



一見すると良く見かけるアームチェアですが、こちらはいわゆる初期型(1st)とよばれるコレクター向けのヴィンテージ作品で、ヨーロッパなど世界中で人気です。




年代によってディテールが異なるのですが、このチェアの特徴としては、ゼニス社とハーマンミラー社のダブルネームで販売された事です。

ゼニス・プラスティック社製のシェル(座面)は、当時高価だったプラスティックの量を減らす代わりにグラスファイバーの量を多くしており、ファイバーがより目立っています。

また、シェルの強度を上げるために、シェルの端にはロープが埋め込まれており、通称ロープエッジと呼ばれています。

こちらでは、オリジナルの回転式コントラクト・ベースが組み合わされていますが、ベース部分とシェル部分の接合部分の黒いゴム製マウントが現行品に較べて大きいというのも特徴のひとつです。(通称ラージマウント)

年々少なくなってきていますので、お好きな方は是非この機会にいかがでしょうか。

詳しくは、こちらから。。。


<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

おきなわ便り

2013-08-08 15:58:22 | アンティークディーラーの日常
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

ここ最近は毎年のように通うようになった沖縄。

いわゆるリゾートだとか観光地ととらえていない為か、見るもの全てが毎回刺激的。

海外的なものを感じたりもすれば、都会では見ることの出来ない昔懐かしい『古き良き懐かしの日本』を感じたり。

もちろん過の大戦の爪痕も。。。



そんな中、今回はじめて『ひめゆり平和祈念資料館』へ訪問。

現地のラジオを流しながら運転していると、現地の人でも7割くらいの人は行ったことがないとの事で、ラジオに登場していた会社の社長さんは、社員を引き連れて年に一回訪問するんだそうです。


さて、そんな中到着した資料館。

深く深く展示に目をやり、いままでの無知を反省。

そして、亡くなられた方々への哀悼の念。


同じ戦争で亡くなられた方を比較するのはあまり意味をなさないと思うのですが、原爆被害者と異なり、戦況が刻刻と変化し、亡くなられた故人個別の詳細な事実が判明しているだけに、あまりの悲惨な光景を想像する事は易いものなのです。

つい先日もヘリコプターの墜落が報道されていましたが、こうした過去の事実に関して無関心ではいられません。




もちろんリフレッシュも忘れてはいません・・・笑。



那覇市内の泊港から高速船で40分。甲板にて風を感じる。



いざ、慶良間諸島の渡嘉敷島へ。




世界を見渡しても指折りの透明度では。。。

色が濃くなっているサンゴ礁でシュノーケリング。




気温自体は東京と変わらず・・・しかし紫外線がすごい。

間違いなくカリフォルニアよりもアリゾナよりも空が青い♪



夜の国際通り。



県庁付近です。。。



定番のアイスクリーム屋さん。



沖縄の焼物『やちむん』。

アンティーク骨董の中では人間国宝、金城次郎の民芸作品あたりは外せませんが、こちらは沖縄らしい色使いのペルシャブルーの焼物。

いわゆる『食欲減退色』とも言えなくもないのでしょうが、そういうことを超越して力を感じます。



最後にマジックアワーのショットを。



こちらは那覇市内唯一の波の上ビーチにて。

外人率高し・・・そして子供からお歳よりまで年齢層も広し。



そしてホテルの部屋のベランダからの眺望。

出港したばかりの貨物船を見ながらボーッと過ごす贅沢な時間。



日焼け痕のかゆみに耐えながら仕事も頑張ります!





<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント