コージーアンティークの日記

日記や修理・メンテナンス、アンティーク情報などもろもろをご紹介してゆきます。

<営業時間のお知らせ>

2013-07-25 16:55:09 | アンティークディーラーの日常
****お知らせ*****

<営業時間のお知らせ>

夏季休暇等のために営業時間が変則となります。
ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

尚、弊社Webサイトからのご注文は年中無休でお受付致しております。

7月28日(日)~8月2日(金)まで店舗での営業はお休み
8月3日(土)より通常営業
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************



<営業時間のお知らせ>

夏季休暇等のために営業時間が変則となります。
ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

尚、弊社Webサイトからのご注文は年中無休でお受付致しております。

7月28日(日)~8月2日(金)まで店舗での営業はお休み
8月3日(土)より通常営業



<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

フェントン社製の蝶のガラス・オブジェ

2013-07-24 13:27:42 | 販売
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

ガラスのご紹介が続きます!

こちらは、1905年アメリカ・オハイオ州でフェントン兄弟によって創業された老舗ガラス・メーカー、Fenton フェントン社製のガラス・オブジェ。

フェントンのガラスというとホブネイルなどが人気で、日本でも専門店があるほどですが、幅広いアイテムを展開していました。




木枝にとまった蝶をモチーフにしたリングホルダーで、クリスタル・ベルベット・ガラスとい技法で製作されており、部分的にフロストガラスのように映る、大変魅力的な作品です。


詳しくは、こちらから。。。


<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

マリウス=エルンスト・サビーノのアールデコ・オパールセント・ガラス

2013-07-20 14:30:44 | 販売
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

以前のブログでもご紹介したオパルセント技法を使った作品です。

フランス製のアールデコ・アートガラスで、サビーノによるものです。

オパールセント・ガラスの技法を用いて製作されたもので、巨匠ルネ・ラリックのアイテム同様非常に高い人気を誇っている作品です。








【オパルセント技法】

ガラス素材に動物の骨灰や亜砒酸を混入して溶解し急冷して再加熱すると、乳濁状で艶をおさえた曇ガラスが出来上がります。この技法をオパルセントガラスと言い、19世紀末より使われ出した技法で、アメリカの有名な宝石商ティファニー家のルイス・コンフォート・ティファニーによって19世紀末に開発されたと言われています。

アール・ヌーボー期のティファニー・ランプのランプ・シェードはもとより、特にアールデコ期の巨匠ルネ・ラリック(1860~1945)が愛用して一般化されました。

光の当たり方による屈折の違いとガラスの厚みの差により、魅惑的な色合いを出す事から世界中にファンを持っています。



【マリウス=エルンスト・サビーノ Marius Ernest Sabino (1878 - 1961)】

1878年シシリー生まれ。少年の頃、家族とともにフランスへ移住。

木彫の彫刻家であった父が彼を教育し、L'Ecole Nationale des Arts Decoratifs & the Beaux Arts de Parisへ進学。第一次世界大戦から戻ると、自身の工房を設立し、木材やブロンズ、そしてガラスを使った照明の製造を手がけるようになる。

透明な素材の為の完璧な型お作成を可能にする新技術の可能性に気が付き、非常に緻密で魅力的なデザインの美しいレリーフの製作に成功。1925年、サビーノは、青空に浮かぶ雲や石鹸の泡にあたる光、はたまた水面の反射を思わせる印象のオパールセント・ガラスを製作。

1927年には豪華客船『the isle de france』向けの特別な照明のデザイン・製作を手がけ、1935年には『the Grand Salon of Normandy』(ノルマンディ号)向けの照明付きインテリアを手がける。

また、彼の彫刻家としての専門性を生かして、照明(シャンデリア)以外にも大小様々な花瓶や装飾オブジェクトの製作を手がけ、ペーパーウェイトや本立て、プレート、ランプシェードなど多様な作品をオパール・セント・ガラス技法を用いた作品を多数製作。



詳しくは、こちらから。。。


<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

クラシカルな金彩草花文様の装飾が美しいガラス製香水瓶 by David Matson

2013-07-19 15:37:30 | 販売
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

自転車通勤者にとって普段なら目障りな雨だったりするのですが、暑さのためか最近はちょっと待ち遠しい夕立。

昨夜もジムの行き帰りにまんまと夕立に遭いました・・・まあ、どのみち汗をかくし、プールでクールダウンできるので、なんら煩わしいことではないのですが♪


さて、こちらはクラシカルな金彩草花文様の装飾が美しいガラス製の香水瓶。

ガラス瓶の側面と底面は切子になっており、そのガラス瓶を被うように金属製の線条すかし細工が施されたお品です。

デザインは、David Matsonによるもので、透かし細工の一部に『Matson』の刻印がございます。




大変良好なコンディションながら、ストッパー(蓋)が欠品しており格安にて販売中!

一輪挿しとしてお使いになられてはいかがでしょうか。


詳しくは、こちらから。。。


<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

『ヴェルサーチ』のバロック風メデューサ彫刻クリスタル・ガラスとヴェネチアン-ムラノ・ガラス

2013-07-18 16:10:53 | 販売
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

暑い最中の今日の昼休みに、汗が吹き出るほどの豚骨ラーメンを頂いて参りました!

黙っていてもジメジメするのに『+(プラス)こってり』とはいかなるものか・・・とはいうものの九州は方で食べた『一度食べたら3ヶ月は見たくも無い・・・』ほどのこってり豚骨が懐かしくなりました♪


さて、夏といえばガラスもの。

こちらは『ヴェルサーチ』お馴染みのバロック風のメデューサの彫刻が施されたクリスタル・ガラスのボトルストッパー。

製作はドイツの老舗ローゼンタール社によるもの。




そして、こちらはヴェネチアン-ムラノ・ガラス製ボトルストッパー。




どちらも未使用でインテリアとしてもお使い頂ける、高級感溢れる一品です。

詳しくは、こちらから。。。


<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

ラ・ガルド・タケット La Gardo Tackett のミニマルで彫刻的なフォルムのテーブルウェア

2013-07-13 17:42:08 | 販売
****お知らせ*****

***連休中は変則営業になります***
7月14日(日):定休日
7月15日(月):通常営業
7月16日(火):臨時営業
7月17日(水):お休み
7月15日(木)~:通常営業

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

皆様の中には3連休の方でお出かけされている方も多いのではないでしょうか?

くれぐれも熱中症にはお気をつけ下さい!

尚、連休中は変則営業になりますので、ご来店予定の方は予めご連絡いただけると確実です♪


さて、4月頃に本ブログでも『カリフォルニア デザイン 1930-1965 "モダン・リビングの起源"』について書きましたが、その中で数点の展示があったラ・ガルド・タケット La Gardo Tackettの作品。



どれもミニマルで彫刻的な洗練された美しさを持っており、どことなく和にも通じるような・・・と思って調べてみたら日本で2年弱暮らしていた事もあるそうな。

その滞在期間中に、いろいろと日本人の技術者と協働していたみたいなのです。



こちらはタケットによるデザインのデミタス・カップ&ソーサー。

日本製でシュミット・クレリンガー社シュミット国際部門により世界で販売されました。



*****ラ・ガルド・タケット La Gardo Tackett (1911-1992)*****

1950年代、ロサンジェルスをベースに活動していたタケットは家族とともに16ヶ月日本に滞在し、その期間中にボストンからの輸入業者に会い、Schmid Krelinger, Inc., Schmid International(Boston)社から発売されるフォーマ・シリーズの食器を開発。(製造は日本の日光陶器社製造) また、食器として使われた器の歴史における人類学の研究に影響を受け、タケットはテーブルでもインテリアのアクセサリーとしても独立して使用できるアイテムをデザイン。同時期にタケットは、日本の鉄鉱石を扱う工場にて、ドイツやイギリスから輸入した機械を用い、ヨーロッパで訓練を受けたエンジニアとともに、高品質な器(ストーン・ウェア)を製作したりしました。タケットの作品はいずれも、タケットのトレードマークであるミニマルで彫刻的なデザインを持っており、アーキテクチャル・ポタリー Architectural Pottery社での作品も知られています。


詳しくは、こちらから。。。


<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

女子にもおすすめの工業系ウォールランプ~壁掛け照明

2013-07-12 10:58:44 | 販売
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

なんの根拠も無いにもかかわらず、変な自信を持ってそう考えてしまう。

いわゆる『思い込み・・・』というものですが、誰にもあるかもしれません。


こちらの照明もその風貌から男性にのみ受けそうな気がずっとしている訳です。

しかーし、世の中には女性好みのアイテムを好む男性もいますし、その逆もしかり。

しっかりとこういった汚れていそうな工業系アイテムの好きな女子もいたりするんですね。。。

また、このような照明の取り付けなんか大丈夫かな・・・との心配をよそにバッチリDIYできちゃう女子も結構います(笑)


という訳で、どなたにもお勧めです!





デカール(ステッカー)まで綺麗に残っているのは嬉しいですね♪

詳しくは、こちらから。。。


<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

Koch + Lowy / Koch & Lowyのヴィンテージ・モダン照明

2013-07-11 14:34:02 | 販売
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

梅雨明け直後、暑さの為か食欲不振となった我が家のワンコ2匹とニャンコ1匹ですが、彼らも徐々に暑さになれてきたのか、食欲も戻りつつあります。

そんな訳で、わたしが一番出遅れ気味かもしれませんが、ゆっくり寝てもいられないので、朝も6時前から活動開始!

今朝も早くからニャンコ(猫の総称ではなく名前です)の食欲は全開でした♪


さて、本日はモダンランプで有名なKoch & Lowyをご紹介。

日本ではまだまだ知名度が低いのですが、海外では有名ですので検索してみるとわんさか出てくるはずです。



洗練された美しさを纏ったランプ。

真鍮やクロームの作品が有名で、当時から高品質の造り。





Koch + Lowy / Koch & Lowy (1945-)

20世紀中頃より革新的で現代的モダン照明を送り出したKoch + Lowyは、Ernest Lowyにより1945年に設立。創業者の他界に伴い、現在はKoch + Lowyの商標とも、Chapman Manufacturing Company, Inc.に所有権が移転。

フレームやコンポーネントはクロームやグラファイト、ゴールドやニッケル仕上げなどを用い、個性的なデザインやクラシック・デザインと位置付けられるモダンデザインのテーブル・ランプやフロアランプなどを製造し高い人気を誇る。また、名作と言われるハーフムーンなどのジョージ・ネルソンのデザインによる個性的なランプも発表。


Ernest Lowy (Dec.4, 1909 - Nov.9, 1990)

Ernest Lowyは、1909年に旧チェコスロバキアのTeplitzにて生まれ、弁護士として活動。1941年にドイツの占領に伴い、母国をあとにして、アメリカへ移住。後に、第二次世界大戦の間に軍と契約して部品を製造する『Bohemia Machine Works』をマンハッタン南部にて設立。1945年に、自身の照明ビジネス『Koch & Lowy』を設立し、1990年にリタイア。奇しくも、同年の11月9日家族に見守られながら、自宅であるニューヨーク州クィーンズにあるフォレスト・ヒルズにて他界。享年80歳。


詳しくは、こちらから。。。


<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

『ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡』で驚いた3つの事実

2013-07-10 12:22:22 | アンティークディーラーのお勉強
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************



暑い暑い、などとエアコンの効いた室内に閉じこもっていてはいけません♪

少し前に『NHK日曜美術館アートシーン』で紹介されていた、『ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡』のため、昨日は両国の江戸東京博物館へ行ってきました!

同様に大勢の人だかりで会場内は大変、それも見たところ高齢化率80%は越えていそうな感じでした・・・平日だったせいもありますが、皆さんお元気そうで何よりです!


今回の展覧会ですが、アメリカ・メリーランド州在住の化学博士であり実業家のファインバーグ夫妻が収集した江戸絵画を中心とする日本美術のコレクションで、特徴としては、狩野派や土佐派など御用絵師の作品ではなく、琳派や文人画、浮世絵などの江戸時代の民間画派の肉筆画の作品が中心。

17世紀の俵屋宗達。
18世紀の尾形光琳。
19世紀の酒井抱一。
20世紀の神坂雪佳。

こうした流れの作品を追って見ながら、装飾に重きを置いた、デザイン指向の作品にモダンを感じます。

その他、与謝蕪村、谷文晁、円山応挙、伊藤若冲、菱川師宣、葛飾北斎など、日本画に興味はない方でも、名前くらいは聞いたことのあるであろう国宝級にも届きそうな一流作品揃い。

作品の素晴らしさはもとより、幾つか感心した事がありました。

①1970年代に初めてアメリカ国内の美術館で日本画を鑑賞して以来、わずか40年あまりで90数点のこれらの傑作を収集

⇒日本人からすると、これだけの作品群が海外流出しているという事実にまず驚かされる訳です。

冷静に考えると70年代は、今では信じられない位の円安(為替レートが300円台)水準だった訳ですから、作品を購入するにしても割安に映ったのかもしれませんが、為替がどうなるかなど将来の事などわかる訳も無いので決断力があったのかもしれません。

また、これらの作品を持ちつづけている、という点も見逃せません。美術商などのプロでもなく、投資家でもなかったので、逆に今でも持ち続けていられるのでしょうか。

80年代後半のバブル時期には、日本人が最高額でゴッホを落札したなどのニュースが流れましたが、今は何処(いずこ)?


②いわゆるキュレーターや古美術商などの手を借りずに、自ら作品を選定

⇒狩野派や土佐派などのいわゆる御用絵師の作品には興味を示さなかった事などから、将来に渡って人気が増してゆくような作品に絞ってコレクションするという『先見性』だったり、儲けようという意識が無かった(もしくは薄かった?)のかもしれません。

単なる偶然か、もしくは趣味(好み)の違いかも知れませんが(笑)


③日本語が不自由なのにも関わらず、贋作がほとんど無い。

⇒日本人であっても、署名や落款などを読める方は限られる(あまりに達筆ですと、非常にわかりづらい。)と思いますが、それでも署名や落款などを頼りに、作品の評価の拠り所にする方が大半ではないでしょうか。わたしも他人の事をあれこれ言えた義理ではありません(笑)

そう考えると、署名や落款を気にせず(というか読めないから仕方が無い・・・)に、あくまでも作品本位で選び抜く、というまさに目利きだったのではないかと思います。そもそも経済的に余裕があった夫妻とはいえ、この点については驚きを隠せません!

テレビ番組のなんでも鑑定団を楽しみにされている方ならご承知でしょうけれど、お祭の夜店でそれこそ大量に掛け軸が売られていた時期もあり、99%の掛け軸は・・・・という話もあるくらいですから。。。


会期は15日までですが、以後巡回する予定ですので、ご興味のある方は是非。。。




<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

アトミックランチ系やTIKI系インテリアにピッタリのヴィンテージ・フロア照明

2013-07-09 22:58:12 | 販売
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

平年より大分早く梅雨明け宣言が出されて数日が経ちましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

冬の時はあれだけ春が待ち遠しく、梅雨の最中にはあれだけ夏の青空が待ち遠しかったはずなのに、人間とはなんとわがままな存在・・・(笑)

先日の猛暑日の炎天下の下での大江戸骨董市はさすがにこたえましたが、これも人生修行と自分に言い聞かせ、夕立が待ち遠しい昨今です♪


さて、本日はファイバーグラス・シェードが眩しいフロアランプのご紹介。

頻繁にお客様にお話するのですが、照明は点灯させてみると随分と印象が変わるもの。




こちらのランプも消灯時は割合と地味に見えますが、点灯させるとガラッと印象が変わります。

ちなみに、上記の画像は撮影用のため、割と明るめの環境で撮影していますが、実際に使用が想定されるような暗めの室内ですと、すっごくムーディーな感じになりますので、元気なアトミックランチ系やTIKI系がお好きな方にはピッタリかと思います!


詳しくは、こちらから。。。


<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

アールデコの照明:フロアランプ

2013-07-05 16:58:36 | 販売
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

梅雨らしい蒸した天気が続いていますが、今週末の東京は33~34度の予想最高気温。

暑くなりそうです・・・

さて、以前に暮らしていた事のあるアリゾナ州のフェニックスは最近だと最高気温が108度~110度(華氏なので、摂氏に変換すると42-43度)になるのですが、どちらが良いか最近考えたりします。

温度自体も異なるのですが、暑さの質が違うのです。

日本はウエット・サウナ(ミスト・サウナ)で、アメリカはドライ・サウナのようなもの。。。

やっぱりドライ・サウナのあとのほうがビールは美味しいかも(笑)


さて、アールデコのフロアランプのご紹介。




ランプシェードの中の灯りが外に洩れるようにデザインされているフロアランプ。

カッコと思いませんか?


詳しくは、こちらから。。。


<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

ヴィンテージランプ~Gerald ThurstonのLightolierの壁掛け照明

2013-07-04 15:56:19 | 販売
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

7月4日といえばアメリカの独立記念日。

そして、国内では参議院議員選挙が始まりました。


なんでもインターネット選挙解禁なのだそうですが、具体的に何がOKで、何がNGなのかがわからない・・・そんな方も多いのでは?

ツイッターはいいけどメールはダメ???


知らずに違反行為をして、素人(有権者)でも罪に問われかねないらしいのですが・・・おー、恐っつ。

大人なので『知らなかった・・・』では見逃してもらえなさそうですし、仮に軽微な罪でも有罪になってしまうとアメリカにも入国できなくなってしまうので大変(笑)


余談ですが、個人的に思い出すのが中学校での定期テスト。

基本的に勉強嫌いだったので、『議院』と『議員』の意味さえも良く知らず、『参議院議員』と答えなければいけないところを『参議員』と答えてまんまとバツになりました・・・ニュアンスでわかりそうなものなのに(笑)



さて、ヴィンテージ照明のなのですが、あまり日本では馴染みの無い壁掛けランプ。



結構好きなタイプです。

Gerald ThurstonのデザインによるLightolierの照明。

すごく良く出来ています!


詳しくは、こちらから。。。


<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

ヴィンテージランプ照明いろいろ

2013-07-03 22:51:40 | 販売
****お知らせ*****

営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
**********************************************************

最近のニュースで気になっているのが、アメリカの元CIA職員の話題。

亡命できるかどうかの、一個人と大国とのせめぎあいなのですが、以前、機内で偶然見た映画『ターミナル』を思い出してしまいます。

映画の中では主演のトム・ハンクスをとりまいて、泣いたり笑ったりといろいろな出来事が起こるのですが、現実はどうなのでしょうか・・・

すっごく集中して、自分の身に起こったとして、かなり具体的に想像してみると・・・恐ろしい事です。。。


さて、ヴィンテージの照明をいろいろご紹介しましょう!




北欧のランプ。




70年代の雰囲気漂うアトミック・スタイルのデザイン照明。




インテリアのアクセントにいかがでしょう。スターバーストを意識したスプートニク・ランプ♪




50年代のなかでも落ち着いた感じ。。。




インテリアの雰囲気を変えるのに一番効果的なアイテムが照明。

電球の種類や形状・明るさを変えるだけで全く違った表情を見せてくれます!

詳しくは、こちらから。。。


<お問い合わせ>
コージーアンティーク
電話:03-6808-7884
メール:info@cozyantique.com



Copyright 2006-2013 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント