コージーアンティークの日記

日記や修理・メンテナンス、アンティーク情報などもろもろをご紹介してゆきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人生に潤いをあたえる癒しの・・・

2020-04-30 01:55:03 | アンティークディーラーの日常
非常事態宣言が出され、自粛モード一色。。。

物事がうまくいっている時こそ、最悪の事態を考え、その逆に、悲観の極地のような時にこそ、多少前を向いて・・・を頭の隅におきつつ、今できることは何でもする・・・というスタンスなのですが、果たしてどうなるか。。。

今までにもリーマン・ショックや東日本大震災もありましたが、今回はどうでしょうか・・・。


このコロナ渦中、人生に潤いをあたえ、癒しにつながるような文化・芸術に触れる機会がことごとく失われつつあります。

また好きなミュージシャンの訃報も届いています。

4月15日:リー・コニッツ(ジャズ・アルトサックス奏者)
4月13日:川崎 燎(ジャズ・ギタリスト)
4月1日:エリス・マルサリス(ジャズ・ピアニスト/マルサリス兄弟の父)
4月1日:バッキー・ピザレリ(ジャズ・ギタリスト/ジョン・ピザレリの父)

3月6日には、ジャズファンなら知らぬ者のいないジョン・コルトレーンとの共演で一躍売り出した、巨匠のピアニスト、マッコイ・タイナーも。

年齢的にもかなり高齢になっていたのある意味仕方がないか・・・とも思える方々もいますが、

ジャズ・トランぺッターのウォレス・ルーニーはまだ59歳という若さで亡くなりました。



最近では、数年前に渡辺貞夫とともに東京ジャズにて演奏していましたが、プレイのみならず、その圧倒的な存在感が記憶に残っています。

1983年にアート・ブレイキー率いるジャズ・メッセンジャーズへの参加などキャリアは結構長いのですが、個人的に注目し始めたのが、
1991年のモントルー・ジャズ・フェスティバルでマイルス・デイヴィスと共演。

この『Live in Montreux 1991』は、大御所プロデューサー・音楽家のクインシー・ジョーンズの指揮のもと、往年の名曲が演奏されたのですが、
今見ると、マイルスの横で緊張を隠せない若き日のウォレス・ルーニーが印象的です。

そして2月には、個人的に大好きなギタリストであるパット・メセニーの片腕としてグループを支えていた、ピアニストのライル・メイズが亡くなりました。

今までにも、初期のパット・メセニー・グループから見て、ドラマーやベーシストが入れ替わったことはありましたが、まさかのライルメイズが・・・ということで、今後はPMGとしての活動は無いのかもしれません。


現在のような困難な中でも音楽に救われることは多々あります。

ですので、こういった音楽を作っていただいたミュージシャンには感謝の言葉しかありません・・・ご冥福をお祈りいたします。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

センザンコウと新型コロナ?

2020-04-14 10:19:08 | アンティークディーラーの日常
つい数か月前までは想像もしていなかった新型コロナの影響・・・

まさかの非常事態宣言・・・

日頃参加している大江戸骨董市などのイベントも2月末の自粛の頃から全てキャンセルとなっています・・・まあ不要不急な業種なので仕方ありませんね(-_-;)


最近のナショナル・ジオグラフィックにて

『新型コロナの類似ウイルスをセンザンコウから検出、人へ媒介か。配列が90%一致、「売買は固く禁じられるべき」と専門家』

という記事。



3月26日付けで学術誌「Nature」に発表された、『センザンコウが、新型コロナウイルスと類似のコロナウイルスを保有していることが判明』、を受けてのもの。

また、世界保健機関(WHO)によると、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の元の宿主はコウモリと見られるが、人への感染は別の種が媒介した可能性が高いと考えられている。


落ち着いて考えてみると、人間が人間の生活範疇から逸脱せずにいれば、いろいろな生物種との共存も問題なかったのかな?

などなど。



ふと思い出したのが、ナショナル・ジオグラフィックのバック・ナンバーを読んでいて見つけた、絶滅の危機に瀕しているセンザンコウの記事。

中国では漢方薬、媚薬の材料として珍重されるセンザンコウは、地方では食肉としても売買されているそうで、こうした需要にこたえるためか、アフリカなどでは摘発を逃れながらの密猟が続いているのだという。。。

ああ、象牙やタイマイのほかにも、いろいろあるんだなぁ・・・と。

昨今では、地球温暖化に対する対策だったり、生態系維持の面からも希少動物の保護だったりの運動も活発化しているものの、それに反して、経済優先での動きも見られる。

まわりを見渡せば、いつも通りに咲いた桜が散り、いつも通りにカラスや雀が木にとまり、数百年の樹齢を持つ木々の葉が風にそよぐ中、人間世界の中だけでパンデミックが巻き起こっている。

いろいろな想いがよぎりますが、一日も早い収束を願って・・・こればっかりは治療薬やワクチンができるのを待つしかないのでしょうね。



コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

書道具いろいろ

2020-04-07 12:46:23 | アンティークディーラーの日常
書道具・・・書道の道具、って思われる方は極々当たり前でしょうが、書道以外の目的に探されている方もいるんですね。。。

そんな道具をまとめてご紹介。。。

実戦向きの道具からコレクター向けまで。







墨:大きく製法・材質で分類すると松煙墨と油煙墨。あとは色味などによって青墨や朱墨なども。




コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント