コージーアンティークの日記

日記や修理・メンテナンス、アンティーク情報などもろもろをご紹介してゆきます。

謹賀新年 2019♪

2019-01-04 16:38:53 | アンティークディーラーの日常
明けましておめでとうございます!

本年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。





新年なので、お年玉代わりの猫画像など・・・

先日訪れたタイのスナップ。。。




お約束の街ネコ♪



少子高齢化の進む日本から見ると羨ましい限りの活気溢れる街並み・・・



落ち着いた佇まいの水上都市にあるレストランの席からの展望



夜は外国人比率高めのホテルのプールでゆったり





コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2019 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

2018年最終日。本年もありがとうございました!

2018-12-31 13:55:06 | アンティークディーラーの日常
冬季オリンピックやワールドカップの記憶も薄まり、あっという間の一年間。

記憶に残ったニュースでは、米国で242年間現れなかった時価総額が1兆ドル(約111兆円)を超える企業・・・ついにアップルやアマゾンが到達。

一方で、おもちゃのトイザらスが735店全店舗閉鎖したり、アパレルのGAPが大量閉店、HMVの2度目の経営破綻などのニュースも。

これらは、インターネットの普及やデジタル化・デジタル配信、新たな通信5Gへの投資などの加速化などが関係していることは明白で、大きな流れの変化を感じられずにはおれません。

利便性はどんどん増す。

一方で、実際に手に取ってみる、といった買い物の楽しみが損なわれたり。

IT弱者と呼ばれるような高齢者層の買い物難民という問題もあるようです。


おもちゃ屋さんの前で買ってほしいものがあり、泣きながらお店の前で長時間座り込んでいた・・・というわたしの幼少期の話を何度となく
親から聞かされました。

今となっては笑い話のような光景ですが、そんな光景は滅多に見ませんね。

幼少期の日課で通い続けた駄菓子屋さんも今では見ることができません。


余談ですが、古物商ばかりが集まる業界の競り市などでは、スマホやタブレットなどのデバイスを持ちながらも、昔ながらの
10貫だとか100貫目などといった昔ながらの符丁をもちいた競りが行われています。うまくミックスされてますね(笑)




平成最後の年末。

来年の春に天皇陛下譲位が行われます。

十干十二支(じっかんじゅうにし)でいうところの「己亥」(つちのとい)。

己亥の年は、亥は十二支の中では一番最後に来る『植物の生命の力が種子の中に閉じ込められている状態』で、いずれ果実となる種子の状態が「亥」。
この「亥」という漢字に「木」がくっつくと「核」という字になります。
しっかりエネルギーやパワーを蓄えて、次のステージに向けた準備期間としたいものです。



さて、最後に、年末恒例の我が家の愛猫(名:にゃんこ)の登場♪






新年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

皆さまにおかれましては、良いお正月をお過ごしくださいませ。



+年末年始のお休みと、商品のお届けについて+

休業日:12月29日~1月3日
1月4日(金)より随時発送開始となります。

誠に勝手ながら上記期間中は休業させて頂きます。
休業期間中のお問い合わせ、商品の出荷に関しましては、 休み明けより順次ご対応させていただきます。
また、年末年始は交通渋滞や天候により、 一部地域で遅れが生じる可能性がございます。




コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2018 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

象嵌が美しい木製花台・香炉台

2018-11-20 22:23:43 | 販売
最近は本当に外国からのお客様が多いのですが、先日、骨董市に出店した際に隣のブースには、わたしよりひと回り以上は年配と思しき業者さん。

経験も知識はもちろん、取り扱う商品もすごくて、古瀬戸灰釉瓶子・・・などという鎌倉時代ほどのアイテムもある大先輩。

ただ、外国からのお客様との対応には苦慮しているようで、身振り手振り、様々な単語を交えて商品説明を試みてはいるが、

どうにも相手のイギリス人には伝わっていない様子。


そんな様子をしばらく見ていて、途中で助け舟を出したらちょっと喜ばれました♪

香炉を表わす「インセンス・バーナー incense burner」や象嵌を表わす「インレイ Inlaid」など、普段はあまり使わない単語でしたが、
それらが割とスムースに出てきた自分をほめてあげました(笑)


さて、こちらは玉などの象嵌が美しい木製の台で、花台(かだい)とか香炉台(こうろだい)と呼ばれるもの。



一般的には、中国のお客様に人気がありそう・・・と思われるかもしれませんが、ヨーロッパなどの西洋文化圏のお客様からの人気が高い。

非常にエキゾチックに映るのでしょう。。。

こちらは、人物をモチーフとした焼き物。



アンティークの世界でもフィギュリンという陶製の人形や動物などの作品は昔からあり、ヘレンドやロイヤル・コペンハーゲンなど
そういった類のは見慣れていると思いますが、やはりエキゾチックに映るのでしょう。

余談ですが、近年日本で人気の高まっているスペインのリヤドロ。

可憐な花を抱えた少女のようなフィギュリンなどがイメージしやすいと思いますが、この手は日本の男性に人気が高かったりします。
(プレゼント用ではなく、自身のコレクション用とのこと・・・^^)

いろいろと先入観を覆されることの多い体験も楽しいものです!



お好きな方はいかがでしょうか。


コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2018 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

1973年 ヴィンテージ イタリア ムラノガラス Barovier & Toso製 ミルフィオリ ペーパーウェイト ベネチアンガラス

2018-10-14 22:31:47 | 北欧陶磁器ガラス
イタリアで有名なムラノガラス。

以前、何かの番組で特集が組まれていましたが、誕生して1000年ともいわれている歴史の中で培われ進化してきた数々の技術があり、その工程に沿って職人さん方が製作されていくといった内容でした。

1291年にすべてのガラス職人がムラノ島に移転を余儀なくされたとされていて、その理由が他国への技術漏洩を防ぐため、離島であるムラノ島1箇所に工房を集積させるのが狙いのようです。

基本的に個別のパーツを製作しながら、それらを最後に組み合わせていくような、大まかな流れや工程は継承されつつも、先人の残したあまりに高度な作品をいまだに超えることのできない・・・そんな分野のようです。

新しいもの、現代のモノの方が優れている・・・ということが絶対ではない分野、機械(ロボット)などではできない分野がありますが、そんな中の一つなのでしょう。



こちらは、ミルフィオリという技法のガラス。

ミルフィオリという棒状の細長いガラスのパーツを作ってから、小さく裁断していくのです。

さながら日本の金太郎飴を思い浮かべていただくとわかりやすいかも・・・それのガラス版です。

その小さなパーツを数種類作っておいて、オリジナルのデザインになるように並べて組み合わせる、手数のかかる工程を経て製作されます。



1973年のBarovier & Toso製ペーパーウェイト。

なかなかの存在感です!


お好きな方はいかがでしょうか。


コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2018 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

漆器:輪島塗硯箱 / 出雲特産八雲塗蓋付螺鈿入り小物入れ

2018-10-13 22:15:38 | 日本陶磁器ガラス
漆器をいくつかご紹介。

和食を好む日本人にとっては味噌汁などのお椀は日常毎日目にするものなので、空気のような存在かもしれませんが、外国人から見るとどうなのでしょうね???

陶磁器の限られたセットだけで食生活全般をカバーできるエリアの方であれば、物珍しく映るらしく、大変人気のある品です。


輪島塗硯箱 扇文様

出雲特産八雲塗 蓋付き漆器


お好きな方はいかがでしょうか。


コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2018 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

自然科学系・・・というジャンル

2018-09-30 11:56:58 | 販売
昨日、レンタルしているサーバー内のファイルをメンテしようと思い、久しぶりにFTPで接続を試みたところアクセス出来ない・・・

接続先サーバー・アドレス、アカウント、パスワードを何度も確認し、再度アクセスを試みるも失敗。。。

なぜ???

よくよく調べてみると弊社HPが不正アクセスを受けて一部改ざんされた模様で、大手レンタルサーバーのサービス業者によって一時的にアクセスの
不許可処理(アカウントのロック)がされていたみたいです。

2週間前に不正アクセスで、ソースコードに海外(フランス)サイトへのリダイレクトロジックがJava Scriptで書き込まれていたのですが、

金銭にまつわるトラブルでもなく、良かったのですが。


まあ、アクセスを強化し、ソースコードも元に戻して復旧しました。


最近も認可済の仮想通貨取引所サイトからの不正流出が認められる報道が・・・被害は60-70億のようです。

便利な反面、物騒な世の中なのですね・・・犯罪の在り方も様変わりしていくんでしょう。。。




さて、ちょっと変わった古いもの・・・科学系?

骨董の中としては決して主流ではないものの、海外においても『サイエンティフィック・アンティーク』などというジャンルもあり、固定のファンはいるようですが。


耳の人体模型

実際の医療用具

観察などで使用するルーペ。オーストリア製。



お好きな方はいかがでしょうか。


コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2018 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

お茶道具小物など

2018-09-28 11:30:16 | 日本陶磁器ガラス
今月は台風が多く、雨が多いですね・・・

秋が通り過ぎてしまったように、少々肌寒い日も・・・

さて、お茶道具の小物も取扱いしております。


お茶席で使うステンレス製の楊枝

鉄窯洗浄用棕櫚

懐紙

飾り用純銀製扇子


お好きな方はいかがでしょうか。


コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2018 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

高橋楽斎の信楽焼/今泉今右衛門の銘々皿/沈寿官の薩摩焼など

2018-08-15 00:07:10 | 日本陶磁器ガラス
世間ではお盆休み真っただ中でしょうか?

ちょっと用事で図書館に行ったところ、そのビルのテナントである日立系のシステム会社は11連休となっておりました・・・そんなに長い休みの後、普段通り働けるのであろうか?

と、余計な心配ながら図書館の中へ入ると、いやぁ、寒いくらいの冷房でした(笑)


普段、家で過ごしているときは、我が家の猫の過ごしやすい環境作りを優先していて、猫の嫌いなエアコンやテレビをほとんどつけません。

熱帯夜でどうしても寝苦しい際に夜間エアコンをつけて寝ますが、知らずのうちに猫が出て行って、窓を開けっぱなしにしているほかの部屋で眠っています。






さて、日常でお使いいただける品をいくつかご紹介。



四代 高橋楽斎 信楽焼 煎茶道具


十三代今泉今右衛門 銘々皿


屠蘇セット14代 沈寿官 薩摩焼 屠蘇セット


お好きな方はいかがでしょうか。


コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2018 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

書道具:桜皮細工の文箱・硯箱や龍渓硯など

2018-08-13 22:36:57 | 日本陶磁器ガラス
今週辺りからお盆でお休みの方も多いのでしょうか。

車で帰省される方もいらっしゃるでしょう。

ただ、ここ数年の原油相場の高騰でガソリン代も高騰の折、電車等での帰省に切り替えるという人のニュースもありました。

いずれにせよ、お休み中に疲れを溜めませんように(笑)


さて、書道具をいくつかご紹介しましょう。



こちらは、山桜の樹皮を用いて作られる伝統工芸品・樺細工(桜皮細工)の文箱・硯箱。

全国でも秋田県・角館だけにその技術が受け継がれていて、桜の木の皮を使った製品は、正倉院の御物にも見られ、山桜の美しさは万葉集や源氏物語でも賞賛されています。

小学校低学年の頃、毎年春くらい田舎に帰省するのを指折り数えていたのですが、その田舎で祖母がこの桜川細工の茶筒を使っていたのを今でも記憶しています。



こちらは信州辰野町の天然石で作られた書道の硯。
自然石の表面の質感や石紋を生かした逸品です。




その他、鉄瓶型の水滴や古墨などもございます。


お好きな方はいかがでしょうか。


コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2018 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

David Gilの陶板など Bennington Pottery Tile Wall Plaque Trivet Owl Bird by David Gil/Rooster Bird

2018-08-12 21:55:31 | アメリカ陶磁器ガラス
アメリカのヴァーモント州ベニントンという町(Bennington, Vt.)にあるベニントン・ミュージアム(Bennington Museum)にはデイビッド・ギル(David Gil (1922-2002))の作品が所蔵されており、『The Legacy of David Gil Celebrated in Bennington Tradition, Innovation, and Good Design: The Ceramics of David Gil at the Bennington Museum』という展覧会が2009年に開催されました。


courtesy of Bennington Museum


その展覧会は、David Gilによりデザインされ、ベニントン・ポター(Bennington Potters)により50年以上に渡り製作された、
バラエティに富んだ陶磁器作品を集めた、ミュージアムとしては初めてのメジャーな回顧展となりました。

Gilの1948~1970年代までの作品で、過去に紹介されたことのない作品などが目玉となっていたようで、地元の収集家やDavid Gilの家族、
そして、ミュージアム自身が所蔵するコレクションなどから構成されたようです。

さて、こちらはDavid Gilによりデザインされ、ベニントン・ポター(Bennington Potters)社にて製作された陶板です。




愛らしいモチーフが伸び伸びと表現されている作品で、同じモチーフでも釉薬の載せ方の妙で焼き上がりが様々になっています。









同じ型番でもエンボスの違いから製作年代が若干異なるようです。




Bennington Pottersは、美しく高品質の陶磁器をマーケットに届けることを使命として David Gilがヴァーモント州ベニントンにて創業した、
炻器(せっき、ストーン-ウエア、石器)の製品を得意とする製陶所で、Gilも実際に1948~2002年まで活躍。
現在もDavid Gilの理念を継承しながらも新しい製品をマーケットに届けています。

***炻器:よく焼きしまり、吸水性のほとんどない、石のように硬く焼きしめた焼き物。絵付をする目的でのうわぐすりを使用しない で高温焼成して得られる。
一般に吸水性がなく,焼締りが良いので機械的強度が大きい。絵は描かないが,火の回りぐあい,灰の掛りぐあいで自然に模様が生ずることがあり,風合(ふうあい)ができる。
日本の陶磁器であれば、備前焼,信楽(しがらき)焼などがこれに属する。



お好きな方はいかがでしょうか。


コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2018 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

お盆を前に・・・

2018-08-11 23:13:26 | アンティークディーラーの日常
お盆休みがやってきます。

日本ではお休みの方は多いでしょうけれど、昨今急激に増えている海外からのお客様はあまり関係ないでしょう。

そんな海外の方と話をしていると思いもよらない質問に発展することがあります。

「お盆」という説明でも、海外では、例えば南米などで「死者の日」(日本とは時期は異なる)なるものがあるようです。
ちなみに、日本でもディズニーの影響かかなり有名になったハロウィーンは関係ありませんが・・・ただ、ディズニー・ピクサー最新映画、
「Coco(邦題:リメンバー・ミー)」のコンセプトではあるので、「映画のCocoみたいなもん」で通じるかな。

その他、和食器などでは5とか10を基本の単位とした組み合わせが古くからあり、吸い物椀や銘々皿でも5枚・5客で一組、もしくは10客などで一組などですが、海外では6とかが多いのかな。。。

いろいろ仮説はあるようですが、わたしが自信で納得した内容が無いので、当然他者に上手く説明することもできず・・・^^;

まあ、そもそも数の数え方ひとつとっても、欧米とは全く異なるカウントシステムが満載の国なので・・・と、不勉強を詫びる程度で濁しています(笑)





コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2018 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

古伊万里の皿

2018-07-10 23:20:19 | 日本陶磁器ガラス
先日、電車での移動の際のこと。

席に座り、1時間弱の移動時間を寝て過ごそう・・・と思って5分ほど経過。

あまりの寒さに目が覚め、肌がヒリヒリと痛くなり眠るどころではなくなってしまったのだが、
冷やしすぎじゃ???と思ったのだが、どうなんだろうか。

最近、こんなところで1日仕事してる人は病気にならないのだろうかと心配になるほど寒いところが多いのだが。



しばらく前から枕元に常備している本が数冊あり、経済書もあれば小説もある。

眠る前の細切れの時間しか手に取らないため、なかなか進まない文庫本に近世風俗志がある。

元々は江戸時代の風俗について1837年(天保8年)から執筆された考証的随筆、というか百科事典のようなもので、
国立国会図書館に所蔵されている原本をもとに岩波文庫から翻刻されたものを読んでいる。

作者の名前である喜田川守貞(本名:本名・北川庄兵衛)から「守貞謾稿」として有名なのだが、如何せん全編旧仮名遣いで書かれている為、読むのが遅い^^;

ただ、内容はすごく興味深くて、膨大な数に細分化された?職業だったりお店だったり・・・が登場する。今はもう存在しないような職業もあったりする。

現代と比較すると、ちょっと羨ましくなり、タイムマシンが出来たら是非とも江戸時代に訪れてみたい・・・と真剣に考えているのだが、私が生きているうちには無理かな(笑)



さて、こちらは味わい深い古伊万里焼のお皿。



修復跡ありです。



お好きな方はいかがでしょうか。


コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2018 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

篆刻の品いろいろ

2018-07-09 20:40:12 | 日本陶磁器ガラス
随分と前に篆刻について本ブログで書いたなぁ・・・とあやふやな記憶を頼りに検索してみたら、ありました!

もう1年半前か・・・と時間の経つ速さにビックリ。

小林斗盦(こばやし・とあん)と小林松僊(こばやし・しょうせん)


お客様とお話ししていて、自身で篆刻をされる方、はたまた篆刻はしないけれど書をやっているので・・・などなどいろいろな方がいらっしゃいます。

いろいろと教えていただきながら新しい発見もあったり。

篆刻刀や印泥、朱墨、印材などなど













実に奥が深い。。。




お好きな方はいかがでしょうか。


コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2018 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

香炉いろいろ

2018-07-08 22:24:18 | 日本陶磁器ガラス
気がついたら丸々一か月以上ぶりとなってしまいました。

米朝会談があり、ワールドカップサッカーが始まり、大阪での地震があり、ここ数日は西日本を中心とした豪雨の影響で多数の被災者が出ている様子。

お見舞い申し上げます。


サッカーの日本戦は本当に残念でしたが惜しかったですね。

ただ、今年は有名選手を擁する前評判の高かったところが早々と脱落。

ポルトカル、スペイン、ドイツ、ブラジル・・・

残り試合数もわずかですが、次は11日。

ベルギーを応援しようかな。。。



さて、香炉がいろいろ入荷です。

本来は仏具の一つであり、伝統的な香道で用いられるくらいでしたが、最近は伝統の逸品からモダンに洗練されたデザイン香炉まで多様な香炉がありますね。

あまりにモダンすぎたりお洒落すぎたりして、一目見て香炉だとわからなかったりするものもあるほどです。











お好きな方はいかがでしょうか。


コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2018 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント

書道具:筆置・文鎮・端渓・硯・水滴などなど

2018-05-03 14:30:25 | 日本陶磁器ガラス
茶道具や書道具、香道具を取り扱っていると、それぞれの道で先生をされているお客さまと会話をすることがあります。

先日、書道教室をやられているお客様と話していて、たいそう驚かされました。

最近は、学校などの書道の時間でも硯がプラスティック製だそうです。

また、形も昔ながらの天然石の硯とは異なります。

・プラスチックの方が軽くて経済的 ===> そりゃそうでしょう。
・授業時間的に余裕がないので墨汁使用がほとんど ===> なるほど。
・小学生の場合、石だと怪我をする恐れがあり、落としてケガをした際に学校としては責任を負えない ===> 過保護過ぎないか?
・石だと小学生には重く感じられる ===> えーーー。
・プラスチックでも削り易さはそれほど変わらない ===> ある意味、すごいメーカーの努力。
・墨汁を入れてすぐに書き始めるので、材質はこだわらないし石は重く汚れもすぐ取れない ===> ホント?
・硯は、墨汁入れ・余分な墨汁を筆から落とすための容器 ===> 合理的っちゃ合理的だが。

様々な理由も理解できないことはないが・・・かといって、敢えて天然石の硯を使わせないほうがいい、という意見には同意しずらい(苦笑)

そもそも書道は、合理性という物差しから外れたところに位置してると思うからなぁ。

まあ、いろんなことも重なって書道教室も健在なのかな・・・と感じました。


さて、というわけで、おとなの皆さま向けの道具と相成ります♪










日本製、中国製など各種取り扱いがございますので、何かお探しの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。













コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2018 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント