コージーアンティークの日記

日記や修理・メンテナンス、アンティーク情報などもろもろをご紹介してゆきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ローゼンタール Rosenthalのクリスタル・ガラス製ワイン・グラス

2014-04-30 10:33:53 | 北欧陶磁器ガラス
****お知らせ*****
営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

**********************************************************

季節を大切にする日本。

和食のメニューや盛り付けにおいても季節感を大切にしますし、『初物だから・・・』とありがたくいただく文化も健在。


ですから季節感にそぐわないモノは苦戦が必至。

アンティーク・ショップでも例外ではなく、冬の寒い時期にはガラス物は人気が出ずになかなか売れません(笑)



ちょっと昔話。

アリゾナのフェニックスに住んでた時、冬のある日(確か年明けの1月ごろ)に、アパートに一人の若者(清潔感の漂うイケメン)が引っ越してきました。

早速尋ねるとアラスカから来たそうで、3か月だけフェニックスに住むとのこと。いわゆるヴァケーションというか、避暑ならぬ避寒の目的です。


アラスカのとある水産加工工場で働いている彼は、ある日同じ職場の同僚を見渡してみて、自分の仕事の手際良さに気が付いたそうです。

そして、ある時工場長に直談判し、仕事の量を2倍にしてもらいました。

お給料も同僚の2倍になったそうです。

大切なことは、働く時間は周りの同僚と同じ。

つまり能力が2倍ほど高かった。


で、寒い冬の間は、アリゾナ(砂漠なので夏は悲惨なほど酷暑だが)で過ごすのだそうです。

昼間は毎日のようにゴルフ。

夜ともなれば、アパートの隣人あたりを捕まえて、夜毎の酒盛り。

人生を満喫♪

そして3か月後にまたアラスカに戻り、元の職場で働く。




つい先日、政府が検討を始めた新しい労働時間制度(ホワイトカラー・エグゼンプションの拡大版?)の記事などを見ると、そもそも残業ありきの運用が透けて見える点がなんとも日本らしいなぁ。。。



さて、こちらはドイツの老舗、ローゼンタール Rosenthalのスタジオ・ラインによるクリスタル・ガラス製ワイン・グラス【6客セット】です。



グラスを合わせた際の音がなんとも涼しげ♪

これからの季節に是非!


詳しくは、こちらから。。。





Copyright 2006-2014 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

ボヘミアン・ガラスの花器などあれこれ

2014-04-29 14:03:35 | 北欧陶磁器ガラス
****お知らせ*****
営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

**********************************************************

ゴールデン・ウィーク中ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。


初夏を思わせる気温になってお出かけにはいい季節。



つい先日、わたしが用事で大阪へ出かけた際は、文楽を初体験してきました!

『文楽』?『人形浄瑠璃』?

と教科書で聞いたことあるかな・・・というくらいのド素人だった訳ですが、市内の国立文楽劇場での雰囲気に浸り、圧倒的な『ホンモノの技』に圧倒されてしまいました。



さて、こちらは、ガラスで有名なボヘミアン・ガラス。

国内でも伝統的な江戸切子や薩摩切子といった伝統を受け継いでいるガラスもあります。

また、自らの強みというかアイデンティティを生かした藤田喬平のような作家モノのガラスもあります。

多様な技法を駆使しつつ、特色の伝わってくる作品は良いなぁと感じます。


ボヘミアでも切子やカリガラス、エナメル彩色などの技法を見ることが出来ます。





*****カリガラス*****

ボヘミアの森林に豊富に原生するブナの木を燃やし、その灰から採れる良質のカリ分を原料とした、カリガラス。 彩色や金の焼付けなど加工技術に特徴があり、配色の多彩さと繊細な仕上がりが豪華さと気品を漂わせています。 ガラス作りの情熱を燃やす、ボヘミアのガラス工芸家達がひとつひとつ丹誠込めて作り上げた逸品の数々。


*****ボヘミアガラス*****

16世紀に興ったルネサンスの影響を受け、本格的な興隆期を迎えました。 以後、ヨーロッパの王侯や貴族の間で愛好され、500年の歳月¨ガラスの錬金師¨と呼ばれる名匠たちに受け継がれてきました。 現代では世界屈指のガラス工芸品としてゆるぎない地位を確立しています。

詳しくは、こちらから。。。


それでは皆さま、良いゴールデンウィークをお過ごしください!


Copyright 2006-2014 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

『雑誌ポパイ Popeye No.805 最新号』

2014-04-18 17:41:58 | アンティークディーラーの日常
****お知らせ*****
営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

**********************************************************

先週の10日発売の『雑誌ポパイ Popeye No.805 最新号』に弊店をご紹介頂きました。



イギリス出身で個性的ポップ・アートのアーティスト、ロブ・キドニー(Rob Kidney)さんに紹介されるという内容です♪


Copyright 2006-2014 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

アメリカのインダストリアル工業系アイテムいろいろ

2014-04-17 23:55:49 | 販売
****お知らせ*****
営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

**********************************************************

アンティークの建具や部材など多数掲載しています♪

本来の用途以外にもユニークな使い方ができるかも。。。
















全て一点モノですので、お探しの方はお早目に!

詳しくは、こちらから。。。


Copyright 2006-2014 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント

アンディ・ウォーホル展

2014-04-16 23:11:16 | アンティークディーラーの日常
****お知らせ*****
営業時間:月曜日・水曜日~土曜日 11:00-18:00
(毎週日曜・火曜は定休日となっております。)



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

**********************************************************

気が付くと4月も半ば。

小春日和。

良かった、よかった。。。




我が家の愛犬もすこぶる元気になり、(覚悟していた)悪い病気ではなく、ひと安心♪

薬嫌いのワンコですので、数種類の錠剤を粉状にすりつぶし、イヌ用ミルクに溶いて、シリンジ(注射)を使用した
経口投薬は日課となっていますが、だいぶ様になってきました(笑)

ただ、如何せん高齢(14歳)なのは事実。

毎日を大切にしてゆきたいと思います。



さて、消費税率変更に伴って、価格の見直し並びに価格タグの変更を行っていました。。。

実質の値上げにならないように苦心した価格設定になっており、このタイミングでの価格見直し(お値引き)も多数ございますので、ご来店もしくは弊社HPをご覧頂ければと思います♪



また、本ブログに紹介させて頂いておきながら、なかなか訪れることができなかったのですが、先日、やっと行くことができました♪

そして、良い意味で期待を裏切られました…というのも1990年にニューヨークのMOMAで大々的に開催されていたウォーホル
の回顧展 Andy Warhol: A Retrospectiveに訪れていたので、正直これ以上は無いかなぁーと思っていたのですが、今回は初期のドローイングから結構資料的な展示も豊富にあり、体系的な内容が時系列に展示されていたので大満足でした!



会期が迫っておりますので、お好きな方は是非、連休にでもいかがでしょうか。

相当の混雑が予想されますが。。。



『森美術館10周年記念展 アンディ・ウォーホル展:永遠の15分』
2014年5月6日まで森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)にて開催中です!

ただいま、店頭にて割引券・チラシを配布中。(数に限りがございますので予めご了承下さいませ。)


Copyright 2006-2014 COZY CORPORATION 無断の利用・転載は固くお断りいたします。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント